まいけるの「らりるれろ」



ら ら行 らぎょう
 平仮名、片仮名、漢字に続く第4の日本語表記文字となった感のあるヘボン式ローマ字。考案したのはドイツ人のヘボン氏。そのため、母音の読みはドイツ語のそれに共通するものがある。よく「ドイツ語は基本的にローマ字読みである」と言われているが、その理由はここにある。ただし、何故か子音の発音は英語と同じになっている。
 そのヘボン式ローマ字において、私にはどうしても納得のできない部分がある。それは「ら行」の表記である。「R」を使っているのである。日本語のら行の発音は英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語のいずれの「R」にも一致しない。フランス語に至っては、「R」はむしろ「が行」の発音に近いぐらいである。そこにいくと「L」の場合、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語のいずれにおていも「ら行」に近い発音となる。
 私は声を大にして言いたい。日本語の「ら行」は「L」で表記するべきである!


り 料理 りょうり
 上手、下手は別として、私は料理を作るのが好きである。以前、よっぽと暇な時に数えてみたところ、私が作れる料理の数は250種類にまで及んでいた。こりゃ自分でも吃驚した。もっとも、その中で人に出せるくらいの自信があるものとなると、かなり少なくなるが。
 また、私は人を誘ってご飯を作ってあげるのが好きである。それを美味しそうに食べてくれる表情を見るのが楽しみの1つでもある。これって、年寄りみたいな楽しみだな・・・。


る ルーマニア るーまにあ
 私のマミー方の祖父ズィークフリードゥ・スィマダはルーマニア系オーストリア人。その母親はスラブ系との混血。という訳で、私の体にはスラブ民族とラテン民族の血も流れている。密かに私って雑種だったのね・・・???


れ 恋愛 れんあい
 結婚してしまったことにより、恋人募集は終了致しました(^-^;)。相方に とことん必要とされている私、とても幸せを感じている。


ろ ロー・コスト・キャリア ろー・こすと・きゃりあ
 LCCと呼ばれる格安航空会社。航空券の手配方法、サービスの内容、機内設備といった、あらゆる面から経費削減を推進し、大手の航空会社では考えられないような低価格で乗れてしまう航空会社のこと。但し、当然ながら遅延が発生しやすかったり、欠航しても保証してもらえないといった大きな欠点も あり、利用する側は安さと引き替えに これらの欠点を受け入れる覚悟(?)が必要。
 私は東京〜大阪の移動も迷わず飛行機を選ぶぐらいに飛行機好きと言うか、気軽に飛行機を利用するんだけど、ことLCCとなると なかなか利用する勇気が出なかった。・・・いや、LCCが飛んでいる路線を使う機会が無かった、というのも あるか。
 だけど、とある用事のために東京〜札幌を日帰りする際にLCC人生初体験。いや、LCCが あったから その日帰り弾丸日程を強行した、という表現が適切かな。
 当時の住処は羽田空港に行くにも成田空港に行くにも交通の便がイイ場所ということで、成田空港発のLCCは全く問題にならなかった。費用対効果を考えると実にイイと感じた。気軽な1人旅にはイイと感じた反面、時間厳守な時や家族旅行での利用の場合は大手の方がイイかな。或いは朝1の出発便であれば、その日の しわ寄せが発生しないので大丈夫か。うまく棲み分けができていそう。



日本語のトップに戻る