まいけるの「まみむめも」



ま マミー まみー
 マーガレット・サッチャー元英国首相を「元祖・鉄の女」とするなら、私のマミーは「本家・鉄の女」と呼べる。ゲルマン民族系の強靱な肉体、弁護士をも押しつぶす精神力の強さ、まさに鉄の女である。私はいまだにマミーには頭が上がらない。
 私はずっと母子家庭で育ってきたせいもあり、私とマミーはとても仲が良い。マミーは少なくとも週に1回は遠く離れて暮らしている私に電話をかけてくる。家庭崩壊が進む現代にあって、母子の仲が良いという当たり前の事が自慢の種になっている。何とも寂しい世の中である。
 私と違い、マミーは語学堪能である。ドイツ語ペラペラ、英語ペラペラ、日本語ペラペラ、ついでに給料袋もペラペラである。この語学能力を活かして語学講師として働いている。自らが経営する英会話教室(IML外国語会話スクール)、大学、高専、公立高校と、その範囲は1つの都市をすっぽりと覆っている。
 当初はダイエットの一環として始めたテニスであるが、今となっては無類のテニス好き。毎週日曜日ともなると仲間達と一緒にテニスをし、蕎麦屋で2次会をし、自分の家で3次会を開催する。まさに太っ腹である。また、テニス以外にも彼女が本領発揮する場がある。それはテレビゲーム、特にパズルゲームである。でも他のゲームは勘弁を。
 彼女のお気に入りのブランドは「寛斎」である。Tシャツ、スウェットゥシャツ、靴下等々、全身を寛斎製品で覆っている。私に対しても何かと寛斎製品を送ってくる。何とも、マメなお方だ・・・。
 最近の彼女の口癖は「明日からダイエット!」である。体重を気にしているようであるが、甘い誘惑にはなかなか勝てず、毎日甘い物を食べる際に言うのが「明日からダイエット!」である。次の日も甘い物を食べ、「明日からダイエット!」と言う。いつになったらダイエットをするんだぁ〜?
 そんなマミーであるが、人生の半分以上を親姉弟と離れて異国の地で暮らしている。また、どっかのタコが残した多額の借金を返済しつつ、無理をして私の学費をまかなってくれていた。私は女としての彼女を知らない。力でねじ伏せる子育て方法には賛同できないため、教育ママとしての評価は下がる。しかし、働く女性としては尊敬に値する人物である。


み 右クリック みぎくりっく
 Windowsパソコンを使う際に必須となる操作方法。と同時に、パソコンサポートをやっている人達にとって、これを いかに初心者に伝えるかが鬼門とる。勿論、私も例外ではなく。
 単に「クリック」と言えば左クリック。右クリックが必要な時だけ わざわざ「右クリック」という表現を使う。だけど、初心者は何故か これを理解することに拒否反応を示す。
 私が「そのボタンをクリックして下さい」と伝えると、初心者は頑なに必ず「右クリック? 左クリック?」と聞いてくる。私が「単にクリックと言った場合は左を指します。右クリックの時だけ明示的に右クリックと表現します」って伝えると、その瞬間だけ「分かりました」って言ってくれる。
 で、次の瞬間に私が「では次に このボタンをクリックして下さい」と言うと初心者が必ず言う言葉。「右クリック? 左クリック?」
 右クリック。それは私の血管を切れさせる単語と化している。


む 娘と息子 むすめとむすこ
 2人とも在日オーストリー系3世。他の家族・事例を色々と見た結果、「一人っ子はダメで、絶対に きょうだいが必要」というのが夫婦共通の意見だった。結果、幸運にも子供2人に恵まれ、夫婦の希望が叶った。
 娘の名前、読みは私が20年間温め続けていたもの。字は母親、3人目の祖母、母方の祖母から1文字ずつもらった。息子の名前は妻が考案し、私が一目惚れしたもの。娘も息子も、いずれも名前の読みは外国人名から来ている。が、強引な読み方をさせたりとか、いかにも響きが変というような、世に言う「キラキラネーム」なり「DQNネーム」とは違う・・・と思っている。


め メークイーン めーくいーん
 私はゲルマン系ということで、ジャガイモが大好き。娘と息子にも同じ事が言え、血は争えないと感じる。
 ジャガイモ好きではあるんだけど、日本で一般的な2種類でいけばメークイーンの方が好き。そのことを聞きつけた山形在住の私の父が、私だけのために わざわざメークイーンの畑を作ってくれ、毎年段ボールにドッサリのメークイーンを送ってきてくれるようになった。親って有り難い。


も 黙秘権 もくひけん
 「何人たりとも、自己に不利益な供述を強要させられない」憲法第・・・36条だったか38条だったか忘れた(^^;。一時期は法学を目指していた私、こういった事に関しては変な知識を持っている。もし警察に捕まるような事があったら、弁護士が来るまで何も喋らないこと。「ぼく悪くないもん」で通しましょう。弁護士が来たら、後は専門家に任せましょう・・・って、いいのか、こんな事を教えて・・・。



日本語のトップに戻る