まいけるのズボラ日記




2006年9月



9月1日(金)
意外と難しい・・・くもないか!?
 仕事を終え、帰宅してからは例によって例の如く動画編集作業。ただ、今日の作業、いつもと違うところが1つある。それは・・・他人が撮影した動画を編集する、というもの。今までは自分で構成や演出を考えて撮影し、それを編集していたのだが、今回は別の人が撮影した動画の編集に初挑戦する形になった。確かに動画素材は そこにあるんだけどぉ〜・・・自分が その場に行ったことも無ければ、その場の雰囲気も分からなければ、撮影者の頭の中に どういう脚本が描かれていたのかも分からないため、どの動画素材を どのように繋ぎ合わせ、どのように特殊効果を出すべきかで猛烈に悩みながらの作業となった。
 が、作業を進めていくうちに段々と その現場の雰囲気が分かってくるようになったり、撮影者が どういう台本を頭の中で描きながら撮影していたのかが分かるようになってきた・・・ような気がする。怖いのは出来上がった編集済み動画を観たら、あまりの非道さに撮影者が激怒する、という展開だべか(^-^;)。


9月2日(土)
まだまだ続きそう
 私が使っている日立製のDVD方式ビデオカメラ。購入してから丸3年が過ぎた。3年前当時はビデオカメラといえばテープ式というのが一般的で、DVD方式というのは かなりの少数派。テープ式よりも価格が高く、画質も劣り、1つのメディアに対する可能録画時間も短い。が、それでも私がDVD方式に こだわった理由は絶対的な使い勝手の良さだった。そのため、購入から丸3年が経った今でもDVD方式を選択したことを後悔したことは1度も無い。後悔するどころか、正解だったと毎度思っている。強いて後悔する点を挙げるとするなら・・・当時は一般機種と上位機種の2つが出ていたのだが、購入金額2万円の差をケチって一般機種を購入したこと、だべか(^-^;)。
 ただ、流石に3年も使っていると、最近出ている高性能な最新型の動向が気になりだしてくる。3年前は日立の独占状態だったDVDビデオカメラ市場にも いくつかの製造会社が乗り出し、夫々に特徴のある物を開発している。また、メディアも従来のテープ式やDVD方式に加え、ハードディスク方式やらSDHCカード方式の物まで出てきている。選択種が増えたことはイイことかもしれないが、夫々に一長一短があるため、結構 判断に困ったりする(∩。∩;)ゞ。
 そんな中、日立からDVDとHDDの両方を搭載可能なビデオカメラが発売された。家庭用のデヂタルレコーダーとしてはDVDとHDDが組み合わさった物って ごく一般的だったのだが、それをビデオカメラに応用するというのは・・・ちょっと考えれば思いつくはずだったのだが、盲点を突かれたと言うか「その手が あったか!」の典型例。DVDにはDVDの長所と短所が あり、HDDにも同様のことが言える。という訳で、これら2つを組み合わせることによって短所を補い合い、長所を より伸ばすという やりかた。当然、心がクラッときたのだが、唯一足りなかったのが光学式手ブレ補正機能。これが搭載されていれば私の心は決まっていたかもしれない。
 逆に、DVDビデオカメラで光学式手ブレ補正機能を搭載しているのは・・・現時点では超音速製のみ。が、超音速という会社は手ブレ補正の元祖である半面、DVDビデオカメラに関してはズブの初心者同然。という訳で、あちこちの評価を見てみると・・・使い勝手が滅茶苦茶悪かったり、融通が効かなかったり、折角レンズと3CCDが良い物であっても それが実際に作り出される映像に反映されきれてなかったりということで、散々な評価。が、つい先日になって これの後継機なるものが発表された。果たして先代の問題点を どれだけ埋めることができているか。
 日立製にするにせよ、超音速製にするにせよ、機能面での妥協はしたくない。望む条件を まんべんなく満たした機種が出てくるまでは、中途半端な物に手を出したくない。という訳で、導入してから丸3年を過ぎた私のDVDビデオカメラ、まだまだ現役として頑張ることになりそうである。


9月3日(日)
やはり手に取って見るのは大切
 昨日も書いた通り、私が愛用しているビデオカメラはDVD方式。使い勝手はイイのだが、1枚のDVDに録画できる時間が短いのが欠点。基本的に片面に30分しか録画できない。両面式DVDの場合は1枚で1時間録画できるのだが、片面には30分しか録画できず、A面とB面の交換に関しては手動で作業を行う必要が ある。・・・とは言うものの、よくよく考えたら片面で30分録画できれば充分。交換用の両面式DVDは複数枚持っているし。
 テープ式の場合は文字通りテープ式なので頭出し・早送り・巻き戻しが必要だから最初から敬遠していた。最近ではハードディスク式の物が出てきて7時間ぐらい録画できるのが売りとのことだが、やはりハードディスク式となると衝撃に弱そうだったり、データが飛ぶ時は根こそぎ飛んでしまうのが怖い。
 そんな中、先日SDHCカード録画式のビデオカメラが登場した。フラッシュメリーを利用しているため、構造が簡単で本体も小さく、振動にも強いし連続録画は1時間半以上(4GBのSDHCカード利用時)。更には光学式手ブレ補正機能付きときた。これには かなりクラ〜っときた私。今日 電器店に行った際、実際に手に取ってみた。そしたらぁ〜・・・使い勝手が かなり悪かった(-。-;)。また、当初から気にしていたのが・・・本体を横ではなく、縦に構えて撮影するというもの。これって私には初体験だったんだけどぉ〜・・・やりづらいの何のって(-_-#)。インターネットでの紹介記事を見て心クラッときたものの、やはり手に取って見るのが大切と改めて感じた。


9月4日(月)
飲めないと辛い
 先週の後半、急に喉が痛くなった。扁桃腺炎の痛みに よく似ていた。もう、物を飲み込むたびに痛いの何の! 時間帯によって症状が和らいだり悪化したり忘れることが あったり。んで、週末で落ち着いたかな〜、って思ってたら・・・会社に来た途端に まぁ〜た痛くなってきた(>_<)。また、頭ガンガンが時間を追うごとに非道くなってきてしまいまして(-_-#)。ここ数日、朝晩はグッと気温が下がるようになったものの、相変わらずタオルケット1枚で寝ているので、寝冷えしちゃったのかなぁ〜・・・。
 ともかく、午後に入って指数関数的に症状が悪化してきたので、早退することにした。何でも、うちの会社では これと似たような症状で1週間寝込んでしまう人が多数いるとのことで。マジかいΣ( ̄ロ ̄lll)!? 帰宅して とっとと寝ようと思ったのだが、その情報で怖くなったので おとなしく病院に行ってきた。


9月5日(火)
病院に行って このザマ(-_-#)
 朝 目覚めた瞬間に「こりゃアカン」と感じた私。私の辞書には体調を崩した際の「気合い」とか「根性」という言葉は間違っても掲載されていないため、静養することにした。昨日 病院に行って このザマだからね、行ってなければ もっと非道くなっていた、ということだべかΣ( ̄ロ ̄lll)!?


9月6日(水)
上がって嬉しいもの、嬉しくないもの
 給料なり賞与の額が上がると嬉しいものであるが、体温が上がると辛いものである。ほんの喉の痛みだけかと思っていた今回の症状だったのだが、なぁ〜んか予想外の展開になっているようで(>_<)。


9月7日(木)
意外な共存
 先週NDS版のFF3を購入した私。だが、その直後に山形突撃訪問をし、戻ってからは撮影したビデオ動画の編集作業にビッチリ。という訳で、FF3を遊ぶ暇が全く無い。・・・と思いきや そうでもなく。まずは仕事帰りの電車の中。100%座っていられるので、ビッチリ遊べる。帰宅後は動画編集作業にビッチリ・・・なのだが、編集作業を行った後に それを1つの動画にする作業は機械による自動作業となる。動画作成作業をする際はパソコンの全出力が投入されるため、他のパソコン作業は できず。という訳で、この時間を利用してFF3で遊べてしまう。編集作業とFF3、意外な共存ができている。


9月8日(金)
楽してダイエット大作戦
 体の半分がゲルマン系の私、太りやすい体質である。長距離通勤しているため、帰宅後に運動しようという気には とてもなれないので、太らないように食べ物には かなり気を遣っているつもりである。が、それでも最近は お腹周りが気になるようになってきた(∩。∩;)ゞ。
 そんな中、つい先日とあるテレビ番組にて『杜仲茶』が体内の脂肪燃焼促進に効果があると紹介されていた。そういう内容には からっきし弱い私、早速 杜仲茶を買いに行った。・・・のだが、近所のスーパーマーケットや輸入食材専門店では取り扱われておらず(-_-#)。先日 遠出した際、そこの輸入食材専門店を覗き見したら・・・あったぁ〜! という訳で しこたま購入した。飲んでみたら・・・甜茶と番茶を混ぜたような飲みやすい味だった。が、これで本当に体脂肪が燃えているのか否か、自覚症状が全く無く・・・。まっ、まずは1か月続けてみるべか。


9月9日(土)
海外帰省
 今日から9泊10日の日程で海外帰省。・・・つっても、何のことは無い、北海道。うちの会社では5年に1度だけ5連休を取得でき、私の場合は今年度が その年に該当するということで、土日と祝日とを うまく合わせて10連休にした。こんなにゆっくり帰省できるのって、大学時代以来となるのかな。ただ、今回の帰省は・・・とある日程と重なってしまい、そちらを断念しての帰省ということで、多かれ少なかれ後ろ髪引かれる心境での帰省となった。
 帰省初日となる今日はテニス仲間とビデオレンタル店勤務時代の後輩が遊びに来てくれた。初日からエンジン全開といったところ。夜はマミーと一緒に防火壁のDVDを観た。自分の職業柄、こういった内容の映画って・・・観ていると胃が痛くなるのである(^-^;)。


9月10日(日)
時計故障疑惑と思わぬ再会
 目が覚めて真っ先に思ったこと、それは「時計が壊れたのか?」である。時計の針は1:30を指していた。残念ながら(?)他の時計も同じ時刻を指していたので、故障ではないらしい。1度も睡眠が中断されることなく、ここまでグッスリ寝たのって かなり久しぶり。まぁ〜、昨日は睡眠時間が3時間で、起きたのが朝の4:30で、休む暇もなく移動したり接客だったので、結構疲れてたのかな。
 夕方は 函館市芸術ホール管弦楽団による演奏会を観に行った・・・と言うか聴きに行った、という表現になるのかな。私のテニス仲間がホルン演奏をやっているというコネ(?)があり、マミーは しょっちゅう こういったコンサートに招待されているらしいのだが、私が来るのは初めて。コンサート会場に入って その設備の凄さにビックリ。函館市のどこに こんだけの お金があるんだか・・・(-_-#)。んで、パンフレットの中を見たら もっとビックリした(#・o・#)。私の中学時代の同級生が指名手配顔写真(?)入りでデカデカと掲載されているではないか(゜д゜)。すんげ〜。ともかく、こういった場でクラシック音楽に触れるのは数年ぶりとなる私、久々に聴き入った・・・と言いたいところだったのだが、『親子で楽しむコンサート』という題名のため、今回はガキも中に入れたということで赤ん坊同伴で聞きに来ていた人が数名おり、気が散ったのである(-。-;)。
 その後は恩師の洋食店で夕食。やっぱり これがないと帰省した気分になれないのである。


9月11日(月)
全国チェーン店のはず・・・だよね???
 飲食店やサービス業の全国チェーン店って今では数多くある。ビデオレンタル店(今となっては『DVDレンタル店』という表現の方がイイんだべか?)の蔦屋も そのうちの1つ。東京の自宅から唯一『近所』と呼べる場所にあるレンタル店が蔦屋。北海道の実家から割と近くの場所にも蔦屋が ある。が、同じチェーン店のはずなのに、北海道の方が値段が安い。また、東京には無くて北海道にある料金形態として『6時間レンタル』なるものが存在。文字通り6時間以内に返却しなければならないのだが、料金が断然安くなる。極めつけは返却方法。ぬわんとコンビニエンスストアの○ーソンに返却してもよいのである。これなら遠くの蔦屋に借りに行っても、返却時は近所の○ーソンに返却すれば終了。これって北海道独自の制度なのか、東京以外どこもそうなのか・・・どっちなんだべか!? ともかく、同じチェーン店のはずなのに、サービスの中身が偉い違いである。


9月12日(火)
1年ぶりの再会
 『1000兵を得るは易し、名将を得るは難し』一語一句見ていくと表現が違う部分も あるかもしれないが、何かと使われる ものの例えである。普通に『友達』と呼べる存在は それなりにいても、いざという時に頼れる/助けてくれるような『親友』あるいは それよりも上の存在である『心友』を得ることは滅多にない。が、幸運にも私には心友と呼べる存在が2人もいる。
 今日は そのうち、地元に住む心友が遊びに来てくれた。彼は1年前の今頃、東京の自宅に遊びに来てくれた時以来の再会ということになる。正直言うと今回は一緒に遊ぶつもりだったゲームを自宅に忘れてしまったため(゜д゜)、何をして過ごすべきか、どうやって時間を埋めるべきかで不安だったんだけどぉ〜・・・半日なんてアッという間に過ぎてしまった。喋りすぎて喉が痛い(^-^;)。


9月13日(水)
土産
 北海道帰省をした際、東京知人達への土産品は帰り際の空港で購入する私。だが、今回からは東京用の土産って量が従来の半分以下になったことと、それに先行して送付する必要が あるということで、今日 土産品を買いに行った。・・・が、そういった北海道土産って どこで売ってるんだべか(・ω・)? 普段は空港なり駅で購入するため、どういった店で買えるのかが分からないという思わぬ落とし穴が(^_-)ゞ。まぁ〜、予測の元に行ってみたら あったので、ホッとしたのである。


9月14日(木)
いつもと違う帰省
 混雑する時期を避け、暑すぎず寒すぎない秋を選んで毎年帰省する私であるが、今回の帰省は例年のそれと違う部分が いくつかある。1つ目は今年、これが初めての帰省ではないということ。今年は既に2度、緊急帰省をしている。2つ目は日程の長さ。例年だったら もう帰省を終えて東京に戻っているのだが、今回の帰省は その倍の長さである。そして3つ目がパソコン。実家には私が設定してあげたマミーのパソコンが あるのだが、今回は日程が長いということで自分のパソコンを持参しての帰省。やはり自分のパソコンだと安心して使うことができるのである。


9月15日(金)
モーツァルトって あずましい
 昼食は恩師の洋食店で取ったのだが、話し相手の座を他の客に横取りされる形になってしまい、ゆっくり お喋りできなかったのが残念だった(-_-#)。また来年 来ま〜す。
 夜は先日の日曜日に引き続いてクラシック音楽の演奏会。今回も先日に引き続きテニス仲間で これに出演するホルン演奏者から招待券を いただいての鑑賞となったのだが、お題目(?)はモーツァルト。全国的に有名な指揮者演出のもと、モーツァルトが作った曲の中から有名どころを選び、聴きやすい長さにして イイとこどり状態にして市民楽団が演奏するという内容だった。司会も やってた指揮者が漫談みたいに進行させるので、これまた面白かった。
 が、ここでも予想外の(?)再会・・・までは いかないにせよ、パンフレットに掲載されていた名前を見てビックリ。小学校・中学校時代の同期生の母親が出演していた。世の中狭いだぁ〜ね。
 演奏会終了後、とある海岸沿いの洋食店にて遅目の夕食。ここって私が青森県の名も無き田舎の大学に通っていた時代、北海道に帰省して再び青森に戻る際、駅に向かう途中で必ず立ち寄って ごはんを食べていた店である。大学を卒業して以来、ウン年ぶりに来たんだけどぉ〜・・・店内の様子も料理も ぜぇ〜んぜん変わっていなかったのが嬉しかった(⌒∇⌒)。


9月16日(土)
妙な再会
 北海道に帰省すると、地元に住む知人との(たいていは)1年ぶりの再会という展開が多いのだが、今日は・・・東京に住むマミーの知人が北海道に来たことによる2年ぶりの再会。私が東京にいる時は全然 会う機会が無いのに、まさか北海道で会うことになるとはね(^-^;)。


9月17日(日)
何だかんだで忙しく
 早いもので10連休の9日目。連休最終日は移動日も兼ねているため、今日の時点で夏休み最終日症候群(?)に襲われた。
 午前中はカレー4品を作り、午後はテニス仲間達が来てくれたので みんなで食べた。汗だくになりながらもガツガツ食べてくれるのを見るのって、料理人冥利に尽きるのよね(^o^)。その後は・・・思いもかけず、みんなして野球中継に釘付けだった。北海道ということで、日本ハムの試合を北海道限定中継。しっかし、熾烈な首位争いをしているということで、北海道は随分と野球で盛り上がっているようで。東京とは偉い違いである。
 その後、やむを得ない事情と言うか、この時間帯しか空いてなかったということでビデオレンタル店勤務時代の後輩が遊びに来てくれた。横文字で言うところのダブルブッキング、というやつ(^-^;)。色々とパソコンに関する伝授を行えて楽しかったのである。


9月18日(月)
驚愕の数字Σ( ̄ロ ̄lll)
 10連休も とうとう最終日。最終日にして天気は初となる土砂降りとなった。日中はマミーと一緒にDVDを観たり、祖母の相手をしたり。荷造りをした後、家を出て空港に向かった。が、台風による強風の影響で私が搭乗する飛行機の出発時間が40分遅れ、更に羽田空港に着いたら滑走路内移動バスの到着が10分遅れたで 結構散々だった(-_-#)。が、今日は祝日だったということで、空港から自宅までの移動電車内が空いていたので ずっと座っていられたので よしとしたい。
 通常なら長くても5連休での北海道帰省、今回は10連休となった。過ぎてみればアッという間だったのだが、あれこれ思い返してみると かなり充実した休みだったような気がする。当初は暇を持て余すばかりかと思っていたのだが、結構忙しく。唯一心配だったのは・・・毎日たらふく食べていたこともあり、体重増加に関して自覚症状が かなりあったということ。東京の自宅に帰宅した後、体重計に乗ったら・・・驚愕の数字が表示されたΣ( ̄ロ ̄lll)。この10日間で5kgも太ってしまったのである(ToT)。出発前は3kg太って慌てて2kg落としたのだが、それも考慮すると・・・6kg落とさにゃ あかん。増えるのはアッという間だけど、落とすのは結構大変なんだよね〜・・・(-_-#)。


9月19日(火)
社会復帰
 初めから分かっていたものの、長期連休明けの社会復帰初日って辛い。・・・と思ってたのだが、辛かったのは連休最終日で、復帰初日の朝となると気分的に開き直っている自分がいた。これって諦めの早さ、なのかな!?
 帰宅後、パソコン作業で色々と やっていたのだが・・・練習書き込み用のDVD-RWが2枚とも突如として調子が変になった。うまく書き込みできなかったり、できたとしてもDVDプレイヤーで再生できなくなったのである。DVD-Rなら問題なし。う〜ん、どうやらDVDドライブにもDVDプレイヤーにも問題は無く、DVD-RWその物に問題ありそう。でも、2枚同時に変になることって あるんだべか???


9月20日(水)
私って肉体労働!?
 今日の お仕事は・・・やたらと汗をかくハメになった(-_-#)。とにかく上に下に移動したり力仕事が あったり、それでいて細かい仕事が色々入ったりで。IT産業にも体力が必要なのだと実感(^-^;)。基本的に複数の仕事を同時進行させることができない私、結構大変だった(-。-;)。


9月21日(木)
最後まで使ったことって あるべか?
 物にもよるが、「修理に出すぐらいなら新しい物を買った方が良い/安い」と言われがちな世の中。それを考えると私の場合、自分用のノートパソコンやデヂタルカメラが それに当てはまるので頭が痛いところ(^_-)ゞ。パソコンに関しては まだまだ使えたものの、それなりに買い換えの理由が あったのに対し、デヂタルカメラに関しては完璧に「今の機能では不満!」ということでの買い換えが大多数である。
 そんな中にあって今日、珍しい物を最後まで使い切った。それはボールペン。会社に入社した際に黒・赤・青のボールペンを支給されたのだが、そのうち青のボールペンを今日 使い切った。実に5年4か月を要してのことだった。私は普段 物を書く時はシャープペンシルを使うため、ボールペンを使うとなると・・・インク指定の書類に記載する時と電話伝言メモを書く時ぐらい。んで、そういう時って特に色の指定が無い場合は私は青を好んで使うため、青の減りが断トツで早く。早い言っても使い切るまでに これだけ時間がかかったんだけど、赤と黒は・・・あと300年ぐらい もちそうな気配である(^-^;)。


9月22日(金)
2度目
 今日の午後から うちの会社主催のセミナーが開かれるということで、私は前回に引き続いて司会役を命じられた。・・・前回の方が うまくいったような気がする(>_<)。
 本来ならセミナー修了後は直帰したかったのだが、今週ず〜っと振り回されている仕事が終わっていなかったため、定時後という時間なのに会社に戻るハメに(ToT)。が、私の不在時に後輩が うまくやってくれていたようで、大助かりだったのである(⌒∇⌒)。


9月23日(土)
信用ならない電池残量表示
 充電池の宿命ということは分かっているのだが、最近になって私が利用しているPHSの充電池、減りが早くなってきたことを実感できるようになってきた。もっとも、以前は ほっとんど『ただ持っているだけ』だったのが、最近では1日に3回 目覚まし機能(うち2回は電池の減りが早い振動式)を利用しているから、というのも原因の1つかもしれない。・・・でも その程度のことで本当に電池の減りが早くなるんだべか(^-^;)?
 充電池を用いている機器には何かしらの方法で残量を知らせるための表示機能が付いている。もっとも一般的と思われるのは携帯電話の■■■表示だろうか。■が3つなら充分に電池が残っていて、1つなら急いで充電するべしというような意味になっているはず。だが、私が利用しているメモリーオーディオプレイヤーの場合、これが信用ならない。四角が3つの状態から2つに減るまでには5時間ぐらい音楽を再生させる必要が あるのだが、四角が2つになってから電池切れを起こすまで1時間と かからないのである。よって、四角が2つになったら さあ大変。予備の充電池があれば即交換するが、それが無ければ・・・諦めるより他に無いのである。


9月24日(日)
増えるのが早いと減るのも早い
 10日間の北海道帰省で5kgも太ってしまった私(゜д゜)。東京に戻ってから1週間で4.5kg落とした。ゲルマン系ということで もともと太りやすい体質の私であるが、短時間で体重が増えたのであれば、急いで手を打てば短時間のうちに体重を減らすことができる。今日の時点で ほぼ帰省前の体重に戻った訳であるが、その時点で既に自分にとっての最良体重を3kg上回っていたのでぇ〜・・・ここまで来たら丁度イイついでということで、あと3kg減らそうかな。


9月25日(月)
血の気の引く宣告
 今日は1か月のうちで もっとも・・・と言うより唯一金銭的に「(^¬^)♪」な気分になれる日。ところがぁ〜・・・総務部から私個人宛に とある通達が来た。それを読んだ私、血の気が引いていくのが よく分かった。結果的には手取りがガクンと減ることとなった(-_-#)。ある程度下がるのは予想していたのだが、別の要因も絡んできたために総定額の3倍以上も下がるのは全く予想外の展開だった(゜д゜)。その通達を受け、かなり動揺しながらも予算を色々と組んでみたら・・・まっ、出費予定を都度組み立てて、ストリップ劇場通いとマッサ〜ヂ店(イカガワシイ意味ではなく)通いを中止し、衝動買いによる無駄遣いを排除し、きちんと家計簿つけておけば「なんくるないさ」って言える状態だったのでホツとしている(-o-)。


9月26日(火)
何ぢゃ、そりゃ(`m´#)!?
 11月下旬にマミーが2年ぶりに関東襲来することとなった。航空券は2か月前に予約すれば かなり安い値段で購入できる。11月22日に襲来するので、その航空券は無事に手配できた。今日は帰りの11月26日の航空券。2か月前となる9月26日の9:30からネット受付開始となっていたので、まずは9:28にアクセスしたら・・・「まだ受け付けていません」の表示。9:29にアクセスしても同じ。んで、9:30にアクセスしたら・・・既に売り切れ。何ぢゃ、そりゃ〜(`m´#)!? キャンセル待ちのみ受け付けるというような状況だった。しかもキャンセル待ちを申し込むには そこの航空会社の会員になる必要が あるとのことで。旅行会社が予め買い占めをしているのか、それとも航空会社が会員数を増やすための陰謀なのか。少なくとも公正な やり方による売り切れとは とても思えない。


9月27日(水)
懇親会
 うちの会社、今年の1月に大規模な組織改正が行われた。という訳で、それを受けて新体制では初となる懇親会が開かれた。・・・って、9か月も過ぎてからかよ!? お酒を飲めないし、魚介類が苦手な私、日本式の飲み会は大の苦手(>_<)。これで一丁前に料金だけは同じ金額を支払わされる訳だからね、飲めない分、沢山食べてやるぅ〜!・・・って思ったら私、ダイエット中だったっけ(^-^;)。何とも時期が悪かったようでρ(-ω-)。


9月28日(木)
朝の楽しみ
 最近、私にとって朝の楽しみが・・・eメイルの確認。普通、平日の朝にパソコンの電源を入れないのだが、とある人物が とんでもない時間にeメイルを送信してくることが多いので、それを読むのが大きな楽しみになっている今日この頃。お陰で昔から女癖と朝の寝起きが極端に悪い私、朝起きが苦にならなくなっている。


9月29日(金)
降れば土砂降り
 うちの部で複数台頼んだ新しいパソコンが昨日になってドカドカドカと入ってきた。もっとタイミングをズラして入ってきてよね・・・。ともかく、これらのセットアップも含め、昨日と今日の仕事は庶務が大半となった。でも、私としては正直言うと その方が楽しかったりする(^-^;)。


9月30日(土)
疑惑の初体験
 千葉時代の会社仲間達が動物園に行くとのことなので、私も それに参加してきた。動物園言っても、いるのは馬だけで、観客は とある専門誌と赤ペンを持って歓声を上げる場所(^-^;)。私は昔からクジ運と賭博運と女運が とこっとん無いので賭け事には全く興味ないのだが、前々から中が どんな雰囲気なのか見てみたいという好奇心があり、それで今回は仕事仲間達が行くとのことだったので便乗させてもらうこととなった。
 私が こういった動物園に来るのは初めて。・・・って思っていたのだが、随分前に1度だけ、高校時代同級生が場内馬券売り場に行くのに同伴し、5分ほど中に入ったことがあったのを思い出した(∩。∩;)ゞ。つまり、今回は疑惑の初体験ということになる。まぁ〜、ともかく。
 待ち合わせ場所は最寄り駅ということになっていたのだが、そこに向かう電車の中で みんなとバッタリ遭遇したのでビックリ(^-^;)。で、肝心の動物園(?)は・・・私が思っていたような殺伐とした・暗い雰囲気は一切無く。建物の中は地下商店街のような雰囲気だったし、設備も綺麗だし、パッと見て悪い印象は全く無かった。
 ともかく、芝生に茣蓙を敷いてピクニック気分での観戦だったのだが・・・やっぱり千葉時代の仲間達とは和気藹々とした雰囲気の中で話せるのが嬉しい。また、私は勝ち馬投票券を一切購入しなかったのだが、色々と楽しめたのである(⌒∇⌒)。また春に来ようっと♪


ズボラ日記のトップに戻る