まいけるのズボラ日記




2009年10月


10月1日(木)
日本でも見付けた
 先週行ってきた欧州里帰り。その際に従兄弟から「レッドブル」なる飲み物を紹介された。私も相方も見たことが無かったのだが、私は結構気に入った。で、日本に戻ってから調べてみたら・・・ふむふむ、原型はタイで考案され、それをオーストリーの会社が販売権利を購入し、日本のリポビタンDを参考に改良をして販売しているらしい。んで、日本ではコンビニエンスストアやドラッグストアで販売されているんだとか。ど〜りで、私は見かけたことが無かった訳だ。そんなとこ滅多に行かないし。
 という訳で会社帰り、試しに近所のコンビニエンスストアに立ち寄ったら・・・あ゛れ、飲み物売り場に無いぞ(・ω・)??? ダメでもともとでスタミナドリンク売り場を見たら・・・あった〜(⌒∇⌒)!!・・・んだけど、オーストリーで見た物と比較すると缶が半分の大きさ。しかも185ml入りで200円という価格。随分と高いことで(-。-;)。これって清涼飲料水だと思っていたんだけど、滋養強壮飲料だったのかな。ともかく買って帰り、飲んでみたら・・・うん、オーストリーで飲んだのと同じ味だった。


10月2日(金)
かなりガッカリ(-_-#)
 TV版のターミネーター「サラ・コナー・クロニクル」の第2シリーズ後半がDVDでのレンタル開始になったので、借りて一気に観た。第1シリーズは話の内容が単純明快で そこそこドンパチがあって面白かったのだが、第2シリーズに入ってからはドンパチが減ったり話が・・・何と言いますか 捻りすぎて分かりにくくなり、途端につまらなくなっている(-_-#)。そのためか米国では第3シリーズ制作中止、つまり第2シリーズで終了することになったとのニュースを見たため、この第2シリーズの終わり方が気になっていた。
 で、今回 借りてきた第2シリーズの後半。やっぱり話が変に捻られていたり、存在することに意味の無い話が多々あったり。んで、終わり方も「何だかなぁ〜(-_-#)」であった。打ち切りになったから仕方ないのかもしれないが、結局は何の説明も成されなかった設定・話が多数。スッキリ度が0。かなりガッカリな終わり方であった(-_-#)。


10月3日(土)
仲良く寝込む
 先週までの旅疲れが抜けきっていないためか、相方が体調を崩し、その翌日に私にも同じ症状が出た。うつされたな、これは(^-^;)。という訳で今日は夫婦して仲良く寝込んでいた。私も旅疲れ、相当溜まっていたようで、昼過ぎまでグッスリだったのだが、そのお陰で風邪の症状も だいぶ緩和されていた。


10月4日(日)
今頃時差ボケ?
 昨日、日中に寝過ぎたためか、今朝方はなかなか寝付けられず。それは相方も同じだったようで。という訳で深夜というか早朝、2人して夜更かししてから寝た。目が覚めたのが14時。今頃になって時差ボケを起こした気分である。


10月5日(月)
欧州にて感じたこと
 欧州里帰りボケも落ち着き、改めて欧州帰省のことを振り返ってみると、色々と思うところ・感じることがある。英語・外国語に対しても改めて思ったことがある。
 日本人は外国人に対してよく「日本に来るんだったら日本語を勉強してこい/日本語を話せ」と言ったり思ったりしているようだが、いざ日本人が海外旅行をしたら どうか。現地入りし、きちんと現地の言葉を話している人は かなりの少数派のような気がする。私にしてみれば そういう人達は随分と国際感覚に乏しい人達、である。
 私が欧州入りした際、基本的に会話は英語。親戚達とは勿論のこと、街の市場や土産屋でも英語90%、ドイツ語10%という割合。イタリアに行った時も英語。また、イタリアではオーストリー人の従兄弟も英語でイタリア人と接していた。やっぱり英語ができれば ある程度 世界中どこでも通用するというのは有り難い限りである。イタリアでは誰も「イタリアに来たんだからイタリア語を話せ」なんてほざく人は いなかった。(イタリア語で そう言われるも私には分からなかったという可能性は0ではないかも)
 んで、もう1つ。これは英語に限った話ではないのだが、第1外国語同士で話すのって結構楽、ということ。私にとっても親戚達にとっても お互いに第1外国語が英語のため、不自由なく楽に話すことができる。
 相手が第1外国語、自分が第2外国語という場合。私にとっての第2外国語はドイツ語なのだが、過去に1度だけ この経験がある。この時は・・・まぁ〜、ぼちぼちといったところ。
 だが、自分が第2外国語で相手が母語となると話は全く変わってくる。ドイツ語は私にとって第2外国語なのに対し、親戚達にとっては母語。向こうは遠慮無く機関銃のように話してくるのに対し、第2外国語としての語彙と処理能力しかない私は たちまち沈没してしまう。以前、私が大学時代に本業の学問を放ったらかしにしてドイツ語の講義にばかり没頭し(大学時代に唯一真面目に受けた講義)、いざ欧州入りしたら・・・ものの見事に撃沈されて屈辱の里帰りになったことがあった。
 当時は それが何故なのかが分からなかった(∩。∩;)ゞ。その原因に気付くまで14年もかかってしまった私、なかなかマヌケだと感じた(°ー°)ゞ。が、今から15年近く前に勉強したドイツ語、今でも結構覚えているから不思議。大学時代に習ったことって大部分は忘れているのに(^_^;)。
 ちなみに私にとって第3外国語・・・とまでは とても言えないのだが、知っている表現の多さでいくなら中国語。会社出張の際に日常会話表現をいくつか覚えた。不思議なもので、その表現、今でも結構覚えている。


10月6日(火)
任務
 体調不良を感じたため、自宅静養。夕方近くまでグッスリ寝ていたのだが、目が覚めたら全身汗ダク。体内の毒素を全て出したような感じで、かなりスッキリした。
 夜、欧州のばっちゃんからの頼まれ事を実施。任務を遂行できたのでホッとした。



10月7日(水)
未確認の時に限って
 毎朝、朝食を取りながら情報番組を観ており、7時になるとチャンネルを変えて首都圏の交通情報を確認している私。今日は たまたまその情報を確認し忘れていたんだけどぉ〜・・・そういう日に限って通勤に利用する電車が人身事故で大幅遅れ発生。しかも こういう時って何故か始発電車が根こそぎ取りやめになる(-_-#)。何でも、これのせいで22万人に影響が出たんだかで。私もそのうちの1人であるρ(-ω-)。


10月8日(木)
通勤片道5時間半
 非常に強い勢力の台風18号が関東地方に接近中。自宅待機も考えたのだが、交通機関が動いているとのことだったので出社することにした。とりあえず最寄り駅から始発電車が出ており、いつも通り座ることができた。会社に着くぐらいの時間から風雨が強くなるのかな。・・・と思っていたところ、目的駅まで あと10分ほどの場所にて電車が急停車。車内放送では「風の影響により少々停車致します。お急ぎのところ ご迷惑をおかけ致します」という内容が2分置きに放送され続け、ウンザリ。耳が痛くなった(-_-#)。んで、少々止まるはずが2時間経過。外は雨が降るどころか青空が見える。風も たいしたことは無く。一体どうして電車が止まっているのかがサッパリ分からない(-。-;)。私は座っていたから まだマシだったけど、満員電車で立ちっぱなしの人達は大変だったはず。
 んで、次の車内放送にビックリ。「車内に通勤途中のJR社員がいましたら車掌室まで お越し下さい」。まぁ〜るで飛行機の機内放送で「お客様の中に お医者様は いますか?」とか「お客様の中にアラブの石油王は いますか?」って流れたような心境だった。その次が「只今、最寄り駅から職員が こちらに向かっています。着き次第、相談致します」だって。何を相談するんだか。続いての車内放送は「ここでお客様に降りてもらいます」とのこと。2時間以上缶詰になっており、今頃になって ようやく この結論。ただ、ハシゴが届いて取り付けて準備するまでに更に30分以上を要し・・・結局、私は3時間ほど電車内にて缶詰状態だった。ニュースで時々観たことのある、線路上を歩く様子。まさか自分が当事者になるとはねρ(-ω-)。
 最寄り駅まで徒歩で到着するも、電車は全て止まっていた。また、駅構内のテレビには台風のニュースが放送されており、まさに先程まで私が乗っていた電車から人がゾロゾロ降りている映像が流れていた。バスも物凄い行列。今日は自宅待機していた相方から別路線は まだ生きているとの情報が入ったので、そこから15分ほど歩いて別路線の駅へ。振替輸送なるものを初体験することになった私。ただ、ここの路線は止まってはいなかったものの、ダイヤが乱れまくっており、混み混み。これも含めて電車を4本乗り継ぎ、ようやく会社に到着したのが12:45。通常なら自宅を出て1時間で到着するところ、5時間半を要した。出社するだけで今日は力尽きたのだが、会社でも半数以上が出社を諦めて休みを取っていた。
 目的地まで本来なら10分で辿り着くはずの場所、別路線でグルッと回って2時間以上かかった訳なのだが、こうして遠回りしている間に本来の路線が運行再開していたら私ってバカみたい。だが、幸か不幸かはともかく、私が会社に着いたのが12:45。本来の路線が運行再開したのが14:00。私の苦労は報われる形になった・・・のかな!?
 路線検索ソフトで、真っ直ぐ行けば5分で着くものを、わざわざ物凄い遠回りで行く方法までも検索してくれる場合があり、「このソフト、アホや・・・」と思っていたんだけどぉ〜・・・今日みたいな振替輸送の際に この検索結果が役に立つということを初めて知った。恐るべし路線検索ソフト、である。
 帰宅時の電車は それほど問題無く。帰宅後にeメイルを確認したら・・・迷惑eメイルの量が極端に少なかった。さて、どうしてでしょう(^-^;)?


10月9日(金)
トルコ料理
 明日、元会社上司宅にて「まいけるが新たに挑戦した料理を みんなで毒味しようの会」、通称「毒メシ会」が開催される。今回のテーマはトルコ料理。既に相方と一緒にトルコ料理店に行って本物の味に触れ、先週末は実際に調理して練習・・・するつもりだったのだが、1つ予想外の事態が発生。相方の親戚から欧州土産のお礼名目にて食料が多数送付され、その中には賞味期限が極端に短く、かつ お腹が満杯になる主食系が入っていた。そのため、先週末は この食材を食べきることに精一杯で、とてもトルコ料理にまでは手(お腹)が回らず(∩。∩;)ゞ。
 という訳で、しょ〜がないから今週、仕事から帰宅後にチビチビとトルコ料理の練習である。ただ、今回のトルコ料理、思った通りの味が出なかったり、人に出せないような物が出来上がってしまったり。うむむ、明日が本番なのに大丈夫か!?


10月10日(土)
毒メシ会
 当初の予定では今日の午前中は保育園の運動会、夕方から毒メシ会ということになっていたのだが、何でも新型インフルエンザ感染予防名目にて2週間延期。天候不良のために中止になった先週に引き続き、2度目の延期である。折角今日は天気が良かったのに。2週間延期すればインフルエンザの感染危険性が減るとも思えないし。判断基準がサッパリ分からない(-。-;)。とは言うものの、ダブルヘッダーは何かと辛いと思っていたので、まぁ〜、良しとすんべか。
 という訳で午前中は相方と一緒に食材を買いに行き、帰宅してから直前の試作・試食。うん、何とかなりそう。ということで毒メシ会の会場となる元会社上司宅に向かい、到着次第 準備に取りかかった。今回はいつもより品数が多かったものの、予め自宅で作っておいた物を出すことが多かったので調理には それほど苦労せず。ただ、今回は相方も調理役を担当したことと、普段は皿洗いを手伝ってくれる人が欠席したことも加わり、片付け作業が相当大変だった(>_<)。
 んで、反応はというとぉ〜・・・前菜系の反応はイマイチだったので私としても不安が過ぎった。が、メインとデザートで起死回生できた、といったところだべか。また、今回は毒メシ会初参加の人もいて、早速他の参加者と意気投合。こういったところから輪が広がるのってイイだぁ〜ね。


10月11日(日)
木婚式
 日中、とあるコンサートに行ってきた。私が大好きなアルパ演奏者、それにニュージーランド出身の声楽家ら4組が一同に出演するコンサート。これの開催を知った時は まさかまさかの共演にビックリしたのだが、その時は迷わず「行くぞ!」と決めて すぐさま手配。相方と2人で行って来た。感想としては・・・生の音声を聴きたいのにスピーカーからの音量が大きすぎたり、曲毎に演奏者が交代するから その手間暇で時間を浪費するし、進行・段取りの打ち合わせ不足が見え見えということで、主催者側の不手際ばかりが目立った。が、大好きな音楽家達による まさかまさかの夢の共演が観られたので、そちらは良しとしたい。
 その足で今度は横浜に向かった。義兄夫妻の木婚式(結婚5周年)祝いということで、横浜ランドマークタワーの展望台で合流。そこで似顔絵を描いてもらった。以前描いてもらった時は やったら時間がかかったり、全然似てなくてガッカリだったのだが、今回は早くて似ていたので やっぱり描く人によって随分と違ってくるんだな〜、と実感。描き終わった後は夜景を楽しんだ。
横浜ランドマークタワーの
展望台にて
 夕食は横浜にある お気に入りのオーストリー料理店にて。当然といえばそれまでなのだが、店内の雰囲気がオーストリーそのものだったため、つい3週間前まで現地にいたことと重なってホームシックを感じた私(^_-)ゞ。ともかく、ここの店は前々から1度 義兄夫妻を招待したいと思っていた場所だったし、それが結婚5周年祝い名目にて実施できたので良かった。また、義兄夫妻も大いに喜んでくれていたので私としてもホッとしたのである。かえって我々夫妻が恐縮してしまうぐらいに喜んでもらえたのが物凄く印象的。4人で楽しい記念の時間を共有できた。
結婚5周年おめでとぉ〜!
の乾杯

アンサンブルによる
結婚行進曲の生演奏

結婚5周年記念ケーキ


10月12日(月)
物騒な目覚まし
 昨日・一昨日と楽しさによる疲労が蓄積しているため、今日は自宅で のんびり静養。3連休というのは丁度イイ長さの連休である。・・・と書く気マンマンだったのだが、朝方は会社貸与携帯電話のeメイル着信音にて目が覚めた。私には無関係な警告である場合が多いのだが、時計を見た瞬間に「この時間帯はヤバイ・・・」と感じた。案の定、だった。が、今の私には会社貸与ネットブックパソコンがあるので、それを使えば自宅にいながらにして対処可能。早速作業に取りかかった。出た結論。「自宅からの遠隔操作では復旧不可能」。予想外に重症だったため、休日出勤することになってしまった(ToT)。
 会社に着き、職場の相棒と2人で作業に取りかかったのだが・・・何とか目標時間内に復旧させることができたのでホッとした(-o-)。心臓に悪い体験だったのである。


10月13日(火)
久々の更新
 会社帰り。自宅最寄り駅への到着時刻が相方とほぼ同じということなので、駅で待ち合わせて一緒に食材を買いに行った。何気ない普段の買い物であっても、夫婦一緒だとウキウキしてしまう。
 帰宅後、ここ数日取りかかっていた ここのドイツ語のホームページ部分の更新作業の続き。ようやく終わり、公開に漕ぎ着けた。しっかし、英語の部分は勿論のこと、ドイツ語の部分はカビが生えているぐらいに更新が滞っており、堆積していたホコリが一掃された、そんな心境である。
 また、丁度イイ切っ掛けだったので、私のホームページ容量を確認してみたら・・・随分な量になっていた。このままでは契約上限をすぐにでも越えてしまいそうな勢いだったため、ダイエット大作戦。手っ取り早いのは音楽ファイル。昔は面白半分でページ閲覧時に音楽が流れる設定にしていたのだが、今となっては むしろ邪魔に感じており、更には音楽ファイルって結構な容量になるので、リストラ(?)には もってこいである。


10月14日(水)
何てこったい・・・
 残業時間調整のため早目に帰宅し、昨日までやっていた このホームページの大掃除作業を終えた。前々から やろう、やろうと思っていた大きなこと3つのうち2つを完了させたので だいぶスッキリ。残る1つは超・大規模な外科手術になるので、また日を改めてということで。・・・って、それって いつになるんだか。
 相方が突然DVDを借りてきた。「マンマ・ミーア」の映画。この題名というか言葉は もともとイタリア語で、そのまんま直訳すると「私の母」。実際の意味は「何てこったい」。ミュージカルで公演されていたり映画になったということは知っていたのだが、内容は全く知らず。この日は どちらかというと「折角 相方がお金を出して借りてきたから、観ないと勿体ない」ぐらいの気持ちで観始めたんだけどぉ〜・・・面白かった! 観て気分がスッキリした。


10月15日(木)
やっぱり記憶が新しいうちに
 今日も会社の残業時間調整のため早目に帰宅した。帰宅後は撮影した動画の編集作業。まず先週末に撮影した義兄夫妻の木婚式祝いの様子。動画データは それほど長くないため、写真データと組み合わせての・・・私にしては珍しい種別の編集作業となったが、これは これで面白かった。問題は受け取る側が気に入ってくれるかどうか、である(∩。∩;)ゞ。
 丁度イイついでだったので、先日実施するも中断していた動画編集作業を再開した。感じたことは・・・同じ日に撮影した動画ネタを編集する場合、極力 日を跨がずに編集するべき、ということ。2週間前に夏祭りの前半を編集し、今日 夏祭りの後半を編集した場合だと、前半にどのような編集技法を用いたか、どんな流れの編集だったかをサッパリ覚えていない。そのため、前半と後半とでは流れが全く違っていたり、逆に技法が同じ物ばかり かぶってしまったりなんてオマヌケな展開になりがち。やっぱり記憶が新しいうちに まとめてやらなければいけないと実感。


10月16日(金)
疲労の指標
 先週末は3連休だったものの、初日と2日目は楽しい催し物づくし、最終日は ゆっくり休むつもりが休日出社だったため、全く休めていなかった私。そんな場合、私の疲労が どれぐらい蓄積しているかを判別するのに とっても有効な指標が会社の昼休み。
 昼食を取った後は とっとと昼寝するのだが、どれぐらい眠れたかで おおよその蓄積疲労度が分かる。今週の昼休みは ずっと熟睡だった。


10月17日(土)
華麗なる変身
 朝方、会社貸与携帯電話のeメイル着信音で目が覚めた。時計を見たら・・・う゛わ゛っ、物凄く嫌な時間帯(>_<)。会社貸与ネットブックパソコンを起動させたところ、その嫌な予感が当たった。が、先日とは種類の違うエラーで、8月にも同様の事例があったので、対処自体は問題無かった。が、時期が時期なだけに気分が悪い(-。-;)。
 夕方、相方が美容院に行ってきた。中途半端に長かった髪の毛がバッサリ切り落とされていたのだが、滅茶苦茶似合っていた。うむむ、惚れてまうやろ〜!
 夜、まぁ〜たエラーのeメイルが届いた。職場の相棒と連絡を取り、連携しつつ対応。監視は夜中まで続いた。


10月18日(日)
休めた気になれない週末
 昨日の件があったため、朝は早起きしてシステムの監視。1日中 付きっきりでの監視を行った。今週末、休めた気が全くしない・・・。
 ただ、本来は震災発生や疫病発生によって出社できなくなった場合でも自宅で ある程度の勤務ができるように、という名目で社員に貸し出されているネットブックパソコン。本体が小さかったり出力が低くて扱いづらいという致命的欠点が多々あるものの、自宅でシステムの復旧作業ができるというのは有り難い限り。昨日・今日も休日出勤することなく対処ができたので、これは これで有り難いと感じた。


10月19日(月)
生きた心地のしない1日
 会社で私が担当しているシステム。この週末の動きが怪しかったため、職場の相棒ともども朝早くに出社。症状は予想以上に重症で、1日中生きた心地がしなかった。各方面からの助力により、何とか夜遅くにシステムそのものは復旧したのだが、1日中止まっていた各種システムとのデータ連携復旧が必要なため、今夜は帰宅を断念した。


10月20日(火)
久々の徹夜
 楽しい徹夜ならまだしも、イヤな徹夜である。が、夜中4時ぐらいにほぼ復旧。帰宅は無理というのは分かっていたものの、ホテルで ゆっくり寝よう・・・にも時間が中途半端。一緒に作業をした3人で24時間営業のファミリーレストランにて夜食。前日は昼食も夕食も昼休みも取っていなかった我々であったが、食欲は・・・あんまし無かった。
 空がぼんやり明るくなった頃に会社に戻り、自机で仮眠。普段は昼休みに30分ほど自机で仮眠を取る私だが、1時間半となると・・・無理な体勢は長時間続かないようで。また、目覚めたら寒気と鼻水。完璧に風邪ひいたな(-_-#)。そのまま火曜日の業務に突入。早く帰りたかったのだが それも叶わず。気分はジャック・バウアーだった。
 帰宅後、久々に相方の顔を見たら・・・物凄く安心した。私には帰る家があるので幸せだと感じた。従兄弟からの郵便物が届いていた。ようやく義姉に送ってあげられる。


10月21日(水)
緊張は解けず
 会社貸与の携帯電話に届くシステム警告eメイルに怯えることの無い夜は久々だった。2日ぶりのベッドでの睡眠、グッスリ眠れた。寝足りない感は否めないのだが、出社。障害の後始末やら再発防止案の作成やら残作業の棚卸やらで緊張感は全く解けず。結局今日も帰りは遅くなった。今月は運が無いと思って諦めるしかないか。


10月22日(木)
いよいよ発売
 今日、遂にWindows7が発売された。私が新OSの発売を待ちわびるのって初めての経験。というのも、新OSの発売に合わせて新パソコンを購入するからである。先日、既に富士通のWebショップにてカスタマイズ式のデスクトップパソコンを注文済み。お届け予定日が・・・来週の月曜日(>_<)。うむむ、週末に ゆっくりセットアップしようという企みが いきなり頓挫である(-_-#)。だけど、まぁ〜、向こう数年 使う物なので、数日程度の遅れは問題にならないか。むしろ発売日から5日経つことによって不具合が発見されて修正パッチが出ている可能性も充分にある。


10月23日(金)
またかよρ(-ω-)
 本日、まぁ〜た会社で私が持っているシステムで問題が発生した。昨日までの障害が回復していないというのに、またかよρ(-ω-)。今月に入って何度目だと思っているんだよ(-_-#)。結局、宿題を抱えたまま終電で帰宅となった。会社で徹夜するよりはマシか。


10月24日(土)
厄日は続く
 まともに眠れたのは2時間程度。朝5時にシステムの状態を確認したところ・・・(-_-#)。一途の望みを託して対処をし、再度 実行。2時間後に確認したところ・・・ρ(-ω-)。
 本来なら今日は元会社上司の子息が通う保育園にて運動会が開催されるということで、私は動画撮影係として参加するはずだった。が、朝のシステム状況確認の結果、それが絶望となった。この運動会、理由はともかく2度延期されており、3度目の正直の日は よりによって私のシステム障害ときた。もう、頭にくる気力すら失せた。
 結局 今日は(も?)休日出社。職場の相棒が言っていた「折れた」の言葉、簡素ながら全てを表現していると感じた。とりあえず またも宿題を抱えた状態ではあったものの、夕方に帰宅。相方が とある資格試験に合格したとのことだったので、お祝い名目で夕食は外食にした。おめでとう、なのである。
 19時に就寝。20時に会社貸与携帯電話にeメイルが。まさか別の障害発生か!?・・・と思ったら上司からだった。脅かすなよ・・・。
 仕事とは別に、今日は とある知らせがあった。折しも今日は24日。何かの因縁だべか!?


10月25日(日)
スッキリしない週末
 夜中3時に状態確認し、8時に状態確認してガックリきて、最後の悪あがきをして その結果を11時に確認して納得。ここまで やること成すことが いちいち・全て・とことん結果が出ないとなると、もう怒る気力もガッカリする気分も無くなる。ただ、現時点で やれることは全てやったので、本日の作業は以上。明日 会社で仕切り直しである。だけど自宅で ある程度の作業ができる状況だったので まだマシだったと思いたい。
 午後、久しぶりに相方と一緒に お出掛け。ホント、久しぶりだよ・・・ρ(-ω-)。まずは近所のマッサ〜ヂ店にて揉んでもらった。本来なら1番のお気に入りのマッサ〜ヂ店に行きたかったのだが、外は雨だし片道30分を移動する体力が とても残っていないということで。体中が非道く疲れてきっていると警告されたんだけどぉ〜・・・うん、知っている。その後は買い物に行ってきた。気分転換にはなったものの、明日からのことを考えると また胃が痛くなってきた(-_-#)。


10月26日(月)
そういえば
 会社でバタバタ続きのため すっかり忘れていたんだけど、給料日を過ぎていた。でも今は使う暇が無いや。


10月27日(火)
物は受け取ったけど
 私にとって5代目となるパソコンが届いた。5代目にして私にとって初となるデスクトップ型である。やはり動画編集をすることが多い私、デスクトップ型の方が絶対的にイイ。んで、OSは折角なのでWindows7。2001年9月に2代目パソコンを購入して以降、ずっとWindows XPパソコンを使い続けてきた私であるが、遂に新OSに乗り換えである。
 Windows7自体は先週の木曜日に発売されたのだが、私は富士通のWebサイトからカスタマイズ品を注文した関係上、手元に届いたのが今日(厳密には昨日届いたんだけど、相方も私も自宅不在だった)。ただ、今月に入ってから会社でバタバタが延々続いており、徹夜があったり休日出社が当たり前になったりで生きた心地のしない日々が続いている。そのため疲労困憊だったり精神的に落ち着いて新パソコンのセットアップができる状態にはなく。という訳で、新パソコン、物はあるんだけど、デビュー戦は まだ先になりそうである(-_-#)。


10月28(水)
感覚麻痺
 連日不安定な状態が続いている、会社にて私が担当しているシステム。書きたい愚痴は沢山あるのだが、ここはグッと押さえて。今日の夜にメンテナンス作業をしたのだが、うまくいかず。ガッカリする気も起きなかった。すっかり感覚が麻痺している。


10月29日(木)
これより下は無い
 会社で私が担当しているシステムが遂に落ちた。10月に入ってからロクな事が無かったけど、これより下に下がることは無い、それぐらいに非道い事象。こんな時だからこそ先輩社員達が次々に駆けつけて手助けしてくれた人情が心にしみいった。
 結局、ハードウェア専門家が徹夜し、私を含む業務部隊は明日のために一旦帰宅。生きた心地が全くしない。


10月30日(金)
相方のオニギリ
 自宅のベッドで横にはなったが、熟睡した記憶が無く。朝から気分は どん底。食欲も無く。体調も非道かった。普通だったら迷わず休むような状態での強行出社、いつまで続くのだ(-_-#)。
 出社し、すぐさま専門家達を交えての対策会議を行い、実行にうつった。休憩を取る暇は勿論無く、弁当を広げて昼食を取る暇も無かったのだが、相方が弁当とは別にオニギリを作ってくれていた。よって片手にオニギリ、片手にパソコンのネズミを持って作業。相方のオニギリが滅茶苦茶美味かった。
 夜、先輩社員達および保守会社から来た技術者達のお陰で状態は何とか回復。原因は一種のハードウェア障害ということになるのかな。ともかく原因が判明し、それに対する正しい対策を実施できた。また、今までシステムが不安定だった根本的な問題も同時に解決(したと思われる、と表現していた)。週末出社は決定事項だが、10月に入ってから ずっと続いていた見えない不安から解放されたような心境だった。
 帰宅し、相方の顔を見たら・・・やっぱりホッとした。相方の支えが無かったら とっくに破綻している。今夜は久しぶりに熟睡できそうである。


10月31日(土)
恒例の休日出社
 久々にグッスリ眠れたのだが、この程度で疲れが取れるはずも無く。起き上がった時に まず思ったことは「寝たい」。休日出社が当たり前になってきたというのも何だか(-_-#)。ただ、土曜日の作業なので客先からの問い合わせで手が止まるということは無く。システム的には復旧したのだが、後片付けが物凄く大変。帰宅は午前様になった(-_-#)。



ズボラ日記のトップに戻る