まいけるのズボラ日記




2011年3月



3月1日(火)
毎年恒例のような気が
 ここ数年、毎年のように「今年の花粉は例年のxx倍!」ってテレビで放送されている。例年の値を見直した方がイイ気がする。それこそ10年に1人の人材を毎年発掘しているプロ野球状態である。まぁ〜、「今年は花粉が少ないです」つったら、製薬会社が儲からないのが大きいのかな。


3月2日(水)
シャワーに切り替え
 娘の お風呂。以前は沐浴にしていたんだけど、1度 試しにシャワーにしてみた。そうしたところ、意外と問題無く、私としては腰を曲げ続ける必要が無いし、娘もシャワーから お湯が出るのが面白いらしく。ということで、それ以降は ずっとシャワー。欠点があるとすれば、片親だけが家にいる時、シャワー浴びせ係とシャワーの後係との業務分担ができず、1人で頑張らなければいけないということぐらいかな。


3月3日(木)
実験
 うち、食事時は たいていテレビをつけている。ただ、娘が一緒の場合は娘もテレビに興味津々。また、テレビを観ながらだと会話が減ってしまうという相方からの苦情(?)があった。朝は基本的に娘が食卓にいないし、天気情報なり交通情報を観たいので従来通り情報番組を観るとして、夕食時は実験的にテレビを消してみた。必然的に家族の会話が増え、娘も親に注目するようになった。うん、これはイイ傾向だ。今後も夕食時は家族3人テレビ無しで、ということで。


3月4日(金)
珍しい行事
 夜、私の出身大学OBと現役学生の懇談会なるものが行われた。現役学生達が関東の企業見学に来るということで、折角の機会だから関東の企業に就職しているOB達と懇談会を行おうということで、そのOBの1人として私に声がかかった。会社の飲み会は全く興味ない私だけど、この手の行事であれば大好き。
 当初この話が来た時、私は「今の大学生は1年・2年のうちから こういった就職活動をしているのか。可哀想に」と思った。だけど、実際に学生達からの声を聞いてみると「楽しかった」とか「良き経験になった」とか「得る物が沢山あった」といった、良好な反応ばかり。私、勝手に物凄い勘違いをしていたようで(∩。∩;)ゞ。だけど、こういった会に呼んでもらえて嬉しかったし、楽しかった。


3月5日(土)
夫婦共同作業
 今月末に行われる、とある会。その場にて上映するスライドショーの作成に着手。動画編集とは違い、写真スライドショーなので、作業自体は楽。だけど、今回は厳粛な場で色々な人がスライドショーを観るということで、いい加減な物は作れない。また、写真自体も傷みが激しいため、画像加工ソフトを使っての修正作業に思いの外手間取った。だけど この手の細かい修正作業となると相方の独壇場。相方が随分と頑張ってくれた。楽しい夫婦共同作業となった。


3月6日(日)
進められないけど楽しい
 本来の予定だと、今日は溜まっていた動画素材の編集作業をするつもりだったんだけど、一切進まなかった。理由は・・・娘と沢山遊んだから。最近、平日は起きている娘と会えないことも珍しくないため、これみよがしに たっぴし遊んだ。毎度のことだけど、娘と一緒に遊んでいると、「このまま遊び続けたい」という気持ちと「この笑顔を撮影したい」という気持ちと「早く溜まっている動画を編集したい」という3つの欲望に駆られる。非常に じれったいんだけど、最終的には「娘と一緒に遊びたい」が勝ってしまうようである。


3月7日(月)
あのさ〜・・・
 先日 自分専用のアカウントを作ったフェイスブック。相方との共同アカウントでは体験できなかった楽しみが そこには あった。ただ、私の写真のコメント欄をツイッター代わりにして会話をしている人が2人。あのさ〜、別に ここでやらなくても(^-^;)。まっ、それもフェイスブックの楽しみ方の1つ、なのかな。


3月8日(火)
出張
 今日は午後から会社のデータセンターに出張だった。普段とは違う業務内容で、良き気分転換になった。


3月9日(水)
迷惑行為???
 今日も午後から会社の別事業所に出張だった。行き先は あまり良い思い出のある場所とは言えないんだけどぉ〜・・・まぁ〜、ともかく。
 その出張先に向かう電車。駅で立ち往生状態。何事かと思ったら「前を行く電車内で お客様迷惑行為がありましたため・・・」とのことだった。早い話、電車内で痴漢があった、ということね(^-^;)。日本人って、何かと難しい表現を使いたがるだぁ〜ね。


3月10日(木)
とっても悲しい知らせ
 今日、会社で とっても悲しい知らせがあった。正式には まだ3週間ほど先になるらしいんだけど、悲しくて悲しくて涙が出そうになった(^m^)♪ 同じ原因により私と同じ悩みを持っている先輩社員とも その話題でもちきりだった。


3月11日(金)
いつ、何が、どこで役立つか分からない
 昼過ぎに宮城県沖でマグニチュード9.0の地震が発生した。地震発生時、私は会社で座っていたんだけど、当初は目眩かと思った。うむむ、私、そんなに疲れていたっけか? だけど、段々様子が違うことに気付いた。相当な揺れが長時間続いた。関東地方での震度は5弱。仙台では震度7。うむむ、凄い。
 会社内は大混乱だったんだけど、地震が起きた瞬間から通常業務は停止。あ〜あ、この地震だと首都圏の交通は麻痺して、しばらく帰れないのかな。インターネットで情報収集しつつ、鉄道の運行再開を待っていた。
 あいまに家族に対して安否確認の電話。別に これを狙っていた訳ではないんだけど、災害時にはPHSは無類の強さを発揮する。携帯電話や固定電話が激混み状態で繋がらない中、PHSだと ごく普通に使えた。
 で、本日中の鉄道復旧見込み無しという確定情報が流れ、会社から半径10km以内に住んでいる人に対しては徒歩での帰宅命令が出た。そんな近くに住んでいる人は、ごく1つまみ。実際に帰路についた人は数名程度だった。
 私の自宅は・・・調べてみたところ、会社から約24kmの距離。徒歩なら6時間で着ける計算。他の社員達が会社で1泊する気マンマンになっている中、私は帰路に付くタイミングを見計らっていた。会社側から自由行動の許可が下りたので、私は18時頃に意を決して徒歩での帰路に付いた。計算上は日付が変わる前に自宅に着けるギリギリのタイミングだった。
 世の中、いつ、何が、どこで役立つか分からないものである。1年半前に会社で「災害発生し、交通機関が麻痺した時に徒歩でも帰宅できるようにするための訓練」なるものが行われた。その時は時間の無駄と思っていたんだけど、その時の体験が今日、役に立った。また、会社で支給されていた防災グッズ、とりあえずリュックサックに詰めての帰路だった。
 歩道上は民族大移動状態。車は大渋滞。歩いている方が早かった。疲労は感じなかったが、歩行時間4時間を越えたあたりから、足が痛くなり、それがやがて激痛に変わった。ほんの僅かな段差や傾きだけでも猛烈に苦痛だった。24時間テレビでマラソン走っている人の気持ちが分かってきた。
 そんな状況下、私を突き動かしたものは2つ。1つは日付が変わる前に妻と娘の顔を見るという私の執念。もう1つは・・・ギブアップしたところで、他に何の代替案も無い、という後の無い状態。
 だけど、計算通りに所要時間約6時間、日付が変わる前に自宅に到着した。人間、やって やれないことは無いものだぁ〜ね。相方がオニギリを用意して待っててくれていた。このオニギリが目茶苦茶 美味かった! 食べ終わった後、相方が用意してくれていたお風呂に浸かった。フィ〜、これは生き返る♪


3月12日(土)

 昨夜は6時間歩き続けたため、疲労困憊状態・・・と思ったんだけど、朝早くにパッチリと眼が覚めた。だけど、脚の痛みが非道く、まともに歩けず(>_<)。膝は関節炎、脹ら脛や太股は・・・筋肉痛(^-^;)。だけど相方が湿布やら包帯をつけてくれたり、筋肉痛用の薬を出してくれたりと、大助かりだった。
 とは言うものの、体内蓄積疲労のせいか、日中は断続的に激しい睡魔に襲われ、昼寝を繰り返していた。
 今回の地震。うっかり不用意な発言なり書き込みをして、炎上した件が数知れず。ということで、ここでは冗談であっても変なことは書かない。ただ、こういったことが切っ掛けで、家族の絆の強さが見えてきたり、絆を再確認することができたのは私にとって1つの事実である。今回の件で1番 心配だったのは、仙台市に在住の、心友 妻の実家家族。相当な揺れがあり、家具が倒れたりもしたんだけど、命に別状は無いとのことだった。
 また、国の内外を問わず知人・親戚同士で お互いの安否を気遣う連絡のやりとりが頻繁にあり、こうして気遣ってもらえるのって嬉しく思った。


3月13日(日)
本能?
 ブランチは週末恒例となっているロイヤルホストにて。1週間に1度の、ちょっぴりの贅沢である。帰り道、相方のママ友にバッタリ。凄い偶然である。
 東日本の地震による被害が拡大しており、テレビデは どの局も終日この話題でもちきり。こういう時だからだろうか、私も相方も、無意識のうちに家族3人で過ごすことを選択している、そんな気がする。


3月14日(月)
計画停電
 本日から関東地方に於いて計画停電が実施。関東を5つのグループに分けて順番に3時間ずつ計画停電させる、というもの。私が住んでいる市は・・・何故か2つのグループに所属。うち1つのグループは1日に2回停電。つまり、合計で1日に9時間停電する、というもの。物凄く不公平な気がする。ただ、隣町は3つのグループに 跨っているので、それよりは まだマシということか。
 鉄道も私が使える物は全滅ということで、今日は出社できず。自宅で勤務しようにも、停電だから手も足も出ず。さて、今日1日、どうなることやら・・・。
 と思っていたんだけど、結果的には関東の1部で17時から19時まで停電が実施されたのみで、私が住む街は停電がなかった。準備をして、心構えも充分だっただけに、ホッとしたのと肩すかしを受けた印象、そして「いつバチンと停電するのか?」という不安が付きまとった。東京電力がね〜、なぁ〜んか、こう、情報公開が後手後手と言うか、変に隠蔽しようとしているというか・・・あちこちから叩かれて当然の対応だったと言わざるを得ない。
 ただ、結果的に うちの街は停電しなかったということで、自宅勤務が可能になった。つっても、客先も ほとんど出社できた人が いなかったようで、どこも開店休業状態だった。


3月15日(火)
物凄い違和感
 地震による計画停電、その影響による鉄道網への影響。昨日はJRが ほぼ壊滅状態だったのに対し、今日は そこそこ走っていた。が、家族の調子が 思わしくなかったので、迷わず今日は自宅待機とした。そしたら ご丁寧に会社から「今日は休暇扱いだ」という説明が。そんなことで いちいち電話をしてくるぐらい、会社は暇ということかい。
 ともかく、午後は家族で買い物に出掛けた。街の様子は・・・いつもと それほど変わっていない。店に入ったら、利用されている照明量が減っていた。いつもと比較すると店内が薄暗かったんだけど、それども充分な光量。いや、欧州の店と比較すると、これでも光が多いぐらいか。普段、いかに電力を大量消費しているのか、こういう時に実感である。
 んで、私が違和感を覚えたのが食料品売り場。野菜は ある。果物もある。肉類もある。だけど、米とパンとラーメンだけが空っぽ状態だった。まぁ〜、今後の蓄えのため、なんだろうけど、米・パン・ラーメンだけが無くなっていて、他の食料は いつも通りに販売されている。これって どうしても変に見えた。
 帰宅してニュースを見たら、福島原発から出たと思われる放射能が新宿でも検出された様子。健康には問題無い量だし、レントゲン検査を受けた時の方が よっぽど被爆状態なんだけど、やっぱり気分が良くない。別に これを狙っていた訳ではないんだけど、今週の金曜日にマミーが欧州に里帰りする。娘だけでも一緒に連れて行ってもらおうかと思ったんだけど、航空会社に問い合わせたところ、乳児でもパスポートが必要とのことで、無念の結果となった(>_<)。
 結局、うちの地域では今日も計画停電は実施されなかった。


3月16日(水)
恐る恐る出社
 こんな状態の時に家族を残して出社というのは非常に気が引けるんだけど、恐る恐る会社に向かった。うちの地域は朝1番で計画停電が実施されるとのことだったんだけどぉ〜・・・6:40に家を出る時点では電機がついていた。
 朝 早いためか、それとも震災による影響なのか、通勤電車は普段よりも空いていた。会社は・・・人の入りは普段より少ない印象は あったものの、平静を保っていた。家にいると震災関連のニュースばかり観てしまって精神衛生的に よろしくなかったんだけど、会社に来て仕事をしている間は・・・やっぱり震災のことが気になった(∩。∩;)ゞ。


3月17日(木)
無事に関東到着
 今回の震災があったから、という訳ではなく、毎年恒例行事ということで、欧州里帰りのためにマミーが関東に来た。飛行機が無事に飛ぶのか、羽田空港からの電車は きちんと動くのか、不安材料が多々あったため、羽田空港まで迎えに行った。飛行機の到着は遅れたものの、マミーは無事に羽田空港に到着。んで、空港から自宅方面への電車は問題無く動いていたので一安心だった。
 マミーが関東に来る際、いつも買ってきてくれるのが函館限定のハンバーガー店「ラッキーピエロ」のハンバーガー。その他に、今回は お米やら乾電池やら懐中電灯やら、援助物資を しこたま持ってきてくれた。買い占めをするつもりは毛頭無いものの、必要分すら手に入らない状況だったため、これは大助かりだった。
 ただ、今日 会社から羽田空港に向かう途中、右足の甲が激痛に見舞われた。身に覚えがあるとすれば・・・先週の金曜日に6時間歩いたことと、それによって通勤靴が1つダメになったため新しい通勤靴に履き替えたこと。まっ、1晩休めば回復するかな。


3月18日(金)
無事に果たせた任務
 今日はマミーが成田空港から欧州に向けて出発する日。成田空港に向かう交通機関が どう転ぶか分からないため、今日は会社を休んでマミーの付き添いという形で一緒に成田空港に向かった。何としてもマミーを欧州に送り出すことが今の私に科せられた任務である。
 早朝に起きてインターネットで電車の運行状況を確認するも・・・うむむ、成田空港行き単体の情報は分からず。駅に電話をかけるも、ずっと話し中。となると、直接 駅に行くしかない。ということで、朝食を取った後に出発。相方と娘が駅まで見送りに来てくれた。最寄り駅に着いたら・・・成田空港行きの電車は問題無く動いていたので一安心。結果的に、昨日も今日も緊急ルートを使うことなく移動することができた。
 成田空港に到着したら・・・普段の平日朝とは明らかに混み具合そして雰囲気が違っていた。欧州の航空会社の多くが日本発着場所を関西空港に変更していたんだけど、マミーが利用するオーストリア航空は成田発着のままだったので大助かり。そのため、他の欧州系航空会社を利用予定だった人達がオーストリア航空に乗るべく四苦八苦していた。
 無事にチェックインを済ませ、成田空港では恒例行事となっている 蕎麦屋でのブランチを取った。マミーの出発を無事に見届け、私は帰路についた。マミーを欧州に送り出すという任務を無事に果たすことができ、ホッと一安心である。
 ただ、昨日 突如として痛くなってきた右足の甲、成田空港内を歩いているうちに段々非道くなり、帰宅に支障を来すまでになった。見かねた相方から病院行きの指令。今日は もう動けないので、明日 行くかな。


3月19日(土)
結果はシロ
 早朝に起き、スカイプ(パソコン用テレビ電話)を立ち上げた。マミーから早速通信が入った。無事に到着したとのことで、ようやく真の意味で一安心だった。
 右足の甲が非道く痛むので、午前中は近所にある総合病院の整形外科外来に行って来た。流石は総合病院、待ち時間が半端でなく長い。んで、レントゲン撮影してもらったんだけど、骨に異常は無、筋肉が炎症を起こしたのであろう、という結論に至った。人生初の骨折を覚悟していたんだけど、結果はシロということで一安心だった。


3月20日(日)
50周忌
 今日は相方の実家の方で、相方にとっての曾祖父の50周忌行事があったので家族3人で行って来た。目的地までレンタカーで片道1時間半。通り過ぎるガソリンスタンドで いちいち猛烈な大行列を見かけた。何だかな〜、である。
 50周忌って、なかなかできないものなんだろうけど、こうして きちんと集まって開催できるあたり、凄いと思った。震災直後だっただけに、親戚同士お互いの無事を直接確認できた。
 また、図らずも娘に話題が集中。娘は人見知りせず、みんなに笑顔を振りまいていたのが印象的。我が娘よ、素晴らしい!


3月21日(月)
ようやく進められた作業
 前から ずっと「やろう、やろう」と思うも手を付けられなかった動画編集作業、今日ようやく着手できた。溜まっていた動画データ量が多かった割には、今日の作業量は意外と少なく済んだかな。
 夕方、買い物に出掛けた。店内は節電のために相変わらず暗かったんだけど、つい先日の米騒動は一体何だったんだろう、って思うぐらいに今日は米の在庫が大量にあった。
 連日、震災関連のニュースが流れている。観ていると暗いニュースが多いのだが、中には そんな中にあってイイ話もある。ただ、最近になってムカつくニュースもチラホラ。義援金詐欺だの、募金活動している人にイチャモンつけて募金を かっさらっただの、死体の服から金品を奪ったりだの。そういう連中は早く捕まってほしい。


3月22日(火)
衝撃の通達
 寒い季節になると、何かと出てくる単語の1つが「冷え性」。これを抱えている人達には辛い季節のようである。私の場合は・・・冬に限らず、足先が冷えやすいため、足元用のファンヒーターや湯湯婆は必需品。そうしたところ、先日 相方が私に対して1言。「まいける、冷え性だよ」え゛・・・そうなの!? これは衝撃の通達だった。


3月23日(水)
招待状の中身
 会社後輩から結婚式の招待状が届いた。その中には「余興で場を盛り上げて下さい」という冷酷な通達が(^-^;)。うむむ、何をやればイイんだべか・・・。


3月24日(木)
早速売り切れ
 関東地方の水道水から福島原発が原因と思われる物騒な物質が検出された。ということで、通信販売のWebサイトを確認してみたら・・・早速ミネラルウォーターの品切れ続出。みんなの行動が早いのか、買い占めてしまう困ったちゃんなのか。


3月25日(金)
シャッチョさん
 とある物が欲しくてネットショップを検索していたら、どこかで見たような綴りを発見。まさかと思って中を覗き込んでみたら・・・そこは私の大学院時代の研究仲間が運営するネットショップだった。あらま、彼女、今やシャッチョさんか(・o・)。ただ、相方は袖無しの服を着ないので、ここを利用することは残念ながら無さそうである。


3月26日(土)
緊急事態
 明日は義母の七回忌の法要が行われる。ということで久々に冠婚葬祭用の礼服を出したら・・・ぬわんとカビていた(゜д゜)。これは緊急事態である。ということで、近所にある紳士服店で急遽 冠婚葬祭用の礼服を購入することになった。
 ただ、まずは毎週末の朝恒例ということで、ロイヤルホストにブランチを食べに行った。そしたら・・・節電・計画停電の都合により営業時間が大幅短縮されており、朝食時間の営業は当面延期とのことだった(-_-#)。うむむ、まさか開店まで1時間も待っている訳にはいかないので、仕方なくデニーズに向かった。ここは通常通り営業していた。ロイヤルホストとはまた違った朝食メニューだったんだけど、私は ここのドリンクバーのシステムが気に入らないため、それが飲食店としてのデニーズの評価点を大きく下げている。おかわりを いちいち店員に頼まなければならず、それがドリンクバー本来の楽しみを奪ったり、激混み時は店員が捕まらなくて飲み物の おかわりを飲めない結果に繋がっている。
 ブランチの後、あちこち立ち寄り、最終目的地は紳士服店。何気なく選んだ礼服が滅茶苦茶お買い得だったので、満足度が高かった。今日中に仕上がったので、ホッと一安心。
 日中は久々に相方と一緒にDVDを観たんだけどぉ〜・・・今日のDVDは大ハズレだった(-_-#)。夜は欧州里帰り中のマミーとスカイプ。日本の原発ニュースは欧州でも連日伝えられており、マミーは相当に心配している様子。案外、このまま永久帰国の方がマミーにとってイイのかもしれない。そんな気がしてきた。


3月27日(日)
義母の七回忌法要
 先週の日曜日に引き続き、今日も相方の実家で法要が営まれる。ということで、レンタカーを借りて家族3人で出発。先週は通り過ぎるガソリンスタンドほぼ全てで大行列だったんだけど、今日は どこにも行列は無し。先週までのガソリン騒動、一体何だったんだか・・・。
 先週は相方の父方の親戚が来たのに対し、今日は相方の母方の親戚達も多く来てくれた。義母方の親戚って滅多に会う機会が無いだけに、今日は色々と話を聞く良き機会になった、とも言えるのかな。お寺の控え室では義母の忘れ形見となる娘に話題が集中。いっぱい可愛がってもらえた。娘も嬉しそうだった。お寺での法要が終わり、食事会の会場へ移動。ここでも娘は親戚達にいっぱい可愛がってもらった。また、私も義母が どういう人であったのかを義母のきょうだい達から色々と聞かせてもらうことができ、良かった。
 食事会の中では、兄と相方と一緒に企てた、義母の写真スライドショーを上映。懐かしい写真を みんなで観ながら故人を偲んだ。兄とのチームワークがバッチリ決まったのが嬉しかった。
 私は義母に会うことができなかったし、娘を抱っこしてもらうこともできなくて非常に寂しいという気持ちは変わらない。だけど、義母がどういう人であったかをよく知ることができ、また義母のきょうだい達に娘を可愛がってもらえた。
 実家を出た後、実家近くに住む相方の知人と合流。会場は私にとって初体験となるCoco's。短い時間ではあったものの、楽しい時を過ごせた。また、Coco'sのドリンクバー、かなり気に入ったし、ここのハンバーグステーキは食べ応えがあって、これまた気に入った。
 この日、義父からミネラルウォーターを しこたまもらった。何でも、あちこち必死に探し回って購入してくれたとのことで。私には不要だけど、今は相方と娘に絶対に必要。親って有り難いと改めて感じた。


3月28日(月)
シャッチョさんからの届け物
 土曜日の夜、玄関の郵便受けに不在配達記録が入っていた。差出人は・・・うちの会社のシャッチョさんだった(゜д゜)。これにはビビッた! 一体、何事だべか!? 社員への物品配布は会社で行われるし、自宅に送る物って・・・正直、イヤな予感がした。
 今日の午前中に再配達してもらい、会社にいる私に対して相方から報告が入った。届けられたのはミネラルウォーター。これは有り難かった。何でも、千葉県内に住んでいて、乳児のいる社員に対して送付されたんだとかで。


3月29日(火)
米国からの援助物資
 海外から小包が届いた。国際郵便となると、無条件に欧州の親戚から・・・と思っていたんだけど、差し出し国は米国。差出人名を見るも、全く見覚えのない名前だった。ただ、以前にマミーからチラッと予告を受けていたため、おおよそ差出人の見当がついた。中身は保存食だった。マミーの学生時代の友達が、私たち家族を気遣って、高いお金を出して国際郵便で援助物資を送ってくれたのだ。猛烈に嬉しかったのである。米国にハリケーンが直撃したら、今度は私が援助する番である。


3月30日(水)
遂にハイハイ開始
 ここ数日で気配を感じ、もうそろそろかな〜、って思っていたんだけど、遂に娘がハイハイで前進する姿を見せてくれた。猛烈に感動したと同時に、今後は うっかり小さな物を床に置きっぱなしにできないという恐怖(?)を感じた。ただ、相方が言うには既に数日前からハイハイ前進しているとのこと(∩。∩;)ゞ。やはり父親は子供と接する時間が圧倒的に少ないと感じた瞬間であった。

 
3月31日(木)
チラホラ
 私が自分用のフェイスブックIDを取得して以来、私の知人達も新たにフェイスブックに加わるという事例がチラホラ。日本では普及率が低いと言われているフェイスブックだけど、徐々に普及してきているのかな。ただ、知人の中には友達登録が全員 会社関係の人、という事例もあり・・・うむむ、人間関係が狭くなってきた世の中を反映しているような気がしてきた。


ズボラ日記のトップに戻る