まいけるのズボラ日記




2011年12月



12月1日(木)
楽しい代行設定作業
 旧友用に代理購入したノートパソコンが届いたので、早速代行設定作業に入った。自分用であれば早く設定して早く使えるようにならなければならないという圧力がかかるんだけど、他人用のパソコンを代行設定する場合は そういった圧力が無いため、楽しく進めることができる。ということで私は代行設定作業が好き。多い時は1年に4回やったこともあるんだけど、最近は ご無沙汰で、今回は2年ぶりぐらいの作業、ということになるのかな。
 11年半前、私が初めて購入したノートパソコンは当時30万円。今回のパソコンは5万円そこそこ。毎度ながら時代の流れを感じながらの作業となった。また、購入したばかりのパソコンって独特の香りがする。この香りが結構好きだったりする。


12月2日(金)
冬を感じる瞬間
 寒くなったとか、雪が降った、ではなく。私の場合はスカラー波。俗に言う静電気。ここ数日「バチッ!」が多発するようになり、嫌な季節になったと感じた。


12月3日(土)
よりによって(>_<)
 今日は家族3人で動物園(?)に出掛ける予定だった。が、物凄い豪雨のために中止。今週は ずっと綱渡りの天気ではあったんだけど、まとまった雨は降っていなかった。よりによって お出かけ予定の日に豪雨かよ(>_<)。ということで お出かけは中止。家族3人で水入らずの時を過ごした。
 最近の娘のお気に入りは絵付きの英単語カード。一時期、全く興味を示さなくなって私としては非常に寂しい思いをしたんだけど、最近またブームが復活(?)したようで、時間さえあれば私に これを せがんでくる。娘は学ぶことが大好き。イイ傾向である。が、単語カードや 絵本を読む親としては喉が枯れてくるのが難点(^_-)ゞ。


12月4日(日)
老兵は死なず、まだ頑張るのみ
 旧友のパソコン代行購入および代行設定。旧友が送付してくれた旧機種が届いたので、新機種にデータ移行させ、フルバックアップを取り、新機種に対する作業は滞りなく終わった。64ビット版のOSを扱うのは初めてでドキドキだったんだけど、別段何か違いがあるという印象は無かった。メモリーを4GB搭載しているからサクサク動いたのか、それとも単に新しくて余計な重いデータが無いからサクサク動いたのかは不明。何にしても、やっぱり昔からパソコンと畳は新しい方がイイ。
 続いてが旧機種のインターネット接続確認。突然またインターネットが繋がらなくなった、とのことだったんだけどぉ〜・・・単にネットワーク接続設定が無効化されているだけだったので拍子抜けした(-_-#)。だけど、一体誰がこの無効化設定をしたのだ(・ω・)?
 ともかく、ネットワーク接続はアッサリと復活。本来の私の作業は ここまで。ただ、このパソコン、今後は旧友の両親がハガキ作成や写真閲覧用に使うとのことだったので、イイ機会だったから内部のメンテナンス作業を徹底的に実施することにしていた私。
 データ移行と事が前後するんだけど、まずは感染していることが判明しているマルウェアの駆除作業。この端末に入れているセキュリティーソフトが これをマルウェアとして認識してくれないのは痛い(>_<)。とはいえ、私が愛用しているセキュリティーソフトだと1年更新なので、旧友には この更新作業は無理。そのため、初期費用は有料だけど更新料無料の某ソフトを使用せざるを得ない事情がある(>_<)。彼の親戚がパソコン教室をやっているとのことで、その親戚に診察してもらうも何も手つかずだったようで。その親戚、一体どのようなパソコン教師なのだ(-_-#)? ともかく、マルウェアは私の方で無事に駆除完了。
 セキュリティーパッチの適用が全て放置されていたので、続いてWindows XPのSP3適用を実施。パッチ更新があれば、その旨の表示が出るんだけど、旧友は長年にわたって このあたり、何もしていなかったようで。
 SP3の適用だけで半日近くかかり、続いて貯まりに貯まっていたSP3に対するパッチを62個充てたり、不要ファイルの削除をしたり、ディスクエラーチェックをしたり、デフラグを実施。8年前の老体パソコンなだけに反応が鈍く、時間が かかるわかかるわ更に半日近く。最後に全体バックアップを取り、作業が完了した。土曜日の22時頃から作業開始し、終わったのが月曜日の0時過ぎ。日付だけを見れば3日間に またがったことになる。我ながら物凄いアフターサービスやな(^-^;)。
 ともかく、内部がガタガタになっていた旧パソコンであったものの、これで しばらくは もつ・・・かな!? 老兵は死なず、まだ頑張るのみ、である。私が まだ市原市に住んでいた頃に購入した この(私にとっては3代目)パソコンが まだまだ頑張っているというのは嬉しいものである。


12月5日(月)
泡と消えた帰省
 本来、今日は午後から会社の千葉支社に出張予定だった。私にとっては帰省のようなもので、前々から楽しみにしていた。が、今朝から会社で大きなシステムの障害が発生し、それの対応で てんやわんや。結局とても出張に行くことはできず、中止となった(-_-#)。よりによって この日に大障害かよρ(-ω-)。


12月6日(火)
違いは何だ!?
 3・11による原発事故、それに伴う電力不足により、関東の今夏は節電の夏だったのは記憶に新しいところ。この時は到る所で節電が呼びかけられていた。夏の暑さが過ぎ去り、9月中旬から節電義務が解除された。
 んで、今度は冬。暖房器具を使うことになるので、当然 節電が必須・・・のはずなんだけど、夏と比較すると世間一般での騒がれようが極端に少ない。東京電力がWebサイトに掲載している電力消費状況は90%を超えているのに。同じぐらいの節電が必要なはずなのに、夏と冬との この違いは何だ!?
 日本人は一過性のブームに乗りやすく、飽きやすいと言われている。原発事故・電力不足の件も夏を乗り切ったことによって危機意識が薄まり、電力不足危機は もう過去の事と勘違いしている、といったところか。
 冬の節電には夏のようなサマータイム制度は通用しない。夏よりも冬の方が電力が不足するというデータも あちこちから出ている。なのに このことを大々的に報道している機関は少ない。過ぎ去ったと勘違いされているニュースを報じても売り上げが伸びないから、他の しょ〜もないネタばかり報道している、といったところだべか。震災を通して報道のあり方が大きく問われた1年だったけど、結局は何も変わっていないようである。


12月7日(水)
木の温もり
 娘の玩具。周辺から援助物資が次々と届くため、私が玩具を購入する機会は他の家庭と比較すると少ない・・・と思っている。そんな中、先日「おっ?」って思った物が お手頃価格だったので、久々に娘用の玩具を買った。それは列車。とは言ってもプラレールの類ではなく、木製。木には独特の温もりがある。また、娘は本物の電車が動いているのを見ると反応がイイということで。
 これで娘は日本製(ままごと道具)・ドイツ製(積み木)・中国製(列車)の木製玩具を所有することとなった。日本製とドイツ製の物に関しては優しい木の温もりが感じられる。が、今回購入した中国製は・・・なぁ〜んか、違うのよね。木、と言うよりは何か別物、という感じがする。列車好きの娘なのに、この玩具には たいして食いつくことも無く。今回は残念な結果になった。


12月8日(木)
いつも感謝
 昨夜、突如として物凄い悪寒に見舞われ、熱が一気に上がったため、これはアカンと思って早目に就寝したんだけどぉ〜・・・1晩休んだだけでは回復せず。ということで今日は無理せず休暇を取得。1日中 横になっていた。
 娘の世話をしつつ私の看病をしてくれた相方に感謝、である。


12月9日(金)
夢の中?
 熱は下がったので出社したんだけどぉ〜・・・やっぱり変。頭の中が宙に浮いているような感じが続いたり、立って歩くと三半規管が変というか バランスがとれない感じが続いたり、人の話を うまく聞き取れない状況が続いたり。まるで夢の中にいるような感覚だった。


12月10日(土)
皆既月食
  元会社上司宅で この時期恒例となる毒メシ会兼聖夜会が執り行われた。例年であれば12月上旬の土曜日って みんなは日程を空けてくれていたんだけど、今年は声をかける人かける人が先約入りやら直前キャンセルという状況で参加者が全く集まらず。固定メンバーを除くと合計10人に声をかけて、集まったのが2人。様々な要素を鑑みて、毒メシ会が転換期に差し掛かっているのかなと感じた。私としても娘の面倒を見ながら料理係をやって撮影係ができるほど要領が良いという訳ではなく。この日の撮影量は自分でも信じられないぐらいに僅かなものに留まった。
 夜は天気次第だったものの、日本全国で皆既月食が見られた。私が住む近辺では初めのうち薄曇りだったものの、徐々に晴れてきたお陰で よく見えた。相方と一緒に三脚と一眼レフカメラで撮影していたんだけど、同じマンションの住人達も外で皆既月食を見ていたり携帯電話で撮影したり。夫々が思い思いの月見を楽しんだようで。
 できあがった写真を確認したんだけどぉ〜・・・まっ、素人が初心者用一眼レフカメラを使って街中で撮影したという条件を考慮すれば、こんなもんかな!?

月食開始。雲に隠れている、という訳ではなく。

半分以上が地球の影に隠れてきた。

通常の三日月とは明らかに違う。

世に言う「丸い三日月」状態。

皆既月食まっただ中。月全体が赤く見える。


12月11日(日)
聖夜の準備
 日中、娘と2人で近所を散歩した。自力歩行を開始するようになって約2か月。娘なりに散歩を楽んでいるようだった。まだ言葉を発せない娘、何を思いながら歩いたり植物や小石を手にしているのか、非常に気になるところである。気が付いてみたら、いつの間にか娘はハイハイ移動をしなくなっていたかな。娘の成長を感じて嬉しい気持ち半分、もう あの頃には戻れなくて寂しい気持ち半分、である。将来、私が娘のDVDアルバムに釘付けになることは確実だな・・・。と言いつつ、ここんところDVDの動画編集作業ができていないことに毎日焦りを感じている私。
 帰宅後、娘は心地よい疲労の中グッスリお昼寝。その隙に、ということで、ようやく聖夜の準備に取りかかった。それは欧州の親戚達への聖夜カードおよび聖夜祝い。聖夜カードは本来、聖夜の1か月前に届くようにするものなんだけど、諸般の事情により延びてしまい(∩。∩;)ゞ。でも、何とか一通りが出来上がったのでホッとした。
 新しい印刷複合機に買い換えてから初のインク交換作業が発生したんだけど、交換が目茶苦茶楽というか簡単というか分かり易くて感動した。さってと、聖夜カードは書き終わったので、次の週末は年賀状作りだな・・・。


12月12日(月)
素人報道機関
 私は戦闘機好き。当然、戦闘機を扱ったフライトシューティングゲームも大好き。そんな私が ずっと気になっていたことの1つが、航空自衛隊の次期戦闘機選び。通称F-X。この選定が年単位で延びに延びまくっており、今年の11月に ようやく決定するはずだった。が、今のところ「これに決定しました!」というニュースは見かけない。まっ、予想通りである。
 となると次は年内に決定の見込み、それが年度内に決定の見込みになり、翌年度に持ち越し、という流れになりそうな気がする。老体のF-4 EJ改が引退させてもらえるのは まだまだ先になりそうやね・・・。
 しっかしF-Xのニュースを見ていると、随分と いい加減なことが堂々と書かれていたり、マスコミが恥じることなく自分の無知ぶりをさらけ出しているので失笑する。私に言わせりゃ、候補機種の1つである「F/A-18」のことを「F-18」と記載している時点でアウト。更には「F-18は現行のF-15を上回る性能であり・・・」なんて恐ろしい寝言が書かれているものもあった。もしかしてF-15の初期試作型(まだ飛ぶ機能を有していない)とF/A-18の最新型であるE型とを比較しているのか!?
 F-35に関しては「日本はF35B型の導入を検討」なんて漫才ネタがデカデカと書かれているものがあった(日本が候補に挙げているのは空軍仕様のA型。B型は垂直離陸型の海軍/海兵隊仕様であり、飛行航続距離が短いので日本のような広い領海防衛は無理)。タイフーンに至っては「欧州製なので在日米軍機との連携が不可」なんてトンチンカンなことを書いている(米軍機も欧州機も同じNATO規格なので連携に問題は無い。大方、この記者は米国信者で、欧州機の導入が面白くないのであろう)。
  これらは ほんの一例で、ツッコミを挙げたらキリが無い。いつから新聞は無能記者による空想・妄想怪記録になったのだ!? 
さて、どの機種が採用されるか!?
私としては断然タイフーン、である。
タイフーン
F-35A
F/A-18E


12月13日(火)
予想通りだったけどガッカリ
 私が昨日書いた内容に対し、今日になって答えが出たのでビックリだった。なんちゅ〜タイミングやねん(^-^;)。日本の次期主力戦闘機がF-35に決定した。結果が出てから言うのも何だけど、予想通りだった。でもガッカリ。
 候補3機種のうち、どれを採用すべきか。私の場合は、なんだけど、機体性能を見た場合、F/A-18は まず外れる。海軍仕様機なので航空自衛隊には不要な着艦機能があり、それが機体重量を増大させたり整備に手間暇がかかったり。そして空中戦における機体性能は現状の航空自衛隊が使っているF-15Jよりも大きく劣っている。
 次に外れるのはF-35。まだ物ができていないし、現在もテスト飛行で問題が多発。一体いつになれば納品されるのか目処が立たない。仮に受け取ることができたとしても、米国仕様機体からは大きく性能が下がる機体(モンキーモデル)になることは明白。マスコミは こぞって「ステルス性能」ばかり強調するけど、基本的な空中戦能力は現状の航空自衛隊が使っているF-2にすら劣るし、最高速度も防空任務に必要な値を出すことができない。防空任務にステルス性能が必要なのかが そもそも疑問。
 となると残るのがタイフーン。最高速度・空中戦性能共に申し分ないし、日本国内でのライセンス生産が認められているので町工場が活気を取り戻す切っ掛けに繋がる。唯一痛いのは欧州製であるため、米国から相当の圧力が加わること。
 以上の理由から、政治的な部分はともかくとして、私はタイフーンを本命に挙げていた。勿論、反論が多数出るのは承知の上。これは物の見方、着眼点、立場によって結論は どうとでも変わってくるであろう。だけど今回の決定は「ステルス」という言葉に踊らされたのと、米国の圧力に屈した、というのが理由の大部分を占めているような気が多々する。また、この決定に関してはマスコミ各社による扱いの違いが大きく出ていたのも印象的だった。記者に軍事オタクが いるかいないか、ってか!?
 で、結局F-35が納品されるのは いつだ!? ご老体のF-4 EJ改が年金生活をおくれるようになるのは いつになることやら。


12月14日(水)
やっぱり女の子
 昨日の話になってしまうんだけど、心友から娘への聖夜祝いが届いた。何でも、娘のWebサイトを見て、だぶっていないことを確認した上で品定めをしてくれたんだとかで。そこまで気を回してくれるとは、いかにも あいつらしい。
 届いた品は台所セット。女の子向けの物だったので油断していたんだけど、実は組み立てが ちょっとした日曜大工状態になり。思わぬところでパパ奮闘、ってか(^-^;)。
  できあがった台所セットを娘に披露したら・・・物凄い雄叫びをあげて喜んでいた。こういった ままごと道具で楽しそうに遊ぶあたり、誰に教わった訳でもないのに やっぱり女の子なんだなと改めて感じた。将来、一緒に料理したり お菓子作りできる日が楽しみだ。


12月15日(木)
遂に来た!
 先日、私のポケットに入っているPHSがブルッと振動したような気がした。が、振動は すぐに収まった。念のため確認したところ・・・確かに着信履歴が入っていた。相手先は見知らぬ番号。はて、何だべか? そう思ったら再び同じ番号から電話がかかってきたんだけど、すぐに切れた。
 念のため、その電話番号をインターネットで調べてみたら・・・ビンゴ。ワン切り詐欺用に使われている電話番号の1つに該当していた。私が使っているのはPHSなので、まさか その手のワン切りが来るとは思っていなかっただけに、遂に来たか、という心境。詐欺やる方も何とかして自分は楽をして人様から お金を騙し取りたいと必死なんだろうね〜。


12月16日(金)
根こそぎ吹き飛ぶ瞬間
 私が好きなゲームの1つにグラディウスシリーズがある。外伝系やパロディー系等、様々な関連作品も出ているんだけど、正道のナンバリングタイトルとしては今のところ5作が出ており、私はゲームセンターで遊んだり、家庭用ゲーム機に移植された物を遊んだり。
 1と2はゲームセンターや元祖ファミコンに移植された物で よく遊んでいた。3はスーパーファミコンに移植された物で よく遊んでいた。4と5は割と最近になるまで存在を知らず。
 数年前にPS2で3と4のセットが出たので購入したんだけどぉ〜・・・アーケード版仕様の3はSFCの3とは全くの別物で、客に喧嘩を売っているような難易度の高さに切り捨て。4も異様に難易度が高くて挫折。
 PS2で5が出たので恐る恐る購入したんだけど、これは面白かった。3と4で大コケしただけに、反省が活かされたのかな。
 その後、PSPで出たグラディウスパックを購入したんだけど、私が使っていたPSP-1000型の本体OSバージョンが低いために遊べず、遊びたければOSをアップデートする必要があった。が、故あって私はOSのバージョンアップができず、グラディウスパックを諦めた。
 んで、PSP-3000型を購入したことにより、以前に悔しい思いをしたグラディウスパック、今度は廉価版が出ていたので購入した。1と2と外伝は楽しく遊べた。4は とにかくコンティニューを繰り返しながらではあったものの、1度クリアしたら それ以降は楽しく遊べるようになった。
 しかぁ〜し! 3だけが どうしてもクリアできず(>_<)。難易度をVery Easyにしても、Hardと何ら変わらないような恐ろしいまでの難易度で、しかもコンティニューが無いときた。色々と調べてみたら、やはり このふざけた難易度は遊ぶ側からは とこっとん不評のようで。
 だけど1度クリアすると特典要素が出てくるということで、ド根性でクリアした。何年越しのクリアということになるのかな。4は1度クリアしたら その後は楽しく遊べるようになったんだけど、3に関しては・・・もう2度と まともに遊びたくないと思った。あまりの難易度に泣かされた、と言うより激怒させられた箇所は3カ所。大衆の意見とピッタリ一致していた。
 で、よくよく調べたら更に別条件で全面クリアするか、合計20時間遊ぶかの どちらかの条件を満たすと、更に特典要素が出てくるとのことで。別条件でのクリアは最早不可能なので、毎日チビチビ遊んで合計20時間を目指す日々が続いていた。が、セーブデータの扱いが妙な仕様になっており、これのせいで17時間遊んだデータが3時間に戻ってしまった(T_T)。遊ぶ気が根こそぎ吹っ飛んだ瞬間である。さようならアーケード版グラディウス3。私が人生で出会った悪質シューティングゲームの上位3作に入れておくよ。


12月17日(土)
両親からの贈り物
  山形の両親から荷物が届いた。中身はリンゴがドッサリ! これは嬉しかった。いつも何かと我々を気にかけ、山形の特産品を送ってくれる両親。親ってありがたいと いつも思う。そのリンゴ、早速家族でガブリ。娘もたいそう お気に召した様子だった。
 最近、連日 心に引っ掛かっていることの1つが動画編集。娘の動画を撮影するも、編集する時間を確保できず、撮影データだけが確実に蓄積する日々が続いている。早く何とかしなければと焦る気持ちが募るものの、なかなか作業が手に着かず。
 私のいけない部分の1つが「目標が明確になっていないと、いつまでも腰を上げようとしない」というもの。ということで、今回の娘のDVDアルバムは聖夜に祖父家族と祖母に贈呈する、という目標を立ててみた。そうしたところ、体だけでなく頭も動くようになった。
 毎晩チビチビと編集作業をする、というのは意外と負担になり、持続しないことが判明している。となると まとまった時間の確保が必須。日中は娘の接待があるので、時間確保は無理。となると、いつなら可能か? 夜しかない。でも夜更かしすると次の日の仕事に支障が出る。では次の日に仕事が無い場合ならどうか? 大丈夫そう。ということで、金曜日の夜と土曜日の夜は夜更かしして編集作業に没頭できる。そう結論づけ、この週末に作業をする計画を練り、実行した。
 いんやぁ〜、作業が捗る捗る。これはイイ。まさに隙を突いての作業、である。やっぱり動画編集はチビチビやるより、ドカッと時間を確保して進めた方が効率的である。


12月18日(日)
心に引っ掛かっていたこと2
 午前中、娘と一緒に隣町のデパートまで買い物に行ってきた。山形の両親に対する聖夜祝い。相方と私が愛飲している とある物を買いに行ったんだけど、実は これ、関東では有名なんだけど、工場は山形にあるんだとかで(^-^;)。ただ、山形では無名の品なので絶対に喜ばれる、って対応してくれた山形出身の店員が説明してくれた。
 動画編集については目星がつき、心に引っ掛かり続けていたことの1つが解消された。となると、もう1つ引っ掛かっていたことを何とかしたい、と思うようになった。それは年賀状作り。毎年何だかんだでズルズルと延び延びになる傾向があり、今年も御多分に漏れず。
 ということで、今日は娘が昼寝をしている間に作業をやろうという計画を練り、実行。娘はグッスリ寝てくれていたようで、昼寝の間に ほぼ作業が終了した。うん、気分スッキリである♪


12月19日(月)
「16」という数字
  娘のDVDアルバムの最新作ができあがった。今回は第16弾、ということになる。目標である、シリーズ物ギネス記録「男はつらいよ」の数字が「48」なので、ようやく3分の1に到達、である。
 また、この16という数字は私にとって もう1つの意味があり。過去に私が作成したDVDアルバムで最も多くのシリーズ作を出していた物が「16」という数字だった。このシリーズは既に私の手から離れており、これ以上の数字を出すということは私の管轄下では起きない。
 ということで、娘のDVDアルバムが私にとってのシリーズ作品数の最高記録に並んだ、ということになる。これ以降は私にとって未知の領域となる。太陽系を離れ、未知の領域に踏み込むボイジャー2号のような心境である。


12月20日(火)
アンバサダープログラム第2弾
 ニンテンドー3DS本体を価格改定前に購入した人達に対する、一種の救済措置という位置付けになっているアンバサダープログラム。第1弾は元祖FCソフト10本を無料でダウンロードできるという物だったんだけど、その第2弾のダウンロードが先日から開始された。今回はGBAソフトが10本。
 第1弾は元祖FCソフトだったので内容がショボいという印象がぬぐえず。その中にあったメトロイドを遊んだんだけど、今から当時のメトロイドは とても遊べず(>_<)。それで調べてみたらGBAでリメイクが出ており、実は私、これを持っていたというオチがあった(∩。∩;)ゞ。ともかく、早速リメイク版のメトロイドで遊んだんだけど、そしたら もう1つ、GBA版のメトロイドを持っていることが判明し、それでも遊んだんだけどぉ〜・・・セーブ用のバッテリーが切れており、途中まで遊んだデータが消えてガックリ(>_<)。
 そうしたところ、アンバサダープログラムの第2弾に このGBA版メトロイドが含まれていることを知り、早くプログラムが公開されないかなと心待ちにしていた私。ようやく遊ぶことができ、満足である♪


12月21日(水)
言い訳も色々
 勝負事に負けた時の言い分・言い訳も色々である。自分が未熟だった故と真摯に捉え、また練習に励む者もいる。ルールが悪いからと言い訳し、次の大会の時には恥じることなく自分に有利な形にルール変更する者もいる。雷に打たれたからとホラを吹く者もいる。審判が節穴だったと言い訳する者もいる。痛くしたから あんたの負けと おほざきになられる人もいる。国民性/個性が出て面白い。
 そう思っていたところ、今日のインターネットニュースで、とある野球コーチがの言葉が紹介されていた。「人のせいにするな。言い訳をするな。嘘をつくな。」上記の例を見ていると、ずっしりと言葉の重みを感じるだぁ〜ね。


12月22日(木)
5連休初日
 うちの会社では1年に1回、3連休を取得することができる。今年は大きな催し事や旅行が無かったため、もともと聖夜に合わせて取得するつもりだった。ということで、今日から3連休と土日を合わせて5連休。欧州式に聖夜休暇、といったところだべか。
 日中は買い物に出掛けたり娘と一緒に遊んだり。夜はマミーが襲来ということで羽田空港まで迎えに行った。普段よりも ずっと遅い時間帯の飛行機だったんだけど、空港で待っている間は噂の無線LANを利用してインターネット接続を試した。うん、確かに繋がる。ただ、私としてはゲームで遊びながら待っている方がイイかも(^-^;)。


12月23日(金)
聖夜会
 昨夜のマミー襲来は夜遅い時間だったため、娘との感動の再会は今朝。今回、娘はマミーの顔を見て泣き出すことは無く、ホッと一安心だった。この日は昼から聖夜会ということで、午前中は その準備に追われた。この手のホームパーティーの準備って私は大好き。娘も一緒に料理したそうだった。来年の聖夜会からは一緒に料理できる・・・かな!?
 昼に父と兄夫妻が来てくれたので、聖夜会開始。去年から始まった、年末の新しい恒例行事である。会場は非常に狭苦しいんだけど(∩。∩;)ゞ、楽しい団らんの時を過ごした。JRのCMのせいで日本では「聖夜=恋人達の時間」っていう刷り込みが行われてしまったんだけど、私は あくまで西洋風に「聖夜=家族の時間」である。
 また、相方と私が長い時間をかけて じっくり考えた聖夜祝いの品は・・・想像以上に好評いただけたようで嬉しかった、と言うよりはホッとした、かな。いっぱい使ってもらえることを願うばかりである。
  そして。とある記者会見(?)を開いた。前々から この日に開こうと企画していたんだけど、みんなに喜んでもらえたようで、相方共々一安心である。


12月24日(土)
お買い物
 家族4人で遠方の複合買い物施設に出掛けた。今日は聖夜イヴ当日なんだけど、聖夜会を昨日やった我々にとって、聖夜は既に過去の出来事。そのため、店内の聖夜の雰囲気を上から目線で見ていた私。
 ブランチは当然、シルバニア森のキッチンにて。ここでのミニライブに娘は大興奮であった。ここは子供用の飲食店と思って侮るなかれ、料理は本格派で、大人達も大満足の内容である。
 続いては お買い物。これはマミーの独占場である。孫娘のために色々と楽しそうに物を選んでいる様子が印象的。
 丁度 歩き疲れた頃合いを見計らって、お気に入りのリフレクソロジー店にて揉みほぐしてもらった。今となっては3か月に1度、マミーが来た時でないと施術を受けられないので、今日は貴重な1日。毎度のことだけど「凝りが非道い」と言われた(∩。∩;)ゞ。
  節電の影響なのか、今年は聖夜イルミネーションが大幅削減されており、夜の雰囲気はイマイチ。お腹いっぱいだったけど、休憩がてら 去年の聖夜と同じ場所で お茶を飲んだ。その間、娘はベビーカーにてグッスリ。大人3人で のんびりさせてもらえた。


12月25日(日)
今日も お買い物
 今日は近所の複合買い物施設にて主にマミー用の買い物。売り場は聖夜用の最終売り尽くしで店員達が必死だった。つっても明日になれば お正月セールをやるんだから、そんなに焦らなくても・・・と思うのは私だけだべか!?
  昼食は ここにあるインド料理店にて。ここのインド人店員が大の子供好きで、ここに来ると いつも娘のことを熱烈に可愛がってくれるから嬉しい。ちょっとした国際交流にもなるし、娘はカレーが大好きなので、一石三鳥である。
 夕方、マミーの旧友が来てくれたので、みんなでロイヤルホストにて夕食。数か月前は毎週末に ここでブランチを取るのが恒例だったんだけど、諸般の事情により それが無くなり。ということで ここに来るの、恐ろしく久しぶりだった。いつの間にか店内が改装されており、雰囲気がガラッと変わっていたんだけど、以前と同じ店員が担当してくれて「久しぶりですね」とか「お子さん、大きくなりましたね」って言ってくれたのが嬉しかった。


12月26日(月)
5連休最終日
 午前中は家族4人で 近所を散歩した。娘が猛烈に はしゃぎまくっていたのが印象的。いつの間にか走ることができるようになっており、子供の成長の早さにビックリした。午後、家を出発してマミーを羽田空港まで見送ってきた。私の聖夜休暇も終わり、という心境だった。まぁ〜、明日と明後日 仕事をすれば、今度は年末年始休暇なのよね(^-^;)。
 マミーが来る度に色々としてくれる相方には いつも感謝。わしゃ、イイ嫁をもらっただぁ〜よ。
 一方、ここ最近のマミー襲来時に感じていた違和感が今回は いつにも増して大きく。マミーが うちに襲来しても、マミーは娘と積極的に遊ぶことを一切せず。朝から晩まで、暇さえあれば熱心にパソコンと睨めっこ。余程忙しいのだろうか。一体 何をしにうちに来ているのか、目的が見えず。うちの光回線による高速インターネットをやるために来ている、としか思えなかった。今後のマミー襲来のあり方、考え直さなければならないと感じた。


12月27日(火)
娘が断固拒絶する人物
 その時の機嫌にも左右されるんだろうけど、うちの娘は割と人見知りしない方・・・だと思っている。街を歩いていると、すれ違う人達にニコニコ微笑みかけたり、手を振ったり。見知らぬ人が近付いたり抱っこしたりしても、それほど暴れることはせず。
 ただ、その娘が断固拒絶していた人物がいる。それは・・・何と娘にとっての母方祖父(^-^;)。一緒に遊ぶ分には問題無いんだけど、抱っこされると途端に大泣きする。娘は内面の何かを感じ取っている、という説が流れているんだけど、お爺ちゃん、可哀想・・・。そう思っていたんだけど、最近になって その傾向が改善されたようで。お爺ちゃんの努力の甲斐があったというもので、私も一安心であった。
 ところが先日、新たに娘が 断固拒絶する人物が現れた。その人物は娘のことが可愛くて、何かと近付いては頬をさすってくれるんだけど、娘は その都度明らさまに激しい拒絶反応を示す。端から見ていると、まるでストーカーと被害女性という関係である。
 娘が拒絶する基準、何なんだろうね〜・・・。


12月28日(水)
ホッと胸をなで下ろせた日
 今日は仕事納め。他の企業では既に年内の営業を終えたところも多いようで、昨日・今日と通勤電車は いつもよりも混雑具合が緩和されていた。午前中と昼は会社で仕事をしていたんだけど、夕方からデータセンターに出張となり、離れで仕事納めを迎えることとなった。それなりに寂しい(^_-)ゞ。
 相方から とある報告が入った。とある検査の結果報告である。本来は年明けに聞きに行く予定だったんだけど、検査機関から電話が来て「早く聞きに来い」という招集命令が かかったため、何か悪い結果が出たのではないかと夫婦で不安な日々が続いた。が、結果を聞いて ようやく胸をなで下ろすことができた。まったく、脅かしやがって(^-^;)。
 聖夜休暇を5連休取ったばかりなんだけど、明日から すぐさま年末年始の6連休に突入。ということで、夜は動画編集作業を たっぴしやって夜更かしをした。


12月29日(木)
意外なところで大活躍
 この目的で導入したんだけど、本来の目的で使うことは希で、ロクに活躍できず。だけど別の用途で思わぬ形にて大活躍する、という事象が時々発生する。
 私の場合、自分で購入した訳ではないんだけどネットブックパソコンが典型例。本来の目的で使うと屁の役にも立たない。だけど別の用途にて想像以上の大活躍をする。
 外出先で撮影したカメラのデータを人と交換したり、欧州で旅の記録用に使ったり、病院見舞いの際に動画を見せるために使ったり。使う頻度こそ少ないものの、活躍する時は大活躍。う〜ん、自前のネットブックパソコンが段々欲しくなってきたけど、利用頻度を考えると ここはグッと我慢である(^_-)ゞ。


12月30日(金)
さて、1番の理由は何でしょう?
 うちには据え置き型テレビゲーム機としてWii、バツ箱360、PS2がある。ただ、最近は全く遊んでいない。理由は色々と挙げられる。
(1)娘との接待が あるので、時間を割けない。
 ただ、娘が寝静まる21時以降であれば時間を確保できるはず。ということで本質的な理由として挙げるには無理がある。
(2)年齢的にゲーム離れが進んでいる。
 ゲームに対する情熱が薄れているのは感じている。ただ、面白いゲームであれば とことん遊んでいるので、情熱が完全に無くなった訳ではなさそう。
(3)そもそも面白いゲームが無い
 案外、これに尽きるかも。
昔は購入したゲームは必ずクリアしていたけど、ここ数年は遊んでみて、あまりの非道い内容にガッカリし、クリアする気力が一気に失せるという展開が珍しくなくなってきた。自分の側に原因があるのかなとも感じるんだけど、必ずしも そうではないようである。


12月31日(土)
大晦日
 年末年始恒例となったのが、相方の実家に帰省し、家族みんなで1泊する、というもの。実家には毎月1回帰省しているんだけど、1泊するとなると やはり いつもとは気分が変わってくる。最近の帰省の時と同様、兄が車で迎えに来てくれ、車内で色々と お喋りしながら実家に向かった。
 お盆の時は親戚達が集まって非常に賑やかなのに対し、年末は実家家族だけで静かに・のんびり。雰囲気が対照的である。また、娘は何かが見えるのか、相変わらず仏壇周辺で しきりに天井を見つめたり、チーンと鳴らして線香を立てたり。ただ、娘は昨日あたりから体調を崩しており、常に お鼻ズルズルだったのが見ていて可愛そうだった。が、当の本人は至って元気なので、良しとすんべか。
 年越し蕎麦を食べ、のんびりテレビを観た後、兄と2人で除夜の鐘を突きに行き、お札を受け取った。
 今年は特に激動の1年と言われていたんだけど、私の場合は どうだったか。振り返ってみると・・・公の部分は4月からガラッと好転したのが嬉しい。一方で私生活の部分では相方が入院したり、長期の体調不良で動けなかったりと、家族の絆を大きく感じる出来事が あった。来年は良い年になりますように。



ズボラ日記のトップに戻る