まいけるのズボラ日記




2012年9月



9月1日(土)
非道い寝不足
 諸般の事情が重なり、非道い寝不足に見舞われた。午後、妻が単身お出掛けということで、私は3人での留守番。今週の平日はロクに一緒に過ごす時間が無かったので、週末は貴重な時間である。普段、私が仕事中、妻がしている苦労の片鱗を体験できた気がした(^_-)ゞ。
 娘は暴れ足りないようだったものの、外は雨で濡れ濡れのため、午後は室内遊園施設に連れて行った。ここでは思いっ切り暴れていたんだけど、続くゲームコーナーでは失速。眠くなってきたのかな? 最近になって3点セットになったのが赤ちゃん休憩室。ほぼ貸し切り状態なので、ここで飲み物を飲んで、また暴れる。貸し切りなのと、親からの距離が すぐというのと、親は のんびり座って見守っていられるので、安心だし楽でイイ。


9月2日(日)
降ったり止んだり
 1日中、雨が降ったり止んだりの秋らしい天気だった。昨日 久々に雨が降ったのに続き、今日も そこそこ降ったので、一時的にとはいえ気温が下がり、過ごしやすかった。
 午後、先週に引き続いて整体に行ってきた。前回は初めてということで説明が多かったのに対し、2回目となる今回は施術が多くなり、だいぶ解れた気がする。リフレクソロジーのような「癒やし」は無いものの、目に見える効果が瞬時に出てくるのが整体の特徴、なのかな。
 夕方、久々に近所の中学生達と一緒に英語の勉強。今日は夏休みの最終日なんだとかで、イヤな気分は容易に想像できた。合宿先からの お土産をもらったんだけど、随分と大きな物だったので嬉しかった。帰宅後、早速 妻と一緒に食べた。美味しかった(^¬^)♪


9月3日(月)
思い立ったが吉日
 とある計画、明日あたり実行しようと思っていたんだけど、思っていたよりも早く仕事が終わったので、今日 実行することにした。思い立ったが吉日、である。
 その計画は心友との面会。彼、昨日 転勤で東京に来て、今日が転勤先での勤務初日。初めの半年間は単身赴任ということで、家族と離れ、見知らぬ地に1人ポツン。その心境、想像に容易い。彼の会社・住まいは私の自宅と会社の中間地点。私が仕事帰りに充分に立ち寄れる場所。ということで彼に電話したところ、今夜OKということで、すぐさま面会実行。その時の電話の声と嬉しそうな反応、彼の精神的辛さが痛く伝わってきた。
 事後報告になったものの、妻も この件を承諾してくれたので助かった。で、私は いつもとは全く違う経路での帰路・・・というか面会場所までの移動。
 心友に会うことができたという表面的な事実だけを見れば嬉しいことなんだけど、東京で会うことができた背景的な理由を考えると、とても素直に喜べず。また、待ち合わせ場所で私の顔を見た時の彼の表情。まるで迷子になって泣きじゃくっていた子供が親と再会して また泣きじゃくった、そんな表情だった。こりゃ、一生 私の脳裏に焼き付くな・・・。
 時間の制約があるため、あまり長々と話す訳には いかなかったものの、当然 募る話が色々と出てきた。家族を愛し、家族を大切にしている彼の優しさ、それに対する今の状況が痛々しかった。
 彼の今の住まいを見せてもらった。半年間の単身赴任ということでマンスリーマンションを借り、6畳間で家賃が・・・ひょえ〜(>_<)。うちの3DK賃貸マンションと ほぼ同じなのでビックリ。まぁ〜、マンスリーマンションだからというのもあるし、場所代というのは分かるつもりだけど、改めて金額を聞くとビックリだった。
 帰宅したら妻が作りたての夕食を出してくれた。愛する家族と一緒に暮らせる、そんな何気ない当たり前のことが どれだけ幸せなのかを実感した1日だった。


9月4日(火)
久々の連絡
 今度の週末に大きな催し事がある娘と私。ぼちぼち週間天気予報が気になりだしてきた。今のところ曇り空ということになっているんだけどぉ〜・・・これがコロコロ変化しないことを切に願うものである。
 午後、久々に娘が通っている保育園から連絡が入った。娘の熱が上がったので、迎えに来るように、とのことだそうで。そのまま病院に連れて行くことにしたので、私は早目に会社から撤収し、息子と2人で留守番。妻が娘を病院に連れて行ってくれた。
 娘は ここ数日、明らかに調子が悪く、かろうじて熱だけが出ていなかった状態。それが今日は熱までも出てしまい。見ていて可愛そうである(>_<)。


9月5日(水)
凄い物が届いた
 今週末に1泊2日の予定で弟宅に行くことになっている娘と私(但し、宿泊はホテルで)。その弟家族から荷物が届いた。遅くなったんだけど、私への誕生日祝いなんだとかで。開けてみたら・・・凄い物が入っていたので妻共々 何と言っていいのか、言葉が見付からず(゜д゜)。タブレットパソコンだった。パソコンは必需品の私だけど、スマートフォンやタブレットパソコンには一切興味が無く、全く無縁だっただけに、全く予想外の品が届いた。
 娘が寝静まるのを待って、早速 試しながら いじってみた。へぇ〜、なるほどね。割と最近、自宅に無線LANを導入したばかりだったので、それが早速役立ったことになる。
 妻と一緒に有り難く使わせてもらおうっと。



9月6日(木)
遂に見付けた有効活用方法
 カメラがフィルム式から電子記録式になったことにより、色々と便利になった反面、従来は発生しなかった問題も出てきた。その1つとして「必要以上にパシャパシャ撮りまくり、陽の目を見ること無く お蔵入りする写真データが多数発生する」というもの。
 私の場合、風景画像が典型例。旅先で物凄い景色に感動し、パシャパシャ撮りまくるんだけど、撮って満足して それで終わり。現像して部屋に飾ったり、娘のDVDアルバムに収録する訳でもなく。
 ところが先日、遂に有効活用方法を発見した。バラ園で撮影しまくったバラの写真なんだけど、facebookで繋がっている友達の誕生日に、花束代わりに貼り付ける、というもの。まぁ〜、所詮は自己満足というのは分かっているんだけど、とりあえず何かしら役立つ方法が見付かったということで、良しとする。


9月7日(金)
元に戻って良かった・・・のか?
 私が愛用しているブラウザーのOpera。バージョン11の途中から動画サイト等で動画再生しても音声が聞こえない、という事象が発生。初っぱなに とあることをすれば現象回避できることが判明したものの、毎度やるのは結構面倒くさい。時間を見付けては色々と試してみたものの、面白いぐらいに全てが ことごとく・いちいち無駄に終わった。そんな状況が数か月続いた。
 で、先日バージョン12が出たことにより、上記の問題が ようやく解決されてホッとした。・・・のも束の間、今度は全体的に動作が劇重になった・・・というか、動画が埋め込まれているWebサイトで この現象が必ず発生。これはこれで大問題である(-_-#)。
 そんな中、先日バージョン12.02が出た。そしたら劇重が解決(^o^)v。・・・したんだけど、今度は動画の音声が出なくなった。状態が元に戻ったというか、密かにプログラムの中身がバージョンが11に戻っていた、なんてオチは無いよね?
 まぁ〜、いちいち動作が重くなったり画面が固まるよりはマシということで、前向きに考えるべか。


9月8日(土)
弟宅初日
 昨日の後半あたりから体調不良を感じていた私なんだけど、今朝は非道かった(>_<)。仕事ならともかく、今日・明日を私1人の都合で流すことは許されないので、薬とスタミナドリンクを服用。これで症状が半減したので助かった。
 娘と2人で弟宅に行ってきた。片道2時間かかるので、完全に旅行気分である。ただ、毎度のことながら娘は電車に乗るのが大好きなこともあり、移動中は大人しくしてくれ、私としても大助かり。乗車中に爆弾投下してしまったらオムツ交換のため ぶらり途中下車の旅になるところだったんだけど、車内での発車は無く。時系列は前後するんだけど、弟宅に到着した直後に発射した。お利口さん、ということで褒めてあげるべきなのかな(^-^;)。

 駅には弟夫妻が迎えに来てくれた。半年ぶりの再会であったものの、普段から しょっちゅうeメイルのやりとりをしているので、懐かしさはイイ意味で0。弟宅に到着するなり、娘は大興奮。広い家の中を探検しまくっていた。また、娘にとっては従姉弟にあたるのかな、生後11か月の子なんだけど、半年前に会った時と比較して・・・すんげ〜大きくなっていた(^-^;)。年齢差は1歳以上離れているのに、体重差は僅かに1kg。こりゃ〜、追い越されるのは時間の問題だな・・・。とはいえ、娘は楽しそうに従姉弟と遊んでいた。年齢が近い子供達は すぐに仲良くなるだぁ〜ね。
 また、半年前と同様、同居している弟の義母が娘の面倒を よく見てくれ、娘も すっかり懐いていた。その様子を見て、娘の母方の祖母が生きていたら こんな感じで遊んでいたのかな、と思い、グッときてしまった。歴史に「もしも」は無いので現実を受け止めるしかないものの、娘には こうして一緒に遊んでくれる祖母代わりの人がいるので、有り難い限りである。
 昼食を いただいた後、みんなで動物園に行ってきた。動物園というよりは自然公園の所々に動物が飼育されている、という具合の広大な規模。娘は間近にいる動物を見たり、広大な土地を走り回ったり、園内にある遊園設備で遊んだりと、大興奮・大満足の様子だった。こんなにイイ場所に連れてきてくれた弟夫妻に感謝。帰りの車の中で娘は満足そうにグッスリだったんだけどぉ〜・・・ものの15分ぐらいで起きた。大興奮すると昼寝無し・極短でも夜遅くまで起きている娘。分かり易い指標である。

 今回の弟宅訪問。この日程になった最大の理由が夜の花火大会。週間天気予報では ず〜っと問題無かったくせして、当日の天気予報になったら途端に夜の時間帯「だけ」が雨マークになっており。随分とピンポイントやね(-_-#)。だけど、いざ蓋を開けてみたら大丈夫だった。ただ、周辺に雷雲があったため、花火と稲光の共演という、珍しい組み合わせを堪能(^-^;)。また、流れ星も見ることができた。願い事、言いそびれたな(∩。∩;)ゞ。

 肝心の娘は・・・あまり近くに行きすぎたら音にビックリしたため、距離を置いて みんなで花火鑑賞。大いに楽しんでいる様子だった(^o^)。うん、弟宅に来ての花火大会鑑賞、今後は毎年恒例行事にしようっと♪

 私も娘も過去に弟宅に来たことがあるんだけど、今回は過去事例と大きく異なっている点がある。それは「日帰り」ではなく「1泊する」という点。夜、お開きになった後は近所のホテルへ。娘は実家や病院(子連れ入院)での外泊経験は あるものの、ホテルや旅館での宿泊は今回が初めてとなった。
 流石に初めのうちは「おうち帰る」とか「ママどこ?」と言っていた娘。ホテルでの「外泊」という概念が まだ無いのだから、それは当然のこと。この瞬間は娘に悪いことをしたな、という罪悪感が発生(∩。∩;)ゞ。だけど今日は娘にとって初めてのホテル外泊で、明日はプールで遊ぶんだよ、という旨を説明したところ納得したようだった。娘はこうして言葉で説得されて理解できるようになったんだな、と感じた。
 お昼寝ほぼ無しで1日中トップギアだったためか、シャワーを浴びたら娘はバタンキュー。懸案だった母親抜きでの寝かしつけという本日最後にして最大の関門を突破できた。素敵な1日を提供してくれた弟家族に感謝、である。

 私の方は思い出したかのように具合の悪さを感じた。ず〜っと楽しい状態が続いていたので、具合悪さを意識する暇が無かったようで(^_-)ゞ。非道い寒気に見舞われたため、熱々の お風呂に入り直した。明日は少しでも回復してくれていると有り難い。


9月9日(日)
弟宅最終日
 娘が初めて宿泊先ホテルで迎えた朝。1度 眠りについてしまえば、場所が いつもと違っていても、娘にとっては さしたる問題ではないようで。父娘で ゆっくり・グッスリ眠れた。その お陰かな、私の非道い頭痛や だるさは まだ完治ではないものの、昨日よりは良くなっていた。
 朝食はホテルのビュッフェ。献立・選択肢は貧弱だったというのが正直なところ。だけど、娘は もともと朝は食欲が無いので、まぁ〜、こんなものかな。ホテルをチェックアウトして、再び弟宅へ。

 この日は弟夫妻がビニールプールを用意してくれていた。庭付き一戸建ての特権やね〜(^_-)ゞ。ずっと「プール、入る」とか「プール、楽しみだね〜」って言い続けていた娘は もう、大喜び・大はしゃぎ。お盆休みに妻の実家に行った時、ビニールプールを用意してもらっていたものの、娘の体調の関係で入ることができなかった。保育園で時々プールに入っていたんだけど、プールの日に限って体調不良を起こすことが多く、満足には入れた回数は少なかった。また、保育園でのプールの様子を保護者達は見ることができず。ということで、プール遊びする娘の様子を私が見たのは今回が初めてとなる。こりゃ〜、後日に娘が「プールで遊ぶ!」って散々ねだってきそうで怖いやね(^-^;)。

 ドライブがてら、弟家族達と一緒に評判の豆腐専門店に行ってきた。娘はプール遊びで お腹が空いていたようで、車の中で食パンをペロッと たらいあげた。この娘の食欲にビックリ。よっぽどお腹が空いていたのか、はたまた1口サイズにすると沢山食べてくれるのか。ともかく、次回 食パンをあげる際、1口サイズを試してみようっと。ただ、これのせいで お腹がいっぱいになったらしく、弟宅での昼食時は食欲が無く(^-^;)。
 プール。午前中は単身だったのに対し、午後は従姉弟と2人で楽しんだ。あがった後は庭に設置したテント内で一休み。庭付き一戸建てかぁ〜・・・(^_-)ゞ。だけど やっぱりプール遊びは全身運動になるらしく、娘は また お腹が空いたようで、オヤツをバリバリ食べていた。従姉弟の底なしの食欲に刺激されたというのも あるかもしれないけど、普段から食が細い娘、食欲が出るのはイイことである。
 楽しい思い出を いっぱいもらった弟宅、お開きになって帰路についた。約2時間の電車の旅なんだけど、出発して3駅ぐらいで私に しがみついてきて眠りに落ちた。2度の乗り換え時も起きる様子が無く。娘が目を覚ましたのは自宅最寄り駅の1つ手前。体内に何らかのタイマーなりセンサーが仕掛けられているんだべか(^-^;)? だけど心地よい疲労感の中で満足そうな表情でグッスリ眠る娘の表情を見ながらの2時間は・・・幸せだった(^¬^)♪ 楽しい思い出を いっぱい与えてくれた弟家族達に感謝である。

 帰宅したら妻が優しく迎えてくれた。ただ、息子が熱をだしてしまったとのことで、明らかに元気が無かった(>_<)。ただ、先日から借り始めた ゆらゆらベッドが功を奏しており、息子が泣きわめいていても、ゆらゆらベッドに寝かせて音楽を聴かせると、すぐに大人しく寝てくれる。親としては助かるだぁ〜ね。
 夕食は何の因果かカレーだった。というのも、ホテルでの朝食、選択肢が貧弱だったり、娘に朝食をあげながら自分も食べるとなると色々と大変。ということで、手軽に・気軽に食べられるカレーライスにした。このホテルのWebサイトで このカレーライスが大々的に宣伝されており、日本式のカレーライスを食べるのは久々なので結構期待していたんだけどぉ〜・・・結果は「まずい」ではないものの「全然美味しくない」でガッカリだった。
 そんな体験が あった私。妻が夕食に作ってくれたインド風カレーは安心できる味で、目茶苦茶 美味しかった♪ 夜は日曜日恒例、マミーとのスカイプだったんだけど、話している中で気付いたことが1つ。今週後半、マミーが襲来する。もっと先のことだと思い込んでいた私(^_-)ゞ。


9月10日(月)
姉弟仲良く(?)
 昨日・一昨日の疲れが残るかな〜、と思っていたんだけど、意外と(?)問題無かったので拍子抜け。代わりと言っては何だけど、行きの通勤電車、ゴール直前で運転見合わせ予告が出た。快速列車が併走しているのが幸いして それに乗り換えたから問題無し。だったんだけど、結局 私が乗っていた普通列車はゴールまで運転見合わせが無かった模様。以前にも運転見合わせ予告が出て、結局見合わせなかったという事例が あったよね・・・ρ(-ω-)。
 息子に引き続いて娘も熱が出てしまったとのことで。姉弟仲良く(?)発熱である。日中 妻が2人を病院に連れて行ってくれた。娘は体調万全とは言えなかった中での2日連続トップギアだったため、無理をさせてしまったのかな(>_<)。


9月11日(火)
是非とも恒例行事に
 午後からデータセンターに出張だった。やっぱり午後からの出張の方が気分的にも体力的にも楽である。
 帰路の途中、時間のタイミングが合ったので、途中駅で降りて・・・というか途中から軌道を変更して心友と合流。場所はもんじゃ焼きの聖地なんだけど、ファミリーレストランで一緒に夕食を取った(^-^;)。時間と お金の関係で しょっちゅうとはいかないものの、向こう半年という期間限定なので、月に1〜2回の恒例行事にしたいだぁ〜ね。


9月12日(水)
相変わらず姉弟仲良く
 日曜日〜月曜日にかけて娘と息子の熱が上がり、咳き込んだり お鼻ズルズルだったり。見ていて可哀想である。これも姉弟仲良く、か??? 娘は これに加えて片方の目が赤くなっている。うむむ、原因が何なんだか・・・。
 当然、娘は保育園に行けないので、日中は妻が孤軍奮闘。今日の私は仕事が早目に終わったので、とっとと帰宅。少しでも手伝いができたことになる・・・べか!?


9月13日(木)
襲来
 3か月に1度のマミー襲来である。毎週スカイプでテレビ電話しているので、毎度ながら懐かしさは一切無しである。ただ、今回は「さあ、会社を出発しよう!」と思った瞬間に3つの仕事が飛び込んできた。何ぢゃ そりゃ(-_-#)。もっとタイミングをズラせやなρ(-ω-)。そのため、羽田空港入りが遅くなってしまったが、マミーが乗る飛行機も遅れていたため、大事に至らず。先日弟家族からもらったタブレットPC持参で羽田空港来たのに、空港内の無線LANを使って・・・という展開は時間が無くて できず。。
 代わりに電車内でタブレットPCを使ってマミーに色々と写真を見せながらの移動。移動がアッという間に感じた。いつものように自宅最寄り駅に着いた後は外で夕食を取り、帰宅。娘は祖母の襲来に大興奮。この3か月間で娘が随分喋るようになったため、マミーは その成長ぶりに驚いている様子だった。


9月14日(金)
緊急入院
 体調不良が続いていた娘と息子なんだけど、娘は だいぶ調子が良くなってきた。ということで、娘とマミーとの3人の組み合わせで遠方にある複合買い物施設へ。ここでは すっかり恒例となったシルバニア森のキッチンで昼食。2歳以上から料金がかかるため、少食の娘にしてみれば大赤字(?)になるんだけどぉ〜・・・娘が楽しそうにしている様子を見られるのであれば安いものである。

 その間、息子は妻に連れられて小児科へ。総合病院での精密検査が必要、という報告が届いた。うむむ、大事に至っていないことを願うばかり。とりあえず正式結果が出るまでマミーに このことは伏せておき、次はマッサ〜ヂ店。マミーが施術を受けている間、娘と私は広大な室内遊園施設へ。イイ感じで夫々が お気に入りの場所を堪能したことになる。ただ、残念ながら この日、いつも私の担当をしてくれる施術士が不在のため、私のマッサ〜ヂは無し(∩。∩;)ゞ。
 結果論からすると これが功を奏したこととなり。室内遊園地で遊んでいる最中、妻から精密検査の結果報告が入った。病名は肺炎。有無を言わさず息子は緊急入院することとなった。私のマッサ〜ヂが無かったお陰で3人が合流した後は すぐ帰路につけた。
 一旦帰宅し、マミーと娘に留守番してもらい、その間 私は病院へ。ここは娘が生を受けた総合病院なんだけど、まさか息子が こういう形で お世話になるとは(>_<)。息子は点滴を受けている姿が痛々しいものの、病室のベッドでスヤスヤ寝ていた。一旦 付き添いを妻と交代。妻は帰宅してシャワーやら入院用の荷物準備。
 生後3か月にして重い病を患って入院する羽目になってしまった息子。点滴を固定する包帯が痛々しく、代われるものなら代わりたい、というのが素直な気持ちだった。私が付き添った2時間、息子は目を覚ますこと無く、グッスリ寝ていた。だいぶ体力を消耗していたのか、薬による催眠効果なのか・・・。

 妻が戻ってきたので、後ろ髪引かれる思いで帰宅。娘を病院に連れてくることを医者に禁じられていた。マミーが来てくれている このタイミングで、私が休暇を取った このタイミングで、週末で自由に身動きが取れる このタイミングでの入院、不幸中の何とかと思いたい。
 今週に入って娘の目が赤くなり、風邪気味だったこともあり、先日まずは小児科で診てもらった。その際に目薬を処方され、これで3日間効果が無ければ眼科で診てもらうように言われていた。で、3日間効果が無しだったため、眼科に連れて行った。ここの眼科医、目茶苦茶 印象が悪かった(-_-#)。ともかく、別の目薬を処方してもらった。姉弟で病院漬けとは、何とも可哀想である(>_<)。
 夜、ご近所さんで私が時々英語を教えている中学3年の子に対し、マミーが英検の面接練習。マミーが英検面接官をやっているということと、この子が近いうちに英検を受けるということで、丁度イイ機会だった。少しでも合格の助力になれればと思った。


9月15日(土)
入院2日目
 妻は息子の付き添いで入院しているため、自宅にはマミーと娘と私の3人。今日はマミーの予定が無かったため、何かと戦力になってくれて助かった。
 私は昼過ぎに病院へ行き、付き添いを妻と交代。昨日は大部屋に3人が入院していたためカーテンの仕切りがあって狭く感じたのに対し、今日は大部屋に入院しているのは息子だけ。部屋が広々としていた。

 私の付き添いは2時間ほどだったんだけど、息子は半分ぐらい起きていた。抱っこしたり、ミルクをあげたり、遊んだり。生後3か月で病気と闘っているも、そのことを理解できてず、私の顔を見て笑顔を見せてくれた息子。色々な思いが込み上げてきて、グッとくるものがあった。

 ただ、この時に1つ今更ながらの発見。息子を見て「自分に似ている」と思ったことが1度も無かった私。完全に妻の家系で、それは自他共に認めるものであった。だけど今日、普段とは違う・・・というか普段は有り得ないような角度から息子の顔を色々と見ることになった私(ベッドの位置・高さの関係による)。とある角度と光の入り具合だと、私の幼少の頃に よく似ていることが判明。嬉しかった。
 息子が寝ている間、私も椅子に座った状態で うつらうつらしていたようで。これまでの3か月を思い出すかのような夢を見た。不安な日々は続くが、今回の入院が私の息子に対する感情に変化を与えたのは確かである。
 妻が戻り、付き添いを交代。帰宅後、マミーと娘の3人で近所を お買い物。激安眼鏡店が移転するという残念な知らせを受けたため、マミーが2つ追加注文。近場の複合買い物施設でマミーは お買い物、娘は室内遊園施設。ただ、普段と比較すると娘の元気が無かった。やはり母と弟が いないことが何かしら影響しているのかな。
 夕食はパン食べ放題の店。私宛に誕生日祝い名目で割引券が届いていたということで。本来は今日マミーに留守番をしてもらい、妻と娘の3人で来る予定だったんだけど、事情が事情ということで。娘はパンが大好きなので、前々から1度ここに連れて来たいと思っていた。で、結果は・・・大当たり(⌒∇⌒)。少食の娘なんだけど、物凄い勢いで色々なパンを食べていた。是非とも また ここに連れて来なければ。


9月16日(日)
退院
 朝9時から病院で回診があるということで、それに間に合わせるように私は病院入り。時間通りに来たものの、回診が遅れていたため、妻と色々 話すことができた。こういう時の夫婦の絆って目茶苦茶強いと改めて実感。・・・あ゛、別に普段は絆が弱いという意味ではなく(^_-)ゞ。
 遅れること30分、ようやく回診。退院許可が下りた。ホッとしたという気持ちが大きかったものの、もう退院して大丈夫なのかという不安も あった。が、医者の説明を受けて納得。問題が あるとすれば・・・今日は半日ぐらい付き添うつもりマンマンだった私、色々と持ってきた荷物が無駄になったこと、ぐらいだべか(^-^;)。
 退院するまでに色々やることを済ませて退院。2年前の夏、生まれて間もない娘を連れて退院したときのことを思い出した。まさか息子も お世話になる展開になるとは・・・。妻、娘、息子が ここに入院したので、次は私の番か!?
 帰宅したら、マミーが娘の相手は勿論、色々と家事をこなしてくれていたので大助かり。こういう時の お婆ちゃんの存在は物凄く有り難い。今回の入院は
 ・マミー滞在中だった
 ・私が休暇で お休みだった日から入院開始だった
 ・週末なので私は自由に動けた
 ・今回のマミー滞在、もともと行事予定が少なかった
という点で運が良かったことになる。だけど、やっぱり最大の功労者は妻、だぁ〜ね。息子は久々となる自分のベッドで うつ伏せ寝ができ、嬉しそうだった。

 息子の容態次第では今日の午後の予定をキャンセルするつもりマンマンだったんだけど、息子が無事に退院できたということで、マミーと娘の3人で お出掛け。マミー襲来時の恒例行事の1つとなっている、元教え子宅訪問。娘は相変わらず電車の移動中ずっと大人しくしてくれるので助かる。こちらのお宅では欧州風のパンを ご馳走になったんだけどぉ〜・・・娘は「何が起きた!?」って思うぐらいに偉い勢いでパンを食べていた。やっぱり娘はパンの味が よく分かるようで。
 お開きになった後は また電車で移動し、マミーの旧友と一緒にガストで夕食。ファミリーレストラン数あれど、やはり私はガストのバニラオレが1番好き。・・・って、ドリンクバーの充実度でファミリーレストランの優劣を決めている私(∩。∩;)ゞ。
 帰りの電車の中で娘は陥落し、そのまま夜の眠りについた。帰宅後、家の中はグッスリ寝ている人物も含めて家族5人。やはりベビーベッドに息子が いるのと いないのとでは雰囲気が全く違う。
 夜、息子は豪快に夜泣き(>_<)。入院している間は「早く元気になって家に帰ってこい」って思っていたくせして、帰ったら帰ったで「もうしばらく入院していてほしかったな・・・」って思うあたり、私は筋金入りのワガママである。


9月17日(月)
予想外の注文・予想外の完食
 夜泣きが祟って夫婦して非道い寝不足である(^_-)ゞ。だけど、息子が元気になって帰ってきた何よりの証。
 今日はマミーの予定が何も無く。また、自分用のパソコンも持ってきていないということで、2人の孫と いっぱい遊んでいた。折角北海道から来てくれたのに何も予定が無いというのが面目ないと感じた。一方、今までは催し事に忙しく、こうして ゆっくり孫達と遊ぶ機会は無かったので、今回はイイ機会だったと解釈することもできる。
 日中、妻は整体に。交代で私は近所のマッサ〜ヂ店。夫婦して肉体疲労が蓄積中(^-^;)。その後は家族5人で のんびり過ごした。
 夕食は3人でジョナサンにて。本来は5人で行きたかったんだけど、医者に言われた息子の外出可能日は明日からだった、ということで。ここで娘が注文したのはスパゲティー。何とも予想外(・o・)。

だったんだけど、もっと予想外だったのは少食の娘がスパゲティーを完食したということ。これは驚いた。やっぱり好きな物・美味しい物は 沢山食べてくれるのかな。ただ、スパゲティーの場合は何かと汚れるのが難点である(^_-)ゞ。


9月18日(火)
お開き
 私は直前まで日程を勘違いしていたんだけど、今回のマミー襲来、今日が最終日。私は 仕事があるため、空港まで見送りには行けず。自宅玄関での別れとなった。息子の緊急入院があり、今回は とにかくマミーの存在に多々助けられ、有り難い限りであった。
 娘は先週ずっと体調不良のため休んでいたんだけど、今日は久しぶりの保育園。朝は眠かったものの、ご機嫌で登園したとのこと。
 マミーが自宅を出発する直前、先日注文していたメガネが出来上がったとの連絡が入ったので、それを受け取ってから帰路についた。
 私は職場で なぁ〜んか疲れると思ったら・・・今日はスタミナドリンクを飲み忘れていた(^_-)ゞ。自覚症状で分かるぐらいに効果が出ている、ということなのかな。


9月19日(水)
変な会話
 今日の通勤電車。とある女子高生の会話が耳に入り、一瞬「(・ω・)?」と思った。
 「でしょ、でしょ、もう信じられなくて!」
 「No, way!」
片方が日本語のみを話し、もう片方は英語のみを話し。それでいて会話が成立している。物凄く変な会話に聞こえた(^-^;)。ただ、英語を話している方は日本人なんだけど、無理に発音をネイティヴ風に しているというか、やたら発音を濁らせており、私には目茶苦茶 聞き取りづらかった。話し相手の女子高生が それを きちんと聞き取れているのかが疑問。


9月20日(木)
凄い金額
 先日息子が緊急入院した病院に支払をすべく、妻が行ってきた。その金額が・・・見て目玉が飛び出した(゜д゜)。6桁だった。が、保険やら市からの補助やらで、最終的に我々が負担した金額は3桁。とにかく助かる。
 前日から息子の目が赤くなっていたので、その足で総合病院の目の前にある眼科へ。先日娘を連れて行った眼科とは違い、非常にイイ印象の医者だったんだとかで。検査結果は急性結膜炎。この日の夜に妻の目も赤くなったことも鑑みて、先日 娘が受けた「アレルギーによる目の充血」という診察結果、非常に怪しくなってきたぞ(-_-#)。
 娘を耳鼻科に連れて行くため、私は早目に会社をあがった。耳鼻科へ向かう際、外が随分暗くなっており、残暑が厳しくても そういう季節になっているんだなと実感。で、耳鼻科。先日 妻が連れてきた時は娘が暴れまくって制御しきれず、状態確認が後日に伸びたという逸話(?)がある。んで、今日は・・・やっぱり娘は物凄い暴れよう。泣きわめき、暴れまくり、「終わり! 終わり!」と叫び続けて必死の抵抗を続けた。医者と私が懸命に押さえつけるも、看護士は一切手伝ってくれず。そこは結構冷たいのね・・・。
 何とか耳の状態を確認。良くなったものの、念のため もう1週間薬を飲み続け、来週また来て下さいとのことで。娘は物凄い汗ダクになっていた。押さえつけていた私、泣き叫び続ける我が子の姿に こちらも泣きたい気分だった(>_<)。
 ともかく、頑張った ご褒美ということで、夕食は病院帰り恒例の うどん・・・ではなく、パン食べ放題の店。先日ここに来た時、割引券をもらったので、早速使った。ただ、先日はブラックホールのように食べまくって飲みまくっていた娘だったんだけど、今日は先日のような勢いが無く。椅子に座るなり「お婆ちゃん いないね」と言い出していたあたり、先週マミーとの3人で来た時のことを よく覚えているようで。その時の3人が揃わず、雰囲気が違っていたことを察知して 先日のような食欲が出ていなかったのかな。今にして思えば、マミーが一緒だった時の娘は随分と食欲が あったように感じる。


9月21日(金)
結局ほぼ同じ
 私の通勤電車。自宅最寄り駅から各駅停車に乗って約1時間と、山手線に乗り換えて5分という組み合わせである。行きの1時間は貴重な睡眠時間なんだけど、帰りの1時間は各駅停車であることが まどろっこしい。
 この区間は快速電車・各駅停車・快速電車という組み合わせで行くことも 可能っちゃ〜可能。ということで、試しに これをやってみたんだけどぉ〜・・・
 ・乗り換えが面倒
 ・必ずしもピッタリのタイミングで乗り換えできるとは限らない
 ・快速電車の場合、特急電車の通過待ちが発生することが多い
 ・座れない
という負の要素が重なり。結局、所要時間は 乗り換えタイミングがうまくいった場合でも10分早い程度、下手をすると ほぼ同じであることが判明。今後は素直に各駅停車で座って帰ろうっと。


9月22日(土)
半年ぶり
 午前中は珍しく(?)単身で割と近所の複合買い物施設で お買い物。重い物を色々と まとめ買い。昼過ぎに娘を連れて最寄りの複合買い物施設。ここの室内遊園施設で遊んだ後、すぐ隣のゲームコーナーで遊ぶ、というのが お約束の巡回路。ただ、今日は室内遊園施設、時間ギリギリまで遊ぼうとせず、早目の撤退となった。ゲームコーナーは模様替えされていたり、機種が1部入れ替わっていたり。娘にとっては むしろ有り難い展開だったのかな。
 夕方から中学校の同窓会が開かれた。半年前、試しに1回やってみようということで開催され、それに続く今回は本格的な同窓会扱いである。普段はFacebook上で仮想環境同窓会をやっているんだけど、やっぱり直に集まると全く違う。前回の2倍の人数が集まり盛り上がった。
 私は2人の幼子のこともあり、前半の僅かな時間のみ参加。早目に退散したものの、こうした精神的な充実感ってイイものである。
 帰宅後に撮影した動画を早速編集してWeb上に掲載したり、写真を掲載したり。早速 色々なコメントが寄せられた。今回は参加できなかった人達から「雰囲気が伝わってきた」という旨のコメントが物凄く嬉しかった。


9月23日(日)
雨・涼しい
 寒さで目覚めるのって何か月ぶりだろう。ここ数日は残暑が影を潜めていたけど、今日は一気に気温がガクンと下がった。それのせいかな、頭と喉が非道く痛い(>_<)。外は雨。ちぇっ、今日は午前中の英語家庭教師が中止になったので、娘と一緒に お出掛けしようと思っていたのにρ(-ω-)。
 仕方ないので、買い物がてら割と近所の複合買い物施設に行き、そこの室内遊園施設で娘と一緒に遊んだ。
 帰宅後、娘と息子がグッスリ寝ている間に ようやく動画編集作業の続き。一気に2枚組のDVD作成にまで 漕ぎ着けた。未編集のまま手付かずで残っている動画、世に言うところの借金(?)が1か月半分である・・・。


9月24日(月)
2か国語
 娘と息子に対して、家庭では2か国語を教えている我が家。妻が話す時は日本語、私が話す時は英語。そんな生活が2年以上続いている。私が子供達に対して英語で語りかけることについては すっかり慣れたものの、もともとの語彙数が圧倒的に少ない私、今後どこまで続けられるかという不安は多々ある。
 娘は ここ数か月でだいぶ親の言うことを理解したり、自分で喋ることができるようになった。母親の言うこと(日本語)と父親の言うこと(英語)を等しく理解しているものの、自分で喋るとなるともっぱら日本語。まぁ〜、保育園を含め、日常生活では日本語に接する機会の方が圧倒的に多いから仕方ないというか当然というか。
 ただ、この週末、娘が いくつか英語で話してくれた。英単語を発するだけではなく、父親に誘導されて何かを言うのではなく、自分で考えて英語の文章で話した、というもの。これは嬉しかった。


9月25日(火)
任務を全う
 迷った末、今夏にコンパクトカメラを買い換えた私。当初は「一眼レフカメラが主流の我が家なのに、高いお金を出してコンパクトカメラを購入することに どれだけの意味が あるのか?」という疑問が正直あった。確かに、家庭内での写真撮影に限って言えば、一眼レフカメラばかり使っている。
 が、外出先での写真撮影となるとコンパクトカメラが主役。また、自宅/外出先を問わず動画撮影はコンパクトカメラが主流。更に、旧機種を兄に譲渡したことにより、旧機種は兄の元でも引き続き大活躍している。
 そんなコンパクトカメラ交代劇にあって、変わらない物が1つあった。それはカメラケース。外出先にコンパクトカメラを持って行く時はベルトに装着し、西部劇のガンマンの拳銃みたいに腰からカメラを ぶら下げている。このカメラケースは3年前に旧機種を購入した際、一緒に導入。主が交代した後も、引き続き新機種を格納するケースとして使っていた。
 が、流石に3年以上も最前線で使われ続けたためか、段々表面がはがれ落ちるようになり、外見が虫食い状態になってきた。完全に任務を全うしての交代劇、なのかな。
 このカメラケースは過去3代にわたって同じモデルを使い続けているという、私にとって こだわりの・選び抜いた末の選択。ということで、当然今回も同じシリーズのケースを・・・と思ったんだけど、何店舗かで探すも見付からず。もう製造終了してしまったのかな〜(>_<)。諦めていたんだけど、ふと思いついたのが通信販売の熱帯雨林。早速調べてみたら在庫が残っていたので、すぐさま購入した。うん、やっぱり このカメラケース、しっくりくる。


9月26日(水)
いつも感謝
 グッタリした状態で会社から帰宅すると、家の中は明るい。家族が出迎えてくれる。美味しい夕食ができている。タンスを開けると洗濯された着替えが いつも入っている。部屋の中は整理整頓されており、ベッドも直されている。普段の何気ない、当たり前に感じている瞬間を支えてくれている妻。いつも感謝である。


9月27日(木)
長かった5か月
 仕事を早目に切り上げ、娘を耳鼻科に連れて行った。先日 仮の完治宣言が出るも、念のため もう1週間 薬を続けることとなり。その結果発表である。肝心の娘は鼓膜切開の嫌な思い出が ある訳で、耳の中を覗こうとするだけで猛烈に暴れて泣き叫び。「終わり〜! 終わり〜!」や「ありがとうございました〜!」と叫ぶ娘を力づくで押さえつけるのは親として胸が潰れる思いだった(>_<)。
 診察結果は「もう大丈夫」とのことで、今後は通院不要とのこと。我が娘よ、5か月間も よく頑張った。誇りに思う。子供の中耳炎は 癖になりやすいとのことで、また いつか耳鼻科の お世話になることが出てくるだろうけど、今回の通院は これにて終了。
 帰り道、いつものように複合買い物施設に立ち寄り、夕食は娘が大好きな うどん。こうして病院帰りに一緒にうどんを食べるのも これが最後と思うと・・・って、別に病院帰りでなくても、うどん屋に来ることは できるんだった(^_-)ゞ。


9月28日(金)
厄日
 今日は久々に とこっとん厄日だった(-_-#)。思い出したくもないから以上。


9月29日(土)
心友
 20年来の付き合いになる心友が うちに来てくれた。東北から単身赴任していることにより、こうして気軽に会えるようになった。会える事実は嬉しいものの、その背景を考えると色々と思うことが出てくる。まぁ〜、それをボヤいても仕方ない。
 心友が来る前に買い物を済ませ、昼食を用意してから待ち合わせ場所の最寄り駅へ。彼とは今月、仕事帰りに何度か会っているものの、やはり直に会えるのは いつでも嬉しい。その足で近所の格安眼鏡店へ。ここの眼鏡店は10月いっぱいで移転が決まっているため、最近 目が悪くなってきた彼、今のうちにということで。ここの店長と親しいこともあり、特別価格にて即座に作ってもらった。うん、私も嬉しい。同じ建物内にある大きな本屋も彼は大満足。欲しかった本が見付かったようで、良かった。
 満を持して我が家へ。息子は一切人見知りをすることは無く、娘も すぐに懐いた。妻も交えて募る話が色々と出た。当初は「折角来てもらっても、何をするべか?」って心配していた我々夫妻だったんだけど、時間がアッという間に過ぎる展開に。娘が彼の膝に座って ご飯を食べたがるという懐きよう、今までに無かったな。流石は三児のパパである。
 今後の行事についても膝をつき合わせながら色々と話した。やっぱり こういうことって、直に話し合うのが1番だぁ〜ね。未定となってしまった部分もあったけど、1つ大きな行事が決まり。う〜ん、楽しみである♪


9月30日(日)
4人で お出掛け
 これ、という大きな買い物は無かったものの、日中は天気が もつとのことだったので、家族4人で複合買い物施設に お出掛け。その足で昼食はファミリーレストラン。2人の子供達と格闘(?)しながらの食事、いつの間にか苦に感じなくなっていたというか、これが標準と捉えるようになったというか。
 夜は台風が日本列島を縦断。さて、明日は電車が動いているかな・・・。


ズボラ日記のトップに戻る