まいけるのズボラ日記




2012年10月



10月1日(月)
耳が痛い(^_-)ゞ
 台風は足早に過ぎ去っており、晴天が広がっていた。電車の遅延も無く、ホッとした。
 先週末に引き続き、会社帰りが猛烈に遅くなったんだけど(-_-#)、妻がいつものように美味しい夕食を用意して待ってくれていた。
 超・遅目の夕食を取りながら たまたま観ていたテレビ番組。「長男・長女として生まれて損したと思ったこと」や「末っ子に生まれて損したと思ったこと」が紹介されていた。自分も娘と息子に対して このように接してしまうかもしれない可能性を考えると耳が痛かった(^_-)ゞ。気をつけようっと。


10月2日(火)
ジ〜ンとくる曲
 最近・・・つっても、ここ10数年ぐらいになるんだけど、日本で出る新曲(歌)って、歌詞が意味不明だったり、横文字の羅列だったり、単に雄叫びをあげてばっかりで、何も感じることが無い、というものが多い。そういったものは「歌」ではなく、肉声も楽器の1つという扱いでしか聴くことができない私。
 だけど、たまに歌詞を聴いてジ〜ンとくる曲がある。そんな曲に出会うと得した気分になる。有名どころでは「千の風になって」かな。有名でないところでいくと・・・とあるガンダムシリーズの挿入歌。この曲は心友長男のDVDアルバムの記念すべき第1弾や、私の娘のDVDアルバム第1弾のエンディングテーマに使い、他では一切使っていない、超・こだわりの、超・お気に入りの曲である。
 最近になって、別のガンダムシリーズの挿入歌で目茶苦茶イイ曲と出会えた。何でも、この作品の、とある場面で使われることを想定し、それに合わせて曲作りをしたという、世に言う「書き下ろし」なんだとかで。ど〜りで、歌詞の中身が その場面や人物心情にピッタリ一致している訳だ。
 この曲を聴くと歌詞の重みもそうだし、実際に曲が流れた時の本編の内容が頭の中を過ぎり、ジ〜ンとくる。娘と息子のDVDアルバムで使うこと決定、だね。問題は動画編集作業をする時間を全く確保できていないことか(^_-)ゞ。


10月3日(水)
ようやく解放
 仕事。先週末〜昨日まで一種のプロジェクト関係により、イヤな雰囲気の中で遅くまで残業が続いた。今日は そのイヤな圧力から解放された。月初は忙しいものの、イヤな雰囲気が無いだけで気分的にグッと楽である。
 夜遅くに帰宅しても、いつも美味しいご飯を用意して待ってくれている妻。いつも感謝。妻がいなければ精神的にも体力的にも もちましぇ〜ん。


10月4日(木)
1分の差
 今朝、関東圏の通勤電車が人身事故の影響で運転見合わせやら大幅遅延が相次いだ。人身事故が発生したのが7:25。私が会社最寄り駅に降りた瞬間、駅構内と車内アナウンスが流れた。「人身事故発生のため、一時運転を見合わせます」。1分の差で私は これに巻き込まれずに済んだ。朝の会社はガラガラ。多くの人達が軒並み電車遅延に巻き込まれたようで。1つの事故で10万人単位の人達に影響が出る。時々発生してしまうことだけど、改めて恐ろしいと感じた。


10月5日(金)
納得の先送り
 月初は仕事が何かと忙しいんだけど、今日の夕方に予定されていた作業が来週に延期となった。なるべく今日、息子を病院に連れて行きたかったので、迷わず早めに帰宅。妻が息子を病院に連れて行き、その間 私は娘と一緒に留守番をしていた。もっとも、外に遊びに行ったりもした(^_-)ゞ。
 私が大好きなテレビゲームシリーズの1つがバイオハザード。その最新作「6」が昨日発売され、全世界での初日出荷本数が450万本だったとのことで。凄ぇ〜(・o・)。また、私が通勤に利用している渋谷駅ではチラシまで配られていた。ただ、私は向こう暫く購入計画が無いし、帰りの通勤電車内でチラシをじっくり見た後も その気持ちは変わらなかった。
 現在は子育て最優先のため、動画編集時間すら確保できていない状態(借金が雪だるま式に増えて毎日重くのしかかる・・・)。そんな状況下だと自宅でテレビゲームを遊ぶ暇は・・・あったとしても、ゾンビ以上に手強い敵が自宅に2体(^-^;)。任務遂行に支障を来すのは明らか。
 どうせ1年後に完全版が出て、その半年後に お手頃価格版が出るのは過去の傾向と対策から読み取れる。子育てが ある程度落ち着いてから お手頃価格の完全版で じっくり遊ぼう、というのが今回の決定。自分でも納得の購入先送りである。不思議と「今すぐ遊びたかった(>_<)」という気持ちは発生していない。
 夜、子供達が寝静まった後、動画編集作業。ようやく まとまった作業時間を確保できた。


10月6日(土)
3つハシゴ
 3連休の初日。朝食は週末恒例のパンケーキ。テーブルにホットプレートを置き、目の前でパンケーキを作るのが娘にとって楽しいようである。
 前々から計画するも、その都度 雨で流れていた、遠方の大きな公園に行きたかったんだけど、娘の体調が完全ではないということで今週末も断念。代わりに、日中は娘と一緒に普段と違う近所の公園へ。ここでは遊具よりも広い敷地を走り回ったり、花畑で花を鑑賞したり、を楽しんでいた。
 折角ここに来たので、ここから更に進んだ場所にある公園に行ってみた。今では珍しいシーソーが あったんだけどぉ〜・・・体調が完全でない娘、それほど はしゃいで遊ぼうとせず。正直、不完全燃焼という印象が拭えなかったため、帰り道に いつもの最寄り公園に立ち寄ったら・・・そこそこ暴れたかな。慣れない環境だと 暴れ方が分からなくて大人しくなる、というのも あったかもしれない。ともかく、短時間のうちに3つの公園をハシゴしたことになる。近所に それだけの設備があるのは有り難い。
 娘の昼食は前々から計画していた お弁当箱。同じ料理でも、皿に盛りつけるのと弁当箱とでは印象が違うようで。もっとも、献立は お弁当用に考えた物。娘が楽しそうに食べてくれたのが嬉しかった。
 午後は最寄りの複合買い物施設に行き、娘を ここの室内遊園施設で遊ばせるも・・・実は ここ、たいして遊ぶ物が無いことに娘も気付いたようで、早々に退散要求を出してきた(^_-)ゞ。以前は平気で1時間遊んでいたけど、今は20分と もたなくなってきた。続いて すぐそばのゲームコーナー。施設内が模様替えされて以降、鉄道関係の物が充実しており。鉄道好きの娘としては嬉しい展開のようである。


10月7日(日)
雨の日のお出掛け
 先日、4か月使ってきた息子用のレンタルベビーベッドを返却した。妻と息子が産婦人科を退院する日の午前中に届き、その午後から退院したばかりの息子が早速利用開始。借り物とはいえ、4か月間の思い出が沢山詰まったベッドということで、手放すのは寂しかった。ベビーベッド無き今、普段の息子の寝床を どこにするかで色々と試行錯誤が続いている。ただ、最近の息子は声を上げて笑ってくれることが多くなり、親バカに拍車をかけている。
 午前中から昼にかけて雨模様だったものの、娘が傘を差して出掛けたいとのことだったので、買い物がてら2人で お出掛け。ただ、娘用の傘は100円ショップで購入した物のため、大きさも重さも娘の手に余る。ということで、妻の提案もあり、値は張るものの娘用に きちんとした傘を買ってあげた。大きさも重さも娘用。娘は大喜びだった。壊したらダメだよ〜(^_-)ゞ。買い物ついでにゲームコーナーに立ち寄ったんだけど、ここで娘は お絵描きに夢中になっていた。この場所での新しい遊びを発見、かな。
 雨が上がり、娘は また外で散歩したいとのことだったので、昨日の3つとは また別の公園に行くことに。初めは張り切って歩いていた娘だったんだけど、すぐに「抱っこ!」。あのう・・・散歩になっていないような気が・・・。公園に到着しても、積極的に遊ぼうとはせず。ここの近くにある もう1つの公園に行っても、砂遊びやシャボン玉で楽しく遊ぶものの、体を動かす系は積極的に やらず。何だかんだで、やっぱり まだ体調が本調子でないようで。
 諸般の事情・展開から図書館の中に入る展開になり、沢山の本に囲まれて娘は大興奮。ただ、本を取り出すことは するものの、中を積極的に見たり読んだりは せず。まっ、娘なりに楽しんでくれていれば それで充分。
 日曜日の夕方って、本来は物凄く憂鬱になるんだけど、明日が祝日ということで目茶苦茶気分がイイ。
 夜、子供達が寝静まった後、動画編集作業。この3日間の夜なべ作業で、溜まっていた2か月分の動画のうち、約半分の作業が終了。いつも ここで安心して作業の手が止まり、まぁ〜た借金が増える展開になっていたので、今回は気を引き締めなければ。


10月8日(月)
早く大きくなぁ〜れ
 日曜日のような気がしてならないけど、今日は月曜日である。昨日、娘とバスに乗る約束をしたので、前々から行ってみたかった公園にバスで向かった。楽しそうにバスに乗っている娘の姿を見ているだけで、充分にモトが取れた気がした。
 今日の公園。子供用の遊具が あったり、野球やサッカーができそうな広場があったり、バーベキューをするための石囲いがあったり。肝心の娘は・・・遊具で積極的に遊ぼうとせず。広場は初めのうち楽しそうに走り回っていたけど、すぐに「抱っこ!」。体調が本調子でないので、致し方ないことにしておくか。
 昼食は ここの公園のベンチとテーブルで。娘にとっては絵本で読んで知った、念願のピクニックだった。
 ただ、娘は楽しそうに食べていたものの、その様子を見て私は急に娘のことが可哀想に思えてしまった。回りの子供達は友達連れやら きょうだい連れで一緒に楽しそうに遊んでいるのに、娘は いつも1人(同伴の親を除く)。まわりではワイワイ楽しそうにバーベキューをやっているのに、娘はポツンと1人で食事(同伴の親を除く)。少なくとも次回ここに来る時は妻と息子も一緒に、と思った。そして息子が早く大きくなって、きょうだいで遊べる日が来ることを切に願う私であった。
 この公園、正直なところ娘は不完全燃焼っぽかったので、帰り道はゲームコーナーに立ち寄った。普段来ている場所だからというのもあるんだろうけど、娘は安心して遊んでいた、そんな印象を受けた。娘が うどんを食べたいと言っていたので、ここのフードコートで うどん。鯛焼きを食べたいと言い出したので、買って帰り、家族で食べた。今日の娘、一体どれだけ食べるんだか(^-^;)。でも、何だかんだで それだけ体を動かしていた、ということなのかな。
 この日、妻が前々から計画していた、段ボールの家を作ってくれた。何でも、幼児番組に類似品が登場し、娘が せがみ、丁度イイ大きさの段ボールが手に入ったことから計画実行したんだとかで。娘の第1印象は そこそこだったんだけど、2回目・3回目になるにつれて娘は より喜んで遊ぶようになり。これはイイ傾向である。
 妻と娘が買い物に出掛けたので、私は息子と一緒に留守番。息子は絵本に興味を示すようになってきたので、読んであげて反応を見るのが楽しい。
 妻と娘が帰ってきた。保育園で必要となる、ハロウィン用の衣装を購入したんだとかで。早速試着したら・・・うん、これはイイ♪ 肝心の娘本人も気に入っているようである。問題は・・・この私、未だにハロウィンの騒ぎ方を知らない、ということか(^_-)ゞ。


10月9日(火)
2人仲良く
 息子に対して何かをしてあげていると、その様子を見て娘が「私も!」という感じで一緒したがる。ミルクを飲ませている時もそう、玩具で遊んでいる時も そう。そして絵本を読んでいる時も。こういう時は2人を横に並んで仰向けにさせて絵本を読んであげる。2人仲良く絵本を読んでいる様子、非常に微笑ましく感じる。
 息子は まだまだ小さいけど、娘にとっては普段の遊び相手が ようやくできた、ということになるのかな。息子にとっても手本が ごく身近にいることになり。やっぱり きょうだいは必要だと感じる。


10月10日(水)
スマートフォンが多い
 facebook。私はパソコンで利用している。タブレットパソコンを持っているので、そちらで使うこともできるんだけどぉ〜・・・パソコン画面とは画面構成が変わり、かなり見づらい。
 ただ、友達登録している人達の利用状況を見ると、半分以上がスマートフォンでfacebookを利用している。ふぅ〜ん・・・。私は真似するつもり一切無しである。


10月11日(木)
ぢゃあ、お前が やれよ
 新聞に「社説」なるものが出ている。「政府は こうするべきである」なんてことが よく書かれている。テレビに政治評論家を自称する人が出て、色々と人の悪口を言って「国は こうするべきである」なんて おほざきになられている。ぢゃあ、お前が最前線に立って率先して やれよ、って私は いつも思う。責任を負う立場に無い人は好き勝手放題偉そうなことを言えるから楽だよね。


10月12日(金)
意外とイイ曲が多い
 娘と息子のDVDアルバム第28弾。今週の前半に全ての編集作業が終わっていたんだけど、妻による動作確認作業が延び延びになっていたため、正式なDVD完成が週末にズレこんだ。だけど、ま、ようやく正式に完成ということで。
 また、時々発生するDVDの亜種。必要部分だけを収録して作成する物を今回 久々に作成。山形の両親と弟家族用にということで、弟の家に遊びに行った時の様子のみを収録したDVDを作成した。ただ、今回は それだけのために細かな編集内容の修正作業もあり、それなりに手間暇が かかったかな。まっ、楽しい思い出を みんなで共有できれば嬉しい限り。
 今回のDVDアルバム、主題歌や挿入歌は全て先月まで放送されていた機動戦士ガンダムAGEの物で揃えた。放送されていた時、歌の部分は早送りにしていたので全く気付かなかったんだけど、この作品で使われていた主題歌や挿入歌って意外とイイ曲が多い。・・・ということを つい最近になってから知った私(^-^;)。名曲が埋もれなくて良かったのである。
 さってと、ここで油断していたらアカン。すぐに第29弾の編集作業に着手である。ここで使う主題歌と挿入歌は・・・既に決めてある。いつもは どの曲を使うかで悩むんだけど、今回は その心配は無さそうである。


10月13日(土)
休む暇は無い
 この週末、最寄りの複合買い物施設にてドイツ展が開かれるということで、家族4人で お出掛け。出店のテントが色々と出ていたんだけど、どさくさ紛れにイタリア料理店やらインド料理店の出店も あり。凄いドイツ展やね・・・。だけど、ま、ここの屋台で昼食を購入して みんなで昼食。楽しいね〜♪
 夜、娘が寝静まった後、動画編集作業。昨日、第28弾が完成したけど、休む暇は無い。すぐさま第29弾の作成である。先月、息子が緊急入院した時の様子を編集していたんだけどぉ〜・・・僅か1か月前の事だったのか。もっと遙か昔のことのように感じる。ともかく。退院以降、息子が元気に育っていることに感謝、である。


10月14日(日)
色々な思いが一気に交錯
 朝方、妻の親戚から電話がかかってきて、今日の午後会うことになった。いつもながら その行動力は凄い。
 午前中、久しぶりに ご近所さんの家に行き、私は中学英語を教え、娘は色々と遊んでもらった。終わりがけ、妻と息子も来たのでビックリ。で、終わった後に とある話が出てきた。私の中で色々な思いが一気に交錯した。
 ここに詳しく書けない内容については、私も話を聞いて非常にムカついた。何なら私が話をつけたろかいなとも思ったんだけど、この状況になってしまった以上は無理に、というのは望ましくなく。
 同じく、あんまし詳しく書けない内容については・・・嬉しいこをを言ってくれるね〜(^¬^)♪ そんなこと言われた日にゃ、おじさん頑張ってしまう。と同時に、私にも大きな責任がのしかかってくることになり。こういった展開は人生初なんだけど、やったろうじゃん、という気持ちが湧いてきた。
 とっても残念な話。様々な縁で折角仲良くなれた ご近所さんが来春、遠くに引っ越すとのことで。1年半前、同じく仲良くなれた ご近所さんが遠方に引っ越してしまったことがあり・・・うむむ、仲良くなった ご近所さんは みんな いなくなってしまう運命なのか(>_<)。
 午後。妻の親戚と合流し、一緒に昼食。手編みのセーターやら高級中華まんをいただいたりで、恐縮だった。外食先で息子は非常に大人しくしていたのに対し、娘は暴れまくり(>_<)。まぁ〜、大人達の お喋りに付き合わされるのって、子供にとっては退屈以外の何物でもないしね。
 お開きになった後、家族4人で最寄りの複合買い物施設へ。娘を遊ばせたり、食材を買ったり。ドイツ展開催中だったので、昨日は買えなかったソーセージを購入。外は天気予報に出ていなかった雨が土砂降りだった(-_-#)。
 帰宅後は みんなでソーセージを食べてから お昼寝。4人とも長時間グッスリで、気持ちよかった。が、遅い時間帯の長い昼寝ということで、我々夫妻のイヤな予感は的中。娘が夜遅くまで起きて暴れる暴れる。この日、結局 編集時間を確保できなかったな・・・。


10月15日(月)
狼少年
 深夜というか明け方というか。娘が起きて暴れ出した。妻が頑張ってくれたものの、何度か堤防が決壊(?)し。朝方は・・・う゛〜、月曜日の朝っぱらから寝不足で気持ち悪い(>_<)。
 仕事中と分かっている時間帯にマミーから電話が かかってくることが時々ある。以前は「仕事中に電話? よほどの緊急事態か!?」ってビクビクしながら電話に出ていたんだけど、ど〜でもイイことばかりで「いちいち仕事中に電話してくるなっ(`m´#)!」という展開が大多数。完璧に狼少年状態である。
 んで、今日も仕事中に電話が かかってきて、「またかよ(-_-#)」というつもりで出たら・・・今回は本物の狼が出た。日本方の祖母の容態が危険な状態、とのこと。ただ、うちの会社の方針としては ど〜せ「まいけるが駆けつけたところで容態が回復する訳でも、生き返る訳でもないから、仕事を最優先にしろ。家族なんて どうでもいい」という指示が来ることは過去の経験から明白。なので危篤になったからといって駆けつけることができない。その先の状態になって ようやく、である。いや、それすら怪しいかもね(-_-#)。
 祖母の件は数年前に「恐らく これが最後かな」と思っていた時の面会時に自分の中で気持ちの整理・区切りができていた。実際、その時の面会が まともな状態のものとしては最後になった。1年前に奇跡的に再会を果たせた時は既に痴呆が相当進んで私のことすら認識できず、すっかり別人に変わり果てていたた。もう私が知っている祖母は この世にいない、という現実を受け止めていた。そのため、自分の中では大きな覚悟ができており、「悪い知らせが今日来るかも」という気持ちで毎日過ごしていた。
 一応、会社の総務担当者に慶弔休暇の規則を最終確認。次にマミーから電話がかかってきた時は、である。


10月16日(火)
観てもらえる、というのは嬉しい
 私が作成している娘と息子のDVDアルバム。基本は3セットを作成。自分達用、マミー用、妻の実家用。で、場合によっては必要部分だけを抽出した亜種DVDを作り、誰彼に送付することもある。
 DVDを送付した場合、マミーは基本無反応。だけど、妻の実家に送付すると、必ず父が「届いたよ。観たよ。」と電話をしてくれる。まぁ〜、何の切っ掛け・話題も無く電話をかけにくいのが多かれ少なかれあり、DVD到着の報告が電話をする良き切っ掛けになっている・・・のかもしれない。だけど、そうやって観てもらえて、報告してくれて、感想を言ってもらえるのは作る立場として嬉しいものである。


10月17日(水)
久々に
 会社帰り、心友と一杯引っ掛けた。・・・とは言ってもドリンクバーで。やっぱり心友相手だと話が とことん弾む。今後の催し事についても色々と詰めることができた。う〜ん、今後が また楽しみである。
 また、明日は休暇を取るということで、心理的にも非常にイイ状態での心友との夕食だった。


10月18日(木)
4人で お出掛け
 休暇を取り、家族4人で遠方の複合買い物施設に出掛けた。妻と一緒に ここに来るのは随分久しぶりで、4人で ここに来るのは初めて。結構嬉しい。
 ここにある室内遊園施設は他と比較すると広さも規模も種類も段違い。その分、料金は高めなんだけど、今日は平日ということで平日フリーパスが使えて お得だった。ここで遊び、食事時になったら移動し、また ここに戻り・・・ってな具合で自由に出入りできるのが嬉しい。
 昼食は当然、娘が大のお気に入りであるシルバニア森のキッチン。息子は まだ物を食べられないけど、ここの雰囲気を堪能しているようだった。
 私が室内遊園施設で2人の子供達の面倒を見ている間、妻は久々にマッサ〜ヂを受けてきた。妊娠期間を経て子育てが続いてきたため、久々のマッサ〜ヂ。表情が明らさまに良くなったのが分かった。


10月19日(金)
最後の1粒
 私が愛用している砂糖は欧州製。カロリー0の通称「魔法の砂糖」。会社で使っている物は7年前に会社後輩がドイツ旅行に行った際、頼んで買ってきてもらった物である。会社での砂糖使用頻度は低く、減りは遅かったんだけど、今日、遂に最後の1粒を使った。これを買って来てくれた会社後輩は現在ドイツ在住。7年前のことを思い出すと、やはり時代の流れを感じる。
 で、次回は・・・今夏に来日したドイツの知人が買って来てくれた分を使用開始となる。このあたり、我ながら抜かりが無いな(^m^)。


10月20日(土)
運動会
 娘が通う保育園で運動会が開かれた。もともと体育館での開催ということで、天気予報を見ながら ヤキモキする必要が無い、というのは有り難い。過去に知人の幼稚園・保育園の運動会に撮影係として会場入りしたことは あったものの、私が自分の子供の運動会に参加する、そんな立場になったんだな〜、って しみじみ感じる。
 8月から娘が最短時間通園コースとなり、帰宅時間も早まったため、私が保育園のお迎えに行くことは まず無くなり。そのため、私が直接保育園と何かしら係わりを持つ機会というのは猛烈に久々となった。
 いざ蓋を開けてみるとぉ〜・・・やっぱり室内開催となると、野外のものとは雰囲気が違う。だけど思っていたよりも ずっと広く、茣蓙を敷いて野外開催と同じような感じでの開催だった。
 また、以前に電車の中で一緒に遊んでもらったり、その数か月後に複合買い物施設内でバッタリ合った親子。実は同じ保育園に通っていることが今日 判明した(^-^;)。
 で、肝心の運動会本編。親子準備体操は私が担当。色々と思うところがあった。親子競技は妻が同伴し、私は撮影担当。娘と一緒に競技をしている妻の姿は母親そのものだった。色々と思うところが ある中での撮影だった。
 帰宅して昼食を取り、午後は妻と娘が出掛け、私は息子と2人で留守番。・・・つっても、親子してグッスリ昼寝。いっぱい寝られて物凄くスッキリした。疲労が それだけ蓄積している、というのが よく分かった(^-^;)。


10月21日(日)
父親としての職業病(?)
 資格試験を受ける・・・というか受けさせられる形になり、その決行日。毎度のことなんだけど、うちの近所に この資格試験の会場に使われる大学があるくせして、私の試験会場は いつも遠くて交通の便が悪い場所。今回も御多分に漏れず。くたびれる日曜日であった(-_-#)。ただ、会場近くに私が1番好きなファミリーレストランのガストが あったので、ここでの昼食とバニラオレの飲み放題は楽しかった。
 会場への移動は電車・モノレール・バスを乗り継いでのものだったんだけど、外を眺めている時に公園を見かけると「子供達を ここに連れて来たい」と真っ先に思うようになり。これも父親としての職業病だべか!?


10月22日(月)
試してみたかったこと
 気温が下がり、夜は温かい飲み物が欲しくなる季節になった。温かいお茶を入れる場合、私が使うのは専らティーバッグ。お茶っ葉だと、後片付けが面倒、という単純な理由から。だけど、もらい物のティーバッグの在庫が そこそこあり。
 そこで前々から試してみたかったことが・・・珈琲メーカーを使い、コーヒー豆の代わりに お茶っ葉を入れて お湯を沸かしてみる、というもの。結果は・・・意外とイイ♪ こりゃ、寒い季節は温かい美味しいお茶を気軽に入れられそうである。


10月23日(火)
夜中の通知
 夜、まもなく日付が変わろうという時刻にマミーから電話がかかってきた。PHSから流れる、マミーからの着信であることを意味するメロディーが聞こえた瞬間、全てを悟った。だけど、マミーは相変わらず重要連絡を電話でする時の作法が全くなっておらず、この件は いつもながらムッとくる。
 祖母の件は数年前に「恐らく これが最後かな」と思っていた時の面会時に自分の中で気持ちの整理・区切りができていた。実際、その時の面会が まともな状態のものとしては最後になった。その後、祖母は とあるクズによって財産目当てで拉致され、行方不明に。拉致された後は とある施設での放置状態が続いていた。
 そんな状況下だったものの、1年前に奇跡的に再会を果たせた。但し、この時は既に痴呆が相当進んでおり、私のことすら認識できず、すっかり別人に変わり果てていたた。もう私が知っている祖母は この世にいない、という現実を私は受け止めていた。
 祖母と交わした約束「曾孫の顔を見せる」。奇跡の再会時に娘の動画を見せるも、私が孫であることも、映っている娘の動画がが自分の曾孫であることも認識できず。今年 2人目の孫が誕生するも、報告すら ままならず。果たして私は祖母との約束を果たすことができたのか、今でも分からない。
 この日の日中、遠方から駆けつけた祖母の妹と面会ができたとのこと。その日の夜に眠るように引きを引き取った祖母。
 晩年の祖母は まわりから見ると不憫だったかもしれない。だけど痴呆が進んでいる中、私のことを孫と認識できない中にあって、「ここの施設の人達は とても親切で、よくしてくれるので 有り難い」と言っていた。この言葉に嘘は無かったはず。祖母自身は幸せだったに違いない。


10月24日(水)
在宅勤務
 今日は年に1度の在宅勤務訓練の日。去年の実例を踏まえ、娘が保育園に行く日を選んでの在宅勤務訓練とした。片道1時間半の痛勤が無いので、その分 朝は ゆっくりでき。通勤電車に揉まれることも無く。という点は非常にイイものの、やっぱり自宅だと仕事をする気が0。ヤル気も持続せず(∩。∩;)ゞ。環境としては申し分ないんだけど、やはり気分の問題が大きい。


10月25日(木)
気が付けば歴代2位
 高校卒業以来、とにかく引っ越しが多い私だったんだけど、今の住まいに引っ越してから随分と腰を落ち着かせることができている、そんな気がする。試しに今の住まいに どれぐらいの年月住んでいるかを確認してみたら・・・あらま、気が付けば歴代2位の長さになっていた。1位は私が育った実家で15年。流石に この記録を塗り替えるのは至難の業。
 だけど今の住まい。住み始めた頃の家族構成は妻と2人きりだったけど、それが3人になり、4人になり。部屋の狭さやら家賃の高さには不満タラタラだけど(^_-)ゞ、利便性の良さは筋金入り。思い出もギッシリ詰まっている。


10月26日(金)
告別 〜おばあちゃん〜
 年間予定には無かった北海道への帰省。去年も似たような理由で これぐらいの時期に年間予定に無かった北海道帰省をしたんだけど、今回は意味合いも重みも全く違っている。幼子2人を残して私1人だけが北海道へ、というのは後ろ髪引かれる思いだけど、頼りになる妻が しっかり やってくれるから大丈夫。いざ、日本方の祖母と最後の別れの場へ。
 始発列車に乗って羽田空港へ移動し、空路で北海道へ。何だかんだで、毎年北海道に来るという連続記録が続くことになったのかな。
 空港でマミーと合流し、私は一旦実家へ、マミーは午前中の仕事へ。私は お使いがてら近所を歩いたんだけど、毎度ながら、年に1度帰省する度に どこかしら街並みが変わっており、自分が浦島太郎状態である。お使いを終えた後、実家で告別式用のスピーチの内容確認。諸々の都合で昨夜の前夜式(仏教方式で言うところの通夜)には間に合わなかった私なんだけど、今日の告別式だけでも間に合って良かった。
 マミーが仕事から戻り、2人で会場の教会へ向かった。親族・それ以外を含めて葬儀には何度か参加したことがあるんだけど、いずれも訃報を聞いた際は正直ピンとこなかったのに対し、葬儀会場に来て遺影を見た瞬間にグッと実感が湧いてくる、というのが通例の私。今回も 御多分に漏れず、であった。
 告別式には祖母が生前 交流のあった人達が来てくれていたり、会場の準備は教会信者達が全て賄ってくれていたりで、とても有り難かった。結局私が会場でやったのは、くっちゃべったことだけ、である。
 告別式を終え、山にある火葬場へ。棺の中には私が祖母宛に書いた最後の手紙となる、初曾孫誕生の知らせと、同封していた写真を入れた。祖母が この手紙を受け取った時は既に痴呆が進んでおり、内容を理解できない状態だったんだけど、せめて曾孫との思い出を この瞬間だけでも持つことができたら、そんな思いだった。この手紙を書いていた当時、まさか この手紙が このような展開になるとは夢にも思わなかったな・・・。
 控え室の窓から見える外。山の自然は緑と紅がイイ具合にブレンドされており、晴れて空気が澄んでいる時にしか お目にかかれない北海道駒ヶ岳がクッキリ見えた。祖母が大好きだった駒ヶ岳を見せてあげながら故人の思い出話に花が咲いた。
 小さくなった祖母を抱え、実家に帰宅。晩年の祖母は拉致先や病院を転々とし、最後の2年間は介護施設にいたため、自宅に帰ってくるのは何年ぶり、ということになるのかな。墓地への納骨までの間は自宅に保管。結局祖母は曾孫達に直接会うことができなかったものの、今は曾孫達の写真に囲まれている。おかえりなさい、ばっちゃん。
 私は今日1日だけだったものの、マミーは約1年間、お見舞いやら身の回りの世話やらが続き。マミーに お疲れ様でした、である。
 夕方はマミーの知人・・・というか、私の知人でもあるのか、彼女から作成委託を受けていた音楽教室のホームページの大幅更新に関する打ち合わせ。やっぱり こういうことは直接会って、ああでもない、こうでもない、って話したほうが圧倒的に早いのである。
 ただ、その中で とあるクズによる嫌がらせを受けているという話を聞き・・・ふん、そっちが その気なら、こちらも それ相応の対応をするのが礼儀というもの。にわかパソコン好きだが何だか知らないけど、こっちはITのプロ。やってやろうじゃん。
 夕食は最近マミーがハマっているという、お好み焼きの お店にて。確かに美味しかったんだけど、正直なところ妻や私が作った方が美味しい・・・というか舌が そっちに慣れているのかな。マミー、私が学生時代に お好み焼き屋でホストをしていたこと、すっかり忘れている模様・・・。
 帰宅後、とある料理番組を観た。13年ぶりで、鳥肌が立った。9月いっぱいで毎週楽しみに観ている番組が2つ終了したんだけど、これでまた毎週の楽しみが増えることになった。


10月27日(土)
同期 〜なかま〜
 9:30頃までグッスリ眠れた。こんな時間まで何の妨害工作も無く眠れるというのは随分と久しぶりかな(^-^;)。告別式から一夜明けたんだけど、意外と引き摺っていない自分がいた。やはり、自分の中では祖母との別れは数年前に済ませており、自分としての心づもり・気持ちの整理が その時 既にできていたためであろう。
 とはいえ、どうしても今の気持ちを表現したい、祖母が生きていた証を知ってもらいたい、ということで、何気なくfacebookに書き込んでみた。そうしたら、あちこちから弔意の書き込みがあり、物凄く嬉しかった。ただ、私が うっかりしていたというか全く予想していなかったというか、まさか この人が見に来るはずが無い・・・というか そういう想定の候補一覧にすら挙がっていなかった人が見に来ており。やば、これは まずい展開だ・・・(^_^;)。
 今日は本来ならマミー推奨のタイ式マッサ〜ヂを受けに行きたかったんだけど、施術士が海外出張中とのことで。うむむ、毎回、こういった理由が続き。私、タイ式マッサ〜ヂとは縁が無いのかな(∩。∩;)ゞ。
 朝食はマミーの提案により、函館限定のハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」にて。マミーが関東襲来する際、いつもラッキーピエロのハンバーガーを しこたま買ってきて、電子レンジで温めてから食べているんだけど、やっぱり お店で できたてホヤホヤを食べると・・・全く別物の美味しさである。
 その後、祖母の葬儀が営まれた教会へ。異教徒の私が礼拝中のキリスト教の教会に足を踏み入れるのは神に対する冒涜のような気が多々するけど、まぁ〜、ともかく。私が信仰するのは女神アテナ!・・・って、そっちぢゃないか(∩。∩;)ゞ。
 祖母とマミーが ここの信者ということで、祖母は生前、ここの人達に沢山世話になり。葬儀も ここの信者達や牧師の力沿いにより無事に終えることができ。私が遺族代表としての挨拶をした。正直な感想としては、ここの信者たちも高齢化が随分と進み、次の世代が・・・・ということ、だった。
 私の挨拶は礼拝が一通り終わってからだった。私は信者ではないので、礼拝中は別室で待機。ネットブックパソコンを開いて、とある作業をしようとしたら・・・思わず ほっこり笑いする展開が。1年前、生前の祖母に娘の動画を見せる際にも このネットブックパソコンを使ったんだけど、その時に変更した設定内容が そのまま残っていた。あれから1年、ということを改めて実感した。
 昼食は恩師の洋食屋にて。北海道帰省したら絶対に外せないこと・物は いくつかあるんだけど、その最上位が ここでの食事。親父の味、いつ食べてもイイものである。
 午後、心友が遊びに来てくれた。今回は緊急帰省だったため、直前の連絡になったものの、来てもらえたというのは嬉しい限り。何だかんだで、彼との毎年面会記録が継続されることになった。やはり20年来の友、お互いのことを良く知っての お喋りとなると、他とは全く違う。実家での彼との面会時に すっかり恒例となったのがパソコンのメンテナンス。更新プログラムが たんまりと溜まっていた。3時間ほどかけて、中身は すっかり別物になった、というごらいに色々と追加・更新。私も気分スッキリ。
 夜。facebookによる中学時代の電子同窓会、その物理同窓会だった。これまた連絡が直前になったため、うっかりしたら人が1人も集まれなかった可能性もあったんだけど、実施に 漕ぎ着けられて良かった。会場に集まったのは自分を含めて2人、ここの店員として勤務している同期がいるという情報を聞きつけて来たんだけど、情報通りで、懐かしい再会だった。そして! 後から1人が飛び入り参加。合計4人となり、昔話やら社会人になってからのアホ経験談に花が咲いた。目茶苦茶楽しかった〜♪
 今回は祖母の葬儀のための緊急帰省だったんだけど、だからこそ昔からの仲間達って有難いなと感じた。


10月28日(日)
生命 〜かぞく〜
 10時近くまでグッスリだった。が、目覚め直後の寝ボケた状態だと、今 自分がどこにいるのか一瞬分からなくなってしまう。ただ、頭が目茶苦茶痛い(>_<)。風邪引いたのかな・・・。
 今日は これといった予定は無く、実家で のんびり。途中、テニス仲間が遊びに来てくれたのが嬉しかった。
 雨・・・よりも風が物凄かったので、果たして飛行機が飛ぶのか心配になったんだけど、出発時間が15分遅れたものの、問題なく飛んだ。
 以前は北海道帰省から関東の自宅に帰るのが物凄くイヤだった。が、妻と結婚して以降、そういうことは一切無くなり。むしろ早く自宅に帰りたいと思うようになり。実家を離れても、私には愛する妻と子供達が いる。自宅に到着したら、妻と娘が出迎えてくれた。私には帰る場所がある。待っててくれる家族がいる。そんな当たり前のことにジ〜ンときた。3日間、孤軍奮闘で子供たちの面倒を見てくれていた妻に感謝である。
 その反面、約40年前に来日したマミーは日本に於ける家族が1人また1人といなくなり。最後の1人だった祖母も いなくなった。地球の裏側から単身で遙々やって来たマミーが日本で受け続けてきた仕打ち、そして次々に他界する日本の家族達。マミーの人生を考えると、何のためのものだったのか、分からなくなることがある。


10月29日(月)
中毒症状
 同窓会が行われると、その様子を写真なり動画で公開し、全国・・・いや、全世界に散らばっている同窓生達が見て、色々と書き込みをしてくれる。そのやりとりが楽しいため、同窓会実施後の数日限定とはいえ、facebook中毒症状になる私。
 片時もスマートフォンを いじくり回していないと不安で仕方ないという中毒者が多数いて、私は そういう連中を鼻で笑っていたんだけどぉ〜・・・これだと私、人のこと言えないな・・・(∩。∩;)ゞ。


10月30日(火)
両親と妹夫妻からの荷物
 妻が専業主婦の場合、色々と恩恵を受けることが ある。そのうちの1つが、宅配なり郵便物が届いた際、確実に自宅で受け取ってもらえる、ということ。これが1人暮らしだと、不在受け取り票が入っていて、後日に受け取るための手続きをして・・・ってな感じで、何かと時間が かかる。
 今日は山形の両親から大きな荷物が届いた。中は両親が丹精込めて育ててくれた野菜がドッサリ。そして柿。柿は娘の大好物で、丁度昨日 冷蔵庫に入っていた最後の1つを食べ終わったところだった。何というタイミングの良さ。有り難いねぇ〜。
 ほんの少しの時間をおいて、今度は妹夫妻から お菓子が届いた。名目は・・・なるほど、そういうことね。普段は私に対して筆無精のくせして、こういうところは非常に律儀。妹らしいなと思った。
 早速 妻と娘の3人で美味しくいただいた。息子は この様子を見てヨダレがダラ〜リ状態。息子の目にも美味しそうに映ったようで(^-^;)。今すぐは無理だけど、来年の秋ぐらいには一緒に食べられるようになるかな。その時を楽しみに待つことにしよっと。


10月31日(水)
さて、今度は どうなるか・・・
 私にWebサイトの作成代行を依頼するも、出来上がった後に何だかんだ言い訳をつけて更新がピタッと止まり、放置状態になっていた物がある。正直、閉鎖したかったけど、諸般の事情により そうもいかず。
 先日、リニューアル名目にてWebサイトの運用を再開。私の経験則からいくと、女性の「1回目は失敗したけど、2回目こそは!」は たいてい頓挫する。さて、どうなることやら・・・。


ズボラ日記のトップに戻る