まいけるのズボラ日記




2013年3月


3月1日(金)
テニス・ホルン・パソコン・探偵
 マミーのテニス仲間達。私から見れば年齢が1回り〜3回り上の人達ばかりなんだけど、私が北海道に住んでいた頃、および私が大学生時代に長期休みで北海道に帰省した時は しょっちゅう一緒にテニスをして、蕎麦屋で二次会をし、マミー宅にてテレビゲームをやりながら三次会をしていたものである。あの頃は楽しかったし、懐かしいな〜。
 当時は私が断トツで最年少だったんだけど、みんなは私と平等に接してくれるのが嬉しかった。流石に今は物理的な距離が離れてしまっていたり、そうそう北海道に帰省できないから、会う機会は多くて年に1度という状態。なんだけど、私が北海道帰省すると いつも合ってくれたり、普段もちょくちょく やりとりの続いている人が何名かいる。
 そのうちの1人。テニスとホルンの二刀流を器用にこなす人。テニス仲間達の中ではズバ抜けて(唯一?)パソコンにも詳しい。ということで、マミーからパソコンSOSの電話がかかってきた時は、無理して電話サポートしようとはせず、即座に 彼にキラーパスを出すようにしていた(^m^)。それぐらい頼りになる人。
 そんな中、とある人捜しを依頼・・・というか「以前 同じ音楽グループに所属していた人、今も接点がありますか?」ぐらいの軽い気持ちで質問を投げた。そうしたところ、ストーカー・・・もとい(∩。∩;)ゞ、探偵まがいの捜査態勢を用意してくれ、見事に探し当ててくれた。すんげ〜執念と行動力(^-^;)。ちっ、私の日本方の祖母が拉致された時、彼に捜査を依頼すれば良かったのかな!?
 今までの経験則からいくと、Facebookに お誘いを入れた場合、相手の反応は真っ二つ。すぐに返事をしてくれるか、ガン無視。個人的に、後者は非常に失礼にあたるような気が多々する。イヤであれば、その旨だけでも返答してくれればイイのに。さて、今回は どうなる???


3月2日(土)
離乳食開始
 うちで採用している育児教育プログラム。それによると、早すぎる離乳食開始は食物アレルギーの原因になるため、娘の離乳食開始は わざと遅くした。それは息子に対しても同様。
 ここ最近の息子は、親や姉が物を食べているのを見ると、ヨダレをダラ〜って垂らしたり、自分にも よこせと言わんばかりに唸ったりテーブルを叩いており。親としても離乳食解禁日が待ち遠しい日々が続いた。
 その息子は今週初めに歯が生えてきた。また、時同じくして生後9か月になったということで、3月1日から離乳食開始。実際のデビュー戦(?)となった昨日は私は立ち会えなかったんだけど、妻が しっかりと動画撮影してくれた。で、今日は私が離乳食係。まだまだスプーンを使って食べることに慣れておらず、思うように食べられないのが現状。だけど、娘に対して初めて離乳食を あげた時のことを思い出した。あの時の感動を再び体験できるとは。親冥利に尽きる。
 昼は家族みんなで お出掛け。電車で移動して、娘が1番好きな室内遊園施設・・・というか子育て支援施設に行ってきた。ここって、いつも来るのが遅くなるんだけど(∩。∩;)ゞ、娘も息子も3時間みっちりと遊べたようである。また、全員参加のゲームに於いて・・・私は足首を負傷(^-^;)。私、もう若くないな(∩。∩;)ゞ。妻が すぐさま湿布を買ってきてくれたので、事なきを得た。


3月3日(日)
我が家も1人1台
 先日結婚式を挙げたばかりの、妻の高校同級生宅に突撃訪問してきた。私が こうして妻の知人宅に行く、というのは初めての展開。当初は女子会という話を聞いていたんだけど、紆余曲折を経て(?)合計3家族が大集合ということになった。
 家の中も新婚の2人も、イイ意味で初々しさが多々あり、自分達の新婚時代を思い出した(^-^;)。近所に公園があったり、年齢の近い子も いたということで、娘は 大はしゃぎ。昼食も普段からは考えられない食欲だったし。うん、イイことである。
  帰り道、自宅から2番目に近い複合買い物施設のフードコートにて夕食。その後、様々な要因が重なり(?)、娘用のPHSと息子用のPHSを無料で受け取る結果になった。すんげ〜(^-^;)、我が家も1人に1台の時代が到来、である。息子は単なる玩具としてしか認識できないんだろうけど、娘は本物の・使える自分専用のPHSを入手したということで大喜びだった。 

娘が自分で選んだ色
 
息子のパーソナルカラーは緑
 早速、日曜夜のマミーとの定例スカイプにて電話を使っての会話(^-^;)。娘の楽しそうな・嬉しそうな表情が印象的だった。
 その後、先述の妻の知人夫妻から依頼を受けた、動画と写真の代理編集作業を進めていたんだけどぉ〜・・・段々寒気と吐き気が(>_<)。夕食で当たってしまったか!? 混ぜご飯系、向こう暫くは食べたくないρ(-ω-)。


3月4日(月)
週明け早々からグロッキー
 夜中、吐き気と寒気に 魘された私。それ以上に、子供達の夜泣きが非道く(>_<)。朦朧としている中、子供達をあやし、落ち着いたと思ったら また大泣きしだし。これの繰り返しで、まともに寝た記憶が無く。今日が月初以外だったら迷わず会社を休む具合の悪さだった。
 行きの電車内、眠いんだけど、吐き気が非道いから、まともに寝ることができず。会社最寄り駅からは通常出社としては初となるバスを利用。これは助かった。
 会社に着いた後も非道い吐き気と寒気で意識朦朧。ただ、不幸中の何とかで、今日は重要作業が午前中で終わり、午後からの作業は軽い物しかないので他の人に代行してもらうことに。ということで、コアタイム終了後は一目散に撤収。帰りの電車移動も辛いものがあった(>_<)。
 妻が駅まで保険証を届けに来てくれたので、それを受け取って病院に直行。診察結果は急性腸炎だった。インフルエンザの可能性も捨てきれなかったため、念のため その検査も実施したんだけどぉ〜・・・とある理由からインフルエンザではないという確証は持っていた私、その通りとなった。
 帰宅後は家庭内隔離状態で昏睡状態。明日、どこまで回復してくれていることやら・・・。


3月5日(火)
だいぶ復活
 心配されていた目覚め直後の具合は・・・うん、吐き気が消えていた。だるさと頭痛は残っていたものの、吐き気が無いだけでも随分と違う。これなら大丈夫そうだ。色々と看病してくれた妻に感謝である。
 先日、テニス仲間経由で消息が掴めた同級生から返事が来た。諸般の事情により仮想空間同窓会に今すぐの参加は無理とはいえ、丁寧に返事をしてくれただけでも充分に嬉しかった。ガン無視する無礼な連中とは大違いである。


3月6日(水)
さて、どうなる?
 時々ここのネタに書いているんだけど、私が愛用しているブラウザー(インターネット閲覧ソフト)はノルウェー製のOpera。圧倒的な使い勝手の良さが気に入り、(多分)10年以上これを第1ブラウザーとして使っている。
 ただ、弱点も ある。独自エンジンを使っているためかWebサイトの描写が崩れたり、Webサイトの機能が動かなかったり。最近では最新バージョンが出た直後にバグが発見されて、1つ前のバージョンに戻すなり更に最新版が出たりといった不手際が目立つようになってきた。とはいえ、それらを差し引いても余りあるだけの使い勝手の良さ故に、私はOperaを使い続けている。
 そんなOperaなんだけど、先日インターネットのニュースを見て目が飛び出た。エンジンをWebKitにする、というもの。あんれま〜(・o・)。色々とニュース検索していると、私と同じOpera愛好家達からは後ろ向きな反応が多数。私は・・・まだ現物に触れていない段階で あれこれ言うのは やめておく。
 とはいえ、現状のOperaが使っているPrestoエンジンと比較すると、Webサイトの描写が崩れの発生頻度はグッと少なくなると期待。また、とあるサイトでは ご丁寧に いちいち「Chromeをインストールして下さい」という旨が表示されて 猛烈に うざったいんだけど、これが解消されるのかな?
 最大の問題は、圧倒的な使い勝手が どうなるか、である。使い勝手は そのままに、WebKitの利点が反映されている、という展開だと嬉しい。
 また、もう1つ気になる点としては、同じWebKitエンジンを使っているChromeの場合だと、知らないうちに利用者の情報が勝手にサーバー側に送られるという仕組みがある。まさかOperaは これに便乗しないよね!?
 さて、WebKitエンジン搭載での最新版が出るのは いつになるのかな。鬼が出るか蛇が出るか、である。・・・って、どっちが出ても困るか(∩。∩;)ゞ。


3月7日(木)
1つの世代交代
 長年使ってきた道具、愛着のある道具、思い出の詰まった道具。理由がどうあれ、そういった物を手放す時は多かれ少なかれ寂しさを感じる。たとえ、それが新機種への買い換えであったとしても。でも、そうしないと、使わない物が どんどん溜まっていく一方なので、割り切るしかない。
 私にとって世代交代というか機種交代の周期が早いのがコンパクトカメラ。平均すると約2年で買い換えである。
 そんな中にあって、今日発生した政権交代。それはベビーカー。娘が生まれて以降 約2年半、いっぱい活躍した、思い出の詰まった物。
 とはいえ、何かと不便も多く、愚痴のネタになっていたのも また事実であり(^-^;)。そんな中、赤ちゃん用品店で妻が見付けた新しいベビーカー。夫婦そろって「これはイイ物だ。是非キシリア様に!(ネタの出所が分かる人、どれぐらい いるかな・・・)」という意見に。
 店頭で そのベビーカーを見てから購入を決断するまで月日を要したんだけど、先日遂に購入。操作性が良かったり、ハンドル位置が高いから私も腰を曲げずに押せるのは勿論、最大の特徴がスーパーマーケットの買い物かごをスッポリ収納できる、という点。買い物がグッと楽になった。
 新しいベビーカーの運用が軌道に乗ってきたこともあり、今日 従来品との別れ。ただ、廃棄処分というのではなく、最近活用するようになってきたリサイクルショップで引き取ってもらえた。そのお金で息子用に新たな生活用品を購入。うん、イイね〜。


3月8日(金)
楽しみ方は人夫々というものの
 当初はマミーによるゴリ押しにより、渋々開始したFacebookなんだけど、学生時代の同窓会ページに参加して以降、楽しさが分かるようになってきた。
 Facebookの使い方・楽しみ方は人夫々なんだけど、中には私の理解を超える事例がチラホラ。
 「いいねボタンを押してくれ」という依頼には唖然。それって自分が依頼するものではなく、見た人が自分でボタンを押すかどうかを決めるものだよね? しかも、Facebookに そういう依頼機能が ある時点で驚愕である。
 私は「いいね」ボタンは使わないようにしている。本当にイイと感じたら、コメントを書き込むようにしており、「いいね」を安売りしたくないからである。私が受ける立場だと、やっぱり単に「いいね」されるよりも、何かしらコメントを書き込んでもらった方が嬉しいしね。何でも、とある調査によると、「いいね」ボタンを押す人の70%は義務感なり偽善行為によるもので、本音でイイと思っている人は少数派なんだとか。
 コメントが複数書かれており、それらに対して細かに返信コメントが記載されているものの、特定人物に対する返信だけ必ず省かれている、という例。1件ならまだしも、複数のコメントに対して その状況だったので、この人に対してだけ たまたま返信し忘れた、という言い訳ができない確信犯。その2人の間に何かあったのかなと思ってしまう瞬間である。仮にも友達申請を承認し合った仲なんだから、一方的に無視というのも どうかなと感じる今日この頃。そんなにイヤなら本人に その旨を伝えるなり、ボタン1つで友達関係を切ることができるのに。そういうことをせず、本人のいないところでネチネチと陰口を叩くという日本の文化。あ〜、ヤダヤダ。
 コメントが複数書かれているのに、書かれた側が それらに対して一切の返信をしない例。自分が世界で1番偉いとでも思っているのかね・・・(-_-#)。
 Facebookの楽しみ方は人夫々とはいえ、上記の例、私は絶対に真似しない。


3月9日(土)
思い出が また1ページ
 家族全員で妻の実家に行ってきた。通常、この場合は乗り換え無しの快速電車1本で行くところなんだけど、この日は諸般の事情により早い時間帯に家を出る必要が あり。早い時間帯だと、どうしても途中駅で乗り換えが必要になる。私1人だけでの乗り換えなら何も問題無いんだけど、子供達やベビーカーを伴ってホームを移動しての乗り換えって それなりに大変。ただ、1時間 電車に乗りっぱなしだと飽きが来る娘にとって、乗り換えによって1つの行事発生という扱いになるためか、普段と比較すると「着いた?」とか「もう降りる!」の発言回数がグッと減っていた。これは親にとってイイ点、だったかな。
 駅に到着したら、いつものように父と兄が車で迎えに来てくれていた。先月はタイミングが合わなくて来られなかったので、2か月ぶりの再会、である。この再会に1番喜んでいるのは・・・やっぱり孫達に会えた父、なのかな。
 実家に到着した後、ゆっくりする間もなく、すぐさま みんなで お出掛け。目的地はマザー牧場。前々から「子供達を連れて行きたい」と我々夫妻が思っていた実家周辺にある3施設。水族館、ドイツ村ときて、最後の砦(?)である。天気が良く、気温も上がってきたので絶好の牧場日和(?)となった。父は膝の調子が思わしくなく、当初は留守番するつもりだったんだけど、孫と一緒と思うと気が変わったとのことで、一緒に来てくれた。
 今回は新ベビーカーの公式デビュー戦(?)。荷物を沢山搭載できるという点が大きく ものを言った。また、ハンドルの位置が高くて押しやすくなったり、ハンドルに体重を乗せても大丈夫ということで、父の杖代わりになり、思わぬ形で役に立った。
  動物好きの娘。動物園には行ったことがあるんだけど、牧場は初めて。動物園とは また違った趣・楽しみ方が あり。乗馬体験したり、牛の乳搾り体験をしたり、間近の動物に直接触れることができたり、苺狩りを堪能したり。娘は最初から最後までトップギアだった。また、遊園地の乗り物も それなりの数があり、ここでも楽しむことができた。思い出が また1ページ、である。
 妻の実家に来ると、普段は見たり触れたりできないことを色々と体験できる。子供達の表情からして違うのが よく分かる。いつも快く 色々な場所に連れて行ってくれる実家の家族達に感謝である。
 とはいえ、今日は大人組も子供組も夜はバタンキュー。22時に床につく、こんな健康的な生活は何年ぶりだべか(^-^;)。


3月10日(日)
この緩急がイイ
 最近は妻の実家に来る場合は泊まりがけ、というのが標準になっている。その方が精神的にも落ち着けるし、日程も無理なく組める。
 昨日は外で沢山激しく(?)遊んだのに対し、今日は室内で のんびりということが多かった。よく動いた後は、じっくり静養。この緩急がイイ・・・というか、私ぐらいの歳になると助かる(^-^;)。
 実家に来た時、ほぼセットになっているのが、すぐ近所の親戚宅に突撃訪問すること。子供達を いっぱい可愛がってくれるので、私としても嬉しい。その間、我々夫妻が子育てから解放される、というのは置いておくとして(^m^)。
 お開きとなり、帰りは乗り換え無しの快速電車1本で帰宅。ただ、時間ギリギリで何とか電車に間に合ったということで、車両の端に行く暇が無く。真ん中の車両に乗ったものだから、予想外に混んでおり。それなりに大変だった(+_+)。次回は予め帰りの電車時刻を確認しておかねば。だけど、電車内でグッスリ寝ている子供達の満足そうな表情を見ているとぉ〜・・・こちらのニヤけ笑いが止まらなくなる。ハタから見ていたら、私の表情って さぞかし怪しく見えるに違いない(^_-)ゞ。
 先週は急性腸炎やら別作業の割り込み影響により、動画編集作業が手付かずだった私。この週末も作業ができず、それでいて また いっぱい撮影しまくったしで。焦り、もがく日々は向こう暫く終わる気配が無いな・・・。


3月11日(月)
気になる人物
 数週間前、うちの会社に とある派遣社員が来た。私の席から すぐ近くに座っているんだけど、部署が違うため、残念ながら個人的な接点は全く無く。何の用も無いのに いきなり話しかける訳にもいかず、遠目に見ているより他に無い。
 朝の出社時は元気に「おはようございます」と言い、いつも礼儀正しく お辞儀をし、上司達とは互角以上の物腰で仕事の話をし、昼食はコンビニエンスストアの弁当を 箸で食べ。あ゛れ、こうして書いてみると、何てことはない、ごく普通の人という印象か(^-^;)。
 唯一その人が他の人達と違う点は、彼が西洋人である、ということ。パッと見は英国人かなと思ったんだけど、名前はスペイン語・ポルトガル語系の名前っぽい。私の周辺にいる西洋人で、ここまで日本に染まっている人って初めて。西洋人慣れしているはずの私・・・というか半分は西洋人の私でも、思わず物珍しく感じてしまう。


3月12日(火)
恐れていた質問
 いつか来るとは思っていたんだけど、とうとう今日になって娘から恐れていた質問が飛んできた。「ばーば(日本方の祖母)は どこ?」
 8年前に不慮の事故で亡くなった、娘の日本方祖母。娘や息子は勿論、私も直接会うことができず、写真で姿を見たり、人伝えに話を聞いただけ、である。
 娘は日本方祖母の写真を見ているので、その姿は知っている。実家に行く度に仏壇に手を合わせており、それが日本方祖母に対する挨拶であることも分かっている。が、実際に日本方祖母に会ったことが無いことに違和感を覚えだしたのか、それとも一緒に遊んでもらいたいという気持ちが強くなってきたのか。遂に この日、私が恐れていた質問が飛んできた。
 まだ「死」という概念を理解できない娘。日本方祖母に会いたいと思う純粋な娘の願い。日本方祖母に孫を抱っこさせてあげられなかった私の無念。一瞬にして様々な思いが込み上げてきた私、胸が潰れる思いだった。


3月13日(水)
必要性を感じる第4の存在
 娘と息子のDVDアルバム。これのネタ撮影のために用いている機器は使用頻度・目的こそ違えど3種類。ビデオカメラ専用機、一眼レフカメラ、コンパクトカメラである。ただ、最近になって第4のカメラの必要性を感じる機会が多くなってきた。
 理由は、娘が頻繁にカメラ撮影したり、撮影内容を確認したがるようになったため。流石にジャンクカメラで撮影をするフリだけでは満足できない年齢になったようで(^-^;)。ただ、精密機械を触らせるには まだまだ怖さが ある。だからといって中途半端なトイカメラで お茶を濁すのも何だし。折角なら ちゃんとした物を使わせたい。
 そこで目を付けたのが防水・防塵カメラ。横文字で言うところのタフネスモデル、というもの。以前は全く見向きもしなかった この系統機種なんだけど、娘も使うことを考えると、打って付けの存在になる。ちょっとや そっと乱暴に扱っても大丈夫というのは勿論なんだけど、これによって お風呂場面や(ゆくゆくは)プールでも水を気にすること無く撮影が可能になる。
 色々と調べた結果、私が「これ、イイなぁ〜」と思った機種。私が長年愛用しているのはLumixシリーズなので、使い勝手が変わらない、同じLumixシリーズのタフネスモデルに目を付けた。目標価格まで下がったら買いたいな、ぐらいの漠然とした思いが あり、ちょくちょく値段を確認していた。
 だけど、ここに来て妙な現象が発生。発売から1年が経つ機種だというのに、通信販売の最安値が一気に高騰Σ( ̄ロ ̄lll)。1年前のモデルの価格が1万2000円だったのが2万円近くに、つまり1.5倍以上にまで跳ね上がったのである。ど〜ゆ〜こと!? ちっ、折角ジリジリと価格が下がって、目標額まで あと少しだったのにρ(-ω-)。
 ・・・と思ったんだけど、1つ推測できる。それは、最近発売された後継機種の出来栄えがイマイチ・・・というか、マイナーアップデート程度だったから、というもの。それであれば安い旧機種で充分と考える人が そちらに殺到したので値上がり。私も同じ理由で旧機種を狙っていただけに、的外れな推測ではないはず。実際、旧モデルと最新モデルの価格差が無いに等しいぐらいにまでなっているし(^-^;)。
 F社のタフネスモデルの旧機種は値段が変わっていない。いっそのこと、タフネスモデルは これにしてしまう、というのも手かも。こっちであれば、既に目標金額を下回っているし。とはいえ、この手の物については初期投資をケチると、だいたい後悔する展開になるし。う〜ん、どうすんべか・・・。


3月14日(木)
恒例行事・恒例の品
 昨年夏に来日したドイツの知人。その際、いたく気に入ったのがメロンソーダ。ということで、彼女の誕生日祝いに私はメロンソーダを、妻は知人が好きそうなグッズを購入し、今日郵便局から発送。で、送料が・・・5桁になったのでビックリΣ( ̄ロ ̄lll)。何ぢゃ、そりゃ!? 中身よりも送料の方が高く付いてしまったのは想定の範囲外だった(-_-#)。次回からは日程に余裕を持たせて船便にしよう・・・。
 気を取り直し。今日はホワイトデイ。日本の製菓会社が売り上げ向上のため強引に設定した日ではあるものの、郷に入っては郷に従う、ということで。以前はホワイトデイの特設会場ではホワイトデイ用の菓子やら商品が並べられていた。が、ここ数年は いかにもバレンタインデイの際に売れ残った物を包み直しただけ、という物が多数。何という手抜き(-_-#)。
 だけど、我が家ではホワイトデイに贈る物は決まっている。とある高級ケーキ店のケーキ。通常の3倍近い値段がするんだけど(^-^;)、それだけの価値がある。毎年のホワイトデイと結婚記念日という恒例行事の際に恒例となっている品である。妻に対する感謝の気持ちは毎日なんだけど、やはり こういった記念日に普段とは違うことをする・特別な物を贈るのは大事であると感じている。
 夕食の後、家族3人で このケーキを食べた。娘も偉い勢いで がっついていた(^-^;)。舌が肥えている娘、イイ物に関しては食欲が明らさまに違ってくる。来年のホワイトデイは息子も一緒に、家族4人でケーキを食べられるのかな。



3月15日(金)
答えは「自然に聞こえてくる」
 娘と息子を撮影した動画を編集して作成するDVD。ただ撮りっぱなしの内容だと つまらないし、派手に編集し過ぎると作業に時間を要して自分の首を絞める結果になるため、手を加える量は ほどほどにしている私。
 手を加える内容の1つとして、背景に音楽を流す、というものが ある。無味無臭の撮りっぱなし動画であっても、音楽が加わるだけで観ている側の印象がガラッと変わってくる。
 使う音楽は様々。ドラマや映画やアニメのサウンドトラック、ゲーム音楽、クラシック音楽、とにかく色々・沢山ある。どういう基準で その場面に合った曲を選択するかという質問を受けたことがあるんだけど、答えは自分でも意外なもの。「その場面を観ていると、自然に頭の中で適した曲が再生される」。お陰で、曲選びの初めの一歩に苦労することが無い。
 例えば初めの一歩で頭に浮かんだ曲がドラゴンクエスト8の曲だったら、そのDVDシリーズではDQ8の曲で統一する、そんな感じである。
 とはいえ、流石に娘と息子のDVDを30本以上作ってきたとなると、ネタ切れというか、同じ曲ばかりではなく たまには違う曲・新しい曲を使ってみたくなる。ということで、時々CDレンタル店に行って素材になりそうなCDを借りてくる。
 また、主題歌も毎回変えているんだけど、ネタが尽きてくると、ネット検索よりも やっぱりCDレンタル店。店内を ぼんやりと見て回ると、思わぬ発見をすることも多数。これはネット検索では無理な展開。
 で、ゆくゆく使う予定でウルトラマンや仮面ライダーシリーズの主題歌を借りた。昔ながらのシリーズと、最近の平成シリーズとでは主題歌の趣向が全く違っているのが よく分かる。だけど平成シリーズの主題歌、結構イイ。


3月16日(土)
久しぶりに&初めて
 お爺さんは山へ芝刈りに、お婆さんは川へ洗濯に、ではないんだけど、日中は私が出掛けて、妻が家で大掃除という展開になった。私の行き先は市の こどもセンター。私が ここに来るのは随分と久しぶりだった。
 それに加えて今日は1つ、初めての展開が。それは私が2人の子供達を連れて遠方にお出掛け、というもの。父1人、子2人で留守番したり、近所の公園に散歩という展開は あったものの、遠出となると初めての展開。当初の不安は大きかったものの、子供達は出先で泣き叫んだり、爆弾発射(?)という展開にならなかったので、問題は無かった。また、他の親子達とも仲良く・楽しく遊ぶことができ、非常に充実した時間だった。
 当初は2時間程度いられればと思っていたんだけど、最終的には4時間以上ここで遊ぶことができ。市の施設なので利用料は無料。最近は有料の室内遊園施設の利用が大多数だったため、こういう施設の存在は有り難い。
 帰宅したところ、妻の大掃除が進んでいたようで、細かな部分が かなり改善されていた。


3月17日(日)
空白の20年を埋めた半年
 午前中は家族4人で近所の2つの公園を散歩。ポカポカ陽気で、春を感じる1日となった。何気ない近所の散歩なんだけど、家族4人で、というのが物凄く嬉しい。
 遠方にある公園に向かう際は大規模開発中の新興住宅街・親交商業施設の中を通っていく。数週間前に ここを通った時は まだまだ廃墟という感じだったんだけど、今日ここを通ったら・・・随分と出来上がっていたのでビックリ。数年前の面影は全く無くなっており。これも時代の流れ、なのかな!?
 午後は心友と一緒にプロレス観戦をしてきた。昨年末、別団体の両国国技館大会があり、その際に枡席で観戦したら・・・その枡席、2人して すっかり気に入ってしまい(^-^;)。ということで、今回も迷わず枡席を確保した。ただ、前回は4人用の枡席に2人で のんびり座れたのに対し、今回は赤の他人2人が個別に同席することになり。大人4人で枡席というのは辛い(+_+)。まったく、1人で観戦するのに枡席を使うなよ(-_-#)。
 ただ、周辺を見ると・・・枡席に随分 空きがあり。それでいて、我々のように赤の他人と同席して4人ビッシリというのが多数。何ぢゃ、この割り当て方は!? 第2試合が終わった時点で他の枡席に人が来る気配がなかったので、心友と2人で引っ越し。手足を伸ばせて極楽極楽♪ やっぱり枡席は こうでないとね。
 プロレスに関しては疾うの昔に第一線を退き、今は後方支援どころか ほぼ隠居状態の私。だけど、こうして会場に観戦しに来ると、プロレスに対する情熱は一切失われていないんだな、ということを実感する。また、心友と一緒に お喋りしたりヤジを飛ばしながらの観戦、とにかく楽しい。
 半年間の単身赴任中の心友なんだけど、もう間もなく彼の家族が関東に引っ越してくる。そうなると、今までのように気軽に・頻繁に会うことができなくなる。ということで、束の間の独身時代(?)のこの不定期定例会、今回が最後である。
 局地的に見ると、私がこうして彼と頻繁に会えなくなるのが非常に残念。とはいえ、大局的に見ると、彼が家族と一緒に暮らすのはイイことと言うか、本来あるべき姿。この半年、私にとって とても有意義だった。


3月18日(月)
喉が渇く
 最近、自宅でも会社でも やたら喉が渇き、とにかく水分補給したくなる。もともと喉が渇きやすい体質の私なんだけど、最近は その傾向が加速している。で、ふと会社の温度計兼湿度計を見たら、室温は30度を超えている。まぁ〜、これは いつものことか(^-^;)。湿度は・・・計測不能なぐらいの低さだった(゜д゜)。そりゃ〜、喉が渇く訳だよ。


3月19日(火)
2年半以上やっていると、すっかり自然体
 娘が誕生して以降、娘と接する時は全て英語で通している私。息子に対しても同じである。そんな生活が かれこれ2年9か月以上続いていると、娘や息子に英語で話しかけるのは すっかり自然体。
 なんだけど、他の家の乳幼児に対して話しかける時、それなりに困ることが ある。それは無条件で・反射的に まず英語が出てきてしまう、というもの。改めて日本語で話しかけると、それなりに違和感を覚えるしで。うむむ、予想外の副作用である。


3月20日(水)
素敵な出会いに感謝
 人生に於いて「今の自分/我々が こうしていられるのは、この人/人達の お陰」という存在が いる。我々家族にとって、今日は そんな人達との別れがあった。
 市の嘱託ファミリーサポート員家族。息子の誕生前後、外に出られない妻に代わって娘の保育園送り迎えをしてもらったり、食材の買い出しをしてもらったり、時には子供を預かってもらったりと、我々にとっての恩人。それが縁で すっかり仲良くなり、去年の夏以降は 私がここの子息達に英語の勉強を教えるのと交換条件という形で、娘と遊んでもらうという取引(?)をしていた。その娘さんも無事 高校に合格。
 が、そのご近所さん家族は仕事の都合で今月下旬に引っ越しすることが決まっており。あまり時間は確保できないものの、今日が最後のタイミングということで、午前中に家族4人で遊びに行った。ここに来るのは3か月ぶりだったんだけど、引っ越し荷物の先発隊が だいぶ発送済みで、家の中の様子が すっかり変わっていた。もう、いよいよなんだなと感じた。
  意外なことにも、娘が ここで遊んでいる時の様子って撮影したことが無かったので、最後のチャンスということで色々と撮影。今や撮影するのが すっかり当たり前になっていた私だけど、「大切な思い出を形に残す」という本来の目的を しみじみと・改めて感じながらの撮影だった。これが最後の機会ということで、娘も息子も思いっ切り可愛がってもらえて、その様子を見ていると子供達は幸せだなと感じた。素敵な出会いに恵まれたことに感謝、である。
  午後はマミー襲来。祝日に来るということで、娘と一緒に羽田空港まで迎えに行った。マミーの飛行機が到着するまで娘を空港の展望デッキで遊ばせるつもりだったのので、1時間ほど早めに空港到着。玩具や乗り物が無くても、場所さえあれば娘にとって立派な遊び場となる。また、間近に見える飛行機に娘も大興奮。
 マミーと合流後、親子3世代で電車に乗って移動。色々と暴れ回るも昼寝がまだだった娘、電車内で陥落。自宅到着後、1つ心配だったのが息子の人見知り。最近、息子が徐々に人見知りをするようになってきたんだけど、マミーに対しては・・・問題無かったので一安心。
 夕食はパン食べ放題の店で。本来は少食の娘なんだけど、ここのパンレストランに来ると、猛烈な勢いでパンを食べるので、見ていて楽しい。


3月21日(木)
今年は通常扱い
 ここ数年、マミーは毎年春に単身で欧州里帰りをしている。北海道→羽田空港、羽田空港→成田空港、成田空港→欧州という移動の場合、飛行機の時間の都合により、どうしても関東で1泊する必要が出てくる。そのため、いつもうちで1泊してから欧州に飛び立つ。欧州から日本に戻ってくる時は飛行機の時間が丁度イイ状態になるので、関東に宿泊する必要が無い。
 とはいえ、孫の誕生以降は欧州から日本に戻ってきた際、うちに2泊ぐらいするのが恒例となっている。祖国を離れた寂しさを癒すという意味合いも大きいだろうし。そんな春の恒例行事だったんだけど、今年は秋に里帰りすることとなり。なので、今春は通常の関東襲来という形である。
 今日の私は通常勤務だったため、マミーの接待は妻に任せることになった。事前の予定通り、娘が1番お気に入りの子育て支援センターに行ってきたんだとかで。私が同行できず残念だった、と思えるぐらいに楽しい報告を色々と聞くことができた。


3月22日(金)
5人で お出掛け
 1か月に1度の家族サービス休暇を取り、遠方にある三井系の複合買い物施設に行ってきた。最近、この区画には ちょくちょく来ているんだけど、主目的は ここの建物ではなく、向かいにある建物ということが多かった。食事処にしても、室内遊園施設にしても、値段が・・・ね。とはいえ、今回はマミーが一緒なので、いつもの巡回路。
 平日ということで、店内が空いていて、歩きやすいから気分がイイ。まずはシルバニア森のキッチンで昼食。以前はマミーが いない時でも時々来ていたけど、経費削減の折・・・もとい、あんまし頻繁に来ると有り難みが薄れるので、今はマミーが来た時限定。
 昼食後、妻が子供達の相手をしている間、マミーと私はマッサ〜ヂ。久しぶりに揉みほぐしてもらった。個人的には残念なんだけど、大局的に見れば非常に おめでたい話が飛び出してきた。私の目、ちゃんと そのあたりを見抜けていたのが嬉しかった(^m^)。
 交代で、今度は妻がマッサ〜ヂ、私は子供達のお守り、マミーは1人気ままに お買い物。三者三様の楽しみ方ができた、かな。ここの室内遊園施設。知育系玩具の多さや、乳児用区画の広さ・安全性では他を圧倒しているのが特徴。残念だったのは、本来は平日フリーパスを使えるはずだったんだけど、春休み期間中ということで それが使えず(-_-#)。通常料金での利用となり、利用時間が限られてしまった。とはいえ、息子と一緒に いっぱい遊べたのが楽しかった。娘は ある程度 目を離しても大丈夫になったのが大きかった。
 時間帯は夜になったんだけど、お腹が空いていなかったので、夕食は お茶とケーキ。ここにしかない、私の大好きなケーキを取り扱っている店に行ったんだけどぉ〜・・・1番好きなケーキは おろか、第2希望も第3希望も品切れになっており、すっかりシラケた(-_-#)。ただ、娘が偉い勢いでケーキを食べており、その様子を見ているだけで充分 幸せな気分に浸れた。


3月23日(土)
今回唯一
 マミーが関東襲来する際、目的の1つとなっているのが在関東の旧友達との再会。今日は今回唯一の再会が あった。先方から場所と人数の指定があったため、マミーと2人で行ってきた。
 指定会場と同じ最寄り駅から行ける場所にマミーの思い出の地があるとのことで、まず こちらに立ち寄った。お目当ての品は それなりに見付かった模様。
 その後、マミーの旧友と合流してドイツ風ビアホールで昼食。マミーが関東襲来する度に こうして会ってくれる人がいるのは有り難いものである。珈琲店で2次会をした後に解散となった。
 それなりに時間が余る結果になったので、前々からマミーを連れて行きたいと思っていた北欧系の家具屋へ。子供達と一緒だったら辛い展開だったんだろうけど、マミーが単身で楽しそうに店内を見て回る様子、うん、我々2人だけで来て正解だったようだ。ここでもマミーは随分と買い込んでいた。
 私も以前は単に「イイな〜」って思いながら ぼんやり見て回るだけだったんだけど、今回は・・・子供達が大きくなった時に必要になってくる家具を真剣に見ていた。こうして色々と具体的に考えるのって、結構楽しい。


3月24日(日)
お開き
 4泊5日のマミー滞在、毎度の事ながらアッという間に最終日。娘の希望と、サービス券の都合が うまく重なったこともあり、昼食はパン食べ放題の店にて。
 私は疲労困憊と腰の調子が非道いこともあり、午後は息子と一緒に留守番係。妻と娘とマミーは買い出し。3人は結構 楽しんでいた様子。私は泣き続ける息子との格闘が続いた(^-^;)。
 時間が来たので、羽田空港に向けて出発。今回は我々家族4人が同行しての民族大移動(?)である。毎度の事ながら、娘も息子も電車の中で大人しくしてくれるので非常に助かる。
 移動の途中、娘と息子が陥落。羽田空港でマミーとの別れ際に息子が起きてくれたので、そちらとは最後の別れを交わせた。マミーと別れて5分後に娘が目覚めた(^-^;)。まっ、こんなものなのかな。展望デッキで飛行機を見たり はしゃいだりした娘。帰りの電車内では「ねぇ〜、オマ(ドイツ語で祖母の意)は?」やら「私も北海道に行きたい!」を連発。それだけマミーと一緒にいられたのが楽しかったようで。流石に今すぐは無理だけど、1年半以内に娘を連れて北海道に凱旋帰省しなければ。
 帰宅後、先に北海道の自宅に到着していたマミーとスカイプ。ついさっきまで直に会っていた人が遠くに行ってしまい、テレビ電話で会話をする。毎度ながら妙な感覚である。
 マミーが来る度に いつも色々としてくれる妻に感謝である。


3月25日(月)
改めて その良さを実感したこと
 カメラ。今、この単語を使う場合、形式は何も疑うこと無くデジタル形式。単に「カメラ」と言った場合にフィルム形式を差すことは有り得なくなっており、この場合は「フィルム式カメラ」と表現するのが一般的になっている。
 私が初めてデジタルカメラを入手したのは2000年秋。従来のフィルム式と比較した場合の便利さ・手軽さの感動は すっかり色あせてしまっている感がある。劇的な変化があると感動するけど、それが当たり前になってしまうと何も感じなくなる。私ってワガママだな・・・。
 だけど今回、マミー襲来時に撮影した写真データを整理して、改めてデジタル化されたことによる恩恵を じっくり感じることになった。とにかく撮影しまくったんだけど、パソコンに取り込んだ際、撮影枚数が300枚を超えていた。4日間の撮影枚数が、である。フィルム方式の時代からは絶対に考えられない枚数だな、と、ふと思った。
 また、集合写真。子供達は なかなかカメラ目線になってくれなかったり、よそ見をしたりで親泣かせなんだけど(^_-)ゞ、撮影した直後に写り具合を即確認でき、撮り直すか否かを判断できる。
 今となっては何の疑問も感じない、ごく当たり前のこと。それであっても、改めてデジタル化による恩恵の大きさを しみじみと感じた。


3月26日(火)
最後の砦、陥落
 私が管理しているWebサイトは自分のもの・子供達のもの・代理作成のものを含めて複数ある。昔は もっと沢山あったんだけど、
・代理作成依頼してきた本人が諸般の事情で やむなく終了することになった
・代理作成依頼してきた本人自らの意思で放置のまま続行させるという訳の分からない状態になった
・代理作成依頼したこと自体を忘れて放置状態が続いていたので私の方で強制閉鎖した
といった理由で次々に数が減り。人間、始めるより、終えるより、持続することが難しいようで。
 そんな中、唯一 そこそこの頻度で更新していた代理作成Webサイト、遂に無更新日数が目安となる3か月を超えてしまった。私が利用しているWebサイト公開サービスは、無料なのに広告表示を非常に目立ちにくくできるという利点が ある反面、無更新状態が3か月を超えるとWebサイト上にデカデカと「このWebサイトは最近全く更新されていません」という旨が表示されて非常に格好悪い。
 私にとっては最後の砦だった代理作成Webサイトだっただけに、残念である。ということで、現在 私が管理しているWebサイトの中で、まともに動いているのは私自身のWebサイトと、子供達の写真館のみ。所詮、信じられるのは自分だけということか。
 子供達の写真館は特定の人達が しょっちゅう見に来てくれている。それに対し、私のWebサイトは しょっちゅう見に来てくれる暇で物好きな人もいれば、不特定多数の人達も様々な経路・検索結果から来てくれる。1年半前にURLを変更した直後はアクセス数がガクンと減った。また、趣味のページも放置状態だったり更新のしようが無いものが増えたため、ガンダムとバイオハザード以外は思い切って全て閉鎖した。なんだけど、それでも昔の半分ぐらいのアクセス数にまで回復。うん、イイことだ♪


3月27日(水)
やっぱり妻がいないとダメ
 夫婦二人三脚なんて言葉を実感することは しょっちゅう、というか毎日なんだけど、特定のタイミングで その言葉の重みをズッシリ感じる瞬間がある。典型例はDVDアルバムの内容確認。編集を終え、DVDのプロトタイプを作成し、実際に再生して内容を確認するという、単純なんだけど非常に重要な作業。編集段階では気付かなかったような編集ミスを妻は ここで拾い上げてくれる。
 また、娘と息子のWebサイト写真館。いつも時間に追われながら急いで作っているため、実は結構誤植が発生している(∩。∩;)ゞ。そのため、妻による指摘・修正が日常茶飯事。私、やっぱり妻がいないとダメである。


3月28日(木)
不思議に思うこと
 時々ここのネタに書くFacebook。不思議に思うことがある。それは古い知人が どうやって私のことを発見したか、というもの。
 私はFacebookのプロフィールに旧姓を掲載していないし、そのつもりも毛頭無い。私は夫婦別姓に断固反対で、考え方が古い頭コチコチの頑固親父だから、というのもあるし、他にも理由が いくつかあるんだけど、まぁ〜、ともかく。ついでに、Facebookには日本戸籍に登録されているミドルネームも載せていない。
 ということで、姓も名も昔の原形を留めていない私、戦国武将みたいやね(^-^;)。それであっても、Facebookで私を見付けて友達申請をしてきた古い知人が数名。そりゃあ、昔の知人から そういった久々の音信が来るというのは嬉しいものなんだけど、その人達が一体どうやって私のことを探し当てたのか、非常に不思議である(^_-)ゞ。


3月29日(金)
卒園式は無いものの、2度目の卒園
 娘の保育園への通園、今日が最終日だった。今月で終了というのは既定路線だったものの、今週に入って娘が体調を崩して休みが続き。うっかりしたら「最終週は全休でした」という展開に なりかねなかったんだけど、何とか最終日だけでも回復したので、有終の美を飾る(?)ことができた。
 もともと息子誕生の前後数か月、妻の負担軽減のために一時的に保育園に通わせるだけのつもりだったんだけど、種種の理由により通園期間が2度延び。そのお陰で保育園の様々な催し事に家族で参加できたり、娘にとって沢山の友達ができたり、良きママ友に恵まれたのも事実。思い出が沢山詰まった場所である。
 ただ、うっかり ここには書けない要因が発生したことが あったり、もともと3か月の通園予定が1年近くになって通園予定期間を大幅に過ぎていたこともあり。このままズルズル続けるのも何だし、キリがイイということで 今年度いっぱいで終了することにした。
 娘の保育園への通園期間は便宜上、第1次期間と第2次期間と呼んでいる時期に分かれるんだけど、いずれも中退のような形のため、卒園式に該当する物は無く。無いんだけど、私の中では2度目の卒園。1回目の時と同様、やはり親として寂しさを感じる。
 ただ、寂しがってばかりはいられない。4月は諸事情により空白期間となるけど、5月からは娘に新しい体験をさせてあげるべく、動き出すことになる。


3月30日(土)
久々に たっぷり
 夜中、娘が耳が痛いと大泣きしたため、妻が娘を病院に連れて行った。我が家は週末に こういった体調不良の発生が多い気がするな・・・。土曜日ということで耳鼻科は休診日だったものの、小児科でも ある程度 耳と鼻を診てもらえるので助かる。診察結果は・・・予想通り中耳炎。風邪の症状が治まったと思ったら、すぐさま これ。第57代横綱千代の富士の肩脱臼と同じく、娘の中耳炎は すっかり癖になってしまい、可哀想である(+_+)。
 娘も息子も体調が万全からは程遠いのと、薬の影響もあってか、日中は よく寝ていた。ということで、今日は久しぶりに たっぷり動画の編集作業に集中できた。
 また、今日は息子を抱っこしていると、いつの間にか息子がスヤスヤ寝てしまうことが多く。息苦しそうな寝息は聞いてて可哀想である(>_<)。


3月31日(日)
ピンポイントで雨(-_-#)
 今年の冬は寒かった、という割には関東地方の桜開花は例年より ずっと早く。例年の開花時期に合わせて色々と準備していた人達からしてみれば、商売あがったり、といったところだべか。ただ、満開直後から寒い日が続いたり、雨も風も無く おだやかな日が続いたので、桜は長持ちしている。
 その満開宣言から1週間、遅ばせながら妻と娘は今日お花見・・・のはずが、雨天中止(-_-#)。ここしばらく、ぐずついた天気が続いていたものの、雨は降っていなかったのに、この日ピンポイントで雨が降りやがった。ムカつくぅ〜(`m´#)!!
 息子の熱が下がらないので、今日は午前中から娘と2人で あちこち お出掛け。まずは娘が大好きな床屋!・・・と思ったんだけど、予約でいっぱいで、空くのはオヤツ時間。仕方ない、予約だけして、すぐそばの室内遊園施設。ただ、娘も病み上がりということで元気が無かったのと、最近は あちこちの室内遊園施設に行っているので、ここの遊園施設は正直ショボく感じているのか、娘は あまり積極的な遊ぼうとせず。うむむ、歩いて行ける室内遊園施設、これで2つとも遊べない判定になってしまったかな(>_<)。
 引き続き1つ隣駅に移動してパン屋。インターネットで見付けた お店である。当初は店内で食べようかなと思ったんだけど、諸般の事情により持ち帰ることに。店内のパンは・・・う〜ん、思っていたほどではなかった。ただ、キャラクターの顔をあしらったパンが色々あって娘が大喜びだったのと、会社帰りに気軽に立ち寄れる場所にあるので、また時々来ようかなと思えた。
 一旦帰宅後、家族3人で そのパンを食べてみた。パン屋なのに、ドーナツが結構美味しかった(^-^;)。
 娘の昼寝を挟んで再び2人で外出。仕切り直しで娘の床屋。前髪を切るだけだったんだけど、娘は束の間の床屋を楽しんでいた。また、ここでは髪を縛ってくれるというサービスがあり。ちょっとした変身になるので、これは娘よりも私の方が楽しみだったりする。
 食料品を購入し、子供用品店で買い物をした後、娘は しばらく ここの玩具売り場で色々と遊んでいた。親として色々と買ってあげたい、娘の「買って♪」の言葉を満たしてあげたい気持ちは相当あるものの、ここはグッと我慢。既に同じような物を持っている、というのが意外と多数だからね・・・。だけど、娘は割と素直に諦めてくれるので助かる。
 夕食後、娘はバタンキュー。ここ数日、娘は朝が早起きのため、夜も早く寝てくれるようになった。イイことである。
 ということで、夜は編集作業に集中できた。


ズボラ日記のトップに戻る