まいけるのズボラ日記




2014年1月




1月1日(水)
新年
 広い布団で家族4人で一緒にグッスリ。何とも贅沢な新年の迎え方だった。昨夜は沢山ご馳走になりすぎて体重が気になってしまったものの、朝食は凄まじいまでの おせち料理。今年の目標はダイエット、ってか!?
 聖夜は盛大に・賑やかに過ごすのに対し、正月は静かに・のんびり過ごす。この対照的なところが面白い。また、私にとって実は1番のんびりできる時期って、妻の実家で過ごす年末年始なのかもしれない。
 ともかく、実家に届いた年賀状を実家家族達が早速見て、その様子を見て私が「早く自分も年賀状を確認したい!」と もどかしい思いをするのは これまた毎年恒例となっている(^_-)ゞ。
 日中、父が車を出してくれ、公園へ。自宅近所には無い、大がかりな遊具が あるので、子供達は思いっ切り遊べたかな。
 昼寝を挟み、夕方は千葉県内なんだけど東京ドイツ村と名の付く場所に行った。この時期限定のイルミネーションが実に綺麗・・・だったんだけど、子供達は それよりも遊具に夢中(^-^;)。暗闇の中でも存分に楽しんでいたようで。後日、明るい時間帯に来て遊ばせてあげたいなと思った。ともかく、年始の東京ドイツ村でのイルミネーションは毎年恒例行事にしたいなと感じた。
 夕食は すき焼き。沢山食べたいんだけど、体重が怖いのでグッと我慢・・・できず(^_-)ゞ。だけど、子供達の食欲が凄まじかったので見ていて痛快。いっぱい歩いたからね。


1月2日(火)
ハシゴ
 アッという間の2泊3日の最終日。時は過ぎてみればアッという間である。毎度ながら熱烈歓迎してくれ、何かと手を回してくれる妻の実家家族や親戚達に感謝、である。
 今日は午後から複合買い物施設を2つハシゴした。が、子供達が遊べるという点で見た場合、不完全燃焼となってしまい可哀想なことをしてしまったかな、という印象も あり(∩。∩;)ゞ。だけど、複合買い物施設で食べた昼食と夕食、物凄い食欲で見ている方がビックリした(^_-)ゞ。みんなが一緒という雰囲気、いつもとは違う賑やかな場所、普段とは違う お店ならではの味。色々な要素が絡んでいるのかな。
 そのまま帰路についたんだけど、父と兄が車で家に おくってくれたので、非常に楽だった。心配していた渋滞は無く。移動の時間帯が良かったのもあるだろうし、1月2日となると、人々は まだ家でノンビリしているから、というのが大きいのかな。
 帰宅後は早速年賀状の確認。毎年のことだけど、出した枚数よりも受け取る枚数の方が ずっと少ない! まぁ〜、この後 数日間はポツリポツリと届くのを楽しみに、である。


1月3日(金)
教えるのは難しい
 久しぶりに自宅で過ごす1日。娘と一緒に近所・・・というか目の前の公園に行くも、すぐ撤収する展開となった。娘が砂遊び用のシャベルを破壊してしまったため。勿論、娘は破壊するつもりは毛頭無かった。シャベルに付いている砂を振り落とすべく、地面に何度も叩きつけているうちにシャベルが壊れてしまった、というもの。
 娘としてはシャベルを綺麗にしたかっただけなのに、壊してしまう展開になり。文字通り大泣きの展開。娘は良かれと思っての行動だったのに、こういう結果に繋がってしまうことがある。こういう時って物事を教えることの難しさを実感する(>_<)。
 新しいシャベルを一緒に買いに行き、娘の機嫌が直ったのでホッとした。ついでに、前々から構想のあったDVDを一緒に借りに行った。娘は色々なパッケージを見ているだけで楽しそうだった。今やDVDは1枚のレンタル料が100円(旧作3泊4日の場合)。随分と手軽である。
 帰宅後、早速そのDVD観賞。本来はディスカバリーチャンネルのDVDを見せたかったんだけど、最寄りのレンタル店では取り扱い終了していたため(>_<)、急遽代用品となる、ディズニーの動物特集。勿論、英語で。食いつきはイマイチρ(-ω-)。ならばと、今度はトトロ。勿論、英語で。物凄い集中力を発揮した(^-^;)。


1月4日(土)
儚い正月
 聖夜の場合は当日の2か月前から売り場が聖夜色で埋まる。それに対し、正月の場合は聖夜終了後から正月3が日までの約10日間。何とも儚い。今日は近所の複合買い物施設に行ったんだけど、お歳暮売れ残り品の半額セールが実施されていると同時に(実は いくつかは欲しいと思った)、バレンタイン司教処刑日の売り場が設けられていた。何かと口実を作っての商売。熱心だねぇ〜・・・。
 お買い物ついでに、今日はゲームコーナーや室内遊園施設で遊び。子供達は それなりに楽しめた・・・かな?
 夜、子供達が寝静まった後、私は久々に動画の編集作業を再開。12月中旬は一気に借金返済(?)状態だったのが、油断したら すぐさま借金生活に逆戻りである。


1月5日(日)
子育てって難しい
 私にとっては6連休だった この年末年始も、アッという間に最終日。前半は実家で忙しく充実、後半は自宅で のんびり、という感じで、非常にイイ感じだった。
 ここ数日、子育てに悩むことが多い。娘が「あれやりたい!」って言うから準備してあげるのに、いざ準備が整っても 娘は手を付けようとせず。手を付けるよう指示すると「やる」とは言うものの、やはり他のことばかり続ける。正月休みの後半、この頻度が極端に増えている。インターナショナルスクールが冬休みで、私による甘やかしが増えたことによる結果なんだべか・・・ρ(-ω-)。


1月6日(月)
作る方も食べる方も緊張
 今日は仕事始め。長期休み明けの場合は世に言う(?)夏休み最終日症候群が怖いんだけど、休みを有意義に過ごせた場合は意外と その症状に苦しめられることは無く。今回の休みは前半が目茶苦茶充実していたお陰で、スッキリした気持ちで仕事始めに臨むことが出来た。
 今日の お弁当。実は目茶苦茶値段の高い牛肉が使われていた。昨日の買い物の際、庶民価格の牛肉が売り切れており。仕方なく選んだ その状況下での牛肉というのが・・・庶民価格の4倍以上もするような、普段は見向きもしないような超・高級品。半額になっていたものの、それでも庶民価格の倍以上。これだけ高い食材となると、料理する方も緊張するし、食べる方も緊張する。私は やっぱり安心して食べられる物の方がイイ(^-^;)。とはいえ、美味しかった。年に1度ぐらいは この程度の贅沢、イイかな。


1月7日(火)
昨日の今日であったものの
 かなり急転直下というか、通達が昨日の今日だったんだけど、中学同窓会が開かれた。たまに こういった突発的な・通達が昨日の今日というものがあり、その場合 私は たいてい出られない。だけど今回は何かと日程の都合がついたり、妻がOKしてくれたお陰で「参加」までいかずとも「顔を出す」ぐらいができた。
 これだけ急な知らせで、かつ平日にも係わらず そこそこの人数が集まり。みんな、いかに暇人・・・ぢゃないや、仲間思いであるか、だね。結果論なんだけど、時期的に丁度新年会という扱いにもなり。私は前半のみの僅かな時間では あったものの、楽しかった。私が帰路についた後、入れ替わりで何人かが来ていたようで。まっ、楽しかったので良しとすんべか。


1月8日(水)
妻の覚悟
 娘と息子。長女と長男。第一子と第二子。色々な表現が できるんだけど、2人の子供達には なるべく差別が無いよう、極力平等に、を普段から心がけている。勿論、全てに於いて平等というのは無理、というのが現実。
 そのうちの1つが乳幼児期に於ける教育。娘の時は 子供が1人ということで、自宅で みっちりと教材を使って教育ができた。それに対し息子の場合は・・・できていない。いや、できない、という表現の方が適切だべか。妻が娘をインターナショナルスクールに連れて行き、帰宅後は掃除・洗濯・昼食の用意をし。それが終わると娘を迎えに行き、その足でプールに連れて行き。息子に対して家庭で教育をする時間が全く無いのである。
 高いお金を出して購入した教材を全く活かせていないだけでなく、普段の お絵描きレベルのものすら満足に教えられない状況。事態を打開すべく、妻が とある提案を出してきた。「今度の春から息子を正式にインターナショナルスクールに通わせる」と。
 もともと息子は2015年4月からインターナショナルスクールに通わせることが既定路線となっていた。それを1年 前倒しする、というもの。確かに、娘も それぐらいの年齢当時は保育園に通っていたため、娘と息子とで平等になるという解釈は できる。
 息子は ここの準レギュラー状態で、娘の通園の際に一緒に中に入り、みんなに遊んでもらっている。また、月に1〜2回程度、丸1日なり半日 正式に預かってもらっている。なので、全く見知らぬ場に いきなり放り出される、とは違う。親も教員も勝手知ったる。娘が常に そばにいてくれる。ということで、安心材料が沢山ある。
 なんだけど、諸般の事情が重なり、息子の正式入園は・・・来月から、という かなり前倒しになった。問題は費用。私が これ以上の出費が出来ない状況になっていることは妻も分かっている。そこで妻が出した結論。「あたしが お金を出す」。おお、我が妻よ! そんなにも・・・ヘソクリを持っていたのか!!


1月9日(木)
お試しを経て正式開始
 昨年末、様々な偶然と幸運が重なることにより実現した、娘の短期プール教室。結果は大成功と言える物だったので、今年から定期的に通わせることにした。プールはインターナショナルスクールの近くにあり、開始時刻がインターナショナルスクール終了後ということで、場所も時刻もタイミングがイイ。この水泳教室は月曜〜金曜まで実施されているものの、金曜日はバレエ教室なので、プールは月曜〜木曜まで。
 娘は水泳が大好きだし、体力強化になるし、ここで体力を使うことによって夜はグッスリ寝られるし、食欲も旺盛になる。昨秋に引っ越して家賃が安くなったということで、浮いた分の家賃を子供達の習い事・・・というより趣味と言った方がイイのかな、そちらに充てられる。うん、イイことだ♪


1月10日(金)
バカ製造器か?
 インターネットでパソコン関係の記事を読もうとすると、大部分がスマートフォン関連のものになってしまい、読む気が失せるというか、私には関係の無い記事ばかり。スマートフォンを持つつもりも予定も無い私にとっては実に つまらない展開である。
 痛勤電車に乗っていても、8割ぐらいの人が常時スマートフォンを手にして何かをしている。大部分が依存症というか、スマートフォンを常時見ていないと漠然とした不安に駆られるとか、見なければならないという強要観念が抜けないとか、そういった類になってしまっているのかな。
 スマートフォン用のソフト・・・いや、この場合はアプリケイションと表現するのか、どういった新しい物が出てきているのかを記事で目にすることが あるんだけどぉ〜・・・「便利」という名の下、人間が何も考える必要が無くなり、思考停止させる結果に繋がるとしか思えない物ばかり。私に言わせれば、さしあたりバカ製造器といったところである。「利用」しているつもりが、気付かないうちに飲まれてしまっているんでないべか???
 ・・・と思うことが多々ある今日この頃だったんだけど、今日の帰宅痛勤電車内。隣に座っていた人がスマートフォンで仮面ライダー ディケイドを観ていた。平成仮面ライダーは実際に観たことが無かった私なんだけど、思わず引き込まれてしまう内容だった(^-^;)。


1月11日(土)
シャボン玉
 世間一般では今日から3連休。ということで、どこかに遠出しようという思いは あったものの、先日から妻の腰の状態が思わしくなく(>_<)。腰に関して妻は とんでもない前科が あるので、無理は禁物。ということで、この3連休は遠出せず、自宅又は近所でノンビリということにした。
 3連休初日の今日は娘と息子の3人で近所での お買い物。先日 娘と約束した、新しいシャボン玉製造器(?)を購入。帰宅するまで待ちきれず、途中の公園で 早速遊んだ。自分もそうだったんだけど、子供達が何故シャボン玉を見て血が騒ぐのかが分からない。何かしら幼児心理学に訴えかけるものが あるのかな。
 夕食は何のことは無い、いつもの献立。・・・なんだけど、娘の要望から発展して妻の発案により、いつもとは違う雰囲気に。何故か自宅に沢山ある蝋燭に火を灯し、電気を消した中での夕食。何とも贅沢な気分(?)に浸ることができた気がする。
 夜、子供達が寝静まった後、久々に夫婦2人で思いっ切りイチャイチャした。全編CGによる映画バイオハザード。その第2弾である。漫画やゲームが実写化されると、様々な大人の事情により、およそ原板とは かけ離れた出来栄えになって散々な結果になってしまうことが多い。
 ゲームが映画になった際、ゲーマーが求める物・内容は何か? それは やはり「ゲームそのままのキャラクター・世界観・内容」ではないだろうか。そんな鬱憤を晴らすような作品となるのがGCによるバイオハザード映画シリーズである。第1弾も面白かったけど、私の中では第2弾の方が より面白く感じたかな。時折見せるレオンのギャグ(?)、この緊迫した場面とのギャップが後押ししてくれ、かなり笑える。


1月12日(日)
意外と無い・需要が無いから?
 夜遅くまで編集作業をしていたため、朝の目覚めが遅くなり。ある時間を過ぎて目覚めると、損した気分になってしまう(>_<)。
 今日の午後は娘と2人で近所の お買い物。3歳以上なら子供1人で入れる室内遊園施設で娘が遊んでいる間、私は身動きが取りやすい単独での買い物・・・というか捜し物。来月、娘は北海道に行くので、そのための靴と手袋。それに、息子がインターナショナルスクールに通うようになったら使うリュックサック。
 あちこち探し回ったんだけど、リュックサックは意外とイイ物が見つからず。娘用の手袋や靴は・・・北海道で これを使ったら凍傷になってしまうような物ばかり。関東では厚手の物に対する需要が無いため、だべか(>_<)。
 娘と合流して帰路についた際、帰りがけに立ち寄れる店に何か所か立ち寄ったら・・・最後に見た店で ようやく北国でも通用する手袋を発見。また、息子用に良さそうなリュックサックも発見。結局あちこち見て回るも、購入したのは自宅から1番近い店だった(^-^;)。結局靴は見つからず、北海道で現地購入することとなった。


1月13日(月)
水泳教室
 3連休最終日。午後、娘と息子の3人で娘を水泳教室に連れて行った。ここは娘が毎週月曜〜木曜まで通っている場所。普段はインターナショナルスクールの帰り道に妻が連れてきてくれる。今日は祝日ということでインターナショナルスクールは休みだったんだけど、水泳教室は開催中ということで、私が連れて行くことに。
 バレエ教室のような少人数を勝手に想像していた私、物凄い人数にビックリ(^-^;)。娘は見るからに受講生の中で最年少・最軽量だったんだけど、物凄い頑張っているのが よく分かった。水泳が終わった後、ブルブル震えながら更衣室に戻ってきたんだけど「楽しかった!」って言っているあたり、我が娘ながら凄い根性だなと感じた。いや、根性ではない、水泳が好きで楽しいんだろうね。うん、イイことである。着替え終わった後も他の水泳授業風景を しばらく見ていたし。
 買い物をした後に帰宅。妻は2人の子供達を連れて毎平日こうやっているのかと思うと、その偉大さ・大変さを身を以て知ることとなった。とはいえ、子供達2人と こういったことが体験できるというのは私にとって貴重なことである。
 夜は娘の要望により、急遽マミーとスカイプで話をしたんだけどぉ〜・・・要望していた娘は他の遊びに夢中になってしまい(^-^;)。とはいえ、来月の北海道行きの日程を一気に決めることが出来た。日程の半分は行き当たりばったりということになり。・・・ダメぢゃん(^-^;)!


1月14日(火)
準レギュラーから お試しへ
 諸般の事情が色々と重なった結果、予定を1年2か月前倒しして、来月から息子もインターナショナルスクールに正式通園することとなった。もともと息子は ここの準レギュラー状態なので、いきなり見知らぬ地に1人ポンと置いてけぼり、とは違う。また、月に1〜2回、平日に妻が病院に行くといった用事がある際に息子を半日なり1日 預かってもらっているので、実績も充分ある。通常、息子は母親と離れるとギャン泣きするんだけど、ここのインターナショナルスクールでは何故か そういったことが無く。
 2月から正式通園開始となるんだけど、ここのインターナショナルスクールは1週間の無料お試しがあるので、今日から お試し開始開始となった。今まで準レギュラーとして ほぼ毎平日インターナショナルスクールに同行していた息子が今日から お試し入園。何とも妙な心境(^-^;)。
 週に1回、1時間の英会話教室が何の意味も無いのは分かりきっているし、私が自宅で1人で英語で接していても限界があるのは娘が実証済み。これで妻の負担も かなり減る見込み。代わりに財布の負担がグッと増えることになり(>_<)。世の中、何をするにしても お金がかかるのが現実のようである(°ー°)ゞ。


1月15日(水)
僅か数10mの大きな差
 引っ越してから4か月。もう、すっかり新居での生活が当たり前になっている。地理的な位置は前の住居から直線距離にして数10m程度。なんだけど、僅か数10mが大きな差として表れていることが いくつか。
 そのうちの典型例が最寄りの公園。旧居から見ても すぐ近くの公園だったんだけど、今は家の目の前が 公園。数10mの移動が あるか無いかだけで、気軽さが まるで違ってくる。また、今は ここの公園に行く際に車道を通る必要が無くなり。娘が1人で行けてしまう。旧居の時は有り得なかった展開である。
 また、最寄りの複合買い物施設に向かう際に通る道も二択となり。その時の気分によって使い分けている・・・いや、新たな道の方が車の交通量が少なかったり歩きやすかったりということで、そちらを通ることの方が多いかな。
 たかだか数10mの差のはずなのに、生活に於ける大きな変化をもたらしている。


1月16日(木)
実は上手い(*^_^*)
 一般的な日本の家庭では どうなのかは分からないけど、我が家では家族同士の挨拶は基本的にチュー。娘のチュー、実は上手い(*^_^*)。このテクニック、一体どこで習得したのかが非常に気になる!


1月17日(金)
手荒い歓迎
 本来、来週 休暇を取って、とある大きな催し事を実施する予定だった我々。なんだけど、妻の腰の調子が悪く、妻は大きな前科がある。また、予定していた催し事は来週でなければならない、というものではなく。なので催し事は中止というか延期とし、私は今日 休暇を取って子供達の面倒を見て、その間に妻が腰を休めるということにした。
 ということで朝、インターナショナルスクール連行は私が担当。息子は現在、1週間のお試し通園中なので、娘と息子の2人を連れて行った。インターナショナルスクールに着くなり、他の園児達による手荒い歓迎を受けたんだけどぉ〜・・・実は嬉しい(^-^;)。
 帰宅後は家の中に夫婦2人きり。随分と久しぶりのような気がする。ゆっくりすることができるんだけど、何故か それが落ち着けない自分がいた(^_-)ゞ。昼食はクーポン券を受け取ったということで夫婦2人でケンタッキーフライドチキン。店内で食べる揚げたては美味しかった(^¬^)。
 その足でインターナショナルスクールに娘と息子とを迎えに行った。ここでまた手荒い歓迎(^-^;)。今日は金曜日ということで、娘は その足でバレエ教室。その間、私は息子と2人で同じ建物内にある室内遊園施設で遊んでいた。そうしたら! ぬわんと以前のママ友と その娘も ここに遊びに来ており。いんやぁ〜、これは嬉しい再会。バレエを終えた娘も ここで一緒に遊び。嬉しい展開である。
 んで、別れ際「また今度遊びましょう」。私の辞書には「社交辞令」の2文字は存在しない。その場ですぐさま具体的な日程調整の話をしたら、明日早速、ということになった。日本では「今度」と「オバケ」は出たことが無いというけど、こうして具体的に日程を切り出したら明日すぐに、となり。やっぱり こういう部分は欧州式が断然イイ。


1月18日(土)
懐かしい組み合わせ&いつか見た光景
 昨日、バッタリ会った以前のママ友の母娘が遊びに来てくれた。年齢が娘に近く、インターナショナルスクールの入園も ほぼ同期ということで とても仲が良かったものの、諸般の事情により昨夏にインターナショナルスクールを退園することとなり。その後もたまに街でバッタリということが あったんだけど、昨日 室内遊園施設で ずっと一緒で、勢いそのままに今日という日程を儲け。娘は勿論、妻としても私としても嬉しい展開である。
 初めて うちに来てくれる客人に対して私が 振る舞う料理は・・・当然、オーストリー料理。腹ごなしに外の公園で しばらく遊んでいたら、どっかで見たことのある顔の子が やってきた。現役のインターナショナルスクールのクラスメイトだった(^-^;)。習い事を終え、その足で ここの公園に立ち寄ったというもの。こういうパターン、以前にも あった。歴史は繰り返す、ってか!?
 私は撮影に、急遽の買い物に、文字通り走り回る展開になり。今日だけで1か月分走った気がする・・・。人数が増えたので、台所のテーブルを拡張。パフェを食べて子供達は遊びに興じ、ママ友達は お喋りに興じ、私は撮影に興じ。夫々が思い思いに楽しい時間を過ごすことができた。


1月19日(日)
珍しい催し事が2つ
 午前中、初体験となる親子カフェに娘と2人で行ってきた。本来は4人で行きたかったんだけど、妻の腰の調子が悪いため、無理はしない、ということで。
 親子カフェという表現を用いているんだけど、別に喫茶店を営んでいるという訳ではなく。親子連れで何かしら催し事を実施する、という内容で、今回は餅つき大会。主宰は私の会社後輩・・・というか、今はママ友と言った方がイイかもしれない間柄。彼女は ちょくちょく こういった催し事をやっているんだけど、今回 初めて私にも声をかけてくれた。本来は同じ地区内の人達だけが集まるもののようで、初参加なる私に対して みんなが一様に「何番地に お住まいですか?」と聞いて来た(^-^;)。私、完全に外様だな・・・と思ったんだけど、外様の私に対しても気兼ねなく平等に接してくれたのが嬉しかった。
 餅つきの準備をしている間、子供達は 思い思いに遊んでいたんだけどぉ〜・・・どうも娘は初対面の子供達に溶け込むのが苦手のようで。私の幼少期そっくりやな・・・(^_-)ゞ。なんだけど、年配の大人達が何かと相手をしてくれ、昔ながらの玩具を物珍しそうに見たり遊んだりして楽しんでいた様子。出来上がった つきたてのお餅は美味しかった(^¬^)。お開きとなったので帰路についたんだけど、移動のバスの中で娘が「お腹空いた!」とのことだったので、ピザレストランで外食してから帰宅。
 帰宅後、早速 今日知り合ったパパ友からfacebookで友達申請が来ていた。嬉しかったね〜。ママ友は沢山いる私なんだけど、子育て情報を共有できるパパ友が ほぼ0だったので、今日早速増殖(?)となった。誘ってくれたママ友に感謝である。
 休む間もなく、今度はマンション自治会主催による落語。つっても、別に自治会の落語研究会の発表会という類ではなく、地元出身のプロの落語家(二つ目)を招集してのもの。すんげ〜本格的(・o・)。生で寄席を見るというのは・・・数年前に市民会館に一流どころが来たのを見にいって以来の2度目だったんだけど、会場が広すぎると よろしくないようで。こじんまりとした会場で、観衆と噺家の距離が0で、全体で場の雰囲気を共有しつつ、みんなが一体になって楽しめる、というのが実に良かった。併せて、落語とは違うんだけど「かたり」のプロも来ており。子供達に その紙芝居を見せてあげたかったんだけど、タイミングが合わず、子供達が来た時には紙芝居は終了しており、かたりが実施されている時間帯だった。本日、唯一残念な展開だった(>_<)。
 催し事が一通り終わった後は別室にて落語家と かたり家とを交えて自治会の お茶会。私、ちゃっかり落語家の隣に座って色々と話を聞かせてもらうことができ、物凄い大満足だった(^o^)。近所付き合いが廃れている昨今の日本だけど、こういった催し事はイイなと感じた。と同時に、マンション自治会の高齢化が物凄く気になった(∩。∩;)ゞ。


1月20日(月)
誰だ(・ω・)?
 私が好き勝手書いているだけのWebサイトなんだけど、共通の趣味を持っている人達が ここに迷い込んでくることが多々あり。そりゃあ、芸能人のWebログのような訳にはいかないものの、毎日結構なアクセス数がある。
 なんだけど、今日は「ほよ(・ω・)?」と思う場所からのアクセスが あった。何を隠そう、うちの会社(^-^;)。第三者に見られるのなら何とも思わないけど、一種 身内に見られているとなると恥ずかしくて穴があったら入れたくなる心境になってしまう(∩。∩;)ゞ。だけど 迷い込んで ここに来たのではなく、私の名前で検索して明らかにピンポイントで狙って入って来ている。更には娘と息子の写真館も見てくれている。うむむ・・・誰だ(・ω・)?・・・と、一応建前だけ書いておくべか(^m^)。


1月21日(火)
配達担当者はカタツムリか(-_-#)?
 関東在住の弟に郵送した郵便物。先週の水曜日に投函したんだけど、一向に「届いた!」の報告が入らず。そりゃあ、弟は私と違って筆無精なんだけど(^-^;)、物を受け取って音信無しという礼儀知らずなことは絶対にしない。・・・と思っていたところ、翌週の月曜日にようやく届いたとのこと。同じ関東なのに、届くのに5日かかるとはね。流石は郵政民営化によるサービス向上である。5日あれば、欧州にだって荷物は届く。きっと国内の郵便配達担当者はカタツムリだな(-_-#)。
 だけど、今回私が発送したDVDアルバムが弟家族にとって家族団らんの良き切っ掛けになるというか、年齢幅が広い家族全員が同じDVDを一緒に観るのは滅多に無いんだとかで。「大切な思い出を形にして残す」とか「遠方に住む人に現状報告の意味合いを込めて」がDVDアルバム本来の目的だった私なんだけど、家族団らんの切っ掛けとして、というのは想定外というか初めて。でも嬉しい展開だった(^o^)。甥っ子が楽しそうにDVDを観ている写真も送られてきた。私が作った拙いDVDを ここまで楽しんでくれている。表情に嘘は無く。その甥っ子の楽しそうな様子を見られるのは伯父冥利に尽きる、というものである。
 夜、娘が熱を出した。息子も ここ数日体調を崩しており、それが感染したか!? 妻も ここ数週間調子の悪かった腰が段々悪化しており。こりゃ、まずいぞ・・・。


1月22日(水)
一家全滅 (自分を除く)
 昨夜の状況が改善されず、私を除く家族3人が全滅状態となり。私は久々となる、当日になってからの急遽会社休みを取得。今日は一応、休んでも大丈夫な日というか、会社同僚が代行可能な作業しかない日だったので助かった。
 ただ、息子の容態は午前中には回復。妻の腰も何とか持ちこたえ。娘だけ症状が重かったので、病院へ連行。行きつけの病院が休診日だったため(>_<)、近所の病院に連れて行き、薬を処方してもらった。妻は午後から整形外科へ。湿布を たっぴしもらってきた。
 結果論だけど、今日は子供達と沢山接することができ。自分の中の充実度が高かった。
 夜。来月の北海道帰省に併せて実施する予定の同窓会で大きな動きが出た。参加者が少ないから中止する気マンマンになっていた私なんだけど、まぁ〜、嬉しい急転直下が1つ。さて、これを受けて どうなるべか(^m^)?・・・案外、何も変わらないかもね。


1月23日(木)
延期で良かった
 当初の月間計画では、今日は とある夢の国に行く予定だった。が、妻の腰の状態が長いこと思わしくなく。夢の国は別に期間限定ではないので、先週の段階で延期することとした。今回は いつぞやと違って「絶対に この日でなければダメ」という制限は一切なく。また、今回の予定は夫婦間で合意していたものの、万が一の中止を考慮して、子供達には伏せていた。
 で、先週からの妻の腰に加えて、一昨日の夜から昨日にかけての一家全滅状態。うん、夢の国、延期で良かった(^-^;)。


1月24日(金)
新しい行きつけの店
 来月、娘と2人で北海道に行くことが決まっている私。そこで問題の1つとなるのが靴。私、雪道を歩くための靴を持っていない。私の足に合う靴って、普通の靴屋では扱われていない。行きつけの靴屋は横浜にある大きな靴専門店なんだけど、文字通り うちからは遠いため、2年に1回 行く程度。なので調べてみたところ、自宅と会社最寄り駅の ほぼ中間地点に別の大きい靴専門店があるという情報を見付けた。
 早速行ってみたところ・・・わを、取り扱っている種類が横浜の比較ではなく。これはイイ♪ お目当ての雪道用の靴を無事に入手。今日は冬靴だけだったんだけど、夏用の靴についても どれを選べばよいか迷うぐらいの品揃えだったので、また ちょくちょく来ることになりそう。


1月25日(土)
新しい行きつけの病院
 水曜日の一家全滅状態は かなり改善された。が、娘は前々から お腹の調子が悪く、整腸剤を飲み続けているということで、その定期検診名目で妻と一緒に病院へ。
 息子が昨夜から耳を気にする素振りを見せるようになったので、私は息子を連れて近所にできた新しい耳鼻科へ。もともと行きつけの耳鼻科が あったものの、妻が1度 この新しい耳鼻科に娘を連れて行ったところ、今後は ここを行きつけとする宣言が出た。なので、果たしてどのような病院なのか私も興味津々だった。
 Webサイトで予約をしてから行ったんだけどぉ〜・・・暫く時間が かかるということで、一旦最寄りの複合買い物施設で遊ばせた。時間になったので再度耳鼻科に行ったら・・・まだ時間が かかるとのこと(>_<)。うむむ仕方ない、一旦 帰宅。昼食を作ろうとしたら病院から電話が あり、空いたとのことで。タイミングが悪いなρ(-ω-)。
 ということで病院まで何往復もするハメになってしまったんだけど、無事に息子を診察してもらうことが出来た。中耳炎の心配は無いとのことでホッとした。
 で、ここの耳鼻科。うん、確かに妻の言う通りだった。設備がイイのは勿論だし、待合室に子供用の遊び場が あるのも嬉しい。また、診察中は看護士が息子の頭を押さえてくれるので、ちょっとや そっと暴れても大丈夫。そして何より! 土曜日も午前中は診察してくれるし、自宅からも近い! 今後は ここが行きつけの耳鼻科、である。


1月26日(日)
何気なく選んだ品が約20年
 私が使っているウエストポーチ。約20年前に欧州里帰りのために購入した物なんだけど、とにかく使い勝手が良い。これと同じ機能を備えているウエストポーチは他に見たことが無く。購入した当時は何気なく選んだんだけど、実は凄いイイ物を買った、ということを後から痛感。
 なんだけど、流石に経年結果が進み。代用品をちょくちょく探してはいたものの、イイ物が見つからず。そんな中、先日になって遂に致命傷となる破損Σ( ̄ロ ̄lll)。やむなく本腰を入れて新しいウエストポーチを探すべく、今日は近所の店を片っ端から探しまくった。
 だけど、やはり私を100%満足させる物は見つからず。辛うじて満足度80%の物が1つ見つかったものの、見付けた店は週替わりの期間限定店で、本日が最終日ときた(^-^;)。もう迷っている暇は無い。幸運にも、その品は半額とのことだったので、暫定的に利用するべく購入。この暫定品を使用しつつ、もっと満足度の高い品を探す旅(?)は続く。


1月27日(月)
今回は早かった
 娘と息子のDVDアルバム。その第55弾が完成した。今作成所要時間は1週間程度。うん、今回は早かった。というのも、週末は子供達が体調不良&薬の副作用により とにかく早く寝てくれた。そのお陰で編集時間を たっぴしと確保でき。これだけ長い時間 連続して編集作業に集中できたのって、物凄く久しぶり。当然、作業は大いに捗った。
 毎週末、こうあってほしいものだぁ〜ね(^_-)ゞ。


1月28日(火)
さて、効果や いかに?
 妻が とある物をサンプルとしてもらい、それを私が使うこととなった。それは「首からぶら下げるマスク」。首から身分証明書を ぶらざけるのと同じ要領で使うため、顔には一切当てず。なので「マスク」という感覚が全く無い。
 この中から様々な物騒な物質に対する防御シールドが発生する、という仕組みらしいんだけどぉ〜・・・物騒な物質もシールドも目に見えないものだから、効果がサッパリ分からず(^-^;)。だけど、買えば1000円もする物をサンプルで もらっちゃうというのが何とも凄い。これ1つで2か月間 効果が持続するらしいんだけど、さて、結果や いかに!?


1月29日(水)
思いを馳せる瞬間
 私が好き勝手放題に書いているだけの このWebサイトなんだけど、定期的に見に来てくれている暇人・・・もとい、好奇心旺盛な人達がチラホラ。そういう人達に対する近況報告の意味合いも ここのWebサイトに含まれている。
 ちょくちょく見に来てくれる人の場合、100発100中とはいかず、100発30中ぐらいなんだけど、その人物が 誰なのかを推測したり、特定できる場合がある。
 1番の常連さんは痛勤途中にAndroidのスマートフォンから見に来てくれる人。前々から それが誰であるかは何となく予想できていたものの、本人からの自己申告(?)があり、個人を特定できている。ブッチ切りの お得意様(?)で、累積アクセス数の桁数からして違っている。次の面会、いつにするぅ〜??? 連絡、待ってるぜ、オイ。・・・ここに書かず、自分でeメイル書けよ、ってか(^_-)ゞ。
 今日、久々に過去のアクセスログを眺めていて「おやっ?」と思ったアクセス。神奈川県在住で、使っているパソコンがWindows8.1。プロバイダーは・・・ふむふむ。この情報だけでも個人を推測できてしまう場合が ある。今回の推測が正しければ・・・今となっては もう会うことが無いであろう その人物だけど、様子をうかがいに来てくれているのは嬉しい。


1月30日(木)
言い争いも英語
 最近、娘の傍若無人ぶりが目に余るようになってきた(-_-#)。教育方針の軌道修正ウンヌンについて ここに書くつもりは無く。私が娘に説教をしている時、口達者な娘は当然の如く何かと反論してくる。しっかりと自分の思ったことを主張できるようになったんだなと感じる。時には言い争いに発展することもあるんだけどぉ〜・・・これ、全部英語で。
 英語で冗談を言って笑ったり、英語で喧嘩したり・・・私のは語彙力も文法力も中学校レベルのエセ英語だけど、娘の英語は本物。言い争っている最中なのに、私は妙なところで娘の成長を実感し、嬉しく思った。だけど、その屁理屈女王ぶりだけは勘弁してちょうだい(^_-)ゞ。やっぱり女の子、だぁ〜ね。


1月31日(金)
見出しを見てニッコリ・詳細を見てガッカリ
 私が愛用しているコンパクトデジタルカメラはパナソニックのDMC-TZシリーズ。このシリーズを愛用するようになって、もう7年になる。現在、自宅に於ける写真撮影は専ら一眼レフカメラなんだけど、動画撮影や外出先での写真撮影は専らコンパクトカメラ。高倍率・綺麗で音質の良い動画撮影・使い勝手の良さ・私の大きな手でも握りやすい大きめの本体と、私が要求するものを多く満たしている。このシリーズは毎春、新モデルが発表される。買い換えのタイミングは概ね2年に1回なんだけど、新モデルが新たに搭載する機能がショボかったり、買い換えの意味が無さそうな場合は見送る。
 そんな中、昨秋に気になるニュースが出ていた。それは、各メーカーがコンパクトデジタルカメラの事業縮小をする、というもので、パナソニックも その中に名を連ねていた。コンパクトカメラは それほどスマートフォンのカメラ機能に喰われている、ということなのかねぇ〜・・・。まぁ〜、性能は専用機の方が上なんだけど、スマートフォンの気軽さ・手軽さが圧倒的にウケている、ということかな。必ずしも性能が良い物が売れる訳ではない、というのはビデオテープのβとVHSという歴史が証明しているしね。
 で、私にとって死活問題となるんだけど、パナソニックが生産中止するのは廉価のコンパクトデジタルカメラ。私が好んでいるDMC-TZシリーズは一応 高級路線の分類なんだけど、果たしてどうなるのか、気が気でない日が続いた。
 そんな中、遂にDMC-TZシリーズの新モデル発表のニュースが出た。ホッとした。このシリーズは引き続き造られていく、ということね。だけど、ニュースの見出しを見てニッコリしたのも束の間、詳細を読んでいくうちにガッカリ。
 というのも今回の新モデル、機能的に真新しいものが無く。基本機能は そのままに、独自性というか、従来に無い観点からの新機能を充実させた、というもの。私が このシリーズに関して唯一不満だった撮像素子の小ささ(1/2.33型)が改善されておらず。このため、薄暗い場所や室内で撮影する場合、映像にアラが目立ったり被写体ボケが生じやすいという欠点は引き続き残ることになる。
 更に! カメラ本体のデザインが私好み路線から完全に脱線。最近、玄人向けのカメラって大昔のデザインを復刻した物が流行のようなんだけど、私は これが嫌い。DMC-TZシリーズの最新作は よりによって このデザイン(-_-#)。
 ということで、今回の買い換えは文句なく見送り! 今 使っている機種は使用3年目に突入することが決定した。


ズボラ日記のトップに戻る