まいけるのズボラ日記




2014年3月


3月1日(土)
一足早い 雛祭り
 娘の友達母子が遊びに来てくれた。うまくいけば今日は3組が来るかも、という展開だったんだけど、1組とは調整するタイミングが合わず、もう1組は風邪をひいてしまって無念の直前キャンセル(>_<)。だけど、1組だけでも来てくれることができたので、良しとすんべか。
 雛祭りが間近ということで、用意した昼食は それに ちなんだものにした。また、構想20年以上の料理を ぶっつけ本番で作ってみたりで。3組来ても大丈夫という分量で作ったため、相当 余る展開になったんだけどぉ〜・・・まぁ〜、いっか。
 この日は あいにくの雨模様だったため、外で遊べなかったものの、子供達は思い思いの楽しみ方をしていた模様。次回の日程も決まり。普段は妻が色々と料理してくれるんだけど、たまに こうして来客があると、私が張り切る展開になり。料理の勘を維持するのに必要な行事である。


3月2日(日)
春眠暁を覚えず?
 朝、爽やかに目覚めたはずが、その直後から猛烈な睡魔が持続。普通と違う感触だったので、無理せず 昼寝というか朝寝(?)。昼過ぎまで陥落し続けていたんだけど、だいぶスッキリ。春眠暁を覚えず、というやつか?
 今度の週末、兄夫妻の結婚10周年記念企画ということで、色々と悪巧みをしている我々夫妻。そのための予約やら最終確認作業を行った。賽は投げられた、である。


3月3日(月)
義父との会話
 母子家庭で育った私なんだけど、今は父親が2人いる。1人は私のことを隠し子として認知(ど〜ゆ〜認知だ!?)してくれた父。もう1人は妻の父、つまり法的に見れば私の義父。
 妻の親類は地元団結力が強い印象を受けるんだけど、私のような思いっ切り外様が婿入りすることになった時でも、義父は快く私を受け入れてくれた。その後も何かと我々のことを気にかけてくれ、関係は良好。
 そんな義父と私が直接会話をするのは・・・1〜2か月に1度、妻の実家に帰省する時。なんだけど、実は それ以外にも、しょっちゅう間接的に会話をする機会が ある。それは娘と息子のDVDアルバム。
 このDVDアルバム、自分達用に保管するのは勿論のことなんだけど、義父とマミーにも送付している。最近のマミーは折角作って送付しても全く見ている様子が無いので除外。だけど、義父は とにかく これを楽しみにしてくれており、新しいDVDアルバムを受け取り、見終わる度に電話をかけてくれて色々と話してくれる。
 このDVDアルバムを作るべく、動画の編集作業をしている時、私は いつも義父に説明するつもりで補足を加えたり解説を入れている。私にとっては、これが義父との会話の時間だったりする。


3月4日(火)
またゴミが増える・・・
 うちの会社で、社員1人ずつに対して新しいゴミ箱が1つずつ配給された。確かにパッと見の統一感が出るのはイイんだろうけど、別に それによって仕事の効率がウンヌンとは関係なさそうだし。年度末ということで道路工事の如く、予算を使い切るための処置だろうか? ともかく、これにより従来のゴミ箱が廃棄処分となり、またゴミが増える結果となった。
 また、共用のゴミ箱が大きくなり、ようやく分別収集が開始された。ただ、「缶」とか「ビン」とか「ペットボトル」という表記は良い。だけど「燃えるゴミ」って書かれていると、自然発火しそうで怖いのよね・・・。


3月5日(水)
凄い気分屋だね・・・
 私にとっては仮想空間同窓会の手段としてのfacebook。今のところ、という但し書きが付くものの、締結された友達関係を一方的に・知らないうちに破棄されたことは・・・1回だけ。
 その人物は昔から気分屋ということが分かっている。eメイルが一般的になる前の、紙手紙の時代に向こうから「文通しようぜ!」と持ちかけてきてきたくせして、こっちから1回手紙を出すも、返事が来るまでに半年を要し。そん時の良い訳が「ずっと頭痛だった」・・・どんだけ長続きする頭痛やねん! そりゃ重症だから入院しろ。ともかく、その内容に対して私が返事を出すも、向こうから次の返事が来ることは無かった。
 eメイルが徐々に浸透しだしてきた頃、どうやって調べたのか向こうが私のeメイルアドレスを入手し、eメイルによる文通を申し込んできた。さて どうなるかなと思いつつ、自分の中で「5回」と予想をしていたところ・・・私が6回目の返信を出したところで向こうからの音信が止まった。惜しい、予想より1回多く続いた(^-^;)。
 私がfacebookをやり始めた頃、これまた どうやって調べたのかは不明だけど、向こうから友達申請が来た。私、当時とは名字が変わっているし、旧姓情報は登録していないのに、どうやって調べたのかは不明・・・。ともかく、今度は どうなるかなと思いつつ、期待(?)を込めながら友達申請を承認した。そうしたところ・・・1度も やりとりをすることなく、いつの間にか友達関係を解消されていた。こいつ、何をしたかったんだ!?
 なんだけど、こういう気分屋って世の中に1人だけとは限らないようで。他にも1人、私の周りに物凄い気分屋が、という例。facebook上で通常とは違う間柄といて条約締結していたんだけど、いつの間にか その締結が解消されていた。但し、通常の友達関係は続いていた。はて(・ω・)? そしたら先日、改めて通常とは違う間柄の関係としての申請が来た。自分で一方的に破棄しておいて、今度は気前よく再申請ときたか。気分屋と呼ぶべきか、単に行動が支離滅裂と言うべきか・・・。まぁ〜、世の中、色々な人がいる。


3月6日(木)
北海道から戻って以降、意識していること
 先月、娘と2人で北海道に行ってきたんだけど、その際に初体験となったタイ古式マッサ〜ヂ。もう1度受けたいとは思わないものの、その際に施術士から受けた助言。毎日意識するようにしている。
 それは歩き方。私の歩き方は癖があるらしく、このままだと将来 膝を痛めること確定。なので、何点か意識しながら歩くように助言を受けた。
 それ以降、通勤時の往復40分ほどの歩行時、なるべく助言内容を意識しながら歩くようにしている。さて、その効果や いかに!?


3月7日(金)
毎日こうだと楽しいんだけどな
 WindowsXPのサポート終了、世に言う2014年問題。残る期間は1か月となったんだけど、自分が私生活で直接関わる部分については先月までのうちに自分・家族・その周辺全てに於いて対応が完了している。中には諸般の事情により「対応しない」という決定が下されたものもあるけど、「対応しないという決定」を実行した訳でたり、未対応のまま放置とは扱いが違ってくる。
 なんだけど、会社のパソコンが現在、夏休み最終日の宿題駆け込み状態。あまりにも燦々たる有様だったから・・・というか、自分が是非やりたいからというのも大きかったんだけど、ともかく、今日 部内の入れ替え用の新規パソコン6台+1台を まとめてセットアップした。いんやぁ〜、楽しいねぇ〜。思っていたより順調に・ササッと終了。仕事、毎日こうだと楽しいんだけどな。次回は5年後ということになるのかな(^-^;)。


3月8日(土)
結婚10周年記念
 ・・・とは言っても我々の、ではなく。兄夫妻の結婚10周年記念行事を実施した。5周年記念行事も実施していたんだけど、あれから もう5年が経過か〜。早いね〜。5周年記念の時は兄夫妻と我々夫妻の4人で実施したんだけど、今回は我々の子供達2人を含む6人で実施。こんなところから時の流れを感じる。・・・と思っていたら、父が飛び入り参加してくれ、7人での実施となった。当然、子供達は お爺ちゃんも来てくれて大喜び。
 私が企画する この手の行事、タダで終わる訳が無いんだけど、まずは みんなで昼食。超・高級料理店という訳には いかないものの、お手頃価格で お洒落な洋食店にて。ここは子供達が生まれる前、我々夫婦2人で来たことがあり、「子供達が大きくなったら是非また来たいね」と言っていた思い出の場所でもあり。期せず、その時の約束を果たすことにもなった。兄夫妻は場の雰囲気も料理も気に入ってくれたようで良かった。また、子供達が こういう場所で ちゃんと大人しくしてくれるあたり、助かる。妻の教育の良さだぁ〜ね。
 続いては10周年記念のプリント倶楽部撮影。・・・ンな訳ないか(^_-)ゞ。行きつけになりつつある近所の写真館にて本格撮影。本日のドッキリ企画第1弾である。兄夫妻は とことん驚いていた。・・・そりゃ〜、当然か(^-^;)。でも驚き喜ぶ顔を見るのが3度のメシより好きな私。腹黒全開である。
 写真館内ではビデオカメラによる撮影は許可されているので、その様子を余すところなく私が撮影。娘と息子のDVDアルバム用の動画撮影に使う機材は専らコンパクトカメラになっている昨今だけど、こういう重要行事の時はビデオカメラがビシッと活躍してキメてくれる。
 10年前の嵐の中の結婚式を思い出しながら撮影に臨めたという兄夫妻。また、結婚式の時は時間が押していたので 慌ただしい中での記念撮影だったのに対し、今回は時間を気にすること無く、スタッフも場を盛り上げながら じっくり撮影してくれたということで、喜んでもらえたようである。写真館のアルバム同様、DVDアルバムの出来上がりを楽しみに、である。・・・DVDアルバムは自分で編集しないとアカンのか(°ー°)ゞ。
 写真撮影が行われている間、妻と父が子供達の面倒を見てくれていた。同じ複合買い物施設内にゲームコーナーや室内遊園室が あり。そこで思いっ切り遊べた模様。ただ、ここの室内遊園施設が3日後に閉店とのこと(゜ロ゜)。持っていた回数券、丁度使い切ることができた。
 無事に写真撮影を終え、自宅に帰宅。ここでオヤツとして出したのが・・・本日のドッキリ企画第2弾。似顔絵ケーキ。このケーキを初めて見る人はみんなビックリして喜んでくれる。しかぁ〜し! これに包丁を入れる瞬間が何ともね(^-^;)。ともかく、喜んでもらえたようで何よりであった。
 兄夫妻は故あって子供は持たないことにしているため、その分・・・という訳ではないものの、いつも姪っ子と甥っ子を とても可愛がってくれ。本日最後の記念撮影は兄夫妻と姪・甥の4人で。今日は姪っ子と甥っ子が付き添っての結婚10周年記念だったんだけどぉ〜・・・喜んでもらえたと願うばかりである。


3月9日(日)
妻も目的は同じ
 昨日が「動」とするなら今日は「静」の1日だった。午後、私が買い物に行っている間、妻と子供達は近所・・・というか自宅目の前の公園に行ってたんだけど、そこでインターナショナルスクールのクラスメイト母子とバッタリ。土曜日ならまだしも、日曜日にもバッタリとは凄い(^-^;)。前もって言ってくれていたら、それなりの準備をしていたのに。だけど、僅かな時間だけでも子供達が一緒に遊ぶことができて楽しそうだった。
 通常の保育園ではなく、インターナショナルスクールを選ぶ理由って 人夫々。お受験のためとか、偏差値を上げるため、なんて会話がチラホラと耳に入るんだけど、私は そういったことに一切興味が無く。また、英語を習得することが最終目標ではない。習得した英語を使って、その先へ、を見据えている。そのあたりの考え方は別に口裏合わせをした訳でもないのに妻も全くの同意見だった。我々は最初から思考回路が似通っていたけど、益々 似たもの夫婦だなと感じる。以上、オノロケでした(^_-)ゞ。


3月10日(月)
復讐の時
 先月のバレンタイン司教処刑日の際、沢山の若き乙女達から愛の告白を受けた私。人生最大のモテ期到来、ってか(^-^;)。残念ながら(?)私は妻子持ちということで、返事は「お友達でいましょう」になってしまうんだけど、やられたら やり返さなければならない。本来は3月14日が復讐の時なんだけど、この日は大きな行事が入っているので、前倒しする必要が ある。
 ということで今日、会社から帰宅後、復讐の品を作った。本来は愛の告白をしてくれた人達に対する仕返しなんだけど、そうなるとインターナショナルスクールで私からの お菓子を もらえる人・もらえない人が出てしまい、園児達にとっては残酷な展開になる。私としても そういう展開は本意ではないということで、園児達と美しき淑女教員達全員分を用意することとなった。
 本来は冷たい手作り菓子にしたいところだったんだけど、保管する現地冷蔵庫の大きさが「・・・」ということで、保存の利く焼きケーキにした。1人分ずつカップケーキにして作ったんだけどぉ〜・・・途中で思ったこと。「パウンドケーキをドカンと作って、人数分に切り分ければ楽だったな・・・」。物事は計画的に、ということで(^-^;)。
 あとは明日、妻に これらを持って行ってもらうことになる。明日の夕方、集団食中毒のニュースが出ないことを祈るばかり(^-^;)。


3月11日(月)
決まったこと
 今度の金曜日、娘と息子が通うインターナショナルスクールで卒園式が行われる。とは言っても、娘と息子は送る側、ということで。私が月に1回取得している家族サービス休暇は それに充てることとした。
 ただ、正直なところ私は この手の催し事に ただ参加しているだけだと落ち着けない(^_-)ゞ。ということで、スクール側に写真撮影係を申し出た。と言うのも、以前に1度、当時の知人の子息が通う保育園卒園式にて写真撮影係を依頼されたことがあり。撮影できるのは私だけで、親は一切 撮影を許可されず。親は撮影に夢中になるのではなく、式に きちんと参加してほしい、という保育園の方針だった。これ、イイなと思った。
 ただ、どこで どう話が ねじれたのか・・・今回の件、私は動画撮影係を担当することになった、という妻からの報告。え゛(・o・)? そりゃあ、私の本業は動画撮影というか動画編集。動画であれば、当日 何かしら撮影ミスが あったとしても、後から編集で どうとでも誤魔化せるので、気が楽。写真の場合は当日の一瞬・一瞬 全てが真剣勝負であり、あとからの修正はできず、とにかく気疲れする。
 なので、気分的には動画の方が ずっと楽だし、勝手知ったる。その代わり、撮影が終わってからの編集に時間を要する。今の私、とても そのような時間を確保できず。ということで、今回は本来苦手で本業からは離れるものの、写真撮影係を提案したつもりだった。
 まぁ〜、伝言ゲームには よくある展開か。とはいえ、正直なところ動画撮影係というのは嬉しい依頼。また、写真撮影係は普段仲良くしている年中組のママ友が担当するということで。こういった連係プレーも楽しい。・・・と思いつつ、念のため私の方からスクールの担当者と電話会談(?)。結局、私が動画撮影を担当する、ということで決まった。
 夜、早速 卒園式用の素材を色々と集めた。最近の卒業式・卒園式定番の曲なるものを色々と聞いてみたんだけどぉ〜・・・やばい、これを聞いただけで色々なことが頭を駆け巡ってジ〜ンときてしまう(^-^;)。だけど、お陰でDVD用に使う曲は これ、というのが決まった。


3月12日(火)
配置変えの効果、かな?
 現状、我が家にはベッドのある部屋が3つある(大きさ・簡易型/正式型の違いは ある)。妻と2人の子供達が広いダブルベッドを、私が離れ小島(?)のシングルベッドを利用していた。これだと、私のパソコン作業部屋に他の3人が寝ることになり、私は夜の作業が非常に やりづらい。
 加えて、最近は子供達の寝付きが悪くなってきたというか、なかなか寝ようとしなくなり。どうしたものかと思い悩む日々が続いた。
 そんな中、私の中では構想があったものの、妻が実際に提案してくれたこと。それは誰が どの部屋・ベッドを使うかの配置換え。2人の子供達を別々の場所で寝かせてみよう、というものだった。早速やってみたら・・・あらま(・o・)。いきなり効果覿面。子供達は素直に寝てくれるようになった。妻の負担は減るし、私は編集作業に専念できるしで。実にイイ。


3月12日(水)
できるところから着手
 今週の金曜日、娘と息子が通うインターナショナルスクールで卒園式が執り行われる。私はスクールから依頼を受けた公認(?)カメラマンとして動画撮影を担当することとなり。
 ただ、如何せん今回は撮影日から納品までの期間が極端に短く。そのため、動画データは当日にならないと無理なんだけど、それ以外の部分でDVD作成に係わる部分、できるところから着手した。
 卒園生達からの言葉の翻訳、DVDパッケージの作成、曲の選別、エンドロールの作成。いずれも地味に時間を食う作業だったんだけど、事前に進めることができてホッとした。


3月13日(木)
久々の武者震い
 仕事は午後から出張だった。最近、月に数回発生している この出張。出張先の最寄り駅から自宅最寄り駅までは電車で30分。普段の痛勤の半分なので、直帰すると非常に気分がイイ。
 夜、子供達が寝静まってからは明日のインターナショナルスクール卒園式の撮影準備。ビデオカメラのレンズを磨き、バッテリーを充電し、録画用のDVDを初期化し。
 普段の子供達の動画撮影は専らコンパクトカメラで実施しているんだけど、こういった長時間に及ぶ大きな行事では やはりビデオカメラ専用機が本領発揮。ビデオカメラは2台あるので、1台は三脚で固定しての定点撮影で、1台は私が手に持って移動しながらの撮影となる。この準備をしている瞬間に沸き上がってくる緊張感と武者震い、実は好きだったりする。
 最近は めっきり出番が少なくなったビデオカメラ専用機だけど、先週の兄夫妻の結婚記念日撮影に引き続き、明日も大きな場面で2台が出撃。頼りにしてまっせ♪


3月14日(金)
卒園式
 娘と息子が通うインターナショナルスクールで卒園式が行われ、それに参加した。とは言っても、娘と息子本人が卒園する訳ではなく。在校生の親という立場での参加。息子は勿論のこと、娘も まだ年少組にすら達していないしね。卒園式に別途会費を徴収されるというのが・・・これも欧米式なんだべか(^-^;)?
 私は月に1回の割合で会社をサボり、子供達の送迎を担当しているんだけど、インターナショナルスクールでは いつも園児達による手荒い歓迎を受けていた。何故か園児達が物凄く私に懐いてくれており。ここのインターナショナルスクールにPTAは存在しないものの、私は ここのWebサイト作りに閣外協力という立場ということもあり、家族的な雰囲気。
 考え方は人夫々だろうけど、私の子供達に対しても私自身に対しても親しく接してくれた園児達を見送りたい、ということで私は卒園式に参加した。普段から私と親しくしてくれているママ友と妻が写真撮影を担当し、私は動画撮影を担当。卒園生の親は撮影に気を取られるのではなく、子供の卒園の場に参加することに集中してもらう・・・ことになっていたはずなんだけど、そうもいかなかったようで(^_-)ゞ。
 今日の私はスクールから依頼を受けた公認(?)カメラマンという立場だったんだけど、3年後に卒園生の親という立場で参加する際は どんな心境になるのか、今は全く想像できないな・・・。感動も束の間、動画撮影の場合は ここからが本番。しかも今回は超・短納期。編集作業が忙しくなりそう〜(^-^;)。


3月15日(土)
ギネス記録更新(?)
 卒園式の感動冷めやらぬ中、娘と息子が通うインターナショナルスクールの友達母子が遊びに来てくれた。いつもと違うのは人数。過去は2組4人というのが最大だったんだけど、今回は3組6人・・・のはずが、直前になって4組8人に増え。我が家に於ける来客人数のギネス記録を更新することとなった。
 先秋この住処に引っ越して以降、その広さによる恩恵を受けてきた訳だけど、流石に今回の人数となると、通常手法では賄いきれず。ということで、前々から「多人数になったら こうしよう」と企てていたことを実行。大人組はテーブル席、子供組はコタツ席にて、ということで食事の場所を2つに分ける、というもの。また、妻が「将来、子供達の友達が沢山遊びに来てくれた時のために」ということで用意していた食器類が初陣を飾ることとなった。まさか こんなに早く出番が来るとはね〜。だけど結果、これが うまくいった。うん、これなら あと もう一家族呼んでも大丈夫そうだ(^-^;)。
 ともかく、これだけ子供達が集まると、家の中は戦場その物。賑やかと言えば良いのか、うるさいと言えば良いのか・・・。当然、行動範囲は室内に留まらず、外にまで及ぶこととなり。子供達が公園で伸び伸びと・楽しそうに遊んでいる様子、やっぱり見ていて楽しい。
 これだけ多人数が集まるということで、昼食の献立は・・・まっ、作戦勝ちといったところかな。長い待ち時間を作ることなく配付することができ、みんなにも喜んでもらえた。私の日本方の祖母が言っていた「自分が作った料理を みんなが美味しそうに食べてくれる顔を見る。これが楽しい。」の意味、今なら よく分かる気がする。また、私には妻という優秀な助手が いるお陰で、いつも助かる。
 今回の参加者達。1組は昨日卒園。1組は来月から土曜日クラスのみとなってしまい、娘と同じ時間帯の授業を受けることが無くなり。楽しい中にも どこか寂しい気持ちが混ざっている自分が いた。だけど、1番仲良くしてくれるクラスメイトは まだまだ一緒。これが嬉しかった。
 夜、いよいよ卒園式の動画編集作業に着手。一口に動画編集とは言っても、動画から不要な部分を切り取ったり繋ぎ合わせたりする「編集」、字幕や絵を挿入する「特殊効果」、背景に音楽や効果音を加える「音響効果」がある。普段の私は これら3つを ほぼ同時に やりながら進める。だけど今回は色々と事情が違ってくる。
 ということで、今夜の作業は動画の切り貼りをする「編集」。2台のカメラを使って撮影していたため、それらの映像を交互に使う時点で既に時間を食いまくっていた。だけど、こういうのは やはり複数の映像があると、2種類の映像が補完し合って何かと便利というか助かることが多々ある。夜なべをして、何とか今日だけで編集を終えることができた。


3月16日(日)
妻のお陰で1日中ビッチリ
 金曜日に撮影したインターナショナルスクールの卒園式の動画。今回は納期が次の木曜日までという短さに加え、私としては今度の水曜日までには手渡したいという強い希望が ある。とはいえ、我が家には手強いテロリスト(?)が2人いるため、日中は編集時間を確保できず。
 なんだけど、今日は妻が1人で2人のテロリスト達の相手を一手に引き受けてくれた。日中は妻と子供達3人が複合買い物施設および室内遊園施設に行き、その間 私は自宅にて1人で編集作業に没頭した。
 当初、卒園式の様子は娘と息子のDVDアルバムのような派手な演出は加えず、動画を切って貼って、だけの内容にするつもりだった。しかぁ〜し! 当たり前というか事前に分かっていたはずなのに見落としていたことが1つ。式の様子は全部英語なので、都度その訳を つけなければならないΣ( ̄ロ ̄lll)。うわぁ〜、こりゃ、まいった(>_<)。
 昨夜は動画を切り貼りする「編集」を終えたので、今日は翻訳・字幕をつける「特殊効果」。卒園式は全て英語で執り行われたため、それら全てに翻訳字幕を付けなければならず。この作業が長らく続いた。とにかく時間を食うんだけど、作業速度がカタツムリのため、なかなか進まず。日本で映画の字幕となると第一人者として名前が出てくる戸田奈津子。彼女の偉大さを しみじみと感じながらの作業となった。ただ、途中から頭の油が切れてきたようで、まともに翻訳できなくなった・・・と思ったんだけど、問題が発生したのは とある人物の英語のみ。ここだけ うまく聴き取れなかったため、主任教師にSOS。後日、原稿を受け取ることになった。その部分を除いて翻訳字幕作業が終了。後は背景に音楽を流したり効果音を入れたりの「音響効果」作業を実施した。
 今日は妻のお陰で1日中ビッチリ作業ができた。こんなに長時間作業に没頭したのって、何年ぶりだろう。精神的な疲労度は大きかったけど、勝ちが見えてきたので、充実感で いっぱい。妻に感謝、である。


3月17日(月)
夫婦二人三脚
 過去、自分が動画撮影を担当した大きな行事は いくつか あるんだけど、自分の中の心構えというか重み付けって随分と違っている気がする。分かり易い指標が ここのズボラ日記。今回のように、かなり思い入れがあると、当日の前後しばらくは日記の内容が それ一色になる(^-^;)。
 今日は会社にいる間、ずっと落ち着かず。帰宅後も 暫くは ちびっ子テロリスト達との交戦が あったため、編集作業に着手できず。2人が寝静まった後、作業に着手。
 昨日の時点で動画については1部の翻訳字幕を除き終了していた。その翻訳、インターナショナルスクールの先生から原稿をもらえたお陰で無事に進めることができた。残るは写真館スライドショーのみなんだけど、使う写真選別・構成・音楽は昨日の時点で設定が終わっており。あとは演出を加えるのみだった。
 ということで、意外にも今日の作業は それほど時間を食うことが無い・・・はずが、何だかんだで確認やら修正にベラボーな時間を要してしまい。プロトタイプDVDが完成した時、時計の針は3時を指していた。やばっ、早く寝ないと! ということで動作確認は翌朝 妻に任せることにして、私は急いで床についた。
 だけど、所要時間はともかくとして、所要日数わずか3日でプロトタイプDVDの完成にまで漕ぎ着けられたのは やっぱり妻のお陰。いつもは不平の1つや2つ程度言いつつも協力してくれるんだけど、今回は不平も不満も一切言わずに全面協力してくれることに感謝。今回は夫婦二人三脚で作ったDVD、そんな心境である。
 ・・・明日の朝、起きられるかな(^-^;)。


3月18日(火)
夫婦とママ友とで完成させた思い出の記録
 娘と息子が通うインターナショナルスクールの卒園式。その様子を撮影・編集したDVDが完成した。昨夜はプロトタイプDVDが出来上がった時点で時間切れになったため、今日の日中、妻が動作確認をしてくれた。そこで出てきた何点かを修正し、遂に正式版の作成に 漕ぎ着けた。
 DVD本体やパッケージのデザインは昨日までのうちにできていたので、とっとと印刷して箱詰め。今回は注文数が9枚。これだけ大量の注文って久しぶりである。
 動画の撮影やら編集は私が実施したけど、写真撮影は妻および我々家族と仲の良いママ友が全面協力してくれた。私が入手し得ない過去分の写真はママ友が根こそぎ提供してくれた。編集時間の確保という点で妻が頑張ってくれた。動作確認は妻が全部やってくれた。動画撮影と編集だけがDVD作成ではない。今回は我々夫婦とママ友で完成させた大切な思い出の記録、である。
 「作成」は完了したので、その点はホッとしている。次の難関は観てくれた人達からの反応。娘と息子のDVDアルバムとは内容も観てくれる人も違うからね。何を言われるか分からないため、正直なところ不安だらけ(>_<)。さて鬼が出るか蛇が出るか・・・。


3月19日(水)
休息の時は無い
 1週間これ一色という状態だった、娘と息子が通うインターナショナルスクールの卒園式・それに係わるDVD作成作業。作成は昨日完了し、今日 妻がそれをインターナショナルスクールに持って行ってくれた。そこから各員に配付された。まずは納期に余裕を持って収めることができてホッとした。早速、パッケージの1部に誤植が存在することを指摘され(^_-)ゞ。納期前に収めたお陰で、明日 差し替え版を持って行けるということで、良しとすんべか。
 内容について あれこれ言われることになるのは分かっているものの、やっぱり現時点で冷や汗が出る。だけど、仲良くしているママ友からeメイルが届き、その内容を見てホッとした。これだけでも この1週間頑張った甲斐が あったというものである。
 しかぁ〜し! 私に休息の時は無い。娘と息子のDVD作成は果てしなく続くし、今月上旬に撮影した兄夫妻の結婚10周年記念の様子は来月上旬が納期。まっ、好きで やっていることだし、自分の生きがいだし、自分が生きてきた証でもあるし、趣味と実益を兼ねているしということで。


3月20日(木)
図らずも最後に もう1度
 今日、妻の兄が大きな手術を受ける。妻は その立ち会いをするため病院へ。ということで、私は会社をサボり、子供達のインターナショナルスクール送迎を担当。
 毎月1回取得している休暇は先週の卒園式のために取得したため、今月はインターナショナルスクール送迎は無し、のはずだった。そのため今の年長組達とインターナショナルスクールで一緒に遊ぶのは先月が最後、そう思っていた。が、先述の手術の日程が決まり、紆余曲折を経て(?)私は今月2回目の休暇を取得することとなり。快く私の業務代行を引き受けてくれた会社同僚達に感謝、である。
 インターナショナルスクールでは先週卒園式が執り行われたものの、年長組は今週いっぱいまで登園というのが何とも(^-^;)。まぁ〜、幼稚園とは違う、ということで。だけど そのお陰で、図らずも最後に もう1度ここの年長組達から手荒い歓迎を受けることとなり(^_-)ゞ。
 インターナショナルスクールに於ける今年度の通常授業は今日が最後ということで、昼食はスパゲティーパーティー。通常、私は昼食時は一旦帰宅するんだけど、教員と園児達から誘いを受けたので、折角だから一緒させてもらった。やっぱり みんなで食べると楽しい。昼食後は卒園式DVDの鑑賞会。自分が作ったDVDを自分も含めて大勢で観る、というのが何とも恥ずかしい展開だった(^-^;)。だけど、私がイタズラ心で入れた演出を園児達はいたく気に入ってくれたようで良かった。
 「これが最後!」って完全燃焼した後に「実は もう1回!」となると複雑な心境。また、今度こそ これが最後と思うと・・・先月の送迎、先日の卒園式、そして今日の3回、寂しい思いをする展開となり。とはいえ卒業/卒園は「成長・旅立ち・新たな段階」を意味する おめでたいこと。・・・この段階で これなんだから、娘や息子の卒園の時は私は どうなっちゃうんだか、想像つかないな・・・(^_-)ゞ。
 インターナショナルスクールの後は娘を水泳に連れて行った。水泳を終え、帰路を歩いていたらインターナショナルスクール帰りの卒園生2組とバッタリ。先程はバタバタしていて ちゃんとした お別れを言えなかったので、丁度良かった。
 夕方、妻が付き添い先の病院から帰宅。大手術だったものの、無事に終わったとのこと。術後の本人と話すことが できたものの、回復具合は思わしくない様子。確かに、盲腸の手術とは訳が違うからね・・・。みんなで お見舞いに行きたいところだけど、術後の体に ちびっ子テロリスト達の金切り声は よろしくなさそう(^_-)ゞ。遠く静かに見守ることもまた 本人の回復に対する助力、そう解釈することにしよう。


3月21日(金)
以前とは違うこと
 週末4日間、妻は世話係として ずっと病院通い。その間、子供達の世話は私が担当。私にとっての休みが重なるタイミングでの手術だったので、助かったことになる。
 4月から消費税率が上がる。だけど、過去2回の消費税率変更時と比較すると、明らかに違っていることが ある。
 そのうちの1つが「4月を待たず、既に便乗値上げが始まっている」ということ。上がる税率分の3%どころか価格が30%値上げされている物も あった。まさかと思うけど、4月からは ここから更に消費税分を上乗せ、なんてことは無いよね(-_-#)?
 夕方、娘をバレエ教室に連れて行った。娘にとって初めてのバレエの先生、結構美人なんだけど、今月いっぱいで いなくなってしまうことが決定。3月は そういう季節だぁ〜ね。生徒達で寄せ書きを作るということで、私は娘のゴーストライター(?)としてメッセージカードを提出。私も そういうことをする立場になった、ということだね。


3月22日(土)
新しい公園
 数年前から建築が進んでいる、うちの近所区画の開拓事業。いつの時代のバブルだよ、といったツッコミは多数。利益を追い求めることこそが最優先ということで、それによる しわ寄せとなる児童増加に対応する学校問題は手付かずだし、緑地整備も後回しになっている。
 とはいえ、新しい公園が1つできた、という情報を聞きつけたので、行く・・・前に、まずは子供達を耳鼻科に連れて行った。ここの耳鼻科もまた、地区開発に伴って新設された場所。最新設備完備で、医者の印象も良く、看護士達も色々と手伝ってくれる。また、子供達用の遊び場も ある。また、うちからの距離も近いということで、今後は ここが行きつけの耳鼻科となる。
 ここ数日、子供達の鼻グスグスが気になってきたということと、実は耳鼻科でも風邪薬を処方してくれる。小児科だと、院内感染が怖いしね・・・。ということで、耳鼻科で検診してもらった。
 調剤薬局で薬の準備をしてもらっている間、ここの病院から すぐそばにある新しい公園へ。流石に新しいということで、綺麗。子供達にとっては新しい刺激ということで、いつもより積極的に遊んでいた様子だった。その様子を見ている時が至福の瞬間である。
 調剤薬局に戻り、薬を受け取った後、しばらくの間 ここにある子供達用の遊び場で遊ばせていたんだけどぉ〜・・・ここに来た年5歳ぐらいの男の子。英語が話せるということで、娘と楽しそうに英語で話しながら遊んでいた。その様子を見ていた私、どう表現して良いのか分からない心境になったんだけどぉ〜・・・まっ、楽しかったので良しとする。


3月23日(日)
実は4連休だった
 今日も妻は病院へ。私は子供達2人と一緒に留守番。今回、会社の休暇・祝日・土日が続いて、実は私にとっての4連休だったのね。忙しくて全く意識する暇が無かった。
 今日は まず、子供達を目の前の公園で遊ばせた。家の目の前なので移動距離が無くて助かるのは勿論のこと、心理的な安心感が違う。また、他の公園には少ない、緑が いっぱい。なかなかに贅沢である。
 その後、複合買い物施設へ。ここの室内遊園施設に娘を預け、その間 私は息子と2人で収納具の買い物。それなりの物が見付かった。3人だと とても品定めをできなかっただろうけど、息子と2人であれば充分に買い物が可能。保育所のように預かってもらえる遊園施設の存在が今の私には嬉しい。
 最近、利用頻度が高い写真屋さん。デジタルカメラで撮影した写真をプロ品質で現像してもらうんだけど、今回は1つ、初めての試み。それは自宅からインターネットで注文し、店頭で受け取る、というもの。1枚あたり25%近く安くつき、かつ自宅で じっくり・簡単に手続きが可能。もっと早くから これの存在を知っていたらな・・・。
 娘を迎えに行くのと ほぼ同時に妻と合流。妻も この4日間、病院での看護に お疲れ様でした、なのである。明日は予定通りに退院で、その後3か月も自宅での療養生活とのことで。これも大変だよねぇ〜・・・。


3月24日(月)
教えるのが楽しい
 日に日に単語が出てくるようになった息子。絵本や単語カードを見せて物の名前を教えると、息子なりに読みを真似してくるようになった。こうなってくると教えるのが楽しい。息子は私と違って学ぶことが大好き。好きなだけ学ばせてあげたいものである。
 また、インターナショナルスクールの先生曰く「スクール内では全部英語で単語を発しているけど、ママに対しては日本語になっており。ちゃんと使い分けができている」とのこと。私が親の立場として見ていると、どうしても自分の中で脳内補正がかかって正確な評価を出せない。だけど教師が そう言ってくれるということは、私が感じていたことは正しかったようである。息子は同月齢当時の娘とは置かれている環境が全く違う訳だけど、ちゃんと成長しているのを実感できて楽しい。


3月25日(火)
自分の器の小ささに愕然とした瞬間
 詳細は ここに書けないものの、昨日、自分の器の小ささを痛感する瞬間があった。自分でも かなりガックリきた(>_<)。私って その程度の人間だったのか・・・。
 自戒の意も込めてというのもあるし、前々から構想が あったこと、今日は それを実行した。子供達が喜んでくれることを願うばかりである。


3月26日(水)
やっぱり違う
 私の娘と息子。きょうだいとはいえ、双子でもなければクローンでもない。年齢も性別も育った環境も違っている。なので、当然 色々と違ってくる。とはいえ、その違いで何かしら優劣をつけたり説教のネタにするつもりは毛頭無く。「娘の時は こうだったけど、息子の場合は こうきたか!」ってな具合に楽しんでいる。勿論、似ている部分があると「やっぱり きょうだいだな」なんて思ったりする。
 2人の違いは色々と あるんだけど、その1つが乗り物に対する執着具合。息子は とにかく乗り物が大好き。片時も車の玩具を手放そうとしない。また、鉄道関係も大好き。絵本を読んであげている時も、鉄道が出てくると目の色を変える。誰に教わった訳でもないのに、やっぱり殿方としての血が騒ぐんだべか(^-^;)。
 ということで、BookOffにて鉄道と車の本を購入。夢中になって読んでいる・・・いや、見ている姿。どこか自分の幼少時代と重なって見えた。


3月27日(木)
まだ理解することが できず
 娘と息子が通うインターナショナルスクールは現在、春休み中。とはいえ、親が日中仕事をしたり用事があったりで子供達を預けたい場合は対応してくれる。ということで、我が家でも妻が何かしら用事がある時は春休み期間中であっても娘と息子を預かってもらっている。
 当然、春休み期間中であるため、来ている園児の数は普段よりも ずっと少ない。娘と息子以外だと1人か2人だけ、という状態。なので、私が帰宅して「今日は何した?」と質問すると「インターナショナルスクールに行った。だけどMちゃんが いなかった」といった返答になる。娘には「春休み」という概念を理解することが まだできず。
 だけど、続けざまに出た台詞にグッとくるものがあった。「Sちゃんも来ていなかった」。うん、Sちゃんは もう来ることは無いのよ・・・。先日、卒園しちゃったからね。勿論、娘は その卒園式に出ていたんだけど、「卒園」が意味するところを理解することが まだ できず。たまにニュースで見かけるんだけど、幼い子が自分の父親の葬儀に参列し、葬儀の意味するところも父親の死の意味も理解できずに「ねぇ、パパはどこ?」って聞いている場面を見ているのと同じような心境になってしまった(>_<)。


3月27日(金)
こっちの方が ずっとイイ
 娘と息子が通うインターナショナルスクールの卒園式。その様子を収めた私の手製DVD。聞くところによると、他の幼稚園や保育園の場合、このDVD作成を業者に依頼すると1枚あたり3000円〜5000円もかかるんだとかでビックリした(゜ロ゜)。ぼったくりやんけ・・・。ちっ、私も それぐらいの値段で売りつければ良かったかな(^m^)。
 だけど、インターナショナルスクールの先生達やクラスメイト達や親御さん達から「あのDVD、気に入って毎日観ている!」とか「素敵なDVDを ありがとうございます」と言ってもらえたり、お礼としてお菓子や お茶や手紙をもらったり。勿論、そういったことが目的ではなかったものの、こうして色々と お礼の言葉や品を受け取ることとなり。ぼったくり価格で売りつける利益より、こっちの方が ずっとイイ。


3月29日(土)
時々発生する現象
 私がよく利用している、とある通信販売。注文した後から「入荷が遅れるため、発送が遅れます」ってな内容の通達が来るとガックリくる(-_-#)。それが、他の人に対する誕生日祝いで、到着日を計算して購入した物であれば尚更である。
 なんだけど、その数時間後に「発送が完了しました」という通達が入ることが時々ある。何なんだ(・ω・)? 変なの〜。


3月30日(日)
犯人は この中にいる???
 妻の高校時代の同級生達が遊びに来てくれた。以前にも何度が来たことがあるんだけど、我々が今の住まいに引っ越してからは今回が初めて。娘や息子の友達親子、とは違う来客だったので、いつもとは違う雰囲気だった。
 この面々、去年の今頃に1度会い、その後 お花見をしようと日程を決めたものの、2度にわたって雨で中止となり。そういえば、1度 会えた時も土砂降りとまではいかないにせよ、雨が降っていたな・・・。
 で、今日は花見の予定は無かったものの、またも雨! 雨を降らせる元凶・犯人は この中にいる!?

 
3月31日(月)
まっ、思った通り、だけどスッキリ
 まともに運営されている/否を含め、私が管理しているWebサイトは6つ。うち4つは まともに動いている。いずれも私が自分で運営しているWebサイトである。一報、作成代行依頼を受けた2つについては放置状態が続いている。
 そのうちの1つ。暫く放置状態が続き、ある日「今後は心を入れ替えます」宣言が出て大幅に内容を追記するも、それ1回きりで以降は同じく放置状態が続いている、何とも理解に苦しむWebサイト。こういうパターンの「心を入れ替えます」は入れ替わらないというのが私の経験則だったんだけど、それが物の見事に的中していた。
 なんだけど、その代行作成依頼人から1つうの素っ気ないeメイルが届いた。別業者に作成依頼するので、今までのWebサイトは終了して欲しい、とのこと。文面は あちこちカチンとくる書き方だったものの、依頼内容については大歓迎。速攻で駆逐した。スッキリした(^o^)。
 だけど、今まで ずっと放置していたWebサイト、今後 有料のプロ業者に乗り換えたところで、やっぱり放置されたまま、というのが私の予想。業者依頼ともなると結構な月額料金がかかるだろうし。さて どうなる? いや、私の知ったことではないか。
 で、残る1つについては・・・年度末ということで丁度いいタイミングなので、代行作成依頼者に確認をとってみた。そうしたところ、本人は続行を希望という、予想外の展開。あらま(・o・)。とはいえ、引き続き放置されるのは たまったものではない。ということで、Webログを立ち上げ、Webログを本人に更新させ、それと併設してWebサイトを残す、というもの。これならWebサイトが延々更新されず放置プレイ、という状況を多少は打破できるはず。



ズボラ日記のトップに戻る