まいけるのズボラ日記




2014年4月



4月1日(火)
救援物資
 昨秋からバレエを始めた娘なんだけど、ここ数週間でバレエ熱が氷点下にまで下がってきた(>_<)。以前は毎日自宅でレオタードに着替えて、バレエのレッスンDVDを観ながら楽しそうにバレエをしていた。が、今はバレエのDVDを見せても全く食いつかず。また、バレエのレッスンに行くよりも自宅で遊びたがるようになり。まぁ〜、何かしら説得してバレエのレッスンに行かせると、終わった後に「楽しかった!」と言うものの、それが長続きしない。
 う〜む、自宅にあるバレエのDVDって、幼児の初級用DVDと超・一流どころのDVDしかなく。それらの中間的レベルの物が無い。もともと娘がバレエに目覚めた切っ掛けは、テレビ小学生〜中学生ぐらいの子達がレベルの高いバレエをしている場面を観た時。なので、これと同じぐらいのレベルの内容を収録したDVDが欲しい!
 ということで、1人、心当たりのある人に救難信号(?)を送った。マミーの元教え子家族で、年に1度会っており、そこの娘さんが物凄いバレエ好き。昨年末に会った際、娘と一緒にバレエをしてくれたり、そして! その発表会DVDなる物を見せてもらい。そのDVDこそ今の私が求めている物だった。
 すぐさまDVDを送ってもらった。早速娘に見せたところ・・・氷点下にまで下がっていたバレエ熱が一瞬にして沸点を超えた。こりゃ、すんげ〜効果(^-^;)。その効果が息子にまで波及し、こちらも相当血が騒いでいた様子。マミーの元教え子家族に感謝、である。
 で、そのDVD。息子以外にも もう1人、思わぬ人物に対して波及効果が。何を隠そう、この私。プロが撮影・編集した このDVD、技術的に色々と学ぶべきものがあった。


4月2日(水)
蓄積疲労か?
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。その卒園式の様子を収めたDVD、あちこちから好評頂くことができ、非常に嬉しく思う。いや、ホッとした、というのが正直なところかな。少なくとも頑張って・時間に追われながらも造り上げたことに対するイチャモンは全く無かった。
 ただ、先月の卒園式DVDが完成して以降、体力が続かなくなってしまった(∩。∩;)ゞ。これって、卒園式DVDを作るために夜遅くまで無理した結果なのか、それても それ以前からの蓄積疲労なのか・・・。
 あれから2週間経過した今も、夜に編集作業をしていると、物凄い睡魔に襲われるようになり、とても作業続行できない状態に。1日あたりの作業時間が1時間減ったと言えばイイのか、1日あたりの睡眠時間が1時間増えたと言えばイイのか・・・。


4月3日(木)
快適とはいえ、やはり違う
 会社で私が使うパソコン。Windows7に切り替えてから数習慣が経過。以前のXPパソコンは かなりの ご老体で、電源を入れてから まともに動くようになるまで30分は かかったのと、ウイルスバスターの検索が動いた日にゃ、まともに文字入力すらできない有様だった。
 それと比較すると新しいパソコンは電源を入れてから まともに動くようになるまで ものの1分ほど。動きもサクサク。非常に快適とはいえ、長年 職場で使ってきたXPとは やはり違っており。今でも時々「アレッ?」って思うことがある。
 まっ、自宅用のパソコンに初めてWindows7を入れた時も「アレッ?」が頻発していたけど、時間の経過と共に慣れた。でもWindows8に慣れる日は来そうに無いし、導入するつもりも毛頭無い。8にするぐらいなら私はLinuxを選ぶよ・・・。


4月4日(金)
妻からの助言
 もう15年も前の話になるんだけど、私が大学生時代に指導してくれた教授。先日、定年退職したということで、過去に指導を受けてきた研究生達が一堂に会して退職祝いを実施しようということで、その案内が私の手元に来た。私、忘れ去られていなかったようで、嬉しかった(^-^;)。
 行きたい気持ちはヤマヤマだし、昔の研究仲間達にも会える。この手の同窓会って私は大好きである。なんだけどぉ〜・・・関東在住の私にとっては場所が遠く、往復の交通費やら宿泊費を考えると清水寺の舞台状態になってしまう(>_<)。とはいえ、金額に関しては・・・まぁ〜、何とか やりくりできなくもない。気持ちはハーフハーフ(最近の流行語らしい)で揺れていた。教授のことを考えると 行きたい気持ちはある、だけど お金のことを考えると誰かに止めてほしい。というのが正直な心境だったべか。
 ということで妻に このことを話したところ・・・やっぱり こういうことは1人で悩むべきではないなと感じた。妻が放った一言、ちょっと考えれば すぐに思いつく決定打となる要素のはずなんだけど、思い悩んでいた私には到達できなかった要素。一気に気が楽になった。5日間悶々と悩んでいたんだけど、妻に相談したら5秒で結論が出た。


4月5日(土)
明るい時間帯の東京ドイツ村
 実は久々(3か月ぶり)となる、妻の実家へ。・・・なんだけど、今日は実家のある街ではなく、その手前の駅で待ち合わせ。そこで父と合流し、その足で東京ドイツ村に向かった。元日の夜に ここのイルミネイションを見に来るというのが一家の恒例行事となっているんだけど、明るい時間帯に家族で来るというのは初めて。場所が同じでも、明るいか暗いかの違いが随分と全体の印象を変える。
 今日は とにかく子供達が思いっ切り遊び回ることができた。これに尽きる。天気が良かったし、体を使って遊ぶ物が多数あり。また、妻が事前に綿密な作戦を練ってくれていたことも大きく。高齢の父は途中、茣蓙の上で息子と一緒に お昼寝をして休んだり、車の中で休憩したりと、イイ感じで休憩を挟みながら体力配分が うまくできていた様子。
 また、本来ここのイルミネイションは3月いっぱいで終了のはずが、4月上旬まで延長されており。折角なので、夜のイルミネイションも軽く見学。凄い人だかりだったんだけどぉ〜・・・これって いつものことなのか、はたまたイルミネイションを見られる最後の週末だからなのか・・・。まぁ〜、楽しかったので良しとする。
 帰りの車の中で子供達は満足そうな表情でグッスリ。じーじに感謝、だね。


4月6日(日)
ワイの思った通りや♪
 夜中、相当な雨が降っていたんだけど、朝には あがっていた。午前中は妻の実家の庭で遊んだ。遊べるだけの広い庭、羨ましい限り。また、今年も父が庭で菜園をするということで、色々と植えていた。子供達が水やりを手伝っていたんだけどぉ〜・・・うん、絵になる。
 先月が兄の誕生日だったので、ラジコンヘリコプターを贈呈したんだけどぉ〜・・・これが物凄く好評いただけたようで嬉しかった。楽しそうにヘリコプターを飛ばしている兄、うん、これは我ながら大成功である。私も いじらせてもらった。こういったラジコン操作はバイオハザードで鍛えているんだけど、そこに上下の移動、つまり三次元操作となると だいぶ違ってくる。だけど、うん、面白い! 私も欲しいかも(^-^;)。でもテロリスト達が いるから無理か・・・。
 午後、近所の親戚宅に行った。ここは食堂を営んでおり、先日の消費税率改悪に伴う価格改定の際、私も とある方面で手伝いをしており。役に立てたようで何より。ここで 色々と ご馳走になった。価格改訂後も客足が全く衰えず、みんな分かってくれている人達ばかりと聞いて一安心。ただ、見ていて気の毒に思えるぐらいに忙しそうだった(^-^;)。その途中、物凄い雷雨が(・o・)。うん、ワイの思った通りや! 昨日のうちに東京ドイツ村に行って正解だったね( ̄ー ̄)♪
 帰り道は道路の大渋滞を横目に電車で悠々。これは気分がイイ(^¬^)♪


4月7日(月)
忘れるものだね〜
 先月、写真館で撮影した兄夫妻の結婚10周年記念写真。ようやく出来上がったので受け取りに行き、早速それを電子データに変換。撮影日当日に撮影した動画は先月のうちに一通り編集が終わっており、後は電子化した写真を組み入れるのみ、という状況だった。
 なんだけどぉ〜・・・もう数週間も前の話なので、自分が編集で どこまでやったのかとか、残りの作業が何であるかということ、忘れるものだね〜(^-^;)。覚えていないにせよ、作業内容を見ながら思い出せたというのも あるし、「自分なら こうしているはず」という推測も的中。
 今日は充分な編集時間を確保できなかったため、プロトタイプDVDが出来上がったところで終了。動作確認は翌日、妻に任せよう。確認作業は妻の方が遙かに精度高くやってくれるし。


4月8日(火)
所詮、対応してくれる店員の差、それだけか・・・
 私が好きな家電量販店はヨドバシカメラとノジマ電気。大嫌いなのはヤマダ電気。なんだけど、それを揺るがす出来事に遭遇した。・・・あ゛、別にヤマダ電気を好きになったという訳ではなく。
 まずヨドバシカメラ。店頭に展示されていた品、実にイイと思った。店員を呼び、購入しようとしたところ・・・在庫確認の際に品切れと言われた。その際、店員はニコニコ笑顔。あのさ、愛想笑いするタイミング、間違ってねぇ〜か? 在庫切れなら、初めから展示しないなり、展示品に「只今取り寄せ中」って書いておけ。
 ノジマ電気。店頭に展示されていた品、実にイイと思った。「残り2台!」と表示されていた。注文カードは2枚残っていた。私は1枚を抜き取り、レジに並んだ。3つのレジで入会手続きだか発送手続きだか、とにかく客が流れず、延々10分待たされた。この間、他の店員は私が ずっと待っている姿を確認していたんだけど、一切応援に来る素振りを見せず。ヤマダ電気だけでなかったのね、こういうこと。
 で、ようやく私の番になり、目的の品を購入しようとしたところ「在庫切れです」とのこと。は? 店頭に残り2台と書かれていたし、注文カードも あったし、商品が入った箱も あったのに。この杜撰な在庫管理、とにかく非道い。そして これみよがしに、他の店員が その箱を取り出して、わざわざ遠回りして私の目の前を通り過ぎて行った。「丁度、今から発送するところです」だってさ。
 以前、ノジマで空調機を購入した際、対応してくれた店員達が凄くイイ人達で、それ以来ノジマ電気好きになった私。だけど、「ノジマ電気が良い」ではなく「対応してくれた店員が良い」だったということね。それは引っ越し業者も同じということか(-_-#)。


4月9日(水)
あれから1年
 Windows XPのサポート期限を迎えた(日本時間で)。2014年問題の狂想曲が長らく続き、私も職業柄 公私にわたって色々と係わることが多かった。
 そんな私なんだけど、今日は全く別の意味合いで大きな日だった。娘と息子の舌癒着症の手術から丁度1年、である。泣き叫ぶ我が子を強引に手術台に抑えつけた あの時。あの表情と声は一生 目に焼き付いているし、耳から離れず。今でも時々夢に出てきて魘される(>_<)。



4月10日(木)
昔、手に入れられなかった物
 普段、何気なく利用している熱帯雨林。今でこそ当たり前だけど、ほんの10数年前までは一切外に出ず、自宅で色々と品定めして注文して届けてもらえることは革命的なことだった。その時の感動を忘れるべからず、である。
 で、今日 とどいた品。自分用という訳ではないものの、私が閣外協力している とある件で大活躍してくれる・・・はず。この品は私にとって因縁浅からぬ(?)品でもある。
 私が大学院時代、当時のアルバイト先にて「これが あったら便利/いいかも」という話が出て、私が自転車に乗って街中を探し回ったものの、結局見付からず終いだった。あれだけの肉体労力と日数を駆使しても見付けることができなかった品、今は指を動かしてネット注文するだけで簡単に入手できるようになった。時代の流れを感じる瞬間である。


4月11日(金)
定例会
 1か月に1度の定例会が開かれた。とは言っても仕事・会社関係ではなく。娘が保育園に通っていた当時、1番仲の良かった お友達親子。今となっては通う施設が違うので会える頻度は・・・実質この定例会のみなんだけど、娘は今も この日を毎月楽しみにしている。娘が保育園への通園を終えてから1年が経過するのか・・・。自分の中では「まだ そんなものか」である。娘の保育園通園、ずっと昔のことだったように感じる。だけど、こうして1年間、定例会を実施し続けられていることが嬉しい。いつの間にか疎遠に・・・というのはイヤである。
 ともかく、定例会での夕食準備は いつも私が担当。下は1歳から上はxx歳まで幅広い年齢層なんだけど、基本的に1歳児でも好んで食べられる献立にする必要が あり。となると自ずと作れる物が限定される。だからといって毎回同じような物を出す訳には いかず。なかなか頭の遣いどころである。
 肝心の娘は友達が来てくれるのを楽しみにしているくせして、遊ぶ時は1人。何ぢゃ、そりゃ(^-^;)。息子の方が よっぽど積極的に 一緒に遊ぼうとしているし。まぁ〜、大人が使う定規が そのまま子供に当てはめられる訳ではない、ということで。子供達が満足していれば、大人の思いは関係無いのである。


4月12日(土)
携帯電話のポイントで外食
 妻が契約している携帯電話会社のポイントが溜まったということで、それを使って汚職事件・・・もとい、お食事券と交換することにした。行き先は色々と候補が あったものの、夫婦で色々と検討した結果、東京ドーム近くのホテルで昼食、ということになった。
 ここであれば4歳未満の子供が無料だし、ビュッフェ方式なので子供達の好きな物を食べられる。更に、そこの近くに東京ドームシティーが あるので、昼食後は ここの遊園地で遊べる、というのが大きな理由。
 で、いざ行ってみたんだけどぉ〜・・・う〜ん、普段行くような飲食店とは明らかに雰囲気が違う(^-^;)。昼食に1人3000円というのは私の庶民感覚からかけ離れており。だけど やはり品質は本物のようで、子供達が凄い食欲だった(^-^;)。まっ、珍しい体験をさせてもらえたということで妻に感謝。
 しかぁ〜し! 最大の見せ場(?)は昼食の直後だった。ホテルの廊下で どっかで見たことのある顔が。他人のそら似だと思ったんだけど、いや違う。本物だぁ〜! K-1で活躍したピーター・アーツ! これも携帯電話ポイントによる特典だったんだべか(^-^;)。
 昼食後は東京ドームシティーに移動。ここの遊園地、去年の12月にドイツビール祭りの ついでという形で来たんだけど、その時は既に暗くて寒く、充分に/満足に遊ぶことができなかった。だけど今回は明るくて暖かい時間帯・時期に来たということで。例のポイント交換で、大人1人分のパスポート券と交換できる、というのも今回ここに来た理由の1つ。
 ただ、乗り物の多くは「4歳未満の場合、親は そばで付き添って下さい」という展開になり、親は一緒に乗れず(-_-#)。また、私が乗りたいと思っていた物、娘が敵前逃亡してしまい(>_<)。親にとっては乗る楽しさが少なかった・・・。
 とはいえ、子供達は思いっ切り遊べた様子。先週末の東京ドイツ村では体を動かす遊びに興じていたけど、今日は動く乗り物を楽しめたということで。2つの施設、遊びのベクトルの向きが正反対なんだけど、楽しそうに遊ぶ子供達の表情を見て撮影する、それが私の楽しみ方である。
 次回、この手の遊園地に行くのであれば、迷うこと無く浅草花やしきだね・・・。


4月13日(日)
サンデークラス開始
 3月いっぱいまで娘と同じインターナショナルスクールに通っていた親子が遊びに来てくれた。諸般の事情で4月からは幼稚園に通うこととなり。娘は通園先で仲良くなった お友達と こういう形で引き裂かれることが多いな・・・(-_-#)。
 その子はインターナショナルスクールに土曜日だけ引き続き通園するものの、娘が土曜日 通園しておらず。ならばということで! うちで日曜クラス(サンデークラス)を開催すればよい、ということになった。その子にとっては良き英語の練習になるし、娘と息子にしてみても仲の良い お友達と一緒に遊べるし。妻にしてみればママ友と いっぱい お喋りできるし、私は楽しそうに遊ぶ子供達の様子を撮影できるし。イイこと尽くしである。今日は その記念すべき第1回目。
 一応、名目は「サンデークラス」なので、遊ぶこと以外にも英語の授業(?)を実施。たまたま我が家には英語の教材やら絵本が沢山あるので、ネタには困らず。学ぶことって楽しいねぇ〜。
 お陰様で今日は私も大満足。普段の「娘の友達が遊びに来た」とは また違うベクトルの向きの楽しさだった。


4月14日(月)
これはイイ & なかなか面白い
 私はスマートフォンなる物に興味も無ければ必要性も感じないし、購入予定も無い。痛勤電車の中で絶えずスマートフォンを いじっていないと落ち着けないような人達がウヨウヨいるけど、私は ああは なりたくない。
 そんな中、YouTubeにて面白い動画を発見した。自宅で ゆっくり視聴したいところなんだけど、残念ながら そんな暇は無い。であれば、痛勤電車の中で観る方法はないべか、と考えた私。ノートパソコンで観るのも何だし、タブレットパソコンだと何故かYouTubeからダウンロードした動画ファイルを再生できないし。
 そこで白羽の矢が立ったのがPSP。私が使っている動画編集ソフトを使えば、簡単にPSP対応のファイル形式に変換可能。物は試しということで、早速やってみたら・・・うん、うまくいった。
 これにより、痛勤電車内での睡眠時間が削られることになったんだけど、自宅での作業時間を削ること無く、痛勤電車での移動時間を有効利用する形でYouTubeの動画を楽しむことができる。うん、これはイイ。
 その今回観たかった動画というのが・・・機動戦士ガンダム(初代)の舞台を色々な側面から分析・解説している内容、というもの。ガンダムの世界は後付け設定の宝庫であるものの、こうして観てみると なかなか面白い。


4月15日(火)
比較して初めて分かること
 日々の日課となっている、子供達を撮影した動画の編集作業。現在取り掛かっているのは2月中旬の北海道帰省の様子。・・・もう2か月も前のこと。つまり、手付かずのまま残っている動画、私が言うところの「借金」が2か月分も溜まっている、ということである(-_-#)。毎日作業を進めているはずなんだけど、なぁ〜んで ここまで溜まるんだかなぁ〜・・・ρ(-ω-)。
 北海道帰省の際、撮影に使ったのは妻から借りた防塵・防水・耐震カメラ。気温が低い状況下でも問題無く使えるということで、これを選択した。厳しい環境下で使うことを前提としたカメラなので、防御力は超一級。反面、画質が犠牲になっている。
 ・・・ということは初めから分かっていたものの、こうして全編が防塵カメラで撮影された動画を編集していると、その差クッキリ。画質ではなく、音質が。音質がアナログになってしまうのは致し方ないとして、正体不明の雑音が猛烈に混ざってきて、聞いていて非常に不快になる。編集後は背景に音楽を流したり音質補正することによって不快感を軽減できるんだけど、編集中は生の雑音が聞こえてくる訳だから、我慢が続く。
 いかに普段の動画撮影用に使っているコンパクトカメラが凄いのか、こうして比較することによって初めて分かることが ある。


4月16日(水)
まだ残っていた2014年問題対応
 Windows XPがサポート切れになって早1週間。それに纏わる狂想曲(?)が遙か昔のことのように感じている今日この頃。・・・なんだけど、残存部隊が いた(>_<)。
 私の元に届いた1通のeメイル。この人物、存在を忘れていた訳ではないものの、1年前に2014年問題の話をし、その時には「では後日ほど宜しくお願い致します」と言ってきたはイイけど、それっきり音沙汰が無かった。ということで、この人物は自分でパソコンを購入して対応済み、と思うことにしていた。だけど、まさかと思っていたことが そのまま現実になっていたようで。
 恐る恐るeメイルのソースを確認したところ、嫌な予感が当たってeメイルソフトはOutlook Express6。つまりOSは どんなに贔屓に見てもWindows XP。う゛わ゛ぁ〜、ウイルスが培養されているよ〜(>_<)。そんな培養箱から送られてくるeメイル、受け取りたくない! もう、この人物からeメイルが届く度に冷や汗が吹き出る。
 何で もっと早くに依頼してこなかったのか、言いたいことは沢山あるけど、ここはグッと抑えて大人の対応。パソコンのゼットアップ作業は嫌いではない・・・というか好きだしね。


4月17日(木)
襲来
 マミーが関東に襲来した。年に4回襲来するマミーなんだけど、今回は いつもと様相が違い。欧州から知人が初来日するということで、その迎撃が主目的。そのため、本来は3月に定期襲来するんだけど、それを4月の来日に合わせることになった。とはいえ、孫に会える楽しみを忘れた訳ではなく。
 今回、マミーが乗った飛行機は かなり遅い時間帯のもの。そのため、仕事帰りに空港に到着しても、結構な時間が余ることとなり。持参したパソコンで娘と息子の動画編集作業、できる部分を実施した。うん、上手な時間の使い方だな♪
 マミーと合流し、帰路につき、遅目の夕食を取ってから帰宅。自宅に着く頃には子供達は既に寝静まっており。まっ、明日は1日自由なので、それを楽しみに、である。


4月18日(金)
違うけど同じ
 私は会社をサボり、子供達のインターナショナルスクール送迎を担当。マミーも同行した。今年度に入ってから私が ここに来るのは初めてだったんだけどぉ〜・・・3人が卒園し、丁度今日から通園開始という子もいた。卒園した3人は いつも私に対して猛烈に手荒い歓迎をしてくれたんだけど、今は それが無く。うん、改めて その3人が卒園したんだなということを実感し、寂しさを覚えた。
 だけど、在校生(?)達の元気さは 以前と全く変わらず。新しい子も私に懐いてくれ。うん、ここが子供達の通う場所である、という事実は同じである。
 本格授業が始まる頃合いを見計らって私とマミーはインターナショナルスクールから撤収。近所の複合買い物施設にて色々と買い物をした。また、予想外に(?)昼食時に募る話が沢山あったようで。一旦帰宅するつもりが、そのままインターナショナルスクールに お迎えに行くこととなった。
 午後、子供達を迎えに行き、その足で娘のバレエ教室。4月から講師が交代したということで、私が生で お目にかかるのは初めてだったんだけどぉ〜・・・うん、問題無さそうやね。安心した。
 妻と合流した後、夕食はパン食べ放題の店にて。ここに来るのって、実は かなり久しぶりだったかな。娘も息子も偉い勢いでパンを食べており、それを見る楽しさは健在だった。


4月19日(土)
初来日・渋い観光
 マミーの知人がドイツから初来日。ということで、マミーと2人で成田空港まで迎えに行った。普段、私がマミーを見送る、或いは迎えに行く成田空港なんだけど、こうして2人で誰かを迎えに行くというのは初めての展開で、妙な心境だった(^-^;)。だけど、成田空港は来るだけで海外旅行をする時のようなワクワク感が出てくるので、それが楽しい。
 また、前々から欲しいと思って あちこち探し回るも、結局は見付けられなかった品。ここの売店で見付けることができた(^o^)。成田空港では撮影のために とにかく走り回ることになり、疲れた(∩。∩;)ゞ。
 その知人の来日に際し、最初にして最大の関門。それは「無事に日本に辿り着けるか?」というもの。というのも その知人、英語ができないんだそうで(^-^;)。これがドイツ→日本への直行便なら問題無いんだろうけど、フィンランド経由で、となると事情が変わってくる。基本的にフィンランドではドイツ語もロシア語も通じない。更に! 知人にとっては これが人生初の飛行機なんだそうで(・o・)。そんな中で敢えてフィンランド経由という茨の道を選ぶとは・・・どう表現すればイイのかな(^-^;)。
 だけど我々の心配をよそに、無事に日本に到着。いや、無事ではないか、飛行機は1時間半遅れで到着。私の昔取った杵柄ドイツ語が今でも通用してホッとした。忘れてないものだね〜。我ながらビックリ。そして! その知人が話すドイツ語、聞き取れる。聞き取れるぞ! オーストリーのドイツ語は方言が非道く、標準ドイツ語を習っただけの私には とても聞き取れないものだった。それに対し、知人のドイツ語は標準語を意識して話してくれているようで。マミーのドイツ語も確かに標準語になっているのが よく分かる。それを理解できている自分が不思議に思えた。
 一旦うちに立ち寄り、荷物を整理し、休憩。子供達が すぐに知人に懐いてくれたのでホッとした。流石我が子供達、西洋人を見て物怖じするようなことは一切無い。
 昼食はトンカツ専門店にて。日本の肉フライ、気に入ってもらえたようで良かった。続いて観光に出発。知人は とにかく日本通ということで、ディズニーランドやら秋葉原には興味が無く。本来は新宿御苑と東京エロ博物館に行きたかったんだけど、予想以上に体力消耗していたということで、新宿御苑は中止。代わりに、まずは妻が急遽見付けてくれた、エロ博物館の すぐそばにある庭園へ。飛行機の長旅と時差ボケでグロッキーだった知人、急に元気になった(^-^;)。だけど それだけ気に入ってくれたようで、良かった。
 そこのすぐそばに お寺があったので、そこにも立ち寄り。で、エロ博物館。私も道案内ということで1日付き添ったんだけど、今日行った場所は私にとって初めて来ることになった場所ばかり。まっ、私にとっても良き観光の機会ということで、楽しめた。
 夕食は妻・子供達と合流した上で うどん。日本風のファストフードということで。帰宅後、知人はグロッキーで即陥落。念願だった来日ということで、日本を心底楽しんでいるようで、私も嬉しい。


4月20日(日)
切っ掛けをもらった東京スカイツリー
 マミーの知人も我が家に1泊。ということで、狭い日本の家庭を満喫してもらえたかな(^-^;)? 朝食は普段の我が家では有り得ないような純和風。お口に合わなかった時のためということで滑り止めを用意していたんだけど、必要無かったのでホッとした。
 今日の観光案内は東京スカイツリー。そりゃあ、私も いつか行くつもりだったけど、知人のお陰で早くに実現した。また、今日は知人の要望により、我々家族4人全員が同伴。子供達が どんな反応を示すかな。
 で、いざスカイツリー。目茶苦茶混んでいた。まぁ〜、日曜日なので当然と言えば それまでかな。切符購入の行列はディズニーリゾートの2時間待ちぐらいだったかな。ただ、我々の場合は事前にWeb予約して行ったので、切符購入の行列待ちは一切無く。
 ということで、その大行列を横目にスイスイとエレベーターに向かうのはディズニーリゾートでファイトパスを使った時の心境、或いは高速道路の料金所で大渋滞を起こしている時にETCで悠々と通り抜ける時の心境によく似ていた(^m^)。
 スカイツリーの内部は・・・東京タワーよりは広かった。だけど所詮は塔なので、ビルである横浜ランドマークタワーよりは狭く。また、窓も鉄格子に覆われていたため、牢屋から外の世界を夢見る囚人のような心境になることができたかな(^-^;)。
 ソラマチは ほぼ見る暇がなく。時間が無かったので仕方なかったものの、所詮は買い物をするだけの施設。日本文化に触れたいという知人の標的には初めから含まれていなかったので問題無し。
 ここで妻・子供達と別行動を取り、我々は浅草に向かった。ここは かなり お気に召した様子。うん、前日に急遽の提案だったんだけど、良かった。かなり駆け足だったし、私の提案ではなく知人の希望による日程だったものの、楽しい観光案内だった。
 浅草駅からは電車1本で羽田空港に行ける。ということで、マミーと知人とは ここで別れ、私は帰路・・・ではなく、スカイツリーそばにある公園へ。子供達がスカイツリーに向かう途中、この公園を見て予想通り「ここで遊びたい!」って言っており、妻達3人は ここで遊んでいることが分かっていた、ということで。
 その規模・広さの凄さも そうだけど、人の多さにビックリした(゜ロ゜)。流石は東京都やね・・・。咄嗟の閃きで、夕食は公園そばにある複合買い物施設内の伊太利亜料理食べ放題の店にて。子供達も よく食べていた。妻よ、御馳走様ぁ〜♪
 帰宅後、マミーとテレビ電話。ついさっきまで一緒にいた人が遠方に離れてテレビ電話。う〜ん、妙な感触である(^-^;)。


4月21日(月)
お引っ越し
 会社で部屋の引っ越しがあった。今回は大規模な人員移動があったので、週末のうちに荷物を箱詰めし、週明けに開梱作業。色々と愚痴を言いながらの作業となった。また、新しい部屋というのが・・・これまた不平が沢山でてくる環境。愚痴を言ったところで状況が変わる訳ではないので、慣れるしかないのね・・・。


4月22日(火)
中途半端な知識って怖い
 2014年問題の残存兵対応。代行購入したパソコンが届いたので、早速セットアップに着手した。本来、こういう作業は大好きなんだけど、今回の件については とにかく言いたいことが山積みになっており。イライラしながらの作業となった。「パソコンは何も分からない」と言って私に泣きすがりついてくるのに、私の助言を一切合切無視。最後の最後に どうしようもなくなったので、仕方なく私の助言を受け入れるも、やっぱり何かとイチャモンをつけてくる。この新パソコンにウイルスを仕込んでやろかいなρ(-ω-)。
 この作業をしている間、とある人物のことが頭を駆け巡った。完全に私の2014年問題対応範囲外なんだけど、物凄いパソコン運用をしている人。「最新のパッチを充てていればウイルスに感染しないから、ウイルス対策ソフトを金をかけるような無駄なことはしない」と おっしゃっている人。この時点で この人とeメイルのやりとりをしたくないんだけど、2014年4月9日を以てWindows XPのパッチは もう出なくなることをいくら説明しても理解してもらえず。更には「私は大丈夫」という、何を根拠にしているのか全く不明な自信まで お持ちのようで。「パッチ充て」という言葉を知っているだけで自分がパソコンに詳しいと勘違い。中途半端な知識って怖いね・・・。


4月23日(水)
大活躍する瞬間
 ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)。人によって色々と好みが分かれてくる。そのうちの1つ、インターネットエクスプローラー・通称IE。私は これが大嫌いなんだけど、このIEが大活躍する瞬間が ある。それは「パソコンを新規購入して、パソコン本体のブラウザーがIEしかない時、他のブラウザーをダウンロードする時」である。これは地味に重要任務。それが終わったらIEとはオサラバ。
 ・・・といきたいところなんだけど、そうもいかない場合が発生。自宅から会社勤務をする際に利用する暗号回線。これって、IEの ある程度古いバージョンでしか動かない。Windows7以降に標準搭載されているIEのバージョンでは基本的に新しすぎてダメ。そういう時はIEに搭載されている下位互換モードを使って動かすことになる。
 なんだけど、つい先日、私が第2ブラウザーとして利用しているLuna scapeでも そういった下位互換モードを使え、会社の暗号回線を利用できることが発覚。わ〜を♪ これで自宅は勿論、会社でも金輪際、IEとは オサラバである。


4月24日(木)
大丈夫かよ、オイ!?
 WindowsXPのサポートが終了してから2週間が経過した。日本時間で4月9日に提供された修正プログラムを最後に、今後はXPのアップデートが提供されなくなる。マイクロソフト社は過去に いくつものOSを出し、サポート終了させてきたんだけど、今回ほど大騒ぎされることは過去に無かった気がする。次のOSサポート終了は2017年4月17日のVistaだけど、これは誰も騒がないか(^-^;)。問題は その次の「7」。2020年1月14日が次の狂想曲、となりそうである。
 話は変わり。私が管理しているWebサイト5つ。試しにアクセス記録を見てみたら・・・未だにWindowsXPを使っている人がチラホラ。大丈夫かよ、オイ(^-^;)。


4月25日(金)
最近、多い
 2014年問題対応、早い話がWindowsXPパソコンからWindows7パソコンに買い換えて設定をする、という作業。私は公私にわたって結構な数を こなしてきた。「私」の部分では かなり早い段階で動いていたのに対し、「公」の部分では予想通り年度末に作業が集中。ということで、この1か月間、職場にて この手の作業が多い。
 勤務事務所の引っ越しに伴い、ここで またパソコンの設定作業が発生。とは言っても2014年問題対応ではなく、遊休になっているWindows7パソコンを別用途で使えるように設定し直す、というもの。こういう作業は好きだし、楽しい。


4月26日(土)
サタデークラス
 娘と息子が通うインターナショナルスクールのクラスメイト親子2組が遊びに来てくれた。本来は もう1組、OGがくるはずだったんだけど、体調不良により無念の欠席だった。まっ、こちらは また次回に、ということで。
 インターナショナルスクールのクラスメイトが遊びに来る場合、子供達同士が話す時は全部英語で、というのが我が家の仕来り。さしづめ土曜日教室、横文字で言うところの「サタデークラス」である。
 賑やかな昼食の後は公園に遠征。動き回って お腹が空いたとところで帰宅してオヤツ。お決まりの楽しい流れである。妻も気の許せるママ友達と色々と お喋りができて、発散できた様子だった。
 なんだけど、1つ、いつもとは決定的に違う展開が あった。それは今日来た2人のうち、1人が我が家に お泊まりすることになった、というもの。あまりにも急転直下の展開・決定で、私もビックリだった(^-^;)。
 ただ、そうなると どうしても こういう展開になるよね、というのが・・・もう1人も お泊まりしたいという主張。ただ、こちらは明日 習い事があるとのことで、母親が首を立てに動かさず。涙ながらの抗議声明が続いた。これは見ていて可哀想だった。今日の お泊まり、決め方がマズかったかな・・・。片方は急遽OKで、片方はダメというのは、そりゃあ納得できないよね。
 ただ、その抗議活動を見ていて感心したことが2つ。1つは その子の母親。子供が泣き喚き、母親に散々暴力を振るっても、決して力尽くで抑えつけるのではなく、温かい眼差しで接していたこと。私なら最初の2秒でキレているな・・・。
 もう1つ。その子が散々暴言を吐いたり、暴れた弾みで手足が娘に当たってしまったとしても、娘は優しく その子を諭し続けたこと。娘の心優しさに私はジ〜ンときた。ともかく、この子は次回は前もって準備して宿泊しに来るという約束の下、お開きとなった。
 で、我が家では初となる、小さなお姫様の宿泊。当初の親達の心配をよそに、非常に しっかりしている子なので、なぁ〜んにも問題無かった。夜も一緒に遊べて、寝る時も一緒ということで、子供達も明らさまに楽しそうにしていた。
 遅かれ早かれ我が家に小さな宿泊客が来るのは分かっていたものの、思っていたよりも早かったし、何よりも物凄い急転直下の展開だった(^-^;)。だけど、初めての宿泊客が この子か〜。自分の中では意外だったものの、1年前に初めて私がインターナショナルスクールに行った際、1番印象に残っていたのが この子だった。世の中、何かと因果応酬だね〜。


4月27日(日)
初めての宿泊客と共に
 我が家で初となる、小さな宿泊客。夜中も朝も なぁ〜んの問題も無しである。この子が良きお手本となり、娘も息子もイイことを真似するようになり。親としては楽をさせてもらう展開が多かった。こういった しっかりした子であれば、宿泊大歓迎である。
 それとは別に、本来 今日は娘と息子が通うインターナショナルスクールの元クラスメイト親子が遊びに来てくれる予定だった。なんだけど、その子が体調不良のため、急遽 来られなくなり。昨日のOGの子といい、今日の元クラスメイトといい、聞く限りでは病状が似ていた。お腹に来る風邪が流行っているのかな?
 元クラスメイトが来られなくて残念だったんだけど、小さな宿泊客が いるお陰で非常に充実した1日だった。もともと本日の来客用に用意していた食材は そのまま使うことができ、我が家周辺にある3つの公園をハシゴし。どこかしら大きな遊園地に行くまでもなく、子供達は非常に楽しそうだった。
 夕方、惜しまれつつ(?)お開き。お友達が帰宅する際は割と冷静な娘なんだけど、宿泊客帰宅直後に泣き出した。珍しい展開・・・いや、初めての展開かな。それだけ楽しかった、ということだね。親としても、小さな子を預かることに対して1つ自信がつくこととなり。またお友達に お泊まりしてもらおうね。


4月28日(月)
世間一般は連休中・・・でもないか
 「ゴールデンウィーク」という和製英語・・・というか、カタカナ日本語。これって昭和20年代に映画業界の人が使い始めた言葉なんだとかで。戦後は娯楽が映画しかなく、この時期が書き入れ時だったから この表現になった。・・・ということを今朝の痛勤電車の豆知識テレビで観た。
 その痛勤電車。世間一般は連休に入って、混雑ぶりが緩和されているかなと思ったんだけどぉ〜・・・案外そうでもなかった。


4月29日(火)
今となっては珍しい1日だけの休み
 ハッピーマンデイが導入されて以降、火曜日〜木曜日に1日ポツンと存在する祝日が珍しくなったんだけど、今日は そんな日。娘と息子のインターナショナルスクールは お休みだったんだけど、プール教室は いつも通りということで、2人で行ってきた。いつもはインターナショナルスクールの帰り道に息子も含めた3人でくるんだけど、こうして2人で、というのは珍しい。娘が泳いでいる間は私は自由に動けるということで、娘が泳いでいる様子を ゆっくり見ることができた。
 こうして私がプールの付き添いに来るのは月に1回程度なんだけど、娘の泳ぎが上達しているのが よく分かる。


4月30日(水)
変な連休
 職場、とにかく色々な案件がヨーイドンで合わせたかのように色々と重なり、早朝から夜遅くまで息つく暇も無かった。月曜日も目茶苦茶な忙しさだったし。へんな連休である(-_-#)。帰宅したら気分は すっかり金曜の夜だったんだけどぉ〜・・・まだ水曜日か(>_<)。
 だけど、毎月末恒例、妻が作ってくれたオニギリ。会社で食べている時に妻からの愛情がズッシリと伝わってくる。今回は新しい作り方ということで、俄然 美味しかった(^o^)。


ズボラ日記のトップに戻る