まいけるのズボラ日記




2014年10月



10月1日(火)
この人で良かったな、と思う瞬間
 詳細をここに書く訳には いかないんだけど、とある誘いを受けた。本人に悪意は無いと思いたいんだけど、何かと「え゛(・o・)?」と思う部分が あったり、また私の読み違い・・・というかfacebookメッセンジャーの仕様の落とし穴が あったというか。facebookで短時間に複数回メッセージを送信した場合、eメイル宛への通知には最後に送信した内容しか届かないって、危ない仕様のような気がする・・・ρ(-ω-)。ともかく。
 勿論、私としては誘いの内容に含まれる いくつかについて「(-_-#)」と思う部分は あったものの、誘いを受ける気でいた。が、私は我慢できたんだけど、妻は我慢できなかったようで。まぁ〜、確かに その内容を1個1個吟味していくと・・・ね〜(^-^;)。
 それで妻が取った行動。何と私への通告無しに直接誘いの断りを入れた。石橋を叩いても渡らない妻が たまに見せる この大胆な行動には驚かされるんだけどぉ〜・・・その度に惚れ直す(*^_^*)。今回、妻は私の思いを深く読み取り、その上で自分が悪役になることで私を守ってくれたんだと感じた。この人が私の妻で良かったな、と思う瞬間だった。・・・なぁ〜んてオノロケでした(^_-)ゞ。


10月2日(木)
NGO・NPO団体?
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。PTAは無いものの、どういう訳か親御さん同士は伝統的に結束力が強い。何かと親御さんが積極的にボランティアとしてスクールに関わることが多い。正直、このボランティアが無いと、スクールが成り立たない、と言ってもイイぐらい。そんなところが いかにも米国式。
 勿論、それに対しては賛否両論あるかもしれない。だけど私は好きである。まぁ〜るで気分はNGO・NPO団体である。


10月3日(金)
今年最後の大行事
 娘にとって今年は激動の1年だった。あ゛、激動とは言っても、事件が多数起きたという意味ではなく。とにかく色々と遠方に出掛けることが多かった。2月は人生初の北海道。7月は人生初の沖縄。8月は2年ぶりの山形。9月は大本命の欧州。そして今年の11月は去年から恒例行事となった愛知。その愛知行き、ようやく日程が固まった。娘にとっても、我々家族にとっても今年最後の大きな行事である。
 ・・・なんだけど、宿泊方法を巡って妻から思わぬ発言。う〜む、困ったρ(-ω-)。


10月4日(土)
親子3人で
 今日は割と遠方の室内遊園施設・・・いや、厳密には子育て支援施設に行ってきた。親子3人で。妻は束の間の主婦業休暇・・・とは言っても、色々と こなすべき家事が あったようで。果たして どこまで休めていたのかな(∩。∩;)ゞ。
 今日は まず、子育て支援施設の近くを走っている新都市交通システムに乗った。別に これに乗って どこかに行くという訳ではないものの、前々から子供達が乗りたがっていたということで。ようやく念願叶った、といったところかな。車体は小さく、結構揺れたものの、15分かけてグルッと1周。子供達は大満足だった。
 引き続き子育て支援施設。ここは建物の構造上、子供がどこで遊んでいても親の目が行き届きやすい。また、プロの保育士が常時複数人で現場に目を光らせているので、親としても安心。ただ、最近になって人の入りが減っている気がするんだけどぉ〜・・・まぁ〜、ともかく。
 理由は不明なんだけど、数ある この手の室内遊園施設にあって、娘は ここを偉く気に入っている。事ある毎に「ここに行きたい!」って言ってきていた。私は別に意地悪していた訳ではないものの、なかなかタイミングが合わず。ということで、今日こうして連れて来ることができてホッとした。
 また、ハロウィーンが近いということで、本日の工作では魔女の帽子を作ったり、オバケカボチャを作ったり。予想外の戦利品だった。


10月5日(日)
サンデークラス
 今日は我が家でのインターナショナルスクール非公認課外活動(裏サタデークラス、サンデークラス)初参加の親子が来てくれた。前々から声をかけたいと思っていたんだけど、気軽に声をかけて良いのか否かが分からず(∩。∩;)ゞ。なんだけど、噂(?)を聞きつけた先方が私に直訴(!?)してくれたのが事の始まり。嬉しいね〜♪ しかも聞くところによると そのクラスメイト、お友達の家に来るというのは今回が初めてとのことであった。うち、何かと「初めて」の舞台になることが多く。これまた嬉しいね〜♪
 いきなり大勢いるところに初参加だと圧倒されてしまいそう、ということで、まずは1組だけでの参加。外は あいにくの雨で公園に行けなかったものの、室内遊びだけでも充分だったようで。娘も息子も大喜び。妻もママ友と色々お喋りできて楽しそうだった。そして! 私は当然、いっぱい撮影できて大満足(^¬^)♪ 大勢で遊ぶのとは また違った楽しさが あった。
 また、そのママ友、実はセラピスト・・・いや、マッサ〜ヂ師と言った方が分かりがイイか、ともかく そういう職種なんだけど、妻と娘に対して施術をしてくれた。娘が特に気に入ったようで・・・ヤバイ、今後、何かにつけて「疲れた。マッサ〜ヂして!」って言い寄ってきそうで怖い(^-^;)。


10月6日(月)
祖母の葬儀
 先月の12日(現地時間)に亡くなった私の欧州方祖母の葬儀が営まれた・・・とのこと。距離と時間の関係で、私は参列できず。マミーも同じく。マミーは自分の両親の葬儀、いずれにも参列できなかったことになる。だけど、それはマミーが日本に住むと決めた時に覚悟していたはず。また、今回マミーは母親を看取ることはできた。
 参列はできなかったものの、私の従兄弟が葬儀の様子を撮影した写真を送付してくれた。祖母の亡骸が入った棺が墓地に埋葬される写真を見て、遂になんだなと感じた。

 日本の場合、その人が亡くなってから葬儀が執り行われるまでが とにかく早い。それに対し、今回の祖母の場合は約1か月後。親が亡くなったとしても、当日や次の日には ごく普通に会社や学校に行く。既に旅行を予約済みの場合は そちらを優先する。まぁ〜、日本とは何かと事情が違ってくる。
 私は参列できなかったのは勿論、これだけ距離が離れているから正直なところ 実感が湧いていなかった。だけど先日伯母から葬儀の案内状が郵送されてきた。そこに載っている祖母の写真を見た瞬間、急に実感が湧いてきた。ただ、文章が(当然だけど)全部ドイツ語なのでぇ〜・・・読めるんだけどサッパリ理解できない(°ー°)ゞ。
 そんな本文にあって、理解できた部分。祖母にとっての子供達(3人)、孫達(8人)、曾孫達(7人)の名前が列挙されていた。遠く離れて暮らす我々の名前も ちゃんと掲載されていたのは嬉しかった。ただ、その18人のうち、唯一祖母と直接会えなかった人物。それは私の息子。息子の出産に立ち会えなかった一生の無念さに匹敵する思いだった。
 一方、娘は先月の欧州里帰りの際、最初で最後の機会にギリギリで会うことができ。娘は将来、曾祖母と直接会ったことを覚えていられるのかな。



10月7日(火)
祖父を感じる瞬間
 私のマミー方の祖父(故人)。日本語は勿論、英語も話すことができなかった。そのため、私が祖父と直接話せたのは・・・私が大学1年の渡欧時のみ。私が大学時代、唯一まともに・身を入れて勉強したのがドイツ語。目的は祖父と直接ドイツ語で話すため、であった。その目的達成度は・・・勿論100%には程遠い。だけど、ようやく祖父と直接話すことができたのは嬉しかった。その後 何度か拙いドイツ語ながらも祖父宛に手紙を書き、祖父は半身麻痺の不自由な体ながらも ちゃんと返事を書いてくれた。
 その渡欧から約半年後、祖父は旅立った。私が6年半ぶりに渡欧したのが直接会う最後の機会だった。また、私が送った桜のハガキは祖父が生前に受け取った最後の郵便物だったそうで。
 祖父が亡くなったのは もう20年近くも前の事なんだけど、今でも祖父を感じる瞬間が しょっちゅう ある。それは・・・私がイビキを妻に指摘された時や、半分ぐらい眠りに落ちかけている時に口がポカンと開くこと(^-^;)。いずれも祖父から受け継いでいるようである(∩。∩;)ゞ。また、時々マミーから 私の性格は祖父に似ている、と言われることがある。私は祖父の性格を知らないんだけど、それでも似ていると言われるのは嬉しいものである。うん、私の体には祖父の血が流れている。
 そして最近、祖父を感じる瞬間。それは息子の毛深い背中を見た時。そして娘が眠る際は どんな時でもイビキをかくこと(^-^;)。命は受け継がれている。
 その祖父は今頃約20年ぶりに祖母と夫婦一緒、なのかな。


10月8日(水)
皆既月食
 今日は日本で皆既月食を観測できる、というニュースは前々から知っていたんだけど、そのことをすっかり忘れていた私(∩。∩;)ゞ。会社帰り、たまたま見えた月が不自然な欠け方をしていたので「あっ、そういえば!」と思い出した。
 実は3年前に日本で皆既月食を観測できた際、しっかりと写真に収めていた私。なので別に今回、無理して・・・という必要は無かった。とはいえ、やっぱりこういった天体ショーが目の前で展開されていると分かっていて みすみす見過ごす訳には いかない。ということで、帰宅後すぐ一眼レフカメラに望遠レンズを装着し、三脚持参で外に出た。
 そうしたところ、同じマンションで全く顔を知らない人達が何人か天体観測をしており。お近づきになれる良き切っ掛けとなった。また、子供達が・・・パジャマ姿なんだけど、赤い月に大興奮なのか、それとも夜になって気が高ぶっているのか、楽しそうに はしゃぎ回っていた(^-^;)。
 ともかく、イイ写真を いっぱい撮影することができた。普段、望遠レンズなんて使う機会が無いんだけど、こういった「いざ!」という時に強みを発揮してくれる。また、上述のご近所さんが使っていた一眼レフカメラは型番こそ違えど私と同じキヤノン製。なので、望遠レンズを貸してあげたり、月食撮影用に設定変更してあげたり、ということができた。操作方法や部品が共通だと、こういった利点が あるだぁ〜ね。
 楽しい天体観測だった。



10月9日(木)
1か月に1度
 今日は月に1度の会社サボリの日。当然、子供達のインターナショナルスクール登園は私が付き添い。現地では ちびっ子テロリスト達による手荒い歓迎(^-^;)。でも それが楽しい。月に1度だけ、というのが非常に残念である。
 束の間の夫婦水入らずの時間は・・・4年ぶりに夫婦で とあるラーメン店に行った。ここ、全国ラーメン選手権で2位を獲得したんだとかで。凄ぇ〜(・o・)。でも納得できるかも。今回、私は具材は最小限に留め、麺を大量に、という内容を試してみた。大盛りは多すぎたかな、次回は中盛り+具材たっぷりにしてみよっと。だけど久々の ここのラーメン、妻も満足してくれていた様子。夫婦2人っきりでの食事。これまた月に1度の楽しみである。御馳走様ぁ〜♪
 私は その足で すぐさまインターナショナルスクールに戻り、昼食時の様子を撮影。利用目的は・・・まぁ〜、企業秘密(?)ということで(^m^)。その後も娘と息子の授業終了時刻まで付き添った。
 授業終了後は妻も合流して家族4人で お出掛け。行き先は・・・日本で3番目の売り場面積を誇るという複合買い物施設。去年の12月に開店しており、タイミングを見計らって行く気だったんだけど、今日 実行となった。外観からして その建物の大きさ・・・というか、横に長い その長さに圧倒された。これで全国第3位!? 普段ちょくちょく行っている複合買い物施設が実は全国第2位とのことだったんだけど、今日来た場所の方が広く感じたな・・・。まぁ〜、いっか。平日の午後ということか、店内は全く混雑しておらず、ゆつたり・のんびりと見て回れた。
 今回、唯一明確な目的を持った買い物というのが娘のハロウィーン用の衣装。玩具専門店が あったので、そこで娘が選んで購入。その間、息子はサンプル玩具で延々遊び続けていた。物凄い集中力である。唯一の用事が終わったものの、もう帰る訳にもいかないので、ここの複合買い物施設が どんなものか、端から端まで見て回ることにした。イオンモールらしからぬ高級路線の雰囲気、だったかな。また、複数の建物同士を繋ぐ連絡通路は どこか国際空港の連絡通路を彷彿させる雰囲気で気に入った。
 屋上に公園がある、というのが面白かったんだけど、そこの間欠泉に子供達は大はしゃぎ。夕食に選んだ店は・・・息子にとっては天国とも言えそうな場所。店内にジオラマが多数設置されており、走り回る鉄道模型を見ながら食事ができる、というもの。食事を待つ間も、食事中も、食事後も息子は鉄道模型に夢中。だけど騒いだり勝手に目の届かない場所に移動したり、というのが無いので、実はイイかも。私としては次回は この店の向かいにあるガンダムカフェに行きたいかな〜(^¬^)♪

 構造上 仕方ないのかもしれないけど、とにかく ここの複合買い物施設は移動距離がベラボーに長い。まっ、運動不足解消に一役買っている、って前向きに解釈もできるのかな。私の目線からは子供達には不完全燃焼だったような気がしたんだけど、子供達は物凄く楽しくて大満足と言ってくれたのが意外だったと同時に嬉しかった。帰宅後、子供達は割と素直に・アッという間にバタンキュー。その後、妻が携帯電話を落としたことが判明(゜д゜)。心当たりの場所に電話をしたら、落とし物として届いているとのことだったのでホッとした(-o-)。


10月10日(金)
最後に行ったのは いつだろう・・・
 会社が終わった後、自宅近くの歯医者に行った。私が最後に歯医者に行ったのは いつだろう・・・。少なくとも21世紀に入って以降、行った記憶が無い。別に痛い部分は無かったんだけど、流石に10年以上行っていないというのも何だし。
 ママ友がイイ歯医者を紹介してくれ、妻が行ってみたところベタ褒め。営業曜日が嬉しく(土日もやっている)、診療時間も良心的(平日は19:30まで やっている)。インターネットからも予約できるという点からして敷居が低くて有り難い。なので、意を決して予約!・・・したら、第3希望までの時間帯、全て いっぱい(゜д゜)。何だよ、折角意を決して重い腰を上げたのに。途端に戦意喪失ρ(-ω-)。ともかく、週末は諦め、気を取り直して平日の会社終了後に予約希望を出したら今度は大丈夫だった。
 で、実際に行ってみての感想は・・・ふむふむ、妻がベタ褒めした訳だ。歯医者って、予約した時間に行っても何故か やたら待たされることが多いんだけど、ここの歯医者は そういったことが無く。肝心の診察結果は・・・あ゛はは、やはり10年以上の空白が響いていたようで(^-^;)。毎日ちゃんと磨いているつもりでも、やはり定期検診は必要ということだぁ〜ね(∩。∩;)ゞ。


10月11日(土)
采配がズバリ的中
 世間一般は3連休に突入。当初の予定では今日は休養日で、明日と明後日は1泊2日の日程で妻の実家に行くことになっていた。が、物騒な台風が まぁ〜た近付いているということで。私の中では日帰りに短縮するなり、延期かなと思っていたんだけど、実家側から予定を1日 前倒しの提案があった。その手が あったか! 私、全く思いつかなかった(∩。∩;)ゞ。今日は何も予定が無かったので、その提案は即採用。
 今日は実家家族達と一緒にマザー牧場に行った。ここに来るのは1年半ぶり。あいにく季節の行事(収穫関係・お花祭り関係)は無かったんだけど、その分、通常の展示内容を集中して楽しむことができた。
 今回、大活躍だったのは父が作成した・・・引き車、とでも言うんだべか。中には荷物を入れることができ、上には子供が座ることができ。当初は1人乗りという前提だったんだけど、実は2人乗れることが発覚。牧場での長距離移動中、子供達は 専ら これに乗っていた。お爺ちゃん、大満足そう。

 子供達は先述の車は勿論、動物達と直接触れ合ったり、牛の乳搾りを体験したり、乗馬したりと、普段は体験できないこと満載で大満足そうだった。
 後半は牧場敷地内にある遊園地。1つの乗り物につき1人1回300円ということを考えると・・・結構高いよねρ(-ω-)。ディズニーリゾートのパスポートが随分とお得なんだなと改めて実感した。だけど、ま、楽しい思い出はプライスレス。お金のことで くだらない横槍を入れるのは野暮というものである。帰りの車内で子供達はグッスリ陥落。

 実家に戻って夕食後、兄が必死に探し求めて見付けてくれた花火で遊んだ。季節外れの花火もイイものだぁ〜ね。子供達も大喜び。伯父さん冥利に尽きたというものである。

 四六時中スマートフォンをいじっていないと落ち着けない人達が敢えて電波の届かない場所で息抜きをする、というのが最近流行っているそうな。私はスマートフォンは一切使わないんだけど、実家では それと似たような休息ができる。実家にはパソコンが無いから、日々の編集作業から開放されることとなり。勿論、何も作業を進められないことに対する焦りは あるものの、商売道具が手元に無い以上は諦めて開き直るしかない。実家に来る事によって家族と一緒に過ごすことに集中できる。そんな時間を過ごせる貴重な場となっている。


10月12日(日)
久々に1泊のみ
 最近、妻の実家に来る時は2泊3日という日程が多いため、今回みたいな1泊2日というのは久々のような気がする。大人達は昨日 動き回って お疲れなんだけど、子供達は当然 完全回復済み。元気だねぇ〜(^-^;)。
 今日は これといって出掛ける場所が無かったものの、子供達は広い実家で、自宅には無い物を見付けて色々と楽しんでいた。また、父が子供達2人を連行してドライブに連れて行ったので、我々は その間のんびり。父にとっては誰にも邪魔されず2人の孫とベッタリでき、至福の時だったんぢゃないかな。
 実家に来ると必ず付随するのが すぐ近くの親戚宅。当然、今回も行ってきた。で、パソコンの面倒を見てほしいとのことだったので、色々と診察したり助言したり。普段の仕事を こういう場所で応用できるのってイイものだぁ〜ね。毎回のことだけど、ここでも しこたま ご馳走になった。
 時間になったので帰路。1泊滞在の場合、必ず出てくる父の台詞「もう1泊していけや」。それだけ孫達が来るのが嬉しくて楽しい、という裏返しだぁ〜ね。次回は順当にいけば聖夜に我が家で、なんだけど、11月あたりに割り込みを入れざるを得ないような展開が待っていた(^-^;)。だけど、やっぱり有り難いだぁ〜ね。帰宅後、子供達が「明日も じーじの家に行きたい」って暴言(?)を吐いてきたぐらいだし(°ー°)ゞ。
 お陰様で毎度ながら大満足の実家帰りだった。


10月13日(月)
久々に平和な休日
 台風の影響もあり、久々に「これ!」といって遠出をしたり、誰かが遊びに来たり、が無い平和な(?)休日だった。ゆっくりできたと言えば響きがイイのかもしれないけど、何かこう・・・何もしないことに対する罪悪感とでも言うのかな(^-^;)。休日は何かしなければいけないという見えない圧力を勝手に感じるようになってしまった私、一種の職業病なのかな。・・って、何の職業なんだか(°ー°)ゞ。
 この日は前々から計画していたことの1つ、魔女の宅急便のDVD観賞。勿論、英語版で。初めて これを観る子供達は食い入るように観賞していた。うん、気に入ってもらえたようだ。私の中ではジブリ作品、特に宮崎駿監督作品に限定すると、ラピュタ、トトロ、魔女の宅急便の初期3作品が お気に入り。それ以降は・・・正直、私が求めるものとは方向性が変わってしまい。ともかく、その初期3作品、子供達は いずれも気に入ってくれたのでホッとした。こうして外出できない時はDVDを見せていれば2時間ぐらい稼げるし(^-^;)。
 んで、子供達は勿論、私も魔女の宅急便を英語版で観るのは初めてだったんだけどぉ〜・・・物凄い違和感が あった。ラピュタとトトロは単に台詞が英語に変わっただけだったのに対し、魔女の宅急便は主題歌が全く違う曲になっていた。・・・とはいえ、私は この英語版の主題歌の方が気に入った(^-^;)。なんだけど、劇中で使われる音楽。流れるタイミングが違っていたり、そもそも日本版では使われていない曲が流されていたり、効果音が加わっていたり。これって宮崎駿が表現したかった世界とは違っているよね・・・(-_-#)? 動く映像にあって、背景に流れる音楽って大きいよ。


10月14日(火)
物騒なeメイル
 ベネッセによる顧客情報大量持流出問題。先日、うちに詫び状と500円券が届いた(-_-#)。500円券にも いくつか種類があり。中には入手のために個人情報を入れる必要がある物もあり・・・オイオイ、流出させたくせして更に個人情報を収集しようとするあたり、凄いね。もっと凄かったのは、その500円をベネッセに寄付する、という選択肢も用意されていたこと。クソバカの極みである。
 なんだけど、それに連動するかのように、他の大手でも顧客情報流出が発生しており。最近、私の手元に2つの物騒なeメイルが届いた。1つはJALのマイレージ倶楽部。もう1つはヤマト運輸。ビクビクしながら中身を読んだら・・・「今回の情報漏洩事件にて貴殿の情報流出は無かったけど、安全のためパスワードを変えて丁髷」とのこと。定期的に やってるわいっ! まったく、驚かしやがってρ(-ω-)。


10月15日(水)
焦った
 午前0時を過ぎて日付が変わった直後あたり、突然 自宅のデスクトップパソコンからインターネットが繋がらなくなった。正直このデスクトップパソコン、パソコン起動時のネット接続の調子が悪い。だけど使っている最中に不通になってしまうのは珍しい展開。いつものようにネットワーク接続設定をリセット・・・したんだけど、やっぱり不通のまま。おやや? いつもと様子が違うぞ???
 他の機器ならどうか。タブレットパソコンで無線LAN接続したら・・・ダメ。ルーターが いかれているのか、モデムがいかれているのかの切り分けということで、ノートパソコンを直接モデムに繋いでネット接続を試すも・・・ダメ。
 モデムが いかれてしまったか、それとも回線なり交換局が お釈迦になったか、どちらか。う〜む、何か情報を得ようにも、ネットに繋がらないことには どうすることもできない(-_-#)。明日、NTTなりプロバイダーに電話しないとダメかな・・・。
 諦め状態の中、1時間半ほど経ったところでネット接続できるようになっていることに気付いた。NTTで何か やっていたのか??? はたまたプロバイダー側の問題か? まぁ〜、いいや。明日の朝には障害情報が掲載されているでしょう。今日は もう寝ようっと。


10月16日(木)
大きな買い物ってタイミングも大事
 私が普段の動画編集に使っているソフトはPower Director。これを初めて使ったのが今から・・・丁度10年前。当時はバージョン3だったんだけど、現在 手元にあるのはバージョン11。市場に出回っている最新版はバージョン13(つい先日出たばかり)。
 長年愛用している このソフト。以前は毎年最新版が出る度に すぐさま購入していた。だけど、バージョン9の時に事件が起きた。まず、とんでもない初期不良のため、特定環境下だと起動すら できず。私の当時のパソコンが その「特定環境」に当てはまっていたため、出鼻をくじかれた。数日後に修正プログラムが出たんだけど、いざ起動してみたら・・・使い勝手が従来と全くの別物、と言ってもイイぐらいに変わっていた。他の人にとっては ともかく、私には恐ろしく使いづらくなっていた。後に私の人生の教科書に印されることとなった「9ショック」である。
 そのため、長らくバージョン8を使い続けていたんだけど、パソコンを64ビットOS版の物に買い換えたのに伴い、当時の最新版だったバージョン11を導入せざるを得なく。8と違う使い勝手なんだけど、1年数か月使い続けるうちに・・・やっぱり8の方がイイ(-_-#)。
 つい先日バージョン13が出た。色々と魅力的な新機能満載。バージョン11はソフトのせいなのかパソコンとの相性のせいなのか、64ビットによる大容量メモリーを生かし切れていない もどかしさが ずっとあった。なので、13の導入は既定路線だった。とはいえ9ショックの教訓から、いくつか修正プログラムが出るまでは待つことにした。で、修正プログラムが いくつか出た。先日、期間限定キャンペーンで自分の目を疑うような価格で販売されていた(但しバージョンアップ版のダウンロード販売限定)。これって、次のバージョンが間もなく出るから投げ売り、の時よりも低い価格なのでビックリ(・o・)。こりゃ、買うっきゃないでしょ。
 ということで、とっとと購入。現在 編集中の動画、DVDの完成にまで漕ぎ着けたらインストールしちゃおうっと。


10月17日(金)
タイミングが悪い・・・
 昨夜から妻が体調を崩し、今朝も全く回復せず。こういう時、私は会社を休んで子供達の面倒を・・・って、いつもなら そうしたいところなんだけど、今日の午前中は休めない業務が入っており(>_<)。タイミングが悪いというかサラリーマンは辛いというか・・・ρ(-ω-)。
 後ろ髪引かれる思いで出社したんだけど、午前中の用事を とっとと終わらせ、午後はコアタイム(最低限、この時間まで会社にいろ、という時間)の終了と同時に退社。快速電車の乗り継ぎタイミングが非常に良かったこともあり、1時間チョイで自宅に到着。普段は1時間半かかっているだけに、この早さにビックリである。
 妻の具合は・・・悪い。子供達の面倒見は私が引き受け、妻は病院送り。今日は娘のバレエ教室の日。娘をバレエに連れていき、バレエの間は私は息子と2人で明日用の買い物。
 夜、妻の容態は・・・それなりに良くなっていたのでホッとした。


10月18日(土)
裏サタデークラス
 久々に自宅に多数のクラスメイト親子が来ての裏サタデークラス実施となった。妻の具合も だいぶ良くなっており、支障は無かった。今回は3組8名が来場。うち1組は我が家での裏サタデークラスに初参加。全く問題無し・・・というか、非常に気に入ってもらえた様子。この日は天気が良かったので、途中みんなで近所・・・というか自宅目の前の公園で 一暴れ。自宅で遊ぼうが外で遊ぼうが、子供達が発するのは英語。他に公園に来ている事情を知らない子供達は みんながキョトン、である(^-^;)。
 誕生日が近いという子がいたので、ドッキリ企画にて誕生日祝いを実施。ネタは似顔絵ケーキ。パッと見て みんなが驚き、いざ顔にナイフを入れる瞬間に みんなでガヤガヤ、食べてみると目茶苦茶美味しい。ということで、文字通り1度に3度美味しいケーキである。
 唯一残念だったのは・・・明日、私の日程が くだらない理由で塞がっているため、1泊2日の短期留学(?)を受け付けられなかったこと(>_<)。当然、娘からは抗議声明が発表された(-_-#)。次の機会は必ず、ということで、今から復讐の準備である。


10月19日(日)
絵に描いたような「どちらとも言えない」
 先日購入した動画編集ソフトPower Directorの最新版「13」をパソコンに導入した。今までのバージョン「11」を残したまま「13」を入れられたので、万が一「13」が不良品だったとしても、引き続き「11」を使える、というのが安心材料。・・・密かに「8」も入っており、異なる3つのバージョンが混在。凄いね〜(^-^;)。
 で、13を使ってみての感想・・・というか、11と比較しての感想。劇的に良くなったのか、てんでダメなのかは・・・絵に描いたような「どちらとも言えない」という内容だった。ある部分については劇的に反応が早くなって「良くなった!」って体感できる一方、ある部分については「何故こうなった!?」っていうぐらいに使い勝手が悪くなっていたり、反応が劇的に遅くなったり。その反応の遅さというのが・・・私のパソコンの性能からすると有り得ないような動作の鈍さ。何故だρ(-ω-)???
 一概に「11の方がイイ!」或いは「13の方がイイ」と言えない内容になってしまったんだけど、折角高いお金を出したからという理由で今後は「13」を使うことに。動画編集ソフト、PowerDirector以外の別のソフトを選ぶ段階に来たのかな・・・ρ(-ω-)。


10月20日(月)
ようやく1か月半前を体感
 私の日課になっている動画編集。昨日から娘の欧州里帰りの様子を編集開始。もう、1か月半前のことになる。動画自体は前々にマミーから受け取り、サッと要所要所を観てはいた。だけど、こうして じっくりというのは初めて。ようやく1か月半前を私も体感、といったところか。動画に見とれてしまい、望郷の念が高まり、編集が全く手に付かない(^-^;)。
 動画編集ソフトは新規導入したPower Director13を使っているんだけどぉ〜・・・やはり慣れるまでは違和感との戦いが続きそうである。


10月21日(火)
理解に苦しむ行動
 今となっては0なんだけど、私は以前、複数のWebサイトの代行作成をしていた。依頼者がネタを私に送り、受け取った私が それをWebサイトに組み込む、という やり方。なんだけど、依頼者は1人を除いて全員、代行作成を依頼してきたはイイけど、ネタを定期的に提供することは全く無く。非道い場合は1度も提供しないまま更新無しが一定期間を過ぎたため、Webサイトが自動的に消滅した、という事例も ある。一体どういうつもりで代行作成を依頼してきたのか、理解に苦しむ。初めのうちは唯一まともだった人も途中で力尽きたらしく、遂に脱落。結局、現状の代行作成Webサイトの数は0である。「継続は力なり」とは よく言ったもので、その時の思いつきだけで始めたことって、続かないようである。
 なんだけど、もっと理解に苦しむ行動。それは・・・依頼者が頻繁に そのWebサイトを見に来ていた、というもの(本人には内緒でアクセス解析機能を入れていた私)。ネタを提供しない限り、Webサイトの中身が更新されることは絶対に無い。「蒔かぬ種は生えぬ」という諺を知らないのかね・・・。口を開けて待っていればエサが飛び込んでくる、或いは寝ている間に小人がWebサイトを更新してくれるとでも思っていたのか??? どういうつもりで頻繁に見に来ていたのか、理解に苦しむというか、全く理解できない。いや、理解してあげるつもりが毛頭無い、といったところか。


10月22日(水)
楽しい共同作業
 私が管理しているWebサイトは いくつか あるんだけど、ことWebログとなると・・・0.5個、といったところだべか。関わっているんだけど、縁の下の力持ちのような立場。時々ゴーストライターをやっている。
 先日ここに書いたWebサイトの代行作成は全滅したんだけど、このWebログは「代行」ではなく完全な共同作業(運用が安定してきたら私は それを見届けて身を引く予定)。その共同作業相手はパソコンが苦手なんだけど、それを克服するべく努力して、色々と身に付けているのが分かる。勿論、このWebログは趣味で云々ではなく、文字通り実益にも直結する・・・って、以前のWebサイト代行作成も全て商売用だったような気が・・・(-_-#)。ともかく、真面目に向き合う人との共同作業は非常に楽しい。


10月23日(木)
もう、完全に親離れ
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこの連絡用掲示板としてfacebookを利用するようになって3か月が過ぎた。「個人情報保護法」が施行されて以降、間違った解釈が広まってしまったり、何かと この法律を盾にする人が続出したため、学校では満足に緊急連絡網を作れない状況、という話を よく耳にする。
 そんな中にあって、facebookの場合は電話番号もeメイルアドレスも非公開のまま繋がりを持てるし、グループを作って その中だけで やりとりすれば、外に情報は漏れない。・・・って、ベネッセ問題の直後だと説得力が低いか(°ー°)ゞ。だけど、まぁ〜、それは さておき。
 今やインターナショナルスクールに通っている子供の全ての母親が このfacebookグループに参加。行事の日程連絡、遠足で撮影した写真公開、天候不良による遠足行き先変更連絡、台風接近による事前緊急連絡、ちょっとした話題提供。とにかく色々なことに利用され、役立っている様子は見ていて楽しい。
 facebookの導入に関して私は言い出しっぺの1人(+ママ友2人)で、IT関係の仕事をしている・・・というか、facebookの使い方に関しては そこそこ詳しいつもりなので、当初は色々と技術協力をしていた。だけど、私が最後にfacebookに関する技術協力をしたのって、いつだろう。もう、私が何も手伝わなくても、いつの間にか ちゃんと運用が回るようになっていた。一種の親離れ、なのかな。私としては寂しいような、1つ肩の荷が下りてホッとしたような、複雑な心境である。


10月24日(金)
今回は早かった
 日々の日課になっている、娘と息子のDVDアルバム編集作業。現在手がけているのは娘の欧州滞在分なんだけど、着手から1週間経たないうちに完成した。通常は2週間以上かかることを考えると、いつもの半分で できたことになる。まぁ〜、もともとの素材となる動画の絶対量が少なかったから、というのが大きいのは確か。だけど、ここ数日は子供達が早いうちに寝てくれたので、その分 私の作業時間を多く確保できたから、というのも大きい。イイ傾向である。
 その動画。2週間の滞在中、マミーが慣れない動画撮影を頑張ってくれたお陰で、私は現地で娘が何をしていたのかを色々と知ることができた。勿論、マミーは動画撮影に慣れていないということで、撮影された内容に不満は多々ある。だけど、写真(静止画)では伝わってこないものでも、動画なら色々と伝わってくるというもの。ここはマミーに文句を言うのでは無く、素直に感謝である。
 通常、DVDの試作品が出来上がり、動作確認をする時は・・・どちらかというと「早く終わらないかな」という気持ちで観ている。とっとと動作確認を終え、修正し、正式版のDVDを作り、何の圧力も無い状態で のんびりDVDアルバムを観たいからである。だけど今回の動作確認は「ずっと終わらないでほしい」という気持ちで観ていた。望郷の念によるもの、なのかな(^-^;)。私は もう祖国で暮らすことは叶わないけど、子供達には自由に選択できる環境を用意してあげたい。それが今の私にできることなのかな、と感じた。


10月25日(土)
弟宅訪問
 家族4人で片道1時間半かけて弟宅に行った。今となっては面会回数が1年に1回で、すっかり織姫・彦星状態である(∩。∩;)ゞ。まぁ〜、片道1時間半というのは何とかなる。ポータブルDVDプレイヤーという新兵器(?)も導入したことだしね。ただ、如何せん弟は仕事の都合で週末に休みを取れない状況。土日は ほぼ休める私は これでも幸せな方みたいである。で、結局今日も弟は休みを取れず(>_<)。弟の奥方と義母、それに娘と息子が相手をしてくれた。家族単位で仲がイイというのは実に よろしいことである♪
 インターナショナルスクールのクラスメイト達と接する機会が多い子供達にとって、同年代の子と日本語で接するというのは実は珍しいというか貴重な体験。私、その様子を見ていて違和感が(^-^;)。私も小さな子に対して日本語で話しかけることに慣れておらず。咄嗟に出てくる英語を無理に押し込めながら日本語で話す、そんな変な状態が続いた。とはいえ、子供達は滅多に来ない場所で新鮮な体験ができて楽しそうにしていた。
 本来、弟宅に来る場合は この街で開催される季節外れの花火大会日程に合わせる。だけど今年は花火大会が中止(T_T)。名目上は「会場を確保できなかったため」ってなっていたけど、どうだかね〜・・・。その代わりと言っては何だけど、花火を持参した。先日 妻の実家に行った際、兄がド○キホーテで季節外れの花火を見付けたという話を聞いたので、真似してみたら・・・見事に入手できた、ということで。
 ということで夜は自宅花火大会を実施。街の花火大会は中止だったものの、小さな子供達には むしろ こういった手持ち花火の方が楽しそう。イイ表情を いっぱい撮影できた。季節外れの花火もイイものである。

 今日は娘も息子も ほぼ昼寝無しだったため、帰りの電車内ではグッスリ・・・と思ったら、全く寝ず。よっぽど興奮して神経が高ぶっていたのかな(^-^;)。なので、帰り道もポータブルDVDプレイヤーが大活躍だった。
 弟家族に感謝の1日だったんだけど、娘としては 宿泊するつもりマンマンだったらしく。また、庭のプールで遊べなかったことも不満だったらしく。次回は暖かい時期に行くべか。


10月26日(日)
忘れかけていた本来の目的
 今日は遠出する予定だったんだけど、目覚めた時刻および蓄積疲労を考慮し、自然消滅・・・いや、延期になった。必然的に自宅で のんびり過ごす展開になったんだけど、そこで登場したのが娘と息子のDVDアルバム。そのオーストリー編。
 妻は まだ動く映像で娘の渡欧内容を観たことが無く。私も正式版は まだ観ていない。娘も いざ自分の体験を こういう動く記録媒体で観たことが無く。なので、家族みんなで楽しく観ることができた。
 最近の私は「溜まっている映像データを早くDVDにする」ということにばかり追われていたけど、こうして「大切な思い出を残して振り返る」という本来の目的を思い出した気がする。


10月27日(月)
今年の旅は終了、また来年
 今年は我々家族にとって、特に娘にとっては旅が多い年だった。本来、来月に もう1箇所行く予定だったんだけど、先方が相当忙しいとのことで来年に延期。・・・いや、毎年恒例行事である以上、「今年は中止」という表現が適切か。半年前から決まっていたことよりも、近々の予定を優先させなければならないぐらいの忙しさ。余程私生活が充実しているようで、羨ましい。
 今年の一連の旅終了宣言は突然に、だったんだけど、来年は2月に父娘の組み合わせで再度北海道に行くことが既に決定している。夏の山形故郷帰りは最早毎年の恒例行事。マミーの気分次第だけど、秋にマミーが再び娘と一緒に渡欧する可能性も出てきた。インターナショナルスクールの沖縄サマースクールは・・・娘に関しては もう無いな、少なくとも小学校に入学するまでは(-_-#)。息子の沖縄行きは まだ時期尚早。これについては3年〜4年後に照準を合わせている。その際、家族みんなで沖縄入りを企てている。LCC様々、だぁ〜ね。
 そんな中、私が立てている計画。それは以前、妻と一緒に ぼんやりと「ここに行きたいネ」と話していた場所。妻は この手のことって すぐに無効フラグを立ててしまうんだけど、私は そういった長期計画って目茶苦茶得意だし、どんなに時間がかかっても願いは必ず叶える。
 行き先は北海道の旭山動物園。なんだけど、それだけのために わざわざ北海道に行くというのも勿体ない。なので、2泊3日ぐらいの日程で行くとして、他に どういう場所を回ろうか、なんてことを色々と調べている。
 また、移動方法は当然飛行機として、札幌までLCCで行って鉄道で旭川に行くか、それとも通常の航空会社で旭川空港まで行くか。宿泊先は札幌か旭川か。なぁ〜んてことを色々と見比べている。
 こうして ぼんやりした希望を実際にシミュレーションしながら、具体的に色々と調べるのって・・・楽しい! まだ それが来年なのか再来年なのかは未定だけど、考えながら待つ楽しさを満喫している。


10月28日(火)
記憶の再設定
 ヒトは幼少期に それまでの記憶が一旦消去される。・・・ということを読んだことがある。「物心つく前」という表現が あるんだけど、実際には生まれた時から物心が あり、ある段階で それが真っ新にされるんだそうな。人によって その時期が違うんだけど、概ね3歳〜4歳前後らしい。
 当然、ヒトの記憶の仕組みが100%解明されている訳ではないので、上述の考え方にも 諸説あるらしいんだけど、ヒトに赤ん坊の頃の記憶が無いのは確かである。
 うちの娘の場合は どうかというと・・・2歳9か月まで通っていた保育園の記憶が無いとのこと。勿論、以前までは ちゃんと覚えていた。また、とある人物に関する記憶も無くなっており・・・これは これでショックだったかも(^-^;)。
 なんだけど、これで娘は記憶の再設定が3歳9か月頃には既に終わっていることが判明した。娘には いつこれが起きるのかとビクビクしていたんだけど、もう私は これに怯える必要は無さそうである。残るは息子の記憶、である。まっ、記憶は消えてしまっても、記録は残っているしぃ〜♪


10月29日(水)
紛らわしいニュースの見出し
 会社の昼休みにインターネットニュースの見出し一覧を見て愕然とした。「ロケット爆発 xx大学に衝撃」あのう・・・うち、xx大学の近所なんですけど・・・。子供達は離れた場所のインターナショナルスクールに いるから大丈夫として、妻は無事か!? と思いつつニュースの詳細を開いたら・・・「打ち上げに失敗したロケットにxx大学が作成した機材が搭載されていた」とのこと。東スポぢゃないんだから、紛らわしい見出しつけるなよ(`o´)!!


10月30日(木)
判明した違和感の正体
 私の日課の1つが娘と息子のDVDアルバム作成。動画を編集する時は様々な理由によりヘッドフォンを使う。なんだけど このヘッドフォン、数日前から なぁ〜んか 掛け心地が いつもと違うなぁ〜、という違和感を抱くようになった。別に誰か他の人が使って調整されたから、という訳でもなさそうだし。
 なんだけど、ようやく違和感の正体が判明。先日、ヘッドフォンを装着しようとしたら「パキッ」という音が(゜ロ゜)。プラスチック部分が割れた。ヘッドフォンが このように破損するなんて人生初体験だった(^_^;)。なるほど、プラスチック部分にヒビが入り、しまりが悪くなり、それで装着時に違和感が あったのかな。そのヒビが今日 遂にパキッといった。そんなところか。
 なので早速 新しいヘッドフォンを購入。・・・したんだけど、コードが短い(゜д゜)。しかも装着感が店のサンプルとは全く違い、悪いし きついし 小さい! 結局、買い直す羽目にρ(-ω-)。だけど前々からヘッドフォンの需要があった妻が引き取ってくれたので、まぁ〜、良しとすんべか。


10月31日(金)
ビックリした帰り道
 私、未だにハロウィーンの騒ぎ方が分かっていないんだけど、今日は娘と息子が通うインターナショナルスクールでハロウィーンパーティーが開かれた。私は月末って うっかり仕事をサボろうものなら即解雇されるぐらいに重要作業目白押しで、現場には行けなかったんですけど、後で写真や動画で その時の様子を見ることができ。便利な世の中である。
 会社の帰り道、いつものように私にとって最寄りの渋谷駅に向かったら・・・ビックリした。駅周辺が完全に仮装パーティー状態(^-^;)。貴方の変身願望を叶えます、ってか!?


ズボラ日記のトップに戻る