まいけるのズボラ日記




2015年1月




1月1日(木)
新年
 結局、昨夜の紅白歌合戦、どっちが勝ったのか・・・。最後まで観ないで寝てしまうのもまた毎年恒例である(^-^;)。この歳にして父から お年玉を もらった。これは嬉しかったね〜♪ 朝食は お節料理。子供達の口には 普段の料理の方がイイのかな(^-^;)。
 今回、実家に新しく増えていたのがマッサ〜ヂ椅子。それも かなり本格的。ここ暫く、持病の腰が久々に症状悪化していたので、たんまりと利用させてもらった。
 午前中は広い公園に行き、凧揚げ。昨日イオン内の100円ショップで ようやく見付けることができた凧。子供達にとっては初めての凧揚げ。楽しそうにしていた。私にとってはウン10年ぶりの凧揚げ。全っ然うまくいかずイライラ(`o´)。まっ、子供達が楽しんでいたのであれば、それで良しとする。
 昼食後は去年の蓄積疲労・・・なのか、それとも午前中に走り回ったせいなのか、非道く眠くなってきた。妻と子供達が出かけている間、私は のんびりと昼寝。う〜ん、平和な寝正月だねぇ〜(^-^;)。
 早目の夕食は すき焼き。すき焼きなんて、年末年始の実家でしか食べないんだけど、子供達の食欲にビックリした。
 夜は元日恒例、東京ドイツ村でイルミネイション見物。今年は行くタイミングが遅くなってしまったんだけど、怪我の巧妙だったようで、人通りが少なく、歩きやすかった。また、観覧車の待ち行列が無かったので、夜のイルミネイションを上から眺めることができた。うん、次回以降も遅目に来ることにしよっと♪


1月2日(金)
アッという間の2泊3日
 妻の実家で過ごす年末年始、早くも最終日。だけど お陰様で随分と ゆっくりさせてもらった。午前中は兄のピアノ演奏会。可愛い姪と甥のため、伯父さんは頑張っています。またピアノの腕を上げた模様。それに触発されて娘もピアノ演奏。うん、絵になる。
 昼食は私が大好きなガスト。姉の 奢りだった。御馳走様でした(^¬^)♪ 出発まで まだまだ時間が あったので、公園に立ち寄った。面積は そこそこなんだけど、遊具が充実していたり、すぐ近くに川を眺めることができたり。いつも行く広い公園よりも、こっちの公園の方が子供達の反応が良かった。
 時間になったので お開き。帰路についた。実家の家族に いっぱい お世話になった2泊3日だった。お陰様で幸先の良い年始となった。


1月3日(土)
遂に政権交代
 私が自宅で愛用しているブラウザー(インターネット閲覧ソフト)はノルウェー製のOpera。もう、かれこれ10年以上使い続けている。だけど、従来式のOperaは既に開発が終了し、今は同じ名を冠する全くの別物ブラウザーが最新版。なので私は従来式を使い続けている。
 ただ、その従来版は1年半前に作られた旧式。最近のWebサイトに対応しきれないという事象が・・・散見どころか随分と見受けられるようになり、完全に商売(何の?)あがったり状態。だからといって、別物になってしまっている最新Operaを導入する気は毛頭無く。
 ということで、遂に10年以上続いたOpera政権(?)が終了することとなった。丁度、年が変わってキリがイイというのも あるし。政権交代先は・・・前々から そのつもりで影の内閣(?)を形成していた米国製のPale Moon。前々から ちょくちょく使ったり、豊富なアドオンを用いて使い勝手を従来のOperaに だいぶ近づけていたので、移行はスンナリ、であった。今年は始まったばかりだけど、これって今年の私にとっての5大事件に入りそうなネタだな・・・。
 私、ソフトウェアを開発国で選んだり差別することは一切しない。あくまでソフトウェアそのものを見て善し悪しを判断する。そんな私なんだけど、米国製のソフトウェアを使うのって実は珍しい。今回のPale Moonと、あとはセキュリティーソフトぐらいかな。あ゛、OSも そうか(°ー°)ゞ。
 ともかく、これによってOperaが完全に引退という訳ではなく。私のパソコンに於ける標準Webブラウザーの座は去ったけど、所どころで まだまだ強みを発揮するのは確か。また、最新式Operaが もしも従来式に近い作りに戻ったら その時は・・・という願望は ある。でも、私の願いは正直、届くことが無い気がする・・・ρ(-ω-)。


1月4日(日)
たっぷり休めた
 年末年始休みも今日が最終日。だけど今回は無理な遠出は無く、体力的に楽・・・というか たっぷりと休むことができた。それでいて充実度の低さ故に罪悪感を覚えることも無く。休むことに専念し、それを達成できたと解釈できる お陰かな。腰も だいぶ回復したし。
 日中は近くの複合買い物施設で お買い物。玩具を見て回った訳ではないものの、娘が ちゃんと ついて歩いてくれるようになったのが嬉しかった。息子は・・・案の定、途中で陥落(^-^;)。色々と買い物をしたんだけど、1番重い荷物は息子だった(∩。∩;)ゞ。


1月5日(月)
年に1回、クスッと笑ってしまうこと
 暦の重なり方が良かったお陰で、今回の年末年始休みは割と長かった。心配していた夏休み最終日症候群の症状は思っていたより ずっと軽く、スンナリと今日という仕事始めを迎えることができた。
 出社してパソコンの電源を起動した際、思わずクスッと笑ってしまった。私の会社パソコンに暦および予定管理ソフトを入れているんだけど、毎年 最初のパソコン起動時に「あけまして おめでとうございます。今年も当ソフトを宜しくお願い致します」というメッセージが表示される。毎年この演出(?)にクスッと笑ってしまう。そうか、前回この画面を見てから もう1年が経つのか。光陰矢のごとし、である。


1月6日(火)
ものは試し
 私が抱える悩み・・・までは いかずとも、気にかけているのが姿勢の悪さ。意識している時は大丈夫なんだけど、意識しなくなった途端に猫背になる。猫背補正器具なる物が巷に色々と出ているんだけど、価格の高さ故に手を出せないでいた。
 なんだけど先日、かなり お手頃価格の猫背補正器具を発見。ものは試しということで購入し、早速使ってみた。ふむふむ、なるほど。この締め付け具合が普段から姿勢を意識させるよう、仕向けているのかな。勿論、補正効果も ある模様。しばらく これを続けてみようっと。


1月7日(水)
まだ続くブラウザー狂想曲
 先日、10年以上続いた政権が遂に交代した自宅での第1ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)。なんだけど、狂想曲は まだ続いた。それは職場用のブラウザー。
 職場では かれこれ7年ぐらい、第1ブラウザーとして日本製のLunascapeを使っている。職場で使っているシステムはIEでなければ動かない、という石器時代の お約束が未だにゴロついている。だからといって大っ嫌いなIEは使いたくない。そこで当時の同僚から紹介してもらったのが、IEと同じTridentエンジンでも動くというLunascape。物は試しということで使ってみたら・・・うん、これはイイ! ということで即導入。IEの互換ブラウザーとして、その後 自宅でも導入した(自宅では滅多に使わないけど)。
 なんだけど、ある日突然、職場の とあるシステムの画面挙動が おかしくなった。はて(・ω・)? よくよぉ〜く調べてみたところ・・・私の会社端末のIEが勝手にバージョンアップされていた。それに伴い、Tridentエンジンもバージョンが上がり、そのエンジンを使って動いているLunascapeにもモロに影響が出た。うぎゃ〜(>_<)。
 ということでIEのバージョンを下げたら・・・問題のあったシステム画面、ちゃんと開けるようになったのでホッと一安心。したのも束の間、細かな設定やら記憶情報が中途半端に消えたり残っていたりで全く使い物にならない状態に。ちゃんと設定した通りに機械が動いてくれない(-_-#)。「ブラウザーの設定を全部リセットすれば回復する」なんて技術情報が出ていたので やってみたら・・・症状は変わらずρ(-ω-)。まぁ〜、中途半端に残っていた記憶情報が根こそぎ消えたので、使える状態になったと解釈できなくもないけどぉ〜・・・ねぇ〜(-。-;)。
 私のブラウザー狂想曲は まだ続きそうである。


1月8日(木)
3年半ぶりの快挙
 娘と息子を撮影した動画、それを編集して作成するDVDアルバム。撮影した動画データは日々着々と増えていくんだけど、肝心の編集時間を確保できず。そのため、動画データが2か月分ぐらい溜まってしまい、いつもヒーコラ言いながら作業。そんな日々が当たり前のようになっていた。
 だけど いつからだったかな、子供達・・・というより息子が夜、そこそこ素直に寝てくれるようになったため(娘は前々から早い時間に素直に寝てくれる)、毎晩 ある程度 動画編集時間を確保できるようになり。お陰で溜まっていた動画データを着々とDVD化することができている。そして今日の編集作業を終えた段階で・・・残っている動画データは「0」となった。私なりの表現をするなら「借金完全返済」。もっとも、今週末に また新たに動画データが発生することが確実だし、今後も日々撮影するので、これで終わりということは向こう数年は無い。
 だけど、手元に未編集動画データが無い状態というのは実に3年半ぶりの快挙。まぁ〜、その時に散々油断して、一気に2か月分の動画データが溜まり、それが3年半も ずっと尾を引き摺り続けていた訳だからね。勝って(誰に?)兜の緒を締めよ、ってやつかな。


1月9日(金)
調子がイイ
 ここ数週間、持病の腰が大爆発・・・までいかずとも、中爆発ぐらい。そんな状態が続いていた。だけど、長らく途絶えていた日課・・・というか週課(?)を再開させたところ・・・急に調子が良くなってきた。腰だけでない、全体的に体調がイイのが よく分かる。
 動画編集漬けの毎日だったけど、昨日(一時的にとはいえ)全作業が終了し、時間の余裕ができたことが大きい。これも子供達の成長による お陰・・・と解釈できるのかな!?


1月10日(土)
実は初めて
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そのクラスメイト親子が うちに遊びに来る、というのは最早恒例行事。なんだけど、今日は そんな中で「実は こういうのは初めて」という事例が発生。それは「1家族だけが全員で来てくれた」というもの。
 多くの場合は母と子、という組み合わせで来てくれる。また、多くの場合は複数の家族が来てくれる。だけど今日のように「1家族だけが全員(家族総出)で来る」というのは初めて。付き合いの深さを感じた。
 また、今日の もう1つの初めてはホームシアター。昨年末、インターナショナルスクールの聖夜会で使う目的の下、兄からプロジェクターとスクリーンを借りた。なんだけど、兄曰く「向こう暫く預かってくれ」とのことで。ここは素直に言葉に甘えることにした。
 折角借りた機械一式、いつかインターナショナルスクールのクラスメイト達が遊びに来た際、みんなでホームシアターを やりたいと思っていた。今日は丁度イイ機会だったということで。当初は実験的に30分物を上映して終えるつもりだったんだけど、今日来てくれたクラスメイトの両親が実はアナと雪の女王を まだ観たことが無いとのこと。ということで、これを上映。うん、イイねぇ〜♪ 設置が面倒なのが難点だけど(∩。∩;)ゞ、みんなで楽しめる雰囲気が出来上がる、というのが実にイイ。大型テレビとは また違う雰囲気である。
 夜、いつものように(?)クラスメイトが我が家で1泊2日の短期留学。初めて うちに宿泊したのが去年の春。その頃は私が見ていないところでコッソリと日本語で話すことが あったんだけど、今は私が見ていなくても全部英語。うん、イイことである。


1月11日(日)
墨田区と葛飾区
 小さな宿泊客も含め、5人で お出かけ。まずはスカイツリータウンにある すみだ水族館。規模がショボいくせして入場料は ぼったくりなんだけど、我々全員が年間パスポートを持っている(幼年により入場無料の息子を除く)ので、大人達の交通費だけで楽しめるのが有り難い。また、規模はショボくとも、設備が最新式だし、入り口のオ・ト・ナの雰囲気が実は お気に入り。ただ、今日は朝のヨーイドンが遅れ、それが尾を引き、水族館に到着したのが開園1時間後。早くも混んでいた(>_<)。とはいえ、今日は工作教室も含め、楽しめた・・・かな?

 昼食は ここのフードコート。昼食時の1時間前に来たんだけど、既に激混みだった。あ゛、今日って3連休の ど真ん中だから・・・かな。或いは外が寒いから室内施設に人が集まっているのか。ともかく、運良く 丁度 空いた席を見付けることができた。
 電車で移動し、次の目的地・・・での開始まで時間が余っていたので、公園で 一暴れ。その後、葛飾区郷土と天文の博物館。ここの目的は当然、プラネタリウム。スカイツリータウンにもプラネタリウムが あるんだけど、やっぱり値段が高くて規模がショボい。それに対し、天文博物館のプラネタリウムは・・・価格が安くて大規模。特に幼児の料金。スカイツリータウンだと500円、天文博物館だと50円。更に、私は ここの年間パスポートを持っている(どんだけパスポートを持っているんだか・・・)。子供達が大満足だったのは勿論、珍しく妻も手放しでベタ褒め。これは嬉しい展開である。

 帰宅後、オヤツにパフェを食べ、親のお迎えが来たのでクラスメイトの1泊2日の短期留学は お開きとなった。


1月12日(月)
朝早くの来客
 目覚めてから10分後ぐらいに呼び鈴が鳴った。お届け物かなと思ったら・・・ぬわんと ここのマンションの前の住人というか以前のご近所さんというか。今は東海地方の大学に通っているんだけど、成人式は育った この地で参加とのことで。ほんの10分ぐらいなんだけど、何とか時間を空けて立ち寄ってくれたとのこと。
 彼の妹と弟に対しては一時期、英語の勉強を見てあげたことがあったんだけど、彼自身に対しては何かしてあげた、ということは無く。それでも未だに我々のことを慕ってくれて こうして来てくれるというのは嬉しい限りである。これが一昨日だったら我々家族は全員まだ寝ていたし、昨日だったらお出掛け中だったし。今日で良かった。
 流石に息子は無理なんだけど、娘は彼のことを ちゃんと覚えており。ほんの10分のはずだったんだけど、随分と話し込んだような錯覚に陥った。
 今日は祝日なので、私は当然、お休み。娘と息子もインターナショナルスクールは無し。だけど、娘のバレエ教室は通常通り。ここのバレエ教室、以前は1か月に1回、10分だけ撮影可能だったんだけど、今は撮影禁止。そのため、最近は娘がバレエを やっているところを見ることができず。今日は久しぶりに娘がバレエをやっている姿を見ることができた。体が柔らかいのは認めるけど、相変わらず先生の話を聞いていないな(^-^;)。


1月13日(火)
何故か・急に・無性に
 テレビゲーム・携帯ゲームは もう何年も やっていない私。なんだけど、先週あたりから何故か・急に・無性にエースコンバット(戦闘機ドンパチゲーム)で遊びたくなった。家庭据え置き機では遊べないけど、携帯ゲーム機であれば痛勤電車内で遊べる。ということで、ゲームソフトを・・・探したんだけど見付からないΣ( ̄ロ ̄lll)。あんれ〜、引っ越しのドタバタで どっか消えたべか!?
 完全に諦めていたんだけど、全く違うタイミング・別の場所で ひょんな切っ掛けで見付けることができた。フッ、私の執念が奇跡を呼び起こしたな・・・ということにしておく。痛勤電車内で遊んだエースコンバット、懐かしさと新鮮さが混在したんだけど、体が操作を覚えているのが嬉しかった。


1月14日(水)
一気に2倍
 娘と息子のDVDアルバム。そのデータはDVDその物も含め、バックアップは三重に取っている。消えた日にゃ、泣くに泣けないからね。DVDそのもの、BD、そして外付けHDD。外付けHDDにはDVDデータの他にも素材データや編集データも根こそぎ入れている(後になって必要になった、という事例も数件発生している)。
 1回DVDを作成すると、DVDデータはせいぜい8GBなのに対し、諸々込み込みの場合は40GBぐらいになる。なので、DVDを作る毎に保存容量は増えることになり、外付けHDDも時代と共に(?)容量が500GBの物から始まり750GB→1TB→1.5TB→2TB→3TBと、どんどん大容量の物に買い換えて入れ替えてきた。買い換えることにより より新しいHDDにデータを入れ替えることにもなり、老朽化したHDDからデータを退避させ、その分 故障の危険から遠ざけている、と解釈することもできる。HDDの値段が日々下がっているからこそできる方法である。
 なんだけど、今まで使ってきた3TBの外付けHDDも だいぶ残り容量が少なくなってきた。さて、次に購入する外付けHDD、容量は どうしようかな? 多い物ほどイイけど値段が高くなる。チョコッと増量する程度だと安いけど すぐにまた買い換える必要が出てくる。
 そこで費用対効果を色々と考えて出した結果が・・・6TB。今まで使っていた物の2倍の容量。そんな時代になったんだねぇ〜。今まで80作品分のDVDアルバムデータを入れてきたけど、少なくとも あと80作品分のデータを格納できる、ということになる。正直、第160弾という数字は想像できないというか、現実的に どうよ、という気はするものの(∩。∩;)ゞ、今後は買い換えの必要が無いということで、良い選択だったと思っている。
 で、旧外付けHDDから新外付けHDDへのデータ移行。USB3.0接続なんだけど、それでも半日近くかかった。今まで積み上げてきたデータの量を どっしりと感じる瞬間だった。


1月15日(木)
ランチパーティー&科学博物館
 今日は月に1度、私が会社をサボって子供達のインターナショナルスクール送り迎えを担当する日。また、今日はインターナショナルスクールで第3回ランチパーティー開催の日。3回目なんだけど、私が主催するものとしては2回目。既に1回やっているので、もう勝手知ったる・・・までは いかずとも、前回の反省点を踏まえて教師達も色々と準備を進めることができた。
 今日の献立は3色パスタ。前回これをやりたかったんだけど、諸般の事情により流れてしまい、それで今回 改めて3色パスタということになった。それと併せて、スクール主催でサラダ作り実習なるものも開かれた。うん、こういった普段できないような体験というのはイイものである。園児達が楽しそうに食べてくれる様子を見ていると、頑張って準備した甲斐が あったというものである。特に、普段は食べるのが遅く かつ少食の子が偉い勢いで何度もお代わりしてくれたのを見て「よしっ!」って思った。うん、今回は自他共に認める大成功である。本来、私が主催するものとしては今年度 最後のランチパーティー、って思っていたんだけど、うまくいけば3月に もう1回・・・なぁ〜んて思いが頭を過ぎった。



 ランチパーティーは大成功だったものの、今日 唯一残念というかムカッときたのが天気。ここしばらく晴れが続いていたのに、今日という日に限って偉い土砂降り。しかも明日以降は再び晴れ続き。何なんだ、一体(-_-#)。
 放課後、娘と息子を引き連れて隣町の科学博物館に行く予定だったんだけど、この大雨で娘がズブ濡れになって戦意喪失。また、息子が帰路にて陥落。あ〜あ、ガッカリしながら博物館ではなく自宅に向かったρ(-ω-)。だったんだけど、娘はジャケットがズブ濡れになったから出掛けられないと主張していただけであり、以前使っていたジャケットを試しに着てみたら・・・サイズがまだ何とか大丈夫だった。ということで、娘と2人で隣町に向かった。
 辿り着いた科学博物館。ここの建物自体は娘が幼少の頃・・・もとい、赤ん坊の頃に何度か着た場所。ただ、当時の目的は子育て支援施設というか室内遊園施設だった。今回の目的は博物館見物。平日、しかも この土砂降りということで客は ほとんどおらず。ほぼ我々の貸し切り状態で、快適に見て回ることができた。また、ここのプラネタリウムにも来たんだけどぉ〜・・・客は我々を含めて5人のみ(^-^;)。何とも贅沢な過ごし方だった。正直、私の中では全体的に物足りなさを感じたんだけど、娘が大満足で楽しんでくれ、また来たいとのことだったので良しとする。善し悪しを決めるのは私ではなく娘である。

 帰り道、雨も風も ほぼ収まっていた。


1月16日(金)
遺伝? 生活環境?
 1か月に1度、私は娘と息子をインターナショナルスクールに 送り迎えするんだけど、そこで先生達に言われることの1つが「私と娘の挙動がソックリ」ということ。あ゛はは・・・そうなのね(^-^;)。とはいえ、言われて悪い気はしない。
 しっかし、挙動が似てくるというのは遺伝の影響なのか、生活環境によるものなのか、どっちなのかな・・・。


1月17日(土)
1週間で3回目のプラネタリウム
 家族4人で葛飾区にあるプラネタリウムに行ってきた。娘と私は この1週間でプラネタリウムに来るのは3回目である(^-^;)。ここのプラネタリウム、土曜日の午前中は子供用のプログラムが投影されるということで、このタイミングを狙って来た。しかも! 土曜日は小学生以下は入場無料になる(100円とか50円という世界だけど・・・)。肝心のプログラムは・・・うん、私と息子は子供向けのプログラムを以前に見て勝手知ったるだったんだけど、娘も息子も大満足。それでいて大人も充分に楽しめる内容だった。
 ただ、ここのプラネタリウムの難点は・・・周辺にロクな飲食施設が無い、ということ。どこか1か所だけでも施設があれば、もっと頻繁に来たいものなんだけどぉ〜・・・世の中、なかなか うまくいかない部分が ある。
 夜、昔の知人の結婚祝勝会・・・ぢゃないや、祝賀会に単身で参加(我々夫妻は大人の酒の場に子供達を同伴させない主義。また、こういった大人達のドンチャン騒ぎは子供達にとって退屈でしかない)。なかなか結婚できず、年齢ばかり増え、毎年毎年 周りが戦々恐々としていた(?)んだけど、ギリギリのところで(?)イイ人を見付けたようで。私もホッとした。


1月18日(日)
星空観察
 昨日の夜の疲れによるものか、1日中ずっと非道い疲労感と だるさに悩まされた(-_-#)。まぁ〜、1日中ずっと立ちっぱなしだったようなものだしね。ただ、妻曰く精神的な ものも大きいのではないか、とのこと。・・・流石は妻、説得力が あるし、思い当たる節も沢山(^-^;)。
 特に これといって真新しいことの無い1日・・・と思ったんだけど、夜になって娘が星空観察したいと言い出した。寒くて暗い時間帯なので私としては初め乗り気ではなかった。だけど、先週の波状プラネタリウム攻撃(?)の影響が早速出たのかな、娘が こういった科学に興味を持ってくれたのは嬉しい。ということで、カメラを片手に外に出た。う〜、病み上がりの私には寒いっ! ブルブルッ!
 最近は生の(?)夜空を見上げることなんて無かった私。久々に夜空を見て・・・愕然とした。見える星が極端に少ない・・・(-_-#)。勿論、私も先週は週に3回プラネタリウムに行っており、そこで見る満天の星空を見慣れてしまったため、というのは ある。だけど、以前は この街で見る夜空には もっと星が見えていた。こうなってしまった理由は明白。この地域での無茶苦茶な・いつのバブル期だよと思わせるのよな土地の乱開発、それに伴う街の明かりの増加である。ついで言うと、高層マンションが建ち並んだことによって見える星空の面積が減ったのも あるか・・・。
 ともかく、流石にオリオン座はハッキリと見えていたので、撮影を試みた。一眼レフカメラで夜空を撮影なんて初めてなんだけどぉ〜・・・ファインダーからは星が見えないわ、オートフォーカスが効かないわで、ほとんど勘だけで撮影(^-^;)。の割には そこそこの物が撮れた・・・かな!? 勿論、プロが見ればインスタントカメラ程度の内容だろうけど、少なくとも娘は喜んでくれたので、それで良しとする。シャッター速度30秒で撮影した写真には、肉眼では見えない星も結構な数が写っていた。

 その後は日曜日の夜恒例、マミーとのスカイプ(テレビ電話)。たまにある展開なんだけど、今回は欧州の親戚も交えての三角中継だった。その途端に娘がドイツ語を話し出した(つっても語彙は数単語だけど)。バレエのレッスン中は フランス語がサラッと出てくるし(つってもバレエの専門用語程度)。状況・相手に合わせて話す言語を難なく切り替える娘。頭の中が どういう構造になっているのか、気になるだぁ〜ね。


1月19日(月)
久々の読書
 とは言っても、漫画(^_-)ゞ。ただ、最近の私は その漫画すら読まなくなっている。妻が先日、近所のDVDレンタル店で新たに始まった漫画レンタルなる物でドサッと借りてきた。その作品は実写劇場公開されており、そのDVDは観ていた私。結構気に入っていた。なので、折角 妻が借りてきたこともあり、子供達が寝ついたのを確認した上で、夜な夜な夫婦で読書にふけった。やることは個人プレイなんだけど、夫婦が一緒の空間で同じ事をしている、というのが実は嬉しい。
 10冊を3日で読破。私の読書速度、随分と遅くなってしまったな・・・。だけど、妻のお陰で楽しかった。これも動画編集が落ち着いてきて、気持ちに余裕が できているからこそ、なのかな!?


1月20日(火)
最近、減った物・増えた物
 つい先日までは巷に溢れかえっていた中国製品。だけど、ここに書くまでもない事件・理由により、最近は随分と減った印象を受ける。或いは私が必要としている物だけ たまたま減っているだけなのかもしれないけど、まぁ〜、ともかく。
 代わって増えたのが東南アジア製品。食品の場合は安心感が まるで違ってくる。


1月21日(水)
ここまで増えた
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。月に1回程度、週末にクラスメイト親子と一緒に英語を駆使して遊ぶ会を便宜上「裏サタデークラス」と呼んでいる。いつからこの表現を使うようになったかは・・・実は私も覚えておらず(^-^;)。また、誰が言い出したのかも今となっては不明。気になるところだな・・・。
 子供達は夫々に個性があり、私が同じ言葉・態度で接しても、返ってくる反応が違ってくるから面白い。その結果を踏まえて私は その子の性格・傾向を知り、以降の接し方を判断する材料としている。
 子供達ばかりに目が行ってしまうんだけど、その親も当然 夫々に個性がある。あっちの親に対して好評いただいた話題を こっちの親に振ると不評だったり、同じ話題に対して全く正反対の反応をしたり、私が発信したメッセージに対して即回答する人もいれば一切返事を書かない人もいたり。だけど 「これも参加者が増えてきたが故」って冷静に受け止められる自分がいて、我ながらビックリした。
 今のところ自分達を含めて7家族が この裏サタデークラスに参加している。全員が参加可能となった場合、さて、我が家に収まりきるかどうか(^-^;)。テーブルとコタツテーブルの面積、椅子の数を考慮した場合、想定される収容人数の上限は16人。今のところ我が家のギネス記録(?)は14人。まぁ〜、全員の都合がついて7組全員参加、ということは簡単に起きないだろうけど、いざ起きた場合に何が起きるか、実は他人事みたいに楽しみにしていたりする(^m^)。


1月22日(木)
さぁ、どうする私?
 私が大好きなテレビゲームシリーズの1つがバイオハザード。これだけのために新しいゲーム機を買うぐらいの価値がある作品、と私は思っている。なんだけど、自宅にはゾンビよりも手強い幼子が2体いるのと、夜は動画編集で忙しいため、自宅で のんびりテレビゲームで遊ぶことができず。そのため、現時点でナンバリングタイトル最新作となる「6」は まだ遊んだことが無い(対応するゲーム機本体は持っている)。
 そんな中、最新作となる「7」・・・ではなく「リベレーションズ2」の発売が控えている。複数のハードで出るんだけど、その中に私が持っているX-BOX 360も含まれていた。とはいえ、まだまだ自宅では遊べない。遊ぶための道具は あるけど、そのための環境が無い。もどかしい状況が続く・・・。
 と思っていたんだけど、先日リベレーションズ2の最新情報を確認したところ・・・対応ハードに「PS Vista」の文字が加わっていた。これって米国発表版のみで、日本版に関しては言及無しなんだけどぉ〜・・・まさか米国だけで出て、痛勤電車天国の日本で出ないとは考えられない。その推測が正しければ、痛勤電車内でリベレーションズ2を遊べる。3DSで出たリベレーションズ1の時みたいに。
 でも私は このハードを持っていない。さぁ、これだけのためにハードを購入するか? しそうな気がする。だけど「6」と同様、暫く待つ勇気も あるような気がする。発売予定日は3月(パッケージ版)。バイオハザードシリーズは冬に発売されることが多い中、珍しく温かくなり始めた時期の発売である。
 さぁ、どうする私?


1月23日(金)
さぁ、どうする私?
 現在、私が愛用しているコンパクトカメラはLUMIXの高倍率モデル。私にとっては7代目のコンパクトカメラなんだけど、現行機種を含めて ここ4代連続してLUMIXを愛用していることになる。3年半前に一眼レフカメラを導入して以降、写真撮影は なるべく一眼レフカメラで実施しているため、現在のコンパクトカメラは動画撮影に特化しているような位置付け。とはいえ、外出先ではコンパクトカメラでの写真撮影もすることになる。
 なんだけど、やはり暗い場所で写真撮影すると画質がガクッと下がるのが よく分かる。また、現在使っているカメラは3年前に出たモデルで、数値的な性能は画質以外は今も第一線で通じるものの、あちこちに物理的劣化が見られるようになってきた。
 なので、買い換えのタイミングを見計らっていた私。その切っ掛けの1つが・・・現在使っているコンパクトカメラの後継機種最新版の発表。このモデルは毎年2月〜3月ぐらいに最新モデルが発売される。その紹介記事は だいたい1月中旬に出てくる。
 その待っていた新モデルの記事が遂に出た。が、私が重要視していた点(撮像素子)が従来と変わらず。また、大々的に新機種を紹介しているものの、仕様表を見比べる限り、1年前の機種と性能は ほぼ変わらず。いや、今 使っている3年前の機種とも大差が無い。「新エンジンの開発により、画質が綺麗になりました」とは言われても、数値的に どのぐらいなのか具体的な記載は当然無いし。
 勿論、動画撮影に特化したものとして割り切るのであれば充分すぎる性能なんだけど、外出先で撮影した写真の画質に いつも不満を持ち続けてきた私、今回の新機種に対しては期待が大きかった分、ガッカリ。・・・いや、毎年この繰り返しかな・・・。いつも撮像素子は小さいままだし。とはいえ、撮像素子以外の部分に関しては毎度ながら実にイイ。
 なので従来のモデルに拘らず、LUMIXに拘らず、パナソニック製に拘らず、高画質・高倍率、かつ動画についても一定以上の機能を持つ機種を色々と探すも・・・流石に全てを満たすような虫のイイ物は見付からず(^_-)ゞ。ただ、直球ど真ん中とはいかずとも、外角変化球でストライクゾーンに入ってくる物が2つ。
  1つは同じパナソニック製なんだけど、ハイエンド機に分類される物。私が 拘っていた撮像素子は大きめの物だけど、倍率がケチ。まぁ〜、ハイエンド機としては頑張っている方かな。同じパナソニック製なので、使い勝手は同じはず。  
LUMIX DMC-LF1
なら、もう これで決まりかな。・・・と思って実際に買って使っている人の声を読んでいたら、1つ とんでもない致命傷が(゜д゜)。電池はカメラ本体に入れた状態でのみ充電可能。あのう・・・1つの充電池を充電しながら、予備電池で撮影ができないのって・・・即落選となった。それなりにイイ物だっただけに、こういう くだらない理由での落選は 非常に残念。・・・と思ったら、純正品ではないものの、互換品の充電器は出ているらしい。実際に店頭で手に取ってみた印象は「本体が小さい」。ポケットに入れて簡単に持ち運びできると言えば響きがイイんだけど、私の手には小さすぎて手応えが無く。とはいえ操作性は勝手知ったるのLUMIX。なかなか悩ましい(^_-)ゞ。
  2つ目は同じパナソニック製の・・・従来モデルの最新機種。勿論、暗い場所での撮影に難ありなんだけど、多少は改善されている。また、高倍率(30倍)やら使いやすさは実績アリ。絶対的な安心感・安定感が ある。  
LUMIX DMC-TZ70
 3つ目は先日、とある知人から紹介してもらったカシオ製。私にとっては未知の領域。だけど電源を入れてからの起動が目茶苦茶速かったり、他のメーカー製には無い独特の面白い機能が満載という点は気に入っていた。それで調べていたら、カシオからもハイエンド機が出ており。これは凄い!  
EXILIM EX100
数字の上では ほぼ全てが私を満足させる物だった。倍率もパナソニックのハイエンド機よりもイイしし、倍率を上げることが映像が暗くなることも無い。ただ、ここでも致命傷が1つ。それは動画。私は簡易ハイビジョンで撮影し、DVDに残す。なので、フルハイビジョンは不要。フルハイビジョンだと、とにかくデータ容量がデカくなり(簡易版の3倍以上)、アッという間にSDHCカードの容量を喰う。・・・と思い続けていたんだけど、実はこれ、私の長年の勘違いであることが これを機に判明。実はフルハイビジョンも簡易ハイビジョンも動画ファイルの大きさは それほど変わらない(゜д゜)。この5年間、ず〜っと勘違いし続けていた(゜∀゜ゞ)。店頭で実際に触れてみた感想は・・・本体が大きくて重い。下手なミラーレス一眼よりもズッシリ。従来のようにポケットに入れられる物ではない。だけど この重量感・手応えは私には しっくりくる。使い勝手は流石に慣れないというかLUMIXとは全く違うため、慣れるまでに どのぐらいの時間を要するかが不安。
 ともかく、以上を踏まえると・・・さぁ、どうする私?


1月24日(土)
今年1回目
 娘と息子が通うインターナショナルスクールのクラスメイト達が我が家に集合し、英語を駆使して課外授業(?)を実施する裏サタデークラス。今年1回目を実施。自分達を含めて7家族が名を連ねているんだけど、今回は5家族13人が集合。・・・の予定が、開始2時間前の段階で2組から直前キャンセルの連絡が(゜д゜)。あのう・・・デザートは昨夜のうちに人数分を作り終えていたし、昼食も準備が終わっていたりしているんだけどぉ〜・・・(-_-#)。まぁ〜、こういうことも あると思って諦めるしかないのかρ(-ω-)。体調を崩したり、急な仕事が入ったり。当人達にしてみれば大変なことだしね。
 ということで今日は3家族8名。だけど、沢山集まりすぎというのも大人達が大変だし、これぐらいの人数の方が実は丁度イイのかもしれない。この日は外の天気が良かったので、昼食後 子供達は外の公園で ひと暴れ。母親達は家で のんびりと女子会。そして私は撮影しまくり。夫々が思い思いに楽しい時間を過ごした。


1月25日(日)
久々に陽の目を見ることになった機器
 最近の子供達は親の目論見により(?)、科学番組が お気に入り。水の不思議、磁石の不思議、色々な科学番組を興味深そうに観ている。その中でも特に お気に入りは・・・星空鑑賞。これは最近プラネタリウムに行くことが多かったのが切っ掛けなんだけど、この寒い季節、夜に外に出て星空鑑賞というのは・・・まぁ〜、確かに夜空を見るには絶好の季節なんだけど、如何せん同伴する親としては寒い(^-^;)。
 そこで思い出した存在が室内プラネタリウム投影機。購入したのは もう10年近く前になるし、最近は全く使う機会が無かったんだけど、4万円という価格を考えると引っ越しの際にも処分対象には ならず。処分は免れていても、完全に埋もれていた機器。その存在を思い出した。
 で、早速 室内投影したら・・・初めの数分間は子供達は大喜び。だけど、すぐに飽きてしまい(^-^;)。結局、星空をずっと楽しんでいたのは大人達で、子供達は他の遊びに興じていた。まぁ〜、よくある展開か(^-^;)。
 夜を彩る機器なんだけど、陽の目を見ることになった・・・のかな!?


1月26日(月)
3種類の眼鏡
 普段、私は場面・状況に応じて3種類の眼鏡を使い分けている。
 まずは標準型。着脱用サングラスや着脱用コンピューター保護眼鏡を装備することができ、拡張性・汎用性が高い。なので、会社に行く時や日中の お出掛け時に使う。最も利用頻度が高い眼鏡である。
 続いてが軟体眼鏡。着脱式眼鏡を装備できないんだけど、グニャッと曲がっても全然問題無く、防御力が高い。なので、自宅で子供達と遊ぶ時は迷わずこれ。また、本体も軽く、耳と鼻への負担も少ないため、自宅で過ごす時は(後述のパソコン作業時を除き)全てこれ。サングラスを必要としない夜の外出時も これ、ということが多い。
 最後が自宅でのパソコン作業用眼鏡。眼鏡その物の重量が重く、衝撃にも弱く、また事の性質上あえて度は低く設定しているから遠くは見えず、外出用には向かない。だけど、こと自宅でのパソコン作業の時は比類無き目に対する防御力を発揮する。
 3つの眼鏡全ての長所を兼ね備えた物って現代科学を以てしても実現できていない。コンパクトカメラと同じやね(^-^;)。んだけど、使い分ける面倒くささが実は好きだったりする。


1月27日(火)
季節を感じた瞬間
 私にとっての会社定時は16時半。とはいえ、この時間ピッタリに会社を出ることは希。そんな中、今日は珍しく定時に退社。外に出たら・・・周辺は まだ充分に明るかった。だいぶ日が長くなってきたな。こんなところから季節を感じた。


1月28日(水)
慣れって恐ろしい
 ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)。私は10年以上にわたりノルウェー製のOperaを愛用していた。だけど、従来方式の物が開発終了し、最近のWebサイトに対応できない事象が多発するようになり、やむなくFirefoxの互換ブラウザーのPale Moonに乗り換えた。
    →  
 豊富なアドオンを駆使し、極力Operaと同じ使い勝手にしているんだけど、1つだけ どうしても同じにできない部分が ある。その部分が常に使用中の違和感に繋がっていた。
 その政権交代(?)から1か月。Operaは与党からは離れたものの、今も野党として活躍する場がある。なんだけど、久々にOperaを使っていた際に「おやっ?」と思うことが あった。自分の思った通りに動かないのである。・・・よくよく考えたら それ、上述の「どうしてもOperaとPale Moonとで同じにできなかった部分」だった。Pale Moonの感覚でOperaを操作していた、というもの。そりゃ、動かないわな。だけど、10年以上やってきた操作感覚を僅か1か月で切り替えできたことになり。慣れって恐ろしい(^-^;)。なので、Operaの操作方法をPale Moon方式に設定し直した。うん、私にとっての第1ブラウザーではなくなったけど、やっぱり従来方式のOperaは自由にカスタマイズできて実にイイ。


1月29日(木)
意外なところから後継者が出てきた・・・か?
 ブラウザー(インターネット閲覧ソフト)。私は10年以上にわたりノルウェー製のOperaを愛用していた。だけど、従来方式の物が開発終了し、最近のWebサイトに対応できない事象が多発するようになり、やむなくFirefoxの互換ブラウザーPale Moonに乗り換えた。
 では、このPale Moonを今後ずっと使い続けるかというとぉ〜・・・それは分からない。心のどこかでは いつの日か新方式のOperaが従来式Operaの使い勝手に近付いて、実用に耐えうるものになる・・・という淡い期待を寄せている。ただ、その淡い期待、自分で言うのも何だけど、実現するとは思っていない。
  なんだけど、従来方式Operaの後継が意外なところから出てきたのかもしれない。それは新方式のOperaではなく、新ブラウザーのVivaldi。Operaの元お偉いさんが主導して作り上げた新しいブラウザーなんだとか。何でも この元お偉いさん、新方式のOperaは従来からの愛好家を置き去りにしており、我々が望む姿からは遠ざかっており、その状況を打開するべく従来式Operaの流れをくんだ新しいブラウザーを作り上げた・・・という旨を語っている。私を含む従来式Opera愛好家達の気持ちを全て代弁してくれているような気がした。
 現状、この新しいブラウザーVivaldiは まだ検証版が公開された段階。自他共に認める未実装の機能も あるんだけど、それについては近いうちに実装する予定とのこと(新方式Operaだと実装するのかしないのか、方針すら一切明言されず)。
 正式版が出たら、当然これを試用してみなければならないんだけどぉ〜・・・さぁ〜、今 私が使っているPale Moonをひっくり返せるほどの実力を備えているのか否か、実に興味津々である。


1月30日(金)
渋滞に捕まっていたサンタクロース
 ドイツの知人から荷物が届いた。聖夜祝い。12月中旬に航空便で送ったという知らせを受けていたんだけど、待てど暮らせどブツが届かず。それが今日 届いたということは・・・経緯は どうあれ、船便で運ばれた模様(料金は しっかり航空便だったけど・・・)。まっ、サンタクロースは非道い渋滞に巻き込まれていたんだなと思うことにする。
 中身は・・・毎度ながら凄い。本物のサンタクロース以上だ。衣類にお菓子に小さめの玩具。今回は置き場に困るという物は無く、有り難い物ばかりだった。
 また、昨秋に娘が渡欧し、ドイツに2泊3日した時の様子を収めたDVDも入っていた。ちゃんと日本のテレビ規格に合わせて作ってくれていた点が嬉しかった。マミーが撮影していた動画は既に見ていたんだけど、こちらは知人の母親が撮影してくれた物。娘が楽しんでいたのは勿論、撮影者が物凄く楽しそうに解説しながら撮影していたのが印象的。私だと撮影しながら解説なんて同時作業、できません(∩。∩;)ゞ。
 また、映像を観ていて、11年前の動画撮影ズブの初心者だった自分を思い出した。私が動画撮影をするようになってから11年かぁ〜。動画は撮影機材の性能で決まるものではない、ということも実感。
 ともかく、1か月遅れの聖夜、悪くない。


1月31日(土)
授業料は・・・高くついたρ(-ω-)
 本来、今日は裏サタデークラスの実施日。だけど、参加予定者全員が何かしらの理由で来られなくなり。先週分も含めると、6家族のうち4家族が来られなくなったことになる。先週のように参加者が減るのではなく、全員欠席で中止というのも凄い。用意した食材、どげんしよρ(-ω-)。今日という1日を象徴する幕開けとなった。
 我が家には複数の撮影機器が ある。動画撮影に特化した物(ビデオカメラ)、写真撮影に特化した物(一眼レフカメラ)、動画も写真もソツ無く こなす物(コンパクトカメラ)、衝撃や水や気温変化に強い物(タフネスカメラ)。
 その中で、酷使度・活躍度が1番となると、やはりコンパクトカメラ。写真の画質は一眼レフカメラに及ばないものの、動画機能は結構頑張っているから今は動画中心に使っている。また、本体が小型なので小回りが効くし、外出時の写真撮影はコンパクトカメラが基本。とにかく動画に静止画に大活躍である。
 なんだけど、7代目である現行機種は導入から3年近くが経過。あちこちに物理的劣化が見え始めたり、レンズの内側が汚れてしまい、これってレンズ一体型のカメラとしては かなり致命傷。ということで、いよいよ買い換えることになった。
 買い換えの候補機種は3つあり、過去に例が無いぐらいに機種選定に迷う買い換えだった。性能を徹底比較し、熟考した末に私が下した結論が これ。
 
EXILIM EX-100
決定打となったのは
 (1)暗い場所での撮影に強い
 (2)動画撮影時、音声はステレオ。
 (3)ハイエンド機としては かなりのズーム倍率
 (4)電源を入れてからの起動が早い
 (5)倍率を上げても映像が暗くならない
 (6)本体が私の大きな手にピッタリくる大きさ
 (7)動画を撮影しながら写真撮影が可能(単に動画からのキャプチャー、ではなく)
 (8)面白撮影機能が満載 (これはオマケ程度の扱いで)
の全て満たしているという点。従来機や他の競合機は半分程度しか満たせていない。
 私にとって8代目のコンパクトデジタルカメラは自分にとって初となるハイエンド機、初めてのカシオ製。選んだ自分もビックリの展開だったかな。倍率は従来機の半分だけど、そんなバカみたいな高倍率って普段は使わない。それに、ハイエンド機としては倍率、かなり頑張っている。価格も一眼レフカメラ+レンズを買えてしまうぐらいの、コンパクトカメラとしては凄まじい値段。こっちも頑張って出費した。
 以前まではカメラ選定時にカシオ製は書類選考にすら登場せず。計算機&時計屋さんが作るカメラって どうよ、という偏見が あった。だけど先日、知人にカシオ製のカメラをゴリ押しされ、渋々 触れてみたら・・・起動の速さにビックリというか感動というか。撮影したい場面に遭遇し、咄嗟にコンパクトカメラを構えるも、2〜3秒という時間差が致命傷になって何も撮影できず、ということを数え切れないぐらいに体験している私。これは感動的だった。
 それで今回、よくよく調べてみたら、レンズはオリンパス製のOEM。ちゃんとしたカメラ屋さんのレンズを使い、そこにカシオならではの独自の機能を盛り込んでいることが判明。なので、今回は分け隔て無くカシオ製の中からも色々と探すこととなり。私にとっての初代と2代目コンパクトデジタルカメラがオリンパス製だったので、1部が先祖帰り・・・と言えなくもないのかな!? (ただ、オリンパス製、物は確かなのかもしれないけど、2代目カメラが散々で懲りたため、それ以降は一切手を出すつもりは無かった)
 私にとって必要なのはカメラによって映し出される「映像」というソフトであって、「カメラ」というハードを購入したつもりは無い。さぁ、このカメラで どんな思い出が残っていくのかな。
 ということで、今日は いよいよ新カメラの初陣だったんだけどぉ〜・・・ここで痛恨の極みが(>_<)。数値的な仕様は申し分なかったんだけど、実際に使ってみて初めて判明したこと。それは「動画撮影機能はオッペケペー」。コンパクトカメラは動画撮影に多用する私、これは致命傷以外の何物でもなかった。
 動画の質そのものが悪かったり、動画撮影中にピントがボケまくったり。そして! レンズ駆動音がうるさいため、動画撮影中にズームしようものなら「ジィ〜ッ」というレンズ駆動音が綺麗に聞こえてくる。お店に置かれている実機はメモリーカードが入っていないため、写真撮影は試せるけど、動画撮影は試せない。更に店内は賑やかなので、レンズ駆動音の うるさい/静かまでは確認しようが無い。
 また、写真の画質も・・・パソコン画面で見てみると、実は たいしたことが無く。所詮、面白撮影機能やら他と違う視点の機能に活路を見出している、計算機&時計屋さんのカメラということか・・・(>_<)。また、レンズに使われているオリンパス製品、やはり私とはソリが合わなかったようである。
 妻曰く「清水寺の舞台から飛び降りて粉々に砕け散った」だそうで。確かにね。失意のままにコンパクトカメラの買い換え候補第2位を購入しに秋葉原まで行くも(熱帯雨林の方が価格が高かったため)、どの店に行っても「品切れ」とか「入荷待ち」とか「メーカーも在庫薄」とのことで、結局 無駄足(-_-#)。
 どん底の心境で自宅近くの家電量販店に行った。この時の私、もしかしたら ここでも在庫切れになっていることを期待していたのかもしれないんだけどぉ〜・・・あった(^-^;)。ここの家電量販店、私は個人的に大嫌いな店なんだけど、今日 対応してくれた店員は目茶苦茶印象が良かった。他方、秋葉原の私が大好きな家電量販店では店員の対応が かなりムカついた。「店」ではなく「人」の違いなんだろうね。
 ただ、やはり精神的なダメージが大きいようで、心も体もグッタリ状態。しまいには娘が私のモビルスーツコレクションを落として大破させるし。ここまで来たら もう完璧。何をやっても駄目な日って ある。こういう時は早く寝て大人しく翌日になるのを待つしかない。
 授業料は・・・文字通り高くついたρ(-ω-)。向こう暫く、妻の小遣いを大幅減額しないとな・・・。


ズボラ日記のトップに戻る