まいけるのズボラ日記




2015年3月


3月1日(日)
年間計画には無かったけど
 今日の天気予報、午後から雨とのことだったので、午前中とっとと買い出しに出掛けた。そうしたら・・・自分の年間計画表には無かったんだけど、最寄りの複合買い物施設にて救急体験名目で本物の消防車やら救急車が来ていた。記念撮影、火事現場体験、アンケート記入しての景品受け取り。そして! 梯子車の乗車体験。
 娘が梯子車に乗ってみたいと はしゃぎだした一方、息子は敵前逃亡(^-^;)。なので、妻と息子は食料品の買い出し、娘と私は試乗するべく行列待ち。最終的な待ち時間は40分ほどという、ディズニーランド状態だったんだけど、滅多にできない体験。足のすくむような高さだったんだけど、娘は心底楽しそうにしていた。まっ、実際これのお世話になるような事態に巻き込まれないのが1番だぁ〜ね。


3月2日(月)
娘の決断
 昨秋、祖母と一緒に祖国のオーストリー入りを果たした娘。渡欧を急がせた最大の目的であった曾祖母との面会にギリギリで間に合った。勿論、それだけに限らずとも、色々と実り多きものだったと聞いている。
 当初は これ1回きりで、当面 娘の渡欧予定は無く。次は息子の番、という手筈だった。が、これに気を良くしたマミー、現在の娘の旅券有効期限が切れる前に、もう1回 娘と一緒に渡欧したいと言い出してきた(^-^;)。
 まぁ〜、娘が行きたいと言うのであれば、それを尊重することにした我々夫妻。娘に対する聞き取り調査では「行きたくない。欧州に行くぐらいなら北海道の祖母宅に行って雪遊びしたい」とのこと。ふむふむ、これは なかなか可愛い回答であった(^-^;)。2回目の聞き取り調査は その北海道滞在中に実施。雪遊びをする、という希望が叶ったので、ならば今度は どうかというマミーによる誘導尋問。だけど娘の回答は「行きたくない」とのことだった。マミー、かなりガッカリ。欧州で一体 何があったのか、疑いを持たざるを得ないか(-_-#)? ただ、渡欧の際に同じく訪れたドイツの知人宅には また行きたいとのことだった。
 で、しつこんだけど、マミーの希望により3度目の聞き取り調査。「はい」と答えるまで聞き取り調査を続ける気配が出てきた(-。-;)。ここでマミーは かなり作戦を練ってきたのが分かった。「オーストリーに行き、ドイツの知人宅に行きたいか?」という質問の仕方だった。どんだけ2人で渡欧したいんだよ(^-^;)。娘は何も考えることなく「行きたい」と回答。大人のエゴが垣間見えた気がした。
 ただ、私の懸念点が1つ。それは渡航費。マミーは当初「費用は全額負担するので、また2人で行かせてくれ」という言い方だった。マミーの長年の傾向と対策から、マミーは「自分が払う」に代表される、自分が不利になるような口約束、必ず都合良く忘れる。今回も そうなるという心づもりでいた方が良さそう。
 出発まで半年あるので、NHKのドイツ語会話で一緒に勉強してみるか(^-^;)!? いや、どうせ すぐに忘れるのであれば意味が無いか。


3月3日(火)
私の決断がもたらした結果
 今の日本は景気が良いのか悪いのか、自分にはサッパリ分からない。ただ、日経平均株価や学生達の就職内定率は・・・単純な数字を見る限り、私が就職活動していた頃と比較して随分と良い印象を受ける。もっとも、その恩恵は全く感じてないのは多くの人達と同様か。
 その私の就職活動は、それなりに苦労したのを覚えている。就職試験に辿り着く前に書類選考の時点で落とされたのは勿論、インターネットエントリーの段階で門前払いを受けた日にゃ、どうすれば良いか分からなかった。自分で言うのも何だけど、筑波大学の大学院という肩書きがあっても このザマ、どんだけ不景気なのかと思った。
 当時 私が住んでいた街には鉄道が通っておらず、上京する際の交通手段は渋滞で時間が読めない低速バスのみ。時間に余裕を持って出発すると渋滞無くスイスイと進み、時間ギリギリのバスに乗った時に限って大渋滞したものである。
 まぁ〜、何だかんだで今の会社に拾われる形になったんだけど、他にも気になる会社は あった。だけど、色々な事情を踏まえ、内定が出た段階で他を受けること無く今の会社に決めた。
 私の決断がもたらした結果が今に到っている。仕事柄、パソコン関係に詳しくなったということで、私生活に於いても色々な人達のIT関係で役に立っている(パソコン購入、パソコン設定、パソコントラブル対応、Webサイト作成、Webログ管理 等々の手伝い)。巡り巡って妻と結婚することができた(元会社上司の奥方による紹介)。子供達と出会うことができた。
 今でも たまに「他の会社を受けていたら どうなっていたのかな・・・」って思うことが あるんだけど、今の結果を考えると、これが良かったと感じる。


3月4日(水)
ここまで非道いのは久しぶり
 ここ数日、中途半端な具合悪さが続いていたんだけど、今日は一転して随分と非道い(>_<)。ここまで非道いのは久しぶり。仕事を終えて帰宅しようとしたら・・・何やら緊急会議だっつ〜から帰れなくなったしで(-。-;)。
 何とか帰宅できたものの、非道い吐き気も抱えていたため、夕食は口にできず。すぐベッドに直行。3時間程度 横になるつもりが・・・目が覚めたら3時。今からでも歯を磨こうっと(^_^;)。


3月5日(木)
誰に教わったんだ!?
 娘と息子は普段、インターナショナルスクールに通っており、そこでは英語漬けになる。スクール以外の場所で友達と遊ぶ際は・・・大多数がスクールのクラスメイトなので、そこでも英語。娘は水泳教室やバレエ教室で生の日本語に触れる機会が あるものの、息子は まだ そういった習い事を しておらず。なので、息子が普段、生の日本語に触れるとなるとぉ〜・・・相手は母親のみ。
 なんだけど、明らかに母親が教えていないような言い回し・単語を発する時が ある。自分の要求を通そうとする時は「これ、欲しいなぁ〜♪」って猫なで声で交渉(?)してくる。まったく、そんな交渉術、誰に教わったんだ(^_^;)!?


3月6日(金)
当たり前なんだけどビックリ
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。私は そこの専属ボランティアとして、ITおよび広報担当という肩書きを持っている。個人的には こっちが副業というより本業という気分なんだけど、まぁ〜、ともかく。
 ここのWebサイトは外部の業者に委託して作ってもらったり直してもらったりしているとのこと。私の方でチャチャッと やってしまいたいんだけど、まぁ〜、スクールと その業者との昔からの付き合いもあるとのことなので、仕方ない。
 ・・・なんだけど、現状のWebサイトが抱えている問題点。沢山あったので、修正案を取り纏めて提出した。私がチャチャッと修正すれば半日と かからない作業なんだけどぉ〜・・・業者から出てきた見積額を見てギョッとした(゜д゜)。ぼったくりやんけ! どこが「格安ホームページ作成代行」やねん!・・・って一瞬だけ思った。だけど、よくよく考えてみたらIT業界の この手の価格って・・・こんなもの。いや、これでも まだ安い方か。
 普段は自分でチャチャッとやっているホームページ作成。だけど、こうして会社に依頼するとウン10万・ウン100万円という金額が平気で出てくる訳であり。当たり前なんだけどビックリした。
 だけど待てよ。以前、私は知人達から依頼されて複数のWebサイトを代行作成していた。その全てが結局は依頼人達が放置したがために消滅した。作成会社に依頼したらウン10万・ウン100万円もするものを放置か。凄いね。なぁ〜んてことを今更ながらに実感。


3月7日(土)
EMS(国際スピード郵便)
EMS(国際スピード郵便)
 ドイツに住む知人の誕生日が近いということで、誕生日祝いを梱包し、郵便局から送付。いつもだと航空便なり船便にするんだけど、今回は姉がオススメというEMS(国際スピード郵便)なるものを初めて利用した。航空便と比較しても、随分と早くに届けられるんだね。ビックリした(・o・)。
 ただ、当然ながら送料は・・・それなりに(^_-)ゞ。贈り物の合計金額は4000円程度なんだけど、送料が その3倍。まぁ〜、彼女の好みの品は どうしても重い物になってしまうので致し方無い部分は あるんだけどぉ〜・・・やっぱり来年からは日数に余裕を見て、船便で送ることにしようっと。ともかく、喜んでもらえることを願うばかりである。


3月8日(日)
賽は再び投げられた
 天気が悪かったこともあり、お出掛けは買い出しのみ。まっ、それであっても、子供達には刺激になるようで。何気に家族4人で こういった買い物は久しぶりだったのかな。
 夜は日曜日恒例、マミーとのスカイプ。その中で、秋の娘&マミーの欧州行き航空券購入手続きを実行した。賽は再び投げられた、である。
 私が懸念していたことが1つ。それは渡航費。マミーは当初「費用は全額負担するので、また2人で行かせてくれ」という言い方だった。が、マミーは自分が不利になるような口約束を必ず都合良く忘れる。今回、渡航費の件を正したら・・・本人はビックリした表情。「あっ、そういえば そうだった」と語っているように見えた。ただ、その後に続いた台詞が「半額と言ったはず」だって。言ってね〜よ(-_-#)。今後、マミーと この手の話をする時は録音しながらでないと危ないな(-。-;)。いや、議事録も併せて残すべきか。今回は身内の やりとりだし、何とかなる金額だったけど、これが対外で デッカイ金額の場合に同じ事をされたら・・・ね〜ρ(-ω-)。


3月9日(月)
丁度イイ切っ掛け
 私が自宅のパソコンで利用している表計算ソフトはExcel 2003。機能は これで充分とか、余計な金を払いたくないからとか、そういうのではなく。MS Officeソフトはバージョン2007以降、パッと見の造りがガラッと変わり、私は気にくわないから2003に 拘り続けている。2007以降の形式で作成されたファイルについてはフリーの互換ソフトLibre Officeを使えば事足りる。というか、自宅で表計算ソフトを使う機会って・・・家計簿をつける時程度。気にするほどのことではない。
 だったんだけど、事情がガラッと変わった。それは娘と息子が通うインターナショナルスクール。私は もともと非常勤スタッフのボランティアとして名を連ねている・・・というか ここの校長に任命を受けたんだけど、このたび ここのWebサイトの監修も依頼された。これまで以上に責任重大になってくる(°ー°)ゞ。
 そのスクールで やりとりする文書なり表計算のファイルがMS Office2007形式。見る分にはLibre Officeを使えば問題無い。しかぁ〜し! これを使って何か修正して保存すると・・・スクールの人が見る際に形が崩れてしまうのは火を見るより明らか(-_-#)。そんな展開になったら恥ずかしくて穴があったら入れたくなる。
 ということで、MS Office 2003は既にサポート終了している物だし、インストーラーは手元にあるので、丁度イイ切っ掛けと解釈し、自宅のパソコンにMS Office 2010を入れた。それでも5年前のソフトか・・・。まぁ〜、ともかく。後はパッと見の画面を自分好みに・2003方式に近いように設定変更。うん、パッと見は思っていたよりイイ感じである。
 会社では2007を使っているんだけど、いざ自宅で2010を使ってみたら・・・2003と違うのは勿論、予想以上に2007との違いも多々あり、結構ビックリした。ただ、起動の遅さは何とかならないのかねρ(-ω-)。5秒で終わる作業を実施するために起動に15秒待たされるのってアホくさい。


3月10日(火)
仕返しの品
 日本独自の文化と言ってもイイのかな、ホワイトデイ。先月のバレンタイン司教処刑日に愛の告白を受けた人が仕返しをしなければならない日。人によっては「面倒」と感じるらしいんだけど、私は好き。愛の告白を受けたという何よりの証だし、告白を受けたからこそ品選びができるから。
 私の場合、伝統的に既製品の菓子類を買うことは しない。全部手作りである。今年は何を作ろうかなと色々画策中。生菓子系、焼き菓子系、蒸し菓子・・・は無いか(^_-)ゞ。色々と検討を重ねた結果、ようやく結論が出た。ということで会社帰りに早速 材料やら容器やら、色々と購入。
 そりゃあ、手作りは手間暇かかるし、既製品を購入するより出費が嵩むことが多い。とはいえ、今年も こういった仕返しが できるというのが密かに嬉しい。


3月11日(水)
悪夢な展開
 妻が欲しがっている物を求め、ここ数日あちこちの店を見て回っているんだけど、見付からず。今日、会社帰りに立ち寄ったのは自宅から直通バス1本で15分ほどの場所にある複合買い物施設。平日の夜ということで、店内は どこもガラガラ。歩きやすかった。
 しかぁ〜し! 「以前、確か ここで購入した」という店も含め、店内は「只今リニューアル工事中。3月下旬にオープン!」のバーゲンセール状態。どこもかしこも工事中の壁・壁・壁。折角ここまで来たのに、悪夢な展開であるρ(-ω-)。薄暗くなった店内の雰囲気も含め、まるで廃墟を歩いているようで怖かった。
 結局、お目当ての物は見付からず。仕方ないので、ここでドーナツを買って帰宅。妻が欲しがっている物は通信販売で購入するか・・・。


3月12日(木)
また広がった
 ホワイトソルガム。小麦・米・トウモロコシに続く第4の穀類とも言われている・・・らしい。厳密にはモロコシを品種改良した物なんだそうだけど、つい先日まで これの名前も存在も全く知らなかった。あちこちの食料品店で探すも、どこにも取り扱われておらず。やむなく高い送料と引き替えに通信販売で購入。それが届いた。
 そもそも何故 今 ホワイトソルガムなのか。娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこのクラスメイト達が月に1回程度、うちに遊びに来て大勢でワイワイ騒ぐ。そのうちの1人が食物アレルギー持ち。問題となっている食品が卵と牛乳のため、お菓子関係は かなり制限が かかってしまう。
 それで、牛乳の代わりに豆乳を使ったり、卵の代わりに豆腐を使ったりして代替菓子を作っている。そんな中、とあるWebサイトで食物アレルギー対策の手作り菓子を調べていたところ、ホワイトソルガムなる見慣れない横文字を発見した。
 今日、届いたので、早速これでケーキを作ってみた。バターも油も卵も不要で、水に混ぜて焼くだけ。本当にこれだけで大丈夫なのか!? という不安は当然付いて回った。半信半疑のままオーブンで焼いたんだけど、結果は・・・うん、まずは及第点。これに砂糖なり果物なり野菜なり豆乳なりを入れて色々な種類のケーキ・・・っぽい物を作れそう。
 新しい食材と出会い、自分の料理の幅が また広がった、そんな気がする。


3月13日(金)
復讐の準備
 会社昼休み時間の昼食は珍しく外食。私が参加したプロジェクトが社内表彰を受けたとのことで、その金一封で みんなして高級おフランス料理を食べちゃおう、というものなんだそうで。何故 夕食ではなく昼食なのかというツッコミが挙がるんだろうけど、帰宅時間が遅くならないので私にとっては有り難い。・・・まぁ〜、昼寝の時間が無くなるのは致し方無し、か(^_-)ゞ。牛丼の10倍以上の値段がする昼食なんて、数年に1回の経験だった。
 帰宅後は台所に引き籠もり、色々と お菓子作り。明日の復讐のために色々と準備した。大きな声では言えないものの、中には今回初めて作るという品も含まれており(但し類似品の実績は色々と ある)。それが失敗した時のため、今回は実績のある物も含めて複数種類作ったんだけどぉ〜・・・いずれも問題無かったのでホッとした。後は喜んでもらえるか否か、気に入ってもらえるか否か、である。


3月14日(土)
裏サタデークラス
 今年度最後の裏サタデークラスは我が家でのホームパーティー形式。来てくれたのは2家族だけだったので、目が回るような展開は無く、非常に落ち着けた。
 裏サタデークラスに名を連ねている家族は・・・自分達を含めて8家族(但し参加頻度はバラバラ)。そのうち2家族が間もなくスクールを卒園するものの、今後も学童保育でスクールに通うのは勿論のこと、うち1家族は この裏サタデークラスにも引き続き参加を表明。これとは別に1家族が一般の幼稚園に転校することが決まっているものの、引き続きスクールには学童保育で通うことになっており、裏サタデークラスは・・・今のところ脱退の話は来ておらず(^-^;)。
 ということで、先月の裏サタデークラスの時は4月以降に対する漠然とした不安を感じ続けていたのに対し、今回は4月以降の形が見えていたので、イヤな不安は無かった。
 ホワイトデイの復讐の品も喜んでもらえたようなので、まずはホッとした。あとは明日、食中毒の被害報告が来ないことを願うばかりである(^_-)ゞ。


3月15日(日)
春を感じる散歩
 妻の提案により、市の図書館に向かった。大人は徒歩、子供達は自転車なり三輪車。大人が普通に歩くと片道15分程度なんだけど、子供達の速度だと・・・30分ぐらいかかるかな。まっ、良き散歩、良きサイクリングである。
 図書館そばに公園が ある。遊具は長距離滑り台だけなんだけど、木々が沢山あり、子供達にとっては ちょっとした森林探検のような気分に浸れる。なので、その中を歩いているだけでも子供達は充分に満足しているようだった。また、桜・・・には まだ早いんだけど、梅の花が だいぶ咲いており。なかなか綺麗だった。ポカポカ陽気も手伝い、春を感じる散歩だった。
 本来の目的である図書館。私が住んでいる市の図書館は中央集中型ではなく、複数分散型。つまりデカい図書館が街に1箇所だけ・・・ではなく、小さい図書館が街のあちこちにある。どっちがイイかは判断が分かれるところなので、ここでは議論しないとして。ただ、子供達が興味を持てる本が沢山あり(洋書は無かったけど・・・)、貸し出し制限の10冊以内に収めるのに苦労した(^_-)ゞ。子供達も こうして図書館で本を借りる歳になったんだな〜。


3月16日(月)
僅か1週間で この違い
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。強制ではないものの、できるだけ やってほしいという名目の宿題が日記を書くこと。勿論、英語で。娘は英語を話せるものの、まだ文章を書くことができない。ということで、私が下書きをして、娘が それを なぞる、という方法を とっている。但し、毎日実施という訳にはいかず、週に1〜2回というのが現状(∩。∩;)ゞ。
 で、今日、久々に日記を書くことになった。いつものように私が下書きして、その後で娘が なぞろうとしたんだけどぉ〜・・・ここで3つビックリする展開が発生。
 1つ目は娘が下書きの内容を ちゃんと読めている、ということ。以前は言われるままに字を なぞっていただけなのに。
 2つ目は「ここ、間違っている!」って指摘してきて、更には自分で修正したこと。ちゃんと読めていることの証であり、内容を理解している証拠でも ある。
 そして3つ目は下書きを声に出して読みながら 字をなぞっていた、ということ。
 1週間前は いずれも できなかった。僅か1週間で この違い。娘の成長を まざまざと感じる瞬間だった。


3月17日(火)
言われて嬉しいこと・ムカつくこと・違和感を覚えるもの
 私は在日オーストリー系2世。日本にいて私が 周りから言われるとカチンとくる言葉の1つが「アメリカ人(ですか?)」という国際感覚ゼロ丸出しのアホ発言。世界には200を超える国と地域があるのに、日本では何故か「外国人=米国人」という不思議な方程式が成り立つらしい。まぁ〜、私が欧州に行くと中国人扱いされるので、欧州では「アジア系=中国人」という これまたカチンとくる不思議な方程式が ある。
 とはいえ私が周りから「日本人」と言われると「な゛ぬ゛(▼。▼)!?」って これまたカチンとくる。だけど「日本人以上に日本人っぽい」と言われるのは嬉しい。だって この言葉、私のことを日本人として見ていないからこそ言ってくれるものだから。
 そんな中、最近になって時々 言われるのが「イクメン」。カチンとは こないものの、嬉しくもない。適切な言葉が見付からないんだけど、この言葉を言われると違和感を覚える。だって子育ては基本的に夫婦二人三脚で実施するもの(勿論、各家庭の事情によって違ってくるだろうけど)。子育てを ちょっと手伝ったからといって、それが褒め言葉になるのって・・・私に言わせれば やっぱり変。
 そう考えてしまう私の方が むしろ変なのかな、って一時期 迷いが生じていた。だけど、裏サタデークラスで ほぼレギュラー状態のパパ友も全く同じ考え方とのことで。嬉しかったね〜。


3月18日(水)
久々の母校
 会社の学生採用活動の一環として、何人かの社員が人事担当者と一緒に母校訪問をしているんだけど、今日は私の番だった。母校を卒業・・・というか修了してから丁度14年。もう、そんなに経つのか〜。
 卒業以来、ここの街に来るのは これが4回目。1回目は同期の研究生達が集まっての同窓会・・・のような形。2回目は今回と同じく学生採用活動。3回目は心友と一緒に新たに開通した鉄道の乗り心地確認および ここのドイツ料理店に。
 ここの大学院に通っていたのは2年間だけだったのと、学生生活とは言っても大学院となると大学とは やはり違う訳であり。更に私は学費を稼ぐべく日々アルバイトに没頭していたり、就職活動が忙しかったり。また、大学院2年になってからは自宅用の(初代)パソコンを購入したことにより、必要な作業は全て自宅で できるようになり。そのため、ここの校舎に滞在した時間って実は かなり短い。ということで、たいして思い出も思い入れも無いし、記憶も だいぶ消えている(∩。∩;)ゞ。
 また、私が卒業した後に鉄道が開通し、それに伴い街の中心部はガラリと変わってしまい、昔の面影が無く。「ここ、どこ?」状態。とはいえ、久々の母校である。・・・の前に、ドイツ料理店で昼食。大学院時代は毎週ここに通っていたっけ。懐かしさに浸った。
 肝心の学生採用活動は・・・思っていたより人が集まった。嘘か誠か今の日本は景気が良く、学生達にとっては売り手市場らしいんだけど、それでも人が集まってくれるというのは嬉しいものである。


3月19日(木)
卒園式
 娘と息子が通うインターナショナルスクールの卒園式が執り行われた。娘も息子も まだまだ在校生ということで、おくる立場。ここのスクールでは学年毎にクラスを分けていないので、縦の繋がりが強い。それは親達にとっても同様。そのため、在校生も その親も色々と思うところの多い卒園式である。
 去年の実績(?)が あることから、誰が言い出した訳でもなく私が動画撮影&DVD作成係、妻が写真撮影係というのが皆さん暗黙の了解になっているようで(^_^;)。今日は私が副業を休める日で良かった。ということで私は勝負服(?)を着て列席。
 卒園生は2人。いずれも しょっちゅう うちに遊びに来てくれている子達で、当然 家族単位で仲が良い。2人は卒園して以降も学童保育という形でスクールに通い続けるし、1人は裏サタデークラスにも引き続き参加することが決まっているものの、やはり今日が1つの大きな節目。思うところが色々と あった。
 私は動画撮影を担当し、妻は必然的に(?)写真撮影を担当。いつも何だかんだボヤきながらも ちゃんと やってくれるところが有り難い。写真に関して私のセンスは妻に遠く及ばず。嫉妬心は認めるものの、この差は素直に諦めるとして、私は動画撮影に専念。スタッフも園児達も この日のために血のにじむような(?)練習を積み重ね、準備してきており。とっても素敵な卒園式だった。
 今回は「妻と私が撮影するので、親御さん達は撮影に夢中になるのではなく、式に集中して下さい。(但し撮影禁止という訳では ありません)」という通達を出した。いざ蓋を開けてみたら・・・うん、みんな我々夫妻を頼ってくれていたのが嬉しかった。
 また、去年の卒園式の時と比較し、娘の成長ぶりが一目瞭然だったのが嬉しかった。・・・これぐらいの親バカぶりは許されるよね(^◇^;)? 一方、息子は・・・まぁ〜るで去年と同じような展開。まっ、また来年に期待しましょう(^_-)ゞ。
 式が終わる頃、雨が降り出していた(-_-#)。私は娘を連れて そのままプール教室に行・・・こうとしたところ、息子も一緒に行きたいと ぐずり始め(∩。∩;)ゞ。雨の降りしきる中、2人の子供を抱っこして、傘をさしながらの移動。妻が100円バスなるものを紹介してくれたので助かった。私が娘の水泳教室を見学するのは随分久しぶりだったんだけどぉ〜・・・娘の泳ぎが上手くなっていたのが よく分かった。帰り道も100円バスを利用したんだけど、バスを降りてから自宅までは やはり傘をさしながら2人を抱っこ。帰宅する頃には力尽きていた私(°ー°)ゞ。
 夜、子供達が寝静まった後は早速 作業を開始。とは言っても、今日は動画編集ではなく、写真関係。妻が1200枚ぐらい撮影してくれたんだけどぉ〜・・・とにかく目茶苦茶イイ写真ばっかり。また、私には到底思いつかないような構図が沢山あり。やはり写真撮影は妻に任せて大正解だった。
 まずは卒園生および その家族の記念写真の加工。緑幕を背景にして撮影したので、ここから背景を合成するつもりだったんだけどぉ〜・・・いざ やってみたら、随分と不自然で安っぽい仕上がりになり、ガッカリ(>_<)。なので、緑幕のままで、シワの部分を修正して、写真館で撮影したような雰囲気の物にしてみたら・・・おっ、これ、案外イイかも(^o^)v。
 続いてはスクールの電子掲示板に掲載する写真を選別。1200枚以上から238枚を選別。電子掲示板のサーバー、壊れないかな(^◇^;)。その238枚の中から卒園アルバム用の写真を選別したり、DVD写真館スライドショー用の写真を選別したり。写真関係の作業は今日だけで全て完了。うん、思っていたより進んだかな。明日以降は動画編集に専念できそうである。


3月20日(金)
当然、落ち着けない
 昨日は卒園式で、今日は通常通りの出社。早く卒園式の動画編集作業を やりたくて、会社では当然、落ち着けなかった(∩。∩;)ゞ。
 帰宅後は しばらく ちびっ子テロリスト達の相手。子供達が寝静まったのを見計らって ようやく作業に着手。卒園式の余韻に浸っている暇は無い。ひたすら編集作業に没頭した。作業内容は去年の実績があり、勝手知ったる部分が あるのは勿論のこと、事前に準備できる物については既に着手済み。とはいえ、内容・構成を去年と全く同じにするか、強引にでも違うものにするべきか。第2弾を作る時ってどうしても何かと初代と比較されるのが宿命。まっ、ここは その時の思いつきではなく、前々からの構想に従った方が良さそうである。


3月21日(土)
妻の計らい
 卒園式のDVD作成。3学期最終日の前日までに仕上げなければならない。残された時間は今日を含めて3日だけ。とにかく時間との戦いである。
 それを察してくれた妻の計らい。子供達を連れて、1泊2日の実家帰り。・・・別に喧嘩して「実家に帰らせていただきます!」という展開ではなく(^_-)ゞ。3人で実家、というのは初めての事例になるのかな。
 ともかく、妻のお陰で今日は朝から深夜まで編集作業に没頭できた。丸1日 編集作業というのは・・・丁度1年ぶり。去年の卒園式編集作業の時 以来、かな。私、まだまだ これぐらいの集中力が あるみたいで、だいぶ作業が進みんだ。明日も ほぼ丸1日 編集できることも考慮すると、勝ちが見えてきたかな。見えてこないと困る(∩。∩;)ゞ。
 また、妻が こうなることを見越して、食事を冷蔵庫に用意してくれていた。1分・1秒でも時間が惜しいものの、腹が減っては何とやら。非常に助かった。


3月22日(日)
妻のお陰で完成
 今日は妻と子供達が夕方ぐらいまで実家にいる。なので、昨日に引き続き黙々と卒園式のDVD作成。想定よりも早く完成に漕ぎ着けることが出来た。これで明日、親御さん達の感動が冷める前に配付することが出来る。妻は写真撮影のみならず、こういった作業時間確保にも尽力してくれ。わしゃ〜、良き妻に恵まれたのだ(^o^)。
 DVDのデータが 出来上がり、必要配布枚数を複写し、同時進行でDVD用のパッケージを印刷していたら・・・途中でインク切れ。ということで、予め用意していたスペアインクセットの箱を空けたら・・・インク切れになった色「だけ」が既に使用済み(゜д゜)。・・・私らしいオチである(-_-#)。本来なら通信販売で6色セットを購入するんだけど、そんな時間も予算も無い。なので、近所の家電量販店に向かい、貯まっていたポイントで欲しい色だけを購入。帰宅後、すぐさま印刷を再開。
 次に発生した問題・・・というか前々から分かっていたこと。それは「明日(月曜日)うちの子供達は登園しないため、妻がスクールにDVDを持って行くのは火曜日になる」というもの。折角 今日できたんだから、早速 明日には配付したい。ということで、普段から家族単位で仲良くしているママ友に相談したところ・・・2つ返事で配達役OKの返事をもらえたので、そちらの家にDVDを根こそぎ持って行った。明日は その家族がスクールにDVDを持って行ってくれる。助かるね〜。
 約2日間 放置状態だった家の中を片付け、妻達が戻って来る時間を見計らって駅まで迎えに行った。その足で、娘が食べたいと言っていた うどん屋に向かった。子供達は妻の実家で随分と楽しんでいたようで。父と兄に感謝である。実家では色々とビックリする展開やら話も出てきたようで(^◇^;)。
 今回のDVD作成作業は土日を ほぼ丸々確保できたのと、事前準備が万端だったのと、去年の実績が あるので勝手知ったるだった、というのが大きかった。だけど去年の場合は・・・土曜は全く作業できず、日曜に かろうじて半日。事前準備は ほぼ無し。勝手知らず。そんな絶望的な状況下だったにも関わらず目標日までに作成することができた。何気に去年の私って凄かったのね。まぁ〜るで小惑星探査機の初代はやぶさと はやぶさ2の違い、である。
 ともかく、妻のお陰で明日以降はスッキリした気分で過ごせそうである。・・・と思ったら、早速DVDの追加注文が入った(^◇^;)。


3月23日(月)
ようやく落ち着いて観られた
 卒園式DVD。今日、ようやく落ち着いて観られた。初めから分かりきっているものの、撮影係&編集係の宿命。それは当日の雰囲気や感動を堪能する暇が無いこと。拍手をしてあげられないこと。編集作業中は当日の余韻を感じる暇が無いこと。動作確認中も当日の感動を意識する余裕が無いこと。
 なので、これら全ての作業が終わり、正式な配付用DVDが完成し、その後に観るDVDが ようやく落ち着いて観られる物となる。勿論、DVDで音と映像は残せるけど、現場の雰囲気や空気までは残せない。とはいえ当日の卒園式、今更ながらに1人でジ〜ンときた(^-^;)。他の列席者達から遅れること4日。とはいえ、意外と この瞬間が好きだったりする。


3月24日(火)
咄嗟の閃きが2つ
 明日、副業(会社)をサボって本業(インターナショナルスクール)に1日復帰することが決まっている。本年度最後の通常登園日ということで、今の面々での授業は これが最後。・・・ということで この日に顔を出したい。これは去年と同じである。
 それに先駆け、急に閃いたことが2つ。1つは昼食後のデザートを作ってあげたい、というもの。これは去年も そうだったので、今年も そうしなければ、というもの。
 もう1つが・・・初の試みとなるんだけど、私が特別授業を やってしまおう、というもの。プロジェクターとウルトラブックパソコンが あるので、プレゼンテイション形式で何か できないかな、ということで。現場の責任者からは2つ返事でOKをもらえた。う〜む、我ながら もっと早くに思いつけよと感じつつも、つい先日までは卒園式DVDのことで いっぱい いっぱいだったから仕方ないか(∩。∩;)ゞ。
 ということで、夜はデザート作り及び授業用の教材作り。10分程度の特別授業とはいえ、相手は手強いテロリスト達。ビジネスマン相手とは勝手が違う。そして当然、中身も話す内容も全て英語。う〜ん、大丈夫か、私(^-^;)。


3月25日(水)
最終日
 今日は娘と息子が通うインターナショナルスクールの本年度最終日。希望する人に対しては要相談/別料金ながら春休み中も預かってもらえるんだけど、今日が1つの節目。私は副業(会社)をサボり、子供達を連行して本業に1日復帰。
 通常、私が送迎を担当する場合、正式授業が始まるまでは ちびっ子テロリスト達から手荒い歓迎を受け続け、正式授業が始まり次第 撤収する、というのが いつもの流れ。なんだけど、この日は終日・・・というか娘と息子の預け時間が終わるまで滞在。
 というのも、ここのスタッフの1人は家族に不幸があって離脱中。スタッフの手駒が足りていない。ならばということで私が微力ながら助っ人参戦。また、昨日の夕方以降、妻が体調不良で寝込んでしまい。別に それが目的ではなかったものの、今日 私が休暇を取ることにより、結果的に2つの懸念事項に対応できることとなった。
 折角の機会だからということで、今日はスクールで私の手による10分程度の特別授業を実施。昨夜、教材を急ぎ作ってきたんだけどぉ〜・・・流石にビジネスマン相手とは まるで勝手が違う(^-^;)。また、話す内容は全て英語ということで、私が悪戦苦闘。とはいえ、子供達は ちゃんと集中して大人しく聞いて、楽しんでくれていたのが嬉しかった。これに味を占めた私、また次回も・・・なぁ〜んてことを考えてしまったり(^-^;)。
 スクールの後は娘を水泳教室に連れて行き、終わってから帰宅。1年前の年度最終日と全く同じ流れだな〜、って急に去年の今頃を思い出した。娘よ、息子よ、この1年、よく頑張ったね。4月からは進級して また気分一新、である。


3月26日(木)
集団感染
 妻は昨日に引き続きグロッキー。娘は昨日の夕方以降、調子が悪そう。息子は今回の件の感染源。今日からインターナショナルスクールは春休み突入。なので、グロッキー状態の妻が色々と子供達の面倒を見る必要があり。本来なら私は今日も会社をサボりたかったんだけど、そうもいかない事情が複数あり。後ろ髪引かれる思いで出社。
 で、やることを終えた後は会社を早退。お使いを済ませてから帰宅。子供達は教育教材で自主的に勉強したり、DVDを観たりで大人しくしていたそうな。本来なら散歩を兼ねて図書館に本を返しに行きたかったんだけど、既に閉館時間を過ぎていたため、泣く泣く後日回し。
 妻の代わりに色々と家事をこなしたんだけど、こういう時に いつも妻の偉大さを感じるだぁ〜ね。・・・ところが、やっていくうちに段々と自分の体が重くなってきたのを感じた。・・・私も感染した模様(^-^;)。一家仲良く集団感染、ってか!?


3月27日(金)
何とか持ちこたえた
 昨夜は普段の倍近い睡眠時間を確保したにも関わらず、目覚めが目茶苦茶悪い。蓄積疲労によるものなのか、それとも息子に うつされた風邪の影響か・・・。ともかく、体を押して出社したよ、私は・・・。
 心配されていた妻の体調は そこそこ動けるまでに回復したとのことで、当初の予定通りに動いてくれた。娘と息子を(春休み中のため別料金ながら)インターナショナルスクールに預け、妻は その足で検査を実施。昨日までは どうなることかと思ったけど、何とか持ちこたえて予定通りに動くことができたようで、ホッとした。
 会社帰り、咄嗟の閃きでインターナショナルスクールに子供達を迎えに行き、一緒に帰宅。妻は・・・だいぶ調子よくなったようでホッとした。検査結果も問題なしだったとのことで。
 本来、今週末は年間計画によって妻の実家に行く予定だったんだけど、4人が この状態なのは勿論のこと、実家側も どうも先週末に息子から風邪をうつされたらしく(°ー°)ゞ。ということで、実家行きは延期。のんびり寝て過ごそうっと。


3月28日(土)
一分咲き
 昨夜は かなり早めに就寝し、丸半日グッスリ。お陰で蓄積疲労なのか風邪なのか、ともかく だいぶスッキリした。
 本来、今週末は妻の実家に行く はずだったんだけど、家族4人および実家側の2人の体調がイマイチということで来月に延期。午前中、子供達は のんびりDVD観賞。その間、私は先週のインターナショナルスクール卒園式以来ずっと滞っていた娘と息子のWeb写真館の更新作業。10日分が一気に片付いてスッキリした。
 午後は家族4人で隣町にある桜の綺麗な場所に行った。・・・んだけど、まだ一分咲きといったところ(°ー°)ゞ。会社のある渋谷・目黒周辺は半分以上が咲いていたんだけど、結構な差が あるもんだね。
 その足で すぐ近くにある公園へ。まだ3月と思って油断していたんだけど、ここの噴水が既に稼働していた。しかも外は春を通り越して初夏のようなポカポカ陽気。となると、次に子供達がとる行動は・・・1つしかないか(^-^;)。
 着替えもタオルも持って来ていなかったので、どうなるものかとヒヤヒヤしていたんだけど、大丈夫だった。水や砂があるだけで子供達は大はしゃぎ。児童心理学に働きかけるものが あるのかねぇ〜。
 まっ、大人達にとっても楽しい散歩だった。タイミングが合えば次の週末も また来たいだぁ〜ね。


3月29日(日)
一気に減った
 近場での買い物以外、これといった遠出はせず。のんびりした1日だったかな。子供達の春物服を買いに行った際、すぐそばにあるゲームコーナーで散財(?)させられる羽目になったんだけど、子供達と一緒に こういう場所に来るのって随分と久しぶりだった。以前は しょっちゅう来ていたのに。まっ、それだけ出掛けに行く場所の幅が広がったということだべか。
 夜は録り溜めていた番組を観た。1月以降、私は毎週4番組を録画して観ていたんだけど、年度が変わるということで、観ていた番組が次々に終了。スッキリした終わり方だった作品は無く、どれも駆け足だったり、何だかなぁ〜だったり、原作は まだまだ続くのにテレビ版が中途半端なところで終わったり。最近のテレビ番組の最終回って だいたい こういう傾向か(-_-#)。
 次週以降の録画予約を確認したんだけどぉ〜・・・わを、一気に減った。


3月30日(月)
眠れない・・・???
 平日、私は自宅での睡眠以外に、3回の睡眠時間が ある。1回目は朝の痛勤電車内。片道約1時間。2回目は会社の昼休み。愛妻弁当を食べた後に40分ほど。3回目は帰りの痛勤電車。片道約1時間。1日の合間・合間に合計2時間半ほどの睡眠時間を確保できるため、自宅で寝る時間が ちょっとや そっと短くなっても致命傷には繋がらない。
 なんだけど、今日は上記3つの睡眠時間、いずれも全く眠れなかった。はて、蓄積疲労が全部消えて絶好調という訳ではないのに(・ω・)?


3月31日(火)
自画自賛しても罪にならない・・・よね???
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこで利用している連絡手段はfacebook。他のママ友2人と私とで導入をスクールに提案し、それが採用された。
 普段の(急ぎでない)連絡事項を載せたり、催し事が あった時の写真を載せたり。・・・というのが当初の運用想定で、実際に そうなっている。
 なんだけど、facebookを導入して最初に掲載された内容が・・・スタッフの家族に不幸が あった、というもの。そして本年度の終わりに差し掛かった頃、別のスタッフの家族に不幸が あり。その際に またも活用されたのがfacebook。とあるママ友が連名で葬儀用の お花及び電報を用意するのはどうか、ってfacebookを使って連絡役&取り纏めに奔走してくれた。
 本来想定していたのとは違う内容でfacebookが色々と役立つことも あり。また、本来想定していた内容では期待以上に役立ってくれている。
 このfacebook導入、一緒に提案したママ友2人と一緒に自画自賛しても罪にならない・・・よね??? だけど、この後は・・・分かってはいたものの、嫌な作業が待っている。卒園に伴い、その2人のママ友をfacebookのグループから除名する、というもの。こういう汚れ役は私が やらないとね。とはいえ、裏サタデークラスのグループとしては引き続き参加してくれるのでホッとしている。



ズボラ日記のトップに戻る