まいけるのズボラ日記




2015年4月



4月1日(水)
大きければ良い、というものでもなく
 会社で使っているパソコン。そのモニターが更新された。27型という、居間に置くテレビ並の大きさ。自宅用に使っているのが24型なんだけど、それよりも1回り大きく、解像度も ずっと上。
 ・・・なんだけど、いざ導入してみての感想は「大きければ良い」というものでもなく。まず画面による心理的圧迫感が半端ない。解像度が上がりすぎ、字が小さくて読みづらい。画面の端から端までマウスポインター移動が大変。また、となりに置いてある17型のサブモニターの解像度との違いが大きすぎて、連動させにくい。動画編集なら ともかく、私の仕事で こんなに大きなモニターが必要な理由が見付からず。正直、生産性が下がったような気がする。
 ということで、大型モニターの解像度を敢えて下げてみたら・・・圧迫感は どうにもならないものの、その他については案外スッキリしたかな。


4月2日(木)
基準は自分にとっての「初めて」
 各個人が抱いている物事の基準。これって、その人にとっての「初めて」が何だったかに大きく左右されるのかな。例えばパソコン。私の場合、初めて まともに触れたのがWindows95だった。なので、これが私にとっての最初、私にとっての基準。XPやら8の画面は違和感を覚えるため、今使っているWindows7パソコンはパッと見も使い勝手もWindows95に近いものにしている。
 Eテレで放送されている、とある幼児向け番組。着ぐるみと、手人形と、本物の お姉ちゃん(小学生)が登場する。そのお姉ちゃんは数年単位で交代する(成長に伴うもの)。我々家族・・・というか娘が この番組を観るようになったのは2011年の4月から。丁度その頃に お姉ちゃんが交代していた。4年間お姉ちゃんを務めたその子が つい先日、この番組を卒業していたことを今頃になって知った。私にとって、この番組の基準が その子だった訳だから、新しい お姉ちゃんによる その番組は・・・どうしても違和感を覚える(^_^;)。
 とはいえ、娘と息子が好んで観ている(観ていた)番組、1つの時代が終わったんだなと感じ、それは それで寂しく感じた。子供の成長に伴って今後も こういった別れの場面が色々と出てくることになるのかな。


4月3日(金)
今の住まいにして良かった
 私は独身時代および妻と結婚して以降、何度となく引っ越しをしている。1つ共通して言えるのは、以前に住んでいた街を再び訪れることは あっても、かつての住まいを再び目にすることは無い、ということ。
 なんだけど、1年半前に引っ越して以降、初めて例外が発生した。何せ旧居と新居が道路を挟んで すぐ向かい、だからね(^_-)ゞ。
 今の住まいには非常に満足している。だけど、1つ納得できない点。それは旧居の管理会社リンクスエステートの やり方。旧居は内部機器の老朽化が原因で、リフォームなり建て替えが必要だった。・・・ということをギリギリまで住人に教えていなかった。その会社が まず何をしたかというと、「赤ん坊の泣き声がうるさいという苦情が多数出ている。何とかしろ」という、常識を疑うような掲示を出した。大音量の音楽をかけたり、大人達がドンチャン騒ぎというのなら まだしも、家族向けの賃貸マンションにあって赤ん坊を悪者に仕立てる、というもの。
 これが引き金となり、前々から「向かいのマンションに空き部屋が出たら引っ越したいね」という夫婦の願望が一気に動き、時ほぼ同じくして妻が その空き部屋を見付けてくれた。まぁ〜、上記の常識を疑う掲示は良き切っ掛けとも解釈できたかな。と、前向きに考えていた。しかぁ〜し! それには続きが あった。
 先述のリフォームが決まっているにも関わらず、敷金は部屋の修繕見積額を差っ引いた額だけが戻ってきた。勿論、これからリフォームするんだから、実際に部屋の修繕は一切行われていない。つまり詐欺。更には私が引っ越した後、既存の住人に対して「早く出て行け。引っ越し費用は会社が負担する」という通達を出した、というもの。諸々の費用を考えると、ゆうに70万円ぐらい損したことになる私。
 当然、管理会社のリンクスエステートに異議申し立てをするも「知らぬ。存ぜぬ。返さぬ。」の一点張り。勿論、裁判を起こせば・・・という考えもチラついたんだけど、ど〜せ何年も裁判やって、それで70万円が丸々戻ってこないのは目に見えている。そんな くだらないイカサマ管理会社リンクスエステートのために自分の時間を費やすのはバカらしい。
 それに、結果的に我々が先に動くことにより、今の住まいに入れたとも解釈できる。かつての恩人家族が住んでいた思い出の場所だし。これが、他の住人達と同じタイミングで新居探しを始めていたとしたら・・・今の部屋どころか、今住んでいる街で同等以上の条件を持つ物件にすら入れなかった可能性だって ある。そうなっていたら、精神的苦痛やら肉体疲労を貨幣換算して70万円どころの騒ぎではなくなる。
 で、その旧居。派手にリフォームするという噂は どこへやら。結局、内部をチマチマ改修して、取ってくっつけたようなオートロックゲートがデンと できていた。4月の引っ越し時期に合わせて何とか間に合ったようで、既に何部屋か人が住んでいた。ご丁寧に、建物の名前も変わっていたし。
 気になったので、Webで検索してみたら・・・あった、あった。わを、家賃が1万円以上も上がっていた。もともと中途半端な広さの3DKだったけど、それを無理矢理2LDKにしたか・・・。私が ずっと憧れているカウンターキッチンになっていたのには「キーッ!」だったけど、収納が絶望的。
 結論。今の住まいにして良かった♪


4月4日(土)
目指したのは出費0の お出掛け
 昨夜は金曜日としては かなり早く寝て、朝は目覚まし時計が鳴る前に目覚めた。今週、職場は厄日続きで非道い睡眠不足が続いていたけど、ようやく頭の中がスッキリしたかな。
 今日、土曜日にも関わらず早起きした理由は お弁当作り。今日は娘と息子を引き連れての お出掛けである。
 行き先は何のことはない、行きつけのプラネタリウム。だけど、いつもと様相が違う点が1つ。それは「お出掛け中の出費0を目指す」というもの。新年度に入り、私にとって新しい固定出費が増えたため(予定通りでは あったけど)、経費削減ということで。・・・というのが1つ。もう1つは、プラネタリウム周辺って親子連れで気軽に入れる飲食店が無いため。
 妻は束の間の主婦業休暇ということで留守番してもらい、私は娘と息子との3人で出発。移動の電車、私は予めSuicaに入っている範囲内での移動だったため、財布からの出費は無し。プラネタリウム、土曜日は子供達の鑑賞料が無料になるのと、私は年間パスポートを持っているので、ここでは出費が発生しない。
 今夜は皆既月食なんだけど、私が住んでいる周辺の天気予報は絶望的。ということで、プラネタリウムで月食を見ることができて良かった。また、土曜日の午前は子供向けの番組ということで、肝心の子供達は大いに楽しんでくれていた。
 昼食は持参した お弁当。プラネタリウムが入っている博物館内で飲食できる場所が あるので、そこで食べた。帰り道、桜並木を通ったんだけど、丁度散り始めぐらいの見頃。先週は開花前で悔しい思いをしただけに、ホッとした。公園で遊んでから帰路についた。
 プラネタリウムの最寄り駅近くに新しくファミリーレストランが できており、正直「チッ」て思ったものの、今日は出費0を無事に達成。次回は・・・ここのファミリーレストランに寄りたいという思いは あるけど(^_^;)、まっ、その時の財布事情と相談ということで。
 この春から固定出費が増えるのは痛いという側面は ある。だけど、出費内容を見直し、無駄を減らしていく切っ掛けになった、と解釈することもでき。まっ、やってみるさ。


4月5日(日)
妻は頑張っている
 雨ということで、1日中 家の中。4月から妻が日課を増やした。それは娘の英単語練習と日記。日記はスクールから「無理の無い範囲で」という宿題で、今までは週に2回程度 書いていた。だけど妻が4月から それを毎日実施するようにした。加えて、英単語の練習。
 妻は英語をスラスラ書いたり、ペラペラ話せる訳ではない。だけど、日々インターナショナルスクールの送り迎えの際に色々と鍛えられ、英語力が上がっているのが分かる。そんな妻が敢えて自分の苦手としている英語の教育を娘に課す。準備する側の妻も結構な労力だろうに。妻は頑張っている。


4月6日(月)
使い勝手は悪いけど、頭は良い
 ハードディスクレコーダー。滅多にテレビ番組を観ることが無く、観るとしてもHDDレコーダーに録画して時間が空いている時に一気に観ている私にとって、HDDレコーダーは必需品。
 もともとはパイオニア製を愛用していた私なんだけど、パイオニアは随分前にHDDレコーダー業界から撤退。地デジ対応に迫られたこともあり、やむなくパナソニック製に買い換えた。
 このパナソニック製、性能はイイんだろうけど、反応が鈍いし使い勝手も悪く、当初は不満タラタラだった。なんだけどぉ〜・・・毎週録画している番組、特に深夜番組に多いんだけど「来週は時間をズラして放送します」なぁ〜んて場合、自動的に時間帯調節してくれる機能にビックリした。まぁ〜、今となっては ごく当たり前の機能なんだけど、初めてその機能を見た時は ひたすら感動。
 最近は深夜番組を録画する機会が多く、当然 放送時間帯が変わることも多々あるため、上述の機能は非常に重宝している。妻も私も大助かりである。


4月7日(火)
健康診断
 今日は会社で年に1度となる恐怖の(?)健康診断だった。体重が数kgだけど減っていたのは やはり嬉しく感じる。身長が1cm伸びていたんだけどぉ〜・・・去年は1cm縮んでいたので、単に去年の測定方法がマズかっただけのような気が多々する。
 健康診断のため朝食も午前のオヤツも無しだったんだけど、診断が終わった後のチョコレート菓子は格別だった(^o^)。


4月8日(水)
投げられた賽
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。私は半分スタッフ、半分PTAという、どうとでも解釈できる立場にいる。気分は すっかり こちらが本業。
 ここのWebサイト。作成は外部業者に委託している。だけど、毎月支払っている保守料が渋い金額らしく、1か月あたり200文字相当分しか更新してもらえない契約になっている。それでも その業者は かなりサービス精神で色々と更新してくれていたんだけど、流石にWebサイトの内容とスクールの現状に大きな乖離が出てきてしまい。一気にWebサイトを直すにはウン10万単位の お金が必要ときた。まぁ〜、私も同じIT系に勤務しているので、そのあたりの事情は分かるつもり。
 今年に入ってからスクールのWebサイト監修という肩書きを もらったんだけど、これでは正直、動きようが無い。とはいえ、ここで手をこまねいている訳にもいかず。なので、色々と紆余曲折は あったんだけど、私が直接その業者と交渉し、結果的には・・・私が現状のWebサイトを複写し、ミラーサイトを作って運用することになった。
 私は自身のWebサイトを15年以上運営していたり、娘と息子のWeb写真館を運営していたり、知人のWebサイトの代行を色々とやってきている実績が ある。しかぁ〜し! それらは いずれも趣味の範囲。真面目な(?)商売用とは とても言えない。また、色々と調べた結果 今頃になって知ったんだけど、2007年頃を境にWebサイトの作成方法がガラリと変わったらしく。あらま、こりゃビックリ。
 いかに私がIT系の企業に身を置いているとはいえ、商用的なWebサイトは全くの専門外。また、手元にあるWebサイト作成ソフトはバージョンが かなり古く、新しい方式でのWebサイト作成には全く向いていない。
 ということで、私が作成すると決まった時点でWebサイト作成ソフトの最新版を注文した。賽は投げられた、である。んで、それが今日 届いた。厳密には事前に お試し版を入れて試していたんだけど、色々と制限が あって評価のしようが無かった、というのが正直なところかな(^_-)ゞ。
 ともかく、早速インストールし、新しい方式でWebサイトの作成に着手したんだけどぉ〜・・・なかなか思い通りにいかないものだね(>_<)。私が大学院時代に初めてWebサイトを作った時の苦労を思い出した。従来方式だと娘と息子のWeb写真館、1ページ作るのに15分程度なんだけど、スクールのWebサイトを新方式で作るとなると・・・1ページに6時間を費やし、それでも終わらないので続きは明日回しにして就寝。
 Webサイト作成ソフトには期せず解説書が付いてきたんだけどぉ〜・・・正直、私が求める内容「だけ」中身が薄く、どうでもイイ部分にばかり重点が置かれた解説。使えね〜な、オイρ(-ω-)。明日、本屋で色々と探してみるかな。


4月9日(木)
やり甲斐をもたらすもの
 昨日に引き続き、夜はスクールのWebサイト作り。当初は従来のWebサイトを複写してミラーサイトを作るつもりだったんだけど、今の私の技術力では無理ということが分かり。なので、パッと見の色合いは似ているけど、骨格からして既に別物という路線でいくことが昨夜の時点で決まっていた。
 自分には慣れない新方式でのWebサイト作り。例えて言うなら・・・まぁ〜るで中国語で書かれたような内容で、私には中国語そのものは分からないんだけど、日本語と共通する字を使っている場合もあるので、想像を駆使しながら何とか進めている、といったところ。
 とはいえ、こうして本格的にWebサイトを0から作るというは かなり久しぶり。徐々に完成形に近付いていくのを肌で感じられるのが嬉しい。ものを作る楽しさが満載(勿論、一筋縄では いかないけど)。
 私が勤務する会社の場合、私が いくら頑張っても会社全体への影響は・・・ハッキリ言って皆無というか、自分としては変化を全く感じられない。それに対し、スクールでの仕事は・・・自分が何かしら実施した内容が即、変化として表れ、見て実感できる。それが やり甲斐に直結している。


4月10日(金)
まっ、まだ技術検証版ということで
 私が かつて10年以上にわたって愛用していたブラウザー(インターネット閲覧ソフト)はノルウェー製のOperaだった。ただ、新バージョンは同じ名を冠した全くの別物になってしまったこと、従来バージョンは すっかり旧式化して最近のWebサイトを正確に表示できない事象が多発するようになったことにより、やむなく現在はFirefox互換ブラウザーのPaleMoonを使っている。
 なんだけど、先日飛び込んできたのが従来式Operaの後継ブラウザーとして「Vivaldi」が出た、というニュース。「従来式Operaの灰から生まれた」なぁ〜んて解説されていて上手いなと思ったんだけど、違う名を冠した同一線上の物、といったところだべか。私に限らず従来式Opera愛好家達の不満を一気に引き受けて解消するのが目的とのこと。当然、私も含めた従来式Opera愛好家達は諸手を挙げて大喜びしており、ネット上も盛り上がっていた。
 ただ、現在は まだ技術検証版という段階で、構想されている機能の全てが搭載されている訳ではないし、まだまだ不具合も多い・・・らしい。
 とはいえ、待ちきれなくなったので、試しに入れて使ってみた。感想は・・・まっ、まだ技術検証版ということで、使い勝手については こんなものか(^-^;)。だけど、新方式Operaなんぞより よっぽどOperaらしさが出ているし、表示速度が体感的に速いのが すぐに分かった。私が欲しい機能は まだまだ搭載されていないものの、懐かしい感触だった。正式版・完全版が出るのって いつだべか(・ω・)???
 ここまで言っておいて何だけど、Vivaldiの完全版が出たとして、果たして私が これを第1ブラウザーにするかどうかは まだ不明。私は名前で選ばない。実際に色々と使ってみた上で判断する。自分用に散々自己流調整して従来式Operaに匹敵する使い勝手に育て上げたPaleMoonを ひっくり返せるか否か。ハードルは高いぜよ。


4月11日(土)
裏サタデークラス
 今年度1回目。晴れていれば大きな公園で、と思っていたんだけど、あいにくの雨。ということでプランβの室内遊園施設で開催。ここしばらく、外の公園での実施計画、ことごとく雨が続く(-_-#)。とはいえ、正直なところ室内遊園施設の方が親としては体力的に楽かも(^-^;)。
 今日の会場は我々家族にとって庭のような場所。我々家族を含めて4家族が参加。子供達は開店直後から閉店間際まで思う存分 暴れたんだけど、それでも足りなかった模様(^-^;)。
 今日の参加者達。「裏サタデークラス」と呼ばれる以前の黎明期から参加し続け、3月に卒園するも、裏サタデークラスには引き続き参加表明してくれている家族。裏サタデークラスの存在を知り、参加希望を出し、以降は仕事が忙しいにも関わらず合間を縫って参加してくれている家族。初参加は つい最近なんだけど、母子のみならず父親も参加して凄く充実した週末だと褒めてくれる家族。良き面々が集まってくれたなと、ジ〜ンと実感。
 夜は引き続きインターナショナルスクールのホームページ作成作業。慣れない手法による作成のため、初めの1歩は目茶苦茶大変だった。1ページ作るのに半日という有様(∩。∩;)ゞ。なんだけど、徐々に要領が分かってきた・・・ような気がする。また、1つ作れば、以降は それを雛形として中の文字やら映像だけ入れ替えればイイので、案外2ページ目以降はサクサク進んだ。
 ただ、「こういう機能を組み込みたい」の部分。購入した書籍には載っておらず、ネット検索してもズバリそのものが案外 出ておらず。唯一まともな物が引っ掛かったんだけど、それって「この本に紹介されています」という内容。その本というのが・・・私の手元にある書籍の3つ昔のバージョン。え゛、何だよ、それρ(-ω-)。うむむ、どうしたものか・・・。


4月12日(日)
サンデークラス
 裏サタデークラスは複数のクラスメイト家族達が集合するのに対し、サンデークラスは基本的に1家族のみ。またベクトルの向きの違う楽しさが ある。
 だけど、まずは妻のお使いがてら、図書館に向かった。インターナショナルスクールのホームページ作りで必要な技術が掲載された書籍が あるかな〜、思ったんだけど・・・無かった。「初めてのホームページ」といった初心者用の書籍は古今東西 色々なバージョンが あったんだけど、こと中級者以上向けとなるとオッペケペー。無念・・・。
 サンデークラスはホームパーティー形式で、昼食ネタは手巻き寿司。なので図書館の後、食材を購入しに行った。その ついでに大きな本屋に立ち寄ることになったんだけどぉ〜・・・あった! 結構高いけど(T_T)、背に腹は代えられないということで、購入した。
 帰宅し、準備を終え、サンデークラス開始。手巻き寿司、みんな楽しそうに・偉い勢いで食べていた。昼食後は子供達同士、英語を駆使して楽しそうに遊んでいた。以前は娘達が別の部屋で遊んでいる時って常に親が監視していないと不安だった。だけど、もう いちいち親が目を光らせずとも、別の部屋で声を聞いているだけで大丈夫になり。親は楽が出来たんだけど、こんなところからも子供達の成長を実感。
 但し外の公園に行く場合は大人の立ち会いが必要ということで、当然 私が付き添った。昨日まで、そして明日から雨続きなんだけど、今日はピンポイントで雨が あがって良かった。
 夜、引き続きインターナショナルスクールのホームページ作成作業。パソコン版は現時点で作れる物は全て作り終わった。後はスクールからの情報提供および素材提供を待つ必要がある部分のみ。初めの1歩で大いに もたついた時は「1か月作業だな・・・」って覚悟していたんだけど、意外と早く終わり、「何か抜けていないか!?」って不安になるぐらいだった(^-^;)。
 ということで、引き続き今度はスマートフォン版の作成。これを実施するにあたり、どうしても新しい手法・技術が必要だったということで、今朝購入した書籍を早速活用。よしっ、できるっ! また、その書籍を読み進めるにつれて「実は こんなこともできる」という手法が紹介されていたので、やってみたら・・・うん、これはイイ機能だ。
 パソコン版とスマートフォン版は骨格が まるで違うけど、中身(文章や写真)は同じなので、既にあるPC版の中身をスマートフォン版に どんどん突っ込んでいけばイイ。ということで、例によって初めの1歩は時間を要したんだけど、2ページ目以降は順調に進み。今日だけでスマートフォン版の半分以上が終わったかな。今日は あんまし夜更かしできないので、続きは明日にしようっと。


4月13日(月)
私が「勉強」している・・・
 週末は ずっと夜なべをしてインターナショナルスクールのホームページ作成作業だったため、睡眠時間が短い短い。月曜日の朝から眠さ全開。行きの通勤電車内と会社の昼休みはグッスリ眠れた。
 帰りの通勤電車内でもグッスリ睡眠・・・ではなく。先日購入した2冊のホームページ作成に関する本を読みあさっていた。私が「勉強」している・・・。ど〜りで ここんところ雨が続いている訳だ(^-^;)。
 帰宅し、子供達が寝静まった後は引き続きホームページ作成。スマートフォン版、今の時点で できることは全て終わった。後はスクールから必要な情報・素材が来たら それを埋め込むだけ。
 今回は自分にとって未体験の本格的な手法にてホームページを作った訳だけどぉ〜・・・思い通りにいかない部分が多々あったし、出来栄えに100%満足している訳ではない。だけど、ここ数日で そこそこ要領が分かった気がする。ホームページの見た目や作りからして、今までのような趣味のページとは全く違う、そのまま商売に使える物になっているのが自分でも分かる。いんやぁ〜、Webサイトの素人である私でも、こんな物を作れてしまうとは。凄い世の中になったものだねぇ〜。


4月14日(火)
溜まってきた借金
 娘と息子のWeb写真館およびDVDアルバム。これの制作が私の日課。なんだけど、ここ1週間ぐらいはインターナショナルスクールのホームページ作りにビッチリだったため、日課をサボっていた。ホームページ作りは まだ終わっていないものの、追加情報が来ないことには続きに着手できないので、一旦 保留。ということで、今日は久々に日課に取り掛かった。
 Web写真館は文字通り1週間分の内容が未着手ということで、今日は これを全部片付けた。従来方式のWebサイト、作るのが目茶苦茶 楽だ・・・(^-^;)。DVDアルバムは動画素材が1か月分近く溜まってしまい。まぁ〜た借金が増えたよ・・・ρ(-ω-)。


4月15日(水)
これをやっていると落ち着く
 夜、溜まっていた動画データの編集作業を実施。約1週間ぶりの作業なんだけど、随分と懐かしく感じた。体に染みついた日課ということもあり、これをやっていると落ち着くだぁ〜ね。


4月16日(木)
布教活動もIT化の時代
 街で時々見かける布教活動。以前は宗教関係の雑誌を道行く人達に見せていたけど、先日見た宣教師はタブレットパソコンの画面を道行く人達に見せていた。布教活動もIT化の時代、ってか(^◇^;)。パソコン利用って神への冒涜に該当しないのかな(^m^)。


4月17日(金)
出張サポート
 時々、娘と息子が通うインターナショナルスクールからパソコンに関するSOSが届く。こういう時、まずは私から対処方法を伝えて自力解決を試みてもらう。それでダメなら妻が子供達の送り迎えの際、現地でパソコン診察。それでもダメなら いよいよ私が現地に乗り込む。・・・という3段構え。
 今日、SOSが来た。1の矢、2の矢を放ったんだけど、どうもダメっぽい。私はというと、今日は運良く副業を早目に切り上げられる日。ということで、とっととトンズラして本業復帰しに行った。
 で、肝心のパソコンは・・・どうも第1の矢で時間差ながら復旧していたらしく(^-^;)。まっ、よしとすんべか。ただ、転んでもタダでは起きない私。前々から必要だった、ここの新ホームページ用の素材写真をパシャパシャ撮りまくった。帰宅後、早速それらの写真を新ホームページに組み込んだ。だいぶ形が できあがってきたかな。あわよくば今月中に公開できればと思っていたんだけど、前倒し実施が視野に入ってきた。


4月18日(土)
作戦会議
 明日、東京ディズニーランドに行く。もともと年間計画には無かったんだけど、娘のクラスメイト親子から誘いを受けたので、2つ返事でOKした。なんでも、そのクラスメイトにとっては これが東京ディズニーリゾートのデビュー戦なんだとか。その大切なデビュー戦のタッグパートナーを申し込まれるのは非常に光栄。
 行くにあたっての最大の懸念事項は やはり天気。我々家族が行った過去3回の東京ディズニーリゾートのうち、2回は雨に祟られている。週間天気予報は・・・珍しく実施日は ずっと曇り又は雨の予報。それは前日になっても変わり無く。よしっ、今度こそエレクトリカルパレードを娘に見せてあげられそうだ。
 それに先駆けて、作戦会議を実施。クラスメイト親子が来て、一緒に昼食を取り、その後はパソコンの映像をプロジェクターに投影しながら どこに行こうか、どういう順番で回ろうかの作戦会議。行くべき場所、当日の動き方については決まった。後は本番を待つのみである。


4月19日(日)
東京ディズニーランド
 朝 起きて、まず天気予報を見て愕然とした。オヤツの時間に雨(゜д゜)。結局こうなるのかよ・・・ρ(-ω-)。とはいえ、日付指定のパスポートを購入済みなので中止は有り得ない。強行突破である。駅でクラスメイト親子と合流して移動。ディズニーランドは最寄り駅から徒歩で行けるんだけど、折角だからということでディズニーモノレールに乗り、1.25周して会場入り。

 日曜日は土曜日よりは混み具合が緩和される。また、4月から入場料が値上げされていたり、大型連休の手前だからということで、普段の日曜日より混雑状況は まだマシだった。うん、読みが当たった♪

 まず初めにファストパスを取る計画になっていたんだけどぉ〜・・・ファストパス発券機が故障(゜д゜)。天気予報に続き、幸先が悪い(-_-#)。とはいえ、キャストが すぐさま対応してくれたので問題無し。9時半にファストパスを取りに来て、入場できるのが16時。すんげ〜(^-^;)。

 続いては事前の作戦通り、ジャングルクルーズ。ここは最近、新しくなったということもあってか、70分待ち。この日、1番長い待ち時間だった。だけど、クラスメイト親子は その間にポップコーンを購入しに行った。ポップコーンも物凄い行列待ちだったんだけど、大勢で来ていると、こうして片方が行列待ちして、もう片方が別の用事に行けるという強みが ある。我々家族は行列待ちの間、持参したパソコンでディズニーのアニメ鑑賞。子供達は全く退屈する様子が無く。うん、このパソコン、大成功♪
 新しくなったというジャングルクルーズは・・・う〜ん、劇的に変化したという印象は無かったかな(∩。∩;)ゞ。とはいえ、子供達が大喜びしていれば大いに結構。その後は すぐ上のウエスタンリバー鉄道。ここは当初待ち時間30分だったんだけど、我々が並ぶ頃には20分待ちになっており。以降は ほぼ全てのアトラクションの待ち時間が20分程度だったので、子供達は退屈して駄々こねることは無かった。
 鉄道に乗った後、場所とタイミングが良かったということで、早目に昼食を取ることにした。そうしたら・・・ほぼ そのタイミングで雨が降り出した。オイオイ、オヤツ時に降るんぢゃなかったのかよρ(-ω-)。とはいえ、激しい雨が降っている間はレストランで昼食を取ったので、水被害は無かった。昼食が終わる頃、雨は小降りになっており、傘を使うか否かで迷うような雨脚。また、雨はオヤツ時頃には完全に やんだということで、我々の行動には それほど支障が出なかった。

 ・・・とはいえ、この雨の影響で昼のパレードは短縮版に変更。いつぞやの悪夢再び、である(-_-#)。しかも昼のパレード実施時間帯には既に雨が あがっていたしρ(-ω-)。

 ともかく、時系列は前後するものの、昼食の後はシンデレラ城、キャッスルカルーセル、小さな世界を計画通りに回った。で、娘にとっては初体験となるジェットコースター。勿論、小さな子供用なんだけど、さてどんな反応かなとヒヤヒヤして結果を待つも・・・娘はケロッとしていた(^-^;)。娘は こういった乗り物系、強いかも。

 クラスメイトが大好きというプーさんの専門店で買い物を済ませ、丁度イイ時間帯になったので朝1番でファストパスを取得したトイ・ストーリーの射撃場(?)へ。通常だと100分待ちなんだけど、ファストパスだから その行列を横目に見ながら悠々と入っていけるのが優越感(^m^)。肝心のアトラクションは・・・う〜ん、100分待ってまで楽しむものという気は しなかったかな。ファストパスだからこそ来た、である。

 買い物を済ませた後、ここで二手に分かれた。妻と息子、そしてクラスメイト親子は ここで撤収(クラスメイトは明日、小学校があるため。息子は体力と寝る時間の関係で)。私は娘と2人で残った。クラスメイトとは ここでバイバイだったんだけど、家族だけで過ごすのとは全く違う楽しい時間を過ごせたことに感謝である。また、前日の作戦会議通りに動くことができ、見に行きたいと思っていた場所は全て制覇。やっぱり綿密な作戦立ては大切だぁ〜ね。
 父娘の2人で残った我々。作戦会議にて「もし時間が余ったら立ち寄ってもイイかな」程度の扱いだった蒸気汽船に乗りに向かう途中、たまたまミニーのステージそばを通ったため、しばらく鑑賞。その後、蒸気汽船に乗った。のんびり船の旅、である。アリスのティーパーティーで目を回し、娘の希望により今一度 小さな世界。終えて建物から出る頃には外が すっかり暗くなっており、ライトアップされた園内が綺麗だった。

 夕食を取りたかったんだけど、どこも偉い混みようだったので、後回し。早目にエレクトリカルパレードの場所を確保。娘はパソコンでミッキーのアニメを観ながら待機。その間、私は軽食を買い求めた。何気なく歩いていると色々軽食店を見かけるんだけど、いざ探すと なかなか見付からないのよね(-_-#)。テキトーに歩いていても絶対に見付からない。場所は離れるんだけど確実路線で「確か あそこに あったよな・・・」に行き、ミッキー中華饅を購入。場所取りの位置に戻り、一緒に食べるつもりが・・・娘は1人でペロリ(^-^;)。まっ、今日は ずっと歩きっぱなしで お腹が空いていたからね。

 私が妻達と一緒に撤収せず、娘と2人で残った最大の理由。それはエレクトリカルパレード。家族で初めてディズニーランドに来た時は夕方から土砂降りになり、夜のパレードは雨の日用の短いものだった。そのナイトオフォール・グロウは、それは それで非常に幻想的で、曲は聴いていて鳥肌の立つもので、その日の雨が無ければ私は ずっと知らないままだったもの。とはいえ! やはり本物の(?)エレクトリカルパレードを娘に見せてあげたいという思いが ずっと あった。6月にマミー同伴で ここに来る事は年間計画で決まっているものの、その時に晴れる保証は無い。ということで今日、何としてでも、であった。日中、雨が降ったので不安は過ぎったんだけど、オヤツ時までには あがったので、夜のパレードには影響なし、だった。
 で、いざ始まったエレクトリカルパレード。あの重低音で始まる音楽を聴くと、否応なしに気分が高まる。肝心の娘は・・・最初から最後までトップギア。私は この表情を見るために2年間、ず〜っと待ち続けていたのかな。

 パレードが終わった後にレストランに行ったら・・・案の定、スカスカ。ということで遅目の夕食を取り、外に出て花火見物!・・・しようと思ったら、「強風のため中止します」というアナウンスが流れた。はぁ〜、花火に関しては家族で4回のディズニーリゾート、全滅か・・・(>_<)。とはいえ、2か月後にマミーと一緒に また来るので、その時に期待しよっと。

 帰路につこうとしたら、たまたま目に付いたアトラクション。作戦会議の時にも全く話が出ていなかったんだけど、試してみようということで入ったら・・・結構怖かったかも(^-^;)。とはいえ、娘は意外とケロッとしていたので一安心。
 出口付近で当然(?)風船をせがまれて購入。1個2000円。夢の世界は相変わらず ぼったくり価格やねρ(-ω-)。帰路の電車は・・・日曜日の遅い時間帯ということで、割と空いていたかな。途中で娘は夢の世界へ陥落。その満足そうな寝顔を見られるのは父親冥利に尽きる、というものである。
 今日は朝から晩まで歩き回り、脚が棒になった。だけど、足の裏の嫌な痛みが無く。これも妻が購入してくれたインソール(靴の中敷き)のお陰。妻に感謝である。


4月20日(月)
私の休暇は むしろ疲れる
 昨日は東京ディズニーランドでグッタリ。ということで、私が月に1回取得する休暇は 今日に充てた。月曜日に休暇というのは非常に珍しい展開。また、本来月曜日って娘と息子はインターナショナルスクールに行かない日なんだけど、諸般の事情により(?)今日は行くことに。ということで、私が送迎を担当。
 うちに限らず、月曜日はスクールに来ないという人が多いようで、今日は普段の半分ぐらいの人数だった。また、新学期に入ってから私が平日の日中に来るのは初めてということで・・・賑やかだった子が上から順に卒園したことを実感することとなった。とにかく静か(^-^;)。だけど、新しく入園した子達と対面することができ。これからもヨロシク、である。
 正式に授業が始まるまでは いつものように私は保育補助を担当。子供達の手荒い歓迎は相変わらず(^-^;)。私の場合、休暇を取ると むしろ疲れる展開になる( ̄∇ ̄*)ゞ。
 授業が始まってからは私は事務所にてスクールのパソコンのバックアップ作業。ここ最近、パソコンが2回ほど冷や汗をかく展開になったため、私からパックアップの実施を提案し、それが即採用された。ということで、チャチャッと作業を終えた。うん、これで一安心。一旦帰宅後、グッスリ昼寝。これは気持ちよく眠れた。体力の本回復には程遠いものの、だいぶスッキリしたのが分かる。
 スクールに子供達を迎えに行き、引き続き今度はバレエ教室。4月から担当の講師が交代したということで、その講師のもとで引き続き習うべきか、それとも他の曜日に変更するべきかを判断するための大切な機会である。ここのバレエ教室では半年ほど前から撮影禁止になったため、中の様子を見たければ直接 来なければならず。ということで、私にとっては久々のバレエ見学だった。
 肝心の講師は・・・バレエの上手い・下手は別として、教え方が年の功・・・もとい、非常に上手いと感じた。無駄な待ち時間を発生させず、子供達に お喋りをする時間を与えず、とにかくバレエに みっちり集中できるようにレッスンを進めている。うん、曜日は このままがイイ。また、月曜日はインターナショナルスクールのクラスメイトも一緒にバレエを習っているということで、2人1組になる時は いつも一緒。うん、イイねぇ〜。また、いつの間にか娘はバレエ用の着替えを全部1人で できるようになっており。子供の成長を肌で感じた。
 バレエを終え、外に出たら非道い土砂降り。雨具の用意は万全だったので問題無し。この土砂降りが昨日でなくて良かった♪


4月21日(火)
1番うるさい選挙戦
 統一地方選挙の後半戦。私が住む街では市長選挙と市議会議員選挙が行われるんだけど、今週から本格的な選挙戦に突入。議員選挙としては国会議員選挙、県議会議員選挙、市議会議員選挙の3種類あるんだけど、市議会議員選挙が1番うるさい。国会議員選挙と県議会議員選挙の場合、私が住む街に関わる候補者は数名程度。だけど市議会議員選挙となるとウン10名が騒音公害を引き起こすから、うるさいったら ありゃ〜しない(-_-#)。
 日本では これが公害認定されない。また、選挙戦とは言っても候補者達が名前を連呼して終わり。不思議な国である。だけど、何名かは選挙戦期間中以外にも地道な活動をしており、その人が市議会で何をしてきたのかが伝わってくる。こういう情報が手元にあると、ウン10人の中から誰に投票するべきか、判断基準が できて分かり易い。こういう選挙期間中にしか活動していないように見えてしまう人には票を入れたいとは思わないよねぇ〜。


4月22日(水)
見えてきた限界
 私が所有しているビデオカメラ専用機は購入してから8年以上が経過。現状、動画撮影はコンパクトカメラで実施することが大多数のため、ビデオカメラ専用機の出番は大きな催し事の時 限定。電池の持ちが良いので長時間連続撮影可能だったり、ズーム倍率変更時の動きが滑らか、という絶対的な強みが あるため、まだ 辛うじて需要が残っている状況。
 なんだけど、先日の東京ディズニーリゾートでの撮影時に性能的限界が見えてきた気がする。液晶画面を使っての撮影が禁じられている場所にて、ファインダーを用いて動画撮影した時のこと。室内は薄暗い程度なんだけど、ファインダー越しに見た景色は・・・真っ暗(゜д゜)。何も見えない! 狙いをつけられない! 帰宅後に見た映像には ちゃんと映っていたのでホッとした。とはいえ、そもそもファインダーの存在意義の1つは「液晶画面からでは よく見えない状況下に於いて強みを発揮する」というもの。これでは いただけない・・・。
 また、夜のエレクトリカルパレード。あの綺麗な電光を表現しきれておらず。ハイエンドコンパクトカメラの方が遙かに綺麗に撮れている。これも撮影機種が開発・製造された7年間という時間の差か。
 ビデオカメラを買い換えるのは簡単。だけど買い換えたとして、年に数回しか使う機会が無いとなると、私でも購入を躊躇う。娘が小学校に上がる頃にはビデオカメラ専用機の利用機会が増えるんだろうけどぉ〜・・・さて、どうすんべかρ(-ω-)。


4月23日(木)
見えてきた凄さ
 2月に購入したハイエンドコンパクトカメラ。今なお色々な場面で その凄さを肌で感じ続けている。去年までであれば東京ディズニーリゾートに行く際は一眼レフカメラを持参していた。絶対的な画質は誰もが認めるところなんだけど、本体が大きくて重いから持ち運びが大変なのも自他共に認めるところ。
 ということで先日 東京ディズニーランドに行った際は思い切って一眼レフカメラは無しにして、ハイエンドコンパクトカメラで撮影した(ビデオカメラ専用機での撮影場面は除く)。結果は・・・全く問題無し。暗い場面でも ちゃんと撮影できている。動画と静止画を撮影し分ける際に いちいち撮影機器を交換する必要が無い。携帯性がイイから、思いついた瞬間すぐに取り出して撮影可能。正直見づらいながらも電子ファインダーが付いているので、液晶画面使用禁止の場面でも撮影可能。一眼レフカメラが無い分、荷物入れの空きに余裕が出て、軽くなった。
 唯一心配なのは電池の持ちが悪いこと(∩。∩;)ゞ。いかに予備電池が沢山あっても、動画の連続撮影となると弱さが出る。しかぁ〜し! 先日、久々にエレクトリカルパレードを見たら・・・数分置きに小休止が設けられていた。この隙に電池交換が可能、ということか。よしっ、6月にマミーも交えて東京ディズニーランドに行く時は・・・ビデオカメラ専用機は不要、このハイエンドカメラ1台だけで事足りそうだ。


4月24日(金)
事件の香り!?
 会社でオヤツをつまむべく、机に入れていた お菓子を開封。私が大好きな、ビスケットとチョコレートの混合菓子。至福のひとときである♪・・・んだけど、中を見て愕然とした。12個入りのはずなのに、6個しか入っていない。むむっ、事件の香り。製造工程での不具合か、それとも誰かが意図的に抜き取ったか、はたまた無差別毒物混入事件か!?
 そう思いながら箱を じっくりと観察したら・・・反対側が開封済みであることが判明。犯人は私だった( ̄∇ ̄*)ゞ。


4月25日(土)
自分にとっての大型連休初日
 今年の黄金週は曜日の重なり具合が割とイイ。人によっては今日から連休開始、なんて人が いるかもしれない。かく言う私は・・・ほぼ暦通りなんだけど「この期間中に どこかに遠出する」という意味では この週末のみ。ということで、自分の中では今日が大型連休初日。
 とはいえ、連休中は どこに行っても混むのが分かりきっているので、この期間中に遠出するとなると妻の実家のみ。先月は諸般の事情により私以外の3人で実家に行っていたんだけど、今日は家族4人で向かった。私にとっては年末年始以来ということになる。
 話は聞いていたんだけど、実家では新しい車が導入されていたり、車庫が作られていたり。いずれも父が自分のため・・・ではなく孫と一緒に遊ぶために導入した、と言って差し支え無さそう。それだけ愛されている娘と息子、幸せだねぇ〜。
 その車庫。車を置くだけでなく、そこでバーベキューまで できてしまうということで、昼食は早速それ。子供達は・・・高級肉に関してのみ偉い食欲だった(^-^;)。
 午後は妻の母の命日ということで、家族みんなで お墓参り。私も子供達も1度も会うことができなかったんだけど、今年で丸10年になる。ここに来る度に色々と思うところが ある。
 妻の実家に来ると、自分用のパソコンが無いため、日課となっている動画編集やらWebサイトの更新ができない。道具があるのに できない状況だと焦りが出るのに対し、道具が無い状況下では どうすることもできないので、開き直って夜は早寝が出来る。健康的だぁ〜ね(^-^;)。


4月26日(日)
早くも自分にとっての大型連休最終日
 この期間の遠出が妻の実家のみということで、私の中では今日が早くも大型連休最終日、である。午前中は複合買い物施設に行き、ここで娘と一緒にスケート・・・をやるつもりだったんだけど、私の足に合うスケート靴が無く(-_-#)。やむなく妻が代理で帆走し、私は撮影係。子供は飲み込みと上達が早いだぁ〜ね。
 実家に帰省すると、ほぼセットになっているのが すぐ近所の親戚宅訪問。飲食店経営なんだけど、そこの業務用の料理を色々と提供してくれるので、子供達は偉い食欲。見返りに・・・というつもりではないんだけど、私はここのパソコン関係の面倒を見たり、Webサイトを代行運営している。
 今日はパソコン操作で困っていることが ある、とのことで出張サポート。だけど、のっけから物凄い違和感が。あれっ、私、こんな設定を施していたっけか? 私、こんなソフトを入れたっけか? 私が入れたウイルス対策ソフト、無くなっているぞ??? 話を聞いたところ、たまに来る妻の兄が数か月前に色々と設定をいじったとのこと。あのう・・・まぁ〜、言いたいことは山ほどあるけど、今ある この状態を何とかしなければならない。
 とにかく正体不明の常駐ソフトがウヨウヨしているので、そりゃあパソコンの動きが遅くなるわな。また、Windowsの累積パッチを充てるも・・・止まる(-_-#)。とにかく苦戦の連続で、時間切れになったため、やむなく このパソコンを持ち帰り、後日に郵送することに。
 時間が来たので、妻の実家を出発。今回も色々と お世話になりました。急遽決定したんだけど、また2週間後に、ということで。
 帰宅後、早速 持ち帰った親戚のパソコン診察。色々と格闘するハメになったんだけど、無事ちゃんと動くようになったのでホッとした。しっかし、妻の兄が どういうつもりで有償ソフトを削除したり、ああいう設定にしたのか、真意が全く分からないな・・・(-_-#)。


4月27日(月)
ドキドキした市議会選挙
 昨日は統一地方選挙の後半戦。私が住む街では市長選挙と市議会議員選挙が実施された。妻も私も こういった選挙には必ず行く。政治にもの申すための入場券だしね。投票に行かず、家でゴロゴロしている奴に限って政治に対して偉そうに あれこれ言うけど、私は そういう次元の低い連中と一緒になるつもりは毛頭無い。
 市議会議員選挙ともなると大選挙区制となるため、うちの街の場合は40人近い候補者達の中から1人を選ぶことになる。誰が何をしているのか、何をしてきたのかを ちゃんと知っておかないと、誰に投票するべきかが分からず。とはいえ市議会議員選挙となると情報量が少ないから、判断材料が少ない。そんな中、妻が図書館に行った際、たまたまイイ資料を見付けて持ち帰ってくれた。こういう資料が ちゃんと市民に届いていればイイんだろうけど、現実は違うのよね。ともかく、色々と見比べた結果・・・というかもともと支持候補者は決めていたんだけど(^-^;)、その通りにした。
 国政選挙の場合、夜は各テレビ局が一斉に報道特番を放送するんだけど、地方選挙となると そういったことが無く。情報源は市役所のWebサイトのみ。なんだけど「結果速報」とは名ばかりで、とにかく情報の更新が遅い! また、国政選挙だと得票数が何万・何10万票という世界なのに対し、市議会議員選挙の場合は1000単位、下手すれば100単位。尚更 市民の1票が重くなる。けど、投票率は50%以下。組織票を持っている人達の思うツボやねん・・・ρ(-ω-)。
 ともかく、自分が贔屓にしている候補。開票率10%の時点では得票数が伸び悩んでいた。だけど33%を越えたあたりから伸び始め。最終的には・・・凄い数になっていた。私と思いを同じくして この人に投票した人が沢山いた、ということかな。ともかく、途中経過が気になるにも関わらず情報が全然更新されないから、夜中は ずっとドキドキしていた(^-^;)。


4月28日(火)
思わぬ再会
 会社の廊下で擦れ違った人物。見覚えのある懐かしい顔だった。私が入社試験を受けた時の人事担当。出産・退職したんだけど、パートという形で また戻ってきたんだとかで。これは嬉しい再会だった。


4月29日(水)
プラレール博
 ハッピーマンデイが導入されて以降、週の真ん中に祝日というのは なかなか珍しい。ともかく、今日は妻の提案により、割と近所の でっかい展示場で開催されているプラレール博に行くことになっていた。だけど前日の夜に息子が熱を出したため、延期するつもりでいた。だけど朝になったら熱は下がっており。これのために息子が気合いを入れて体調を整えたんだべか!?
 肝心のプラレール博。息子が大の電車好きということで、大喜びだった。また、娘も殊の外 楽しんでいた。しっかし大型連休初日だけあってか、凄い人だかりだね(∩。∩;)ゞ。

 息子の偉いところ・・・というか親にとって有り難いのは、こういう場所に来ても息子は「あれ欲しい」とか「これ買って」と言わないこと。展示されている物を見て、触れて、それで満足してくれる。


4月30日(木)
我ながら うまいと思った代替品
 私の趣味の1つは料理(美味い/不味いは ともかくとして)。最近は料理をする時、何かと制限が出てしまう。理由は子供達。癖のある食材や硬い食材は使えない。刺激的な味付けもダメ。特に息子はパッと見で気に入らなければ とことん拒絶反応だし。また、裏サタデークラスを実施する際、参加者によってはアレルギー対策が必要になってくることもある。
 ということで、最近は何かと代替品を使って料理することが多い。牛乳アレルギーの子が いる場合は豆乳を使い、卵アレルギーの子が いる場合は・・・まぁ〜、その料理によるけど、色々と代替食材を使う。
 そんな中、我ながら うまいと思った代替品。作りたい料理は酢豚。ピーマンは入れられないので、諦める。・・・代替になってないか(∩。∩;)ゞ。鶏唐揚げは・・・私自身が揚げ物を作らないし、唐揚げが硬くて食べられない子も いるのでミートボールで代用。人参は そのまま。賛否真っ二つだけど、私の場合は酢豚にパイナップルを入れる。あとは筍。これ、子供達には癖があって硬くて苦手な食材。それで試したのがヤングコーン。
 実はヤングコーン、当初は筍の代替品とは考えておらず(°ー°)ゞ。ミートボール、人参、パイナップルだけでは寂しいので、他に何か入れたいと思い、それで思いついただけだった。だけど、食べてみたら「これ、筍の代替品にピッタリ!」って思い。う〜ん、我ながら凄い後付けだけど、美味いと思えた。





ズボラ日記のトップに戻る