まいけるのズボラ日記




2016年1月



1月1日(金)
お正月恒例
 横に布団を3つ並べて、家族4人でグッスリ寝る。妻の実家でしかできない贅沢である。
 朝食は お節料理。だけど、ズッシリ重い物ではなく、軽め。私には これぐらいが丁度イイ。昼は実家すぐ近くの親戚宅にて。毎度ながら色々と 御馳走になった。賑やかな正月だぁ〜ね。
 夕方は お正月恒例、東京ドイツ村。風も無く、気温も割と高めで、寒さを感じることなくイルミネイション見物ができた。また、去年の2月にハイエンドコンパクトカメラを導入したことにより、暗い中での写真撮影も動画撮影も これ1台でバッチリ。大きくて重い一眼レフカメラやビデオカメラ専用機を持ち運んで使い分ける必要が無く。今更ながらに その凄さを実感。
 帰宅後の夕食は すき焼き。これも お正月恒例かつ、年に1度。野菜が美味かった(^¬^)♪ 年末年始はロクなテレビ番組がないけど、数少ない例外の1つがウィーン新春コンサート。これを観なければ私の新年は始まらないだぁ〜ね。


1月2日(土)
妻の采配が的中
 妻の実家に来た際、恒例行事の1つがイオンモール内にある常温スケート場。・・・なんだけど、ここは先秋閉店したとのこと(゜д゜)。まぁ〜、確かに、いつ行っても我々だけの貸し切り状態だったから、悲しいけど納得。
 その代わり・・・という訳ではないものの、今日は広々とした公園へ。ここの公園、来る度に何かしら遊具が壊れて閉鎖されたままで修理される気配が無かったり、遊具自体が撤去されているんだけど、今日は・・・うわ゛ぁ〜、更に色々と無くなっている(>_<)。最早残っているのは長距離滑り台のみ。これも次回まで生き残っているかどうか(^-^;)。
 ともかく、この公園。広々としていて勾配がある。これを見越して、妻が今回ペダル無し自転車を持って来ることを提案。その采配がズバリ的中した。娘は楽しそうに練習。そして、息子は父が作ったトロッコで楽しそうに滑り降り。イイ運動になった。
 昼食はイオンモールにて。丁度イイついでだったので、私は一昨日から危篤状態になっている腕時計の電池交換をしてもらった。この腕時計、8年前に妻が買ってくれた物。これまで1度もバンド交換どころか電池交換も しておらず。非常に頑丈である。財布といい、時計といい、イイ物を買ってもらった。
 時間が来たので お開き。電車で移動し、帰宅。元日は実家で過ごした我々、1月2日に帰宅した後に年賀状を見る、というのも すっかり毎年恒例である。
 実家家族の お陰様で充実した年末年始だった。


1月3日(日)
前々から構想していたこと
 朝は10時近くまで寝ていた。完全に寝正月。明日からの社会復帰、ちゃんと早朝に起きられるか不安(^-^;)。
 子供達と最寄りの公園で遊んだ後、娘を連れて最寄りの100円ショップに向かった。前々から構想していたことを実行するため。それは子供達に財布を買い与える、というもの。お年玉を いっぱいもらったので、そのうちの ごく1部だけではあるけど、自分で何を買うべきかを考えて買い物をする、ということを教えたいと思っていた。そのためには財布が必要。100円ショップの物であれば、何かあっても躊躇わずに買い換えできるしね。
 娘が自分の財布から出した お小遣いで初めて買った品は・・・お気に入りの棒付き飴だった。あれも これも、ではなく、ちゃんと考えて これだけを購入。うん、1回目としては上出来である。
 夜はマミーとスカイプ(テレビ電話)。年末年始休みの期間中は曜日感覚が狂いまくりだったけど、マミーとスカイプで話すことによって今日が日曜日であるという自覚が出てきた。
 今回の年末年始休みは5日間。妻の実家に行った以外は これといった遠出は無かったんだけど、結構充実していたような気がする。うん、イイことだ。


1月4日(月)
今年は いつもと違う傾向の年賀状
 私は今日から社会復帰。痛勤電車は・・・まだ混み具合が不完全。世間一般では多くが まだ年始休み真っ最中のようで。私の場合は年末も年始も1日ずつ損したような気分であるρ(-ω-)。
 年賀状。私の場合、例年は受け取る以上に出す量が多い。そのため、年賀状を受け取った際に「あっ、この人には出してないや。カウンターで これから出すべか」ということは稀。なんだけど、今年は そのカウンターが多かった。喪中と思われていた人から来たり、私という存在は既に過去の遺物になってしまったのかなと諦めていた先から来たり。
 また、私に事前連絡なく(?)「子供が生まれました」という報告が この年賀状だった、という物もチラホラ。年始早々、ビックリである(^-^;)。
 電子通信が発達した現代に於いても やはり手に取る年賀状はイイ物である。


1月5日(火)
人として どうよ?
 人から本を もらう。人が一生懸命に調べた情報を もらう。「これを作って!」と依頼し、人が わざわざ作ってくれた品を もらう。いずれも普段の何気ない やりとり。ただ、とある人物は先述の3つ、いずれも もらう立場だったんだけど、お礼の言葉は一切無し。人に ものを教える立場なのに、人として どうかと思う行動である。これも育ってきた環境・文化の違いなのかね・・・。


1月6日(水)
最近は不作
 娘と息子のDVDアルバム。最近は割と順調に動画編集を進められている。動画編集は順調なんだけど、最近 困っているのが・・・オープニングに使う曲と写真館スライドショーに合わせて流す曲。早い話がネタ切れ状態。
 そんな時、曲探しに威力を発揮するのがYouTube。世の中、暇な人が・・・もとい、熱心な人が沢山いるようで(^-^;)、色々な音楽素材がゴロゴロ転がっている。そんな中でも私にとって有り難いのは「2015年夏の新作アニメテーマ曲をサビ部分を集めてみました」というようなダイジェスト版。そのアニメ作品を知らずとも、曲さえ良ければ即採用である。
 以前は この方法で芋づる式に次々と未知の良い曲を掘り当てていたんだけど、最近の新作アニメのテーマ曲は・・・粒が小さいね(-_-#)。ただ何となく歌っているだけという曲が大多数だったり、みんな同じように大勢で歌ってハイお終いだったり、似たような曲ばかりで個性が全く無かったり。1時間かけて曲探しをしても、合格基準に達する曲が0ということも珍しくなくなってきた。
 うむむ、他の方法で曲を探した方がイイべか!?


1月7日(木)
遂に本命が来たぁ〜!
 私が娘と息子を動画撮影する際に使用する機器は基本的にコンパクトカメラ。外出先での写真撮影も このコンパクトカメラ。これを使わずに撮影するとなると・・・自宅での写真撮影(一眼レフカメラを使用)と大きな催し事の際の動画撮影(ビデオカメラ専用機を使用)ぐらい。日々の撮影の9割ぐらいをコンパクトカメラで実施している。
 現在使っているコンパクトカメラは私にとって人生初のハイエンドモデル。約1年前に買い換えた。従来は高倍率モデルを使っており、画質に不満を感じ続けていた私にとって革命とも言える機種だった。
 ただ、100%満足ということは残念ながら有り得ず。色々と「ここは もっと・・・」という細かな不満は あった。また、その中でも1つ致命的なのは購入当時の時点で発売から1年半を過ぎていた旧式で、発売から2年半経った現在でも直系の後継機種が出ていないということ。もう この機種は販売されていないので、故障したら高い修理費と撮影の空白期間を覚悟で修理に出すか、別機種を購入するしかない。
 そんな中、私が一途の望みを託していたのが毎年1月恒例の新作発表。かつて愛用していた高倍率モデルは毎年後継機種が出るんだけど、今年こそは これのハイエンドモデルが出てくれないかな〜、って、毎年そう思い続けて毎年ガッカリな結果になっていた。しかぁ〜し! 今回は遂に本命が来たぁ〜!
 従来の高倍率モデルの直系後継機種は出るものの、それと枝分かれするような形で・・・なのかな、ハイエンド機種も同時に出ることになった。これって欧米での発表内容で、日本での正式発表は まだ無し。だけど、毎年発売されている系統の機種を今年だけ日本で発売しない、ということは有り得ないよね(^m^)。
 恐らく発売は2月なり3月。だけどパナソニックのコンパクトカメラって、毎回値崩れが凄いので、発売から数か月経ち、値段が下がった頃合いを見計らって購入、かな。
 買い換えの際に必ず出てくる「現行機種は どうするか?」という問題。今回は・・・引き取り候補が2つあるので、少なくとも宙ぶらりんのままということは無さそうである。


1月8日(金)
初めてのレイトショー
 日中は いつものように仕事。帰宅して夕食。だけど その後が初めての展開。1人で外出して、映画館でレイトショーなる時間帯に映画鑑賞。この時間帯だと館内は空いているし、何よりも料金が安い。うん、気に入った!
 鑑賞した作品はスターウォーズの最新作。とある映画館では鑑賞料金が高く設定されていることでも話題を振りまいた作品(^-^;)。それで今回のレイトショーでの鑑賞を思いついた。
 私の場合、この手の洋画鑑賞って基本的に日本語吹き替え版。字幕版だと文字を読むのに精一杯で、肝心の映像を観る時間が半分ぐらいになってしまうからね。日本では字幕版に対して異様なまでに拘りを持つ人が多数派のようだけど、世界的には吹き替えが大多数というか一般的。まぁ〜、夫々の好みで どうぞ。私は あくまで吹き替え派。・・・1人、または夫婦で観る場合はね。子供達の前では字幕版にしないと示しがつかない(^-^;)。
 で、レイトショーでの吹き替え版の上映って実は今日まで。それで今日、慌てて・・・という形になった。私が初めてスターウォーズを劇場で観たのはエピソード1。あの時、オープニングが流れた時の鳥肌と息が詰まるぐらいの興奮は今でも よく覚えている。ただ、時代背景の説明が流れたら「貿易」だの「使者」だの・・・物凄い肩透かし。作品そのものも肩透かし。期待が大きすぎた分、ハードルも上がったが故だったのかな。
 今回のエピソード7。映画会社がウォルト・ディズニー社に買収されたことにより実現した作品と言ってもイイんだけど、タイトルバックが20世紀フォックスではない時点で色々と思うところが あった。内容に関しては・・・下手なことを書くとネタバレになって方々から色々言われそうなので、グッと伏せておくけど、私にとっては非常に良かった。
 レイトショーそのものも気に入った。次回、映画館に来るとしたら・・・バイオハザードの新作かスターウォーズのエピソード8だろうけど、その際もレイトショーを利用したいだぁ〜ね。


1月9日(土)
ようやく受け取れた年間パスポート
 家族4人でアンデルセン公園に行ってきた。ここ、日本の遊園施設満足度が・・・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに続く全国第3位。USJを上回っている。凄いっ!
 裏サタデー/サンデークラスの会場として よく設定するも、雨に祟られて室内会場に変更するという展開が長く続き。6月に年間パスポートを作成し、今日になって ようやく受け取れた。7か月間もの空白が生じたということか・・・(-_-#)。
 冬に来るのは初めてだったんだけど、流石に冬ということで人の入りは少なかった。暑い時期は ほぼ1日、ここの池で泳いで終了なんだけど、流石に この季節は泳げず。なので、行きたいと思いつつも行けなかった場所を あれこれ試してみた。料理教室なりボートなり筏なり。どれも新鮮な体験だった。
 ただ、アンデルセン公園は9時半開園、16時閉園(冬期は)。正味開園時間が短いくせして中はベラボーに広いため、とても1日で全部を回ることができず。不完全燃焼感を残しながらの撤収となった。
 アンデルセン公園の後は ここで夕食という流れになっているのがファミール。アンデルセン公園に向かう場合の自宅最寄り駅そばが7&iホールディングスで、そのレストラン街にある。(同じグループ会社なので)デニーズと似たような献立がサイゼリヤ並の お手頃価格。スタッフの質も良く、店内は綺麗で、絶対に混まないので落ち着いた雰囲気。実にイイ。


1月10日(日)
まさか・・・いや、順当に2日連続
 今日もアンデルセン公園。まさかの展開・・・というよりは順当にというか、子供達は勿論のこと親もそれを望んでいた。年間パスポートが あるし、折角の3連休、家にいても これといって することが無いし。また、昨日は時間が とても足りずに不完全燃焼という思いが あったので、誰もが納得の2日連続での来園となった。
 ただ、昨日とは うってかわり、今日の混み具合、一体何なんだ!? 昨日も混んで今日も混むなら納得だけど、昨日のスカスカが信じられないぐらいの人の入りだった。そのため、今日は何かと行列待ちが発生する展開に(-_-#)。
 乗馬、電動蒸気機関車、四輪自転車、ボート・・・全て何かと待ち時間が発生。極めつけはレストラン。当初は60分待ちだったんだけど、30分後に状況を確認しに行ったら更に60分以上待つ必要があるとのことで。しかもスタッフの おばちゃん達は随分と のんびり・和気藹々とした雰囲気の中で動いているし。ダメだこりゃ。ということでレストランはキャンセルし、フードコートで遅目の昼食。
 今日は混み具合故の待ちが多かったものの、昨日・今日の2日間の合計得点は結構伸びたかな。流石に明日も来る気には なれないけど(^-^;)、楽しかった。夜はグッスリ眠れそうだ。


1月11日(月)
充実した3連休
 年末年始休みのイイところは、休みが終わって社会復帰した直後に3連休が ある、ということ。今回の3連休、初日と2日目はアンデルセン公園まで遠出して暴れまくり。今朝は思いっ切り・堂々と寝坊。これは気持ちイイ。
 今日は祝日なんだけど、娘のプール教室は開催されているということで、娘と2人で行ってきた。現在の娘のクラス、泳ぎ場所は観客席からは死角になっている位置のため、全く見えない。だけど妻が「あそこからだと よく見えるよ」と教えてくれた場所からは・・・わを、至近距離から よく見える(・o・)。これはイイ! 娘の泳ぎが随分と上達しているのが よく分かった。また、非常に真面目にやっている。バレエ教室の時とは大違いだ。帰り道はプールのお友達親子の車で おくってもらった。こりゃ助かる。
 夕食の後、子供達がアイスクリームなりパフェを食べたいと主張と始めた。冷凍庫・冷蔵庫に入っていない物に限って子供達が要求してくるだぁ〜ねρ(-ω-)。しょ〜がないので買いに行こうとしたら・・・子供達も付いてきた(^-^;)。まっ、自分が欲しいアイスクリームを自分の目で見て選べるのが楽しいんだろうね。しっかし、うちの息子は抹茶味の お菓子が大好き。父親は誰だ!?


1月12日(火)
最近、やたら多い「か」
 昔は東京スポーツの専売特許だったのに、最近は どのマスゴミも それを真似てか、やたら多用するようになった文末の「か」。「xx大統領暗殺計画か」といった具合に。自分が書く記事に自信も確証も持てず、誤報を指摘されるのを恐れての この行動なんだろうね。自分の脚で取材して、ちゃんと裏を取った上で自信を持って記事を掲載せず。伝え聞いた話やら他の媒体で見ただけの内容を 自分の想像も織り交ぜながら記事にしちゃうのであれば、当然こうなる。ネット社会になって以降、マスゴミの質が むしろガタ落ち。
 どこもかしこも「か」ばっかりで、初代水戸黄門の笑い声が聞こえてきそうだ。


1月13日(水)
平日は1日に4回目覚める
 平日。早朝に起きる。行きの痛勤電車の中で寝て、乗り換えの際に起きる。会社で昼寝して、終わったら起きる。帰りの通勤電車の中で寝て、自宅最寄り駅で起きる。
 時間の長短こそあれど、平日の私は4回寝て、4回目覚める。時間帯が早いものほど目覚めた時の気分は悪く、時間帯が遅いものほど気分がイイ。特に帰りの痛勤電車内で目覚めた後の気分は爽快。朝1も これぐらいだとイイんだけど、それは無さそうやね( ̄∇ ̄*)ゞ。


1月14日(木)
今年度最後
 毎月恒例の家族サービス休暇。・・・つっても、最近は あんましサービスしてないな(>_<)。
 ともかく、今日は娘と息子が通うインターナショナルスクールに於けるランチパーティー。本来は去年の11月に実施した分で(今年度の)最後にするつもりだった。だけど、個人的な諸事情が あり、もう1回やっちゃおうということになり。2月は北海道に行くために休暇を使うし、3月は卒園式のために休暇を使う。ということで、私が主催する分としては今度こそ今年度最後のランチパーティーである。
 今回のテーマは「ディズニー映画に出てきた料理」。わんわん物語に出てきたスパゲティーのミートボール乗せ、というのは早い段階から決まっていた。だけど、もう1品・2品欲しいと思って色々調べるも・・・意外とディズニー映画では食事場面が少なく。あったとしても明確に特徴のある料理って出てこない。強いて言うならレミーのおいしいレストランに出てきたラタトゥイユぐらい。しかも これ、子供達が嫌いな野菜の上位に入る物が沢山入った料理。ダメだ、こりゃ(^-^;)。なので、苦し紛れではあったんだけど、野菜の輪切りを3つ並べてミッキーの形にしてみた。意外とこれが当たった。
 デザートは・・・当初は お馴染みとなった豆乳ゼリーにしようと思ったんだけど、ものは試しでバナナ豆乳ゼリーにしてみたら・・・うん、いける! 更に そこにココアパウダーをミッキーの形にして まぶしてみたら・・・見た目もイイし、王道のチョコバナナの味に近くなり。咄嗟の閃きで作った割には大成功。
 肝心の園児達の反応も上々。ただ、トマトソースを用いたスパゲティーということで、教室は殺人現場のような物々しい見た目(?)。まぁ〜、これも お約束か!?
 ランチパーティーの後は現場スタッフに対してパソコン関係の引き継ぎ。ある程度パソコンに詳しい人が こうして加わったお陰で、引き継ぎが非常に楽。有り難いことだ。そうこうしているうちにアッという間に子供達の下校時刻。うむむ、今日は園児達と遊ぶ暇が全く無かったな・・・。体力的には楽だけど、精神的な満足度でいくと不完全燃焼感が残った。そこは また次回、だね。
 通常だと この後は娘を水泳教室に連行するんだけど、今日は月に1度の算数クラブ(便宜上の仮称)の日ということで、一旦 帰宅。私は すぐさまランチパーティーの際に撮影しまくった写真をスクールの電子掲示板に掲載。いつの間にか「いいね」以外にも「超いいね」とか「ウケる」とか、色々なボタンが増えていた。まぁ〜、あくまでコメント返信する主義の私には関係無いか。
 時間になったので娘を算数クラブに連れて行った・・・つっても、会場は自宅の斜め向かい。こりゃ通学が楽だ(^-^;)。算数クラブが終わった後、妻のお使いも兼ねて そのまま娘をDVDレンタル店と本屋に連れて行った。DVD店では以前に「今度借りようね」と約束していたディズニー映画のDVDを借りた。娘は本屋が大好き。いつもサンプルで置かれている・・・音の鳴る本に夢中。って、そっちかよ(^-^;)。活字離れが叫ばれて久しい今日この頃だけど、本屋に来ると独特の雰囲気と楽しさを覚えるから好きだ。お爺ちゃんからもらった図書カードを使って欲しい本を購入して帰宅した。


1月15日(金)
文字通り首が回らない
 昔から首の神経が いかれている私。日常生活に差し支えは出ないものの、いつも痛い。これが年に1回ぐらい大爆発を起こすんだけど、それが昨日の朝だった。何でもない拍子で突然 首の中で何か糸が切れたような感覚が走り、同時に物凄い電流が流れたような感覚と激痛。う゛っ、これはマズイ・・・(>_<)。その後 何とかスクールのランチパーティーの準備やら実施は こなせたものの、文字通り首が回らず。
 そして今日も その状況は変わらず。これ、1週間ぐらい続くのよね(-_-#)。


1月16日(土)
3人での お出掛けが標準
 隣の隣街にある室内遊園施設・・・というか子育て支援施設に行ってきた。ここに来る場合は子供達と私の3人で来る、というのが標準になっており、当人達も勝手知ったる。妻にとっては今週の木曜が半日休暇になっていなかったので、今日こそは ゆっくりできたかな。また、この施設の近くに住んでいる お友達家族と現場で合流し、子供達同士は英語で話しながら遊ぶというのが半ば恒例。年末は思わぬ場所でバッタリだったけど、今日は・・・現場ではなく、その最寄り駅構内でバッタリ(^-^;)。
 なし崩し的に一緒にマンションの共用地でピクニックのような形で昼食を取ったんだけど、子供達は 大喜び。そのまま ここで遊び始めた。今にして振り返ってみると、この日1番 子供達が活発に・一緒に遊んでいたのが この時だったかな。
 ようやく子育て支援施設に行くも・・・途端に別行動に。うちの娘、相変わらず「お友達と一緒に遊ぶ」ではなく「お友達と一緒の空間で遊ぶ」ことの方が重要なようで(^_-)ゞ。ともかく施設の閉園時間ギリギリまで粘ったんだけど、途中から息子が行方不明に。いっくら施設内を探しても見当たらない。もしやと思って靴箱を見たら・・・息子の靴が無い。外のイルミネイションで発見。どこに自分の靴があるのかを自分で探し当てた時点でビックリだったけど、何とも・・・。冒険心が日に日に増大しているようで。先が思いやられる(∩。∩;)ゞ。
 夕食は妻と合流してから最寄り複合買い物施設内にあるフードコートにて うどん。僅かな出費で贅沢な気分に浸れる。


1月17日(日)
近所をお出掛け
 午前中、子供達と3人で自宅目の前の公園に行ったんだけどぉ〜・・・相変わらず砂場で中途半端に遊ぶだけで、活発に動こうとしない。物珍しさが無いから、こうなってしまうんだべか(-_-#)。帰宅し、昼食を取った後、私はいつの間にか眠りに落ちていた(^-^;)。
 目覚めた後、家族4人でイオンモールに お出掛け。買い物をしたり、息子が それを望んでいたので玩具のサンプルで遊んだり。娘はゲームコーナーで遊んだり。息子が帰りたがり、娘は ここの室内遊園施設で遊びたがっていたので、2手に分かれた。私は娘と一緒に居残り。娘が室内遊園施設で遊んでいる間、私は1人で のんびりと店内を見て回った。
 30分が経とうとしていたので娘を迎えに行くも・・・宴も酣のようで(^-^;)。ここで中断させるのは親としてヤボなので、もう30分延長。合計1時間遊ばせたところで終了。最近は30分で終了になることが多かったんだけど、今日は1時間 目一杯遊べたということで、娘の満足度は高かったとのこと。良かった良かった。また、この室内遊園施設がガラリと内装を変えて以降、私が しっかりと娘の遊ぶ姿を撮影できたのって・・・実は今日が初めて。うん、私も満足である。
 この週末、夜は・・・時間は確保できていたものの、疲労が溜まっているようで集中力が持続せず、動画編集作業が進まず。じれったい(>_<)。


1月18日(月)
シャーベットと言うより かき氷
 南関東で今季初の積雪。もともと そうなるという情報を握っていたので、今日は早目に起床。朝のニュースは これ一色。うちの外は土砂降りだったんだけど、積雪は無し。私が痛勤に利用する路線は・・・多少の遅れが出ているぐらい。うん、大丈夫そうだ。早く起きたので家を出たのも早かったんだけど、最終的には普段と同じ時間の電車に乗ることに(^-^;)。
 電車は約10分遅れだったんだけど、会社の最寄り駅に到着。東京は積雪と雨が混ざり、恐ろしく歩きづらい。よく この状態を「シャーベット状」って表現するけど、私にとっては「かき氷」だな。なので迷わずバスに乗ろうとしたら・・・バス停は物凄い行列。しかも電光掲示板には予定時刻が一切表示されておらず。つまり今後の予定が全く分からない、ということ。仕方ない、足がグチョ濡れになることを覚悟で かき氷の上を歩いて行くか・・・。
 会社には20分遅れで到着したものの、私は まだ被害が少なかった方。他の面々は もっと遅れていた。関東、年に数回 積雪があるのに、雪に対する備えが全く無いのは考えもの。北国の人達が この慌てぶりをニュースで見て鼻で笑う「北国目線」が今日は あちこちで展開されているものと推測。


1月19日(火)
外国人枠での撮影
 会社で社員募集用のパンフレットおよびWebサイトに掲載するための写真撮影が実施され、私にも お呼びがかかった。何でも、会社として世界的に広がっている感じを出すため、社内にいる外国系の社員がモデル(?)として呼ばれたんだかで。タイ、中国、そしてオーストリー。金髪で青い目をしていなくて大丈夫なのかな(^-^;)。
 普段は撮影する側の私なんだけど、撮影される側というのは不慣れ。とはいえ、撮影をしている立場として「被写体が こうなっていればイイはず」という勘の付けどころは分かっているつもりで、実際に そうだった。しっかし この手の撮影、物凄いヤラセ感がプンプン漂うだぁ〜ね(^_-)ゞ。


1月20日(水)
タイミングを逃すと困ってしまう事例
 私が子供達と話す時は必ず英語。家にいようと外出先だろうと例外は一切無い。私と子供達の外見も手伝ってか、ハタから見ると本物の外国人親子に見えるらしい。私の拙いエセ英語、聞いて区別つかないのかねf^_^;。
 妻が その場にいると2か国語放送開始となるので問題無いんだけど、妻がおらず、私と子供達だけという場面の場合、うっかり日本語を話す訳にも いかない空気が流れる。なので、ここは開き直って日本語を話せないフリをせざるを得ない。
 そんな時、困った事例が たまに発生する。それは誰かしらが私に対して日本語で話しかけてきた時。こういう時に私が日本語で話し返すと向こうはビックリするので、その反応を見るのが実は楽しい(^m^)。だけどタイミングを逃すと日本語で返すことができなくなる。
 そういう時、私はひたすら日本語が分からないフリをし続けなければならないんだけどぉ〜・・・向こうも向こうで頑なに日本語のみで話しかけてくる。しかも違う言い回しをすればイイものを、同じ単語で同じ事を何度も繰り返してくる。そういう人に限って身振り手振りもトンチンカンなもの。見かねた同行者達が会話に加わってくれたと思ったら・・・ガン首揃えて全員が日本語のみ(゜д゜)。これだけ人数がいるんだから、片言でも英語を話せる人、いてくれよ・・・ρ(-ω-)。
 こういう時は私としても引き際が見付からず、困るのよね(-_-#)。


1月21日(木)
アホニュースサイト
 私にとっての日課の1つは夜、子供達が寝静まった後の動画編集作業。ただ、動画編集作業では時々「ひたすら待つだけ」という状況が発生する。そんな空き時間に よく読んでいるのが世に言う「アホニュース」のWebサイト。読んでいて結構楽しい。
 ここ数年、お気に入りのアホニュースサイトは固定されていたんだけど、ここに来て2つ増えた。これは とあるママ友が愛読しているWebサイトで、私も試しに見てみたら・・・1発で気に入った。これらの2つのWebサイトは単に笑えるだけでなく、結構ジ〜ンときたり、考えさせられたり。単なるアホニュースサイトとして括れないものがある。
 これら2つのWebサイトを見付けて以降、従来のアホニュースサイトは全く見なくなったな・・・。


1月22日(金)
分かる人にだけ分かるコンパクトカメラの話
 今年の初めに私が目にしたニュースで「遂に本命が来たか!」と思ったコンパクトカメラ。これは海外での発表内容だったので、日本での正式発表が いつになるかな〜、って思っていたんだけど、つい先日、日本国内でも正式発表された。
 ・・・んだけど、あれっ!? なるほど、そうきたか・・・。というのも、機種の名称というか型番が海外発表された時の物とは全く別物になっていた。私が愛用しているパナソニック製は同じ機種でも国・地域ごとに名称が違ってくるのは決して珍しいことではない・・・というより、むしろ それが普通。ということを私は すっかり忘れていた( ̄∇ ̄*)ゞ。
 従来、私が愛用していたのはパナソニック製高倍率モデルの「TZ」シリーズ。画質を犠牲にして・・・という言い方が適切かどうかは ともかく、とにかくコンパクトカメラのくせして20倍とか30倍という時代の最先端を行く倍率のズームが可能。私の5代目〜7代目コンパクトカメラは このシリーズだった。また、4代目は このシリーズの ご先祖様・・・というかWindowsにとってのMS-DOSのような存在だった。

私にとっての7代目カメラDMC TZ-30
 ただ、近年になりベラボーな高倍率による恩恵を感じる場面よりも、画質の悪さ、特に薄暗い場所に於ける映像のザラつきに不満を覚える場面の方が圧倒的に多くなり。そこで私が初めて購入したハイエンドコンパクトカメラが「LF」シリーズ。シリーズつっても、今のところ1種類しか出ておらず、発売から2年半が経った今も後継機種の話が出ていないけど(∩。∩;)ゞ。
 細かい話は置いておくとして、技術的制約により、コンパクトカメラでは高倍率と高画質は同居できない。倍率に特化すると画質は落ちるし、画質を重視すると高倍率は無理、といった具合。そんな中にあってLFシリーズは「そこそこ高画質、そこそこ高倍率」という、今までに無かった領域を統治する機種で、私にピッタリだった。勿論、全てに於いて私の要望を100%満たせるということは有り得ず、不満も色々あるのは事実。だけど、このLFシリーズは私にとって革命だった。

私にとっての8代目カメラDMC LF-1
 で、先日の海外発表。高倍率モデルのTZシリーズが2つに枝分かれした。1つは純粋な従来機の後継機であるTZ-80。30倍まで拡大可能。もう1つは倍率が10倍までなんだけど、高画質を兼ね備えたTZ-100。後者は私が長らく待ち望んでいた、この高倍率モデルに於ける高画質機能搭載機である。現物を手にするのは まだまだ先だけど、仕様上は現在私が使っている「そこそこ高画質(撮像素子1/1.7型)、そこそこ高倍率(7.1倍)」のLF1を上回る高画質(撮像素子1.0型)と高倍率(10倍)。TZ-100は従来の高倍率モデルに上位の撮像素子を搭載した、とも解釈できるし、LF1の後継機種とも解釈できる、面白い位置付け。

私にとっての9代目になる可能性が高いDMC TX-1
 勿論、絶対的な画質という意味では他のメーカーの機種には劣るんだろうけど、私は そこまでベラボーな画質には拘らないし、他メーカー機種の倍率は せいぜい3倍程度。私の撮影目的は「スナップショットをプロ並みの画質で綺麗に撮る」ではなく「動き回る子供達を動画撮影するのが主。ついでに写真撮影」。とことん画質に拘った写真撮影をするのであれば一眼レフカメラを引っ張り出すだけの話。ということで、このTZ-100は待ちに待った私にとっての妥協無き大本命。
 ・・・と思っていたんだけど、日本国内の発表には「TZ-80」も「TZ-100」も見当たらず。前者は何故か「TZ-85」という飛び番になっていた。変なのぉ〜! そしてTZ-100は・・・「TX-1」という名称になっていた。なるほどね、ハイエンド機種という位置付けにするため、敢えてTZシリーズとは別枠という扱いにしたのか。しっかし「TX」っていう名称、他のメーカーのカメラでも よく使われている名前。人気だね(^-^;)。TZシリーズの第1弾は倍率10倍から始まった。TXシリーズは撮像素子を大型化した状態のハイエンド機として、倍率10倍から また始まるということかな。
 名前はともかく、国内発表でガッカリしたのが・・・このTX1、色は黒のみ、ということ。海外では銀色も出ていたので、私は この銀色にするつもりだったのに(>_<)。まぁ〜、仕方ない。機能に違いは無い訳だし。日本での発売は予想通り3月。ただ、価格は・・・従来の高倍率モデルの2倍。うぎゃ〜、一眼レフカメラ、ダブルレンズキットで買えてしまう価格だ(^◇^;)。まぁ〜、悲しいかなパナソニック製のコンパクトカメラは すぐに値崩れするので、夏か秋ぐらい、遅くとも10月初旬までに購入することになりそう。


1月23日(土)
口コミ情報による新しい施設
 ママ友・・・という表現でイイのか、裏サタデー/サンデークラス仲間と表現すればよいのか迷うものの、ともかく、最近 加入してくれた人。何かと新しい情報を提供してくれ、とっても協力的なので、私の中で株価急上昇。最近は正直なところ裏サタデー/サンデークラスの実施会場がマンネリ気味だったので(そう思っているのは私だけかもしれないけど・・・)、有り難い限り。
 ということで、今日は その紹介してもらった室内遊園施設に子供達2人と一緒に行ってきた。口コミで教えてもらわなければ、未来永劫 私が知ることが無かったであろう施設。
 場所自体は私の痛勤電車から見える場所。色々な お店の看板が見えていたので、気にはなる存在だった。ただ、最寄り駅から遠いので、無理して行く気にはなれず。だけど口コミにより駅のそばから無料送迎バスが出ているとことを知り、それを利用。こりゃ便利だ♪
 到着したのは とある複合買い物施設。中を色々と見て回りたい衝動に駆られたのは勿論なんだけど、今日の目的は あくまで室内遊園施設の偵察。ということで、自分の欲望をグッと押さえ、本来の目的地へ。
 ここの面積は・・・私が好んで利用している2つの類似施設AおよびFの中間ぐらい。店内は明るい。設備はFに よく似ている。AやFにはショボいものしかないボールプール、ここは非常に充実。また、開園して まだ1か月程度なので、当然だけど遊具が新しくてピカピカ。ゲームコーナー、Aには無く、Fは充実で、ここは その中間ぐらい。複数ある滑り台には夫々スタッフが常駐しており、激突事故が起きないように注意している。これ、重要。中にはカフェがあり、献立は・・・少ないものの、必要なものは揃っていて無駄が一切無い感じ。いざとなったら一時退場して、複合買い物施設内の飲食店にも行ける。
 肝心の子供達の反応は・・・うん、イイ! これが大事。ただ、大きな落とし穴が1つ。それは充実したマッサ〜ヂ椅子の すぐそばに大量の漫画が置かれている、ということ。子供達を放置プレイにして、のんびりマッサ〜ヂ椅子に座って漫画を読んでいる大人達が多数。大人達よ、それで よいのか!?・・・自分が同じ道にハマらないよう、気をつけねば(^_-)ゞ。
 ということで、ここは裏サタデー/サンデークラスの会場として充分に通用することが判明。早速、2月か3月の会場にしたいだぁ〜ね。
 夜は1か月の空白が生じてしまったんだけど、久々に我が家に短期留学生が来てくれた。1人増えるだけで夕食時の雰囲気がイイ意味で激変する。また、行儀の良さを子供達が真似るので、実にイイ傾向だ。


1月24日(日)
博打を打った年間パスポート
 朝食は・・・ラーメン。妻の兄から横流し(?)のような形で受け取った目録が全国ラーメン詰め合わせ。それが つい先日届いた。また、短期留学生は大のラーメン好き。ならばということで。ただ、5人が別々の種類のラーメンとなると・・・作る側は大変(゜д゜)。麺を 一纏めにして茹でたり、スープを纏めて作ることができないからね(^_-)ゞ。とはいえ、5人で美味しくいただいた。
 外は寒いけど快晴。ということで予定通り5人で お出掛け。向かった先は葛西臨海公園。ここは娘と息子が通うインターナショナルスクールの遠足で来たことのある場所。当然、元クラスメイトである短期留学生も。かつてスクールの遠足で来たことのある場所を懐かしみながら回る計画の第2弾である。
 ここの水族園、家族だけで来た時は・・・なかなか100%満足、ということが無く、何かと因縁(?)が発生する(^◇^;)。つっても、不完全燃焼の状態で閉園時間になったり、触れ合いの時間帯は その場に いられなかったり、急いで来たら既に入場締切になっていたり、という時間的なものが ほとんど(^_-)ゞ。だけど、施設自体は特に息子が大好き。なので、迷った末に博打を打つような形で私は年間パスポートを購入。東京スカイツリーの水族館よりも ずっと規模が大きく、料金も安いしね。・・・と思ったら、この日は園内の1部が工事中。やっぱり100%満足できず(^◇^;)。こりゃあ、何度も来るしかないね。ここの飲食店で まともに昼食を取るのは初めてだったんだけど、意外と(?)良かった。
 続いては電動蒸気機関車に乗って園内をグルッと・・・ほぼ1周。日本一の大きさを誇る大観覧車に5人で乗った。やっぱり4人で乗るのとは雰囲気が違うね。
 観覧車の近くに小規模ながら遊具が あったので、僅かな時間ながらも そこで ひと暴れ。海風が身に染みたけど、子供達は元気だね(^-^;)。息子が くじ引きのような魚釣りゲームを ねだったので、やむなく応じたら・・・1等を当てた。すんげ〜(・o・)。
 子供達は まだ遊び足りないようだったんだけど(化け物かよ・・・)、時間が来たので撤収。私にとっても満足の週末だった。出費も派手だったね・・・(°ー°)ゞ。


1月25日(月)
私の幼少期とは違う
 現在、娘は幼稚園/保育園で言うところの年中(ねんちゅう)に該当する。場所も時代も環境も違うので単純比較はできないというのは分かっているものの、どうしても自分の幼少期と比較してしまう。
 年中当時の私は1か国語しか まともに話せなかった。・・・って、それは今も同じか( ̄∇ ̄*)ゞ。娘は日本語と英語のバイリンガル。それに若干だけど おフランス語も話せる。
 当時の私は日本語の平仮名・片仮名は・・・50音表を見て1文字ずつ読むことは できたけど、文を読むことはではなかった。娘は平仮名・片仮名の読み書きができるし、英語を読める。英語の書きは・・・綴りは必ずしも正確とは言えないものの「確かに こう書けば、そう読める!」という具合に、綴りの規則性を段々と身に付けている。
 私は日本語の読み書きすら怪しかったのに、娘は既に2か国語か・・・。とはいえ、段々と これが当たり前になってきている時代。果たして子供達にとって幸せな環境と言えるのか否か、自分でも分からない。


1月26日(火)
こういう依頼は・・・嬉しい
 動画撮影・動画編集は完全に趣味と実益(?)を兼ねている領域の私。そのことは私の親戚・知人達にも知れ渡っているところ。
 そんな私にとって嬉しい依頼の1つは・・・動画撮影・DVD作成の依頼。私から「DVDを作ってあげようか?」って提案するのではなく、向こうが私のことを信頼してくれた上で依頼してくるのって、目茶苦茶嬉しい。ただ、そこはヘソ曲がりで天の邪鬼な私、依頼のされ方によっては嬉しくもなり、ムッときたりすることもある。ただ、その基準が・・・実は自分でも よく分かっていない( ̄∇ ̄*)ゞ。
 私からゴリ押ししたのではなく、何も言わずとも向こうから依頼してくれた記念すべき1回目は・・・私の妹からの結婚式撮影依頼。業者に頼むという選択肢も あった中で、他の知人に頼むという選択肢も あっただろうに、敢えて私に依頼してくれた。とことん嬉しかった。生きてて良かった〜、って感じるぐらいに。
 ただ、それ以降は・・・こちらからの押しかけ(?)無しでのDVD作成依頼は片手で数えられる程度。DVD作成ではなく、何故か私が不得意とする「写真」撮影依頼というのもあったんだけど、苦手分野ということで それなりに冷や汗が出る(^-^;)。
 そんな中、久々にゴリ押し以外のDVD作成依頼が来た。依頼主は兄。ただ、これは過去に事例が無い内容。通常だと私が動画撮影して、それをDVD化する。だけど今回は動画撮影は兄が実施。私はその動画を編集してDVDを作成するのみ。その人が何を思い、どういうつもりで撮影し、どのようにして映像を残そうとしているのか。といったことを あれこれ想像しながら作る必要が あるため、実は かな〜り難しい。とはいえ そこは流石は我が兄、具体的に どのように編集して残すかを今の時点で既に色々と伝えてきており。うん、これなら私としても やりやすい。ということで、2つ返事で引き受けることにした。


1月27日(水)
スーツケース
 旅行の際に欠かせない荷物入れとしてのスーツケース。最近は「キャリーバッグ」或いは「キャリーケース」と呼ばれる物が主流となり、旅行時に限らずとも荷物運搬用として一般に浸透している。
 私が持っているのは2週間とか3週間の海外旅行にも耐えられる大きさの、頑丈なスーツケース。20年以上前にマミーが買ってくれた物なんだけど、今の時代に合わなくなっているのは自他共に認めるところ。大きいんだけど、開き方に問題があって、大量に荷物を詰めると閉じるのに偉い苦労をする。頑丈な分、本体が重くなるため、何も荷物を詰めない状態でも随分な重さになり、重量制限に すぐ引っ掛かる。そして! 目茶苦茶 運びづらくて、とにかく手と肩が痛くなる(>_<)。
 なので、次回こういったスーツケースを使う場面に遭遇したら、その際は軽くて無駄な大きさが無いキャリーケースの購入を ぼんやりと考えていた。今が その時。2月に家族4人で北海道入りする。去年までは娘と私の2人だけで行っており、その際は事前に荷物を箱に詰めて宅急便で送付していた。だけど今は子供達も大きくなり、大人は私と妻の2人が いるので、大型の荷物を持ち運ぶ分には問題無い。
 まさか従来のスーツケースで文字通り痛い思いを したくない。とはいえ、高いお金を出してキャリーケースを買ったとして、果たして使う機会が どれだけあるか・・・いや、沢山あるか。今回の北海道は勿論、妻の実家には年に数回行くし、今年は山形への故郷帰りも あるし、もしかしたら3年ぶりに愛知に行くかもしれない。キャリーケースは今年だけに限らず、向こう暫く使える。となるとぉ〜・・・もう、私の心は決まったかなっ。


1月28日(木)
着手できる部分から開始
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。3月に卒園式が実施されるんだけど、その際に私が動画撮影係、妻が写真撮影係を担当。その撮影した映像データを使って私がDVD作成する、ということが既に決まっているというか、毎年恒例になっているというか。元を辿れば妻の勘違いが発端だったんだけど(^_-)ゞ、まぁ〜、それは延々使える妻イジリのネタとして使える( ̄ー ̄)。
 ただ、DVD作成には明確な締切があり、それは死守しなければならないし、日数は とにかく短い。時間との戦いになるのは分かっているので、事前に着手できる部分は もう今からでも やっちゃって構わない。
 ということで、今日は写真館スライドショーのネタとなる写真収集。去年までの卒園生は私の知らない時代が多々あり、そこは親しい親御さんに写真提供を求める必要が あった。それに対し今年度の卒園生からは 全ての時代を私が知っていることになり。私が撮影した写真と、スクールの電子掲示板に掲載されている写真の中を探すだけで全てを賄える。いんやぁ〜、改めてスクールへの電子掲示板導入、大成功だったと実感する瞬間だ(^¬^)。


1月29日(金)
基本以前のマスゴミ
 最近のマスゴミの質が低下しているのは日々感じているんだけど、基本以前という ものがチラホラ。
 最近の典型例は「地震発生時、後から遅れてくる縦揺れがメイン」という記事には絶句。え゛っ、もしかして私、ずっと記憶違いしてた!? って急に不安になったから、改めて確認したよ(^-^;)。
 もう1つ最近の典型例は「日本国産ステルス戦闘機心神、遂に今年2月にテスト飛行!」だってさ。現在ニュースで紹介されているのは技術検証用の小型機であって、あれ そのものが将来自衛隊に配備される訳ではない。それに「心神」という名称自体、計画の ごく初期段階で非公開に そう呼ばれることがあったというだけ。例えて言うなら「織田信長」を延々と「吉法師」と呼び続けているようなもの。
 マスゴミが自分の無知ぶりに全く気付かず、恥ずかしい思いをしているという自覚症状が全く無いあたり、救いようがない。いや、救うつもりは毛頭無い。マスゴミ、いつから こうなった!?


1月30日(土)
典型的な休日
 朝は割と のんびり。朝食を取った後は家族で買い物に お出掛け。先日の子供達との約束が あったので、昼食はハンバーガー店。とは言っても近所に4件あるマクドナルドではなく。妻の提案によりロッテリア。何でも、この日はロッテリアでフライドポテトが全品半額なんだとかでいやはや、逞しいまでの主婦魂だね(^-^;)。とはいえ、私は もともとロッテリア派なので むしろ嬉しい提案。私がロッテリアに行くのは何年ぶりかな〜。ともかく、子供達はハンバーガーは勿論、バケツポテトに大喜びだった。
 続いてが複合買い物施設。ここでは3手に分かれた。子供達は ここの室内遊園施設に預け、その間 妻は自分用の衣類、私はキャリーケース選び。複数の店を比較して回った。
 預け時間の終了を待って家族4人が合流。私が「キャリーケースは ここで買う」と決めた店に行った。ただ、ここでは最終候補が2種類あり、どちらにするか妻の意見を聞こうと思ったら・・・娘が「こっちがイイ!」と言ってきた。お陰で即決。こりゃ助かる(^-^;)。
 この際、微笑ましい光景が。店頭に置かれていたサンプルをレジに運んで会計なり配送手続きを実施。実際の品は後日、ピカピカの新品が自宅に配送される。なんだけど、私が撤収する時、息子がサンプルのキャリーケースを運んで持ち帰ろうとしていた。今回は たまたま店頭の品が単なるサンプルで、実際の品は後日に配送だったから致し方無しだったんだけど、息子は普段から そういうもの・ことを ちゃんと見ているんだね。そして私を手伝おうとしてくれた。ほっこり、というのは こういう時の私の心境をさすのかな。
 帰宅後は・・・いつの間にかグッスリ昼寝をしていた(°ー°)ゞ。うん、典型的な休日である。


1月31日(日)
サンデークラス
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そのクラスメイトと家族の有志(?)が参加する、スクール公認の課外授業。今月の開催日が今日だった。天気は悪かったけど、今日は もともと室内会場ということで、なぁ〜んも問題無し。
 今回の会場は・・・ご近所さんが住むマンションのパーティールーム。11月は抽選に漏れて悔しい思いをしたんだけど、その復讐の時が来た。今日の特筆するべき点は何と言っても参加者の数。現在この裏サタデー/サンデークラスには9家族28人が所属。勿論、全家族・全員が集まれたことは無いんだけど、今日は1組がインフルエンザで無念の直前欠席。だけど最終的には8組23人が参加。当然、過去最多の参加人数だった。
 とはいえ、パーティールームが広いのは勿論、すぐ隣にプレイルームもあり、外の広い中庭でも たっぴし遊べる。ということで狭さ・窮屈さは一切無し。本日の献立は ちゃんこ鍋。それだけだと子供達が食べられない可能性もあるため、滑り止めとしてカレー。更に! スクールのハロウィーンで大好評だった各人の持ち寄り(ポットラック)も。物凄い豪勢な昼食となった。必然的に会場は猛烈な盛り上がりを見せた。
 ただ、これだけの人数が集まるとぉ〜・・・大人達は ともかくとして、子供達全員が一斉に同じ方向にベクトルを向けることは ありえず。とことんバラバラ(^-^;)。まっ、これぐらいの年齢の場合は「一緒に遊ぶ」ではなく「一緒の空間にいる」ことが重要のようで。




ズボラ日記のトップに戻る