まいけるのズボラ日記




2016年2月



2月1日(月)
月曜日は寒い
 平日、私は朝早くに会社に到着する。数名が私より10分程度早く出社しており、既に暖房を入れている。だけど、この季節は部屋が暖まるまでに時間を要する。
 これが月曜日朝の場合、土曜・日曜は暖房が使われず、部屋全体が みっちり寒くなっているため、尚一層寒い。北国の建物だと防寒対策バッチリだけど、関東の場合は そうもいかず。こと室内だけに目を向けると、案外 北国よりも関東の方が寒いかもしれない。ブルルッ!


2月2日(火)
珍しく妻が
 健康器具を新規購入した。こういった類の物、独身時代の私の専売特許(?)だったのにね(^-^;)。
 今回 妻が購入したのは室内用トランポリン。目的は・・・子供達の遊び・運動。というのは第2目的。第1目的は・・自身の運動用。これだと外に行かずとも、テレビを観ながら運動できるとのことで。
 購入直後は早速 争奪戦が繰り広げられているんだけど、これが長く続くことを切に願う(^-^;)。とか言いつつ、私も借用。結構イイような気がする。


2月3日(水)
投げられた1つ目の賽
 今年の秋にドイツの知人が3度目の来日予定。既に知人は航空券を手配済み。過去2回と同様、前半は関東に滞在して私が接待し、後半は北海道に滞在してマミーが接待する。
 その前半。兄夫妻と共に1泊2日で関西に行ってしまおう、という壮大な(?)計画が持ち上がった。日本の大手航空会社は1月下旬から10月いっぱいまでの航空券予約受付開始。関西行きの日程は既に決まっている。試しにLCCのWebサイトを確認してみたら・・・わを、こっちも既に予約受付開始されている。
 行きは知人を日本の新幹線に乗せてあげたい、富士山を間近に見せてあげたいということで、敢えて新幹線(私は東京〜大阪の移動は迷わず飛行機を利用する)。帰りは費用削減目的の下、LCCを利用ということで、既に兄夫妻と話は ついていた。
 ということで、帰り道の飛行機を4人分予約した。投げられた1つ目の賽、である。新幹線は1か月前にならないと予約できないし、ホテルは・・・今はまだ3月31日までの分しか予約できず。前者はともかく、後者はちょくちょく確認しておかないと。
 ちなみに関西行き、人数は私を含めて4名。行きの新幹線、2人がけの椅子を2組使ってボックス席を作れば良い。では帰りの飛行機。エアバスA320型機は座席が3×3のナローボディー。4人旅行の場合、さて座席配置を どうするか。前々から色々と考えていたんだけど、割り切った座席配置にした。うん、これでイイ。


2月4日(木)
兄からの依頼
 先日、兄から予告&依頼のあった動画編集依頼。そのネタ動画が届いたので、早速作業に取り掛かった。不要な部分を取り除くだけの作業なので、目茶苦茶 楽。サクサクっと進んだ。あまりにも内容が簡潔すぎるため、思わず派手な演出を加えたくなるんだけど、そこはグッと我慢。なぁ〜んか、いつもと逆の展開に戸惑いを覚えた(^_-)ゞ。だけど、ま、作業はアッという間に終了。成果物、今週中に兄の手元に届きそうである。


2月5日(金)
あと1年ほど、か・・・
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこの来年度の暦、まだ試作版なんだけど、スタッフの立場も兼任している私、権限を駆使して(という訳でもないけど・・・)入手した。春・夏の遠足、例年よりも開催日がズレている。偶然か必然かは不明だけど、いずれも私が その気になれば副業をサボって同行できる日程。・・・単なる偶然なのかね(^-^;)。ともかく、来年度の私の予定表、一気に埋まった。
 そんな中、当然ではあるけど、2017年3月の卒園式の日程が判明。私は勿論 撮影係として参加するんだけど、その時の卒園生の1人が私の娘。初めから分かっていることでは あるものの、こうして その日が明確になると、色々な思いが駆け巡ってくる。あと1年ほど、か・・・。
 息子は その後も引き続き通い続けるし、娘は小学校の放課後に引き続き学童保育という形でスクールに通い続ける予定。とはいえ、これが1つの区切りになる訳であり。・・・今年度の卒園式が終わってもいないのに、早々と しんみりしている私(^-^;)。


2月6日(土)
個別に来てもイイんだよね
 家族でアンデルセン公園に行ってきた。妻も私も年間パスポートを持っているので、必要なのは交通費のみ。まぁ〜、実際には園内での飲食費も かかるんだけど(^_-)ゞ、都度の入場料が かからないのは非常に有り難い。以前の私、何故かスクールのクラスメイト家族と一緒に来なければいけない、という義務感が湧いていたんだけど、別に個別に来てもイイんだよね。なぁ〜んで そういう勘違いをしていたのか、自分でも不思議( ̄∇ ̄*)ゞ。まぁ〜、ともかく、私は今日来たことにより、年間パスポートを購入した分のモトが取れたことになる。
 ・・・とか何とか言いつつも、実は出発1時間前に とあるママ友から「今日の予定は?」って聞かれて、あれよあれよのうちに ご一緒することとなり。現場で白々しい偶然の再会を果たした(^-^;)。
 子供達、年上の2人に私が付き添い、年下の2人には妻とママ友が付き添うことになり。その私が面倒を見ていた2人。共に第一子ということでお互いに「こっちに おいで」とか「僕(私)に付いてこい」なので、噛み合わない(^_-)ゞ。まぁ〜、これぐらいの年齢、そんなものかな。だけど、今日は普段ほぼ遊ばないようなアスレチックで たっぷり遊んでいた。
 しっかし、今日は晴れて気温が上がる天気予報だったんだけどぉ〜・・・曇っていて寒いっ! 着てくる装備を間違えたなρ(-ω-)。具合が悪くなってきたのは勿論のこと、いつの間にか腰を やられており(+_+)。満身創痍状態で帰路についた。
 帰宅後は薬を服用して早めに就寝した。


2月7日(日)
何も無い日曜日で助かった
 頭痛は ほぼスッキリしたものの、お腹と腰にきており、1日ずっと静養(>_<)。今日は何も予定が無い日曜日で助かった。今までの蓄積疲労による歪み、なのかな。今日、体勢を立て直して、今週の木曜からに備えなければ。


2月8日(月)
モヤッとした感じが残る
 昨日よりは ずっとマシになったとはいえ、全体的にモヤッとした感じが抜けず(-_-#)。うむむ、今週の木曜日、暗雲立ちこめるというやつだべか。今日も とっとと寝ようっと。・・・動画編集作業、暫く手付かずのままだけど、今は四の五の言ってられない。


2月9日(火)
すっかり手慣れたもの
 昨日までの不安は何だったのかと思うぐらい、だいぶ具合が良くなってきた。まだ完璧とは言えないけど、まっ、木曜日は大丈夫そうだ。
 「旅慣れた人ほど荷物が少ない」とか「旅慣れた人ほど準備に時間を要さない」という言葉が あるけど、確かに そう感じる。私にとっては旅・・・という括りに入るかどうかは不明なものの、妻の実家に1泊なり2泊する時の荷物準備は手慣れたもの。また、北海道のマミー宅に行くにしても 手慣れたもの。
 従来、マミー宅に行く際は私と娘の2人だけ。荷物の大部分は事前に宅急便で送付していた。だけど今回は妻と息子も含む家族4人全員で現地に向かう。新たに大きなキャリーケースを購入したので、事前の荷物発想は無し。とはいえ、持って行くべき荷物は事前に分かっている訳だし。
 ・・・なぁ〜んて言いつつも、流石に北海道まで飛行機で行くとなると子供達のワクワク感は桁違い。それに引き摺られる形で こちらも士気が上がってくる。今日、軽く荷物詰め込みのシミュレーションをしてみたんだけどぉ〜・・・うん、問題無さそう。妻と私のキャリーケース2つで充分に賄える。いつもはパンパンに膨れ上がる私のリュックサック、今回はスカスカ状態になりそう。当初、お土産は羽田空港での購入を考えていたんだけど、事前に購入してキャリーケースに詰め込む、で大丈夫のような気がしてきた。


2月10日(水)
出発前日
 いよいよ明日、北海道に出発。私と娘にとっては最早毎年冬の恒例行事、妻にとっては かなり久々となる冬の北海道、そして息子にとっては初めての北海道。子供達が どの程度そのことを理解しているかはともかくとして(^-^;)、少なくとも飛行機に乗ることは物凄く楽しみにしている様子。
 気になるのは・・・天気予報。3泊4日の日程のうち、前半の2日間は北国らしい天気なんだけど、後半2日は雨(゜д゜)。オイオイ、それぢゃあ雪遊びできないでしょっ! ハズレることを切に願うしかないんだけど、悪い天気予報に限って週間天気予報が当たるのよねρ(-ω-)。


2月11日(木)
北海道初日
 いよいよ迎えた初日。初めてとなる家族4人での北海道、初めてとなる家族4人での飛行機、である。今回の飛行機。行きは当初ボーイング777型機の予定だったんだけど、機材変更があり、最新鋭のボーイング787型機に。これは嬉しい変更。いつの日か この空路にボーイング787型機が就航するとは思っていたものの、まさか こんなに早く実現するとは思っておらず。娘以外の3人にとって初めてとなるボーイング787型機、非常に快適。この機体は国際共同開発機で、全体の約33%が日本製。だけど随所に「いかにも日本人らしい発想・設計だ」と感じさせる部分がチラホラ。子供達も束の間の空の旅を大いに楽しんでいた模様。
 現地でマミーと合流し、車に・・・乗るまで時間がかかった。子供達は雪に気を取られて 大はしゃぎ。まぁ〜、分からなくもないし、雪遊びが最大の目的のようなものだから、この時点で目的達成とも言えるかな。それに、滞在の後半は雪遊びできなくなる可能性も ある訳だし(-_-#)。
 ようやく車に乗り込み、向かった先は ご当地ハンバーガー店。ここで昼食。故郷の味・・・と言えるかどうかは判断が分かれるところだけど、子供達は凄い食欲だった。
 雪国用の靴、関東ではロクな物が見付からなかったので、ならばということで現地購入。息子用と妻用の雪靴を新規購入。うん、イイ物を安く入手できて大満足である。
 本来、この後は熱帯植物園に行く予定だった。だけど週間天気予報を考慮し、外での雪遊び系を前半に、室内系を後半に、という具合に入れ替えることにした。ということで、向かった先は大きな公園。我々にとって雪遊び実施定番の地。娘にとっては勝手知ったるなんだけど、息子にとっては人生初となる大規模な雪遊び。子供達は思い思いに遊びだしたため、付き添いの大人達も二手に分かれることに。私は息子に連行され、奥地まで延々と探検に付き合わされた。だけど息子本人が満足しているので、それで大いに良し、である。娘は雪だるま作りに没頭していた模様。まぁ〜、妻とマミーが散々 写真や動画を撮影してくれているであろうから、後日それを見るのを楽しみに、だぁ〜ね。
 続いて向かったのは遊べる本屋として全国のニュースでも取り上げられた蔦屋書店。私は ここで旧友と再会。ここのスターバックス珈琲はWi-Fiが使い放題なので、珈琲1杯で たっぴしインターネットを使いながらパソコン講座やら調べごと。うん、充分にモトは取れた。その間、他の面々は玩具のサンプルで遊んで過ごしてもらった。
 夕食は・・・ここのレストラン。去年ここに来た際、気になっていたので、イイ機会。折角なので旧友も一緒に。中は空間的に ゆったりできるのは勿論、子供用の遊び場も完備しており、誰1人として退屈することが無く。料理も なかなか面白かった。うん、ここ、気に入った。今後も旧友と面会する際は ここをホームグラウンド(?)として活用したいだぁ〜ね。
 今日の予定を全て消化し、ようやくマミー宅に。息子が ここに来るのは初めてということになる。ようやく連れて来られた、という心境。荷物整理をし、広い お風呂に浸かり、グッスリ就寝。アッという間に全体日程の25%が終了した。


2月12日(金)
北海道2日目
 マミー宅で初めてとなる家族5人での朝食。この場で、この面々で食事かぁ〜。時代・世代の流れを感じた。
 まず向かった先は大沼国定公園。先週末、雪祭りが開催されていた会場。札幌雪祭りと大きく違うのは・・・規模。・・・って、それを言ったら お終いなんだけど(^-^;)、もう1つ大きな違いは「お祭りが終わった後も雪像が残っている」という点。これは有り難い。お祭り当日と比較して人が少ない分、氷の滑り台やら かまくらで遊び放題。ただ、去年に引き続き娘が釣りに没頭し初めたため、雪遊びは・・・まぁ〜、そこそこに。
 昼食は ここから帰り道の途中にある、昔の ご近所さんがここに移転して経営しているラーメン店。私にとって懐かしい味。全国ラーメン第**位、というような有名どころの物は確かに美味しいんだけど、やはり私には ここの味が1番しっくりくるし、ホッとする。
 続いては熱帯植物園。猿が温泉に入ってくれるのは冬限定。子供達はエサやりに夢中。屋内は・・・その名の如く年中熱帯。寒い野外から ここに入ると、猛烈に眼鏡が曇るだぁ〜ね。子供達はアイスクリームを購入し、わざわざ寒い外で食べ出した。元気だね(^-^;)。
 本日の最後は函館山。我々が到着した頃は まだそれほど混んでいなかったものの、我々の直後に中華系の団体観光客がドヒャーッと入って来た。ロープウェー発着場および車内は「ここ、どこの国?」って感じるぐらいに中国語が飛び交っていた。それは山頂に来てからも同様か(^-^;)。ただ、去年は礼儀知らずな中華系の連中が多対多のに対し、今年は礼儀をわきまえている人達が多数。台湾系が多かったのかな? 唯一 割り込んできたジジイがいてムッときたんだけど、そいつは日本人だった(^◇^;)。
 ここでは奮発し、夜景を背景にしての家族写真を ぼったくり価格で購入。ここで何度か ぼったくり写真を購入してきたけど、遂に この4人で、か〜。今回の北海道入り、いちいち感慨深い場面に出くわす。とはいえ、子供達にとっては花より団子、夜景よりも雪遊び。まぁ〜、何が楽しいかを決めるのは子供達。大人の価値観を押しつけるべきではない。
 夕食は回転寿司。ここの店はネタが新鮮、価格が安心、個別注文のシステムが利用しやすい、ということで、非常に気に入っている。価格や安全性にビクビクしながら食べてたら・・・ねぇ〜(^-^;)。子供達は目も口も大いに楽しんだ様子。御馳走様でしたぁ〜。
 帰宅後は広い お風呂に浸かり、バタンキュー。持って来た絵本やら日記関係、全く手付かずである(^_-)ゞ。


2月13日(土)
北海道3日目
 早くも北海道滞在の後半。しかも主立ったところは昨日までに 一通り見て回ったことになるので、気分は早くも下降線を辿っている(^_-)ゞ。しかも外は天気予報通りに雨。あ〜あρ(-ω-)。
 まず向かった先は朝市。妻の要望で、ここの海鮮丼で朝食。贅沢な朝食だぁ〜ね。妻と初めて ここに来た時のことを否が応でも思い出した。あの時は2人だったのが、今は4人である。
 続いては観光名所で お買い物。子供達にも楽しめる場所を選んだつもりで、その通りの展開になった。・・・初めのうちは(^-^;)。玩具店に置かれている、声真似玩具のサンプルを相当気に入っていたようで、それでばかり遊んでいた。まっ、子供達が楽しんでいれば それでイイ。
 昼食はマミーが通っている教会にて。信者でない4人が ここに来るのは罰当たりのような気がしなくもないけど(^_-)ゞ、懐かしい面々と懐かしい話が色々と出てきた。ただ、私にとって最古の知人は・・・体調不良で早退とのこと。去年も今年も会えずじまいか・・・。また来年、である。
 ただ、子供達にとって ここは退屈でしかないようで。小雨降りしきる外に出て雪遊びを開始。まっ、今日は天気の関係で本格的雪遊びができない代わりに、こうして小出しに ちょくちょく雪遊びをしてくれれば。知らない オジサンの雪かきを手伝い始めたんだけど(^_^;)、それも貴重な・楽しい体験。
 続いては二手に分かれた。マミーと妻は買い物。私は娘と息子を引き連れて市民プール。まぁ〜、私は完全に ただの監視役で泳げなかったんだけど、子供達が楽しそうに泳いでいる様子を目に焼き付けた。中は撮影禁止なのよね(>_<)。息子にとっては本格的なプール初体験ということで、初めのうちは とにかくビビリまくりだったんだけど、水深40cmのプールを見て安心したのか、非常に楽しそうに泳いで・・・いや、ビート板を持ちながら歩いていた。うん、これだけ楽しんでくれているならモトは取れたというもの。娘は深いプールに勇猛果敢に挑戦。正直、見ている方はヒヤヒヤしながら付き添っていたけど、何も問題無かった。普段の水泳教室、頑張っているんだね。
 プールの後は息子が ご所望だった路面電車。これに乗って妻とマミーの待つデパートに向かった。ただ、この時の私、何か勘違いしていたようでぇ〜・・・頭の中の時計が1時間ズレていたことに気付き、背筋が凍る思い。マズイ・・・次の待ち合わせ、遅刻決定だ(>_<)。
 ともかく、全員が合流した後に向かった先は割と新しくできた複合買い物施設。私は勿論、地元民のマミーも ここに来るのは初めて。目的は私の心友に会うこと。20分遅れてしまった私だったんだけど、心友は ちゃんと待ってくれていた。すまね〜、私の勘違いのせいで。とはいえ、私が帰省した際に必ず会ってくれる存在というのは いつも有り難いものである。今回は4人家族・滞在期間の短さ故に心友との時間は ほんの僅かだったんだけど、いやはや、話は尽きないね〜。アッという間に時間は過ぎ去った。
 その間、子供達はというとぉ〜・・・こちらも二手に分かれていた。息子は移動の車の中で陥落したため、マミーが付き添って引き続き車内で昼寝。娘と妻は ここにある室内遊園施設で ひと暴れ。この室内遊園施設は全国に展開されており、自宅近くにも あるので、会員証を持っている。ということで、それぞれに・思い思いに過ごすことができた。何でも、娘は ここでも釣りに夢中になっていたんだとかで(^_^;)。
 夕食は私の恩師夫妻が経営する洋食屋にて。ここの味に触れないと帰ってきたという実感が湧かないから、絶対に外せない場所。こちらの夫妻、もう結構な歳なので、私は あと何回ここに来られるのかな、という思いが過ぎった。人は平等に歳を取る。悲しいけど、これが現実。だけど息子を連れて来ることができてよかった。
 帰宅後はバタンキュー・・・といきたいところなんだけど、大人組は明日に備えて ある程度の荷物整理をしてから就寝した。


2月14日(日)
北海道最終日
 3泊4日、アッという間の最終日。天気は やっぱり雨(-_-#)。あわよくば最後の雪遊びをと思っていたんだけど、叶わぬ夢となった。まっ、日程を前倒し・入れ替えて前半のうちに思いっ切り雪遊びできて良かったと解釈するか。よくよく考えてみたら この4日間、滞在先では一切降雪が無かったことになる。ともかく朝食後、荷物を まとめてマミー宅を後にした。さらばマミー宅、また会う日まで。
 向かった先は五稜郭タワー。本来は来たい場所だったものの、時間を確保できずに見送るつもりだった。だけど今日の雪遊びが中止になったため、丁度イイ代替場所となった。ただ、低い雲が広がっていたため、視界は よろしくなく。・・・とはいえ、子供達にとっては さしたる問題ではなさそうで。高い場所に来れば それだけで大興奮である。
 今回の滞在で最後となる食事処は・・・私の高校同級生夫妻が経営する おっ洒落ぇ〜な お店。事前に予約しており、注文の品も事前に伝えていたのと、今日は ほぼ我々の貸し切りに近かったため、事がトントンと進んだ。夫婦で経営する飲食店とは言っても、色々な形が あるもんなんだね〜、と しみじみ。去年に引き続き、今年も色々とサービスしてもらい、顧客満足度が急上昇である。今後も滞在の〆は ここでの食事になるかな!?
 これにて全日程を消化。昼食後は一路 空港に向かった。マミーや地元の知人達の お陰で、非常に充実した4日間となったことに感謝。
 帰りの飛行機は・・・恐らく私が過去に乗った回数で歴代1位で、かつ私が好きなボーイング767型機。737-800型機や787型機の登場により、その立場が危うくなっているという話を耳にするんだけどぉ〜・・・まぁ〜、ともかく(^-^;)。1人1000円ずつ奮発して、1つ上のクラスの席にした。ということで、空間的に随分と ゆったり感。非常に快適な空の旅だった。たまには このぐらいの贅沢、罪に ならないよね!?
 無事に羽田空港に着き、電車で帰路に。我が家は羽田空港・成田空港どちらに行くにも交通の便がイイ。だけど、羽田空港から自宅に向かう場合、品川駅での乗り換えが正直なところ億劫。ましてや旅疲れの状態で重い荷物を運んでいると尚更。とはいえ、品川駅から ほぼ確実に座って移動できるので、ワガママは言ってられないか。
 帰宅後、すぐに休みたいのはヤマヤマだったけど、グッと我慢。夕食は帰り道に購入した駅弁。家で食べる駅弁・・・悪くない(^-^;)。直後にマミーとスカイプ。つい先程まで直接会っていた人と こうしてテレビ電話というのは毎回 妙な心境になる。その後は荷物整理。
 休日が充実しているほど、社会復帰が辛い。また、体力を使い果たしているほどに明日の朝が不安( ̄∇ ̄*)ゞ。


2月15日(月)
案外大丈夫だった
 休日の充実度・楽しさと物の見事に反比例するのが社会復帰の辛さ・イヤイヤ度。今回は非常に充実した4連休の直後ということで不安が大きかったんだけど、案外大丈夫だった。というのも、今回の4連休は祝日と土日が3日間、実際に休暇を使ったのは1日のみ。なので、溜まっている業務連絡関係は通常の1日休暇明けと全く同じような状況。これはイイ。


2月16日(火)
田舎の定義
 その地域が都会か田舎か。人によって色々と独自の定義が ある。私が耳にした中で1番奇抜だったのが「議会に於ける共産党の占める割合」だそうで。共産党が多ければ都会、少なければ田舎という定義だそう。となると中国や北朝鮮は世界最先端、ってか。東京都民であることを鼻にかけている奴だけど、こいつの頭の中身がド田舎だな。
 私にとっての独自の定義は・・・地域住民の国際感覚、かな〜。というのも、私が幼少の頃は育った地で とことんガイジン、或いはアメリカ人扱いされて差別を受け続けてきた。街を歩いているだけでも色々とふざけた言葉を浴びせられたものである。
 私が関東に住むようになり、そういった経験は全く無くなり、いつしか育った地で受けてきた差別のことを忘れるようになっていた。だけど、私が年に1度北海道に行くと、途端にその差別が復活。国際感覚0のアホ丸出し。この地に於ける外国人観光客は増えているけど、地元民は相変わらずのようである。


2月17日(水)
2か月に1回ぐらい発生
 朝の痛勤電車。朝早い時間帯だと自宅最寄り駅から始発が出ている。更に早い時間帯だと、行列せずとも確実に座れる。ということが理由の1つで、私は朝早くに痛勤。その電車内では席に座って片道約1時間、グッスリ寝ている。勿論、ポケットの中には振動モードにした目覚まし用のPHSを入れている。
 ただ、出発時間は同じなんだけど、到着時間が2か月に1回ぐらい、妙に早くなる時が ある。そういう時、降車駅に着いた段階で まだ目覚ましが発動していないため、乗り過ごすことになる。まぁ〜、私の場合、その次の駅で降りても そのまま乗り換え電車に乗れるので、被害(?)は少ない。
 ならば目覚ましの時間を早めればよいかと思ったんだけどぉ〜・・・降車駅の随分手前で目が覚めると、また寝てしまって数駅乗り過ごしたという前科が(∩。∩;)ゞ。なので、まぁ〜、せいぜい2か月に1度ぐらい、1駅の乗り過ごし程度であれば、こっちの方がマシということにした。


2月18日(木)
昔ながらの名物に旨い物なし?
 毎年北海道のマミー宅に滞在し、お土産屋さんに立ち寄ると見たことの無いお菓子系の土産品が雨後の筍のように増殖している。各地の名産品を使って作られた お菓子なんだろうけど、正直なところ どれも似たような味。とはいえ、それなりに美味しい。
 他方で先月、静岡に出張した際、タクシー運転手に勧められた昔ながらの食品(営業妨害になる可能性があるため、固有名称をここに書けないけど)を2種類買って帰ったんだけどぉ〜・・・恐ろしく不味かった(>_<)。
 昔から「名物に旨い物なし」という言葉があるんだけど、こと最近になって作られるようになった お菓子系には当てはまらない気がする。なので この言葉には修正が必要っぽい。「昔ながらの名物に旨い物なし」にした方がイイんでないべか?


2月19日(金)
5年半やっていると、たまには こういうことも ある
 私の日課になっている娘と息子のDVDアルバム作りと写真館Webサイトの更新。実は現在、前者のヤル気が急降下。というのも、先々週の中頃から妙な体調不良が続いて作業を中断せざるを得ず。先週の中頃からは北海道滞在。自宅に戻ってからは北海道滞在中に大量撮影した写真を整理して写真館Webサイトに掲載する作業を優先。
 ということで、DVDアルバム作りが実に2週間中断している。普段から毎日やっているとヤル気が持続されるんだけど、こうして長い空白期間が発生すると、ヤル気が一気に急降下。再開するまでに大きな気力が必要になる。なぁ〜んて言っているそばから、またも体調不良に襲われた。私、随分とひ弱になったものだな・・・(>_<)。
 まっ、娘の誕生以降 5年半も続けている日課なだけに、たまには こういうことも ある。着手しやすそうなところから徐々に再開、である。
2月20日(土)
やるべき事が多い・・・
 朝は久々に のんびりできたことにしておく。日中は家族で買い物。私は何だかんだで待ち時間が やたら長かった。自宅で やるべき事が色々と溜まっている状況下、2時間近く ただ待つだけというのは肉体的にも精神的にも辛い(-_-#)。また、それ以外にも今日は気分的に落ち着けない理由があった。
 というのも、今日は夕方から出勤。これは毎年2月恒例となっている、親会社が入っているビルの定期停電対応。真っ暗で誰もいない会社って、明らさまに普段とは雰囲気が違っており、まぁ〜るでバイオハザードの世界。ちょっとした冒険気分になってワクワクする。今日は停電前の準備作業ということで、問題無く・割と楽に終了した。


2月21日(日)
中途半端な週末
 昨日の夜は停電前の準備で休日出勤だったのに対し、今日は停電後の後片付け作業で朝から休日出勤。停電対応は後片付け作業の方が大変。毎年必ず何かしら擦った揉んだが発生するものの、今年は それが無く。だいぶ熟れてきたり、問題が発生するであろう場所は事前に対応していたのが大きかった。昼過ぎまで かかったとはいえ、例年よりは早く終了し、解散。
 帰宅後は久々に家事をこなしたり(つっても僅かだけど)、娘と一緒に自転車屋に行ったり。娘と息子は ここしばらくペダル無しのバランス養成用自転車に乗って訓練(?)を重ねてきたんだけど、今日いよいよ娘の自転車、補助輪を外した。
 そりゃあ、バランスを取りながらペダルを こぐとなると、いきなりスイスイという訳には いかないんだけど、娘は こういう時に根性を発揮。自転車屋から自宅までの歩道を頑張り、帰宅した直後に「公園で もっと練習したい」とのことで。わを(・o・)。この根性、普段の勉強関係にも活かしてくれるとイイんだけどねぇ〜(^_-)ゞ。
 ともかく、娘と2人で自宅目の前の公園に行き、自転車の練習に付き合った。私が ここの公園に来るのって、密かに随分と久しぶりだった。最近、子供達と外で 遊べてない・・・という訳でもなく。北海道に行ったり遠方の公園に行ったりが続いたせい、ということにしておこうっと。


2月22日(月)
facebookの活用方法
 私が唯一利用しているSNSがfacebook。もう、かれこれ5年以上の付き合いになる。何の予告も無しに仕様が変わったり、機能が削除されたりといったことが日常茶飯事なんだけど、まぁ〜、表面上は無料で使えることになっているので、文句は・・・いつもブーブー言っているか(^_^;)。
 そのfacebook。色々と使い方・活用方法が あるんだけど、今日ここに書くのはメッセンジャー機能。eメイルの代替機能としても使える。私は基本的にeメイルを使う/使いたいんだけど、相手のeメイルアドレスを知らないもののfacebookで繋がっている、という人とはfacebookのメッセンジャー機能が有り難い。或いは私はパソコンからeメイルを書くんだけど、受け取り側が携帯電話という場合は容量の大きいファイルを気軽に送付する訳にはいかず。そういう時もfacebookのメッセンジャーを使う。更には原因不明でeメイルが どうしても返品される場合(受け取り側は無罪を主張)でもfacebookのメッセンジャーなら大丈夫。
 夫々に長短あるんだけど、facebookメッセンジャーに あって、eメイルに無い機能の1つが相手の開封済み/否の自動確認。eメイルで できなくはないんだけど、その場合は「相手が開封確認を要求しています。どうしますか?」って明らさまに相手を挑発するような確認文が出てくるため、うっかり使えない。だけどfacebookメッセンジャーの場合、そういったこと無く相手の開封済み/否を確認できる。
 それで今回発生したオマヌケ・・・と言うか ことごとく予想通りの展開になった事例。諸般の事情により、期間限定ながらも渋々facebookで繋がっている人物。必要な連絡でeメイルを出しても無視の常習犯。私生活でも遅刻・直前キャンセル常習犯。こういったところが そのまま人となりを表している典型例。なんだけど、1つ かなり重要な連絡事項が発生したので、今回はeメイルではなく、facebookのメッセンジャーで出した。そうしたら ほどなく開封された。だけど、当然 返事は来ない。オイオイ、今回の件、私が いないと お前1人では どうすることもできない重要案件だぞ・・・。まぁ〜、困るのは本人。私は協力/準備の手間暇が無くなるので、むしろ有り難い展開。
 とはいえ、私の協力が不要ということが100%確定しない限り、私も下手に向こう暫く週末の予定を確定させることができず。マズイ、自分の首を絞めたか(^-^;)? なので、2週間ギリギリまで待つだけ待ち、やはり返事は来なかったので、最後通告・・・ではなく「もう待てません。後は自分でガンバレ」と書いた。最後通告を通り越して一気に終了宣言するあたり、私の性格の悪さが出ているかな(^m^)。
 そうしたら・・・今度は速攻で返事が来た。その言い訳が凄かったね〜。「考え無しにネットサーフィンに夢中になり、1か月あたりの通信量上限に到達し、まいけるからのメッセージを読めなかった」だってさ。1か月の開始4日目にして いきなり上限に達したという無計画さを笑いたいところだけど、しっかりと開封通知が出ていたので、お前 読んでいただろ。更には その通信できなかったと主張していた期間中に何度もfacebookにログイン中の表示が出ていたし。そもそも初めの連絡に対して無視だったのに、私からの最後通告(を通り越していたけど)に対してだけは慌てて返信してきた。その態度からして気にくわない。
 ともかく、私は今後 一切無関係で大丈夫ということが確定し、今後の週末予定を遠慮なく入れることができ。スッキリした。


2月23日(火)
1つの終わり
 娘が2年半近く やってきたバレエ。今日が最終日だった。本来は ずっと続けさせるつもりだったんだけど、事情が どんどん悪い方に傾きだし。終いには娘本人が「もうバレエを やりたくない」って言い出す始末。私が辞めさせることを決めた時点では家族の意見が分かれていたものの、今日の時点では家族全員が納得の結果となった。
 この2年半の思い出が色々と蘇った・・・と言いたいところだけど、蘇ったのは初めの半年程度、かな。途中から ここのバレエ教室では撮影禁止になり、自宅で その様子を見せてもらうことが できなくなり。とはいえ、始まりがあれば必ず終わりもある。今後も子供達は色々な始まりを経験し、終わりも経験することになる。それらの1つ1つに対して いちいち感傷的になっている暇は無さそうだ。


2月24日(水)
明らさまに排除されている
 普段、私が自宅で愛用しているブラウザー(インターネット閲覧ソフト)は米国製のPaleMoon。これは3大ブラウザーと呼ばれている物の1つFirefoxの互換ブラウザーである。最近このブラウザー・・・というかFirefoxと同じGeckoエンジンを搭載したブラウザーだと正常に動作しなかったり、「このブラウザーは動作保証対象外です」って表示される事例が増えてきた。そういう時、Chrome互換ブラウザーのIronを使うと・・・問題無く動く。
 Geckoエンジン搭載ブラウザー、明らさまに排除されているね(-_-#)。早く従来式Operaの後継であるVivaldiの正式版が出ないかな〜。もう、これが発表されてから丸1年が経過したけど、まぁ〜だβ版の状態だし、私が欲している機能が未搭載のため、導入できないρ(-ω-)。


2月25日(木)
こういう出張はイイ
 午前中は通常通りに出社し、昼近くに出張。今回の行き先は自宅と普段の勤務先、その中間地点よりも ずっと自宅寄り。出張先での用事が終わったら、普段の所要時間の半分で帰宅。帰宅後は子供達と一緒に公園遊びで充実した時間。こういう出張はイイねぇ〜。


2月26日(金)
総合感冒薬よりも重宝する物
 世に言う「風邪薬」、より正確な表現だと「感冒薬」。よく言われているように風邪その物を撃退する訳ではなく、風邪による症状を抑えるための物。早い話が その場しのぎの物、と表現することもできる。
 以前は私も ちょくちょく総合感冒薬のお世話になっていたんだけど、ここ数年は その効力に疑問を持つことが多々発生。本当に効いているのか!? 怪しい・・・。
 一方、頭痛薬や胃腸薬の類は確実に効いているのが分かる。風邪の症状が出た時、総合感冒薬ではなく頭痛薬を服用したら・・・あらま、頭痛だけでなく吐き気も治まり、全体的に調子がよくなってきた。
 その時以降、私は総合感冒薬よりも頭痛薬を重宝するようになった。もう、総合感冒薬を購入する予定は無いな・・・。


2月27日(土)
こういう過ごし方がイイ
 最近、娘がハマッていることは自転車。つい最近、補助輪を外したので、日々 練習。娘は こういうところ、凄く根性が ある。それに伴い、ストライダー(ペダル無しのバランス養成練習用自転車)は完全に息子専用となり、息子は息子で日々ストライダーの練習。
 ということで、今日は子供達の練習に付き添うことになった私。自宅目の前の公園だけでは飽き足らず、自宅すぐ近くの公園で2次会(?)。公園に来たら本来の目的を忘れて ただ何となく遊び始める傾向が あるんだけど、今回は そういつたことが無く。物凄い集中力を発揮していた。
 合間に、息子を床屋に連れて行ったり、私が1人で髪を切ってもらったり。サッパリした。
 この日は娘が前々から欲しがっていた自転車の夜間用電気を新規購入。早速試したいとのことで、夜は複合買い物施設に自転車でお出掛け。ここで夕食を取り、丁度イイついでだったので そこの100円ショップで息子のストライダー用に夜間用電気を購入。自転車屋の正規品と比較して20分の1の価格。ストライダー用には これで充分。息子も大満足だった。
 土曜日、こういう過ごし方がイイな。


2月28日(日)
サンデークラス
 毎月恒例のサンデークラス。今回の会場は つい最近できたばかりの室内遊園施設。先月、私と子供達の3人で偵察に行き、子供達が大いに気に入っていた場所。場所は距離が離れているものの、車でも電車でも行きやすい。・・・んだけど、今回は体調不良やら仕事の都合による辞退者が続出。先月は奇跡の全家族参加だったのに対し、今回は我々を含めて3家族のみ。まぁ〜、少数精鋭の方が動きやすいとも言える。
 ただ、子供達は いつものように 夫々に自由に遊んでおり、一緒に遊ぶという概念が無く(^-^;)。その点は やはりホームパーティー形式の方が団結感が出てくるのかな。お開きになった後の写真整理も随分と楽で肩透かしを受けた、つまりシャッターチャンスが極めて少なかった。
 さて、来月も室内施設での開催になるんだけど、どこで実施するべきか迷ってしまうな・・・。

 
2月29日(月)
予知能力だったら外れてほしいこと
 先日の話になるんだけど、寝る間際、娘が妻に こんな不吉なことを言い出した。「ママ大好きだよ。」ここまでは いつもと同じ。だけど この日は続きが あった。「ママが死んでも、ずっと覚えているよ。ずっと大好きだよ。」・・・娘よ、一体何が あった!? 夫婦でとにかく鳥肌が立つ展開だった。私がここ数年 繰り返し見ている不吉な夢といい、今回の娘の件といい、我々夫妻の生命の危機か!? 前者はともかくとして、後者はハズレてくれ〜!



ズボラ日記のトップに戻る