まいけるのズボラ日記




2016年4月



4月1日(金)
18年の生涯を全う
 ここ数日、関東地方は暖かい・・・を通り越して暑い! ということで、会社にて卓上扇風機の電源を入れるも・・・あれっ、動かない? 本体内部のモーターが僅かに動く音は聞こえるものの、羽がウンともスンとも言わず。寿命、のようだ。
 この卓上扇風機は私が大学生時代に980円で購入した品。その後 大学の机、大学院の机、そして職場での机で大活躍(自宅で活躍することは無かった)。まさか18年も使うことになるとは全く思っておらず。長きにわたる活躍に感謝。18年の生涯を全うしてくれた。


4月2日(土)
まっ、合格点が出たことにしておこう
 お花見。我が家では「茣蓙を敷いて酒を飲んでドンチャン騒ぎ」ではなく、桜並木を通りながらの散歩を指す。ただ、ここ最近は桜満開の時期と週末が うまく噛み合わず。折角行っても桜が全然咲いてなかったり、満開時期の週末は雨だったり。毎年のように悔しい思いをしている。
 この週末。職場周辺は満開。だけど自宅から そこそこの場所にある、我々家族行きつけの お花見場所は・・・さて、行ってみての お楽しみ。鬼が出るか蛇が出るか、である。正直、私の体調はかなり悪かったんだけど、行かなければ後々ずっと後悔するのは目に見えているし、外に出て他の事を考えている間は案外 具合悪さを忘れるものである。
 で、辿り着いた川沿いの お花見場所。桜は・・・五分咲き〜六分咲きといったところ。天気は曇り空のため、桜の色が映えない。だけど、まっ、例年と比較すると ずっとマシ。合格点が出たことにしておこう。
 出店で色々と購入し、テーブル席で食べたんだけど、案外 高くつくものだね(∩。∩;)ゞ。とはいえ、ここでは何故かアナと雪の女王のDVDが放映されており、子供達は食い入るように観ながら食べていたお陰で、子供達の満足度は相当高かった。こりゃ、帰宅したら映画の続きを せがまれそうやね・・・。
 お花見の後、帰り道の途中にある公園に立ち寄った。正直、遊具は少ないんだけど、滅多に来ない場所なので物珍しさだけでも子供達は満足の様子だった。


4月3日(日)
元祖・サンデークラス
 インターナショナルスクールの元クラスメイトと呼ぶべきか、現在もクラスメイトと呼ぶべきか・・・定義によって どうとでも解釈できるんだけど、ともかく その親子が遊びに来てくれた。何だかんだで4か月ぶりに来てくれたことになる。毎月声がけしているんだけど、お互いに休みが合わなかったり、一家でインフルエンザ隔離になってたり。とはいえ、そういったことが続いても、自然消滅しなかった この会合。非常に嬉しい。
 娘がスクールの平日クラスに通園、お友達はスクールの土曜日クラス+一般幼稚園の平日に通園という現体制になってから丸2年。以前、非常に仲の良かった親子とも似たような感じで通う場所が離れてしまったら、その後1年と まともに続かなかったことがあり、世の中そんなものかなと思っていた。それだけに、この2年間の持続というのは非常に有り難いことである。
 毎月実施している、集団での大集合サンデークラスとは違い、この元祖・サンデークラスは少数精鋭型(?)。子供達同士、楽しそうに遊ぶし、親同士は楽しく情報交換したり、毒吐きをしたり。思い思いに ゆっくりと楽しい時間を過ごせる。こういう こじんまりとした集まりもイイものだね。


4月4日(月)
この曜日の重なり方が1番イイ
 私にとって月末月初は恐怖の期間。会社の仕事が1番忙しい。特に非道いのは月末最終日の午後と、月初1日目の午前。私にとって最もイヤな24時間である。
 今回の月末月初、月末が木曜日で、月初が金曜日。イヤな日は一気に終えて、週末は ゆっくり静養・・・つっても、かえって疲れる展開も多数か( ̄∇ ̄*)ゞ。
 まぁ〜、ともかく、私にとっては この曜日の重なり方が1番イイ。お陰様で この週明け、気分が軽い。


4月5日(火)
さて、その後どうすんの?
 私が痛勤している会社周辺では先週末〜今週の頭にかけて桜が満開になり、昼夜問わず多くの人達で 賑わっている。んで、皆さん お決まりなのがスマートフォンでの桜撮影。ちゃんとしたカメラを構えて撮影する人は物凄く少数派。
 では ここで質問。そのパシャパシャ撮りまくった桜の写真、その後どうすんの? その目的を明確にして撮影している人って意外と いないよね。撮影した桜、データの海の中に埋もれること確定である。


4月6日(水)
遂に直接対決 Pale Moon vs Vivaldi
 この場に しょっちゅう書いていたんだけど、私が かつて10年以上にわたり愛用していたブラウザー(インターネット閲覧ソフト)はノルウェー製のOperaだった。ところが2013年の夏にOperaがガラッとモデルチェンジしてしまい、Operaを語る全くの別物になってガッカリ。暫くの間は従来式Operaを使い続けるも、流石に新しいWebサイトに対応しきれない事例が多数。そのため、いつの日かOperaが かつての姿を取り戻してくれることを信じつつ、去年の1月から第1ブラウザーをPale Moonに乗り換えた。
 Pale MoonはFirefox互換ブラウザーということで、豊富なアドオンが揃っているのが強みの1つ。これらを駆使して従来式Operaにかなり近い使い勝手を実現。また、画面構成も昔ながらのブラウザーとなっており、使っていて安心感がある。反面、Chrome系の画面構成は私の肌に全く合わない。
 私が第1ブラウザーを切り替えてから数週間後、従来式Operaの後継ブラウザーが思わぬところから出現した。元Operaの お偉いさんが立ち上げたというVivaldi。最早 現行のOperaは原形を留めておらず、全くの別物で、更には最近になって中国企業に買収・・・されるんだか されたんだか。従来式Operaの灰から生まれたVivaldiに乗り換えたいのはヤマヤマだったんだけど、評価版・β版が長らく続いていたため、切り替える勇気が出なかった。
 しかぁ〜し! 今日、遂にVivaldiの正式版が発表された。待ち続けること1年3か月、長かった。ただ、自分で言うのも何だけど、無条件でVivaldiを第1ブラウザーにするつもりは無く。使い勝手を しっかりと検証した上で判断する。アドオンを用いて限りなく従来式Operaに使い勝手を近づけたPale Moonと、Operaの正式後継であるVivaldiが遂に直接対決である。使っているエンジンだけを見るとFirefoxとChromeの代理戦争、と言えなくもない・・・いや、無理があるか(°ー°)ゞ。まぁ〜、ともかく。
 出された結論は・・・正直、予想通りだったかな。勝者はPale Moon。現状のVivaldiには まだまだ未完成な部分が多く、何故これをβの4版とせずにバージョン1にしたのかが理解できず。マウスジェスチャーを自由に設定できなかったり、画面構成が1部 私の肌に合わないものだったり、スピードダイヤルのカスタマイズが貧弱だったり、起動が遅かったり。
 そして これには ひたすら参ったんだけど、1回クラッシュしたら、その後2度とVivaldiが起動しなくなった(゜д゜)。パソコンを再起動してもダメ、アンインストールしてインストールし直してもダメ、レジストリーを いじった上で再インストールして ようやく何とかなったものの、それまでの設定作業が全てパー。いきなり やってくれたね(-_-#)。
 とはいえ、随所に従来式Operaらしさを感じたのは嬉しい懐かしさ。使っているエンジンがblink、つまりChromeの互換ブラウザー・・・と強引に解釈することも可能。なので、Chrome互換ブラウザーのIronを第2ブラウザーとして使っている私、今後はblinkエンジン搭載ブラウザーを使う場面ではVivaldiが登場することになる。また、Chrome用に作られたアドオン機能も利用可能だし、Google系のサイト・サービスとの相性も良い。それでいて私の肌に合わないChromeっぽさは それほど出ていない。
 まっ、今回は第2ブラウザーが政権交代、という程度かなっ。バージョンが上がって中身が精査されていき、いつか第1ブラウザーに のし上がってくれることを期待している。


4月7日(木)
4つの候補地
 毎年、あちこちで開催されている自衛隊基地の航空祭。私の居住地から割と足を伸ばしやすい場所となると4箇所。
 まずは埼玉県入間基地。所要時間も必要経費も最小限で済む反面、30万人近い人で ごったがえすため、精神衛生的には1番悪そう。また、どの基地に行くにせよ妻は同行しない(航空祭会場の空気が体質に合わず、猛烈に具合悪くなるとのこと)。そのため、私1人で2人の子供達の面倒を見る必要が あり。あの人混みの中で2人と絶対に はぐれない自信、私には無い。
 昨秋は雨のため悔しい思いをした青森県三沢基地。飛行機を使うと非常に交通の便が良い。不定期で確認していたんだけど、今年の日程が発表されていた。行きの飛行機は まだ大丈夫だけど、帰りの飛行機は既に満席。まぁ〜、どういう人が予約をしているのかは およそ見当がつくか(^-^;)。であれば帰り道は新幹線にすれば良い。3人での往復の交通費は・・・フムフム。ただ、地元民情報によると、毎年 天気に祟られやすいとのこと。今年こそ晴れてくれるという保証は無い。
 北海道千歳基地。飛行機を使うと非常に交通の便が良い。去年は開催日が例年と違うことが大きな要因となり、行き先候補から脱落していたんだけど、今年の実施は例年通り。まぁ〜、夏休み時期なので飛行機代は ぼったくり・・・と思ったんだけど、抜け道のような感じで行きも帰りも夫々に(そこそこ)安くつく方法が あったので(三沢基地に行くのと ほぼ同じ)、今年は行き先候補たり得る。更に こちらの場合、新千歳空港内に娯楽施設が たっぴしあるので、非道い土砂降りだった場合は・・・最悪、空港で遊んでいれば 誤魔化しは効く(^-^;)。但し千歳基地の場合、私が大好きなF-2戦闘機が配備されていないため、あるとすれば・・・三沢基地からゲスト出演してくれるであろう1機か2機。代わりにF-15Jがワンサカいる。まぁ〜、それって子供達にとっては さしたる問題ではないか!?
 沖縄県那覇基地。飛行機を使うと非常に交通の便が良い。いつか家族で沖縄旅行に行きたいという話になっているので、航空祭開催のタイミングで沖縄旅行、というのも大いに現実路線。難点があるとするなら・・・現時点で日程が未発表で、場合によってはスクールの聖夜会と日程が被ってしまうこと。なので直接問い合わせたところ・・・ありゃま、モロかぶりだった(>_<)。スクールの聖夜会に出席し続ける限り、家族での沖縄旅行は無理っぽい(∩。∩;)ゞ。となると、どんなに早くても息子が小学校に入学した後の12月、つまり3年半後。私が得意とする長期計画路線まっしぐらである。
 なぁ〜んて、色々と調べて考えるのが実は楽しかったりする。先述のように、今年は当初 行こうかなと思っていた家族での沖縄旅行が無くなったことに加え、娘も息子も渡欧予定無し。なので、その分の予算を航空祭に回せる。妻からの了承も得られたこともあり、私の心は決まった。この夏、北の大地へ! どうかブルーインパルス、ちゃんと飛んでくれますように(^-^;)。


4月8日(金)
死に化粧・・・か?
 今週の中盤以降はブラウザーのVivaldi一色になっている私。なんだけど、実は今年の2月に従来式Operaの最新版が約2年ぶりに出ていたことが今になって判明。まぁ〜、0.01という僅かなマイナーアップデートとはいえ、まさか このタイミングで出ていたとはビックリ。
 Operaは中国企業に買収されることが確定路線というニュースが出ていた。となると、Opera内に留まっている、従来式Opera開発陣残存兵による最後の意地の一撃、さしあたり死に化粧のようなもの・・・なのかな?
 とはいえ、今の私にとって「ここは従来式Operaでないと困る!」という事例は・・・残念ながら もう無い。問題は これをアンインストールするタイミング。10年以上 苦学を共にしてきたブラウザー、そうそうバッサリとは切れないか(^_-)ゞ。まっ、パソコンを買い換えたら新機種には従来式Operaを入れない、という形での卒業になりそうだ。


4月9日(土)
失敗した・・・(>_<)
 うちの近所では いつの時代なのか分からないぐらいのマンション建設ラッシュのバブル状態。マンションは とことん作っても、それによる子供の増加に対応するための学校施設の増強は何も考えられておらず、行き当たりばったり。また、この手のマンション建設の際はセットで用意されることが ほぼ義務づけられている公園。これが延々できない。金儲けになるマンションは頑張って作るけど、金にならない学校対策や公園は手付かず、ってか。凄いね。
 なんだけど、今月に入って ようやく公園が できあがったとのことなので、サイクリングがてら家族で行ってきた。行ってみての感想は・・・うん、広いのは認めるけど、それだけ。だだっ広い敷地内に遊具が1つしかないし。お役人の ヤル気の無さが綺麗に出ているね。という訳で、滞在時間は ほんの僅か、とっとと近くにあるパン屋に行って昼食を取った。
 私が住む街には でっかい国際大会にも対応できる屋内プール施設が ある。ここ、実は一般人が市民プール感覚で利用できる、ということを つい最近知った私。本格的なプールの他にも、幼児でも安全に利用できる浅いプールも ある。
 春休み中、息子が短期水泳教室に通い、その結果次第では息子も常時 水泳教室に通わせるつもりだったんだけどぉ〜・・・結果は散々なもの(^_-)ゞ。「もう水泳教室、行きたくない」とのことで。それは困る! だけど無理矢理通わせて回りに大迷惑をかけるような展開はヤだし。おっかしいなぁ〜、2月に北海道に行き、そこの市民プールでは楽しそうにしていたのに。
 となれば! ということで白羽の矢が立てられたのが先述の国際大会用の屋内プール。私も前々から1度 行ってみたかったし、私と一緒に自由に泳ぐのであればということで息子も乗り気。娘も当然乗り気ということで、行ってきた。
 で、私の感想としては・・・失敗した(>_<)。もっと早くから この施設を利用するべきだった。それぐらいに気に入った。子供達と同伴である以上、私は大人用のプールでは泳げず、初心者用(≒幼児用)プールに入り浸る必要がある。なんだけど、北海道の市民プールだと水深40cmだったのに対し、こっちは60cm〜80cm。その気になれば私も充分に泳げる深さ。また、ビート板だけでなく、腕用の浮き輪の貸し出しもあるため、息子も安心して1人で泳げる。
 ということで、娘が大いに楽しんだのは勿論のこと、息子も楽しそうにしていた。そして私もウン年ぶりに まともに泳ぐことができた。当初は2時間いれば充分と思っていたんだけど、3時間入り浸り、延長料金が発生( ̄∇ ̄*)ゞ。だけど、もともとの値段が良心的なので大きな痛手にはならず。自宅からは結構離れた場所に立地しているものの、バス1本で気軽に来られるし。うん、気に入った!・・・ということで、早速 明日、また来ることになった。
 ただ、帰宅後の私は・・・完全にグロッキー。水泳が全身運動だというのは分かりきっているんだけど、今日は私も張り切って沢山泳いだということかな。夕方はグッスリ夕寝したんだけど、子供達はピンピンしていた(^-^;)。


4月10日(日)
今日は2人で
 昨日の疲れが抜けず、私は朝食後に朝寝。私、随分と衰えたな・・・。昼食は昨日 行った公園でゴザを広げてピクニックということになっていたんだけど、私がグロッキーのため、妻と子供達の3人が先に行くことに。私が起き、妻からのeメイルを見たら・・・え゛っ、自宅目の前の公園でピクニック!? 何でも、子供達が昨日の公園に行きたくないとのことで。何とも(^_^;)。ただ、ピクニックをしている家族の姿を確認したら・・・あれっ、他の家族も一緒? しかも見覚えが ある顔だぞ??? クラスメイト親子だった。
 子供達が私のオニギリも食べてしまったとのことだったので、急ぎ自分用の昼食を作り、ついでに全員分のデザートも用意してピクニック会場へ。ピクニックの場所が自宅目の前となると、こういった咄嗟の転機が効く。ピクニックの後は公園でクラスメイトと遊び、そろそろプールに行く時間。
 娘は予定通りプールに行きたがったのに対し、息子は引き続き公園で遊びたいとのこと。えっとぉ〜・・・このプール、本来は息子に水泳の楽しさを知ってもらうためなんだけどぉ〜・・・まぁ〜、今日は仕方ないか(∩。∩;)ゞ。
 ということで ここは二手に分かれ、私と娘は昨日と同じくプールへ。開始時刻が遅くなったものの、今日は2時間キッカリで終了したので、終了時刻は昨日と同じとなった。また、今日は大会が開催されており、メインプールは凄い盛り上がりだった。
 夜は いつものように編集作業なんだけどぉ〜・・・何故かな、今日は妙に捗った。ここ暫く、未着手の動画が2か月分近く溜まっていたんだけど、1つ1つの動画は それほど長時間撮影されていた訳ではなく。日数を見ると随分と溜まっているように感じても、容量は案外それほどでもない。ここ3日ほどで一気に1か月の動画編集が終わった。


4月11日(月)
分かっていても、やっぱり使ってしまう
 先週から第2ブラウザーとして正式に使い始めたVivaldi。まだまだ未完成な部分・不安定な部分・融通の利かない部分が あり、私にとっての第1ブラウザーであるPale Moonの方が ずっと快適に使える上に安心感が まるで違う。
 ・・・って分かっていても、やっぱりVivaldiを色々と使ってしまう( ̄∇ ̄*)ゞ。私が最も致命傷と思っていたマウスジェスチャーのカスタマイズ、かなりの裏技にはなるんだけど実は ある程度できてしまうことが判明。うわっ、これだけで使い勝手が恐ろしく改善。・・・とはいえ、まだまだ動きが鈍いというか安定しない。それであっても やっぱり使ってしまう。世界中の従来式Opera愛好家達が似たような状況になっている・・・のかな!?


4月12日(火)
普段は逆の展開が多いものの
 LCC(格安航空会社)。料金は大手会社よりも かなり安いものの、変動相場制である。座席の埋まり具合によって ある時突然値上がりすることもあれば、値下がりすることもある。下がった翌日に上がる、なんてこともザラ。株価よりも先読みしづらいかもしれない。
 そんな中、先週 私は夏に北海道に行くべく、行きは北海道の地元航空会社、帰りはLCCの航空券を手配した。手配したはイイものの、正確には何時に出発なのかを控え忘れたため、今日になって今一度LCCのWebサイトを確認したら・・・あらま、私が手配した時よりも料金が上がっている(・o・)。
 つまり、現時点での料金と比較した場合、私は得をしたことになる。普段は手配した翌日に値下がりして「ムカ〜!」ってなる展開が多いのに(^-^;)。まっ、自分のためであれば そうなったんだろうけど、今回は子供達のため、という自分の欲望とは関係の無い内容だったから、かな!?・・・とか言いながら、来週には料金が下落しちゃったりして!? まっ、それも含めてLCCである。


4月13日(水)
私は何を使っているのだ???
 ここ1週間ほど狂想曲(?)が続いているブラウザーのVivaldi。極力これを使いたい気持ちがある反面、未完成だったり不安定な部分が多々あり、もどかしい。
 具体例1を挙げるならマウスジェスチャー機能。先日、裏技を使って私が求める内容に書き換えたんだけど、この機能そのものが不安定ときた。リンク先を新規に背面タブで開く操作をしても、実際 背面に開くタブは今と同じページ、ということが半数以上。これはマズイ(-_-#)。
 具体例2はスピードダイヤル。自由なカスタマイズができず、不便を強いられる(-_-#)。
 なんだけど、とある考えが頭を過ぎった。「Chromeと同じblinkエンジンを使っているんだから、Chromeと同じアドオン(追加機能)を利用できないべか?」ということで早速実行してみたら・・・あらま、アッサリ。マウスジェスチャーに関しては一気に安定度が上がったと同時に、自由にカスタマイズ可能。更には今まで思いもよらなかったような機能を割り当てることができ。うん、余は満足ぢゃ(^o^)。
 ・・・と思ったら、このマウスジェスチャー機能による思わぬ副作用が2つ発生。1つは新しくタブを開くと従来のスピードダイヤルではなくGoogle検索ページに飛んでしまう。ここ、実はカスタマイズできないらしく。ダメぢゃん! ということでアドオンによるスピードダイヤルを使用することに。まぁ〜、現状Vivaldiのスピードダイヤルよりは融通が利くんだけど、見た目が思いっ切りChromeっぽくて違和感アリアリだな〜ρ(-ω-)。とはいえ、新しくタブを開くとスピードダイヤルが表示されるようになり、まぁ〜、合格点ということに。
 もう1つの副作用は新しく開くタブの位置が・・・従来と まるっきり逆になってしまい、私にとっては非常に使いづらくなる、ということ。ここもブラウザー側からは制御できず。それで調べてみたら・・・この位置を制御するためのアドオンが出ていた(^-^;)。いやはや、色々と出ているものだねぇ〜。ということで すぐさま導入。
 従来式Operaはアドオンを用いずとも、ブラウザーに標準搭載された機能だけで全てを網羅できていた。Vivaldiの場合は・・・まだまだ未完成・未搭載の機能が多々あるものの、それらは今回のようにChrome用のアドオンで補うことが可能。どっちがイイか、どっちが あるべき姿かは意見が分かれるところなんだろうけどぉ〜・・・私が現在使っているVivaldi、原形を留めないぐらいにアドオン三昧で姿を変えてしまい。私は何を使っているのだ???
 で、色々と頑張ってみたもののぉ〜・・・結果論としては やはりPale Moonに凱歌が上がる。Pale Moonも私なりに かなりカスタマイズしているものの、同じくカスタマイズしまくったVivaldiよりも ずっと私の理想型に近づけているし、妙な副作用も無い。まっ、これだけ散々やって・比較して出た結論なので、私は後悔していない。


4月14日(木)
今年度1回目
 娘と息子が通うインターナショナルスクールにて今年度1回目のランチパーティーを開催。昨年度は割と行き当たりばったりのような日程決めだったのに対し、今年度は(親御さん達には未公開ながら)年間計画が しっかりと作られている。私としても その方が やりやすい。また、今年度は私が毎月習得する休暇は ほぼ全てがスクールの行事に絡むものばかり。中には私が休暇を取りやすい時期に わざわざ行事日程をズラしてくれた、というものまである。有り難い限り・・・というか、その行事に同行しろという圧力とも解釈できるんだべか(^_-)ゞ。まぁ〜、ともかく。会社に行くよりも忙しい1日の始まりである。
 朝は通常の休暇では有り得ないような早起きをし、料理の下ごしらえ。娘と息子をスクールに連行し、しばらく その場に留まってホームページに掲載するための最新写真撮影。急いで帰宅し、料理を作り、詰め込み、すぐさまスクールへ。ついでごとがあったとはいえ、妻が荷物運びを手伝ってくれたので助かった。
 スクールでは丁度 調理実習の最中ということで、これも写真撮影。実習が終わるのを見計らって用意した料理を配膳し、いよいよランチパーティー開催。
 今回の献立は3色パスタ。昨年度は出さなかった献立なんだけど、安上がりかつ大量に作りやすいということで、なかなか有り難い献立である。肝心の子供達はというとぉ〜・・・これだけ美味しそうに・楽しそうに食べてくれると、作った甲斐が あったというものである。
 今日は夜まで子供達をスクールに預けることになっているんだけど、娘だけ一旦 水泳教室に連行。娘が泳いでいる様子を見ながら水泳教室のママ友と色々話が盛り上がった。水泳教室が終わり、娘を再びスクールへ連行。子供達のことはスクールに任せ、私は ここで撤収。普段の仕事とは比較にならない疲労度だけど、それ以上に精神的な充実度が高い。
 帰宅したら・・・前々から保留というか不動産屋からの連絡待ちになっていたドアストッパーの交換作業を妻が終えてしまっていた。すんげ〜(^-^;)。不動産屋に「何とかしてくれ」って依頼してから1か月以上何も音沙汰無しだったため、しびれを切らせた妻が動き。スクールで電動ドリルを借り、半日がかりで自力で やってしまった。いやはや、凄い。でも お陰様でスッキリした。
 休む暇も無く、私は今日撮影した写真をスクールの電子掲示板に公開したり、Webログを更新したり。自分で言うのも何だけど、会社休暇の日は会社に行くよりも忙しくなる( ̄∇ ̄*)ゞ。だけど この充実感がイイ。
 夜の子供達のお迎えは妻が行ってくれ、夕食の後は・・・昼寝ならぬ夕寝。90分グッスリ寝たら だいぶスッキリ。その後はスクールのホームページ更新。全部 今日中に終わらせることができてスッキリした。


4月15日(金)
改めて知った凄さ
 私が使っている撮影用デジタル機器の中で、長期政権かつ最前線での活躍が続いている機種が1つだけある。それは一眼レフカメラ。約5年前に妻が購入してくれた物なんだけど、導入されて以降、ずっと最前線で活躍。倉庫の中に眠らせている暇は無い。ビデオカメラは購入してから10年近く経つけど、うち半分近くは2軍扱い。1軍時代でも、毎日のように活躍していたのは10か月程度。コンパクトカメラは2〜3年で政権交代。そう考えると一眼レフカメラが5年近く連日 最前線で活躍しているのって凄い。
 今頃気付いたんだけど、1か月のインターナショナルスクールの卒園式。写真撮影を担当した妻が撮影した枚数は約1200枚。カメラ本体も外付けストロボも電池交換無しで、である。コンパクトカメラだと250枚とか300枚撮影すると電池切れを起こすんだけど、その数字と比較しても一眼レフカメラの電池の持ちは凄い。しかも、1200枚撮影した後の電池残量は・・・電源マークが1つも減っていなかった。
 改めて知った一眼レフカメラの凄さ、である。購入当初は娘の撮影用に、だったんだけど、それが娘と息子の撮影用になり、保育園の卒園式撮影を依頼されたり、運動会の撮影を依頼されたり、インターナショナルスクールの遠足・聖夜会・卒園式でも大活躍。この現行機種、あと何年活躍してくれるのかな。


4月16日(土)
思惑が外れてしまい
 本来は子供達を連れてプールに行きたかったんだけど、息子が行きたくないと駄々をこねだし、娘は行きたいと張り切り。このプール、息子の水嫌いを修正するための企画だったため、これではアカン。思惑が外れてしまいρ(-ω-)。
 ということで、今日は家族で近所を お出掛け。まずは最寄りのフードコートで昼食。うどんだと非常に安上がり・・・のはずが、子供達は違う物を ご所望だったため、高くついた。ここでも思惑が外れてしまい(-_-#)。近所に唯一となる百貨店に分類される お店。ここで鉄道関係の期間限定販売店が あるということで、行ったら・・・子供達のクラスメイトとバッタリ(^-^;)。
 ともかく、子供達は しばらく ここで遊ぶこととなり、私は複合買い物施設にて お買い物。ここで子供達が好きそうな特別行事が あるとのことだったんだけどぉ〜・・・はて、もう終わったんだべか。影も形もなく。ここでも思惑が外れてしまいρ(-ω-)。
 買い物を終えて先程の百貨店に戻ったら・・・ベビーバギーは あったものの、3人の姿が無い。妻から「先に帰る」との伝言が入っていた。仕方なく(?)ベビーバギーを運びつつ帰路についたら、すぐ3人に追いついた。途中、子供達の元クラスメイトとバッタリ。1日に2回 偶然のバッタリというのは珍しい。
 夕食を用意し、小さな留学生が来たので一緒に夕食。息子は彼女にゾッコンなのかな、物凄い張り切りようだった(^-^;)。
 ただ、小さな留学生は明日の午後から急遽の予定が入ったとのことでぇ〜・・・ここども思惑が外れることになった。


4月17日(日)
怪我の功名?
 朝食は小さな留学生が毎朝のように食べているというラーメン。朝からラーメン。うん、子供達の食欲が出るので案外イイかも!?
 当初、この日は変わり種の動物園(?)に行く予定だったものの、天気予報、この日の日中「だけ」が雨。なので前半、雨が降る前にサッと動物園に行き、後半は地下鉄博物館に行く予定だった。だけど小さな留学生は午後から別件が入ったため、今日は地下鉄博物館1本にした。天気のせいで もともと2部構成にしていただけに、どちらか片方だけにすれば充分に半日遊べることになる。
 地下鉄博物館、実はインターナショナルスクールの遠足で来たことが あり。狙っていた訳ではないものの、小さな留学生にとっては またまた思い出の地を一緒に回る展開となった。昼食は ここの目の前にあるガストにて。ただ、のんびりバニラオレを飲めるような ゆったりさではなかったので、ドリンクバーは無し。うちの子供達、食事が ゆっくりであることを改めて実感する展開が あった(^-^;)。
 帰り道は物凄い強風! そよ風が吹くだけで運転見合わせとなる路線は当然の如く停止。我々が乗る路線は・・・遅れこそあったものの、動いてくれていただけ まだ有り難い。自宅到着の直後に親御さんの迎えが来た。何というタイミングの良さ。今回は半日だけだったんだけど、何かと怪我の功名という展開が多かった。
 その後、夫婦してグロッキーのため、親は昼寝、子供達はディズニーの長編映画。半分寝ながら子供達が やりとりをする声が聞こえていたんだけどぉ〜・・・特に娘は何でも自分で できるようになったんだなと実感。また、親の姿が無い場所でも姉弟間では ちゃんと英語で話している。色々と安心感を覚えた。その後、息子は昼寝、娘は自宅目の前の公園に1人で行ってくるとのことで。娘の成長を色々と感じた。
 私は昼寝の後はスッキリしたものの、妻は非道く体調を崩した模様。必然的に夜は家事と子供達の面倒見を私が一手に引き受けたんだけどぉ〜・・・大変だねぇ〜。妻は毎日これを1人で こなしているんだから、凄いと感じる。


4月18日(月)
決着がついた・・・か?
 来年から娘が通うことになる小学校。選択肢は2つある。本来は1つのはずなんだけど、いつぞやのバブルと勘違いしているようなマンションの乱開発、それによって発生する児童数増加に対する受け入れ計画の杜撰さ。その しわ寄せにより、本来 娘が通うはずの小学校は全国的にも例を見ないマンモス校になり、グランドを潰してプレハブ小屋になり・・・といった負の情報が入ってくるわ入ってくるわ。そのため、市が提示した杜撰な・安易な対策として、別の小学校からも選んでイイよ、ということになった。
 ただ その小学校。どこでもイイという訳ではなく、市の指定校。うちから2番目に通いやすい場所、とは言えず。バスで通うにしても、どのバス停からも等しく遠い。歩いて通うとなるとしても、歩道が狭くて危ない。
 安全に通えるプレハブ環境のマンモス校か、教育は充実していて通うのに危険を伴う廃校寸前の古い学校か。どっちの選択肢も まともでないよね(-_-#)。我々夫妻の心の天秤は左右にグラグラ揺れっぱなしだったんだけどぉ〜・・・やはり安全と距離的な通いやすさを優先せざるを得ないのかな〜(-_-#)。ということで数年来の迷い、決着がついた・・・か?


4月19日(火)
最近活躍の場が多い昔ながらの物
 カメラ。最近は この言葉を使うと、ほぼ無条件にデジタル式のカメラを指す。私がフィルム式からデジタル式に交換したのは2000年の秋。それ以降、普段の様子を撮影した写真はパソコン画面で見るのが主流になり、現像することは稀となった。写真を お裾分けする場合もeメイルで伝送したり、電子掲示板に載せたり、ということが大多数。
 なんだけど、ここ1週間ほどで現像(印刷)した写真が活躍する場面がチラホラ。娘が自宅目の前の公園に行った際、そこの お友達と一緒に巨大な穴を掘った。記念写真を みんなに配付したら物凄く喜んでもらえた。撮影して自宅でササッと印刷。地の利、である。
 もう1つの例は娘が通うプールの お友達。eメイルアドレスを交換するまでは いかないものの、親子共々仲が良い。そんな お友達と撮影した写真を印刷して手渡し。
 デジタル全盛の時代だからこそ、子供達にとっては手に取って見る写真が新鮮なようである。


4月20日(水)
うちは恵まれていると感じた
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。今年度に入り、数名のクラスメイト達が一般の保育園/幼稚園への転園が理由で日中のクラスを去ることになった。とはいえスクールを やめた訳ではなく。幼稚園が終わった後の学童保育時間帯に顔を出しに来たり、土曜日クラスに通うようになったり。
 なんだけど、そのうちの1人は僅か2週間にして既に英語が まともに出てこなくなった、とのこと。子供は覚えるのが早いけど、忘れるのも早い。かく言う私も幼少の頃は英語ペラペラだったらしいけど、幼稚園に入るのに伴い日本語が身につくのと時同じくして英語を綺麗サッパリ忘れたとのことだし。
 うちの子供達には絶対 私のようには なってほしくない。スクールに通わせているとはいえ、小学校に入ったら果たして どのぐらい英語を続けられるのかは全くの未知数。自宅にいる時、私とは英語で話すとはいえ、私如きのエセ英語には限界がある。だけど娘には弟が、息子には姉がいる。2人がお互いに英語で話していれば、まだ いけると信じている。いざとなればマミーと毎日のようにテレビ電話で話すことだってできる。英語教育に関しては うちは恵まれていると感じた。


4月21日(木)
何とかと畳は新しい方がイイ
 ここ数日、副業先の事務所内が暑い! 温度計は30度前後。私が長年使ってきた卓上扇風機は先日ご臨終になり。ということで、新しい卓上扇風機を購入。先代は18年前に980円(3%の消費税別)で購入したんだけど、新しい物は1995円(8%の消費税別)で購入。私は全く意識していなかったんだけど、これを見た会社先輩が「DCモーターを使っているとは! これはイイ物だ。是非キシリア様に見せてあげなければ」とのこと。へぇ〜、そんなに凄いんだ(・o・)。知らぬは購入した本人ばかり、である。
 今回の品は時代を反映して(?)、電源はコンセントでもUSB接続でも どちらでも可能。ということで後者を選択。風力は非常に細かく調節できる。そして! 音が物凄く静かでビックリ。これがDCモーター、か〜。あんまり静かすぎるので、スイッチを入れていることを忘れて そのまま帰ってしまいそうで怖い・・・。と思ったんだけど、電源はパソコンからのUSB接続なので、パソコンの電源が切れれば自動的に扇風機の電源も落ちる。これ、実はイイかも。
 ということで快適空間が復活!・・・と思ったら、今日から事務所の冷房、ちゃんと効くようになった( ̄∇ ̄*)ゞ。ちぇっ。
 さってと、この扇風機、何年使えるのかな。


4月22日(金)
マスゴミの質を計る指標
 日本で開発中の先進技術実証機、つまり将来の国産ステルス戦闘機を作るにあたっての技術を検証するための機体、それが今日 初飛行したというニュースが流れた。このニュースはマスゴミの質を計るのに絶好の指標となった。
 まずは名称。「X-2」が正式名。大部分のニュースでは この名前で報じられていた。だけど ごく1部の右派マスゴミは相も変わらず「心神」という名称で恥じること無く堂々と報道。この名称は開発の ごく初期段階に1部の人達が非公式で そう呼ぶこともあった、という程度のもの。そのことすら確認できていないクズ、ということね。
 それと この機体の位置付け。先述のように「先進技術実証機」或いは「実験機」に分類される。なのに どこかの右派系マスゴミは「次期国産ステルス機」ってデカデカと書いていたので、こっちが焦った。オイオイ、大丈夫かよ、このマスゴミ!? いや、もう助からないな・・・。
 ということで このニュース。いかに自分の足で取材して、裏を取った上で報道したか。或いは記者達の常識が どの程度のものなのか。そういったあたりが明確になる。ある意味、恐ろしいニュースになるんだけど、そのあたりを ちゃんと意識しているマスゴミって どれぐらい いるのかな。


4月23日(土)
私が毎日意識していること
 私の日課になっている娘と息子のDVDアルバム作り。ジャパネットたかたの前社長が言っていた「大切な思い出を形にして ずっと残す」という言葉に感化されたのが非常に大きい。また、「いつでも撮影できるから、今は いいや」と思っていたら直後に2度と撮影できない事態が発生した自分自身の経験があるため、今の私は何かに取り憑かれたかのように撮影している、というのも大きい。
 ただ、理由がどうあれ、今という時間は2度と戻ってこないこと。この先に何が起きるか分からないこと。これらはハッキリしている。何かが起きるというのは・・・当然、誰かしらが この世を去ることも含めての意味合い。必ずしも歳の順番とは限らない。かく言う私自身が 明日、そうなってしまうかもしれない。だけど、子供達に対しても同じ事が言える。残酷なようだけど、それが現実。そういったことを毎日意識するようになったからこそ、日々の記録残しが6年近く続いている。
 気が早いかもしれないんだけど、今日は娘のランドセル選びに出掛けた。とあるママ友情報により、大型連休までにランドセルを購入すると、早期購入割引のような形で同じ物でも安価で購入できる、とのことで。妻が色々と情報を集めてくれたお陰で、実際に見て回る先は2箇所に絞られた。
 1箇所目に行ったら・・・既に沢山の家族連れがランドセルを選んでいた。1年後のための買い物を今のうちに・・・何とも気が早いというか長期計画になるというか(^-^;)。とはいえ、この手の長期計画は私が得意とするところ。
 しっかしランドセル、最近は随分と色の選択肢が増えたね。もともと優柔不断で色々と流されやすい娘、第1希望が あっちに行ったり こっちに行ったり。とはいえ、最終的には何とか「ここの店で買うなら これ!」が確定。だけど この瞬間には買わず、もう1件の店に行った。
 ここの店はママ友に教えてもらうまでは私も存在を全く知らなかったところ。ここも沢山の家族連れが来ていたんだけどぉ〜・・・ぬわんとスクールのクラスメイト親子とバッタリ(^-^;)。で、そのクラスメイトが欲しがっているのと同じランドセルを ねだり始めた我が娘。オイオイ、同じ小学校には通えないのに(^-^;)。
 とはいえ、ここのランドセルは各部分ごとに複数の選択肢の中から自由に選べる、横文字で言うところのオーダーメイドが可能。ということで娘は この店のランドセルにしたい、とのこと。うん、では決まり。娘にしては結構あれこれと見て、比較して、そして自分で決めた結論。それを尊重する。
 今回のランドセルはマミーからの お祝い。私にとっての欧州方ばっちゃんが私にランドセルを買ってくれたので、今度はマミーが孫娘にランドセルを買ってあげる番だ、って張り切っていたので、断る訳にはいかない。オーダーメイドということで、実際に物が届くのは8月〜9月。
 ただ、先述の私の悲観的観測というか・・・いつ、何が起きても後から後悔のないように、という思いが この時も過ぎり。娘が楽しそうに色々なランドセルを背負っている姿。写真に収めたかったんだけど、流石に店内でパシャリというのはマズイ。ランドセルを背負って笑っている姿が そのまま遺影に・・・なんて縁起でもないことが常に頭の中を駆け巡ってしまう。後悔の無い毎日を、を意識し過ぎているのか、はたまた単に精神状態に異常を来しているのか・・・(∩。∩;)ゞ。


4月24日(日)
サンデークラス
 久々に野外で開催!・・・になるつもりマンマンだったんだけど、金曜日の時点で天気予報が突然 雨に変わり、やむなく室内施設に変更。土曜日になったら晴れの天気予報になってムカついたんだけど、日曜日の午前中は僅かながらも雨が降ったので、妙な言い方だけどホッとした。
 今月のサンデークラス、今日という日にちに、この場所で、が固まる決定的1票を投じた親子は急遽別件で来られなくなり。何だかなぁ〜(^-^;)。また、参加家族は3か月連続で我々を含めて3家族。皆さん、色々と都合があるようで。
 今日の会場は室内施設の中では我々にとってホームグラウンドのような位置付けなんだけど、来るのは結構 久しぶりだったかな。久々に来ることによって、ここの良さを再認識する部分が多々あった。フードコートが充実していたり、施設内にカフェがあるので そこでオヤツを食べられるし、工作教室が楽しいし。そして何より、親御さん同士が ゆっくり話せる雰囲気というか構造というか。
 肝心の子供達は・・・ここの場所、勝手知ったるということで、思い思いに思いっ切り遊んでおり。親は親で色々と ゆっくり情報交換できたり。なかなかイイ流れだった。


4月25日(月)
高級菓子
 夜、荷物が届いた。差出人は・・・大家さん。はて、お歳暮でもお中元でもないこのタイミングで何故(・ω・)? と思ったんだけど、妻が推測した理由が当たっていた。そこまで気を遣わなくても大丈夫なのに、とは思ったものの、日本人の遠慮の美徳が存在しない私、そういった厚意は素直に・有り難く受け止める。
 中身は普段絶対に口にすることが無い高級菓子がズラリ。お酒が含まれていない物を選んで子供達に食べさせたんだけど、偉い勢いで がっついていた(^-^;)。これで うっかり舌が肥えてしまわないことを願うばかりである。


4月26日(火)
健康診断
 会社で年に1度の健康診断。個人で病院に行って受けようものならベラボーに お金が かかるけど、会社で こういう機会を定期的に設けてくれるというのは有り難い。
 健康診断を受ける場合、前日の夜から食事禁止。飲み物は水だけ。結構辛い(∩。∩;)ゞ。健康診断を終えた後に食べるオヤツは格別だった。
 別料金ながら血液の精密検査も受けられるとのこと。結構イイ料金になるので今回は受けなかったんだけど、来年あたり1度 受けた方がイイのかな。


4月27日(水)
たまに起きる軌道逸脱
 漫画・アニメがヒットして、それを受けて実写版が作られると大コケする。人類の歴史に於いて、これが何回繰り返されてきたことだろうか。インターネットのニュースで、そんな「大ヒット漫画を原作にした劇場版」というイヤな最新ニュースを目にしたんだけどぉ〜・・・案の定、試写会の評判は散々だったようで(^-^;)。
 ただ、そのニュースの お陰で、私は初めて その作品を知ることとなった。なので、何気なく その作品のことを調べてみたら・・・おやま、少なくとも漫画は面白そうだし、アニメ化もされているとのこと。なので、試しにアニメ版の第1話を観てみたら・・・ありゃりゃ、こりゃ、歯止めが効かなくなった(^-^;)。第2話、第3話・・・続け様に次々と観てしまった(^_-)ゞ。
 毎日の日課を さしおいて、こっちに手が出てしまう軌道逸脱、たまに起きてしまう。ただ、幸運(?)だったのは、この作品のアニメ版は今のところ13話までしか出ていないこと。2日あれば全部観終わって、本来の軌道に戻れそうだ。


4月28日(木)
さて、今回は どれぐらい もつか?
 私は雨の日の会社行き帰り、基本的に普通の傘は使わず、折り畳み傘を使う。現在使っている傘が壊れ、その翌日は雨の予報ということなので、新しい折り畳み傘を購入。
 今まで使っていた傘はハッキリ言って かなりの不良品だった。使用初日にして ぶら下げ紐が切れたり、畳んだ際に骨の端っこを握り部分に うまく収納できなかったり、ボタンが物凄く押しづらかったり。それでも我慢して使い続けてきたんだけど、先日 物凄く押しづらかったボタンがポロリと外れた(゜д゜)。人生ウン10年にして初めての珍事。まずい、これでは傘を畳めない。なんとかドライバーの先端を使って畳めたんだけど、まっ、これで ようやく買い換えが できる、ということで むしろ有り難いと思った。
 最近の折り畳み傘は畳んだ際の小ささやら本体の軽さを重視しがち。だけど私は それらには目もくれず、展開した際の半径の大きさ。これが最重要。重かろうが、畳んだ際に長かろうが、関係無い。ということで今回は半径70cmという、普通の傘と何ら変わり無い半径の物を購入。実際に使ってみての感想は・・・イイねぇ〜。
 私、年に1度ぐらいの割合で折り畳み傘を買い換えている気がするんだけど、妻が その理由について もっともらしい推測をしていた。何のことはない「使う頻度が多いから」。確かに。本来 折り畳み傘は緊急時・補助用の物。それを私は通常用に使っている訳だから、消耗が激しい・・・のかもしれない。さて、今回の傘は どれぐらい もつか?


4月29日(金)
珍事が連続した休日出社
 暦の上では黄金週に突入。だけど私は仕事柄、この手の連休中は どこかしら出社することが大多数。今回も御多分に漏れず。今日が その出社日だった。痛勤電車は空いていたし、誰もいない会社事務所には自由な空気が あり。嫌いではない。
 なんだけど、今日は珍事が連続した。エラー対応依頼が あったり、処理の再実行依頼が あったり。私がたまたま休日出社していたから よかったものの、そうでなかったら なかなか楽しい展開が待っていたよ。
 まったく、本来の作業が なかなか手につかないったら ありゃ〜しないρ(-ω-)。変な休日出社だった。


4月30日(土)
無念の延期
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこのクラスメイト親子が2組、遊びに来てくれ・・・る予定だった。だけど、この日に限って子供達が朝から咳ゴホゴホ、鼻水ズルズル。体調を崩せる日は他にいくらでもあるのに、何故 今日という日に(>_<)。そのため、無念の中止・・・いや、延期となった。こちら側の都合で この手の行事が中止というのは珍しいんだけど、私の目は早くも延期候補日に うつっている。
 今日は2回に分けて買い物に出掛けたんだけど、帰宅したら玄関に何かが ぶら下げられていた。ご近所さんからの お裾分けかな? と思ったら、今日 来るはずだったママ友からの お見舞いだった。嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちが交差して非常に複雑な心境(∩。∩;)ゞ。
 午後、子供達は すっかり元気になっていた。今日、無理して中止にする必要は無かったか・・・!? 何をするにしても悔しさばかりが 込み上げてくる1日だった。



ズボラ日記のトップに戻る