まいけるのズボラ日記




2016年10月



10月1日(土)
1年半近く経っての大発見
 本来、今日は とある自衛隊祭に行く予定だったんだけど、悪天候のため断念となったρ(-ω-)。ということで、今日は家で のんびり・・・という訳にもいかない事象が発生。
 娘と息子が通うインターナショナルスクールのWebサイト。自前で こしらえて運用するようになってから約1年半、成果は着実に出ている・・・と信じている。なんだけど、この10月1日から3つの大きな変化を発生させるべく、水面下で大手術が続いていた。本日の0時、いよいよ本番反映。
 作って公開したらハイお終い、ではないのがWebサイト。定期的な更新は勿論のこと、時には今回みたいな大手術を敢行することだってある。・・・とはいえ今回の大手術、様々な要因が重なった結果によるものであり、2度目が発生しないことを切に願うばかりである。
 ・・・と思っていたら! 動作確認をしてくれていたスクールのスタッフから不具合報告が。はて、私の環境では問題ないぞ(・ω・)? 念のため複数のママ友に動作確認を お願いしたら・・・「問題ない」と「やっぱり変」の回答が半々。色々と調べたところ、どうもiPhoneで閲覧すると1部の表示が うまくいかないことが判明。ただ、これって今回の大手術が原因ではなく、この1年半近く ずっとこの状態だったことが今頃になって判明(^-^;)。
 iPhoneの仕様です、言われた日にゃ、どうすることもできず。とはいえ、このまま放置する訳にはいかず。やむなく該当する部分、泥臭いやり方だけど、対応した。いやはや、気付いてくれた現場スタッフに感謝である。


10月2日(日)
妻が見付けた施設
 昨日は雨だったため、計画していた とある自衛隊基地祭りは無念の断念となったんだけど、今日は久しぶりに晴れた。
 私の中では「今度、晴れたら ここに行きたい」と思っていた場所が あったんだけど、それ以降 週末は ぐずついた天気が続きρ(-ω-)。今日、行けるかなと思ったら・・・妻が似たような施設を見付けていた。両者を比較検討したら、どうも妻が見付けた施設の方が面白そう。ということで、今日の出掛け先は浦安市にある交通公園。
 交通費が安くつくし、入場料は無料ということで、財布に優しい施設ということになるのかな(^-^;)。公共道路を模したサイクリングコースが あったり、小規模ながら動物園やら水族館っぽい展示があったり、動物との触れ合いが あったり、ポニーに乗れたり。1日ずっと遊べるぐらいの充実度で、子供達も親も満足度が高かった。


10月3日(月)
同じ題材なのに雰囲気が全く違う
 ここ最近、子供達の英語教材として活躍しているのはパワーレンジャー。日本のスーパー戦隊シリーズのドンパチ場面は同じ映像を使い、日常風景は西洋で撮影された物を混合して作り上げた、米国仕様のスーパー戦隊。
 現在、子供達に見せているのは日本で言うところのキョウリュウジャー。だけど物語の舞台や登場人物が全く違うのは勿論のこと、全体的な作り・雰囲気・対象年齢層からして全く違っている。同じ題材なのに、こうも変わってくるものかね〜。
 このキョウリュウジャーに限って言えば私が最初に観たのが海外版ということで、私の中での基準は こっちになる。なので、その後から日本版を観るとぉ〜・・・物凄い違和感が ある(^-^;)。


10月4日(火)
Webサイト回りが忙しい
 私が管理しているWebサイトは趣味でやっている物と委託された物を含めて7つあるんだけど(1つの依頼で3種類のWebサイト、という物は3つとして数える)、そのうち商売に直結するものについて最近忙しい。
 そのうちの1つ、マミーが経営する外国語スクール。先日、Webサイトを大幅リニューアルしたのに引き続き、今回は新しい商売ネタを組み込んでみた。果たして どれぐらい うまくいくのかは全くの未知数なんだけど、まっ、Webサイトに掲載するだけであれば無料だし、まずは やってみなければ。


10月5日(水)
ぼちぼち天気予報が気になりだしてきた
 この題名、今年何度目かな(^-^;)。今度の土曜日にドイツの知人が3度目の来日を果たす。前半の1週間は関東に滞在し、私が接待を担当する。どの日に どこに行くか、という計画については もうビッチリと決まっている。ただ、当日の天気ばかりは事前に計画することができず(∩。∩;)ゞ。
 今秋は物騒な台風が随分と日本列島を賑わせているようなんだけどぉ〜・・・さて、この1週間で どうなるかは蓋を開けてみなければ分からない。1週間全部晴れてくれとは言わないものの、せめて野外での大きな催し事を計画している3日間は何とか 持ちこたえてほしいだぁ〜ね。


10月6日(木)
こりゃ、楽だ
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこのWebサイト運営は私が担当しているんだけど、10月を境に水面下・水面上で大きな変化が色々と あった。自然発生したのではなく、自らの手で起こした変化なんだけど、それによって色々とイイ影響が出ている。
 その典型例は・・・2つ存在していたアクセス解析機能を1つに統一できたこと。従来はいちいち画面を切り替えて2種類の結果を分析していたんだけど、今月からは それが1つで済むようになった。その都度の画面切替は不要。こりゃ、楽だ。


10月7日(金)
決戦前夜
 ・・・とは言っても、私は乗り込む立場ではなく、迎撃する立場。明日、ドイツの知人が2年ぶり3度目の来日を果たす。この件は1年前から動き始めており、「まだまだ先の話」と思っていたら・・・いつの間にか決戦日が目前に。自分が飛行機に乗る訳ではないんだけど、物凄くドキドキする(^-^;)。また、今回は兄と姉の提案・協力により、彼女にとって初めての西日本という壮大な計画もあり。過去2回とは随分と違う様相を呈している。
 2年前の来日時は彼女が乗り込む飛行機だけが よりによって欠航(理由は未だに不明)。今回は・・・少なくとも予定通りに飛び立ったことは確認。後は明日の朝、私が寝坊しませんように・・・。


10月8日(土)
2年ぶり3度目の来日
 朝は4時に起きて羽田空港に向かった。この時間でも動いている電車が あるのって有り難い。羽田空港は しょっちゅう来るんだけど、こと国際線ターミナルとなると、来るのは稀。ここは何と言うか・・・非常に中途半端な規模だよね( ̄∇ ̄*)ゞ。
 ともかく、無事にドイツの知人と再会。チェルノブイリ事故の影響で生まれつき体のあちこちが不自由で、目も ほとんど見えないのに、1人で地球の反対側に来てしまうあたり、私には到底真似できない。
 今回の日程は1年前には既に固まっていたんだけど、直前になって加わった催し事が1つ。それは妻の実家に立ち寄る、というもの。父が それを強く望み。他の日程はズラせないんだけど、来日初日であれば時間が あるので、ならば羽田空港からアクアラインバスに乗って直接実家に行ってしまおうという はこびとなった。アクアラインバス、私にとっては10年ぶり以上、かな。以前に住んでいた場所から羽田空港への移動は いつもアクアラインバスだった。バス移動中に雨が降り出したものの、今日は外を観光する予定は無いので、問題無い。
 無事に現地入りし、迎えに来てくれていた姉と合流。こちらも感動の再会。実家に行き、早速お土産の譲渡会が開かれた。その後、知人はマッサ〜ヂ椅子。長距離移動直後ということで、満足度が高かった様子。途中、その知人に会いたいと言っていた姉の友達が来た。・・・んだけど、その友達は同じく初対面の父と意気投合し、すっかり2人での お喋りに夢中。ドイツの知人は完全に蚊帳の外。あのう・・・(-_-#)。
 昼食は妻の親戚が経営する飲食店にて。知人は結構な偏食で、折角日本に来ても日本食には手を出さず、レストランでは いつもスパゲティーばっかり食べていた。だけど2年前、ここの食堂で焼き蕎麦を食べたら・・・ペロリと完食。ならば今回も是非是非ということで。結果は2年前と同じく、だった。しっかし ここの お店、物凄い繁盛ぶりだね(^-^;)。
 妻の実家で お開き。電車に乗り、一路我が家へ。自宅最寄り駅に着く頃には雨が あがっていた。私の家族達と2年ぶりの再会となった。ここで我が家に対する お土産を色々と もらったんだけどぉ〜・・・彼女、荷物の半分以上が誰かしら宛の お土産でないべか(^-^;)?
 近所のアニメ専門店、お菓子専門店、100円ショップを回り、空欄ができたばかりのスーツケース、早くもビッチリになった模様(^◇^;)。夕食は私が作った3種類のインド風カレー。気に入ってもらえて良かった。


10月9日(日)
サンリオピューロランド
 2年前と4年前にドイツの知人が来日した際にも行き先候補として挙がってはいたものの、今回ようやく行くこととなった。この日は娘も同行。午前中は雨だったんだけど、ここは室内施設ということで、問題無かった。また、時系列は前後するものの、知人の日本滞在前半の1週間、雨が降ったのは これが最後。初めの2日間だけ雨が降ったものの、いずれも外を出歩く観光は無かったので、非常に運が良かった。
 で、ピューロランドの中は・・・当然ながらサンリオのキャラクターが沢山。ディズニーリゾートとは またベクトルの向きの違う施設だったかな。ベラボーに広い訳ではないので、肉体疲労も無く。とはいえ、狭い室内施設に人がギッシリ。凄いね(^-^;)。ドイツの知人も娘も1歩進む度に あちこち目移りして、動かないの何の(^-^;)。まっ、それだけ楽しんでもらえたのなら これ幸いである。娘も大いに楽しんでいたし、私も撮影を楽しませてもらった。


10月10日(月)
1年越しの壮大な計画
 今回、ドイツの知人が来日すると決まったのが1年前。その際、ほぼ同時に とある壮大な計画が持ち上がった。それは・・・兄夫婦と一緒に、ドイツの知人を西日本に連行しよう、というもの。4年前と2年前、彼女を西日本に連れて行きたいという漠然とした思いは あったものの、具体的に考えるまでには到らず。だけど兄夫妻が一緒に、ということで、一気に話が進み、あれよあれよのうちに1泊2日の関西行きが決まった。
 初日は京都。利用する交通手段は新幹線。本当はLCC(格安航空会社)を利用した方が ずっと安上がりなんだけど、折角の機会だからドイツの知人を日本の新幹線に乗せてあげたいということもあり。東京駅で兄夫妻と合流し、新幹線に乗って一路 京都へ向かった。途中、富士山は・・・厚い雲に覆われており、ふもとだけが見えた。いきなりガッカリρ(-ω-)。
 やって来た京都。私にとっては高校修学旅行以来、ウン10年ぶりである。ここでの行動内容は姉が全て事前調査・計画済み。また、姉の案によりチャータータクシーを利用。これなら絶対に迷わないし、運転手がガイド役・解説役を やってくれるし、常に座って移動できる。そこそこの値段は するけど、4人で割れば1人あたりの価格はグッと下がる訳で。イイねぇ〜。
 まず やって来たのが伏見稲荷大社。ここは私も初めて来る。鳥居の数に圧倒された。続いて清水寺。修学旅行で来たことは覚えているんだけど、ここの商店街の賑やかさは全く記憶に無く。とにかく晴れていたので写真も動画も非常に色が映えた。
 昼食はタクシー運転手が調べてくれたという、欧州風の料理を出すレストラン。なんだけど建物は思いっ切り京都。なかなか面白い体験だった。
 後半戦。まずは金閣。修学旅行でも来たんだけど、言われるがままに見て回るのと、実際に自分が求めて見て回るのとでは全く違ってくるだぁ〜ね。京都観光の最後は龍安寺。ここは私も初めて。日本庭園が印象的だった。
 1日お世話になったタクシー運転手と別れ、京都駅ビルの地下街では・・・姉が お土産を爆買い(^-^;)。なかなか凄い展開だった。夕食は 駅ビルのレストラン街にて。ここのレストラン街は私が事前に調べていたので、咄嗟の機転が利いたかな。・・・と言って自画自賛。
 夕食後は京都駅から電車に乗って移動。ここからは私が企画・案内役である。USJ公式ホテルへ。図らずも このホテル、8年前に妻と一緒に来たのと同じホテルだった。今回は4人部屋で賑やかに。夜は持参したパソコンを利用してマミーとスカイプ。姉のお陰で充実した1日だった。


10月11日(火)
西日本旅行2日目
 ぐっすり眠れた。まだ疲れているはずなんだけど、気分が高ぶっていると それを感じないようで。朝食はホテルのブュッフェ。朝から お腹がきつい(^-^;)。お陰で今日は昼食が不要だった。
 早いもので西日本旅行は今日が最終日。向かった先は・・・宿泊したホテルの目の前にあるUSJ。私は過去に2回ここに来たことが あるんだけど、いずれも鳴かず飛ばずだった頃の話。最近のUSJはTDS以上に勢いがある・・・という噂を耳にしたんだけど、さて どんなものか。
 昨日の京都は様々な国の人達で ごった返していたのに対し、今日のUSJは・・・噂通り東アジア・東南アジア系の人達で ごった返していた。今日、確か平日だったよね(^-^;)??? とはいえ、事前に予定していた場所は全て見て回ることができた。3人が大満足の様子だったので、私も大満足。
 その後、昨夜急遽決まったハリーポッターエリア。ここは とにかく混んでいると分かっているので、今回は行かないつもりだったんだけど、ドイツの知人が行きたいと言って譲らない。あのう・・・予定は1年前に渡しており、何か希望があれば言うようにと伝えてきたのに、前夜の段階でそれを言うか?
 ただ、アトラクションは乗らず(実際、3時間待ちだった)、現場に行って雰囲気を堪能し、買い物をするだけで充分とのことだったので、ならばということで行ってきた。後発で造られた場所なので、USJ内にあって明らさまに浮いた感じは否定できず(^-^;)。だけど中は映画の世界そのまま。なるほどね、ここの一角だけでTDSを打ち破ったというのも納得。肝心の知人は・・・物凄い目の輝き(^◇^;)。そして私の目玉が飛び出るぐらいの金額の買い物。出てきた金額を見て私は思わず吹き出してしまったんだけど、知人は鼻歌。お金持ちは違うね・・・( ̄∇ ̄*)ゞ。
 ドイツの知人が購入した物凄い量の お土産カバンを男性陣2人が手に抱えた状態でUSJは お開き。電車に乗って向かった先は関西空港。電車の中は激混みで立ちっぱなしだったので、2日間歩き疲れた脚に こたえた(>_<)。
 関西空港。私が ここに来るのは14年ぶり。当時のことは ほんの僅かに覚えている程度なんだけど、随分と中の様子が変わった・・・のかな。ここのトンカツ店で夕食。ドイツの知人は偏食なんだけど、肉のフライ系は好きということで、気に入ってもらえた様子。
 利用する飛行機はLCCのジェットスター。平日の夜ということで、関西空港〜成田空港の運賃は5000円(諸手続量を除く)。ここまで安いと、大手航空会社を利用するのがアホくさくなるね(^◇^;)。私はLCC、過去にバニラエアに何回か乗ったことがあるんだけど、ことジェットスターは初めて。使っている飛行機の機種は同じエアバスA320なんだけど、機内の印象が色々と違っていて面白かった。
 成田空港に無事到着し、電車で帰路に。途中駅で兄夫妻が降り、そこで2人とはお別れ。その後、我々2人は無事に帰宅。1年越しの大計画、大成功の2日間だった。


10月12日(水)
講師・変身の時間
 今日は近場。まずは娘と息子が通うインターナショナルスクールにドイツの知人も含めて4人で行ってきた。知人の表敬訪問という名目だったんだけど、折角の機会ということで異文化学習ドイツ編と銘打って、私と知人が講師役となり、授業を実施。教材は・・・勿論、パソコンとプロジェクターとスクリーン。まずは私がドイツ語講座。うん、掴みはOK。続いて知人によるドイツ文化紹介をクイズ形式で。大いに盛り上がった。ドイツのお菓子を みんなに配り、スクール表敬訪問は お開き。
 続いて向かった先は行きつけの写真館。ここで知人の来日記念撮影。彼女が選んだ衣装は・・・着物。丁寧な化粧と着付けをしてもらい、本格撮影。出来上がった写真は・・・まるで夢と魔法。当初、写真は2枚ぐらい選べればと思ったんだけど、彼女が選んだのは8枚。よっ、予算の3倍以上・・・( ̄∇ ̄*)ゞ。まっ、一生に1度の記念だから、こういう時はケチっては いけない。チャリーン。
 撮影の後はバスで移動し、彼女お気に入りの複合買い物施設。そこで昼食を取ったんだけど、日本のピザはドイツの物より ずっと美味しいとのこと。へぇ〜、そうなんだ(・o・)。彼女お気に入りの靴屋で靴を爆買いし、向かった先はマッサ〜ヂ店。2年前と同じ施術士が知人を担当してくれた。2年前はロクに英語を話せず、オロオロする展開になって悔しい思いをしていた施術士だったんだけど、その時の悔しさをバネに この2年で堂々と英語を話せるようになっており。人は ここまで変われるんだね。これは素直に凄いと思った。知人も私も旅疲れを しっかりと ほぐしてもらった。うん、我ながらイイ日程の組み方だった♪
 自宅最寄りの複合買い物施設で妻と娘と合流し、そこのフードコートで夕食。夜はマミーとスカイプで お喋り。今日はベラボーな遠出やら観光は無かったんだけど、珍しい体験が沢山できた、かなっ。


10月13日(木)
東京ディズニーランド
 知人から我々家族へのプレゼントという名目で東京ディズニーリゾート。晴れていたら陸、雨だったら海という予定だったんだけど、今日の天気は・・・曇り。そうきたか(°ー°)ゞ。ともかく、少なくとも雨は降っていないということで、陸に上陸。
 平日ではあったものの、もともと混雑具合は こんなものか? ただ、アトラクションの待ち時間は・・・物によって随分とムラが あるなと感じた。とはいえ、当初予定していたものは・・・8割ぐらい見て回れたかな。4歳の息子がビッグサンダーマウンテンに乗りたがり、しっかりと楽しんでいたのには正直驚いたんだけど(・o・)、これも成長なんだね。
 また、私にとっても初体験となったスターツアーズでは1つ、素晴らしい予想外が。ドイツの知人は片目が全く見えず、もう片方も ほとんど見えていない。その ほとんど見えていない片目で色々と見ているため、3D眼鏡による立体映像を体験したことが無い。なんだけど、スターツアーズの3D映像は生まれて初めて ちゃんと見られた、とのこと。すぐさま お代わり搭乗していた。
 私にとっては最早因縁と言っても良いであろうエレクトリカルパレードは最前列でバッチリ見られた。よしっ。そして実は それ以上の因縁なのが ここの花火。子供達と一緒に東京ディズニーリゾート、という展開は今回を含めて6回目。過去5回は いずれも雨だったり強風のせいで花火が中止。なんだけど、今回は初めて花火を見られた。僅か5分という内容だったものの、充分に大満足。
 しかも その花火。蒸気船マークトゥエイン号に乗り、3階から見られた。花火が終わり次第、夜のTDLを周遊。なかなかイイ雰囲気だった。
 お土産を購入してから撤収。東京ディズニーリゾート、こんなに遅くまで居座るのって初めてだったかな。帰り道、息子が陥落したため私が抱っこを担当。久しぶりの長時間抱っこ、疲労困憊の体に響くね(^◇^;)。それだけ息子が大きくなったということか。


10月14日(金)
ドイツ知人と私の1週間
 知人の3度目の来日。前半の関東(+関西)滞在は今日がアッという間の最終日。子供達はスクールに通うため、自宅で別れを告げた。
 知人と私、午前中は銀座にあるアップルストアへ。知人はSIMフリーのiPad最新版が欲しいとのことだったので、先日近所の家電量販店に行ったところ「SIMフリーの物はアップルストア限定での取り扱い」とのこと。ならばということで、もともと固定の予定が入っていなかった今日の午前中に向かった。開店と同時に入店し、10分で用事を済ませられた。早ぇ〜! その足で秋葉原のヨドバシカメラに向かい、iPhone7用のケースを爆買い。
 帰路の電車では人身事故発生のため、40分の足止め。あのさ〜、別に このタイミングで事故起きなくてもイイでしょ(-_-#)? まぁ〜、これが空港に向かうタイミングでなくて良かったと解釈するべきか。運行再開の後、自宅最寄り駅で妻と合流。3人で近所の有名パン屋に行き、そこで昼食。知人は日本風のパン屋を楽しんでいた模様。
 帰宅し、荷物の準備をしてから自宅最寄り駅に行ったら・・・スクールを終えた妻と子供達とバッタリ! と言うか妻の作戦だったんだけど(^-^;)、流石は腹黒な妻だね。改めて お別れの挨拶。この際、息子が「ボクも一緒に行きたい!」って言ってくれたのは嬉しかったね〜。今は無理だけど、来年マミーと息子が2人で欧州に行く際、知人宅にも行こうねと約束をして別れた。
 電車で移動の後、知人と私の2人は羽田空港に到着。1週間前の来日時は国際線ターミナルだったけど、今回は国内線ターミナル。規模が全っ然違う(^-^;)。知人は体が不自由なので、スタッフによる手助けが必要なんだけど、飛行機搭乗直前までは私が同行して手助け。このあたりは3度目の私、すっかり勝手知ったるである。
 無事に見送り、飛行機離陸の瞬間を撮影し、私の撮影係としての任務は完了。すぐさま編集作業となるんだけど、その前に空港内のマッサ〜ヂ店へ。もう、体が もちましぇ〜ん(∩。∩;)ゞ。ディズニーランドが昨日で良かった。今日だったら完璧アウトだった。
 当たり前なんだけど、羽田空港からの帰りの電車内で私は1人。電車内で何度かウトウトしたんだけど、その度に昨日のディズニーランドの夢を見た。私が欧州里帰りを終えた後、帰りの飛行機内で寝ている時は決まって欧州に滞在している時の夢を見るんだけど、それと同じような現象、なのかな。知人に付きっきりの1週間だったんだけど、お陰様で私も楽しい思いをさせてもらった。また、自宅では いつも妻が何かと助力してくれるので非常に助かった。妻あっての今回の企画である。
 抜け殻状態になった私なんだけど、帰宅後の家族の出迎えが嬉しかった。夜は早速 編集作業・・・という気力も体力も残っておらず、バタンキューだった。


10月15日(土)
自分は恐ろしい物を購入したと実感
 1週間の疲労が蓄積しているため、朝は ゆっくりしたかったんだけど、そうもいかない事情が。編集作業・・・ではなく、娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこのWebサイト関係の引き継ぎである。これも私にとっての大切な作業だからね。資料の作成および引き継ぎは無事に終了。帰宅後は・・・しばらくグロッキー。私も若くないね(^_-)ゞ。
 夜、子供達が寝静まってから編集作業を開始したんだけどぉ〜・・・ここで1つ、自分は恐ろしい物を購入したんだなと改めて実感。それはビデオカメラ専用機。
 今回の知人の滞在中、動画撮影は いつものようにコンパクトカメラ・・・ではなく、敢えてビデオカメラ専用機を使った。様々な要素を考慮し、到った結論である。
 撮影している間は意識しなかったんだけど、こうして動画を編集しているとぉ〜・・・とにかく手ブレ補正が物凄く強烈! 歩きながらの撮影でも全く気にならない。倍率変更の動きも滑らか。本体の電源を入れてから撮影可能になるまでの所要時間が とにかく短いので、咄嗟の撮影も問題無し。アップにしたら映像が暗くなるという事象も無く。そして! 夜間撮影モード。ビデオカメラを購入した当初は「この機能、一体いつ使うのだ?」って思っていたんだけど、あちこちの場面で大活躍。
 知人滞在中、たま〜にコンパクトカメラで動画撮影することが あったんだけど、その動画と知覚すると差が一目瞭然。やはり餅は餅屋ということか。私が ここ数年、動画撮影を専らコンパクトカメラで行っていた理由は従来のビデオカメラが旧式で、色々と不都合があったから。だけど新しいビデオカメラの場合は それらの不都合が解消されているので・・・となると、今後は普段の動画撮影、ビデオカメラ専用機に戻すべきなのかな!?


10月16日(日)
脚の疲労回復には これ
 ドイツ知人の関東+関西滞在を撮影した動画。合計が60GBを超える大作になっていた(^-^;)。これを全部編集する、というんだから、我ながら凄い。しかも! 今度の木曜日までには投函・・・いや、郵便局窓口から速達で送りたい。
 というのも、4年前の来日時は編集・作成したDVDをドイツに送ったら・・・ドイツ国内には4日で届いたんだけど、知人宅に届くまでに そこから4週間を要するという、信じられない展開になったため。なので2年前は彼女が滞在後半の北海道滞在中のうちにDVDを送り届けたら大いに喜んでもらい、ドイツに帰国したと同時に早速両親と一緒に観て楽しんでくれた、という展開になった。なので、今回も彼女が日本滞在中に送り届けたいという思いがある。
 今日は妻が色々と気を利かせ、子供達を連れて外出してくれた。その間、私は編集作業。日中、明るい時間帯に編集作業。なかなか珍しく、かつ精神衛生的にイイ。ただ、如何せん撮影した動画の量が多いため、時間が いくらあっても足りない(>_<)。
 夕方、子供達が自宅前の公園で遊びたがっていたので、私が引率することに。動画編集のための貴重な時間が・・・(>_<)。と思ったんだけど、よくよく考えてみたら この1週間、本来の父親業が休業状態。子供達が遊んでいる様子を しっかり見守るのも良き気分転換になった。
 肉体疲労は・・・上半身の疲労感は抜けたんだけど、脚が未だに棒状態。ということで、熱湯半身浴を実施。脚の疲労回復には これ、だぁ〜ね。


10月17日(月)
夏休み最終日症候群
 土日・祝日・有給休暇を含めて10連休となった今回なんだけど、毎度ながらアッという間に過ぎるだぁ〜ね。先週の今頃はxxしてたんだよな〜」って思い出すと、それが随分と昔のことに感じてしまう。だけど動画編集をしていると、つい先日その場に行ったとハッキリ自覚できる。何とも、四次元感覚が狂いまくりである。
 午前中は急遽、娘と息子を連れて行くがてらインターナショナルスクールへ。急ぎ、Webサイトに新しい記事を掲載するということで。チャチャッと終わらせて撤収。咄嗟の閃きにより、床屋に立ち寄った。平日の午前中ともなるとスカスカで快適だねぇ〜♪ 外は物凄い雨だったんだけど、ドイツ知人が去った後で良かった。
 帰宅後は動画編集作業。とにかく今回は時間が限られている。果たして間に合うのか段々自信が無くなってきた(^_-)ゞ。夕方、妻から連絡が。息子がプール教室で怪我をし、病院に連れて行きたいので、保険証を持って来てほしいとのこと。編集作業が中断だの四の五の言ってられない状況が発生ということで、保険証を持って妻と合流。そのまま妻は息子を病院へ、私は娘と一緒に自宅へ。以降の家事は私が担当。普段、妻は これらを1人で こなしているんだよね。母は強い。
 息子は通院も手術も必要無いとのことで、そこはホッとした。だけど息子、また傷物になってしまったか・・・折角の美男子が台無しである(>_<)。
 夜は いつものように編集作業。作業が進んだんだか、進んでないんだか、自分でも分からなくなってきた(∩。∩;)ゞ。
 10連休最終日ということで、今日は1日中夏休み最終日症候群・・・と言いたいところだったんだけど、実は10連休に入る前から「社会復帰が辛そうだな〜」って心境になっており。10日間以上にわたって夏休み最終日症候群が続いていたような気がする(^-^;)。


10月18日(火)
社会復帰
 10連休明けではあったものの、いざ出社してみれば・・・いや、大漁の蓄積eメイルさえ捌いてしまえば後は元通り、である。楽しい思い出を いっぱいもらい、英気を養えた。また次の休みを楽しみに、である。


10月19日(水)
やっぱり妻のお陰
 ドイツ知人来日の様子を撮影した動画の編集・DVD作成作業。明日、速達で送付しなければ間に合わないため、今日が作成の締め切り日扱い。とにかく時間が無い。そのため、今日は帰宅して夕食を終えた後、子供達の相手は妻に任せて私は作業に専念させてもらった。
 動画編集そのものは昨日の時点で終わっていたので、今日はDVDの作成および動作確認。動作確認は仮想ディスクを作成し、パソコンで2倍速再生することによって実施して所要時間短縮。何点か要修正部分が あったので、即座に対応。最終的にOKが出た物から順次DVD書き込み。
 編集作業の時は単に「何月何日の分」としか意識していなかったんだけど、最終的に編集済みの物として出来上がった動画ファイルは合計の再生時間が・・・7時間を超えていた(゜д゜)。娘と息子のDVDアルバムでいくと3枚分以上に該当する量を この4日間で編集したことになる。初めから その数字を知っていたら戦意喪失して、今日の締切に間に合わなかったこと確実。世の中、知らない方がイイということも沢山あるようで。ともかく、いかに2層式DVD-Rを浸かったとしても、とても1枚には収まりきらず。2層式DVD-Rを3枚組にするという、前代未聞の対応となった。後出し論だけど、BDにしても良かったんだべか(^-^;)?
 合間合間にパッケージやらDVDラベルのデザインをし、印刷をし、遂に完成。ふ〜っ、何とか締切に間に合った〜。
 とはいえ、ドイツ知人に対する接待やら今回の無茶苦茶な日程のDVD作成作業を無事に終えられたのは やっぱり妻のお陰。迎撃準備、接待中の子供達の相手、私が編集作業に集中している間の時間稼ぎ。どれか1つでも欠けようものなら、今回の結果は生まれなかった。


10月20日(木)
案外発生しなかった燃え尽き症候群
 昨夜完成したドイツ知人向けのDVDを今朝、郵便局から速達で送付。配達途中でチョンボが発生しない限り、知人が日本滞在中に届く。これにより、ドイツ知人に対する一連の接待・作業は ひとまず完了。若干の残存作業は あるものの、それは11月下旬まで待つ必要があり。一気に肩の荷が下りた。
 私が前々から心配していたのは燃え尽き症候群の発症。だけど今回は予想外に(?)発生しなかったかな。ドイツ知人のための作業は終わりなんだけど、関西1泊2日旅行に同行してくれた兄夫妻用のDVD作成が あったり(ほぼ先日までの作業内容を流用だけど)、そして この2週間ほど中断していた娘と息子のDVDアルバム作成作業が たんまりと溜まっていたり。残念ながら(?)休む暇は全く無い。


10月21日(金)
やること、いっぱいある・・・
 ドイツ知人関連のDVD作成作業は亜種も含めて昨日の時点で完了。今日から楽が できるかというとぉ〜・・・そんなことは全く無く。日課になっている娘と息子のDVDアルバム作りを再開というのは勿論、娘と息子のWebサイトが・・・自分でも久々に見たら、当然 物凄ぉ〜く更新が滞っている(^-^;)。なので、まずは後者から着手。文字通り一夜漬けで3週間分を一気に更新ふぅ〜っ。とはいえ、まだまだ やること、いっぱいある・・・。
 通常は毎週日曜日の夜恒例となっているマミーとのスカイプ(テレビ電話)なんだけど、諸般の事情により今夜実施。理由は・・・現在は北海道に滞在中のドイツ知人が2日後に帰国するため。ほんの1週間前まで ここにいた彼女、今はパソコン画面の向こう側にいる、というのが不思議な感覚。超・過密日程だった関東での1週間とは対象的に、北海道では ゆったりとした日程を楽しむと同時に、関東での疲れを癒やせていた模様。
 また、私が気にしていたDVD、今日無事に届いたとのことでホッとし、一気に肩の力が抜けた。ようやく燃え尽き症候群発症のようである( ̄∇ ̄*)ゞ。
 息子の反応を見ていたら・・・来年の初渡欧が現実味を帯びてきたかな!?


10月22日(土)
息子の自転車
 一昨日、息子用の自転車を購入。既にペダル無し自転車で散々訓練を積んでいたので、一気に補助輪無しの物を購入。近所の公園で練習したんだけどぉ〜・・・いきなり ちゃんと こげているのでビックリ。親の補助が必要なのは初動のみ。なんだけど、折角 公園に練習しに来ているはずなのに、練習は そこそこに、とっとと砂遊びを開始(^-^;)。さて、公道を走れるようになるのは いつになるのかな・・・。
 夜は通常の動画編集作業。いつの間にか2か月分も溜まっており、焦りも相当なものである(°ー°)ゞ。


10月23日(日)
ドイツ祭り
 午前は自宅目の前の公園で息子の自転車練習。私が誘導することにより、昨日よりは練習時間が長くなったかな。昼食後は空のポットボトルをバットに見立てて野球を やりたいと娘が言い出したので、再び公園に行った。そしたら・・・蝶々やトンボを目にした娘が一目散に突撃。素手で捕まえ、それをペットボトルに入れた。あのう・・・野球やるんぢゃなかったの(^-^;)? まぁ〜、本来の目的を忘れて他のことに熱中するのは いつものこと。それにしても蝶々を4匹も素手で捕まえペットボトルに捕獲するとは、娘の将来は昆虫博士か!?
 その後、最寄りの複合買い物施設へ。毎年恒例のドイツ祭りが開催されていた。もしドイツの知人を ここに連れてきていたら どう思ったのかな、なぁ〜んて思いが駆け巡ったり。ともかく、娘も息子もドイツ菓子およびソーセージ、それにドイツの音楽を楽しんでいた様子。3.4mもあるアルプスホルンを吹いてみたい人の募集が かかったら、子供達が2人とも立候補。ちゃんと吹けたのでビックリ。その後、参加者達が一緒になってラインダンス。うん、子供達のイイ映像が撮れたな・・・( ̄ー ̄)。
 夜は日曜日恒例、マミーとのスカイプ(テレビ電話)。今日の午前中にドイツの知人が北海道を飛び立ったということで、マミーも肩の力が抜けたと同時に燃え尽き症候群発症のようで。私の直接接待は1週間以上前に終わっており、DVD作成も終わり、彼女の手元に ちゃんとDVDが届いたことを見届けている。なんだけど、今日の この会話の中で本当に全てが終了したんだなという実感が湧いた。


10月24日(月)
選手交代
 新規購入したビデオカメラ専用機。当初は特定行事の時にだけ使うつもりだった。外に持ち運ぶとなると、それなりの体積な訳だし。なんだけど9月に弟家族と一緒に動物公園に行った際。「折角だから、頑張ってビデオカメラ専用機を持って行ってみよう」と思って これで撮影したら・・・分かっていたことだけど凄い結果に。
 何が凄いって、電源を入れてから実際に撮影できるまでの所要時間が一瞬。ブレ防止が圧倒的で歩きながらの撮影でも大丈夫。20倍ズームにしても映像が暗くならない。倍率変更の動きがスムーズ。
 ということで、10月にドイツの知人が来日した際も動画撮影は専らビデオカメラ専用機。
 となると、持ち運びを気にしなくてよい自宅での動画撮影も専らビデオカメラ専用機になった。いや「戻った」という表現の方が適切なのかな。
 とはいえ、コンパクトカメラの立場が無くなったのかというと、そういうことは無く。あれだけ小さな本体で きちんとした写真、きちんとした動画の両方を撮影できてしまう万能性、携帯性、小回りの効きやすさ。どれをとっても優等生である。


10月25日(火)
影を落とす? 水を差す?
 残念ながら(?)詳細をここに書けないんだけど、非常に嫌な事実を知ってしまった。とても順調に いっているように見えていた件。そこに影を落とすと言うか水を差すような事実。自分は何も悪くないし、その件に直接関わっている訳でもない。なんだけど、猛烈にイヤな気分が ずっと続いた。
 思い当たる節は・・・全く無い、という訳ではない。多少は あった。だけど、まさか それが今回の結果に繋がるほど大きな影響をもたらすとは想像できず。私が知らないところで もっと色々と あったんだろうね。
 世の中、知らない方がイイことが 色々と ある。


10月26日(水)
我ながら暴走機関車
 私の日課になっている娘と息子のDVDアルバム作り。ドイツ知人の接待により2週間の空白期間が発生したり、いつの間にか累積していたりということが重なり、未編集のまま残っている動画が約2か月分溜まっている。なかなか焦る(゜д゜)。
 先週の土曜日から日課を再開させたんだけど、今日DVDが1枚出来上がった。収録した日数は3週間。作成所要時間は僅かに5日。我ながら暴走機関車ペースだ(^-^;)。このペースを持続できるのであれば、溜まっていた2か月分、すぐに消化できるんだけどぉ〜・・・世の中、なかなか そうもいかないのよね(∩。∩;)ゞ。


10月27日(木)
嫌な季節になった・・・
 扉に触った際に「バチッ!」。そうか〜・・・。原因は不明だけど、昔から静電気を帯びやすい私。嫌な季節になった・・・。


10月28日(金)
亜種作成も なんなりと
 亜種、つっても、コンピューターウイルスの話ではなく。娘と息子のDVDアルバム。作る目的というか、「この人に観てもらうため」の第1対象は父。いつも新作の到着を心待ちにし、新作を見終わる度に電話をかけてくれる。作っている側も張り合いが出てくる。第2対象は自分達。今すぐ観る・・・というよりは、数年後に写真アルバムをめくるような感覚で これを観たいと思っている。第3対象はマミー。以前は父と同率1位だったんだけど、欲しい言っている割には実はロクに観ていないことが判明し、それ以降 その都度郵送するのがバカバカしくなった。ということで、現在は3か月に1度 直接会った際に まとめて手渡すようにしている。
 それとは別に、時々 亜種を作ることがある。典型例は山形に帰省した際やら弟宅に突撃訪問した際。その時の様子だけを切り抜いて収録したDVDを別途作る。ただ、動画は もともと娘と息子を中心として撮影しているのと、別途 再編集するのは結構骨が折れる。なので動画は そのままとして、写真館スライドショーだけ当事者達が中心になるように再作成する。
 以前まではDVDアルバム作りに於いて何が1番憂鬱かって、それは写真館スライドショー作成だった。だけど ひょんな切っ掛けから「こうすれば もっと楽になる」という方法を発見。DVDアルバムを100巻以上作った後になってからの今更ながらの大発見だったんだけど(^_-)ゞ、お陰で それ以降は写真館スライドショーの作成が全く苦でなくなり。これなら亜種作成も何なりと、である。


10月29日(土)
久々の裏サタデークラス
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこの仲良しクラスメイト家族達が週末に集まって一緒に遊ぶ会。厳密な発足時期は・・・意識したことが無かったんだけど、だいたい3年前の今頃。え゛・・・もう3年も続いているのか〜(・o・)。
 当初は土曜日に集まることが大多数だったので、誰が言い出したか「裏サタデークラス」という呼び名になった。だけど他の習い事との兼ね合いで土曜日に参加できない人が増えてきたため、日曜日に実施することが多くなった。この場合は「サンデークラス」という名称を適用。やることは同じだけどね(^_-)ゞ。
 そんな中、今日は敢えて土曜日に実施。久々の裏サタデークラス、である。というのも、今日の内容は妻企画によるミートボール工場見学。この工場見学って日曜日は実施していない。ということで、やむなくということになるんだけど、土曜日実施となった。
 インターナショナルスクールでは こういった社会見学を実施していない。なので、今回この場で子供達が社会見学を体験できる場を設けたい、というのが妻の意向。みんな、思い思いに楽しんでいた模様。妻も私も一安心。
 ただ、工場見学だけでは時間的にも内容的にも中途半端。ということで、この日は晴れていたら工場近くにあるバラ園で2次会(?)という予定を組んだ。週間天気予報が日替わり弁当状態だったんだけど、蓋を開けてみたら・・・雨は朝のうちにあがり、日中は晴れた。ふぅ〜っ。
 ということで見学後はバラ園に移動し、まずは ここで昼食。結構いいパン屋があるので、そこで購入し、バラ園に入園。こんなこともあろうかと大きい茣蓙を持参したので、みんなでそこに座って昼食。バラは丁度秋の見頃を迎えていた・・・んだけど、子供達には花より遊び、かな。まるでディズニー映画に出てくる森のような敷地内を縦横無尽に駆け回っていた。
 ただ、1つ悪い予想外が。プール教室で一緒の子とバッタリ。普段であればイイ展開。だけど今日に限って言えば・・・その子は日本語しか話せないので、他のスクールの友達も日本語に引き摺られてしまい。1年前のサンデークラスでも似たような展開があり、悪夢再来であった(-_-#)。


10月30日(日)
家族4人で初めての
 朝は久々に ゆっくり寝た。私の偽らざる疲労度が よく分かった気がする。午前中、まずは家族全員で図書館へ。この際の交通手段は・・・自転車。家族4人で こうやって自転車でお出掛けというのは初めての展開だった。何気に嬉しい。
 図書館。子供達は あの本も この本もと次々と手に取って読んだり見たり借りたり。こうして本に興味を持ってくれる、というのはイイことだ。
 昼食は妻の提案により ここの近くにある有名どころのパン屋。昨日と似たような展開かな(^-^;)。いつもと比較すると混雑具合が かなり緩和されており、有り難かった。
 続いては自宅から最寄りの複合買い物施設。娘がハロウィーンのコスプレコンテストを見たいということだったんだけどぉ〜・・・1時間近くにわたって開催されたコンテスト、娘は物凄い集中力で食い入るように見ていた。
 ハロウィーンということで、あちこちの店舗で子供が「お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ!」って脅しをかけると お菓子をもらえるという、何とも凄い催し事が開催中。ということで、コンテストの後は娘と息子の3人であちこちの店を回り、お菓子をもらいまくった。私が幼少の頃の七夕を思い出した。・・・という表現で何のことか分かる人がいたら、その人は私と同郷、である。
 折角の機会なので、私からも お菓子。ということで お菓子専門店に行き「大きさに関わらず1人2つまで選んでイイよ」って言ったら・・・娘が選んだのは巨大な箱詰め(^-^;)。まぁ〜、確かに、大きさに関わらずという約束だったので購入。想定外の大型出費となったけど、まぁ〜、いっか(^_-)ゞ。


10月31日(月)
ハロウィーン
 娘と息子が通うインターナショナルスクールでは年間3大行事とも言える存在になりつつあるハロウィーンパーティー。毎年趣向を変えているんだけど、1つハッキリ言えることは・・・私は その場に同席できない、ということ(-_-#)。理由は息子誕生の瞬間に立ち会えなかったのと同じ、である。
 今回、子供達が着る衣装。息子は去年と同じがイイということだったんだけど、帽子が小さくなったため、別途で購入したら・・・結構イイ値段取られた(>_<)。
 娘は・・・ティンカーベルの双子ペリウィンクル。有名どころとは言えないキャラクターということで、これを模した衣装は扱いが少ない上にサイズが小さかったり、売り切れだったり、良さげな物は海外の怪しいサイトでしか扱われておらず(-_-#)。そこで妻が奮起し、手作りすることに。すげぇ〜(・o・)。1か月以上前から準備を進め、娘も裁縫を手伝い。こういうの、イイねぇ〜。ただ、その様子を見ていたんだけど、やっぱり当日は私は同席できないということで、無念の思いばかりが募った。
 それを察知した・・・のか否かは不明ながら、妻が取った行動。「当日は私が撮影係を担当します!」というスクールに対する宣言。え゛・・・うちの妻、いつから こんなに積極大胆になった(・o・)!? だけど嬉しい。
 会社から帰宅後、妻が撮影した写真を見せてもらった。本人は「物凄いプレッシャーだった」とか「来年は やらない」とか色々ボヤいていたけど、一連の写真は・・・相変わらず流石である。もともと写真撮影に関して妻のセンスは私の遙か上を行くものであり。また、私が「こういう映像が欲しい!」を妻はよく分かってくれている。私生活では妻、だけど、こと撮影現場では頼りになる相棒、といったところかな。
 1か月以上かけて手作りした衣装。今年1回きりになるだろうけど、こうして電子化して永久保存版、である。





ズボラ日記のトップに戻る