まいけるのズボラ日記




2017年3月


3月1日(水)
マウス
 会社の建物内事務所引っ越しに伴い、パソコンのマウスを新調した。従来品に不具合が発生したという訳ではないんだけど、前々から無線式に切り替えたいと思っていたのと、丁度イイ機会なので心機一転という意味合いも込めて。
 今回選んだのは・・・自宅で使っているのと同じシリーズ。但し自宅で使っているのはMサイズなのに対し、会社で使うのはLサイズ。私の手にはLサイズの方がピッタリくるので、奮発した。
 なんだけどぉ〜・・・予想外の落とし穴が。それは「マウス自体が重くて使いづらい」ということ。足下をすくわれた心境である(>_<)。使っていくうちに慣れれば それで良し。慣れないようであれば・・・自宅の第2パソコン用マウス(Mサイズ・無線式)と交換するのも手かな・・・。


3月2日(木)
まさか・・・出ない?
 私が愛用しているコンパクトカメラはパナソニック製。毎年1月になると新モデルが発表され、3月に発売される。・・・はずなんだけど、今年は待てど暮らせどパナソニック新製品の情報が出てこない。いや、パナソニック製の新製品情報は色々と出ているんだけど、いずれも一眼レフだのミラーレス一眼関係のみ。コンパクトカメラの情報が一切含まれていない。
 コンパクトカメラは業界全体的に売り上げが低調ということで、どこのメーカーも量を減らしたり、種類を絞ったり、といった話は よく耳にする。ニコンが製造を進めていた新型のハイエンドコンパクトカメラを発売中止した、というニュースも出ていたし。
 そんな状況下であっても、パナソニックからは毎年3月に望遠モデルを発売し続けていたんだけどぉ〜・・・まさか、今年からは もう出ない? となると私、非常に困るぞ・・・。今の機種は だいぶハード的に疲労困憊状態。唯一の買い換え候補は1年前に出たハイエンドコンパクトカメラなんだけど、1点どうしても譲れない機能的問題が あり、それで今年出るであろう後継機種に期待を寄せていた。さて、どうする私(>_<)。


3月3日(金)
雛祭り
 恒例が2つ。まずはインターナショナルスクールでハンガリー国旗ゼリー・・・と言うか3色ゼリーが振る舞われる。作るのは私(^-^;)。私が小学生・中学生時代、雛祭りの際は給食に3色ゼリーが出てくるのを毎年楽しみにしていたので、その時の楽しさを今度は次の代に体験してもらう番。3年前に初めて作った時は9個で足りたんだけど、今年は32個。スクールが それだけ大きくなったことを実感する瞬間である。
 2つ目の恒例は夕食に何かしらのお寿司。今年は自宅最寄りの回転寿司へ。今日の板前さん、随分とイキが良かったのが印象的(^-^;)。統一料金ではなく、お皿毎に価格設定されているため、安心して食べられないのが玉に瑕(^_-)ゞ。だけど家族4人、楽しい夕食だった。


3月4日(土)
今年最初のアンデルセン公園
 に行ってきた。うっかり日本の総合公園というか遊園施設というか、ともかく それ関係で満足度が東京ディズニー陸、海に続く第3位として紹介されて以降、いつ来ても人・人・人で、うんざり。だけど今日は まだ寒い季節だからなのか、思っていたほどの混み具合ではなかった。いや、寒い割には結構な人の入りだったべか。
 今日ここに来た最大の目的は娘の元クラスメイトが所属するダンススクールの発表会。ママ友から その写真撮影依頼を受けたということで。動画撮影が専業の私に対して写真撮影を依頼してくる人って世間広といえど彼女だけ( ̄∇ ̄*)ゞ。とはいえ、ここは張り切って、である。
 ダンスも撮影も無事に終了。ただ、サンデークラスの面々に対して この日のことを告知していたんだけど、誰も来なかったのは正直なところ寂しかった。まぁ〜、皆さん、夫々に予定が あったから、と思うことにしている。また、ダンスが終わった後は娘とクラスメイトが一緒に遊ぶ展開にはならず。クラスメイトはダンス仲間達と遊びだし。まぁ〜、そんなものなのかな。そのため、ママ友に対するカメラ講座の後半は中止にせざるを得ず。満足感の中にも色々と残念感の残る、複雑な心境だった。
 気を取り直し。ダンス発表会の後は家族4人でアンデルセン公園内の・・・主にアスレチック関係。早目に撤収するつもりだったんだけど、何だかんだで閉園時間まで居座ることになり。まっ、子供達が満足しているようなので良かった。
 夕食はアンデルセン公園と ほぼセット扱いになっているファミリーレストランにて。今日は疲れたけど、明日は何の予定も無い日曜日。うん、これぞ清く正しい土曜日の過ごし方(?)である。


3月5日(日)
契約更新
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。私は そこのIT・広報関係という肩書きがあるんだけど、実は1年契約。それを毎年更新している。2月いっぱいで契約が終了するも、その後は更新の話が出ず。あれっ!? 私、もう お払い箱になったのかな(^-^;)。となると、うっかり活動する訳にいかない。困ったρ(-ω-)。
 ・・・と思ったら今日、契約更新の話が来たので、即答した。また1年、充実した内容にしていきたいだぁ〜ね。


3月6日(月)
正直、出てくるのは嫉妬感
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこに新スタッフが加入した。その人の出身国は・・・ぬわんとオーストリー(^-^;)。更に! その人はオーストリー人と日本人との混血。う゛わ゛あぁ〜、日本でオーストリー人に会うのは初めてなんだけど(自分自身とマミーを除く)、まさか血の混合比まで全く同じ人に出会うことになるとは(^_-)ゞ。
 その人はオーストリーで育ちで、今は日本滞在。育った地ではなく、もう片方の祖国に思いを寄せるというところまでは私と同じ。だけど、それ以外は私と全く違っている。
 まずはもう片方の祖国に思いを寄せるだけで終わらず、実際に来てしまっている実行力。次に語学が とことん堪能。母語のドイツ語は勿論、世界の共通語である英語、それに もう1つの祖国の言語である日本語、更には おフランス語も堪能という、マルチリンガル。そして容姿端麗。更に! 美術関係の博士号を持っており、先日 何やら凄い賞を受けたことが新聞にデカデカと載っていた。
 他方の私。先日会社で受けたTOEICの結果が出たんだけど〜・・・結果は過去最低タイρ(-ω-)。そりゃあ、TOEICの点数と実際の会話能力に相関関係が無いのは分かっている。TOEICは所詮 日本と韓国だけのもの状態で、世界的な知名度は劇低というのも知っている。とはいえ、娘が誕生して以降の6年半ずっと英語漬けだった私、点数が下がったというのは・・・頭では分かっていても、かなり屈辱である(-_-#)。
 そんな状況下でスクールの新スタッフを見ていると・・・正直、出てくるのは嫉妬感だけであるρ(-ω-)。


3月7日(火)
何年ぶりかの お裁縫
 私服・会社用の服装いずれの場合も、ズボンのポケットに入っている物は同じ。そのうちの1つがフリスク(の類似品)。ある時、歩いていたらポケットの中のフリスクが落ちた。・・・えっ、ど〜ゆ〜こと!? と思って確認してみたらポケットに穴が空いていた。何ぢゃい、この展開は(゜д゜)。
 ということで夜、お裁縫道具を取り出した。私が最後に お裁縫をしたのって、何年前の話になるのかな・・・。小学校・中学校時代の家庭科で料理は大得意だった私なんだけど、裁縫は・・・まぁ〜、そこそこ。そんな家庭科の時間を思い出しながら束の間の裁縫作業だった。


3月8日(水)
増えた睡眠回数
 従来、平日は1日に4回睡眠を取っていた私。まず通常の就寝。次に朝の痛勤電車内。続いて会社の昼休み。そして帰りの通勤電車内。なので、通常就寝時の睡眠時間が短くても、1日の合計は そこそこの数値になるので、支障が出ない。
 なんだけど、最近になって睡眠回数が1回増えた。それは・・・夜の子供達の寝かしつけ時。従来は絵本を読み(勿論、英語の)、子供が寝息を立てるまで自分が うっかり寝落ちしないよう、気合いを入れ続けなければならなかった。うっかり寝落ちすると悲惨な展開(?)になってしまうし、子供達が なかなか寝付かない場合、ただ じっと待機しているだけの時間が流れることになる。
 なので、そこは発想の転換。子供達が確実に寝息を立てるであろう時間に目覚まし時計を設定し、自分は遠慮なく寝てしまおう、というもの。1日動いて疲れた頭に対して効果的な仮眠になり、目覚めた後の動画編集作業が効率的になる。うん、イイ傾向だ。


3月9日(木)
今回は早かった
 私の日課になっている娘と息子のDVDアルバム作り。油断していると、アッという間に編集作業待ちの動画が溜まっていく。つい先日、気が付いたら2か月分近くの動画が溜まっており、猛烈に焦った。今回は それを教訓とし、急ぎ作業を進めたら・・・暴走特急状態。1か月分を1週間で編集してしまった。まぁ〜、ある程度 夜の作業時間を確保できるようになったというか、夜の仮眠(?)導入が効果的だったようで。
 このままの勢いで残り1か月分を!・・・といきたいんだけど、それは小休止。いよいよ1週間後に迫った娘の卒園式。その前準備作業に突入である。


3月10日(金)
さぁ、いよいよ開始
 来週、卒園式を迎える娘。私と妻は卒園生の親、という立場としてよりも、撮影者として例年通りに列席する。ど〜せ私のことだから、親御さん用の席に座って じっとしてたら絶対に落ち着けないのは分かりきっているし(^-^;)。
 動画撮影の場合は当日の撮影だけで終わらず。その後は編集してDVDを作ることになる。だけど、納期が目茶苦茶短い関係上、それでは期日に間に合わない。事前に できる部分は全て やっておく必要がある。過去を振り返る写真館スライドショー用の写真選定、英語演説の翻訳、使う音楽の選定、パッケージの おおよそのデザイン。
 3年前、初めての卒園式撮影の時は右も左も分からず、上述の事前準備は当然できず。なので撮影が終わった後に一式を一気に実施したら・・・泣きが入った(>_<)。だけど その時の経験が大きな教訓となり、2回目以降は事前にできることは全て実施するようになり。それが今日に続いている。
 で、卒園式まで残り1週間を切り。既にパラパラッと手は付けていたものの、今日から本格的に準備作業開始。何が1番時間がかかるかというとぉ〜・・・卒園生の過去を振り返る写真館スライドショー用の写真選定。特に娘の場合は在園期間が4年と長い。また、素材となる写真は私の手元にあったり、スクールの電子掲示板にあったり。前者はともかく、後者は時系列が混沌状態で公開されている。そして今回の卒園生は娘を含めて3人いるので、3人分バランス良く選定する必要がある。
 写真選定作業に於ける厄介な問題は・・・写真を見ながら、私が思い出にふけってしまうこと( ̄∇ ̄*)ゞ。作業が進まないったら ありゃ〜しない。


3月11日(土)
英検3級
 午前中は子供達と3人で隣駅近くにあるプラネタリウムに行ってきた。ここは以前、星空観察会で来た場所。ここでプラネタリウムを見るのは初めてだったんだけど、うん、安近短ということで子供達も私も気に入った。今後も ちょくちょく来ることになりそう。
 帰宅後。妻と息子は買い物に。私と娘は家に残り、英検3級の過去問題に挑戦。・・・あ゛、私ではなく、娘が、ね。子供達に対する英語教育の目的は「テストで良い点を取るため」とか「お受験のため」とか「英検やTOEFLで好成績を残すため」ではない。なんだけど、今の英語力が どのぐらいなのかを知るための指標として妻が選んだのが英検。これなら過去問題を入手しやすいし、こと日本国内ではハッキリとした指標として使える。
 ということで今回、まずは3級の過去問題に挑戦したんだけどぉ〜・・・見事に合格点を取得。少なくとも中学3年卒業段階の英語力が身についている、ということが判明した。また、試験中の娘も集中して・楽しそうに やっており。試験のプレッシャーとは無縁と言うか、本人は それを分かっていないというか(^-^;)。とはいえ、イイことだ。
 私は英検の資格を持っておらず、先日受けたTOEICは過去最低タイの点数。それと比較して娘の充実度。うん、娘は既に親を越えたな( ̄∇ ̄*)ゞ。


3月12日(日)
悲劇を乗り越えてのデビュー戦
 私が愛用しているコンパクトカメラ。毎年春に新モデルが出るので、今年は買い替えようと思っていた・・・んだけど、今年は新モデルの話題が出てこない(-_-#)。とうとうパナソニックもコンパクトカメラ事業から撤退か!? しびれを切らせてパナソニックの問い合わせ窓口に聞いてみたところ・・・「撤退とも、継続とも話は出ていない」という当たり障りの無い・ソツの無い・役に立たない回答。ダメぢゃんρ(-ω-)。
 ということで、今年のコンパクトカメラ買い換えは早々と見送りが決定。その分の予算で代わりに購入したのが・・・一眼レフカメラ用のレンズ。世に言う「便利レンズ」という物で、近接撮影から望遠まで1本で こなしてしまうという優れもの。
 これは前々から欲しい・欲しいと思いつつも、結構イイ値段したり、実は それほど需要が無かったり。なんだけど、費用に関しては前述の通り、今年は確保できた。また、娘が小学校に入学したら、運動会や学芸会で使う機会が増える。そして! 以前に妻が「便利レンズが あればイイのにな〜」ってボヤいていたこともあり。
 それで、熱帯雨林で価格を確認したら・・・あらま、この数年間で値段が半額近くにまで下がっていた(・o・)。こりゃ、ありがたい。ただ、念のため もう1日じっくり考える時間を確保したら・・・まぁ〜、結論は変わらず(^-^;)。ということで、いよいよ熱帯雨林で注文しようとしたら・・・1日で値段が前日比で1.3倍に跳ね上がっていた(゜д゜)。何だよ、それ・・・ρ(-ω-)。教訓。思い立ったが吉日。
 ここで一気に迷いが生じた。もう数日待てば値段が下がるか?・・・とはいえ、それだと卒園式に間に合わなくなる。今の価格で購入するか? それとも・・・ほんの少し上乗せして、1つ上級のレンズにするか? 卒園式までの日程を考えると、もう迷っている暇は無い。
 こういう場合、私の経験則でいくと初期費用をケチったら後々まで ずっと後悔する展開になる。娘と息子に対する出資と考えてみる。となると、自ずと結論は1つとなった。
 ということで今日、子供達が公園で遊ぶ際、上級便利レンズのデビュー戦となった。従来の標準レンズと比較するとズシッとくる重さ。倍率変更のためにレンズを捻ると・・・結構 きつい。使い慣れていない分、まだ違和感は ある。だけど その性能、気に入った。弾けたシャボン玉の粒というか 滴と言うか・・・それ1つ1つがハッキリ見えたのには感動した。


3月13日(月)
直径数mmによる損害
 私が通勤時に用いている入れ物はリュックサック。手提げ鞄だと手が痛いし、ショルダーバッグだと片方の肩だけが痛くなったり疲れたり。そこいくとリュックサックは両肩と背中全体で背負うので、負荷が分散するし、何より両手を自由に使える。また、仕事帰りに買い物に立ち寄る際、大量に物を詰め込むことができ、レジ袋いらず。仕事の時以外に お出掛けの際もビッシビシ活躍する。
 そのリュックサック。底の部分に直径数mmの穴を発見(゜д゜)。横なり上なら まだしも、よりによって底の部分。これでは もう使えない。全体面積・・・なのか体積なのかは ともかく、それに占める僅かな部分の穴が致命傷。恐ろしい世の中だぁ〜ね。
 ということで、新しいリュックサックを購入。従来品と同じ系統で、模様だけ違うという物。従来品は とこっとん選び抜いた品なので、それと同系列にしておけば機能的にも使い勝手的にも問題無い。


3月14日(火)
ようやく下準備完了
 今週の木曜日、いよいよ卒園式を迎える娘。私と妻は 例年と同じく、会場で撮影係として走り回る。
 私の場合、当日は動画撮影し、その後は編集作業・DVD作成作業に入る。だけど猛烈に短納期のため、事前にできることは今のうちに やっておきたい。ということで、先週末から下準備作業を実施しているんだけどぉ〜・・・とにかく時間が かかる、かかる。卒園式当日までに終わらないんぢゃないかという不安が大きくなってきたんだけど、今日ようやく下準備完了。ふぅ〜っ。これで卒園式後は編集作業に集中できるというものである。
 だけど事の性質上、この事前準備作業は・・・今後、毎年 更に時間を要することになる。もっと長く準備期間を設けなければ、だぁ〜ね。


3月15日(水)
列席だけのための襲来
 マミーが襲来した。従来、この時期はマミーが襲来せず、我々が北海道に向かう。なんだけど、今年は様相が違い。娘の卒園式に列席したい、というマミーの希望によるものである。丁度航空券代がバカみたいに安かったので、都合良かった。今回は卒園式に列席する、それだけのための襲来。孫を思うお婆ちゃんは強し、である。
 夜、私は卒園式前日の確認・準備作業。機械は正常に動作するか? 充電池は満タンか? フィルムは沢山持ったか?・・・って、ンな訳ないか(^-^;)。毎年の事ながら、猛烈な武者震い。だけど この緊張感を楽しんでいるのも毎年恒例、である。
 とはいえ、例年は送り出す立場なのに対し、今年は送られる立場でもある。親としても違う心境になってしまう。


3月16日(木)
卒園式
 いよいよ娘の卒園式である。幼稚園と違い、卒園式が終わった後も、3月いっぱいは通常通りに通園する。あ゛、厳密には4月に入ってからも、小学校の入学式直前までは従来通りに通園するし、夏休みや冬休み期間中はインターナショナルスクールの日中の授業に通園する。更には小学校に入ってからも、スクールには学童保育の時間帯に通い続ける。・・・という状況下なんだけど、今日という日が大きな節目であることに変わりは無い。
 例年、私と妻は撮影係なんだけど、卒園生の親御さんとなった今回は・・・やっぱり撮影係( ̄∇ ̄*)ゞ。正直、親御さん用の席に座っていたら絶対に落ち着けない。それは妻も同じかもしれない。ともかく、例年と同じように私はスタッフの立場として早目に会場入りし、撮影のための準備作業。今回は広い会場で実施ということで、従来とは勝手が違い。とはいえ、広く動ける分、やりやすそうだ。
 ほどなくして今回の卒園生家族達が到着したので、順次 本格風の記念撮影。自分達の分は・・・スクールの現場スタッフが撮影してくれた。こちらのスタッフに対してはスクールのIT・広報関係で二人三脚の1年だったものの、5月の退任が決まっており。色々と思うところがあるんだけど、娘を送り届けてもらうことができ、ホッとしている。
 在校生の家族が次々と到着し、いよいよ卒園式開始と同時に、我々夫妻の撮影開始。猛烈な重圧・緊張感の中での撮影なんだけど、それを楽しんでいる自分が嬉しい。
 今回、急遽 会場が広い場所に変更になったのに伴い、私から1つ提案。それは音楽に合わせて卒園生を入場させる、というもの。即採用されたんだけど、その際の選曲は私に一任された。となると使う曲は1つ。スターウォーズ エピソード4にてルーク、ソロ、チューバッカが表彰を受ける場面で流れていた曲。うん、イイ感じの入場となった。
 今回は新規に購入したビデオカメラを用いて動画撮影したり、一眼レフカメラ用に新しく導入したレンズを使って写真撮影したり。小学校入学後を見据えて増強した装備が活躍することとなった。また、娘が送られる立場というのが従来と大きく違っているところ。おっと、スクール全体の人数も随分と増えたね。3年前、初めての卒園式の時とは偉い違いである。
 私は撮影係という立場上、事前にプログラムの内容は勿論のこと、祝辞やら答辞の内容も受け取っている。種も仕掛けも分かっている状況で見る手品、或いは犯人が分かっている状態で読み進める推理小説のような状況。ましてや撮影中は一挙手一投足を いちいち気にしている余裕は無い。そんな状況下であっても、やはり娘による答辞は立派だと感じたし、こうして みんなが娘を送り出してくれるというのは非常に嬉しかった。娘本人は まだ そのことを理解できないかもしれないけど、大きくなってから このDVDを改めて観たら、きっと感動してくれる。そう思いながらの撮影だった。
 そして もう1人の功労者は・・・妻。いつも何だかんだボヤきながら写真撮影を頑張ってくれている。それは卒園生の親という立場の今回も変わらず。妻は依頼しやすい存在/立場だから写真撮影係に任命している訳ではない。妻の写真撮影センスがズバ抜けていることと、妻は私が どういう写真を求めているのかを ちゃんと理解した上で撮影してくれている。だから いつも頼りにしている。今日は親御さんからの挨拶という重要任務も こなしてくれていた。一緒に練習していたということで、その内容は勿論 知っていたんだけど、改めて本番会場で聞いていたら・・・うん、良かった。練習を含め、今日が1番うまくできていたんでないべか。2年後は私の番だけど、ここまでうまく話せる気がしない(^_-)ゞ。更に、この日のために卒園生の母親達同士で手作りプレゼントを用意しており。どれだけ苦労したかは この目で見て分かっているので、ここは素直に褒めてあげなければ。
 卒園式が無事に終了した後は昼食会の会場へ。ここには張り詰めた空気は一切無し。和やかな雰囲気の中、終わってほしくない時間がアッという間に過ぎた。
 帰宅後は・・・感動に浸っている暇も、休む暇も無い。妻が遠慮無く大量撮影した写真を選定し、電子掲示板に掲載。続いてDVDの写真館スライドショーに使うための写真を その中から厳選。素材数が多すぎるから、それだけで時間を喰う喰う。
 夕食は5人でピザ食べ放題の店・・・の予定だったんだけど、近所に住む仲良しクラスメイトの母娘が同行。賑やかでイイだぁ〜ね。この夕食は娘に対する ささやかな卒園祝い、そして妻に対する ねぎらいである。・・・つもりが、マミーが支払ってくれることに(^-^;)。ごっつぁんです。娘よ、卒園おめでとう。妻よ、よく頑張った!
 夜、子供達が寝静まった後は すぐさま編集作業開始。明日は会社に行きたくなぁ〜い。・・・って、それは いつものことか(^-^;)。


3月17日(金)
オーストリー率、高し
 本来は編集作業に どっぷりと浸かりたいんだけど、それは明日からの お楽しみ(?)に取っておくとして、今日は いつも以上に渋々出社(^-^;)。但し、いつもより早目に帰宅。とはいえ、それは編集作業のためではなく、夕食の準備。
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。先月からオーストリー人講師が赴任したんだけど、その人は片親が日本人という、まさかまさかの私と全く同じ血液混合比。昨日、卒園式会場で初めて会ったんだけど、マミーが猛烈に彼女のことを気に入ってしまい(^-^;)。まっ、同郷の者同士、お近づきの印にということと、丁度イイ機会だったので、彼女を我が家に招待して夕食を一緒に。家に6人いるうち、5人がオーストリー系という展開になった。
3月18日(土)
いよいよ缶詰作業開始
 朝食は近所のとあるパン屋で。ここに来るのは結構久々だったんだけど、相変わらず繁盛しているだぁ〜ね。
 昼、妻は子供達を連れて「実家に帰らせていただきます!」、マミーはアッという間の滞在を終えて空港へ。今回、マミーにとっては これといった遠出も買い物も無く、娘の卒園式および翌日のスクール送迎だったりプール連行、それにオーストリー系同士での夕食だけだった。だけど かえって それが良かったようで。遠出に対する緊張感やら疲労感も無く、ゆったりした気持ちで過ごせて良かったとのこと。そう言ってもらえると助かる。
 ともかく、これで自宅には2泊3日、私1人。いよいよ缶詰作業の開始。ひたすら編集作業である。ここまで長時間 編集作業に どっぷり浸かれるのは年に1回、この機会だけ。外が明るい時間帯に こういう作業というのは気分がイイし、苦痛は感じない。初めから終着点が見えていることだし。やっていて楽しい・・・のが従来だったんだけど、今年は娘が 送られる立場ということで、色々と思うところを含みながらの作業。妙な心境だった。
 問題となるのは「今日は何時まで作業をするか?」とか「何時まで起きていて大丈夫か?」が青天井になること。こういうのは独身の時以来なんだけど、3日あるので、無理せず、である。


3月19日(日)
卒園式に於ける重大ヒヤリ・・・いや、事故か?
 卒園式。実は この場で1つ恐れていた展開が発生していた。ぬわんと手持ち撮影に用いていたビデオカメラ(従来から使っているDVD録画方式)にてディスクエラーが発生(゜д゜)。一応、ビデオカメラのディスク修復機能を使って「問題無し」という表示は出た。このカメラが止まっている間も、会場後ろからの固定撮影は問題無く続いているので、手持ちビデオカメラの映像が途切れたとしても、そこは大丈夫。とはいえ、大いに焦り、絶望感の漂う展開となった。
 卒園式が終わり、自宅のパソコンで このディスクデータを読み込もうとしたら・・・何度やっても読み込み失敗(゜д゜)。何てこったい、30分近く撮影してきた中身が水の泡・・・(ToT)。藁にもすがる思いで外付けBDドライブを用い、別ソフトを使って読み込みを試みたところ・・・こちらは何とか読み込めた(^o^)。ふぅ〜っ、心臓に悪い展開だったけど、ホッとした。これが去年だったら、この問題を起こしたビデオカメラ(ディスク?)を使って会場後方から固定撮影していたので、誰も気付けなかった訳だし。
 ただ、今回の件。もともと そのビデオカメラは10年前の物。旧式化が激しいのは勿論のこと、画質は大きく劣るし、37分毎にディスク交換が必要だし、今回のように あってはいけない場面でディスクエラーが発生すると、どうしようもなくなる。
 なので去年の初夏に新第1ビデオカメラとして購入した最新式・最上級品とまではいかないにせよ、第2ビデオカメラについても買い替えた方がイイというか無難なのかな。そんな気が多々してきた。まぁ〜、今年の撮影機器予算は一眼レフカメラのレンズに使ってしまったので、また来年になったら、である。
 この とんでもない想定外が発生したり、動作確認中に あちこちで要修正が出てきたものの、編集作業は一通り完了。すぐさまDVD書き込み作業に移った。自分および親類用に3枚、スクールからの注文が33枚。毎年着実に必要枚数が増える。書き込みする外付けBDドライブがフル回転である。
 ・・・なんだけど、ここでも問題発生。DVDに直接印刷するプログラムに誤植発見(゜д゜)。焼き終わり、刷り終わった6枚がお釈迦に。また、印刷している途中でインク残量が風前の灯火となり。今から熱帯雨林で購入しても間に合わないので、仕方なく近所にある山田電気で高価格にて購入。結局、インクは足りた。何ぢゃ、そりゃ!?
 ともかく、全てのDVDを揃え、パッケージに詰め込み終わる頃には日付変更線を大きく越えていた。だけど、明日、このDVDを妻の実家に持って行き、みんなで鑑賞して家族だけの卒園式を、という目標は達成できる見込みとなった。


3月20日(月)
家族だけの卒園祝い
 卒園式のDVD作成作業は昨日・・・というか今朝というか、ともかく紆余曲折を経たものの、完了した。ということで今日は妻と子供達が滞在中の実家へ。行きの電車内ではグッスリだった。
 駅には みんなが迎えに来てくれていた。うれしかったね〜。まずは お墓参りをし、義母に娘の卒園を報告。その姿、生前に見届けてもらいたかったな〜・・・。
 実家に到着後、子供達の庭遊びに付き合ったんだけど、流石に私はグロッキー状態(^-^;)。とはいえ、一緒に遊んで別のことを考えている間は問題無いものだぁ〜ね。
 昼食は父が張りきって用意してくれたバーベキュー。体力がつきそうで有り難い。
 その後は いよいよ卒園式DVDの鑑賞会。みんなから好評いただけてホッとしたのと同時に、当日は列席できなかった父と兄も こうして一緒に卒園祝いができたのが嬉しかった。また、あちこちの親戚から入学祝いを いただく展開となり。受け取る立場になって初めて実感する そのありがたさ、である。
 帰路の電車内。こんな時のために持って来たウルトラブックパソコンで子供達にDVDを見せ、その間 親達はグッスリお昼寝。帰宅後も しばらくの間は お昼寝。お陰で だいぶスッキリした。
 ここ数年繰り返されていることだけど、一連のDVD作成作業。体力的に猛烈に辛いんだけど、それ以上に充実感で いっぱいである。


3月21日(火)
妻の御墨付き
 先日購入したばかりの、一眼レフカメラ用レンズ。短距離・中距離・長距離いずれの撮影も これ1本でこなしてしまう万能型。満足な準備・練習期間無しに、娘の卒園式で いきなりの公式デビュー戦となった。撮影担当は妻だったんだけどぉ〜・・・その妻が とにかく このレンズをベタ褒め。妻にとっても このレンズを使っての本格撮影は初めてだったんだけど、いきなり使いこなせているのが よく分かった。
 妻は基本的に「勿体ない」とか「念のため手元に残しておく」派。なんだけど その妻が「従来のレンズは もう使わないから とっとと売っちゃえば?」って言っていた(^-^;)。さては妻よ、この万能レンズ、相当気に入ったな!? これなら娘が小学校に入学した後、秋の運動会もバッチリである。
 これはイイ買い物をした♪


3月22日(水)
従来とは違うビデオカメラ選び
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこの卒園式の際に発生した重大ヒヤリなのか事故なのか、ともかく それに端を発した私の2台目カメラ買い替え狂想曲。今すぐではなく、それこそ1年後ぐらいに購入する計画となる。なんだけど このご時世、ビデオカメラは そう ちょくちょく新機種が出てくる訳ではなくなり。また、新しく発売されたとしても「基本性能は前の機種と同じで、内蔵メモリーが増えただけ」といった物もザラ。なので「今買うとしたら これ!」と、1年後に選ぶ結果が同じことになる、なぁ〜んて展開は大いに有り得る。
 また、過去のビデオカメラ選びの際は「お金に糸目は付けないので、とにかくイイ物を! 上位機種を!」だったのに対し、今回選ぶのは あくまで2台目。2台のビデオカメラを用いた同時撮影の際、補助用に使う方。なので「あんまし お金をかけず、そこそこの性能があれば充分」という、過去に例の無い選び方。それって意外と難しいかも。
 ということを踏まえ、まさかまさか、このタイミングで再びビデオカメラ選び。こうして ある程度の本気度を持っての物選びって結構楽しいのよね。ともかく、結論は出た。さて1年後、私が最終的に出す結論と相違が出るか否か。私が得意とする長期計画の始まりである。


3月23日(木)
所詮は親のエゴか
 私にとって最古の知人。年に1度、私が北海道入りする際は個別面会・・・まではいかないものの、とある施設にて顔を合わせる機会がある。また、facebookでも繋がっており、時々やりとりが発生する。その知人に先日、待望の第一子が誕生した。
 その知人夫妻は敬虔なキリスト教徒。この家族に限らず、親が何かしら宗教に対する信仰を持っている場合、その子に対しても同じ信仰を持つことを強制することが多い。子供は何が正しくて何が間違っているかを自分で判断できないうちに刷り込みが行われている、と言っても決して誇張表現にはならないはず。
 その知人夫妻も まだ赤ん坊の子供に対して何かしら宗教儀式を行ったという報告やら写真をfacebookにバンバン掲載。信仰を持たない立場の私が見ていると、物凄く違和感を覚える。まぁ〜、各家庭毎に子育てに対する方針があるので、私が とやかく言うべき事ではないか。
 と思ったんだけど、よくよく考えたら我が家に於ける子供達に対する英語教育。これも子供達の意思とは無関係に実施している、と言ってしまえば それまで。「子供達の将来を思って」という便利な言葉・理由付けをしているけど、これも所詮は親のエゴでしかないのかもしれない。


3月24日(金)
今年度最後のランチパーティー
 本来は1月実施分が本年度最後のつもりだった。だけど
・1月の際、私の不手際があり、悔し思いをした
・娘と仲良しクラスメイトに対するスクールでの最後の思い出作りにしたい
ということで、今年度の終了ギリギリのタイミングで もう1度実施することにさせてもらった。
 まずは朝、子供達をスクールへ送り届け。私が娘と こうして通常の平日クラスに一緒に行くのも いよいよ今回が最後となった。いつもだったら「早く送り届けて、さっさと帰りたい」という心境なんだけど、今年に入ってから月1回の送り届けは「この道が ずっと続けばイイのにな」という心境。そして いつもより随分と早くにスクールに到着、そんな心境だった。いや、これに関しては子供達が早くに歩くようになったから、という理由も含まれているのかな。ともかく、今日は1歩1歩噛み締めながらの送り届けだった。
 但し送り届けの後は急いで撤収し、昼食の準備。感傷に浸っている暇は無かったけど、むしろ それが良かったのかもしれない。予想外に時間が かかってしまったんだけど(°ー°)ゞ、スタッフが車で お迎えに来てくれたので、荷物を詰め込んで いざ現地へ。
 今年度5回目となるランチパーティー、今回の献立は映画「わんわん物語」に登場した、スパゲティーのミートボール乗せ。この日の参加園児数は28人。すんげ〜数(^-^;)。というのも、小学校や幼稚園が春休みに突入し、今までの振り替えで日中クラスに来るという事例がチラホラ。まぁ〜、これを見越して・・・という訳ではなかったものの、今日の献立は割と楽に大量生産できる物なので、問題無かった。
 とは言え、今年度の夏以降、急激に園児数が増えたのも事実。料理する側の手間暇・負担増を考えると、もしかしたら私が主催するランチパーティー、確定している次回5月開催分を以て・・・ということも本気で考えなければならないかもしれない。まぁ〜、それは後日に考えるとして。
 少なくとも今日の園児達の反応は・・・今年度の中では1番良かったし、お代わり要請が続出。また、1月に悔しい思いをした件、今回は無事に復讐を果たせた。最近、とある保育園で定員超過だったり、給食の量が少ないというニュースが世間を賑わせていて、私にとっては非常にタイミングが悪かった(∩。∩;)ゞ。だけど今回のランチパーティーも大成功のうちに終了した。
 ただ、娘と一緒にスクールで過ごす(日中クラスとしては)最後の瞬間。楽しい催し事を実施しているはずなのに、私の気分は ず〜っと下降線だった(∩。∩;)ゞ。卒園式自体は先週終わっていたし、娘は小学校入学の前日までスクールの日中クラスに通うし、小学校入学後も学童保育の時間帯にスクールに通い続ける。だけど私が こうして娘の日中クラスに同伴というのは今日が最後となり。卒園式の時は何も感じる余裕が無かったけど、今日は色々な思いが駆け巡り。私の中では今日が卒園式に該当していたのかもしれない。
 放課後は娘と息子を引き連れて水泳教室。前半の1時間は息子が泳ぎ、後半の1時間は娘が泳ぎ。私が こういう形で2人に同伴するのも これが最後。・・・今日は いちいち「最後」という言葉が付きまとってイヤな感じだぁ〜ね( ̄∇ ̄*)ゞ。だけど2人とも随分水泳が上達しているのが よく分かった。
 帰り道は・・・妻が契約しているカーシェアで車を借りてきてくれた。ランチパーティー用の荷物が沢山あるからね。一旦スクールに立ち寄り、荷物を回収し、家族4人でドライブ気分で帰宅。・・・渋滞やら遠回りやらで、歩いて帰るより時間が かかった(^-^;)。


3月25日(土)
こういう過ごし方も ある
 昨夜遅く、娘が熱を出したため・・・という以前に、今日は これといった お出掛けの用事が無く。あ゛、昨日のランチパーティーの際に忘れ物をしたので、それを取りにスクールに行った、ぐらいかな。
 娘が1日中 横になっていたのは勿論のこと、もともと この日は自分自身の休養日というつもりだったので、私も たっぴし お昼寝。先週末までの蓄積疲労が だいぶ抜けた気がする。


3月26日(日)
こういう意味合いも出てきたかぁ〜
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。月に1回、週末に仲良しクラスメイト家族が集まって、週末も英語を駆使して楽しく過ごそう、という企画の裏サタデー/サンデークラス。当初の目的は・・・と言うか、今までの目的は「週末も英語を駆使する機会を子供達に設ける」というものだった。
 なんだけど、ここに来て新たな意味合いが加わることに。それは「定期的な再会の場」。この3月いっぱいを以てスクールの日中クラスを卒園したり、仕事の都合で やむなく転園したり、という人が数組。なんだけど、これらの人達は全員が4月以降も裏サタデー/サンデークラスに継続参加の意思表明をしてくれており。これは嬉しいねぇ〜。
 ともかく、本日は3月のサンデークラスを実施。場所はホームグラウンド(?)とも言える、割と近場の室内遊園施設。ここに来るのは結構久しぶりだったんだけど、内装が そこそこ変わっていたり、照明が明るくなっていたりで、より良い感じになっており。子供達は思う存分暴れていた。
 昼食は ここの建物内のフードコートなんだけど、お気に入りの うどん屋チェーン店が開店しており。安上がりに済み、有り難かった。
 この3月を以て、娘も含めて卒園する子、やむを得ない事情で転園する子がいるものの、4月以降も引き続き この面々でサンデークラスを開催できることとなり、ホッとしている。


3月27日(月)
留守番役
 今日は会社の休業日。今年は土曜日に重なっている祝日が多いということで、休日の日数調整のため、なんだそうで。但し私は出社。世間一般は平日なので、誰かしら会社に留守番係が いた方がイイだろう、ということで。
 但し私の場合、もともと先週の金曜日はランチパーティーで会社をサボるつもりだった。なので、その日は休暇ではなく、今回の休業日分を振り替える形で会社をサボり。なので今日が出社になったとしても、別に貧乏くじを引いた気分には ならなかった。
 しっかし・・・他の部署からも何人かが留守番係として来るのかと思ったら、そういうことは一切無く。電話が ちょくちょく かかってくるんだけど、よそ部署の電話に出ることは禁じられており。たまたま取ってしまった電話、物凄く 厄介な内容で、お休み中の人達を何人も巻き込む展開に(^-^;)。
 こういう中途半端な お休み、どうなんだろうね。


3月28日(火)
ようやく湧いてきた実感
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。卒園式は先々週 行われたんだけど、その後も普通に授業は行われてきた。だけど今日が いよいよ娘にとって最後の通園日となった。まぁ〜、明日は特別行事が あったり、4月に入ってからも小学校入学前日までは通ったり、小学校入学後は学童の時間帯に通ったり、長期休み中は日中クラスに復帰するんだけど(°ー°)ゞ、今日が大きな区切りの日である。
 スクールのWebログは現場スタッフと私が共同で運用している。・・・つっても、実際に書かれている記事の6割は私が書いたもの。気分は すっかりゴーストライター(^m^)。
 今日が娘にとって純粋な立場(?)として最後の通園日ということで、過去のWebログを読み返してみた。色々なことが あったねぇ〜。2度と帰らぬ あの日々のことを思い、ようやく娘がスクールを卒園してしまうんだという実感が湧いてきた。まぁ〜、今の私は一時的に悲観的な状態だけど、小学校でも楽しいことが沢山ある・・・とイイなぁ〜(^-^;)。でも親として関われる頻度は ずっと少なくなる訳であり。
 と思っているつもりなんだけど、娘が通う小学校のWebサイトが あまりにも旧式でショボいのでぇ〜・・・もしかしたら もしかする展開になるかもね(^m^)。


3月29日(水)
毎年反応が違ってくる
 娘と息子が通うインターナショナルスクール。そこの卒園式DVD作成は私にとって毎年大がかりな作業になる。完成度は・・・年々上がっているのか、はたまた横ばいなのかは ともかくとして、これが多くの親御さん達に配付される。
 今年の分も含めて過去に4回作成。面白いのは、このDVDに対する反応が毎年変わってくる、というもの。1番反応が良かったのは断然1回目。卒園生の親御さん達のみならず、在校生の親御さん達からも好評いただき。それだけに留まらず お礼に 高級菓子を沢山いただき、こっちが恐縮してしまった。2番目に反応が良かったのは2回目かな。その次が最近の4回目。
 だけど3回目の時は・・・卒園生達に対してはDVDのみならず、私から世界に1つだけというプレゼントを渡したものの、その親御さん達からはウンともスンとも言ってこず。言っちゃ何だけど、普段の その人物の行いを見て、予想通りの展開だった。勿論、お礼を言ってもらったり、お礼の品を もらうのが目的ではないし、そういうつもりも毛頭無い。だけど人として、物を もらって礼の一言も無しというのが果たして正しいのかな。そう思う瞬間だった。


3月30日(木)
まずは教材選びから
 先日、会社で受けたTOEICにて屈辱的な結果に終わった私。いかにTOEICは所詮 日本と韓国だけの物で世界的に知名度が全く無いとはいえ、いかにTOEICの点数と英会話能力には相関関係が無いとはいえ、少なくとも私にとって過去最低タイの結果だったことに変わりは無く。ということで、私の中では復讐の炎がメラメラ。
 とはいえ、私は「TOEICで良い点を取る」のが目的ではない。子供達に対し、家庭で もっと高度な英語教育をしたい、という大きな目的がある。子供達が大きくなったら、今の私ごときの拙い英語ではバカにされてしまうからね。
 ということで、自分の英語力を上げつつ、その延長線でTOEICの得点も上がればイイな、が目的。たまたまWebサイトで「TOEIC対策だけでなく、普段の英語力向上にも繋がる本」みたいな物が紹介されていたので、早速 近所の書店に向かった。まさか私がTOEIC対策の本を探すことになろうとはね・・・。
 で、本屋には・・・あるわ、あるわ、TOEIC対策の本。「これだけやれば高得点」みたいな、あくまで点を取ることが目的で、英語本来の目的を見失っている物は即座に除外・・・といきたかったんだけど、どんなことが書かれているのか気になったので手に取ったら・・・あ゛っ、なるほどね。出題傾向分析の本であって、英語を身に付けるための物ではない。確かに この本で勉強すれば点数が伸びるであろう。
 だけど私は別の本を選んだ。自分は目的を見失いたくない。


3月31日(金)
焦る展開
 出社後、パソコンを立ち上げて作業を開始したら・・・あれっ、ワイヤレスマウスが挙動不審に。色々設定を確認してみたんだけど、どれも正常。となると考えられるのはマウスの電池切れ。このマウス、自宅の第2パソコンで使っていた物なんだけどぉ〜・・・そうか、もう電池切れか。慌てて会社目の前にある日用雑貨店に電池を買いに行った。1本あればイイのに、ここには10本単位でしか売っていなかったρ(-ω-)。
 しっかし、電池切れが早かったのでビックリ。そこいくと、自宅の第1パソコンのキーボード。これは無線式なんだけど、導入してから3年半以上 電池交換したことが無い。随分と長持ちやね。





ズボラ日記のトップに戻る