まいけるのズボラ日記




2017年8月


8月1日(火)
沢山あるけど意外と不便
 私の自宅から徒歩10分圏内に100円ショップが6件ある。よくよく考えたら凄い数字だね(・o・)。なんだけど、その中で自宅から最寄りにあり、かつ6件の中で1番の規模を誇る店舗がビル改装に伴い半年ほど休業中。となると、残る5店舗の中から行くべき100円ショップは どこになるかとなるとぉ〜・・・う〜む。方や店舗規模・品揃えが貧弱、方や遠い、方や私に合う品揃えの大創ではなくセリア。選択肢は沢山あるけど、意外と不便を強いられている。早く最寄り店舗が営業再開してくれることを願うばかり。


8月2日(水)
週間天気予報、気になることが多い
 学校は夏休みの真っ最中。社会人には数日の盆休み以外、夏休みとは無縁・・・のはずなんだけど、催し事が色々と続くため、私も頭の中は夏休み状態である。
 大きな催し事開催となると、どうしても気になるのが天気予報。私が見ている天気予報Webサイトは2種類あるんだけどぉ〜・・・夫々に違う予報が出る、ということはザラ。数日先の週間天気予報ともなると、サイコロを振って予報を出しているんでないか、と思うぐらいに てんで当たらない。
 なので、最近は自分で天気図・雲の動き・アメダスデータを見て天気を予想。少なくとも日本最大の合法的詐欺集団・気象庁の言葉よりは ずっと信憑性が高い。
 この夏休み期間中は ほぼ毎週末、天気が気になる催し事が入っており。さて今週末、どうなることやら。


8月3日(木)
歴史は繰り返されているのかな
 夜はマミー、それに現地滞在中の娘とテレビ電話。明日の午前中、飛行機で関東に帰ってくる娘にとって、今夜は北海道で過ごす最後の夜。北海道での日々が楽しかった分、その地を離れるのが辛いようで。出発前夜、その心境は容易に想像できる。
 私も子供の頃、欧州に里帰りをした際、日本に戻る日が近付いてくると、とにかく嫌な気分だった。あ゛、それは大人になってから欧州に行った時も同じか( ̄∇ ̄*)ゞ。
 そんな私が経験したことを娘も体験しており。歴史は繰り返されているのかな。夏の北海道滞在は終了するけど、今度は冬の北海道滞在を楽しみに、である。


8月4日(金)
無事に帰国?
 午前中、娘が無事に北海道から帰国(?)した。行きは初めての1人での飛行機搭乗で不安だったかもしれないけど、2回目ともなると勝手知ったるのようで。本当は私が迎えに行きたかったんだけど、業務都合上により(-_-#)。ただ、飛行機を降りる際に お土産を機内に忘れたんだそうで。最後の最後、記憶に残る旅になったようである(^-^;)。
 夜は私の帰りが遅くなったため、それほど長時間は娘と話せなかったんだけど、この1週間で一回り成長したような気がする。可愛い子には旅をさせよ、ってか!? 休む間もなく、明日からはサンデークラスの面々による臨海学校。今回は私と息子も同行する。


8月5日(土)
臨海学校初日
 息子が通うインターナショナルスクールでは臨海学校なる行事は無い。ならば自分達で実施しちゃおう! という強者が去年出現。それはサンデークラスの参加者家族。サーフィンの本場に別荘を持っているので、サンデークラスの参加者が そこに集まって1泊2日してしまおう、ということで。去年は大成功だったので、今年も実施することとなり。我が家からは去年と同じく妻を除く3名が参加。妻よ、束の間の主婦業休暇、引き籠もりを楽しみたまえ。
 自宅を出発し、まずはコンビニエンスストアで昼食用のオニギリなりサンドウィッチを購入。スピードクジでゼリーが当たった。幸先がイイだぁ〜ね。
 現地への移動、我々は当然電車。片道2時間弱・・・なのか1時間半強なのか表現に迷うんだけど、電車内では ずっとDVD鑑賞していたので問題無し。また、車での移動と違って電車内は広々として圧迫感が無いのがイイ。
 無事、現地に到着。パパ友が駅まで迎えに来てくれていた。週間天気予報は どっちつかずの中途半端なものだったんだけど、蓋を開けてみたら太陽が差し込む時間が多かったり、とにかく暑かったり。天気予報、今回に限って言えばイイ意味で大ハズレである。
 参加者達が現地集合したので、早速向かった先は海! 海水浴!・・・の予定だったんだけど、強は波が高かったので予定変更。海水浴場の すぐそばにあるプール。ここは我が家から行けるジャンボプール2箇所のうち、小さい方よりも規模が小さく、大きい方よりも価格が高く(-_-#)。まぁ〜、観光地価格なのかね。だけど海と比較すると水が綺麗だし、砂まみれにならないし、波にさらわれる心配が無いし、子供達は折角泳ぎに来ても砂遊びに終始するような展開にはならないし、純粋に泳ぐことを楽しめるし。また、ここのプール内では ある程度の撮影が可能ということで、妻が所持する防水カメラが大車輪の活躍。基本性能は我が家にあるカメラ類の中で1番低いんだけど(∩。∩;)ゞ、唯一の防水・防塵型。年に数回だが「このカメラでないと無理!」という場面が訪れる。
 プールということで、終わった後が楽だぁ〜ね。海水ではないので体はベトつかないし、ちゃんとしたシャワーがあるし、砂に苦しめられることは無いし。
 帰宅後、お風呂場は子供達で物凄い人口密度。臨海学校ならではの光景である。
 夕食はバーベキュー。とはいえ、子供達は焼きそばやらソーセージに夢中。肉類は大人達が美味しくいただいた。
 合間・合間に私が持参したパソコンをテレビに接続してDVD上映会。こちらの別荘には きちんとしたDVDプレイヤーが無い、ということが分かっていたので、ならばということでパソコンおよびHDMIケーブルを持参したんだけど、大正解。2回目ということで私も含めて皆さん勝手知ったる、である。
 夜は みんなで花火。夏だねぇ〜。その後、子供達と1部の大人達は就寝。私は今日撮影した写真の整理。女子会に混ぜてもらうがてら、整理し終わった写真で初日を振り返った。テレビの大画面で写真を見ながら、それに関して みんなでワイワイ。こういうのってイイねぇ〜♪


8月6日(日)
臨海学校最終日
 1泊2日、アッという間に最終日。昨日は曇り空だったのに対し、今日はギラギラに晴れた。プール、今日の方が良かったかな・・・(^-^;)。いやいや、時間の関係上、水泳は初日である昨日必須だったので、ここは切り替えるしかない。
 密かに今日は日曜日なんだけど、皆さん日曜日としては有り得ない朝の早さだった。1番ゆっくりしていたのは・・・うちの息子(^-^;)。まっ、良くも悪くも いつも通りのマイペースぶりである。
 朝食ネタは私からも1品。オーストリー風のメークイーン茹で炒め・・・に私独自の手を加えた物。子供達に大好評で完食御礼だった。嬉しいねぇ〜。
 朝食後、みんなで向かった先は去年と同じく公園。ここの池で泳いでいるオタマジャクシを捕獲するべく、重装備で臨んだんだけどぉ〜・・・オタマジャクシ、みんなカエルになっていたようで(∩。∩;)ゞ。代わりに昆虫採集。うちの子供達が色々な虫を捕獲していた。しっかし、暑いね(>_<)。
 別荘に戻った後は昼食に流し素麺。子供達にとって素麺は飲み物のようで。暑さでバテ気味でも、素麺なら食が進むだぁ〜ね。
 荷物を整理した後、ここで一旦 解散。5家族のうち2家族が帰路につき、3家族は 一緒に かつうら海中公園海中展望塔へ。建物が海中にまで伸びているので、そこから海の中を見られるという、なかなか珍しい体験ができた。とはいえ、水族館の方が広々として・・・いや、それは言うまい( ̄∇ ̄*)ゞ。
 見終わった後、今度こそ本当に解散となった。パパ友家族の車で最寄りの駅までおくってもらった。色々とお世話になりました。なんだけど、降り立った駅は無人駅で、かつ電車は1時間に1本という世界(゜д゜)。次の電車まで あと30分・・・。アイスクリームの自動販売機があったので、それを食べながら日陰のベンチで のんびり待った。
 電車が来たので乗り込み、車内ではDVDを見ながら のんびり過ごした。渋滞知らずの電車ということで、現地出発は我々家族が1番遅かったんだけど、自宅到着は我々家族が1番早かった。根拠の無い優越感に浸っていた私( ̄ー ̄)。


8月7日(月)
運命を分けた5分
 会社での月初作業。「このボタンを押したら 業務終了」という段階まで来て、いざボタンを押したら・・・あれっ、反応が無いぞ(・ω・)??? ほぼ時同じくして周辺の人達が口を揃えて「あれっ!?」とか「ネットワークに繋がらないぞ!?」といった声が。嫌〜な予感が。久しぶりにネットワーク大障害が発生した模様ρ(-ω-)。
 大部分の社員達は帰宅してしまったため、私を含む残り少ない社員達で対応しなければならず。また、これが復旧しないと私の本来の作業(つってもボタン1つ押すだけ)を実施できず。人質を取られたような状態で復旧作業に巻き込まれる展開となった。
 あと5分、作業が早く終わっていれば・・・そんな運命を分けた5分だった。


8月8日(火)
結婚9周年
 この9年は早くも遅くもなく、妥当な長さに感じるかな。親と子は自分で選べないけど、妻は私が選んだ存在。そして妻が私を選んでくれた。素敵な家族に恵まれたことに感謝である。
 今年は大々的な催し事は実施しなかったけど、会社帰りにケーキを購入して帰宅。夕食後、みんなで食べ、今の幸せを噛みしめた。


8月9日(水)
夏祭りの前日準備
 息子が通うインターナショナルスクールで明日、夏祭りが実施される。去年、実験的に初めてやってみたところ、大好評だったということで、今年も実施することとなり。当然、私は撮影係として参加するんだけど、それ以外にも昼食係を担当。このあたりは去年と同じだぁ〜ね。
 しかぁ〜し! 去年と違うのは参加人数。その多さは去年の比ではなく。準備するべき昼食の量も過去最多。今日のうちに用意すべき量は しっかりと作れたし、器も足りた。後は明日、である。


8月10日(木)
夏祭り当日
 息子が通うインターナショナルスクールで2度目となる夏祭りが開催された。私は撮影係兼昼食係。ということで、朝は・・・通常の会社勤務と変わらない時刻に起床し、昼食の準備。50人分ともなると量が凄い。よくも、まぁ〜、一般的な家庭の台所で これだけ準備できるなと、後から考えると鳥肌が立つ(°ー°)ゞ。
 スタッフが車で迎えに来てくれたので、荷物を積み込んで現地へ。今日は登園する園児数が過去最多となるため、迎撃するスタッフの側もスクランブル体制である。
 全員が揃ったので、まずは本日の概要説明。のっけから私のカメラはトップギアで回り続ける。盆踊り、流れる曲の歌詞が英語というのが いかにも、な感じである。
 続いては、去年は無くて今年あるものの1つということで、御神輿担ぎ。今日の天気、登園時刻前まで雨がパラついていたんだけど、それ以降は 持ち直し。ここ数日は とにかく暑い日が続いていたんだけど、今日の上空は曇り空、地面は朝方までの雨で熱が流されており。丁度イイ御神輿担ぎ日和(?)だった。
 続いては工作。テーマは夏祭りの食べ物ということで、焼きそば・タコ焼き・かき氷。ほとんどの物は この後、本物が登場します。
 みんなが工作に興じている間、私は昼食の準備開始。現場スタッフ達は全員が園児の迎撃に手一杯のため、食事の準備は私1人。しかも事前の係割り振りだの準備場所の確保方法を全く決めていなかったらしく、私の孤軍奮闘が続いた。頼むぜ、オイ・・・。とはいえ、まもなく昼食開始時刻というタイミングで現場男性スタッフ達が助っ人参戦。何とか間に合ったフ〜っ。
 いよいよ昼食開始。いやはや、これだけの園児達が一緒に食べる様子、壮観である。みんなが楽しそうに・美味しそうに完食してくれる様子を見て、料理担当冥利に尽きると感じた。
 デザートは かき氷。園児の父親1名が かき氷作りのために助っ人参戦。かき氷製造器は何名かの親御さん達が厚意で貸してくれたんだけど、実際に使われていたのは2つだけ。同じ型の電動型。圧倒的に楽だよね。ちなみに うち1つは我が家で つい先日購入した物。早速フル回転で役に立てて良かった。かき氷もまた完食御礼となった。
 午後はヨーヨー釣り、その後は外に出て水鉄砲。撮影する側も命がけである( ̄∇ ̄*)ゞ。
 そんなこんなで夏祭りは無事に終了。ホッとした、というのがスタッフ達共通の思いだったんでないべか。園児達の大部分が帰宅した後、スタッフ達で昼食の おこぼれを いただき。用意した分が全部無くなった。ピッタリの分量だったようである。
 遅目の昼食と現場スタッフとの打合せを終え、車で自宅まで おくってもらった。その後は・・・休む暇も無く本日撮影した写真の整理。私にしては珍しく、その途中で力尽きてしまい(∩。∩;)ゞ。一旦 横になったらグッスリ。
 夕食は・・・妻情報で、最寄りの複合買い物施設内のフードコートが新しくなったということで、そこに行ってみた。帰宅後、写真整理の続きを実施し、スクールの電子掲示板に写真を掲載。その後は今日撮影した動画の編集をし、同じくスクールの掲示板に掲載。ふぅ〜っ、日付が変わる前に全部終えることができてホッとした。


8月11日(金)
実家帰り初日
 午前中、最寄りの複合買い物施設内でプリティーキュアショーが実施されるということで行って来た。悪役1人に対してプリティーキュアが6名で相手をタコ殴り。見ていて不愉快だった(-。-;)。これって日本社会における いじめを助長してねぇ〜べか!?
 昼食後、荷物を持って家族4人で いざ妻の実家へ。ここ暫く、妻の実家は日帰りということが多かったため、ここに宿泊というのは かなり久しぶり。子供達も大喜び。
 まずは写真館に立ち寄り、1か月前に撮影して出来上がった写真を受け取った。ふぅ〜っ、ようやく現物を受け取ることができた。
 午後から現地入りした初日、他には これといった遠出は せず。実家で みんなでモアナのDVD鑑賞をした。それはそれで楽しい時間だった。


8月12日(土)
実家帰り2日目
 午前中は雨。そのため、子供達の宿題指導が中心に。午後から晴れてきたので、千葉県内にある東京ドイツ村へ。・・・この施設、どこにあるんだろうね(^-^;)。
 盆休み期間中ということで、中は人で ごった返し・・・ではなかった。午前中の雨で戦意喪失した人が多かったようで。中は思っていたよりも ずっと空いていた。
 まずは子供達がジャブジャブ池での水遊びする様子を見守った。ギラギラに晴れていた訳ではないものの、猛烈な蒸し暑さだったので気持ちよさそうだぁ〜ね。たっぴし水遊びした後は水滑り台やら、アスレチック。夕食後、花火大会見物。今夏、この手の花火大会って見に行けていなかったので、今日は小規模ながらもイイ機会だった。帰宅後は・・・実家で手持ち花火。
 充実した1日だった。


8月13日(日)
実家帰り最終日
 午前中は お墓参り。日本の仏教独特の解釈によると、死者の魂は お盆の期間中だけ こちら側に戻って来るそうな。妻の母は成長した孫達を ちゃんと見てくれていたのかな。
 続いては海。候補地は3箇所あったものの、まだ未開状態となっていた場所に向かったら・・・どうも遊泳可能な雰囲気ではなく。残り2つの候補地に向かい、どちらにするかの選択に迫られた際、誰も声を上げなかったので私が咄嗟に「こっち!」にした。
 その選択は正解だったかな。ここの海水浴場、過去に数回来た時は ほぼ貸し切りだったものの、今日は結構賑わっていた。前半は泳ぎに興じ、後半は狩りの時間。ヤドカリやら蟹を沢山捕まえていた。惜しむらくは・・・防水・防塵カメラを忘れたため、海に接近しての撮影ができなかったこと。今回持って来た小型ビデオカメラは防塵モデルとはいえ、精密機器を潮風に当てるのは怖いからね。
 帰宅後、遅目の昼食なのか早目の夕食なのか迷うところだけど、とにかくバーベキュー。みんな お腹が空いていたようで、凄い食欲だった。
 あっという間に時間が来たので お開き。2泊3日、お世話になりました〜。


8月14日(月)
休日出社
 今日は会社の休業日。なんだけど、私は同僚と2人で休日出社。この日、出社したのは我々2名のみ。痛勤電車も かなり空いていたし、今日休むべき分は先週スクールの夏祭りに充てられた訳だし。非常にイイ感じ、というのが正直なところ。肝心の仕事は問題なく終了した。


8月15日(火)
世間は まだまだ盆休み中
 うちの会社、束の間の盆休みが終了し、今日から営業再開。なんだけど世間一般は まだまだ盆休みの真っ最中。痛勤電車は昨日と同じくガラガラで気分が良かった。また、うちの会社は・・・今日は休みを取る人が多かったり、客先からの問合せも少なかったり。ノホホンとした雰囲気が続いた。
8月16日(水)
失踪するHDMIケーブル
 我が家にあるウルトラブックパソコンをDVDプレイヤーとして使い、テレビ画面で視聴する。うちでは よくある やり方。その際、パソコンとテレビ画面を接続するために使うのはHDMIケーブル。1本で音声も映像も橋渡しできる。便利な世の中になったものだ。
 なんだけど私、何故か昔からHDMIケーブルとは相性が悪い。1回目はHDMIケーブルが突然の失踪。仕方ないので新しいHDMIケーブルを購入したんだけどぉ〜・・・こちらは先週末、妻の実家に行き、帰宅して荷物整理していた際に失踪。おっかしいなぁ〜・・・ρ(-ω-)。
 しょ〜がないので3度目の正直、新しいHDMIケーブルを購入した。帰宅し、開封して所定位置に置こうとしたら・・・そこに失踪していたHDMIケーブルが あった(゜д゜)。私、無意識のうちに あるべき場所に片付けていたようで( ̄∇ ̄*)ゞ。購入したHDMIケーブル、開封しちゃったから もう返品できないよ・・・ρ(-ω-)。まぁ〜、いつか必要になる時が出てくるだろうから、しまっておこうっと。


8月17日(木)
一瞬、未来が見えた気がした
 先月撮影し、先日受け取った子供達の七五三記念写真&家族記念写真。そのうちの1枚は息子が燕尾服、娘が結婚式のお色直し後カクテルドレスのような服装で、2人が腕を組んで立っているという・・・事情を知らない人が見たら まるで新婚夫婦のような写真。なんだけど、この写真を見た時、一瞬 未来が見えた気がした。
 結婚式に於いて新婦が入場する際、父親と腕を組んで一緒に・・・というのが一般的。私の夢でもある。だけど何かしらの事情で父親がその役目を果たせない場合、花嫁の近親者が その役割を代行する。私の娘の場合、その第1候補となるのは弟。つまり私から見ての息子。2人が大人になり、実際このように結婚式場で腕を組む姿が一瞬見えたような気がした。
 うちの子供達は強い。私が娘の結婚式当日まで生きていられなかったとしても、息子が そばにいてくれれば安心である。
 とはいえ、そんな先のことよりも、まずは明日からのこと。夜は荷物の準備作業に追われた。


8月18日(金)
山形故郷帰り初日
 今週末を含め、娘は4週連続で自宅以外で過ごす週末、私と息子にとっては3週連続で自宅以外で過ごす週末。なかなか忙しい夏休みなんだけど、今夏の大きな行事は 今回が最後となる。私にとって最重要となる夏休み恒例行事の山形故郷帰りであり、遅れての盆休みでもある。本来、私にとって山形は何の縁もゆかりも無い土地なんだけど、今となっては私にとって第3の故郷。今回、妻は留守番で、旅に出た(?)のは私と娘と息子の3人。妻よ、束の間の主婦業の休暇、しっかり引き籠もって漫喫してくれたまえ。
 ・・・なんだけど、昨夏と同じく先方の都合により山形入りは夜。なので昨夏は反対意見が出て叶わなかった仙台の水族館に まずは向かうべく、新幹線はやぶさに乗って移動。息子が1番好きな新幹線が このはやぶさ。息子にとっては2度目の乗車、娘にとっては初めての乗車ということになる。在来線を走らない、新幹線専用の路線を走る本物の新幹線、ということになるのかな。車内ではオヤツを食べながら のんびりとDVD鑑賞。この日のために新作を用意していたのが大好評だった。
 無事に到着した杜の都。ここから在来線とシャトルバスを乗り継ぎ、水族館に到着。結構混んでいるね〜。東北では夏休み最後の週末だから、なのかな。色々な展示物があって面白かったんだけど、子供達は何に対して興味を示すのかが全く読めず。「えっ、こんなところで!?」というのもあれば「オイオイ、ここは素通りかよ!?」というものもあり。まっ、本人達が楽しんでいれば それで良し。ただ、2人とも興味の対象やら見る時間配分がバラバラのため、私が1人に付いていると、もう1人は放置プレイ状態。だけど2人とも勝手に施設の外に出ることは しないので、そこは信頼して任せることにした。ともかく時間が限られていたものの、密度の濃い時間を過ごすことができ、子供達は大喜びだった。
 時間が来たので撤収・・・なんだけど、ここで想定外が2つ。1つはシャトルバスが運行を終えていた、ということ。水族館は19時まで営業しているのに、シャトルバス最終便は16時って、どういうことやねんρ(-ω-)。仕方ないのでタクシーを呼ぼうとしたら・・・電話したタクシー会社が3つとも「車は全部出払っています」とのこと。長いこと生きてきた私だけど、タクシー会社に電話して そんなこと言われるのは初めてだったよρ(-ω-)。仕方ないので水族館から最寄り駅まで徒歩30分。傘をさすべきか否かで迷う小雨交じりだったんだけど、子供達は よく歩いてくれた。時系列は前後するものの、週間天気予報が悪い内容だった今回、持参した折り畳み傘の出番は この時が最初で最後だった。
 在来線で仙台駅に戻り、高速バスで山形へ・・・と思ったら高速バスは物凄い行列待ちで、2つほどバスを待つハメに。完璧に遅くなった(-。-;)。ともかく無事に山形に到着したら心友が迎えに来てくれていた。1年ぶりの再会とはいえ、時間を感じさせないだぁ〜ね。予定から1時間以上遅れたものの、何とか両親宅に到着。去年に引き続き、期せず妹家族(妹・娘・息子)も来ていた。早速 物凄い夕食をいただいた。子供達も両親に すっかり懐いており。また、子供達同士も すっかり意気投合。総勢9名の大家族状態、なかなか賑やかである。


8月19日(土)
山形故郷帰り2日目
 爽やかな朝を迎えた。ここでの楽しみの1つは豪勢な朝食、賑やかな朝食。うちの子供達、こういう場でハメを外したり大騒ぎすることは無いので、どこに連れて行っても安心。なので今回は妻が同行していなくても大丈夫。唯一問題があるとすれば、娘の髪の毛を私が縛る瞬間ぐらいだべか( ̄∇ ̄*)ゞ。
 今回、両親宅に宿泊しているのは我々家族3人と妹家族3人、それに両親。なので朝と夜は妹家族と一緒にワイワイ。日中は心友家族と一緒に出先でワイワイ、という流れになる。朝食後、心友家族が迎えに来たので出発。車で2時間近い移動になるため、車内ではドラえもんのDVD鑑賞。子供達、楽しそうに観ているね〜。移動途中、物凄い雨が降ってきたんだけど、途中でピタッと止んだ。
 現地に到着き、諸般の事情により(?)先に昼食を取った。その後に向かった先は山形県の海岸沿いにあるクラゲ博物館。以前にテレビで紹介されており、子供達が「行きたい、行きたい!」の大合唱をしていた場所。今回、イイ機会だからということで、心友に無理をお願いして連れてきてもらった。結果的に2日連続で水族館となったんだけど、全く問題無しである。
 んで、行ってみての感想は・・・兎に角 物凄い数の人・人・人! 昨日の仙台水族館の比ではなかった。ベルトコンベア式に移動させられ、のんびり観ることができない、というのが正直なところだったかな・・・。と思っていたんだけど、我々が到着した頃が1番混んでいた時間帯。徐々に人が減り、後半は・・・まだマシな状態になっていた。
 この手の遠方への外出なり外泊時に私が迷うことの1つが「撮影機材は何を持って行くか?」ということ。以前であればハイエンドコンパクトカメラ1台で充分だったんだけど、新しいビデオカメラ専用機を2台購入して以降、その法則が崩れ。今回 私が選んだのは写真撮影用にコンパクトカメラ、そして動画撮影用は・・・大型の高性能ビデオカメラ。重くて大きくて持ち運びが大変なんだけど、暗い場所での動画撮影に威力を発揮する。その大型ビデオカメラを選んだ理由の1つが昨日の水族館、今日のクラゲ水族館。暗い館内でも綺麗に撮影できるように、という目論見だったんだけど、正解だった。
 肝心の子供達は・・・息子が相変わらずホイホイ先に進んで単独行動。薄暗い館内、この人混みの中なので探し出すことは不可能。勝手に施設外に出ることは無いので、信じるしかない。ということで私は娘に付き添い。ある程度 館内を回ったところで息子を探したんだけど、見付けた場所は「クラネタリウム」と呼ばれる、とにかく大画面(?)で大量のクラゲを堪能できる部屋。何でも、館内をグルッと1周した後、ここに戻って ずっとクラゲを眺めていたとのこと。ちゃ〜んと1人で考えて動いていたんだね。テレビで紹介されていた楽しみ方を ちゃんと実践していた訳だ。
 小腹が空いたので名物の(?)クラゲアイスクリームに挑戦。子供達も果敢に挑戦。案外(?)問題無かった。今回の山形土産は ここで購入。その後、帰路についた。これまた移動途中に激しい雨が降っていたものの、両親宅に到着する頃には あがっており。・・・なんだけど、疲れと車での長距離移動のせいかな、珍しく娘が車から降りた後にゲ〜、という展開に。自動車内ではなくて助かった(∩。∩;)ゞ。また、その後の娘は意外とケロッとしており。一安心である。
 夕食は これまた恒例となったバーベキュー。4家族13人が集合。父が大いに張りきっていた。気の知れた大家族が一緒だと楽しいだぁ〜ね。夜は これまた恒例となった花火。騒がしいぐらいが丁度イイ。いかにも夏の思い出、という瞬間である。花火が終わりに差し掛かってきた頃、雨が降り出してきた。今日は何かと天気に関して運が良かった。
 その後は大集合記念撮影。心友家族は帰宅し、夜は妹と私の子供達同士が楽しく大騒ぎ。元気だねぇ〜(^-^;)。だけど流石に燃料を使い果たしたのか、シャワーの後はバタンキューだった。


8月20日(日)
山形故郷帰り最終日
 アッという間の2泊3日の最終日。私にとって3週連続となった週末の外泊なんだけど、唯一 終了することに対して気が重たくなった(-。-;)。まぁ〜、それは毎年のことなんだけど、慣れることは無いだぁ〜ね。
 早朝に妹家族が東京の自宅に向けて出発するとのことだったので、私と娘は早起き。僅かな時間だったけど、子供達同士は仲良く朝食を取ったり遊んだり。その後 息子を叩き起こし、妹たちの出発を見送った。いつもは我々が見送られる立場なのに、今回は同じ場所で逆の立場。物凄く妙な心境だった(^-^;)。その後、心友家族が来たので、両親に別れを告げて出発。今夏も お世話になりました。また来年ヨロシク♪
 今日の行き先は去年来て子供達が猛烈に気に入っていた室内遊園施設。関東であれば30分500円は取られるような充実した施設なんだけど、山形県だと無料! 地域による子育て支援政策の違いがハッキリ浮き彫りである。これが習志野市の場合、市が運営する老朽化した遊園施設に対する修繕予算はビタ1文も出ないどころか閉園しちゃうし、代わりにパチンコ屋の誘致やら15万都市には過剰としか言いようのない新市庁舎建設のために100億円単位の血税が湯水の如く垂れ流されているしね。もう腹を立てる気力すら湧いてこない。
 ・・・なんだけど、どうも子供達の反応がイマイチと言うか、遊具よりも外の池での水遊びに夢中になってしまい(^-^;)。なので心友からの咄嗟の提案で、もう1箇所の新しい室内遊園施設に向かうことに。こっちの方が ずっと充実しているし、間欠泉(?)による水遊びもできるということで。うむむ、水着は持って来ていたけどスーツケースの奥底。水遊びについては また来年、である。
 ここの施設、中に入ると・・・遊具があるのは勿論なんだけど、他の施設と決定的に違うのが体育館の存在。中ではバスケットボール、卓球、フリスビー、フラフープ等々、色々と遊べる・・・というか運動できるというか。子供達は遊具よりも こっちの方に興味津々。私も汗ダクになりながら子供達の相手ができ、楽しかった。
 昼食を取った後、山形駅まで おくってもらい、ここで心友家族と別れた。今回も いっぱい世話になり、とにかく感謝である。
 今回の故郷帰り、行きは仙台経由ということで新幹線はやぶさに乗ったんだけど、帰り道は新幹線つばさ。我々家族にとって1番なじみ深い新幹線である。ただ、座席配置が2・2のため、子供達2人は一緒に座ってDVD鑑賞、私は通路を挟んで隣に座り。最後列席の場合、座席と壁の隙間に荷物を入れられる。私が使っている海外旅行用スーツケースは とにかく大きくて網掛け棚に収納できないため、ここの隙間に収納。行きも帰りも采配(?)がピタッと的中した。
 私の隣に座った人とは ちょっとした切っ掛けで色々話すことがあったんだけど、これからラトビアへ2週間の留学に向かうんだとかで。今まで色々な国に留学に・・・という話を聞いてきた私だけど、ラトビアというのは初めて。一期一会、色々な出会いが あるだぁ〜ね。
 無事、自宅に到着したら・・・昨日、父が手配したという桃が既に届いていた。でっけぇ〜(゜д゜)。こういった心遣いが嬉しいだぁ〜ね。早速頂きながらマミーとスカイプ。
 今回は週間天気予報が悪かったんだけど、段々と良い方に予報内容が変わり。乗り物での移動中に雨が降ることがあっても、外を歩く時は ほぼ止んでおり。最終日に到ってはギラギラに晴れており。運が良かった。夜は写真整理をし、余韻に浸りながら就寝。私のお盆休みが無事に終了した。


8月21日(月)
拒絶反応、意外と無し
 充実した3連休明けの仕事。意外と拒絶反応は無かったかな。休みが充実していると、案外気持ちの切替が きちんとできるものである。中途半端にダラダラした休みを過ごすと、社会復帰は むしろ辛くなる。・・・というのが私の中の法則である。
 昨日は久々に体育館で色々と運動をしたため、今日は筋肉痛が怖かったんだけどぉ〜・・・問題無かった。


8月22日(火)
妻からの誕生日祝い
 昨日、妻から衝撃的な情報を聞いた。「ドラゴンクエストのロト3部作(1〜3)が3DSでダウンロード販売されている」とのこと。私、前々から「ロト3部作がセットになった3DSソフト、いつか出ないかな〜」って思っていたんだけど、それに近い形で実現することになった。
 そこで妻からの二択。私の誕生日祝いはDQ11と上述のロト3部作、どちらが良いか? 私に迷いは無かった。だって うっかり今DQ11に手を出したら廃人路線まっしぐらだからね。
 ということで今日、妻からの誕生日祝いとして、任天堂ダウンロード用チケットを もらった。嬉しかったね〜。ウン年ぶりに3DS本体の電源を入れたんだけど、本体のアップデートデータが蓄積しまくりで、そっちに相当な時間が かかってしまった(∩。∩;)ゞ。だけど、最終的には無事にDQ1とDQ2を購入・ダウンロードできた。DQ3は8月24日からダウンロード販売開始。
 早速遊んだのはDQ1。今回3DSで出たロト3部作は基本的にスマートフォン用に作られていた物。グラフィックに違和感が あったんだけど、まぁ〜、そのうち慣れるかな。ともかく、私が初めての本格的マニュアルRPGに心ときめかせながら遊んでいた時の記憶が蘇ってきた。向こう暫く、痛勤電車の中が楽しくなりそうである。


8月23日(水)
かなり久々の編集作業
 ここ暫く会社帰りが遅かったり、自宅では別作業がビッシリだったり。また、ここ3週間連続で週末は自宅以外で過ごす展開となり。ということで全く時間を確保できていなかった娘と息子のDVD作成作業、今日から ようやく再開した。一時期 借金0をたっせいしていたんだけど、あれよあれよのうちに物凄い借金地獄に逆戻りである(∩。∩;)ゞ。


8月24日(木)
誕生日
 毎年恒例、20歳の誕生日である。うちの会社、本来誕生日は休暇扱いなんだけど、業務都合・・・というか山形故郷帰りのために誕生日休暇をズラし。なので今日は通常通りの出社。ここしばらく遅くまで作業という状態が続いていたんだけど、今日も 御多分に漏れず(-。-;)。とはいえ、帰りの電車内は3DSでDQをたんまりと遊べるので、その1時間は楽しい。
 帰宅したら・・・娘が誕生日祝いの仕掛けを色々と残していた。誰の案なんだろうね(^-^;)。1つ1つ仕掛けを進み、最後の段階に来たら・・・既に娘は寝てしまっていた( ̄∇ ̄*)ゞ。すまぬ、私の帰りが遅かったばかりに、最後の仕掛けを発動することなく夢の世界に旅立ってしまったか。最後の仕掛けが何だったのかが永遠の謎になってしまったんだけど、気持ちは嬉しい。
 夕食後、妻が買ってくれたケーキに ありついた。妻と私、これでまた年の差1つ、である。


8月25日(金)
長かった1週間
 今週の会社勤務。障害対応という訳ではないものの、こなすべき作業量が多すぎて連日帰りが遅くなり。また、私にとっては久々となる5日間勤務だったこともあり。今週は長く感じた。この週末、私にとっては4週間ぶりとなる、自宅で過ごす週末となる。のんびりできる・・・かな!?


8月26日(土)
最後の水泳
 諸般の事情により、午前中は娘を連れてインターナショナルスクールの土曜日クラスへ。私は新しく来たスタッフに対するIT関係の引き継ぎの準備作業。丁度1年前、当時在籍していたスタッフに対して色々とIT関係の引き継ぎをしていた私。その際、かなり手の込んだ手順書を作っていた。その目的、本来は私がスクールを去った後、その現場スタッフから新規加入スタッフに引き継ぎを簡単に実施できるように、というものだった。だけど その現場スタッフが寿退職してしまい( ̄∇ ̄*)ゞ。とはいえ、その時に作成した手順書を今回そのまま使えるということで。今回の引き継ぎは楽そうだ。
 意外と(?)新規作成する手順書が無く、時間が余ったので、前々から気になっていた事務所内の整理整頓を実施。だいぶ片付いたものの、所詮は小手先。もっと本格的にメスを入れたいな・・・。
 スクールの昼食後は かき氷。今夏新規購入した かき氷製造器が ここでも活躍。・・・自宅よりもスクールで活躍することの方が多かったかな(^_-)ゞ。ともかく、園児達は大喜び。かき氷に対するデザートということで(!?)、現場スタッフの親御さんが畑でつくったスイカ。余った分は私が持ち帰って いただくことに。ごっつぁんです。
 一旦帰宅後、今度は娘を水泳教室に。かれこれ5年近く通っていた水泳教室なんだけど、今回が一旦最後となった。というのも、春と夏に短期で通っていた体操教室を物凄く気に入り、今後は こっちにしたいと娘が言い出し。体操教室は水泳教室と同じ会社が運営しており、建物も すぐ隣。事務員に確認したところ、9月から体操教室への移籍(?)が可能ということで、急転直下そのように決まった。1か月単位ではあるものの、今月は体操教室、来月は水泳教室、といった具合に自由に行き来が可能。
 今日の水泳教室は月末恒例のテストだったんだけど、合格して1級昇格。有終の美を飾った。・・・と思ったら「来月も水泳をやりたい」と言い出してきた。あのう・・・ρ(-ω-)。まっ、場合によっては10月から水泳復帰も有り得るか!?


8月27日(日)
私が求めていたリメイク
 毎日チビチビと進めていた3DSのDQ1を昨日クリアし、次に手を付けるべきはDQ2か3かで迷った。3は やりこみ要素が沢山あるのに対し、2には それが無い。なので先に2を着手することにした。
 歴代DQシリーズの中で難易度が最上位に位置すると言われているDQ2。その要因の1つとして挙げられるのは移動手段の貧弱さ、なのかな。空を飛べず、ルーラの呪文で移動できるのは最後にセーブを実施した街のみ。とにかく移動に時間がかかり、その都度 敵と戦いながら進む必要が ある。それはスーパーファミコンで出たリメイク版も同じだった。
 なんだけど、携帯電話版のDQ2、それを基に作られたスマートフォン版のDQ2、更に それを流用した3DS版の場合、DQ3以降と同じく1度行った城・街を選んでルーラで移動可能。これだけで難易度がグッと下がった。いんやぁ〜、サクサク進むね。ただ、攻撃呪文の仕様変更には違和感が残り続けたり、それが原因で敵の攻撃が厳しくなっていたり。何故こうなった!? とはいえ楽しく遊んでいる。
 それはともかく、今日はサンデークラスの補講。ここ暫くサンデークラスに参加できていない家族が多数いるから、という理由。なんだけど、結局 今日集まったのは普段から出席率の高い家族だけ(^-^;)。まっ、まぁ〜、ともかく。会場となったのは自宅からバス1本で行ける広い公園。去年までは ほとんど来ることの無かった場所なんだけど、今年は沢山ここに来てジャブジャブ池で水遊びができた。虫取りもできるし、入場無料だし、ここに来るための交通手段もバス1本で楽。イイ場所だぁ〜ね。


8月28日(月)
現在、未来、そして過去
 日々楽しく遊んでいる3DS版のDQシリーズ。これのお陰で帰りの痛勤電車の中が非常に楽しく、1時間がアッという間である。ただ、流石に朝の痛勤電車での睡眠時間を削る訳にはいかず・・・。
 今日の夜、DQ2をクリアした。DQ1が現在、DQ2が その未来ときて、次に開始したのはDQ1の過去のお話となるDQ3。ただ、DQ1と2はパッと見が似たような造りだったのに対し、3だけは他と違う印象が。作成された時期が違っていたのかな? また、元祖FC版と全く違うのは勿論のこと、SFCのリメイク版とも ちょくちょく違う部分があり。今回は あくまで3DS版として扱う必要が ありそうだ。
 で、のっけからビックリしたのはAI戦闘が導入されていた、ということ。これは たまげた! けど普段の戦闘が楽。本来は携帯電話で遊ぶ用に作られた作品なので、それを考慮して、なのかな。


8月29日(火)
家族で大冒険
 現在、3DS版のDQ3に打ち込んでいる私。私が小学校5年生の時に元祖FCを購入してもらって以降、色々なゲームで遊んできたんだけど、その中で最も長い時間 遊んだ作品となると・・・DQ3と4(双方共にリメイク版も含む)。DQ4は2000年代にPS1やDSでリメイクが出たので それで遊んでいたんだけど、DQ3は1996年にSFCでリメイクが出て、それで遊んだっきり。携帯電話版もスマートフォン版も手を出さなかった私にとって、実に20年以上ぶりぶり、ということになる。体は覚えているんだけど、頭は懐かしさで いっぱい、そんな感じである。
 ちなみに従来、私が この手のゲーム(DQシリーズなりFFシリーズなりスーパーロボット大戦シリーズ)で遊ぶ際、主人公達につける名前は自分の従兄妹達の名前だった。だけど今回、それが史上初となる(そんなに大袈裟ではないけど)私の妻、それに子供達の名前をつけて遊ぶことになり。家族みんなで冒険しているような感覚で、それが楽しい。


8月30日(水)
蟻になった気分
 残暑の時期になっているとはいえ、季節は まだ夏。今日、早々と冬に向けた大きな準備作業を実施。夏のうちに冬の準備。まるで蟻と蟋蟀(キリギリス)のアリになった気分。
 その準備というのは娘の北海道入り。毎年2月に家族で北海道入りというのが従来の恒例行事だったんだけど、今年度から娘が小学生になったということで、それが変わり。娘は平日に自由に休めないため、2月の北海道行きは無し。その代わり夏休みと冬休みに単身で北海道に行く、というもの。合計滞在日数を見ると従来の3倍近くになる。
 夏は行きも帰りも1人だったのに対し、冬は・・・行きはマミーと一緒。聖夜にマミーが こちらに来るので、北海道に戻る際に娘も一緒に、という形に。帰りは単身。本来は1月3日に、と思っていたんだけどぉ〜・・・この日は帰省ラッシュのド真ん中ということを すっかり忘れていた私。飛行機代が通常価格の3倍! なので通常価格の元日に変更。これなら私が迎えに行けるし、その足で そのまま年末年始恒例となっている妻の実家に行って みんなと合流できる。
 例年とは違う日程なんだけど、予定を組んで実際に動くのは楽しいだぁ〜ね。


8月31日(木)
こういう理由による買い替えって初めてかな
 パソコン用のマウス。消耗品扱いなので、不定期に買い替える必要が ある。大部分はクリック用のボタンが駄目になってしまったとか、ホイールのスクロール機能が駄目になってしまったから、という買い替え理由。
 なんだけど今回、私が買い替える必要に迫られた理由は・・・ホイールのボタンとしての機能が駄目になったから。スクロール機能、ではなく、ボタン機能。
 普通、ホイールはスクロールのために利用する物であり、これを押してボタンとして使うことって世間一般的には少数派。なんだけど、私の場合は事情が違う。デスクトップ上でのマウスゼスチャー機能を こよなく愛用している私、そのマウスゼスチャー用に割り当てているボタンがホイール。ここ数日、ホイールを押すことによる反応が極端に鈍くなり、マウスゼスチャーが正常に稼働しなくて困っていた。
 ということで買い替え。パソコン編集作業にて細かな作業をする関係上、今までは有線マウスに 拘っていた。だけどウルトラブックパソコンや会社パソコンで無線マウスを使用し、不具合を感じること無く使えていることから、今回は思い切って無線マウスを導入。いんやぁ〜、線による煩わしさから解放され、快適である。





ズボラ日記のトップに戻る