まいけるのズボラ日記




2018年2月


2月1日(木)
私がカチンとくる言葉/態度
 人によってイラッとくる言葉なり態度は色々と違ってくる。何でも、人によって「こういう場合に怒りを覚える」というのが6種類あるんだそうで。私の場合、規則を守らない人を見るとイラッとする傾向にある、とのこと。
 なんだけど、つい最近とあるやりとりの中で私をイラッとさせる態度と言葉の組み合わせが判明。態度は「自分が悪いのは分かっている」、その状況下で「でも」と言い訳する奴。つまり自分が悪いとは これっぽっちも思っていないし、状況を分かっていない、ということ。「でも」も「ストライキ」も ねぇ〜だろ。
 過去に これを連発するバカがいた。つい最近のやりとりで そいつの態度を思い出すこととなり。この黄金の組み合わせ、カチンときた。


2月2日(金)
やむなし
 小学校に入学して以来、皆勤が続いていた娘なんだけど、遂に記録が途切れてしまった。理由はインフルエンザ。小学校でうつされたのか、スクールでうつされたのか、通学バスの中なのか街なかなのか、可能性を挙げればキリが無いし、答えも出ない。まぁ〜、この時期 全国的に大流行なので、やむなしである。
 ただ、少なくとも うちは学校/スクールからの緊急電話に延々出なかったり、マスクを着用させなかったり、病院にも行かせずに「多分大丈夫だと思う」という出どころ不明の根拠で平然と学校に行かせたり、病院に行っていないくせして「インフルエンザ陰性でした」と平然とシラを切ったり、ということは絶対に しない。俄には信じがたいけど、そういうことをしでかすバカ親が この世に少なからずいるのよねρ(-ω-)。


2月3日(土)
自宅で のんびり
 娘がインフルエンザに感染したということで、家族4人、自宅で のんびり過ごした。私だけ買い物で外出。ついでに自宅で観るためのDVDを借りた。本来は子供達用のDVDだけ借りるつもりだったんだけどぉ〜・・・その隣に私が前々から興味のあった作品も陳列されており。なので両方借りた。
 帰宅後、子供達がDVD鑑賞している間、私は お昼寝。グッスリだった。
 夜、子供達が就寝後、私はパソコンでDVD鑑賞。その作品はエイリアン コヴェナント。スピンオフも含めてエイリアンシリーズは全て観てきた私、この作品を外すことはできない。観ての感想は・・・面白かったけど、1回観たら充分、かな。最後の どんでん返しも私、予想できてしまっていたし(∩。∩;)ゞ。


2月4日(日)
今のところ伝染せず
 娘のインフルエンザ。熱は平熱に戻った。だけど熱が下がったから即 社会復帰、という訳には いかず。なので今日も私は買い物がてらDVDを借りてきた。本来の目的は昨夜ディズニーの絵本を読んだ際に「この作品、まだ観たことがない!」となっていた作品。それは ちゃんと見付けたんだけど、その すぐそばに「いつかDVD化されたら借りよう」と思っていた作品が! それは塔の上のラプンツェル、のテレビ版。確か先秋から米国でテレビ放映開始されたんだったっけか。ということで、今日もDVDを2枚借りた。
 帰宅後、子供達はDVD鑑賞。私は・・・今日も昼寝(^-^;)。我ながら よく寝るだぁ〜ね。
 娘のインフルエンザ、症状は治まったと言えそう。今のところ家庭内での伝染は無く。娘は水曜日から社会復帰できそうである。


2月5日(月)
あらま(・o・)
 妻から報告が入った。娘が在籍する小学校のクラス、明日から3日間の学級閉鎖。児童が次々に休んでいるだけでなく(20名以上)、担任の先生も感染したとのこと(^-^;)。大流行だぁ〜ね(∩。∩;)ゞ。


2月6日(火)
スイッチが入る瞬間
 息子が通うインターナショナルスクール。卒園式の様子は私が動画撮影、妻が写真撮影し、DVDを作るのが恒例。今年も御多分に漏れず。式の内容は全て英語で行われるため、編集の際に日本語字幕を付ける。卒園式DVD作成に於いて1番大変な作業である。なので、事前にできることは全て前倒しで実施している。
 ということで今日、卒園生の言葉の原稿が私の手元に届いた。Wordで作った文章を印刷し、それをスキャンして送付・・・毎年、独特である。
 早速 翻訳作業に入ったんだけどぉ〜・・・卒園式に向けて、私の中でスイッチが入ったのが分かる。


2月7日(水)
気分は既に連休入り
 明日から土日・祝日・休暇を合わせて8連休に突入する私。連休明け、出社した際に しこたま溜まっている業務用eメイルの確認が今から憂鬱なんだけど(-_-#)、まぁ〜、心配したところで何か好転する訳でもなく。ここは開き直りが必要。
 ただ、明日から連休入りするとは言っても、初めの2日間は家にいる訳であり。頭の中は一足先に連休入りしているんだけど、妙な感じである。
 ・・・と思っていたら! 息子が熱を出した、との妻からの報告(゜д゜)。この時期に悪い冗談は よしてくれ・・・。インフルエンザではないことを切に願うのみである。


2月8日(木)
8連休初日
 私は今日から8連休。娘は小学校のクラスが学級閉鎖中。ということで、今日は妻の提案により家族4人でオヤジ狩り・・・もとい、イチゴ狩りに出掛け・・・る予定だったんだけど、息子が熱を出したため、二手に分かれた。妻と娘は予定通りにイチゴ狩り。私は息子と一緒に小児科へ。
 息子の熱は下がっているのでインフルエンザという線は消えつつあるんだけど、念のため一通り検査してもらったところ・・・インフルエンザではなく。巷で流行っている もう1つの病気、溶連菌だった。明日から登園可能とのことで、ホッとした。
 調剤薬局で薬の処方待ちの間、アイスクリームを食べたんだけどぉ〜・・・息子は1個ペロリ。それでも足りず、鯛焼きを1個ペロリ。・・・もう心配無さそうだ(^-^;)。


2月9日(金)
帰社
 私にとっては8連休の2日目。朝は息子をインターナショナルスクールに連行・・・するはずだったんだけど、息子は念のため休ませることに。明日から遠出なので、今日スクールで物騒な病気にかからないようにするため。そして登園許可は出ているものの、自分の溶連菌を巻き散らかさないようにするため。
 ただ、この日は もともとスクールに帰社する予定だったので、私は午後から帰社。色々とIT関係の作業やら重要行事の打合せができた。毎度のことだけど、こうして膝を付き合わせながら直接会合をすると、色々と早いだぁ〜ね。
 時系列は前後するんだけど、息子と2人で買い物に出掛けたり、娘と2人で買い物に出掛けたりした。目的はマミー用の誕生日祝い購入。「お婆ちゃんへの誕生日祝いは何がイイか?」を息子と娘に選んでもらった。当初は子供達に選ばせて私が購入するつもりだったんだけど、娘は自らの意思で お小遣いで購入することを選択。娘にとっては人生初、自分のお小遣いで誰かへの お祝い品を購入、ということになった。
 夜は いよいよスーツケースの準備。いつもより早めに就寝した。


2月10日(土)
北海道帰省 初日
 朝は4時半起き。私は問題ないんだけど、息子が起きられるかどうか不安だったものの・・・「北海道に行くぞぉ〜!」って言ったら すぐに起きた。よっぽど楽しみにしていたんだろうね。
 自宅最寄り駅までは妻が同行してくれた。駅からは息子と2人で、である。毎年この時期恒例になっている家族での北海道帰省。初めの2回は娘と私の2人、次の2回は家族4人で。今年からの2回は息子と私の2人、という構成である。息子と私の2人での外泊というのは・・・今回が最初、なのかな? 色々な催し事が あったので、段々 記憶が曖昧になってきた( ̄∇ ̄*)ゞ。
 ともかく、電車で寝過ごすことなく、無事に羽田空港に到着。乗った飛行機はJALのボーイング737型機。息子が生まれて初めて登場したのと全く同じ航空会社、航空機である。息子にとって飛行機は すっかり慣れたもの。空の旅を満喫していた様子。
 無事に北の大地に降り立ち、迎えに来てくれたマミーと合流。なんだけどぉ〜・・・天気は まさかの雨! 今年の北海道って厳冬、大雪だったはずでは・・・???
 ともかく、まずは お買い物。息子の冬用パジャマと雪靴を購入。続いて昼食を取るべく、マミーが通っている教会に着いたんだけどぉ〜・・・待ち時間が長くなりそうということで、ここの子供用の部屋で待つことに。ここの玩具、息子は気に入ったようで、楽しく遊んでいた。時間になったので昼食。懐かしい顔ぶれがチラホラだった。
 その後、マミー宅に到着。なるほどね、色々と話は聞いていたけど、良い意味で色々と変わっていた。息子は早速ここにある玩具で遊んでいた。
 時間になったので再度 外へ。私の元同級生が出演する音楽コンサート。正直、息子にとっては退屈でしかない時間だったのが申し訳なかったんだけど・・・いや、意外と息子は楽しんでいた様子。飽きてきても騒ぐことはなく、大人しくしていた。これは嬉しかったね。コンサート終了後、元同級生との会話も ほどほどに(明日、また ゆっくりと)、帰路についた。
 夕食は・・・宅配寿司。結構良かった。やはり北の大地、海の幸が美味しいだぁ〜ね。


2月11日(日)
北海道帰省 2日目
 ママっ子の息子なんだけど、ママがいないと分かりきっており、私しか いない状況下では私にベッタリしてくる。まぁ〜、悪い気は しないかな。ということで、朝、目が覚めたら息子が私に絡みついていた。ど〜りで寝苦しかった訳だ(^_-)ゞ。
 今日の天気は・・・昨日とは打って変わり、雪。午前中はDVD鑑賞をし、午後、マミーの車で出掛けた。向かった先は隣街にある、元ご近所さんが経営するラーメン店。北海道帰省の際は必ず来る場所である。ここで昼食を取るのは勿論、この日は私の幼なじみと数年ぶりに再会でき。昔と全く同じように やりとりできたのが嬉しかった。
 続いて向かった先は これまた恒例、大沼国定公園の雪祭り・・・跡地。札幌と違い、ここの雪祭りは期間終了後も取り壊されずに放置されるため、色々と遊べる。物凄い吹雪の中、息子は氷の滑り台で何度も遊んでいた。ただ、お土産屋さんが15時半には閉店していたのは計算外。商売、ヤル気あるのかよρ(-ω-)。
 その後は蔦屋書店で元同級生との面会。これまた毎年恒例。昨日は演奏後にチョコッと話しただけだったけど、今日はパソコン関係のサポートを交えながら色々と話せた。気が付いたら予定の1時間を過ぎており。アッという間だった。その間、息子はマミーと2人で ここの玩具で遊んでいたので退屈することは無かった・・・はず。
 夕食は元同級生も一緒に、ここのレストランにて。子供用の遊び場もあるんだけど、息子は ここで遊ぼうとはせず。一緒に遊ぶ相手が いないから、なのかな。だけど息子は元同級生のことを相当 気に入ったようで。いっぱい相手をしてもらっていた。
 夜は妻・娘とスカイプ。いつもとは場所・通信相手が違っていたため、妙な心境だった。
 去年までは4人で来ていたのに対し、今年は2人。色々と印象が違ってくるけど、まぁ〜、人数が少ない方が当然、小回りが効いて動きが早くなると実感する。


2月12日(月)
北海道帰省 3日目
 午前中は息子と2人で近所の空き地で雪遊び。ここは近所の人達の雪捨て場になっているため、文字通り雪が山盛り状態。遊ぶための雪が不足することは無く、息子は大はしゃぎだった。
 昼食後、私の心友が来てくれた。毎年の帰省、必ず会いに来てくれる、というのは嬉しいだぁ〜ね。色々と語り合っている間に息子が乱入。息子は心友のことも相当気に入った様子。そのまま息子が「一緒に雪遊びしよう!」つって心友と私を連行。雪の降りしきる中、一緒にかまくら作りをした。うん、イイ感じに出来上がった。
 お開きの後、マミー宅で夕食。今日は珍しく、一切の遠出は無かったんだけど、充実した1日だった。


2月13日(火)
北海道帰省 4日目
 5泊6日の北海道帰省、今日が1番忙しかったかもしれない。午前中、まずは大きな公園へ。派手にソリ遊びするならここ、の定番である。・・・なんだけど、この悪天候のため ほぼ貸し切り状態。まぁ〜、他の人達と ぶつかったり、邪魔されたりという心配が無いので良しとする。ソリ滑りは勿論、雪だるま作りも実施したり。非常に楽しかったものの・・・息子が お気に入りのゴーグルを紛失。まぁ〜、後で また買えばよい。
 昼食は ご当地のハンバーガー店。だけど私はトンカツを注文。去年1度試して、物凄く気に入っていたからね。今回も美味しくいただいた。ここで お土産を購入。
 続いては これまた恒例の熱帯植物園。もしかしたら息子が大好きな食虫植物が展示されているかなと期待していたんだけど、残念ながら扱っておらず。まぁ〜、息子は猿への餌付けを楽しんでいたので、よしとするか。
 続いては室内遊園施設。去年、ここに来る予定だったんだけど、「それよりも雪遊びの方がイイ!」ということで、結局来なかった場所。息子と私にとって今回が お初となったんだけどぉ〜・・・物凄く中途半端な内容。博物館・・・のような施設も隣接していたので、そちらにも行ったんだけど、ここって一体 何をしたい場所なのかが私には分からず(-_-#)。だけど息子は色々と楽しんでいたので、良しとすんべか。
 その後は息子の新しいゴーグルと妻への お土産を購入。夕食は予定を明日と交換する形にして回転寿司。やはり北海道の海の幸は安くて美味しいだぁ〜ね。


2月14日(水)
北海道帰省 5日目
 午前中は近所の空き地で雪遊び。午後、息子と2人でスケート場へ。平日の日中ということで、ほぼ貸し切り状態だった。息子は何度転んでも弱音を吐かず、ひたすら黙々と練習。みるみる上達しているのが分かる。楽しかった。スケート終了後は そこの駐車場に山積みにされていた雪山のような場所で雪遊び。
 夕食は恩人夫妻が経営する洋食屋。約1年前から全面禁煙になったとのことで、良かった。懐かしい雰囲気と味に触れ、ようやく帰省したという実感が湧いてきた。・・・明日が最終日だけど( ̄∇ ̄*)ゞ。


2月15日(木)
北海道帰省 最終日
 5泊6日とは言っても、過ぎてみればアッという間だぁ〜ね。初日以外は毎日猛烈な雪に見舞われ、北国人の私でも充分にウンザリ・ゲンナリ。とはいえ、息子にとっては この雪遊びが最大の目的ということで。午前中は近所の空き地で雪遊び。この場所、お世話になりました。
 私がスーツケースの用意をしている間、息子はトムとジェリーのDVD鑑賞。マミーが子供達用に大量に新規購入してくれたトムとジェリーのDVD、こちらも散々お世話になりました。
 そして鉄道玩具。私が幼少の頃に遊んでいた物なんだけど、流石は日本製、物持ちがイイ。まさか息子が これで遊ぶ展開になるとは想像できなかったんだけど、これも息子の お気に入りである。
 昼食はマミー宅にて。今回の北海道帰省、意外と(?)外食は例年より少なかったかな。まっ、息子が美味しく・大量に食べてくれるのであれば場所は どこでもイイ。
 時間になったので空港へ。行きの飛行機は羽田発だったのに対し、帰りの飛行機は成田着。丁度1年前から就航開始したLCCのバニラエア。平日にも関わらず結構な搭乗率。そして かなりの中国人比率(^-^;)。空の旅は快適だった。飲み物やオヤツは持参していたし。機内ではパソコンでDVD鑑賞したり3DSで遊んだりで。LCCでも全く問題無い。
 成田空港到着。LCCということで、当然ボーディングブリッジではなく、バスでの送迎となったんだけどぉ〜・・・今回は随分と走行距離が長くてビックリ。15分もの間、空港内をグルグル走っていた。だけど物は考えよう。市内の公共バスで15分移動となると300円ぐらいの運賃がかかるんだけど、ここでは無料。しかも成田空港ということで、色々な国の飛行機が選り取り見取り。息子は束の間の空港内ドライブを楽しんでいた。
 成田空港〜自宅最寄り駅の場合、電車の本数は少ないものの、乗り換え無し・混雑無しなので精神的に楽。所要時間は羽田からと ほぼ同じ1時間。自宅最寄り駅に着き、自宅に向かって歩いていたら娘と妻が来てくれた。随分久しぶりの再会に感じた。
 夕食後、息子は いつものように妻と一緒にシャワー・・・と思ったら、私と一緒に入りたいとのこと。ビックリしたけど嬉しかった。息子との距離が縮まった1週間、だったのかな。マミーには色々と お世話になりました。


2月16日(金)
憂鬱な社会復帰
 休暇、それも5連休明けともなると、社会復帰の際に1番憂鬱な瞬間が・・・出社直後の業務用eメイル確認。今回は2500通以上が溜まっていた。気が滅入る(-_-#)。


2月17日(土)
北海道に始まり、北海道に終わる
 現在、私が愛用しているコンパクトカメラはパナソニック製のDMC-LF1。ハイエンド機種に分類される。2013年の夏に発売された物なんだけど、私が購入したのは2015年の冬。毎年2月恒例、北海道行きの直前に購入した。以降、写真撮影と動画撮影にフル回転。約2年前に上級ビデオカメラを購入したことにより自宅での動画撮影はビデオカメラ専用機で実施するようになり。約1年前に小型ビデオカメラを導入して以降、外出先での動画撮影もビデオカメラ専用機で実施するようになったため、コンパクトカメラの登場は外出先での写真撮影に限定されるようになった。まぁ〜、もともとは厳しい運用条件下での使用を前提としていない機種なので、これが本来の使い方と言える。
 なんだけど先日の北海道帰省の際。電源を切り、レンズが収納された後に・・・レンズの蓋が ちゃんと閉まらない状況に陥った。電源を入れ、レンズが出てきた際も蓋が完全に開ききらなくなり。これ、先代のコンパクトカメラが現役引退することになった理由と全く同じ事象。遂に この時が来たか・・・。北海道に始まり、北海道に終わった、そんな印象である。
 後継機種については現在のところ1つだけ候補品がある。2年前に発売された物だけど、現在でも最前線で活躍できる性能。2年前当時は動画撮影機能に1つ致命傷があったため、それで泣く泣く購入を断念していたんだけど、今となってはコンパクトカメラは外出先での写真撮影でのみ使う想定。動画撮影機能の致命傷は問題無い。
 時 全く同じくして、2年越しで この買い換え候補機種の後継機が発表された。何というタイミング! なんだけどぉ〜・・・主立った部分で性能的に勝っている部分となると倍率ぐらいかなぁ〜。旧機種は10倍、新機種は15倍。昔は倍率に物凄く惹かれていたものだけど、実際の撮影に於いて そんなベラボーな倍率は不要、ということに最近気付き。
 新機種は旧機種と比較すると本体が大きくなって収納性が劣ったり、レンズは むしろ暗くなっていたり。そして! 価格が10万円を越えている(゜д゜)。いかにハイエンド機種とはいえ、コンパクトカメラの価格ぢゃないでしょ、これρ(-ω-)。立派な一眼レフカメラが買えてしまう。
 ということで意外と(?)私の中に迷いは無く、旧機種を購入。私にとっては9代目となるコンパクトカメラである。奇しくも最近の2つに関しては1世代前の物を購入、ということになった。そして4年連続で毎年何かしら撮影機器を購入、という流れになった。


2月18日(日)
毎年恒例の休日出社
 元親会社が入居しているビルの定例停電ということで、毎年恒例の休日出社。今年は停電の他にも大規模な工事が重なっていたため、そちらとの連携も必要になり。例年よりも時間が かかった。とはいえ、停電対応組としての大きな問題は無く。無事に終わってホッとした。


2月19日(月)
大きな事前準備終了
 息子が通うインターナショナルスクール。3月に卒園式が実施され、私と妻は例年通り撮影係を担当。撮影した後は例年通りDVDを作成する。そのDVDには卒園生が入学してから卒園するまでを振り返る写真館スライドショーも収録する。そのための素材となる写真選びが実は結構大変。毎年 卒園生が増えたり、卒園生の在籍期間が長くなったりで、素材候補が大量。その中から厳選しなければならない。
 その素材写真選びは毎年私が1人で実施してきたんだけどぉ〜・・・流石に限界を感じるようになり。来年からは各親御さん達に選んでもらう形式にするかな。
 ともかく、事前準備の中で1番大変な作業は無事に終了。とはいえ、小規模・中規模の事前準備って まだまだ沢山あるのよね( ̄∇ ̄*)ゞ。


2月20日(火)
もらったはイイんだけどさぁ〜・・・
 会社から貸与されるノートパソコン・・・もとい、ウルトラブックパソコン。震災が発生して出社できない場合は このパソコンで仕事をしろ、という物。初代は全員から大ブーイングのネットブック。こんなんで仕事できるかっ! ・・・という声を受け、2代目はバカみたいにオーバースペック過ぎて別の意味で大ブーイング。
 割と最近、3代目に代わったんだけど、2代目は まだまだ使えるのに勿体ないと感じた。当初、使わなくなった2代目パソコンは希望者に対して配付するという話になっていたんだけど、とある部門が業務用という名目で独り占めしたため、配付は中止になった・・・という話を耳にした。ちぇっρ(-ω-)。
 なんだけど、忘れた頃、つまり今日、突然 何の前触れも無く配付された。あらま(・o・)。すっかり諦めていただけに嬉しい。
 しかぁ〜し! 本体からSSDが引っこ抜かれていることが判明。もらったはイイんだけどさぁ〜・・・。試しにSSDの価格を調べてみたら・・・フムフム。んぢゃあ、SSDを購入しちゃおう。また、このウルトラブックパソコン、何故か解体するためには特殊工具が必要という ふざけた仕様。これも通信販売で注文した。さて、どうなることやら。


2月21日(水)
イヤな感じに忙しい
 先週までの5連休が響いているから・・・なのかどうかは不明なんだけど、最近 会社で嫌な感じに忙しい(-_-#)。


2月22日(木)
使えそうなパソコン・使えないパソコン
 先日、会社から旧貸与パソコンが希望者に配付されたんだけど、それとは別に2台、別ルートから同型機種を受け取った。ただ、こちらは酷使されていた物のようで、何といますか・・・。方やバッテリーがヨボヨボ、方や電源が入らず。また、方や本体の汚れ具合が非道い。まぁ〜、2台夫々の良い部品を片方に寄せて・・・という思惑の元、持って帰った。
 先日注文した、解体に必要な特殊工具が届いており。なので夜、子供達が寝静まった後、まずは練習がてら今日持ち帰った2台を解体したんだけどぉ〜・・・中を見て愕然。SSDだけでなくメモリーも引っこ抜かれていた。また、どうも電源は簡単に交換できそうになく。メモリーとSSDを新規購入して 本当にきちんと使えるのかが怪しく。という訳で、これら2台については そのまま廃棄処分決定。
 続いてが本命、一昨日受け取った綺麗な状態のパソコン。解体したらビックリ、ぬわんとSSDが入っているぞ(・ω・)!? パソコンの電源を入れた際に「ディスクが入っていない」って出てくるくせに。まぁ〜、このSSDは60GB。新規購入したSSDは256GB。60GBでは すぐに足りなくなるだろうから、256GBを新規購入して良かったと思っている。交換はアッサリ完了。また、メモリーが・・・増設は不可だけど交換は可能だったようで。たまたま手元には もう使わなくなった・・・というか結果的に余ったノートパソコン用のメモリーがあり。幸運にも型番が一致していたので、これに交換。
 OSインストーラーからパソコンを起動させたところぉ〜・・・予想外に(?)何も問題無くインストーラーが自動起動。何も迷うこと無くOSのインストール作業を進められた。
 今回、OSの選択肢は3つあった。Windows8、Windows10、Linux(mint)。妻が主に使うとなると、Linuxの線は消える。このウルトラブックパソコン本体の寿命を考えると、Windows8でも途中でOSサポート切れ、ということは無さそう。まっ、折角だからということと、ここは無難にということでWindows10を選択。SSDの容量もメモリーも充分にあるからね。
 インストール作業、80%ぐらいまではスイスイ進んだんだけど、それ以降は1%進むのに物凄く時間がかかり。なのでインストールは続行したまま就寝。無事に終わりますように。


2月23日(金)
無事にセットアップ完了
 昨夜、続行させたまま就寝したんだけど、OSのインストールは無事に終わっていた。このまま作業続行したいのはヤマヤマなんだけど( ̄∇ ̄*)ゞ、後ろ髪引かれるように副業先へ出社。
 帰宅し、子供達が寝静まった後にパソコンを起動させ、色々と確認したところ・・・うん、問題無いね。ということで、必要なソフトを色々と入れた。私が主で使う端末となると、とにかく色々入れる必要があるんだけど、この端末は妻が使う物。そんなベラボーに入れる必要は無いし、大きなデータ引っ越しも無し。割と早い段階で無事にセットアップ終了。これで妻がPTA役員としての仕事に正を出せるというものだぁ〜ね。


2月24日(土)
休日勤務・・・ではなく休日振り替え勤務
 今日は副業先の お仕事。当初は出社するつもりだったんだけど、見込み所要時間が4時間程度のため、自宅勤務とした。4時間のために往復3時間かけて移動するのはアホらしい。なので今日は休日勤務・・・というつもりだったんだけど、新課長の方針により「作業に3時間以上かかる場合は休日勤務ではなく休日振り替えにしろ」とのことで。日中は他にも仕事を探して作業に取り掛かる展開となった。いつもに輪をかけてヤル気の持続が大変だ。
 ともかく、本来の作業は無事に終了。よくよく考えたら私、今週は日曜〜土曜まで ずっと副業続き。疲れる訳だρ(-ω-)。
 勤務時間終了後は明日のための買い出しに出掛けた。


2月25日(日)
サンデークラス
 息子が通うインターナショナルスクールのクラスメイトおよび家族が集まり、週末も英語を駆使して楽しく遊ぼうという企画。最近は明らさまに集まりが悪くなり、この会の限界が見えてきたかなと感じることがチラホラ。なんだけど、今日は久々に沢山の家族から参加表明。会場となったのは私が住むマンションの集会所。明らかに場所を見て参加/否を選んでいる人達がいるね。逆に、普段は出席率が高い2家族は発熱のため無念の欠席となった。こればかりは仕方ない。それでも合計20名以上が参加。
 午前中は色々と準備作業に追われ、昼に開始となり、みんなで昼食を一緒に。献立は以前にスクールのランチパーティーでも出した3種類のインド風カレー。その後は目の前にある公園で遊んだり、集会所内で遊んだり、みんなでDVD鑑賞したり。有意義な1日だった。ただ、子供達の興味の矛先が どこを向くのかは予測不能だぁ〜ね(∩。∩;)ゞ。自信満々に用意した、日本では まだ公開されていない短編映画、最初から最後まで きちんと鑑賞していたのは・・・うちの子供達だけ(^-^;)。他に「えっ、こんなのが?」という物が大好評だったり。まっ、子供達が楽しんでいれば それで良し、である。


2月26日(月)
会場下見というか現地打合せ
 副業先での勤務を早めに切り上げ、とあるホテルに向かった。ここは息子が通うインターナショナルスクールの卒園式会場。ここでスタッフによる会場下見と言うか現地での打合せである。人数が増えたことにより、従来とは会場の広さも変わり。レイアウトをどうするか、立ち位置は どこにするか、進行順は どうするか・・・。ホテル従業員も巻き込みながら あ〜でもない、こ〜でもないと、色々 話が進んだ。


2月27日(火)
やっぱり寂しいかな
 私は祖国がらなのか、育った地が北国だからなのか、ともかく夏の五輪よりは冬の五輪の方が好き。祖国オーストリーがメダルラッシュに湧くから、というのも大いにあるかも(∩。∩;)ゞ。
 今回の五輪、開催地に関する問題が何かと取り沙汰されていたんだけど、競技その物は・・・まぁ〜、明らさまに問題のあるものもあったのは事実。とはいえ連日の五輪放送、いつも楽しく観ていた。
 五輪が閉会し、楽しみにしていたものがパッタリと無くなり。やっぱり寂しいかな。


2月28日(水)
久々に かなり遅くなった
 副業先の月末最終営業日。以前は猛烈に憂鬱な日だったけど、色々と改善を施したお陰もあり、今となっては憂鬱に感じることは無くなった。・・・んだけど、この日は久々に かなり遅くなる展開に(-_-#)。ヨーイドンがかかったのが予定から2時間遅れ。しかも作業途中にエラーが出て、その調査待ちが続き。
 最終的には客先の作業ミスが原因だったんだけど、その客が とっとと帰っており。結局、続きは明日 仕切り直し。今日は解散。何だよ、それρ(-ω-)。
 夜遅くにグッタリした状態で帰宅したんだけど、妻が用意してくれていた夕食が いつも通り美味しかった。


ズボラ日記のトップに戻る