2003年

第5位
花粉症宣告を受ける (3月)
関東に住むようになってから丸4年。ある日突然 目の中にゴミが入ったような痛みが走り、それが ず〜っと持続。目薬を注そうが目を洗おうが症状が改善されず、文字通り目を開けられない状態にまでなってしまい、急遽 眼科へ。そしたら眼科医が開口1番「あ〜、これは花粉症ですね〜」とのこと。少なからずショックであった(ToT)。が、毎年春先になると気管支炎が非道くなって咳が止まらなくなる現象、これが花粉から来ているのかもしれないと思うと・・・納得いくものがあった。

第4位
文化交流会 (5月〜)
 会社の文化交流会委員に任命された。任期は2年。会社内での交流行事を企画・実施したり、特権(?)で全国事業所に出張して そこで打ち合わせをしたり。役得が多いので結構気に入ってたりする(^m^)。

第3位
デヂタルレコーダーを購入 (7月)
 7月のある日、自宅に2台あるVHSビデオデッキのうち1台の動きが怪しくなってきた。今更新しいビデオデッキを購入するのも何だしな〜、と思う反面、デヂタルレコーダーとなると価格が10倍ぐらいになるため、自分の中では まだ躊躇いが残っていた。そんな中、私の知人から とある良き知らせが入り、それに便乗するという形でHDD内蔵型DVDレコーダーを購入。この当時は まだDVD-RW方式とDVD-RAM方式の両方に対応したマルチレコーダーが出ていなかったため、私は汎用性重視型のDVD-RW企画を購入。その数か月後に低価格で高性能の上位機種が出てきてムッときている部分もあるのだが、その数か月の間に私がデヂタルレコーダーから受けた恩恵は価格以上のものがあったのである。ちなみに このデッキを購入した直後、挙動不審だったVHSデッキが正常に動くようになった(^_^;)。世の中、そんなものなのかな。
 ちなみにデヂタルレコーダーを購入して以来、DVD-RWに録画したことが まだ無い私。普段はHDDに録画して、保存用の物はDVD-Rに残すというのが主流になっている。結局、DVD-RW規格だろうがDVD-RAM規格だろうが、HDD内蔵型であれば たいして問題ではないようである。

第2位
ビデオカメラを購入 (8月)
 前々から計画していたDVD録画方式のビデオカメラが目標価格にまで下がったので、意を決して購入。こんなに早くに購入できるとは思ってもおらず。ちなみに7月に購入したデヂタルレコーダーはDVD-RW規格で、今回のビデオカメラはDVD-RAM規格。こんなに早くにビデオカメラを購入できると分かっていたら、デヂタルレコーダーはDVD-RAM規格の物を購入していたかもしれない。ともかく、このビデオカメラは秋の4大行事の時など、各所にて大活躍であった。

第1位
心友との誓いが現実に (9月)
 「いつの日かダブルデ〜トをしたい」という漠然とした お互いの願望が昨年の秋に「来年、ダブルデ〜トをするぞ!」ということになり、今年の秋、TDSにて遂にその誓いが現実のものとなった。3年前までは絶対に考えられない展開であったのだが、とにかく楽しかったのである(^o^)。今後は毎年の恒例行事にしたいだぁ〜ね(^o^)。