2005年

第5位
眼鏡を変える (7月)
 それまで使っていた眼鏡は高校入学時に初めて購入した眼鏡。かれこれ15年以上も使い続けていた。まだまだ使えるのだが、流石に陳腐化が猛烈に進み、東京本社に左遷されたのを機に心機一転の意味合いも込めて新しい眼鏡を購入。レンズの度は従来品のままで大丈夫、というのは驚いたと同時に嬉しかったかな(^o^)。朝から晩までパソコンと睨めっこする仕事をしているから、視力は下がっているものとばかり思っていたからね。やはりパソコン作業時に装着している目負担軽減用青サングラスの効果・・・なのかな!?
 ただ、レンズの度が全く同じなので、新品は仕事用、従来品は自宅用ということで うまく使い分けている。

第4位
自宅用の電話兼ファックスを買い換える (2月)
 うちには やったらと間違い電話が かかってくる。それも、どうも同一宛。「マエさんの お宅ですか〜?」って。違うっちゅ〜ねん! ただ、中には自分が間違っていることを認めようとせずに「え゛っ、でも お宅、XXのXXXX番ですよね?」って言ってくる奴もいる。だから違うっちゅ〜ねん(`m´#)!! ただ、このバカのお陰で どうして間違い電話が多いのか、やっと理由が判明した。番号が1つ違っているようである。
 ともかく、前々から この間違い電話の多さにウンザリしていたこと、10年近く使っている電話・FAX機の番号ボタンが挙動不審になっていること、そして電話・FAX機でFAXを まともに送信できない物理的故障に見舞われたことが重なり、遂に一大決心し、新しい電話・FAX機を購入した。ナンバーディスプレイを導入したことにより、1度 間違い電話をかけてきた人の番号は即ブラックリストに登録。また、自宅電話に出る際も相手が誰なのかが分かるようになり、安心感が かなり違ってくるのである(⌒∇⌒)。

第3位
マッサ〜ヂ店 (9月〜)
 自分は肩や背中が凝らない体質だ、と思いこんでいた私。ところが7月に東京本社に左遷されて以降、目の回るような忙しさが続き、肉体疲労が抜けなくなった。たまたま新居近くに雰囲気の良さそうなマッサ〜ヂ店があったので、試しに行ってみたらぁ〜・・・かなり満身創痍とのことで(^-^;)。それ以来、ほぼ週に1回の割合で通うようになった。人にマッサ〜ヂしてあげるのが得意な私が、まさかマッサ〜ヂ店に通うハメになるとはね(∩。∩;)ゞ。ここがなかったら、体がもちましぇ〜ん。

第2位
長男誕生 (11月)
 とは言っても、私の、ではなく。私の心友夫妻に待望の長男が誕生した。私は子を持つことができないから、というのも含まれているんだろうけど、この知らせを受けた時は自分事のように嬉しかったと同時に、生命の神秘・不思議さ・尊さを実感した。この子の成長が自分にとっての新しい楽しみでもある。

第1位
東京本社に左遷 (7月)
 千葉支社に勤務して4年。何かにつけ課長に対し東京への異動希望を出していたのだが、ようやく それが叶った。が、新しい所属部署は全く予想外の場所だったので、かなりの焦りと嫌な予感があった。その予感が大当たりで、職場は地獄そのものとしか言いようがなく。「楽しい」と思って仕事をすることができなくなってしまった。
 まぁ〜、もともとは「東京本社での仕事が したいから」という理由による異動希望ではなかったんだけど、千葉支社を離れて初めて分かった大切な仲間達、ってやつである。勿論 東京本社に異動申請を出していたこと、今では心底後悔している(>_<)。