2009年

第5位
夫婦で国内旅行  (7月、8月)
 7月、元会社上司一家と一緒に那須に行ってきた。我々夫妻が他の家族と一緒に旅行に行くというのは初めてのことだった。予定通りにいかずに涙を飲んだこともあれば、予想外に大収穫だったこともあり、まぁ〜、色々と体験できた。
 8月。厳密には「旅行」とは違うのだが、毎年夏恒例となっている山形入り。私の中では「故郷帰り」という表現を使っている。心友家族達と一緒に過ごす何気ない瞬間が滅茶苦茶楽しい。
 どこに行くにしても夫婦2人で、というのが基本となって すっかり定着し、嬉しく感じる今日この頃。


第4位
妹の懐妊 (4月)
 妹夫妻、弟家族、それに私と相方の7人で富士急ハイランドに行くという壮大な計画が立てられ、日程も決まった。が、とある理由により急遽中止になってしまった。妹の懐妊である。まぁ〜、こういったおめでたい理由によるものであれば、計画中止も諦めが付く。
 妹とは血の繋がりこそ無いものの、私にとって猛烈に嬉しい知らせであった。子供が生まれたら、私も撮影係として忙しくなりそうである。
 ちなみに、当初 富士急ハイランドに行く予定だった日は、代わりに弟家族達と一緒に うちでゲーム大会を実施。外は土砂降り。うん、富士急ハイランド、中止になって大正解だった。


第3位
5代目パソコン購入 (10月)
 それまで使っていた4代目パソコン。購入してから丸3年を過ぎたあたり(5月)から急激に老朽化が目立つようになり、しまいには まともに動画編集できない状態にまでなった。即座に新パソコンが欲しかったのだが、10月にWindows7が発売されるとのことだったので、それを待ってから購入した。
 購入したのは私にとって5代目にして初となるデスクトップ型。画面の大きさも、パソコンの出力も、HDD容量も、今までの物とは比較にならない凄さである。動画編集作業が多い私には、やはりデスクトップ型の方が適している。当然ながら性能は歴代パソコンの中で断トツの最上位なのだが、意外にも価格は歴代5台の中で2番目の安さ。これも技術の日進月歩の恩恵、なのかな。
 このパソコンで初めて編集した動画は欧州里帰りの際に撮影した内容。作業があまりにもサクサク進み、操作していて気持ち良かった。また、当初は宙に浮いた4代目パソコンだが、良き引取先が見付かり、そこで第2の人生(?)を歩んでいる。
 そういえば、この年は自分の5代目パソコンを含め、代行購入やら代行設定作業が6件あった。妙な当たり年である。


第2位
弟の結婚  (3月)
 幾多の苦難を乗り越え(!?)、見事にゴールインしたという知らせを受けた時は、ただ ただ嬉しかった。結婚式も披露宴も行わないとのことだったんだけど、せめて結婚祝いだけでもしてあげたいという私のゴリ押しにより、横浜のオーストリー料理店にて ささやかながら お祝いをした。
 それに先駆けて結婚記念撮影会に我々夫妻が立ち合ったんだけどぉ〜・・・相方と私が夫婦として参加する初めての結婚記念行事が 弟のものだったので、これまた嬉しかった。写真館の中ではカメラ・ビデオカメラ・携帯電話による個人撮影が禁止されていたのには、今でもムカついている(`m´#)!


第1位
10年ぶりの里帰り (9月)
 相方同伴での凱旋里帰り。1年以上も前から計画を練っていたのだが、時同じくして新型インフルエンザが世界的に流行したり、利用する予定だったオーストリア航空の経営状況が危うくなったりと(そのため、スイス航空を利用)、不安要素は色々とあった。が、無事に渡欧できた。
 現地に行ってみての感想は・・・意外と10年という歳月を感じなかった、ということ。それだけ自分が歳を取ったということなのかな。ただ、やっぱり相方と一緒に行けたというのが何よりも嬉しかったし、親戚達による熱烈歓迎ぶりが凄まじかった。
 滞在期間は私の中で歴代最短の1週間。短かったけど、充実度が滅茶苦茶高かった。色々と手を回してくれた親戚達に感謝、である。