人には夫々 良い意味においても悪い意味においても印象深い出来事が多々あるはず。
私の場合は どうなっているのか、をここに綴るものである。